インドシナニュース

ミャンマー:韓国系縫製工場でのストライキが和解

組合のリーダーは、ヤンゴンのSeinus Cliq Fashion縫製工場の経営者と労働者が労働争議を解決したと述べた。

Ma Nan Soe氏は、経営陣は未払い給与の支払いを含む35件の要求のほとんどに同意したと述べた。

115日に給与の60%を受け取りました。彼らは月に3回給与を支払います」と彼女は言った。 「今日の交渉で、会社はもう二度とこんなことは起こさないと約束してくれました」

ストライキ参加者によると、600人以上の労働者が木曜日の朝に工場の前で全賃金を要求するために抗議しはじめた。

労働者はまた、特に無料の飲料水や雇用契約など、労働条件改善を求めた。

Daw Sandi Oo工場長は、経営陣は従業員の要求のうち32に同意したと述べた。

「私たちは合意に達し、彼らは仕事に戻りましたが、多くのフェリーを提供し、通常の労働時間のボーナスを増やし、Thingyanの休日にボーナスを与えるという3点には同意しませんでした」

韓国企業が所有するこの工場は2015年に開設され、約600人のミャンマー人労働者を雇用している。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年11月16日13:46

ミャンマー:ファッションフィエスタ - MFDEA、新作デザインを披露

ドレスの裾が優雅なターンで渦巻くように、モデルがとるあらゆる力強いステップに明るいリズムが伴う。

ファッションショーのステージ上では、あらゆる素朴な色と柄を用いており、明らかに地に足を付けた雰囲気である。本物のファッションの巨匠の手によって縫い付けられた地元のデザインを見るのはさらに励みになるものである。

画像02

デザイナーのMa Pont氏は、伝統的なミャンマーのデザインを巧みに組み合わせ、ファッションに精通した消費者や魅せられた旅行者にアピールした。

画像03

彼女は、部族をテーマにしたバッグとアクセサリーのZoey Collection(ゾーイコレクション)とともに、セクシーなドレスとズボン、トップスとショートパンツを備えた最新のBagan Collection(バガンコレクション)を紹介する。

画像04

このコレクションはこの種のものとしては初の試みであり、ユネスコ世界遺産に登録されているバガンを称えるためにデザインされた。

画像05

ファッショニスタは、1017日と18日にノボテルホテルのグランドボールルームで開催されたミャンマーファッションデザイナー起業家協会(MFDEA)のファッションフィエスタであり、ミャンマーフュージョンデザインを展示した。

画像06

業界全体および他の多くの地元デザイナーにとって非常に刺激的なイベントであった。 Ma Pont氏には、インドの文化的要素を取り入れデザインにスパイスを加えたMagok Pauk Pauk氏を含むミャンマーのトップデザイナーが加わった。デザイナーはMa Latt氏のストリートウェアコレクションからPyae Soe Aung氏のより華やかなブライダルデザインまで、さまざまなスタイルを披露した。

画像07

ショーでは、観客が丸2日間楽しめる面白いデザイン、デザイナーが紹介され、音楽も催された。 ファッションショーでの待遇に加えて、既製服ラインの継続的なプロモーションも行われた。買い物に行かない手は無いだろう。

画像08

Sein Nan Daw Diamondsは、Nay Channel TextilesCity Loft by Star CityAmerican VisionJaguarと提携して、同イベントのメインスポンサーであった。

画像09

MFDEAは、同協会初のイベントである今年のショーに非常に多くの質の高いスポンサーを引き付けたことを誇りに感じているという。

画像10

「グループの名前を変更し、MFDEAとして法的な協会になることには多くの利点があります。私たちは全員、この協会を通じてデザイナーとして協力しています。これにより、国内外でファッションショーをより簡単に企画することができます」とデザイナーのIris氏はMetroに語った。

画像11

このグループは2010年に初めてミャンマーファッションデザイナーグループ(MFDG)として設立されたが、昨年2月に名前をMDFEAに変更した。協会の目的は変わらず、ミャンマーのファッション(コットンおよびシルクの服)の認知度を高め、外国市場向けのアパレル製品生産の基準を引き上げることである。また、デザイナー間の世代間リンクを促進することも目指している。

