インドシナニュース

ベトナム:TNG社、2019年に26%の売上増

TNG投資貿易株式会社は、2019年の総売上高が4.56兆ベトナム・ドン(19800万米ドル)で、対前年比26%増と発表した。

この数字は、通年目標を9.7%上回った。これには、26%増の4.35兆ベトナム・ドン相当の輸出と、35%増の2600億ベトナム・ドンの国内売上が含まれる。

通年の利益が計算されており、同社は2019年の利益は2桁のペースで成長すると予想している。

TNG社は、外国のパートナーからの注文の増加により、2020年には売上高が10%増加して5兆ベトナム・ドンに達すると見ている。

この目標達成のために、同社は労働生産性を高め、資本コストを削減することを目指している。

NguyễnVănThời会長によると、2019年の総収入は前年比26%増加したが、労働生産性は10%しか上昇しなかった。

また、同社は在庫にリアルタイム管理システムを適用して、資本コストを2%削減し、利益の成長を2%向上させようとしている。

同社は、ハノイ証券取引所にコード名TNGの下、6200万株以上を上場している。

株価は1.3%上昇し、16日の終値は1株あたり15300ベトナム・ドンだった。



 



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月08日11:50

ベトナム:小売売上高、4年ぶりの高値を記録

ベトナム統計総局(GSO)によると、商品およびサービスの小売売上高は2019年に4940兆ベトナム・ドン(2148億米ドル)に達し、前年比11.8%増加した。

これは、過去4年間で最高の成長率を示している。2016年の小売売上高は10%増加し、2017年と2018年には11.6%増加した。

インフレを除外した場合、小売売上高は2018年の8.4%から9.32%に増加した。

ベトナム統計総局(GSO)のVũ Mạnh Hà氏によると、予想を超えた7.02%の経済成長によって後押しされた収入の増加は、購買力を押し上げた。

ベトナム統計総局(GSO)は、1人当たりの月間収入が2019年に推定420万ベトナム・ドン(182米ドル)であり、2018年に報告された390万ベトナム・ドンより高いことを明らかにした。

さらに、市場は消費者の嗜好にも適応しており、流通チャネル、高品質の製品、魅力的なプロモーションの多様化により、需要も増加した。

商品の小売収益は合計で13.7%増加し、3751兆ベトナム・ドンだった。

宿泊施設およびケータリングサービスからの収益は586兆ベトナム・ドンに達し、9.8%増加した。

観光サービスは、2.1%増の46兆ベトナム・ドンの収益を記録した。

購買力の高い省や都市は、タインホア省、ハイフォン、ハノイ、ホーチミン市、ダナン、カントー、ゲアン省、カンホア省、バリア・ヴンタウ省、クアンニン省で、小売売上高は15.7-17.1%伸びていた。

ナムディン省は、国内で最も高い購買力の増加を記録し、成長率は18%だった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月06日05:57

ベトナム:ホーチミン市、32万の求人需要

市人事予測および労働市場情報(Falmi)センターによると、2020年、ホーチミン市に32万人を超える求人があり、135000人の新しい職を含む。

そのうち、85%には訓練を受けた熟練した従業員が必要。

売上高は仕事の18.8%を占め、サービス部門は12.8%を占める。

労働者の需要は、年間を通じてほぼ一定である。

Nguy Văn Lâm市労働・傷病兵・社会問題局副局長は、国際経済統合と経済成長が市の労働市場にプラスの影響を与えていると語った。

今年の最初の9か月間に29600を超える新しい企業が登録され、労働者に対するニーズは高くなっている。

情報技術-電子、自動化、食品技術、電子商取引、ロジスティクス、金融銀行保険、観光サービス-おもてなし、繊維・アパレル及び皮革・履物の8つの分野で需要が急増すると予測されている。

教育、医療、建築、建設も今後数年間で開発され、より多くの労働者が必要になる。

人事予測および労働市場情報(Falmi)によると、今年の最後の四半期には約75000人の求人があり、12月だけで3万人を含め、前年比で7%増加している。

企業は、年末に生産を完了し、現地および輸出の注文を満たすために、追加の季節労働者の採用を増やした。

ホーチミン市生年職業訓練、キャリアオリエンテーション、および雇用サービスセンター(YESセンター)は、ホーチミン市産業大学と連携して、7000人を超える求人を含むジョブフェアを開催している。

また、増加する休日の需要を満たすために、販売、サービス、現金、レストラン、ホテル、海運、およびカスタマーケアのパートタイム労働者に対する需要が高まっている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月03日11:40

