インドシナニュース

本年度上半期のベトナムの繊維輸出、目標を上回る

ベトナム繊維公団(Vinatex)副会長Le Tien Truong氏によると、ベトナム繊維産業は今年195億米ドルの繊維輸出目標を設定しているが、これまでのところ目標達成に十分な注文を確保しているという。

今年上半期の繊維製品のベトナムからの総輸出取引高は89億ドルを超え、対前年度比14.5%増加しているとベトナム繊維協会(VITAS)は報告した。

韓国市場は32%と最高の成長を見せ、輸出取引高は6億6000万米ドルに届き、繊維製品総輸出額の7.5%を占めるに至ったと協会は発表した。

現在、米国とEUはベトナムの最大の繊維製品の輸出市場で、それぞれ39億4000万米ドルと12億9000万ドル米の取引があり、日本が11億米ドルでそれに続いている。

EUへの輸出は、現在全取扱のおよそ15%を占めているが、ベトナム繊維業界では日本向け輸出を同じレベルまで増やすことを目指している。

韓国市場はベトナムの第4の輸出先の軸となると期待されており、2014年までに総輸出取引高は10億ドルを超すだろうとVITASは付け足した。

上半期の繊維産業の利益は年間計画の53%を占める。

国内市場はここ3年間で最も低調な9.5%に留まり、控えめな成長を見せている。

Truong氏によると、Vinatex自身は11%とわずかに良い成長を営んでいる。

売れ残り在庫は、対昨年同期比で、わずかに2%落ちたが、1年間未満の店頭在庫は全体の82%を占めている。

Truong氏によれば、ベトナムの繊維産業は、トルコやアフリカや中東などの新しい市場に活発に展開する一方で、ロシア、EU、日本のような従来市場での成長を維持していると言う。

現地の繊維企業は環太平洋経済連携協定交渉の成功に期待を膨らませており、それによって、いくつかの市場では、特に米国では、輸出関税0のおかげで輸出取引高を押し上げられるものと信じられている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月12日06:00

ホーチミン市はベトナム繊維産業の夢を描く

ホーチミン市当局は、2015年までに繊維産業の輸出取引高を2010年の33億米ドルから倍増させることを計画している。

ホーチミン市は、繊維産業を2011年から2015年までの5大輸出産業の1つと見做しているが、生産を拡大し、商品の品質を高めて、新しい市場を見つけるように各メーカーを叱咤している。

ベトナム経済時報(Vietnam Economic Times)は、ほとんどの繊維工場が農村地域に移転したと述べ、農村地域では手先の器用な縫製労働者がまだまだ豊富であるという。

近年、ホーチミン市の繊維会社は、先進技術に投資することで、製品品質とデザインを向上させた。

その結果、An Phuoc社、Thai Tuan社、Viet Thy社、Viet Thang社、Phong Phu社などの多くの会社が国内市場でのシェアを増加させた。

また、ホーチミン市の報告では、輸入原料への依存率を抑える計画を展開している。

計画草案では、生地やジッパーなどの付属品など、繊維産業に使用される材料の国内生産を求めている。現在、ほとんどの原料が輸入されている。

計画では、2020年までに国内生産の原料を45%から65%まで増加させることを目標としている。

また、ホーチミン市の繊維産業における5ヶ年計画では、デザインセンターや繊維産業向けの付属品を生産する工場や縫製工場への機械を生産する工場を集めたいとしている。

現在、5400社以上のアパレル製品・織物製造工場や商事会社がホーチミン市で活動しており、合計30万6000人が産業に従事している。

ホーチミン市の繊維産業の生産は全国の数字全体の37%を占める。

ホーチミン市商工部によると、地元の衣料産業は厳しい経済時勢の間、多くの試練にもかかわらず、成長を維持している。

昨年、繊維産業の輸出取引高は43億米ドル以上、対前年比で11.5%増加を達成した。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月01日14:00

香港企業が2億ドルを繊維生産案件に投資

香港のTALグループは、ベトナムでの織物や衣類の生産のために2億米ドルの投資を計画している。

これはベトナムでのこの種の案件では2番目である。

投資計画省(MPI)副大臣Cao Viet Sinh氏とのハノイでの最近の打合せで、TAL香港開発社社長Roger Lee氏は、同社グループがベトナムへの投資を拡大し、織物や衣類を生産するために2億米ドルの案件を考えていると語った。

製品は、最新の技術を用いて、汚染を引き起こさずに生産され、会社は環境基準を順守すると彼は述べた。

また、グループはベトナム繊維公団(Vinatex)および商工省との代表と協調して案件を進めるとLee氏は語った。

投資計画省(MPI)は、TALがベトナムへの投資を拡大するのに好都合な条件を整え、外国投資局をTALとの担当窓口とし、案件の進捗をサポートするとSinh副大臣は語った。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年06月25日14:00