画像12

「このファッションフィエスタは、必ずしも服を売ることに重きを置いてはいません。私たちは利益を上げることに楽しみを見出してはいますが、このショーはより革新的な地元のデザインを披露する機会なのです。私たちは今年それを達成出来たと思います。ミャンマーの人々は、私たちのファッションが実際にはそれほど高価ではありませんが、実際には金銭的価値が非常に高いことに気付いていないかもしれません」とIris氏は語った。

このファッションショーは、ミャンマーのファッション産業の未来にとってトレンドを作り出すイベントとして確実に機能しており、MFDEAは多くのファッション愛好家に扉を開くことができる。

地元のファッション産業がグローバルな展開に遅れを取らなければ、美しいミャンマー国内製品により多くの信頼を置く事を我々に奨励し、ミャンマーの消費者に良い印象を与える事が出来るだろう。


ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年10月26日17:37

ミャンマー:逆風にもかかわらず成長を続ける衣料産業

業界団体によると、ミャンマーのアパレル部門は10年計画に基づく輸出で、100億米ドルの目標を達成するために順調に進んでいる。

ミャンマー衣料起業協会によるミャンマー衣料産業戦略計画2014-2024年の下で、この分野において100万人の雇用機会を作り出すという輸出ターゲットと目標が策定された。

8月までの2018-19会計年度の輸出量は437000万米ドルに達し、前年同期の32億米ドルに比べて増加しました。これは輸出において117000万米ドル増加しています。」と商務省のU Khing Maung Lwin副商務長官は述べた。

特に2013年以降、ミャンマーでは衣料品の輸出が年々増加しており、「武器以外すべて(EBA)」の関税制度の下で、欧州連合(EU)市場への優先的なアクセスをミャンマーの商品に認めた。

この部門の輸出額は、2015-16年会計年度の8億米ドルから、現在の会計年度の40億米ドルを超えるまでに膨らんでいる。

「ミャンマー産業は、EUのミャンマーに対する優遇措置の恩恵を得るために、ミャンマーとタイの国境近くのカレン州ミャワディに店を設立しているタイのカットメイクパック社のような要因によって強化されています。」とU Khing Maung Lwin氏は言った。

さらに、新しい工場も増えていると彼は付け加えた。

「昨年は工場数が増え、輸出量も増加しました。また、今年は同部門への投資が増えたため、輸出量は来年も増え続けると予想されています。このような要因に基づいて、輸出で100億米ドルに達する目標は可能であるべきです。」とミャンマー衣料製造業者協会のU Myint Soe会長は言った。

「短期的には、米中貿易戦争が激化する中、中国企業も増えています。ミャンマーのカットメイクパック事業への新規投資の約80%は中国からです。」とU Myint Soe氏は述べ、中国、香港、台湾の衣料品工場がミャンマーに進出していると付け加えた。

「毎月約6つの新しい衣料品工場が設立されています。これらは、過去に設立された小規模な工場とは異なり、少なくとも3000人を雇用できる巨大な工場です。」と彼は述べた。

米中貿易戦争は、企業がミャンマーへの投資に関心を持つようになるとしてミャンマーに機会を与えていると、ミャンマーのScot Marcie米国駐ミャンマー大使は、ミャンマー・タイムズ紙の独占インタビューで語った。

ヤンゴンのU Phyo Min Thein首相もまた6月の記者会見で、本質的に同様のことを述べた。

米中貿易戦争の結果、中国以外の国で作られた衣料品に対する米国の需要も高まっている。

EUと日本はミャンマーから輸出される衣料品の主要市場であるが、現在米国も増えているとU Myint Soe氏は言った。

「現在、雇用機会は増加しており、2020年には増加が見込まれるため、人手不足になる可能性があります。」と彼はコメントした。

同部門の急速な発展とその可能性は、それが国家輸出戦略の下で優先事項である理由となる、とU Khing Maung Lwin氏は言った。

部門が発展するにつれて、衣料品事業は以前よりもさらに責任(誰の責任であるのか?と誰が責任をとるのか?)を確保する必要があり、そのため、協会は法律から人事問題までの全てを網羅するトレーニングコースを実施している、とU Myint Soe氏は述べた。

