インドシナニュース

ミャンマー:輸出減少にもかかわらず、アパレル産業への投資家の関心は依然として高い

政府によると、2019-20年度のアパレル輸出量が減少したにもかかわらず、アパレル製造部門に対する外国人投資家の関心は依然として強い。

ミャンマー投資委員会(MIC)が承認し、10月1日から5月31日までの間にミャンマーへの投資を許可された178社の外国企業のうち、4分の3以上が製造業部門に資本を流したと、投資会社管理局(DICA)が発表した。データによると、新規投資家にはアパレルメーカーが含まれている。

投資会社管理局(DICA)のU Thant Sin Lwin局長は、多くの雇用を創出する可能性のある労働集約型産業であるため、総務省は今後、アパレル製造業への投資を優先すると国営メディアに語った。新型コロナに関連したフェイスマスクやその他の個人用保護具を製造できるメーカーも優先的に投資されるだろう。

商務省のU Khin Maung Lwin副長官によると、新型コロナの影響でEUからの注文がキャンセルされたため、アパレルの輸出が2019年10月1日から5月31日までの間にわずか27億米ドルに減少し、前年同期比で2400万ドルの減少となったにもかかわらず、投資家からの問い合わせが殺到しているという。

 

また、工場がレイオフや閉鎖を余儀なくされているため、雇用者と従業員との間の紛争が増加している。EUが提供したデータによると、この産業では600の工場で70万人の女性労働者を雇用している。

ミャンマーのアパレル部門の混乱は2月に始まり、新型コロナの閉鎖とロックダウンの結果、中国からの原材料の輸入が散発的になった。3月11日に世界保健機関(WHO)がコロナウイルスの世界的な大流行を宣言した後、事態はさらに悪化し、EUなどの主要輸出国からの注文の遅れやキャンセルが頻繁に発生するようになりました。

「新型コロナが流行して以来、アパレル部門は問題に直面しています。EUからはまだ大きな新規受注を受けていません」とU Khin Maung Lwin氏は語った。ミャンマーで生産されるアパレルの約70%は、日本、韓国、カナダ、米国のほか、EUにも輸出されている。

しかし政府及びEU からの財政援助に後押しされて、企業は回復の兆候を今示している。「以前はキャンセルされていた受注が再び復活したというニュースを聞いています。ミャンマーとタイの国境からの輸出収入もあり、Myawaddyのアパレル企業は約7100万米ドル相当の製品をタイに輸出しています」とU Khin Maung Lwin氏は語る。

EUは4月、新型コロナの影響で職を失ったアパレル労働者を支援するため、500万ユーロ(79億円)のMyan Ku緊急現金基金を立ち上げた。その後、ヤンゴン、パテイン、バゴ、マンダレー、マグウェの1万1000人以上の女性衣料労働者を含む1万2913人のアパレル縫製労働者に、基金からすでに10億円以上が支給されている。

政府は新型コロナ経済対策計画を通じて、アパレル製造業を含む問題産業への融資資金として最大5000億米ドルを確保している。

商務省によると、アパレル製造業は2018-19年度に50億米ドル相当の輸出収入を生み出した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年06月15日15:04

ミャンマー:工場各社、新型コロナウイルスの強制立ち入り検査のため閉鎖に

ミャンマーのすべての工場は、労働・入国管理・人口省および保健・スポーツ省、およびその他の関連グループによる検査のため、4月20日から30日まで閉鎖しなければならない。労働省の事務局長、U Myo Aung氏は、新型コロナウイルスの検査で許可され次第、再開を許可すると語った。

その主な理由は、ミャンマーの新年の水かけ祭り後に多くの工場労働者が出身地から戻ることになるため、必要な予防策を講じることである。

4月20日、「我々の省は今日、保健省と協力して11チームで工場の立ち入り検査を行い、明日は別の60-70の工場で検査を続けます」と同氏は述べ、また、工場オーナーは検査に協力することが期待されていると付け加えた。ヤンゴン地域だけでも6632の工場がある。

医薬品や食品の製造工場だけでなく、1000人以上の労働力を持つ工場も優先される。

省庁の要件を満たす工場、ワークショップ、職場は、操業を継続することが許可される。

「これ以上の指示はまだ発表されていません。今後の進め方については、さらなる明確化が期待されます」と、Hlaing Tharyar工業地帯の議長、U Myat Thin Aung氏は語った。