ベトナム:ホーチミン市中心にユニクロが出店

ユニクロのベトナムでの初店舗が、126日にホーチミン市中心で開業し、2000人以上の顧客が訪れた。

ユニクロの創立者兼会長であり、ファーストリテイリンググループの社長兼CEOである柳井正氏は、「ベトナムでの最初の出店は、当社のグローバルな発展と拡大における真に重要なステップを表しています」と述べた。

「私たちはベトナムの文化と歴史についてもっと学びたいと思います。そして、ベトナムの人々とビジネスと共に成長し、ベトナムと世界中の顧客に革新的でトップクラスの製品とサービスを提供するために協力します。」と彼は開店前の式典で述べた。

ユニクロ・ドンコイ店には、あらゆる年齢の男性、女性、子供向けの同社のライフウェア製品のフルラインアップが含まれている。

126日から8日まで、同社はウルトラライトダウン(ULD)やヒートテック製品、UV保護パーカーなどの象徴的な製品に対して、5-20万ベトナムドン(2.16-8.6米ドル)の割引を提供している。

新店舗にはキッズゾーンもある。このゾーンには、没入型デジタルアートの展示で日本で広く知られているアートラボであるteamLabからのインタラクティブな学習体験のための大きな画面が設定されている。

環境保護の建築を実践し、受賞歴のあるベトナムの建築家Vo Trong Nghia氏による3階建ての竹の彫刻が、持続可能な開発についてのメッセージを送るために店の中央に配置されている。

ユニクロ・ドンコイ店は、1区のレタントン通りとドンコイ通りの角にあるパークソン・サイゴンツーリストプラザにあり、3フロア3100平方メートルの売場を有する。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月07日18:59

ベトナム:ハノイ市ハドン地区に最大のイオンモールがオープン

イオンモール・ベトナムは125日、ハノイ市ハドン区に5番目のショッピング&エンターテイメントコンプレックスを正式にオープンした。

イオンモール・ハドンは、ベトナム最大の施設であり、技術を統合したサービスと環境に優しいデザインを備えている。

Duong Noi地区の総面積15万平方メートルをカバーするこの新しいモールには、国内および国際的な製品を販売する200以上の店舗が入る。

また、新興企業や若いデザイナーが自由に議論し、アイデアを表現できるゾーンもある。

イオンモール・ベトナムは、最新の複合施設をあらゆる年齢のお客様にとって最大のショッピングおよびエンターテイメントの場にすることを目指す。

イオングループのショッピングセンター開発者は、この複合体が地区の社会経済成長を促進する先駆けになることも期待している。

イオングループの原則の一つは、地域の発展に貢献しつつ、地域社会や人々と調和することであると、イオンモール・ベトナムの岩村康次社長は開会式で語った。

同社はモールでのサービスの質を改善する方法を見つけ、交通システムをアップグレードするだけでなく、地元の経済と地元の人々の生活条件を発展させるためのソリューションを模索していると付け加えた。

環境に優しい設計により、イオンモールはショッピングおよびエンターテイメントセンターになるだけでなく、顧客にとって環境に配慮した文明的な場所にもなる。

イオンモール・ベトナムは2013年にベトナムに設立。イオンモールハドンの立ち上げ前に、同社はハノイ、ビンズン、ホーチミン市で4つのショッピングモールを建設、運営している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月06日18:52

ベトナム:環境汚染工場、当局への土地の放棄に消極的

ベトナム首都ハノイの当局は、公立学校、駐車場、公共施設のためのスペースを確保するために、117の環境汚染を引き起こしている工場を市内中心部から移動させることを計画した。

ただし、同プロジェクト開始から2年が経過したが、移転した工場はそのうちの7工場のみである。

ハノイ市の建設局によると、市は社会福祉に役立つ学校やその他施設を建設するために土地を緊急に必要としているという。

2020年までに、市は728の学校を建設するために1700万平方メートル以上の土地を必要とし、2030年までに1060の新しい学校の建設を目標としている。

環境汚染を引き起こしている工場の移転が遅延し続けている限り、これらの目標がいつ達成されるかは明らかではない。

企業は、工場移転に対する土地補償の支払いの遅れを非難し、工場が郊外または別の地域に移転する場合、熟練労働者を採用することは難しいと述べた。



巨大公害企業

工場が都心部に長く残り続けるほど、より多くの住民が苦しむことになる。

Hai Ba Trung区のVĩnh Tuy地区にあるĐồng Xuân Knitting一人有限会社に属する工場付近在住者は、ベトナム通信社に、真夜中に工場から黒と白と煙が上がり、一部の住人は息切れを感じると伝えた 。