「このコースは、産業が成功するために、労働問題を減らし、衣料品工場に説明責任を果たすことを奨励することに役立ちます。衣料品部門が繁栄すれば、国のイメージは向上するでしょう。」と彼は言った。

しかし、可能性があるにも関わらず、同部門は課題にも直面している。

ミャンマーは日本、韓国、カナダ、米国、中国などに衣料品を輸出しているが、EUは依然として最大の市場の1つであり、衣料品輸出の50%を占めている。

ラカイン州で進行中の紛争と人道危機のため、EUはミャンマーに与えられた優遇措置を見直していると述べた。ステータスが撤回された場合、衣料品業界は大きな影響を受けるだろうと専門家は予想している。

ミャンマーに関する国連事実調査委員会が8月に発表した報告書は、世界中の政府や企業に対し、軍事企業に対して貿易制裁を課すよう強く求めた。現時点では、ミャンマーからの輸出に対するEUの優遇措置は引き続き実施されており、軍事企業に対する制裁も行われていない。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月26日12:08

ミャンマー:紙の手工芸品クイリング上陸

Daw Aye Aye Sweさんはリタイア後の余生を楽しむ新しい手段を発見し、それに情熱を傾けている。

彼女は大学で歴史学の学位を取得し、20年間自宅で働き、子供が巣立った後、企業のゼネラルマネージャーとして働いた。その後、彼女は引退し、人生のターニングポイントに達した。

彼女の妹がティーンや若者の雇用を生み出し国に貢献する方法としてクイリングを導入したとき、Daw Aye Aye Sweはこのチャンスを掴み、新しいビジネスで彼女の妹を助けると決めた。現在、彼女はこの仕事を楽しんでおり、Quilling Card Myanmarのオーナー兼ゼネラルマネージャーを努めている。

クイリングは、色紙の細長い切れを使用し、巻き取り、成形し、接着して装飾デザインを作成するアート形式である。高度な技術とさまざまなサイズの紙を使用して、3次元のミニチュア、抽象芸術、花、ポートレートなどを作る。ミャンマーではまだあまり人気はないが、ベトナム、シンガポール、日本など他のアジア諸国では非常に人気である。

 

技術差を埋める

「カードを作るには、まずスケッチを描き、クイリングのツールを使用して成形します。そして多くの工程を通してカードは3Dになります」とDaw Aye Aye Sweさんは述べた。

幸いなことに、Daw Aye Aye Sweさんは、2011年以来ベトナムに3つのクイリング工場を設立したベトナムのHuong Nguyen Wolf氏の支援を受けている。

クイリングに必要なスキルを社会に広げ、女性の仕事を増やすために、Daw Aye Aye Sweさんは最近、Huong氏が材料と技術支援を提供する職業訓練学校を設立するというアイデアを得た。

「私たちの国は職業教育が弱く、教育を修了出来なかった若者に仕事を提供することで格差を埋めたいと思いました。これを社会的企業として始めれば、アパレル産業のような多くの雇用を創出できます。クイリングは紙だけでなく創造的な芸術でもあるため、作る側は芸術的である必要もあります」とDaw Aye Aye Sweさんは述べた。

男性も女性もトレーニングを受けるが、彼女はまず満たすべく基準を複数定めている。それは、手工芸品を作ることに興味があり、18歳から30歳の間であること、である。

彼女は30歳以上の研修生が集中してしまうことを懸念しており、また、ミャンマー労働法では18歳未満の労働を禁止している。ただし、研修生が明らかな才能を示した場合、彼女は年齢の上限を放棄するという。トレーニングは無料で、彼女は研修生に日当を与えている。

彼女はクイリングの新人を訓練し、その新人らは次に続く新人たちを訓練し、ミャンマー全体にクイリングのスキルを広めるだろう、とDaw Aye Aye Sweさんは語った。

「私はこの市場を成長させる予定です。今、私は市場がブームになった時のために熟練労働者の準備しています。一方、私たちは研修生が仕事を持ちお金を稼ぐ方法を示したいと思います」と彼女は述べた。

クイリングに必要な4つのツールは、ピンセット、紙を形作るミニモーター、はさみ、小さな棒である。クイリングは繊細な作業であり、手で作品に触れないように注意する必要がある。

