インドシナニュース

ミャンマー:織布を学び、絆も

私たちが生きていくには必要な3つの重要なものがある。いわゆる衣食住である。そして、さらには、4番目の要素も考えられる。それは、コミュニティの感覚を作り出す強力な社会的絆である。

食べ物は確かに人々を結びつけることができ、栄養面のニーズを満たすことができる。そして、もちろん、家族と友人は住まいを共有する。しかし、服はどうだろう?確かにそれは私たちを暖かく保ち、私たちを美しく見せるが、服を着たり、さらには作ることの社会的側面はどうだろうか?

ミャンマーでは、伝統的な衣服は人々を要素から保護するだけでなく、さまざまなパターンや色もさまざまな部族のアイデンティティを意味する。

ミャンマーの衣料品の社会的側面は、織物の製造にも及ぶ。そこでは、織機が集まって、巨大な織機と協力して、全国で着用または使用される多くの衣服やバッグの一部を生産する。

Saunders' Weaving Instituteの展示会が先週の土曜日に事務局で説明したように、これらの布を織るのは社会活動である。展示には約34人の卒業生の作品が含まれており、全員がマンダレー近くの Amarapura の研究所で勉強した。

わずか1年前、多くの学生は製織プロセスについてほとんど知識がなく、コースに登録するまで織機を見たことのない人もいた。

「私はこのコースの前に織ることについて何も知りませんでした。もちろん、私は服を購入していましたが、品質ではなく色で布を常に判断していました」と展示会を卒業したMa Ohmar Tun氏は言う。

展覧会は、卒業後の学生たちの努力の結果であり、ミャンマー全土の他の12の製織学校とのコンテストに参加した。Saunders’ Weaving Instituteの学生がそのコンテストの勝者だった。

彼らが設計した独特の緑の葉と無地の柄を持つハンドバッグやスカーフは、事務局の窓から差し込む朝の日差しの下で非常にエレガントに見える。

コンテストでは、学生は6つのグループに分けられ、独自の布地とデザインを自由に選択できた。彼らは元のデザインを思い付くために6ヶ月を与えられた。

それは多くの社会的絆を生むプロセスだったが、教師が期待した方法ではなかった。グループに分かれた後、学生は綿のデザインと色について議論しはじめた。一部の人々は互いに会話をやめ、グループ内で独自の派閥を形成した。

「共同作業という点で、非常に厳しい学習経験でした」とMa Ohmar Tun氏は述べている。

「私たちは皆異なった意見を持ち、取るべき最良のアプローチは何かについて議論しました。一緒に話をすることをやめる人もいました。しかし、私たちは一等賞を獲得したので、それだけの価値があると思います」と彼女は説明した。

展示会は、ブリティッシュ・カウンシル(ミャンマー)、スイス開発協力庁、スイス大使館とともに、農業畜産灌漑省の小規模産業局が主催した。

コンテストと展示会は、織りの伝統を支援し革新することによって社会的および経済的な結びつきを強化することを目的とする、”Lat Khat Than(織りの音)”と呼ばれるプログラムの一部だった。

「コンテストの目的は、生徒の習熟度と創造性を伸ばすことでした」とSaunders’ Weaving Instituteの校長であるDaw Tint Tint氏は言った。

Saunders’ Weaving Instituteはミャンマーのすべての製織学校の母校であり、さまざまなタイプの織機と製織技術に関する知識を生徒に提供している。

L.H Saunders氏は、20世紀初頭に上ビルマの司法長官として働き、ミャンマーの織りの伝統に個人的な関心を持った。1910年までに、彼は伝統が消滅するのではないかと心配し、地域全体でそれを復活させるために力織機を買った。1914年にSaunders’ Weaving Instituteを設立し、ミャンマーの織機と製織技術の使用を維持し、振興している。

この研究所ができる以前、ミャンマーの織物は手作業の技術に大きく依存していたが、1914年に彼の大規模な織機が導入されると、織工は大規模な製品をより速く生産できるようになった。

