インドシナニュース

ベトナム:皮革履物製品の輸出、2019年は有利に

ベトナムの皮革履物産業は、2019年も引き続き成長すると見込まれている。

2018年、皮革履物製品の輸出は対前年比8.3%増加の200億米ドル近くに達した。

ベトナム最大の輸出市場は米国であり、輸出額は65億米ドルを超え、欧州連合(EU)市場が50億米ドル超で、さらに中国、日本、韓国がそれに続く。

LEFASONguyen Duc Thuan会長は、ベトナムの主要市場での需要は2019年も引き続き高いと語った。アセアン内の関税は廃止されており、他の市場との自由貿易協定を通じて関税を引き下げる計画があり、これが同産業の成長を後押しすると見られる。

一方、革製品、履物、ハンドバッグの注文は、今年調印されると期待されているEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)に加えて、中国が衣料品および履物部門への投資奨励金を削減したために、中国からベトナムへと移行する可能性がある、とLEFASO副会長のDiep Thanh Kiet氏は述べた。

皮革履物産業へのベトナムの対外投資は、米中貿易の緊張により高まると予測されている。 Kiet氏によると、ベトナム企業は生産性と輸出を強化する機会を利用することが重要だという。

LEFASOの予測によると、2019年には皮革および履物部門が輸出から215億米ドルを稼ぐと見込まれており、ベトナムの総輸出額の9%を占め、国内の主要輸出品目のトップ10に入っている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年02月05日18:07

ベトナム:南西部地域で初の製糸工場起工

ベトナム繊維公団(Vinatex)の子会社であるDong Nam Textile JSCは、123日に南西部バクリュー省の南西部地域で最初の糸工場の建設を開始した。

この工場は、バクリュー市のTra Kha工業団地にあり、総投資資本は5000億ベトナムドン(2156万米ドル)以上、24ヶ月で建設される予定。

工場の第一段階は、2750億ベトナムドンの投資で、2019年後半に操業を開始するときに、毎年3500トンの糸を生産するように設計されている。

2段階で年間生産能力は4500トンに引き上げられ、これは238億ベトナムドンで投資される計画。

同工場は、毎年5525億ベトナムドンの収益を上げ、地元で500名の雇用を提供すると予想されている。

Vinatex Tran Quang Nghi取締役会会長は、工場にはヨーロッパ、日本、インドの最新技術が導入され、その製品は織物-布帛衣料品の生産と輸出の需要を満たすことを目指していると語った。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年01月25日17:29

ベトナム:繊維企業、株式市場上場を競う

多くの繊維・アパレル企業が業務改善を実行し株式市場上場を目指している。

Song Hong Garment JSCは、201811月下旬にホーチミン証券取引所(HoSE)から、証券コードMSH4760万株を上場することで市場デビューした。

同社は145000ベトナムドン(2米ドル)で取引開始し、その時価総額はデビュー当日に最大21400億ベトナムドン(9525万米ドル)となった。

101日現在、同社には4人の機関投資家と507人の個人を含む511人の株主がいる。

1988年にナムディン省に設立されたSong Hong社は、小さな規模でのスタートから11000人近くの従業員と20以上の工場を持つ、国内有数の衣料品・寝具メーカーに成長した。

NikeLevisCalvin KleinTommy HilfigerDKNYKarl LagerfeldHurleyConverseJordanColumbia SportswearGapBugattiDillardsExpressなどのグローバルブランド向けの製品を製造している。

同社は、ジャケット、パンツ、シャツ、ドレス、Tシャツ、ポロネックシャツなど、年間6000万製品を製造、輸出している。

Song Hong社の寝具製品ブランドは過去10年間国内市場のリーダーの一つであり、日本や韓国などの市場への輸出を拡大してきた。

今年の最初の9ヶ月で、同社は3兆ベトナムドン(13040万米ドル)近くの収益に対して、前年同期比で107%、21%増の3355億ベトナムドン(1460万米ドル)の税引前利益を計上した。

2015年以来、毎年45%の現金配当を支払っており、2018年には3540%2019年には35%の配当が予定されている。

ナムディン省の他の生産施設に投資することで、2020年から30%の生産能力拡大を計画している。

ハノイ証券取引所(HNX)は、Det May 7 JSC (DM7)1540万株以上を1株あたり11,800 VNDの参考価格で非公開企業市場(UPCoM)での上場を承認した。