Huong氏はベトナムから必要な原料、ツール、その他すべてを供給している。すべてが日本、シンガポール、ベトナムなど他の国から輸入されるため、生産コストが高くなる。しかし、彼女は粘り強く、市場がブームになり、Huong氏と工場を設立できると確信している。

「生産コストが非常に高いため、クイリングワークショップの設立は困難なため、外国人投資家とパートナーが必要です」と述べた。

 

手作りの作品

手工芸品市場は勢いを増し始めており、人々はそのようなアイテムをより高く評価し、購入している、とDaw Aye Aye Sweさんは述べた。

現在、彼女は30人以上の研修生を抱えており、縫製工場で一般的に使用されるCMP製造委託システムを採用し500人の従業員を抱える工場をミャンマーに開設したいと考えている。

「今、私は社会的企業としてビジネスを運営していますが、カードは数多くあり、品質は非常に良いです」と彼女は述べた。

クイリングで最も重要なことは色の分離であり、現在、このスキルに熟練した労働者のチームがあり、工場運営の準備は出来ている。紙の品質は重要なので、輸入原料を使用している。

クイリングカードはアートであることに加えて、ギフト、お土産、または会社のプロモーションで使用できる。

「クイリングは心の安らぎをもたらし、集中力を高めます。上手に出来る人はストレスが減り、問題が少なくなり、ティーンのトラブルを防ぎます。私のパートナーと私はすぐに利益を上げることは期待していませんが、粘り強く長期的な視点をとる必要があります。若い人たちに、彼らの将来への次のステップとしてトレーニングに参加するように勧めています」と彼女は語った。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月31日11:57

ミャンマー:生活コストの上昇に伴い労働者流出が増加(後)

(前編より)

 

死傷者の増加

タイ当局からの情報を引用したVoice of Americaラジオサービスは、今年上半期、約7000人のミャンマーの不法労働者がマレーシア入国を待っている間に国境で逮捕されたと報じた。1月、ミャンマーからの移民をマレーシアへ違法入国させるためにバンで輸送していた際、タイで交通事故のため、4人が死亡、19人が負傷した。

同様の事故が5月にマレーシアで発生し、14人のミャンマー人移民が詰め込まれた小型車が激突し、3人が死亡、7人が重傷を負った。

ミャンマーの民主主義連盟によるミャンマーの2015年総選挙後、多くの移住労働者は国内の状況が改善することを期待してミャンマーに戻ったが、多くの人々はコスト上昇の問題や就業の機会が無いことから、不法就労していたマレーシアの元雇用主の元に戻り始めた、とU San Win氏は語った。

「多くの帰国者は、マレーシアで稼いだお金で事業を始めようとしましたが、それは難しいと感じました。彼らはすぐにより多くの雇用機会とより良い賃金に惹かれてマレーシアに戻りました。多くの場合、マレーシアの雇用者は経験豊富なミャンマーの労働者に仕事に戻ってきて欲しいと依頼しました」と同氏は述べた。

ヤンゴンのHlaing Tharyar郡区の不法居住者の家に住んでいるKo Naing Lin Tunさん(36)25歳の妻はマレーシアに働きに行くことを決めた。

彼らはマレーシアで合法的に就労したいと考え、代理店手数料の支払いのために彼らの両親から300万ミャンマーチャットを貸して欲しいと頼んだ。

労働者の権利団体は、50万人以上のミャンマー人移住者がマレーシアで働いており、そのほとんどが違法であると推定している。

マレーシア政府は最近、今年8月から12月にかけて、700マレーシアリンギットの罰金の支払い後、母国に帰国できるという恩赦を与えると発表した

しかし、恩赦を受けてミャンマーへ帰国する違法労働者は5年間マレーシアに戻ることは許されない。

「可能であれば、もう海外には住みたくないのです。もしミャンマーで何の問題も無いのであれば今すぐにてもミャンマーに戻りたいと思っています」と2年以上にわたりマレーシアで不法労働しているMa Su Myatさんは述べた。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月02日12:02

ミャンマー:生活コストの上昇に伴い労働者流出が増加(前)