ベトナム:第4回安全マラソン大会で縫製工場での防火防災を呼びかけ

南部のビンユーン省にてベター・ワーク・ベトナムが主催する、年に一度の安全マラソン大会に3600人以上の縫製労働者が参加した。

このイベントは今年で4回目にあたり、今年は「火災安全第一」に焦点を絞った。このイベントは、従業員と雇用者とバイヤーとコミュニティーの繫がりを強化し、アパレル生産縫製工場での防火に関する認識を提起することを目指した。

ベトナムでは、毎年、およそ1677の火災があり、労働者の死傷や企業への大きな損害をもたらしている。北部バクザン省の縫製工場の最近の火災事故は工場と労働者のバイク数千台を破損した。

また、イベントは、関係者がどう火災安全への予防策を取るかという経験を交換して、共有する機会だった。ベター・ワーク・ベトナムでは家庭や職場で火災をどう防ぎ、どう対応するかについての火災安全に関する基本的手引きを小冊子で作り、労働者にそのコピーを渡した。

ベター・ワーク・ベトナムは、国際労働機関(ILO)と国際金融公社(IFC)の間のパートナーシップ事業ベター・ワーク・グローバル・プロジェクトの一環である。

ベター・ワーク・ベトナムは、労働者の労働条件を改善して、ベトナムのアパレル産業の持続的競争力を促進しようとしている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年05月21日14:00

ホーチミン市、輸出の飛躍を期待、目標340億ドル

ホーチミン市商工部は、同市の今年の輸出歳入の目標は340億米ドルで、対昨年比で13.5%の増加を期待している。

原油を除いて、輸出歳入は242億ドル、対昨年比12%増と予想される。

また、ベトナム経済時報(Vietnam Economic Times)の報道では、国営企業が市の輸出歳入の約70%を占め、残り30%の大部分の外国投資企業が占めるとされている。

目標達成のため、ホーチミン市は、衣類や織物、木製品、ハイテク製品など可能性の高い主要製品を開発していく。

それは、現在、大部分が輸入されている履物やアパレル産業で使用される材料の貿易について国内外の企業に投資を奨励している。

ホーチミン市の衣料・織物・刺繍・編物協会は、品質の高い製品を作り出すために生産とデザインの能力開発への援助を各企業から請われている。

ホーチミン市では、ハイテク製品の輸出を増やすため、ハイテク・パーク数件、特に今年操業に入る予定のものに対して、急ピッチで準備を進めている。

同時に、IT分野では、フェアや展示会を計画したり、他にも、現地企業の輸出市場拡大をサポートする活動を行ったりことになっている。

電子、機械、ハイテク製品の輸出で着実な進展が見られたが、さらなる努力で改善が進むだろう。

木工業では、ホーチミン市は、各企業がお互いに協力して、効率的なサプライ・チェーンを作り出すよう促している。同市では、木製インテリア・デザイン製品の生産を奨励し、製品を紹介するための展示センターを設置する意向である。

近年、ホーチミン市では、米、コーヒー、ゴムなどの農産物や海産物などの輸出が好調であると商工部は言う。

ホーチミン市の製品を228の国や地域に輸出されている。商工部では、カンボジアと中国を含む周辺国への同市の輸出が近年大きく増加したと言う。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年05月09日06:00

繊維業界がベトナムの輸出産業をリードする

ベトナム商工省は、同国の繊維産業が第1四半期に達成した19%の成長率を維持するなら、今年もベトナムの輸出産業の首位になるだろうとの予測を発表した。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Dang Phuong Dung女史は、第1四半期の繊維産業の総輸出取引高が42億米ドルに達し、この結果は繊維産業の回復のために有利に働くと述べた。

ベトナム繊維公団(Vinatex)副会長Le Tien Truong氏は、ベトナムの繊維輸出は第1四半期後にたいてい増加し、今月はとくに記録的な輸出取引高に達すると予測した。

第10縫製(Garment 10)社長Than Duc Viet氏は、今年のギリシアへの出張でViscotin、2Gether、Siamidisなどといくつかの契約を結び、ギリシアのみならずバルカン諸国、南東ヨーロッパ、地中海などにおける市場に製品を輸出する道筋がついたと言う。

Viet氏は、第2四半期及び第3四半期には同社の輸出は対昨年同期比で約10%増加すると述べた。

第10縫製は受注のために代表を海外に行かせたが、ザディン縫製(Giditexco)はブランドが評判を呼んで、日本の以前の顧客と多くの契約を結んだ。

ホーチミン市の繊維会社らの代表によると、世界経済が回復しつつあり、今年の輸出企業の見通しは明るい。

企業の中には第2四半期及び第3四半期のみならず、年末まで注文でいっぱいとなったところもある。

輸出の先行きは明るいが、Vinatex副会長Le Tien Truong氏は、値上がりする燃料や電気料金などがメーカーらの経費上昇に繋がらないかと心配する。

Truong氏は、物価の上昇は繊維企業の労働生産性の改善を必要とし、労働者の収入をも上げることになると言う。

Truong氏は、各企業はベトナムの9000万人の巨大な国内市場にも注意を向けるべきであり、海外の多くのライバル業者もベトナムの衣料品市場への参入を考えていると言う。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月27日14:47