U Myo Aung氏は政府および企業のオフィスに関しては言及しなかった。また、検査が終了するまで工場や職場を閉鎖すべきかどうかもまだ明確ではない。

労働省の指示にも関わらず、いくつかの工場は4月20日時点でまだ操業していた。いくつかの工場はその時点では指示を受けていなかったため、今日も閉鎖されておらず、多くの労働者は依然として出勤しなければならなかったのです。他の工場は閉鎖され、工場オーナーは給料カットを希望しています。ミャンマー縫製労働者連盟のMa Moe Sandar Myint代理主任は述べた。

労働団体Action Labor RightsのKo Zaw Lin Khine氏によると、4月20日に約20〜30の工場が再開した。しかし、多くの工場は労働者と交渉を行い、彼らを送り返した。4月26日まで閉鎖を発表する工場もあれば、4月30日まで閉鎖する工場もある。

指示に従うことを意図してはいるが、明確にする必要もあるという。

「管理事務所は我々に操業している工場のリストを作るよう指示し、我々は現在それに取り組んでいます」とShwe Lin Ban工業地帯のU Aung Thaung会長は述べた。

一方、労働省は工場が閉鎖されている期間中、労働者の社会保障への貢献により労働者を支援すると発表した。登録された労働者に限り支援を受ける資格がある。

全国には150万人以上の登録労働者がおり、ヤンゴン地域だけでも68万人以上の労働者がいる。

人口700万人のヤンゴン地域では、4月19日午後9時の時点で、87件の新型コロナウイルスの症例があり、最も多かった。これまでの5人の死者のうち4人はヤンゴンで発生した。ミャンマーでの新型コロナウイルスの症例数は現在111人である。

ヤンゴン当局は、すべてのタウンシップに午後10時から午前4時までの間に門限を課し、最もケース数の多い7つのタウンシップにセミロックダウンを課した。4月16日の初め、政府は5人以上の集会も禁止した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年04月27日12:02

ミャンマー:縫製工場4社がマスク生産を開始

コロナウイルスの発生によりマスクの需要が高まる中、ヤンゴンとバゴ地域の4つの工場がシンヤン休暇後にマスクの生産を開始すると当局者は述べている。

現在、ミャンマーにはマスクの生産に特化した工場がないため、保健スポーツ省とヤンゴン州政府の指示に従い、ヤンゴン州の2つの工場とバゴ州の2つの工場でマスクの生産準備が進められている。

バゴ地方の産業監督委員会書記のU Soe Htet氏によると、この取り組みは、個人用保護具(PPE)を製造する香港に拠点を置くCobes Industriesの現地法人であるCobes Industries Myanmar Bago Coと協議されたという。

政府は先週、Bago地域のCobes社と韓国のKMヘルスケア工場から10万個の個人用保護具(PPE)を購入する契約に署名していた。

「我々はすでに工場にマスクの製造を指示しており、シンヤン休暇後に開始できると思う。目的は、ミャンマーでのCOVID-19発生に対抗するための重要なアイテムであるマスクの現地需要を満たすことである」とU Soe Htet氏は述べた。

一方、ヤンゴン近郊のShwe Lin Pan 工業団地にある日本の1工場と韓国の1工場との間では、この取組に貢献するための協議が行われている、とShwe Lin Pan 工業団地のU Aye Thaung 会長は述べた。

「日本資本の工場はミャンマーで自動車用クリーニング生地を生産しており、マスクを生産できる機械を持っている。韓国の衣料品工場も同様の機械を持っている。しかし、中国からの原材料のサプライチェーンの混乱により、製造に支障が出ている。これを克服するために何ができるか、彼らと話し合っているところだ」とU Aye Thaung氏は言う。

現在、フェイスマスクの価格は、3月23日にミャンマーでCOVID-19の最初の症例が発見される前の100~150チャットと比較して、1枚あたり800~1000チャットに高騰している。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年04月11日11:53