昨年の1日の最低賃金が30%上昇したにもかかわらず、ミャンマーでの生活コストの高騰により、より良い収入を目指し労働者を海外へ駆り立てている。最近では、多くの人々が命の危険や強制送還の危険をものともせず、隣国のタイやマレーシア南部へとより良い収入を求めて違法に国を去っている。

ミャンマーからの移民労働者であるMa Su Myatさん(23)と夫のKo Zin Wineさん(26)は、マレーシアで刑務所送りになる危険性があるにもかかわらず、適切な労働許可やパスポートが無いまま今後2年間働くことを決心した。

4年前、大学2年生で大学を中退した後、MyatさんはヤンゴンのMingaladon郡区の家具工場で事務員として働いていた。

彼女は月給8万ミャンマーチャットの給与を得ていたが、1年間の勤務後、12万ミャンマーチャットに昇給した。

彼女の夫は同じ工場で働いていたが、彼らの世帯収入はわずか月額25万ミャンマーチャットであり、日々ののニーズを満たすには十分では無かった。

2017年、二人は仕事を探すためにマレーシアに不法入国した。彼らはタイからマレーシアに入国するためにブローカーにそれぞれミャンマー90万ミャンマーチャットを支払った。

彼らはまずミャンマーのKaungthaungの入国ゲートから観光ビザでタイに入国した。そこから、マレーシアに入国するまでボート、車、そして徒歩で移動しなければならなかった。Ma Su Myatさんによると、マレーシアに到着するまでに合計1週間掛かったという。

「本当に疲れる旅でした。私たちは小さな車に詰め込まれました。それから夜中に4時間ボートに乗って、そして私たちはマレーシアに渡るために5時間ジャングルを歩いて行かなければなりませんでした」と語った。

彼女と一緒にいた移民グループは全部で20人で、幸運にも逮捕されることなくマレーシアに入国した。Ma Su Myatさんら二人はマレーシアではまずアパレル工場で働いていたと述べた。彼女は現在、レストランで毎日午前6時から午後3時まで月給1450マレーシアリンギット(352米ドル)で働いている。

Ko Zin Wineさんは現在、自動車工場で働いており、月給2100マレーシアリンギットを得ている。

 

労働者の流出

ミャンマーは2015年に最低日給を3600ミャンマーチャット、2018年には2倍の4800ミャンマーチャットに引き上げたが、労働者と労働組織は18時間の労働で6600ミャンマーチャットを求めている。

労働者らは、最低賃金の引き上げにもかかわらず生活ニーズを満たすのは難しいと言う。政府が今月より電気料金の引き上げを発表したため、最低賃金の労働者はより高い給料を求めている。

ヤンゴンの一部の労働者寮では、新しい電気メーターが各部屋に設置され、居住者は毎月の使用量に基づいて電気代を支払う必要がある。以前は電気代と水道代は雇用主が負担していた。生活費の増加は最低賃金の上昇を相殺する以上のものである、と労働者たちは言う。

生活コストの上昇と限られた雇用機会の結果、ミャンマーを離れて海外で雇用を求める人々の数は毎月増加している、と当局者は言う。

労働省のデータによると、2017年に15万人が雇用と所得向上のためにミャンマーを離れたという。

月に100人近くのミャンマー人労働者がマレーシアへの国境を越えるのを待つ間にタイで逮捕されている。

2018年には、最低賃金が4800ミャンマーチャットに引き上げられたにもかかわらず、海外で仕事をする人の数は23万人に増えた。今年最初の5ヶ月で約12万人が海外で仕事をするために国を離れた。

マレーシア政府は1月に月給1100マレーシアリンギット(399,000ミャンマーチャット)の最低賃金を導入した。

ミャンマーの公式代理店の手数料は、マレーシアで合法的に働くには850米ドルおよび65,000ミャンマーチャットの手数料を支払う必要がある。

バンコクを拠点とするミャンマーの労働関係者のU San Maung Oo氏は先週、マレーシアで合法的に働くための手段がある中、マレーシアに違法出国するミャンマー人労働者数は増加しているとThe Myanmar Timesに語った。