「自慢するわけではありませんが、私たちの手仕事は世界でも最高のものだと思います」と中小企業局のU Khun Aye Naing局長は言う。

Saunders’ Weaving Instituteの作品は最高だと彼は言ったが、デザインに創造性が必要と考える批評家もいる。

画家でありパフォーマンスアーティストのU Aye Ko氏もショーに行って、伝統的な要素には満足したと言う。

「ほとんどは従来の作り方に基づいています。私たちは、現代のデザインを作成したり、従来のデザインを国際市場に適応させることにまだ弱いと思います」とU Aye Ko氏は述べた。

多くの外国人はミャンマー文化の伝統的な表現に興味を示しているが、U Aye Ko氏は農村生活のイメージと描写は少し時代遅れであると信じていた。彼は織りの伝統が好きだが、文化をもっと現代的に解釈する余地があると考えた。

学生のほとんどは、将来自分の機屋を経営することを目指しており、織物や衣料品工場で働きたいと考えていた。

ミャンマーの典型的な手織機の費用は約100万チャット。原綿の費用を含めて、自動織機を揃えようとすれば、400万チャット以上はかかる。

「コストを考えると、製織業を始めるのはそれほど簡単ではありません。他のビジネスと同様に、それはリスクです。リスクを冒さないと成功しません。そして、私たちの文化のこの側面は永遠に消えてしまうかもしれません。しかし、一生懸命努力すれば、美しいものを作り出すことができます」と、このイベントの参加者であるKo Khant Wai Yan Kyaw氏は述べている。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年02月02日08:40

ミャンマー:縫製工場労働者らが劣悪な労働条件に抗議

ヤンゴンの3つの外資系企業の縫製労働者は市役所に行進し、劣悪な労働条件を非難した。

アパレル生産会社Hunter Myanmarの労働組合のMa Aye Thandar Win議長は、128日、当局に職場で直面している問題について知ってほしいと述べた。

彼女は、アパレル会社が指導者を解雇することで労働者の組織と抗議の権利を侵害したと言う。

「会社は労働組合を廃止したいので、私たちのリーダーを解雇したと思います」と彼女は言った。「それが私たちが抗議している理由です」

抗議の労働者らは、雇用契約に署名しているにもかかわらず労働者を解雇する雇用主に対して行動を起こすよう労働仲裁人に訴えた。また、労働検査官に職場を定期的に検査し、法律を遵守していることを確認するよう促した。

衣料品製造会社のGust Myanmarの労働者であるMa Aye Thuzar氏は、労働者に支払われる賃金が非常に低いため、抗議に参加したと述べた。

「私の月給は201,000チャット(137米ドル)です」と彼女は言う。「私たちはほぼ1か月間工場でデモを行ってきましたが、誰も私たちの話を聞いてくれません」

「労働者は経営陣と交渉していますが、雇用主が自分で解決することを拒否しているため、合意を得られていません」と彼女は言った。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年02月01日09:50

ミャンマー:ヤンゴンにて最低賃金決定のために独自の調査を実施

ヤンゴン地域政府は独自の調査を実施し、同国の次の最低賃金の決定に役立つデータを収集すると地域労働当局者は18日に発表した。

最低賃金委員会の秘書であり労働省のU Khin Maung Thwin 地域担当官は、データ収集は113日に6郡区で始まり、データは18日間収集されると述べた。

調査が行われるのは、Hlaing TharyarShwe Pyi TharMingaladonDagon Myothit SeikkanDagon MyothitEast)の各群区とThilawa経済特区。

衣料品、食品、日用品の分野でのデータ収集を優先する。

「最初にデータを収集する必要があります。1日あたりの人件費を知っている場合にのみ、料金を設定できます。労働者から正しいデータを取得する必要があります」

ヤンゴン地域最低賃金委員会の雇用者代表、労働者代表、専門家、部門の人々からなる6つのグループが調査を実施する。

調査結果は月末に発表される。

ミャンマーの労働法の下では、最低賃金を2年ごとに見直す必要がある。20185月に、8時間労働日あたりK4800$ 3.30)に設定された最後の最低賃金が実施された。新しい賃金は20205月に設定される。