ベトナムのアパレル輸出、32%の成長

ベトナムの繊維製品の輸出は2005年から2011年までの期間、32%の成長を見ており、最近の調査に従えば、世界中のどの国のこの分野おいても最も高い成長率となっている。

情報は土曜日にホーチミン市での会議でオランダ外務省傘下対開発途上国輸入促進センター・コンサルタントDhyana Van der Pols女史によって発表された。

ランキングは、中国が15%の成長率で続き、以下、インド10%、トルコ、マレーシア、タイがそれぞれ7%で後に続いた。

ベトナムでの繊維産業の急速な成長は国の政局安定と低い労働コストに起因しているとDhyana Van der Pols女史は述べた。

彼女は、ベトナムはEUのトップ10アパレル輸出国の中に入っていないが、両者間の今後の自由貿易協定(FTA)でベトナムが世界の最大のアパレル消費市場に輸出を増加させる新しい機会を開くと予想されると述べた。

「ベトナムの繊維工業の競争力:国際専門家からの目からの見通し」と題された会議は、CBIとVinatexによって共同開催された。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月17日23:15

ベトナム:Ha Phong縫製、火事で半焼

4月6日、バクザン省Ha Phong縫製会社で火災が発生、3haの工場が燃えた。火災の物的損害は数億ベトナム・ドンに達する見込みである。労働者らのおよそ1,500台のオートバイ、2,500台のミシン、100台のコンピュータとプリンタ、120万点の縫製品、80万mの生地など、多くの資産が灰と化した。労働者によると、火災は4月6日午後4時頃に仕上げのワークショップから発生し、20台以上の消防自動車と何百人もの消防警察官が駆けつけ、約7時間後に収まった。火災発生時には、2,000人以上の労働者が工場で働いていたが、人命には別条ない。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月16日08:37

ベトナム・アパレル産業の楽観的な見通し

12-15%とされている、アパレル・繊維産業の今年の輸出成長率目標は達成可能で、総輸出額は188-193億米ドルに達する。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、アパレル製品の第1四半期の輸出額は42億米ドルに達し、対昨年同期比で16%上昇した。

ベトナム繊維協会(Vitas)副社長Dang Phuong Dung女史は、アパレル及び繊維企業はテト(旧正月)休暇後ほぼ100%の労働者が職場に戻るという朗報があったと言う。

ロシア、東欧、米国、日本、欧州などの伝統的市場への輸出は安定する一方で、多くの企業が、韓国、トルコ、アフリカ、中東国などのような新規市場を開拓し、中には 6月までの注文を取った企業もある。

その間、ベトナム繊維公団副社長Le Tien Truong氏によると、増大する経費(特にガソリン価格)は商品の価格を引き上げ、競争力を低下させるおそれがある。

そのため、原材料費と燃料費を節約しながら、労働生産性を高めていく努力が必要である、と彼は言う。

あらゆる要望に柔軟に対応し、隙間市場に浸透するよう、協会は各企業に促した。

一方で、経済専門家の中には、アパレル・繊維産業は成長を助長するためには輸入品より国内産原料の使用を増加させなければならないと言う人もいる。

現在、ベトナムの国産材料使用率は48-50%で、中国やインドの90%との比較では、低い水準にとどまっている。

2012年の取引高は172億ドルで、対2011年比で8.5%増加した。

取引高に関して、繊維産業は5年連続して輸出産業分野で第1位となっている。

昨年、繊維産業は、200万人以上の雇用を提供した。今年はさらに20万人の雇用を創り出すと予想されている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月08日06:00

イオン、ベトナムにて2020年までに20店舗を展開

日本の小売及び金融サービス会社イオンは15億米ドルの投じ2020年までにベトナム全土で20のショッピング・モールを建てる計画を示した。

イオンの最初のショッピング・センターは2014年1月にホーチミン市のCeladonニュータウンにオープンの予定。2番目の店舗はホーチミン市に隣接するビンユーン省のCanaryニュータウンで同年10月にオープンが計画されている。

ハノイでは2015年に最初のショッピング・モールをオープンするとイオン・ベトナム社長西峠泰男氏は語った。

イオン・グループでは、数年の年月を経てようやく2011年に、ホーチミン市人民委員会から、ベトナムでのショッピング・モール・チェーン設立計画を実現する投資許可を受けた。

イオンではこれまで既にベトナム企業とパートナーを組み、ミニストップのコンビニエンス・チェーンを展開はじめ、ホーチミン市内に17店舗を展開している。

アジア太平洋地域最大の小売及び金融サービス会社として、イオンは昨年、1万2000点ンのショッピング・センターとアウトレットから売上約620億米ドルを上げている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年02月20日06:00

このページのトップへ戻る