ミャンマー:ヤンゴンの縫製工場が650人以上の労働者を解雇

ミャンマー産業労働者連盟(IWFM)によると、ヤンゴンの縫製工場が650人以上の従業員を解雇した。
Hlaing Tharyar 郡区Shwe Lin Pan工業団地にある工場Yongan (Myanmar) Fashion Co.は、中国資本の工場である。
同工場は新型コロナウイルスの流行により需要が減少し、困難に直面していた。5月下旬には注文がなく、注文の取り消しおよび削減に直面し、従って、工場の声明によると、労働者に仕事を与えることができず、労働力を減らす決定を下した。
Hlaing Tharyar郡区労働関係局に送られた報告書によると、同工場は、904名(男性労働者112 名、女性労働者 792 名)のうち 686 名の労働者を解雇し、5 月 5 日に法律に従って労働者に与えられたすべての権利を与えることを保証した。
Yongan (Myanmar) Fashion Co.のレイオフは、最近数週間の他の工場による同様の動きの一部であり、3月26日にヤンゴンの東ダゴン工業団地ではGrand Enterprises Garment Co. Ltd.が何千人もの労働者を解雇し、ストライキが発生した。
労働・移民・人口省によると、1月以来、縫製工場を含む38のCMP工場が操業を停止している。このうち縫製工場は22工場だった。他の工場は労働者数を減らした。
EUが先月、現地の縫製工場からの注文をキャンセルしはじめる前に、ミャンマーでは500の工場のうち少なくとも20の工場がパンデミックのために閉鎖され、1万人以上の労働者を失業させたと業界筋は述べた。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年04月09日10:48

ミャンマー:何千人もの縫製工場労働者が失職阻止のためにストライキに入る

何千人ものミャンマーの縫製工場労働者が、COVID-19パンデミックによる生産の減速の中で、差し迫った解雇を阻止するためにヤンゴンでストライキを行ったと、ある労働組合のリーダーが語った。

ミャンマー工業・工芸・サービス労働組合連合会(MICF)のKo Htetet Aung氏によると、労働者は木曜日にヤンゴン郊外の南Dagon工業団地で抗議行動を開始したという。

抗議している労働者は、来週1万人の労働者のうち8000人をレイオフすると発表したGeneral Enterprises Garment工場と、同じく400人の労働者を削減するLoadStar工場の労働者らである。

2つの工場の経営者は、新型コロナ肺炎のパンデミックが175カ国を席巻しており、海外からの受注がないため、労働者の削減が必要であると述べた。

ミャンマーの法律の規定通り、影響を受けた労働者に補償を提供することを彼らは約束した。

しかし、抗議している労働者たちは補償に興味がない、とKo Htetet Aung氏は言う。

「私たちは補償を求めて抗議しているのではありません。私たちは労働者の解雇を止めることを求めています。私たちは、解雇しないように要求しているのです」

ミャンマーの500の製造工場のうち少なくとも20は、パンデミックのために仕事がなくなる可能性がある1万人以上を残したまま、工場を閉鎖している。

影響を受けた工場のほとんどは、中国からのサプライチェーンが12月31日の武漢市の最初の流行の報告に続いて中断されたアパレル製品製造業にある。

15 の工場は操作を永久に停止したが、他の5 つは1 月以来の一時的な作動を停止した。他の工場は労働者の数を削減した。

中国からの原料はシャン州のMuse の国境と広州からの航空便経由でミャンマーに入るようになったので、操業を再開した工場もある。しかし、元の労働者の6割しか再雇用されていない。

「旧正月前に生産された原料は今から5月までミャンマーに輸出されると聞いたが、まだ100%にはならないでしょう」とミャンマー衣料協会のU Myint Soe会長は語った。「政府はその間に支援を提供すべきです」

U Myint Soe氏によると、政府は企業が新型コロナウイルス感染パンデミックから生き残るために、特に衣料品産業を支援するための措置を講じている。

しかし、これはパンデミックで最も被害を受けた産業を支援するには十分ではないだろう、と専門家は述べている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月31日14:01