雇用主、労働者、政府の代表者を含む全国最低賃金委員会は、現在の賃金を引き上げる必要があるかどうかを話し合う。

ミャンマー連邦労働組合は、8時間労働の最低賃金を7200チャットに引き上げたいと述べた。

しかし、ミャンマー工芸・サービス労働組合連合の書記長であるU Htet Hnin Aung氏は、自分たちで研究を行い、独自の提案を出すと述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年01月14日12:49

ミャンマー:日系アパレル工場労働者ら、日本大使館で抗議活動すると迫る

ヤンゴンの日系アパレル工場の労働者らは、工場の所有者が16人の同僚に対して提出された労働事件を撤回しなかった場合、日本大使館で抗議すると迫った。

16人の被告労働者の1人であるKo Kyaw Kyaw氏は、差別を受けたとして会社経営者を非難した。

「私たちは別室で仕事をしなければならず、差別されています」と彼は記者会見で述べた。「雇用主が訴訟を取り下げない場合、日本大使館の前で抗議します。」

この事件は、昨年1117日に工場のゲートの外で働く16人の労働者が10日間の年次休暇、6日間の休職、30日間の労働および産休を要求する抗議から始まった。

ニッセンカンの工場マネージャーであるKo Myo Nyunt Oo氏は、この問題は郡区調停事務所で解決されたと語った。

「我々は交渉を行いましたが、彼は今になってこの訴訟を取り下げるようにと言っています」と彼は言った。「これは上司次第ですし、彼らは多くの違反を犯しています。」

Ko Myo Nyunt Oo氏は、16人の労働者が、抗議中に工場車両の施設への出入りを妨害したと述べたが、これは労働法違反である。郡区事務所で調停に達したが、他の労働者は彼らと一緒に働きたくないので、16人の抗議活動を行った労働者は別室で業務に戻ることが許されたと彼は付け加えた。

「実際、他の労働者は彼らと一緒に働きたくないんです。でも、彼らは重要な部門にいるので、もし彼らが何かをすれば工場は損失を被ります。それで、彼らは給料を受け取り、別室で働くことを許されたのです」とKo Myo Nyunt氏は言った。

労働者に対する訴訟の撤回は上級幹部が決定する事項と彼は説明した。

ニッセンカンのアパレル工場の所在地は、Hlaing Tharyar郡区Shwe Lin Ban工業団地内。2015年にオープンし、180人の従業員を雇用。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年01月10日05:49

ミャンマー:成長は期待されるが、リスクは残る

ミャンマーは、2024年までに100億米ドル相当の繊維を輸出するという目標を達成するために順調に進んでいると、ミャンマー衣料起業家協会(MGEA)の関係者は国営メディアに語った。

2014年に採択されたミャンマーの10年間の輸出戦略の一環として目標が設定された。商業省によれば、201819年度に繊維製造部門は46億米ドルの輸出収益を生み出し、総輸出収益の10%近くを占めた。コマース。

今年度、当局は繊維輸出収入が50億ドルに達すると予想している。

ミャンマーは、主にヨーロッパ、日本、韓国にアパレルと織物を輸出しており、平均年間収益は3億ドル。

 

選挙の不確実性

IMFは、世界的な逆風にもかかわらず、特にアパレルとガスによる良好な輸出実績により、2018-19年に6.5%の成長予測を発表し、2017-18年の6.4%からわずかに成長とした。

ミャンマーで第4条の年次協議を実施するIMFエコノミストは、昨年4月に「リスクはマイナスに傾いている」という警告を繰り返し、ラカイン州の難民危機からのフォールアウトと銀行部門の弱さに対する懸念を挙げた。