DM7社の主な事業は、糸、ひも、メッシュなどの既製服飾品の製造である。2018年上半期、DM7社の売上高は4134億ベトナムドン(1870米ドル)以上、税引後利益は207億ベトナムドン(90万米ドル)、各々2017年の同期間で42.8%および85.4%に増加した。 2018年には10%の配当を予定している。

718日、ハノイ証券取引所(HNXは北部証券取引所に総額800万株を超える投資開発合資会社(TDT)を正式に上場させた。上場総額は800VND350万米ドル)、最初の取引日の初値は115000ベトナムドン(65米セント)。

設立以来、TDTの収益は主に単純な裁断・縫製・仕上(CMT 業務)などのアウトソーシング業からもたらされており、同社は布地の裁断と衣類の製造と仕上げのみに責任を負っている。

2016年以来、同社は製造方法をFOB方式に変更し、企業がそのパートナーによる事前指定された業者から輸入された材料を投入材料として選択することを可能にした。

彼らは新しい製造方法を適用して以来、TDTの収益は主に輸出から得ている。国内売上高はわずか618%にすぎず、主にDuc Giang Garment CorporationViet Sun Investment JSCAthena JSCなどの国内企業へのアウトソーシング業(CMT)から生じている。

先週、Binh Minh Garment Joint Stock Companyは、UPCoMに登録済み取引総額529億ベトナムドン(230万米ドル)で529万株以上の株式(BMG)を投入した。

同社は、Binh Minhアパレル工場として1975年に設立され、当時、この工場には2500メートルの工場、約200の機械設備と300人以上の労働者がいた。同社製品は主に東欧およびロシア市場に輸出された。

1999年、同社は株式会社に転換した。2018年の時点では、Binh Minh社は529億ベトナムドン(230万米ドル)の株主資本を所有していた。

現在、同社は2500人以上の従業員を擁し、ホーチミン市、ハノイ市、南部ビンズン省、北部のハイフォン市に3つの支社および3000台の装置を所有する4万メートル以上の工場を有している。

Binh Minh Garmentは、OwenUniqloUmbroVanhausenFilaLeeLimetedAmericanEagleVHFなど様々なブランドと提携し、FOB方式で衣料品を製造している。同社は主にハイエンドのシャツ、スポーツウェアそしてあらゆる種類のジャケットを主に日本、アメリカ、ヨーロッパ、その他の国々に輸出している。

Binh Minhはまた、Gendaiと呼ばれる国内消費向け自社ブランドを所有しており、シャツ、Tシャツおよびスポーツウェアを提供している。

201812月下旬の時点で、Binh Minh Garment社は2018年の収益の76.1%と税引後利益計画の77.8%を達成したと発表した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年01月09日11:12

ベトナム:アパレル輸出、16%増の360億ドル、過去3年間で最高の伸び

今年のアパレル製品の輸出総額は前年比16.01%増の360億米ドルを超えた、と1214日にハノイで会議で発表された。

ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長は、2015年には12.1%、2016年には4.07%、2017年には10.8%で、今年は過去3年間で最も高い上昇率であると述べた。

2018年のアパレル製品の輸出総額は287.8億米ドルで14.45%増となった。織物の生産量は26.5億米ドルで25.5%増となった。ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong社長によると、糸の輸出額は9.9%増の39億米ドルに達した。

繊維産業の貿易黒字は1786000万米ドルで、前年比14.39%増となった。

ベトナム繊維協会(VITAS)は、繊維産業が直面している困難を取り除くために、政府と関連省庁に提案を行ったとGiang会長は述べた。

2019年の繊維産業は、先行きが明るい兆候を見せている。優れた製品競争力と需要予測から、多くの企業は、すでに6ヶ月間、さらには1年単位でも受注を完了している。

また、ベトナムの加盟している新世代の自由貿易協定が、繊維産業の生産・事業活動にプラスの影響を与えることが期待されている。

ベトナム繊維協会(VITAS)は会議で、2019年の目標輸出総額を10.8%増の400億米ドルに上げ、貿易黒字を200億米ドルとする一方で、285万人の労働者の雇用と収入を確保することとした。