「住民は公害を当局に報告しているのですが、工場は移転されず、同社はすでに隣接地域のHưng Yên省のKhoái Châu地区に新しい工場を開設しています」と住民は言う。

Thanh XuânThượng Đình地区のNguyễn Trãi通りは、汚染工場のホットスポットである。Sao Vàng Rubber CompanyThăng Long Tobacco Companyのような大企業の工場がある。

周辺住民は、彼らが日々呼吸しているる空気はタバコと石鹸の匂いで充満していると述べた。

ハノイの繊維、機械、エンジニアリング工場の周辺住民は、騒音やほこりだけでなく、汚染による長期的な健康被害の影響にさらされている。

8月下旬に市内で最も深刻な工場事故の1つが発生したため、彼らは長く待つ必要は無かった。

Rạng Đông株式会社の電球倉庫で発生した大規模火災は、蛍光灯に使用される有毒金属である水銀への暴露に対する世間の懸念を提起した。

市の計画局によると、移転した7つの工場は11の区に250ヘクタールを超える土地を残した。

いくつかの公共施設がすでに土地に建設されている。

Hai Ba Trung区にあるLê Ngọc Hân中等学校は、かつてハノイ アルコール工場があった場所にある。Ngô Thì Nhậm小学校は、Đng Xuân Knitting Companyが残した土地に建設された。

しかし、ハノイの新しい学校やそのような公共施設の数はまだ少ない。



過剰な高層ビル

移転した工場が残した土地は、オフィス、アパートメントの高層ビルに引き渡され、都市部の土地に圧力をかけた。

Lê Văn Lương通りの周辺には、現在70棟の建物があり、何十万人もの人々が働き生活している。

専門家によると、汚染工場の移転は緊急を要したが、これらのいわゆる”黄金の土地区画”での土地利用目的の切り替えは、学校や公園などコミュニティに役立つ施設が建設されるよう透明性が必要である。

ハノイ建設家協会の建築家Trần Huy Ánh氏は、工場移転は真剣に検討する必要があると述べた。

「汚染工場を撤去し、それらをアパートメントに置き換えて、都市のインフラに圧力をかけると、別の災害になります」と彼はベトナム通信社に語った。

ベトナムの都市開発計画協会の会長であるTrần Ngọc Chính氏は、同市の天然資源環境局と関連機関が移転計画を実施しなければならないと述べた。そして、その見返りに企業は地方自治体と彼らの困難に関して議論が出来る。

別の専門家は匿名でベトナム通信社に、すでに補償を受けた企業を強制的に移転させるには法的枠組みを強化する必要があると語った。既に新施設を所有している企業の場合、市の当局は彼らに移転を指示する必要がある。さもなければ、強制的に土地を引き渡すように動く必要がある、と述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月26日13:26

ベトナム:あなたにぴったりのスーツを作る村

Men's Health誌はかつて有名な記事を書いた。「まだ成功していなくても、さも既に成功しているように装え」と。そして、それは間違っていなかった。

男性のスーツにはその人のスタイルが滲み出る。よく仕立てられたテーラードスーツを着れば何にでもなれる。スーツを着る事で、Tシャツとジーンズでは通れないドアを開くことができる。

すべての男性のクローゼットには、少なくとも1着の晴れ着が必要である。日常的に着用することはなくても、特別な日には特に、良いスーツは人目に触れるに値する。

ベトナムでスーツ購入する場合、ハノイ郊外のPhú Xuyên地区のVân Từ村で仕立てられたものかもしれない。

ここでは、仕立て人が懸命に働いており、同産業は1300世帯以上、つまり人口の70%に雇用を生み出している。

この伝統は1930年代にまで遡る。当時、スーツは19世紀後半のフランス統治下にフランス人によって持ち込まれた後、ベトナム社会の富裕層で人気が出始めた。

農業を専攻した村の3人の兄弟は、新しいスキルを学びたいと考え、仕立て業選んだ。

最高の仕立て屋になると決心した三兄弟は首都の中心部に向かい、最高の知識を学びたいと熱望した。

旧市街に自分のテーラーショップを開店した後、彼らはその知識をコミュニティの他の人たちに伝授することにした。

仕立て屋の内の一人、Nguyễn Văn Hòaは、三兄弟から学ぶために故郷を離れてハノイに向かう多くの村の子供たちのうちの一人であった。彼は当時のことをよく覚えているという。