「国内の面では、財政支出が十分に加速しない場合、成長が不十分になる可能性があります。銀行システムの再構築と資本増強の遅れは、マクロの大規模な金融スピルオーバーを伴うシステムリスクを増大させる可能性があります。ラカインでの治安状況の悪化と継続的な人道的問題は、感情を圧迫する可能性があります」とIMFは先週の訪問後の声明で述べた。

大規模なプロジェクトが完了し、外国人投資家が2020年の選挙に先立って慎重なままであるため、外国直接投資の流入とプロジェクトの承認は近年よりも低いままであると警告した。

貿易緊張の高まりと世界市場のボラティリティ、原油価格の上昇、中国の景気減速による波及は、依然として海外からのリスクである。

 

クリスマスイブの抗議

火曜日にヤンゴンのMahabandoola公園で、ラカイン北部で政府が実施中のインターネットのシャットダウンにラカイン民族ら、およそ50人の活動家が抗議した。

抗議の講演者の一人で下院のアラウク国民党議員のU Oo Hla Saw氏は『ミャンマー・タイムズ』紙に「いかなる観点からも」停電は、有権者にとっては経済的および社会的に「大きな損失」であると語った。インターネットを遮断することは基本的な人権に違反すると彼は言った。

Daw Aung San Suu Kyi政府は、ラカインとチン州北部の9つの町で621日にインターネットサービスを一時停止するように国の4つの通信事業者に命令した。運輸通信省のU Soe Thein秘書官は以前、地元メディアに、この禁止は、軍とラカイン民族の反乱グループであるアラカン軍との衝突後、「これらの地域の安定と法と秩序」を維持することを意図していると語った。

その後、サービスは5郡区で復元されたが、PonnagyunMrauk-UKyauktawMinbyaの各群区では遮断されたままである。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年12月31日19:38

ミャンマー:EU、アパレル産業を後押し

欧州連合のSMART Textile and Garmentsプロジェクトの新しいフェーズでは、ブランド、労働組合、および企業団体が一堂に会し、ミャンマーの縫製産業における社会的および環境的な持続可能性を高める。
EUが資金提供したこのプロジェクトは、先週金曜日にミャンマーで正式に開始された。
SMART Textile and Garmentsプロジェクトは、ヤンゴン、マンダレー、バゴ、パテインおよびその他の地域の100以上の繊維工場で機能する。
現地およびヨーロッパの専門家の関与を特色とするこのプロジェクトは、人的資源管理システムと職場コミュニケーション、労働安全衛生、化学物質と廃棄物管理、エネルギー効率などのトピックに関するオンサイト評価とトレーニングを提供する。
「欧州連合の揺るぎないコミットメントとサポートは、ミャンマーのまともな労働条件と責任あるビジネス慣行の改善に重要な役割を果たしています」と、プロジェクトの立ち上げ中に労働・移民・人口省のU Myo Aung事務局長は述べた。
「プロジェクトの目的は、ミャンマーとヨーロッパで持続可能な生産慣行と責任あるサプライチェーンをさらに強化することです」とSMART Myanmarのチームリーダーであるジェイコブ・A・クレア氏は述べている。 SMART Myanmarプロジェクトは、2013年以降、縫製工場と協力して、「Made in Myanmar」というラベルの付いたアパレル製品の持続可能な消費と生産(SCP)を促進している。これは、資源効率と社会的責任に重点を置いたコンセプトである。 SMART Textiles and GarmentsはSMART Myanmarを基盤としており、社会的および環境的パフォーマンスのためのトレーニングおよび能力開発プログラムを、全国のさまざまな場所にある100以上の繊維・アパレル工場に拡大する。
スマートミャンマーは、ミャンマーのアパレル業界のより持続可能な慣行への移行に非常に関連するプログラムであることが証明されている、とEU代表団のミャンマーへの開発協力の副局長であるPedro Campo Llopis氏は述べた。
「ヨーロッパは世界最大の消費者市場の1つであり、ヨーロッパの消費者は購入する製品がどこから来て、どのように生産されるかに注目しています。したがって、持続可能な生産と国際労働基準の尊重は、EUとミャンマーの貿易関係において重要なトピックであり、これにより、SMART Textiles and Garmentsプログラムを通じたミャンマーの繊維産業との協力が非常に重要になります。」とCampo Llopisは付け加えた。
H&M、Bestseller、C&Aを含むいくつかの国際的な小売業者は、ミャンマーに本拠を置くサプライチェーン内のパフォーマンスを向上させる新しいプログラムをサポートすることに同意している。
商務省によると、2018-19年度、ミャンマーのアパレル産業は国内最大の輸出部門の1つであり、40億米ドル相当のアパレル製品が輸出された。
2013年以来、ミャンマーのアパレル産業は驚異的な輸出志向の成長を示している。アパレル産業は主にヨーロッパ市場にサービスを提供しており、多くが女性を中心に数千人の雇用機会を創出している。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年12月11日12:32