そのために、同協会は、投資、マーケティング、人材育成、科学技術応用などのソリューションを導入するために企業に協力するよう促した。

また、貿易促進・協力活動を通じて、企業と国家管理機関との間で、現在企業が直面している困難克服のために、加盟企業と国内外の市場との架け橋としての役割も果たす。

同協会は、行政手続きの改革、検査の実施、企業のための開かれたビジネス環境の構築を国に提案している。

国は繊維工業団地における排水処理を支援し、人材育成を促し、サプライチェーンの発展とメンバー間の経験交換を促進するために外資系企業の同協会への参加を認めるべきだと、同協会は主張している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月21日13:12

ベトナム:ファッションフェア2018がハノイで開催

ベトナムファッションフェア2018は、1213日から18日までハノイで開催され、国内需要に応え、輸出を拡大するためのアパレル、革製品、シューズ、宝飾品、美容サービスを展示する。「ロマンチックなハノイの冬」をテーマにしたこのイベントは、ベトナム展示会センターJSC、ベトナム繊維公団、ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会、ベトナム繊維協会などによる共同開催。

このフェアでは、約150の出展者を抱える4000平方メートル以上の場所に200以上のブースが出展する。

主要ファッションブランドは、ディスカウントやプロモーションをかねてさまざまな新製品を紹介する。

特にインドネシアのコーナーでは、アパレル、宝飾品、化粧品が展示され、韓国のPastel World Co ブースでは、Peter Jensen に多くの来場者が訪れると見られる。

Do Trinh Hoai Namやインドネシア、日本のデザイナーらによるファッションショー、 Min Mediaによるジュニアファッションショー、Fstyleの伝統的なアオザイ・ショー。 Sefa のオフィスファッションショー、マリーナ・グエン・スポーツとガウンのファッションショーも計画されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月11日15:29

ベトナム:アパレル企業、CPTPP協定によりカナダ輸出を拡大

ベトナムのアパレル企業は、カナダへの輸出促進するために2019年の早い時期に包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPPTPP11)により創出された新しい機会を積極的に活用している。ベトナムとカナダは共にCPTPPの加盟国であり、その他9か国が加盟している。同協定は、約5億人の市場を擁し、合計10.1兆米ドルのGDP(世界のGDP13.5%)に相当する。

ベトナム繊維公団(Vinatex)Le Tien Truong会長は、CPTPPにはベトナムのアパレル輸出の約50%に相当する米国は含まれていないが、その他の潜在的な市場、特にカナダ市場などがまだ残っている、と述べた。

カナダは毎年約133億米ドル相当のアパレル製品を輸入しているが、この量のうち、ベトナムの輸出は依然として少なく、毎年約55千万米ドル相当である。ベトナムはまだカナダとの自由貿易協定に調印していないので、CPTPPは今後数年間、北米市場へのアパレル製品の出荷を加速させる手助けとなるだろう、とTruong氏は指摘した。

チャンスを掴むため、Vinatex社はカナダのパートナーに積極的に企業情報を探し提供し、カナダの輸入業者との協力関係の可能性を探るため、Hanoi Textile & Garment株式会社 (Hanosimex)社、Hoa Tho Textile-Garment株式会社、Duc Giang Corporation社、Phong Phu International株式会社などの企業代表団を最近派遣したと付け加えた。

Phong Phu International社は、カナダ企業との直接的な会合を通じて、同市場における顧客の需要についてより多くのことを学び、目標設定に向けてより具体的に計画できるようにしたと語った。

そしてODM(オリジナルデザインメーカー)生産モデルの導入に成功した。高度な技術を適用することで、同社は新製品モデルの製造に11.5日しか費やさなくなった(以前は要2か月)。新製品の市場投入への必要時間も8週間から2週間に短縮された。

その間、Hanosimex社はカナダのパートナーに40のニットおよび綿タオル製品を紹介し、同製品の「原産地規則(ヤーンフォワードルール)」を満たすことを強調した。

同社は、それは製品を供給する必要があるカナダ企業の必須条件から学んだものであり、カナダの小売業者および輸入業者がベトナムのアパレル製品への関心を示している、とも付け加えた。

Hanosimex社は、CPTPPの利点を最大限に生かすため、同協定に基づいた原産地規則(ヤーンフォワードルール)を満たすため、原料供給源を活用するようになると述べた。また、製品を多様化するため、ベトナムやその他CPTPP加盟国のサプライヤーを増やし、多様な要求に応じた柔軟な生産モデルを構築する。