Oo氏は、マレーシアとタイの政府による不法労働者の取り締まりおよび人身売買のために、マレーシア入国待ちの間に、毎月100人近くのミャンマー人労働者がタイで逮捕されていると述べた。

最近、ミャンマーはマレーシアとの国境に沿って拘禁されている違法労働者をタイの刑務所に送らずミャンマーに強制送還するというタイとの合意に署名した。

「違法移民がタイ当局に見つかっても、彼らにとってそれほど問題ではありません。しかし、我々は遠隔地のジャングル地域で密輸業者に見捨てられた人々のことが心配です」とU San Maung Oo氏は述べた。

同氏はもしジャングルの中で見捨てられたり何か問題に直面していたら、バンコクの彼のオフィスに連絡し助けを求めるようすべてのミャンマーの移民に助言している。

 

(後編につづく)

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月02日06:02

ミャンマー:電力供給が安定さえしていれば、料金が高くてもかまわない、と投資家

電力価格が上昇していても、ふだん途切れることなく電力供給を受けられれば、たいていの企業は営業できるので、この動きは歓迎されると一部の投資家は述べた。

「昨年だけでも、工場の停電時間は300時間を超えました。電力が止まるとディーゼル発電機を使用して工場を稼働させる必要があります」とミャンマー衣料製造業者協会のU Myint Soe会長は述べた。

電力供給が通常であれば、企業は追加の電気代を払っても問題ないと彼は付け加えた。

「供給が定期的かつ安定さえしていれば、新しい料金の下での電気代の年間予測に基づいて、業界は利益を上げることができます」と彼は述べた。

コストを節約したければ、節電機器を配備することができ、統制のとれた電気使用を確立するための対策を講じることができる。

「過去34年間、料金の引き上げが見込まれており、コストの上昇は定期的な電力供給によって相殺できると結論付けました。これにより、生産を規制し、頻繁な電力サージによって損傷を受けた機械のメンテナンスや修理のコストを削減できます」とミャンマー工業会の中央執行委員であるU Ko Lay氏は述べている。

実際、料金が引き上げられた今、U Ko Lay氏は、より多くの個人投資家がこの分野に参入することで、発電業界がより競争力のあるものになると期待している。

「競争が激しくなると、価格が下がり、工場では適正価格で電力を購入する選択肢が広がる可能性があります」と彼は述べた。

新料金の下では、住宅世帯および宗教的建造物は1ユニットあたり以前通り35チャットの支払料金をだが、上限は30ユニットである。31-50ユニットでは50チャット、51-75では70チャット、76-100では90チャット、101-150110チャット、201-200120チャット、そして201ユニット以上は125チャット課金される。100ユニットに対して3500チャットを支払っていた消費者は、今では72.9%増の6050チャットを支払うことになる。これにはサービス料は含まれていない。

企業、工場、政府庁舎、大使館、および国際機関を含む企業消費者は、上限500ユニットまで125チャットかかる。500-1000ユニットで10チャット増し。1000ユニット以上は180チャットの料金がかかる。

企画財務省のデータによれば 、71日に施行された料金引き上げ以前は、政府は2017 - 18年度に一般電力供給で5070億チャット損失しており、2018 - 19年には損失は6300億チャットまで増加した。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年07月09日12:27

ミャンマー:100年以上の歴史ある貴重なシャン サオファス衣装

69日から18日にかけて、シャン王室の衣装に関する「消えゆくシャン サオファス衣装」展が国立博物館で開催予定である。 100年以上の歴史を持つ衣装は、シャン州の文化と工芸における輝かしい時代を珍しい方法でまとめ表現すると言われている。全27の衣装を展示予定。

注目すべきはSaophas Sar Sao MaungSãoShwe ThikeShan Princess Mahardevi São Nan Yarの展示品である。 他は彼らの王子、大臣および指揮官の展示品である。王女の衣装はコレクションに残っている唯一の女性の衣装である。

「多くのミャンマーのファッションデザイナーは、伝統衣装からインスピレーションを得ようとしていますが、場合によってはオリジナルの衣装は失われており、それゆえ芸術的な解釈や誤解が生じます。展覧会は一般客だけでなく自分の作品の中で美学に敬意を払うことに関心がある人々を教育する素晴らしい機会です」とヤンゴン国立博物館館長、Daw Nang Lao Ngin氏は述べた。