ミャンマー:最低賃金に関する協議、始まる

労働者、企業、政府の代表者は、2年ごとに料金の見直しを義務付けた後、国の最低賃金について議論を始めた。

現在の最低賃金は、20185月に4800チャット(US $ 3.20)に設定された。

ミャンマー産業技術サービス労組連合のU Naung Aung副議長は、三者会議は週末に開催され、労働者の生活費についての一般的な話をした。

労働・移民・人口省と雇用主および労働者の代表は、最低賃金を引き上げるのにどのような困難があり、新しい最低賃金を設定するためにどの研究を実施すべきかを議論した。

「調査が実施されて初めて、新しい最低賃金がどうあるべきかについて、雇用主と交渉することができます」と彼は言った。「現在、調査を実施しようとしています。私たちは、雇用主が彼らが望む質問を調査に含めることを望んでいます。」

U Naung Aung氏によると、労働者側からの調査に含まれる質問を決定するために、12月の第2週に別の議論が予定されていた。

調査は、基本的な物価、個々の労働者の収入、および一般的な費用に焦点を当てると彼は言った。

ミャンマー縫製業者協会のDaw Khine Khine Nwe書記長は、121日の会議で政策事項について議論したと述べた。

「他の国で最低賃金がどのように扱われるかを話し合った。主に政策問題について話し合った」と彼女はミャンマー・タイムズに語った。「金額はまだ調整されていません。法律に従って進めます」

2015828日、全国最低賃金委員会は国の最初の最低賃金を1日あたり3600チャットに設定した。

最低賃金法は2013322日にU Thein Sein前大統領の管理下で制定された。法律では、最低賃金は2年ごとに見直さなければならないと規定されている。



» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年12月09日16:13

ミャンマー:韓国系縫製工場でのストライキが和解

組合のリーダーは、ヤンゴンのSeinus Cliq Fashion縫製工場の経営者と労働者が労働争議を解決したと述べた。

Ma Nan Soe氏は、経営陣は未払い給与の支払いを含む35件の要求のほとんどに同意したと述べた。

115日に給与の60%を受け取りました。彼らは月に3回給与を支払います」と彼女は言った。 「今日の交渉で、会社はもう二度とこんなことは起こさないと約束してくれました」

ストライキ参加者によると、600人以上の労働者が木曜日の朝に工場の前で全賃金を要求するために抗議しはじめた。

労働者はまた、特に無料の飲料水や雇用契約など、労働条件改善を求めた。

Daw Sandi Oo工場長は、経営陣は従業員の要求のうち32に同意したと述べた。

「私たちは合意に達し、彼らは仕事に戻りましたが、多くのフェリーを提供し、通常の労働時間のボーナスを増やし、Thingyanの休日にボーナスを与えるという3点には同意しませんでした」

韓国企業が所有するこの工場は2015年に開設され、約600人のミャンマー人労働者を雇用している。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年11月16日13:46

ミャンマー:ファッションフィエスタ - MFDEA、新作デザインを披露

ドレスの裾が優雅なターンで渦巻くように、モデルがとるあらゆる力強いステップに明るいリズムが伴う。

ファッションショーのステージ上では、あらゆる素朴な色と柄を用いており、明らかに地に足を付けた雰囲気である。本物のファッションの巨匠の手によって縫い付けられた地元のデザインを見るのはさらに励みになるものである。