ミャンマー:ヤンゴンのアパレル部門で少なくとも1万人が失業中

ミャンマーの500の工場のうち少なくとも20が閉鎖され、COVID-19の結果として1万人を超える人々が失業の危機にある。
工場のほとんどは、アパレル製造部門にある。 1月以降の中国からの原料サプライチェーンの混乱により、15の工場が操業を完全に停止し、別の5つの工場が一時的に操業を停止した。他の施設では、施設の労働者の数を減らしている。
解雇された労働者全員が補償されたわけではない。単に賃金の支払いを拒否した工場所有者がいる。Su Xing Garment Co. Ltd(Myanmar)やMyanmar Royal Apolloなどで、これらの所有者は行方不明だ。
2つの工場には合計786人の労働者が働いている。
ミャンマー投資委員会(MIC)の秘書であるU Thant Sin Lwin氏は、こうした事業はミャンマーでの継続事業から禁止されると述べた。
「雇用主が代替支払いで状況を管理している場合、それは受け入れられます。しかし、私たちの労働法を遵守しない人は、ここでの活動を禁止されるでしょう」と彼は言った。
最近、一部の原材料がMuse国境と広州からの貨物機を経由してミャンマーに入ったため、一部の工場は操業を再開した。ただし、元の従業員の60%のみが今のところ再雇用されている。
「旧正月以前に生産された原材料は、今から5月までミャンマーに輸出されると言われていますが、まだ100%にはならないでしょう。ミャンマー政府は当面の間、支援を提供すべきです」とミャンマー衣料協会のU Myint Soe議長は語った。
これまでのところ、税関で通関を受ける際には、アパレル産業に関連する素材が最優先事項である。政府はまた、UMFCCIと協力して賃金を支払うために雇用主に特別金利でローンを提供する、とU Myint Soe氏は述べた。免税も考慮されている。
「政府は、給与を支払うのに十分なお金がない場合、工場の所有者にローンを発行します。彼らは後で返済することができますが、政府がローンの利息に対していくら請求するかはまだわかりません」とU Myint Soe氏は言った。
COVID-19の発生の結果としての経済への影響を解決および改善するために、監視委員会が設立された。委員会は特にヤンゴン地域を監視する。ヤンゴン地域は人口が多く、多くの産業がある大都市だからである。この地域の100万人の労働者のうち、少なくとも半分は縫製工場の労働者であるとU Thant Sin Lwin氏は述べている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月23日11:43

ミャンマー:工場閉鎖により4000人の労働者が失業

労働移民人口省のU Thein Swe大臣によると、15の工場の閉鎖と労働力の減少により、年初から約4000人の労働者が職を失った。

U Thein Swe氏は、他の20の工場が活動停止の要望書を提出したと付け加えた。

工場閉鎖と労働力削減の理由の中には、COVID-19のパンデミックと土地リースの問題の中の原材料の不足と注文不足があると彼は述べた。

大臣は、影響を受けた15の工場のうち、9社が恒久的に停止し、6社が一時停止し、2社が労働者数を削減したと付け加えた。

U Thein Swe氏は、失業中の労働者は、社会保障への貢献度に応じて医療給付を引き続き受けるが、失業給付は受けないと述べた。

「社会保障委員会(SSB)からの失業給付の要求はないため、それを提供することはできません」と彼は金曜日の記者会見で述べた。

これらの工場のほとんどは、ヤンゴン、バゴ、エーヤワディ地域にあり、バッグ、靴、衣服の製造に従事している。

工場閉鎖または労働力の削減で仕事を失った人々の中には、これらの工場で働いていた中国人と韓国人がいた。

しかし、大臣は、今年の初めから新工場が開かれており、最大6000の雇用機会を創出したと指摘した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月17日10:40