衣装はシャン州ニャウンシェ文化博物館から持ち込まれたものである。

シャン州政府は品目を適切に保存することを望んでいた。ほとんどの作品は、地域での手段を超えた専門的な清掃と修復を必要としていた。

国立博物館長のDaw Nang Lao Ngin氏とU Kyaw Shin Naung氏(美術品保全者兼アシスタントディレクター)は2017年にそれらの衣装を受け入れ、2018年には保全プロジェクトに着手した(201812月には‘The Painstaking Business of Saving Shan History’にてその過程が取り上げられた)

「国立博物館には、Thibaw王とSuPayalat王妃の衣装を含む、6つの衣装しか展示されていません。 ニャウンシェ文化博物館には100を超える衣装があります。ただし、シャン州に戻る前に見に行かなければ、それらを見る機会は二度とありません」とU Kyaw Shin Naung氏は述べた。

衣服はつづれ織り繊維、絹、錦織、綿、染みのついた織物、金属、貴石などの材料を含む複雑な作品である。 何十年も手付かずの状態で保管されていたため、修復チームは極めて慎重に汚れを除去し、色あせた色を修復し、金属や宝石の処理に必要な化学物質の使用を要した 。

シャン サオファスの衣装は損傷しているため、色が薄くなっている。 修復の大半は繊維の洗浄と再活性化の処理をしている。

「私たちの部門はすべての衣装を非常に慎重に保存しました。 これは実際に博物館が展示した初の歴史的な衣装です。私たちは皆さんに、特に若者に対して、文化遺産を訪れ祝福するよう勧めたいと思います」とU Kyaw Shin Naung氏は付け加えた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月08日05:56

ミャンマー:マンダレーに繊維工業団地建設

マンダレー市の首相であるU Zaw Myint Maung氏は521日、繊維工業団地をマンダレー市に設立すると発表した。

同氏は、政府は国際協力機構(JICA)と協力して繊維産業の中心地を設立すると述べた。

「約5万人の従業員を雇用できる繊維工業団地の設立を提案する企業家らがいました。JICAと協力して作っていくつもりです」とミャンマー北部のビジネス環境に関するEU主催のフォーラムで彼は述べた。

フォーラムでは、ミャンマーで事業を行う上での障害となっている規則や政策について議論された。首相は、マンダレーは、特に農業や衣料産業への投資を歓迎すると述べた。

マンダレー市には、海外投資が37億米ドル(56900億チャット)、地方投資が5700億チャットある。彼は、投資法は市民にも外国人にも同等の権利を与えると述べた。

中国の投資がその大部分を占めているが、ヨーロッパの国々からの投資もあり、それはその国の経済を推進する第2のエンジンになりそうだ、とZaw Myint Maung氏は言った。

欧州連合のミャンマー大使Kristian Schmidt氏は、EUのビジネスマンはマンダレーで多くの機会を見いだしていると述べた。

「マンダレーの経済は急速に成長しており、ヨーロッパ諸国には良いチャンスがあると思います」と彼は言う。

「私たちはマンダレーの発展に参加したいのです。 2013年にEUがミャンマーに対する制裁を解除して以来、多くのアパレル企業が参入しています」

「アパレル生産工場は川に化学染料を廃棄することで汚染を引き起こしています。私たちの技術はこれを防ぐことができます」とSchmidt氏は付け加えた。

2017-18会計年度から2月までの間に、総額1720万米ドルの5つの海外投資が行われた。その中には、ホテルや観光業の74.3万米ドル、農業のための221万米ドルが含まれている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月23日12:09

ミャンマー:英国国際開発省(DFID)上層部、取り残されたアパレル労働者支援を強調

英国内閣大臣は、ミャンマーのアパレル産業が脆弱な立場におかれている女性たちの生計と安全をどのように支えているかを強調した。

英国の国際開発事務局長Penny Mordaunt氏は、ミャンマーへの訪問中、国際開発省(DFID)の優先事項として、ラカイン州北部に留まっているイスラム教徒コミュニティを保護し、彼らが「共存し平和に暮らす」ことを支援すると述べた。