画像02

デザイナーのMa Pont氏は、伝統的なミャンマーのデザインを巧みに組み合わせ、ファッションに精通した消費者や魅せられた旅行者にアピールした。

画像03

彼女は、部族をテーマにしたバッグとアクセサリーのZoey Collection(ゾーイコレクション)とともに、セクシーなドレスとズボン、トップスとショートパンツを備えた最新のBagan Collection(バガンコレクション)を紹介する。

画像04

このコレクションはこの種のものとしては初の試みであり、ユネスコ世界遺産に登録されているバガンを称えるためにデザインされた。

画像05

ファッショニスタは、1017日と18日にノボテルホテルのグランドボールルームで開催されたミャンマーファッションデザイナー起業家協会(MFDEA)のファッションフィエスタであり、ミャンマーフュージョンデザインを展示した。

画像06

業界全体および他の多くの地元デザイナーにとって非常に刺激的なイベントであった。 Ma Pont氏には、インドの文化的要素を取り入れデザインにスパイスを加えたMagok Pauk Pauk氏を含むミャンマーのトップデザイナーが加わった。デザイナーはMa Latt氏のストリートウェアコレクションからPyae Soe Aung氏のより華やかなブライダルデザインまで、さまざまなスタイルを披露した。

画像07

ショーでは、観客が丸2日間楽しめる面白いデザイン、デザイナーが紹介され、音楽も催された。 ファッションショーでの待遇に加えて、既製服ラインの継続的なプロモーションも行われた。買い物に行かない手は無いだろう。

画像08

Sein Nan Daw Diamondsは、Nay Channel TextilesCity Loft by Star CityAmerican VisionJaguarと提携して、同イベントのメインスポンサーであった。

画像09

MFDEAは、同協会初のイベントである今年のショーに非常に多くの質の高いスポンサーを引き付けたことを誇りに感じているという。

画像10

「グループの名前を変更し、MFDEAとして法的な協会になることには多くの利点があります。私たちは全員、この協会を通じてデザイナーとして協力しています。これにより、国内外でファッションショーをより簡単に企画することができます」とデザイナーのIris氏はMetroに語った。

画像11

このグループは2010年に初めてミャンマーファッションデザイナーグループ(MFDG)として設立されたが、昨年2月に名前をMDFEAに変更した。協会の目的は変わらず、ミャンマーのファッション(コットンおよびシルクの服)の認知度を高め、外国市場向けのアパレル製品生産の基準を引き上げることである。また、デザイナー間の世代間リンクを促進することも目指している。

画像12

「このファッションフィエスタは、必ずしも服を売ることに重きを置いてはいません。私たちは利益を上げることに楽しみを見出してはいますが、このショーはより革新的な地元のデザインを披露する機会なのです。私たちは今年それを達成出来たと思います。ミャンマーの人々は、私たちのファッションが実際にはそれほど高価ではありませんが、実際には金銭的価値が非常に高いことに気付いていないかもしれません」とIris氏は語った。

このファッションショーは、ミャンマーのファッション産業の未来にとってトレンドを作り出すイベントとして確実に機能しており、MFDEAは多くのファッション愛好家に扉を開くことができる。

地元のファッション産業がグローバルな展開に遅れを取らなければ、美しいミャンマー国内製品により多くの信頼を置く事を我々に奨励し、ミャンマーの消費者に良い印象を与える事が出来るだろう。


ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年10月26日17:37

ミャンマー:逆風にもかかわらず成長を続ける衣料産業

業界団体によると、ミャンマーのアパレル部門は10年計画に基づく輸出で、100億米ドルの目標を達成するために順調に進んでいる。

ミャンマー衣料起業協会によるミャンマー衣料産業戦略計画2014-2024年の下で、この分野において100万人の雇用機会を作り出すという輸出ターゲットと目標が策定された。