「彼らはこの技術を学んだ後、ハノイに店を開き、村に新しい職業を開発する方法を子供たちに教えました。私たちは皆彼らの生徒でした。この仕事には細心のスキルが必要です。近道を通ることはできず、AからZまでのすべてのステップを学ぶ必要があります。店主は測定と裁断の後、熟練した仕立て屋に引き渡し、残りの作業を行います。各店には通常34人の優れた仕立て屋がいて、それぞれにアシスタントが付きます」と、今ではコミュニティの政治家と見なされているHoa氏は述べた。

長年のトレーニングの後、Hoa氏と彼の仲間の多くは、街に自分の店を開くために実家に戻り、コミューンのブランドを創作した。

しかし、人生の旅には多くの余曲折がある。

スーツは1940年代半ばまで全盛期を送った。

「ベトナム戦争中と戦後、国が酷い経済苦境に陥り、スーツは高級品と見なされ、人々に着用されなくなったのです」とHoa氏は述べた。

「当時の私たちは皆、スーツではない別の服をより必要としており、切り替える必要がありました」とHoa氏は語った。

しかし、Hoa氏は彼のキャリアの始まりから彼が自らのアイデンティティを持つスーツに対する愛を決して諦めなかった。

1990年代初頭、ドイモイ政策(『刷新』の意 - ベトナムを大きく変えた経済的および政治的改革)から数年後、Hoa氏とVân Từ出身の2人の仕立て屋は故郷に戻った。

この三人兄弟のように、彼らはかつて繁栄したビジネスを復活させることを期待して、村人にスーツの作り方を教え始めた。

自分の家族から始め、ビジネスはコミュニティ全体に広がった。

30年後、村の10の集落のうち9つが全国の顧客にスーツを作った。

いくつかの小さなワークショップは、ハノイのテーラーから注文を受けるが、より大きい事業の多くは独自のブランドを生産している。

Nguyễn Văn Dậu氏の家族はこの仕事を3世代に亘って続けてきた。

彼のワークショップは、DậuThắngブランドの下、年間2万から3万着のスーツを生産し、年間およそ5億ベトナムドン(21000米ドル)の収益を得ている。

「当社製品の価格は、生地の種類とデザインによって異なります。最も安いものは約100万ベトナムドンですが、最も高価なものは最大1000万ベトナムドンになります。当社の製品は主にハノイ、ホーチミン市、その他多くの省の国内市場で販売されています」と彼は述べた。

Dậu氏はデザインを担当し、残りの作業はフルタイムまたはパートタイムで働く20人以上のテーラーによって行われる。

Phạm Thị Tâm氏は18年間仕立て屋として働き、Dậu氏のワークショップで10年間過ごした。

「私にとって、スーツを作る上で最も難しい部分は襟とポケットです。平らで均一に見えるようにする必要があるからです」と彼女は述べた。

Dậu氏にとって、鍵となるのは次のような傾向にあるという。

「当社のスーツの販売を促進するためには、ファッション業界の最新トレンドを常に保つ必要があります。当社の製品を輸出する機会も探したいと思います」と彼は語った。

全国に点在する多くの村や集落には、地域と同義の独自のユニークな製品がある。

しかし、自分にぴったりのスーツが欲しいなら、実際に訪れるべき場所はこの場所だけである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月14日12:42

ベトナム:オンラインで輸入許可申請が可能に

商工省(MoIT)の対外貿易庁によると、企業各社は今年111日からオンラインで輸入許可を申請できるようになる。

対外貿易庁は、111日に商工省(MoIT)のオンラインポータルonline.moit.gov.vnでレベル3から輸出入関連の公共サービスの提供を開始すると発表した。

この動きは、行政手続きを合理化し、外国貿易を促進する取り組みの一環。

オンラインサービスは、自動輸入許可の発行と再発行、修正に適用される。そして、ベトナムに存在しない外国貿易業者への輸出入権の証明書の発行、再発行、延長、修正も可能となる。

対外貿易庁はまた、同日、ハードコピー申請の受理を停止すると述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月04日19:46

ベトナム:国内ファッションブランド、10月末の国際展示会で展示予定

102730日に開催予定の香港最大のワンストップソーシングファッションショーにて、ベトナムからの出展者および新進デザイナーによる最先端ファッション製品とデザインが展示される。

35を超えるベトナムの大手デザイナーや繊維・アパレル・ファッションアクセサリーメーカー、およびアパレル関連産業が香港で開催予定のGlobal Sources Fashion Showに参加予定。

イベント主催者Global Sources社によると、B.storeEmwearHabermanHồng TyCocosinFashion Linkなどの新興ベトナムファッションブランドも参加する。

