インドシナニュース

ビンフック省の外資系繊維企業は労働者への雇用確保に努める

ビンフック省の外国投資(FDI)の繊維輸出企業は、経済不況や市場縮小による困難に直面していますが、雇用保障と労働者の生活への関心を失わずに努めている。

ビンイェン市Khai Quang工業団地にある大宇アパレル・ベトナム有限会社は、1400人以上の従業員を雇用しているが、1人当たり月収約350万ドンを確保している。Khai Quang工業団地のヴィナ・コリア有限会社(韓国)は、毎年数億ドル輸出している。ここの労働者は基本的に依然として安定した仕事を充てがわられている。

同様に、シンウォン・ベトナム有限会社、ヴィナ·クムヤン有限会社、みどりアパレル・ベトナム有限会社、ハンナム・インターナショナル社、ヴェティン縫製有限公司、ヒェウフィ紡績有限会社など、世界経済がいまだ回復しない時代に従業員と困難を共有しながら、雇用を創出するために、新たな市場の開拓を誓っている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年10月24日14:00

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る