Hoa Tho Textile-Garment社はまた、コネクティビティ(連結性)を強化し、来年の協力計画について協議を行うカナダ企業と直接面会した。

同社は、製品品質、競争力のある価格、そして良いサービスを確保するため、CPTPP協定の下、原産地規則(ヤーンフォワードルール)に適合した材料供給源を利用するとも述べた。柔軟な生産モデルもパートナーの要件を満たすために適用される。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月07日15:48

ベトナム:繊維・アパレル産業、国内供給の重要性増す

専門家によると、ベトナム繊維産業が、原材料や付属品を輸入に頼っている限り、欧州・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)や包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)のような新世代自由貿易協定の恩恵を十分に受けることはできない。

商工省(MoIT)の報告によると、ベトナムは今年最初の9カ月間に、海外に2256000万米ドル相当の繊維・アパレル製品を輸出したという。

一方、同時期の綿花の輸入総額は30.3%増の241000万米ドル、生地購入総額は前年比13.5%増の939000万米ドルで、糸は34.6%増の178000万米ドルの見込みとなった。

商工省のTran Quoc Khanh副大臣は、繊維・アパレル産業は今年350億米ドルの高収益を得る見込みと話し、「われわれは高い輸出収益を得ていますが、原料がありません」と指摘した。

特に、EVFTACPTPPが今年末に施行され関税がゼロになると、ベトナムの繊維・アパレル製品にとって、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアで市場シェアを拡大​​するチャンスとなる。だが、この2協定は、糸と生地の原産国に関して高い要件を設定しており、それらを取り扱う際に同産業に障壁をもたらす。繊維産業というのもなかなか込み入っており、最終製品は生産できるだが、原料となると途端にできないからだ。

商工省の上級研究員であるPham Tat Thang氏は、国内の繊維企業は毎年8億メートルの生地を生産でき、総需要の約13%を占めていると話した。これは、毎年52億メートルの生地を輸入しなければならないことを意味する。

Thang氏は、国内の生地でも高品質の製品を作るに値しないと話した。実際、多くの企業は品質を保証するためにその原料の90%以上を輸入しなければならない。

ベトナム繊維協会 VITAS)のVu Duc Giang会長は、同協会が、繊維・アパレル産業への十分な供給を確保するため、外国からの投資を募っていると述べた。1月から8月にかけて、繊維・アパレル産業における外国直接投資(FDI)で20億米ドル以上を確保した。それらには、German Sudwolleが投資したダラットの5000万米ドルの羊毛紡績工場、German Amnn Groupが投資したクアンナム省1380万米ドルの縫製工場が含まれる。

国内の企業も、織物と染色に多額の投資をした。Phong Phu International株式会社では、高度な技術がジーンズやカーキの洗浄工程で使用されている。一方、Bao Minh社は最近、ナムディン省に織物工場を建設し、毎年3500万メートル以上の生地が生産可能であり、そのうち70%が先染めとなる。

Giang氏は、新たな製織会社のおかげで、繊維・アパレル産業は持続可能な発展を確実にするのに十分な原料が確保できると強調した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年11月08日17:11

ベトナム:ホーチミン市で開催予定のアパレル展示会に一流ブランドが参加

ホーチミン市で1121日から24日まで開催されるベトナム国際繊維・アパレル産業展示会およびベトナム国際繊維・アパレル協会展示会にて、繊維・アパレル産業で使用される技術や機器、製品、サービスなどが展示される予定だ。

これらの展示会場には、中国、ドイツ、香港、インド、日本、韓国、マレーシア、ポルトガル、台湾、トルコ、そしてベトナムといった11の国と地域から100の一流ブランドを含む400以上の出展者が参加する。

Bao LunRichpeaceTajima、そしてZSKといった有名ブランドが最新刺繍機を、Heinz WalzEpsonGraficaSulfetが印刷機を展示する予定だ。

Beworth Silk Roadは最新の横編機を、MaikaはアパレルCADシステムを紹介する。BrotherHikariJukiYamatoといった日本のミシンブランドも展示される。

繊維・アパレル産業を発展させるための戦略から現実的な解決策に至るまで幅広い議題を扱うセミナーもいくつか開催される。

これらは、ベトナム国立貿易展示会・広告社(VINEXAD)、Yorkers貿易・マーケティングサービス社、中国広東省縫製機器商工会議所、Paper Communication Exhibition Services、そして香港アパレル機械協会によって開催される。