アラカン・ロヒンギャ救世軍の攻撃による大規模な軍事弾圧の結果、20178月に推定73万人のイスラム教徒の難民がラカイン北部からバングラデシュに逃亡した。何万人もの人々が移動、医療や教育へのアクセスが制限されているラカイン州には、何千人もの人々が未だに残っている。先月、国連はラカイン州の国内避難民に移動の自由を与え、当局がこの地域への「迅速かつ妨げのない」人道的アクセスを許可すべきであると主張した。

Mordaunt氏はまた、DFIDの活動の中心は人権であると述べた。

「私は、ヤンゴンで英国の援助が犯罪組織へ立ち向かい、脆弱な立場の女児の人身売買からの保護、女性のための職業訓練、そして英国企業がサプライチェーンの基準を信頼出来るように援助が行われてきたのを見ていました」と同氏の訪問をまとめたプレスリリースにて述べた。

ヤンゴンでは、Mordaunt氏はDFIDが資金提供した2つのプロジェクト、Eden ProjectAung Myin Hmuによって現代の奴隷制度、人身売買、男女不平等および性・生殖に関する健康の悪化から保護された女性と出会った。Aung Myin Hmuプロジェクトの女性労働者は、工場で安全に衣服を作る方法を学んでおり、登録済の安全で公正な雇用主の元で働き、家族を支援できている。

「ビルマ(ミャンマー)のアパレル産業は今後510年間で40万から150万人の労働者数に成長すると予測されており、より良い仕事と改善された生活を通じてラカイン州とカチン州からの女性移住者を人身売買から保護することが出来るのです」とDFIDのプレスリリースで述べた。

Smart MyanmarJacob Clere氏は同産業の進捗状況に関して、農村労働者に収入源と機会を提供することに同意した。

「アパレル産業は、完全に未経験の労働者、つまりそのほとんどが貧困を理由に教育を修了できなかった農村部出身の若い女性を受け入れることができる非常に少数の産業の1つであり、彼女たちは家族の主要生計者になるのです」と同氏は述べた。

防災、労働法の順守、結社の自由の尊重などにおいて、アパレル産業は他の多くの製造業よりも優れた業績を上げている。

「私たちがアパレル産業で仕事を得る経験について移住女性にインタビューするとき、我々は同様の物語を何度も聞きます。彼らは多くの場合、常に家族の主な現金収入者なのです。

彼らは家族を支えるために給料の半分近くを家族に送金しており、主に家族の健康、教育、そして食料に使われると言います。この産業によって創出された雇用は、何千もの農村家庭を貧困から脱出させるのに役立つ強力な力の一つであることは明らかです」とClere氏は付け加えた。

しかし、ミャンマーの急成長しているアパレル製品輸出は、EU市場への特恵関税制度を失うことによって打撃を受ける可能性がある。ブリュッセルは現在、ラカイン州やその他の地域における人権侵害により、ミャンマーの「武器以外すべて(EBA)」制度の取り下げを検討している。取り下げの実行は業界に大きな打撃を与え、大規模なレイオフをもたらすであろう、とビジネスグループは警告した。人権ビジネス研究所(IHRB)によると、若い女性労働者は農村部の貧困地域で働くことを余儀なくされたり、タイなどに人身売買される危険性もある。

ブリュッセルが同制度の撤回を進めた場合、英国はEU離脱のためEUの決定に従うかどうかは不明である。イギリスは3月に正式にEUを離脱予定である。

昨年11月、EU代表団の広報担当者はMyanmar Times紙に、「現時点で、EU離脱がGSPと第三国との貿易関係にどのような影響を与えるかについて推測することはできません」とに語った。

DFIDはミャンマーに対し、2019年から20年までに総額8800万ポンド(11400万米ドル)の人道支援を提供し、地域社会が医療、教育、および生計の機会を享受できるよう支援する最大支援者の1つである。

昨年、DFIDはミャンマーでのプログラムを、「経済的社会的発展から永続的に取り残されている人々」を支援すること、そして「多様性の受け入れ、社会的一体性および公平性」をさらに重視することに集中するよう再編した。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年02月22日15:10

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る