ミャンマー:ヤンゴンの中国系アパレル縫製工場が破産

COVID-19ウイルスの発生による損失により、ヤンゴンの中国資本のアパレル縫製工場が破産を宣言した。
ヤンゴンのShwe Pyi Thar町にあるMyanmar Royal Apollo縫製工場は、100カ国以上に広がったウイルスのために中国の工場が閉鎖したため、原材料の供給が止まったと語った。
破産の通知は、ヤンゴン管区議会Daw Sandar Min議員のFacebookページに投稿された。
ミャンマーの労働組合連帯のDaw Myo Myo Aye委員長は、組合は事件の進展を注意深く監視すると述べた。
「破産の発表が月曜日にDaw Sandar Min氏のページに掲載されたのを見ました」と彼女は言った。
工場は2016年5月に4億チャット(29.9万米ドル)の投資して開業したが、3月5日時点で4億チャットの純損失を被っていた。
工場は閉鎖されたが、機械設備類はすべて内部に残っていると伝えられている。設備が売却処分された場合、会社は労働者の未払い賃金といくらかの補償金を支払うことができるかもしれないと伝えられている。
郡区管理者によると、工場は封印されており、オークションにかけられると、Daw Myo Myo Aye氏は述べた。
彼女は、工場は元労働者の前で新しい所有者に移されると付け加えた。
「工場が売却されたとき、所有者は労働者になんらかの補償を支払うことなく逃げたと聞いた」と彼女は言った。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月13日18:32

ミャンマー:労働者はCOVID-19をめぐる工場閉鎖の詳細な調査を促す

ミャンマーの労働者は、COVID-19の発生によって引き起こされた原材料の不足のために閉鎖されている工場を監視するチームを設立するよう政府に促している。

ミャンマー労働組合連合のU Ye Naing Win書記長は、閉鎖した工場の中には労働力紛争を回避する口実として原材料不足を利用しているところもある、と述べた。

「原材料不足に直面している工場もありますが、原材料の在庫が多い工場もあります」と彼は日曜日に語った。「突然原材料がなくなっているのは奇妙です」

「一部の工場は、COVID-19の発生によって引き起こされた現在の状況を利用して、労働活動家を排除しようとしています」と彼は付け加えた。

「閉鎖を要求する工場は、政府職員だけでなく、労働者から信頼されているチームによっても検査されるべきです」

ミャンマーには、262の中国資本の縫製工場、20を超えるミャンマー資本の工場、60の日本資本の工場、および20を超える韓国資本の工場がある。

同盟のU Maung Maung議長は、監視チームは12の労働組合からそれぞれ2人のメンバーで設立されると述べた。

ミャンマー投資委員会での輸出入記録と、政府および非政府ソースから、操業を停止しようとしている工場の他のデータを検査すると彼は述べた。

これまでのところ、16の縫製工場が原材料と注文の不足により閉鎖されたと同盟は述べた。

他の工場では、Sino Proudの縫製工場など、解雇手当を支払い解雇される労働者がいる。

バゴー地域の7つの工場が今月労働者を解雇し、別の7つの工場が来月労働力を削減する。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月12日23:11

ミャンマー:中国のバッグメーカーがCOVID-19で閉鎖

ヤンゴンの中国所有のバッグ工場は、中国でのCOVID-19の流行に起因する原材料の不足のため、2月24日突然閉鎖を発表した。

Hlaing Tharyar郡区のMya Sein Yaung工業団地にあるLucky Sky Bags工場は、閉鎖前に、ストライキ中の労働者に何も通知しなかった。

ストライキのリーダーの一人であるU Myo Zaw Htay氏は、工場の免許を取り消すことを求め、20人の中国人従業員が国外追放された。

「彼らはMya Sein Yaung工業地帯への投資に対して7年間の免税を受けました」というが、わずか11か月間で閉鎖となった。

642人の労働者がいるこの工場では、ヨーロッパへの輸出用の革製バッグを製造している。

労働者によると、労働者は1月31日から2月11日まで不公正な労働慣行に抗議してストライキを行ったため、工場が輸出期限を守ることが難しくなり、注文が減少したという。

2月11日に工場との合意に達した後、労働者は職場に戻った。

しかし、10日後、労働組合の秘書は理由もなく解雇されたため、労働者は抗議し、工場は閉鎖された、とU Myo Zaw Htay氏は述べた。

工場経営者は労働者の報酬を支払うことを誓った。

Lucky Sky Bagsは、世界中で79,000人以上に感染したCOVID-19の発生により、過去3週間で3番目に閉鎖した中国企業。

ミャンマー縫製業者協会は、中国の原材料が不足しているため、同国の縫製工場の半数が来月閉鎖される可能性があるという懸念を表明した。

地元の工場で使用されている資材、副資材、ジッパーの約90%が中国からの輸入と言われている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年02月27日06:02

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る