また、ベトナム国際履物機材産業展示会(VFM)と第8回アジア国際染料及び顔料・紡績化学品展示会(InterDye Asia 2018)も同時開催される。

VFMでは射出成形機や、履物・合成皮革・ハンドバッグ・スーツケース・靴などの編機、CAD/CAM システム、履物産業のバリューチェーンにおける幅広い選択要素となる履物材料などを展示する予定である。

VFMは、広東省靴製造機協会、VINEXADYorkers貿易・市場調査サービス社、Paper Communication Exhibition Servicesらによって開催される。

InterDye Asia 2018では、染料、中間体、有機顔料、繊維化学薬品、製造関連機材、分析・調査・検査・モニタリング・染色・印刷などの機材、グラフィックアート、紙、塗料、壁紙、そしてラッカーなどを展示する予定だ。

1つ屋根の下での4つのイベント同時開催により、最新の製造装置や技術、地元企業への関連支援システムにおける選択肢を紹介する。

ベトナムが多くの自由貿易協定(FTA)を結び、製造や労働力の面で利点があることにより、アパレル・履物産業はさらなる発展のための大きな可能性を持っている。

これらイベントは、7区にあるサイゴン展示会議場(SECC)にて開催される。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年11月06日13:34

ベトナム:アパレル資材の輸入、大きく伸びる

ベトナム商工省の統計によると、2018年の最初の9カ月間に繊維・アパレル産業の輸入が大幅に伸びた。

最も高い伸びを見せたのは繊維の輸入で、対前年同期比34.6%増の178000万米ドルを記録した。これに綿花が続き、対前年比30.3%増で、輸入額は24.1億米ドルだった。

3位は防水生地で13.5%伸びて93.3億米ドルという著しい輸入売上です。

同省によると、綿花、繊維、服地の輸入額は、最初の3四半期で136億米ドルとなった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月24日16:03

ベトナム:11月に国際繊維・アパレル・履物フェア開催

繊維・アパレル・履物産業国際見本市がホーチミン市のサイゴン展示会議場(SECC)で1121日から24日まで開催される。

このイベントは、ベトナム綿紡績協会(VCOSA)、ホーチミン市縫製繊維協会(AGTEK)、中国縫製機械協会(CSMA)の後援により、ベトナム国立貿易展示会・広告社(VINEXAD)、Yorkers展示サービス・ベトナム社、中国広東省縫製機器商工会議所による共催される。

VINEXADPham Dang Khanh取締役によると、見本市には第18回ベトナム国際繊維・アパレル産業展示会(VTG 2018)やベトナム国際繊維・アパレル協会展示会(VitaTex)も含まれる。

また、ベトナム国際履物機材産業展示会(VFM)や第8回アジア国際染料及び顔料・紡績化学品展示会(INTERDYE ASIA 2018)も同時開催される。

イベントには、中国、ドイツ、インド、日本、韓国、そしてマレーシアを含む11カ国・地域からの400社以上の企業による600を超えるブースの出展が見込まれている。

見本市がベトナム企業に国際的アパレル企業との繋がりを持つチャンスを与え、これら国際企業が次々と世界市場におけるベトナムの立場や役割を強化することが期待される。

ホーチミン市皮革履物協会のNguyen Van Khanh氏によると、ベトナムの繊維・アパレル産業の収益および輸出総額は世界でも上位に位置し、2018年上半期の輸出総額は世界トップ5に入り、対前年比で14%増加の160億米ドルに達している。

ベトナムと欧州連合(EU)間の自由貿易協定がベトナムのアパレル界に良い影響をもたらすことが期待されている。さらに、同国は多くの協定に調印していて、特に包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)により履物産業は好ましい条件を与えられている。

ベトナムでは700近い履物製造業者に約150万人の労働者が従事している。同国の履物輸出は力強い成長を享受していて、2011年には65億米ドルだった輸出額が6年間で130億米ドルに達し、今年は200億米ドルを超えると予想されている。

2018年、ベトナムの繊維・アパレル産業は肯定的な兆しにより大きな可能性を有し、新しい貿易協定を通した恩恵を受けているとVCOSANguyen Binh An事務総長は述べた。

また、 アセアン経済共同体が、アメリカ、欧州連合、日本の主要市場におけるベトナムの競争力強化のために同国が適切な供給業者を見つけ出し、サプライチェーンを構築するための協力機会をもたらすだろう、とNguyen Binh An事務総長は述べた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月02日05:59

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る