8月までの2018-19会計年度の輸出量は437000万米ドルに達し、前年同期の32億米ドルに比べて増加しました。これは輸出において117000万米ドル増加しています。」と商務省のU Khing Maung Lwin副商務長官は述べた。

特に2013年以降、ミャンマーでは衣料品の輸出が年々増加しており、「武器以外すべて(EBA)」の関税制度の下で、欧州連合(EU)市場への優先的なアクセスをミャンマーの商品に認めた。

この部門の輸出額は、2015-16年会計年度の8億米ドルから、現在の会計年度の40億米ドルを超えるまでに膨らんでいる。

「ミャンマー産業は、EUのミャンマーに対する優遇措置の恩恵を得るために、ミャンマーとタイの国境近くのカレン州ミャワディに店を設立しているタイのカットメイクパック社のような要因によって強化されています。」とU Khing Maung Lwin氏は言った。

さらに、新しい工場も増えていると彼は付け加えた。

「昨年は工場数が増え、輸出量も増加しました。また、今年は同部門への投資が増えたため、輸出量は来年も増え続けると予想されています。このような要因に基づいて、輸出で100億米ドルに達する目標は可能であるべきです。」とミャンマー衣料製造業者協会のU Myint Soe会長は言った。

「短期的には、米中貿易戦争が激化する中、中国企業も増えています。ミャンマーのカットメイクパック事業への新規投資の約80%は中国からです。」とU Myint Soe氏は述べ、中国、香港、台湾の衣料品工場がミャンマーに進出していると付け加えた。

「毎月約6つの新しい衣料品工場が設立されています。これらは、過去に設立された小規模な工場とは異なり、少なくとも3000人を雇用できる巨大な工場です。」と彼は述べた。

米中貿易戦争は、企業がミャンマーへの投資に関心を持つようになるとしてミャンマーに機会を与えていると、ミャンマーのScot Marcie米国駐ミャンマー大使は、ミャンマー・タイムズ紙の独占インタビューで語った。

ヤンゴンのU Phyo Min Thein首相もまた6月の記者会見で、本質的に同様のことを述べた。

米中貿易戦争の結果、中国以外の国で作られた衣料品に対する米国の需要も高まっている。

EUと日本はミャンマーから輸出される衣料品の主要市場であるが、現在米国も増えているとU Myint Soe氏は言った。

「現在、雇用機会は増加しており、2020年には増加が見込まれるため、人手不足になる可能性があります。」と彼はコメントした。

同部門の急速な発展とその可能性は、それが国家輸出戦略の下で優先事項である理由となる、とU Khing Maung Lwin氏は言った。

部門が発展するにつれて、衣料品事業は以前よりもさらに責任(誰の責任であるのか?と誰が責任をとるのか?)を確保する必要があり、そのため、協会は法律から人事問題までの全てを網羅するトレーニングコースを実施している、とU Myint Soe氏は述べた。

「このコースは、産業が成功するために、労働問題を減らし、衣料品工場に説明責任を果たすことを奨励することに役立ちます。衣料品部門が繁栄すれば、国のイメージは向上するでしょう。」と彼は言った。

しかし、可能性があるにも関わらず、同部門は課題にも直面している。

ミャンマーは日本、韓国、カナダ、米国、中国などに衣料品を輸出しているが、EUは依然として最大の市場の1つであり、衣料品輸出の50%を占めている。

ラカイン州で進行中の紛争と人道危機のため、EUはミャンマーに与えられた優遇措置を見直していると述べた。ステータスが撤回された場合、衣料品業界は大きな影響を受けるだろうと専門家は予想している。

ミャンマーに関する国連事実調査委員会が8月に発表した報告書は、世界中の政府や企業に対し、軍事企業に対して貿易制裁を課すよう強く求めた。現時点では、ミャンマーからの輸出に対するEUの優遇措置は引き続き実施されており、軍事企業に対する制裁も行われていない。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月26日12:08

このページのトップへ戻る