ショーの一環としてファッションパレードが開催され、ベトナムの人気デザイナーが最新のファッションコレクションを発表する。

主催者によると、近年、ベトナムのファッションブランドは、「優れたデザインとOEM(相手先商標製品製造)能力」により、グローバルなファッションステージでブランドを強化しているという。

ベトナムの出展者には、ベトナム繊維・アパレル協会(VITAS)、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)、ホーチミン市手工芸木材工業協会(HAWA)のメンバーが含まれ、アパレル、ファッションジュエリー、下着、水着、バッグ、荷物、スカーフ、履物、生地などの商品が展示される。

この展示会では、ベトナム、中国本土、香港、台湾、韓国、バングラデシュ、インド、インドネシア、フィリピンなど、主要なファッション製造拠点からの検証済みサプライヤーを紹介する。

世界中から集まった1000を超える出展者が、4日間のイベントで各々のデザインとブランドを宣伝する。2000を超える製品ブースを備えたこのフェアでは、110の国と地域から12000人のバイヤーが参加する予定である。

主催者によると、この展示会はベトナムからの効果的な調達法に関するワークショップを含む、業界関連の会議が開催される。

VITASによると、昨年、繊維・アパレル製品部門は前年比16%増の360億米ドルの輸出を獲得し、ベトナムは繊維・アパレルの世界3大輸出国の1つになった。

今年、この部門は、前年比11%増の400億米ドルの輸出を目標に設定した。

同部門は2025年までの輸出目標を600億米ドル以上にに設定した。同業界は200億米ドルの貿易黒字を享受し、285万人の雇用を創出すると予想されている。

税関総局が発表した数字によると、今年の最初の3四半期の繊維輸出は292億米ドルに達し、前年比で9.1%増加した。

香港を拠点とするメディアB2B企業のGlobal Sources社は、統合されたオンラインサービスとオフラインサービスを使用するグローバルトレードの主要仲介業者である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月25日10:52

ベトナム:ビンズン省、日系企業の労働者流出が懸念

1015日の省当局と地元の日系企業幹部らによる会議では、ビンズン省南部に労働者を誘致し、同省にとどまるよう働きかけるため、より多くの福祉政策が必要とされた。双方とも、現在多くの労働者が、同省から他の地域に移動している点を認めた。

「ビンズンから労働者が流出しています。北部からの多くの労働者が、近隣の工業団地まで働きに出ています。現在、ビンズン省の労働力は、ビンズン省と近隣の省の労働者で賄われています。現在、同省には29の工業団地があります。今後は34地域に増えるため、多くの投資家を引き付けるでしょう。では、どうすれば人材資源の需要に応えることができるのでしょうか。人的資源を誘致するためには、労働者のための住宅建設のような福祉政策がもっと必要です。」と企業幹部らは述べた。

この問題は新しいものではなく、省当局と企業の間で何度も議論されてきた。労働社会省の副局長であるTrần Văn Tuyên氏は、同省が労働者不足に直面していることを認めた。

「ビンズン省は、関連セクターと協力して近隣の省と連携し、より多くの人材を呼び込む努力をしています」と言う。同省は企業と協力し、現地労働者を訓練する準備ができていたという。しかし、企業も労働者を誘致し、雇用を維持するために、内部規定と福祉政策を有するべきだと強調した。

会議では、省当局が外国人労働者の許可取得方法などを企業に対し説明した。

また他部門の代表は、税関手続、治安、自然災害、輸送、電力供給、税金に関連した問題について企業から質問を受けた。

ホーチミン市日本商工会議所会頭の岡田英之氏によれば、企業の窮状を打開し、当局からの信頼を高めるには、自治体との話し合いが重要だという。この会議は、投資家が直面している問題に耳を傾け解決を支援するために、省人民委員会によって組織された定期的な活動である。

Phú Hữu Minh計画投資省副局長は、資金力のある大企業からの投資誘致に焦点が当てられていると述べた。

「伝統的な市場を開拓するとともに、新しい市場から投資家を引きつけることにも注意を払っています。」

同省は、先端技術やグリーンプロジェクトなどの関連産業への投資を誘致しようとしている。今年上半期の海外直接投資は256000万米ドルで、前年同期比で83%増加した。

日本は依然として最大の投資国であり、304件のプロジェクト、総額565000万ドル、海外直接投資(FDI)総額の16.2%を占めている。日系企業は主に都市開発、貿易、サービス、電気部品、自動車、鉄鋼、関連産業に投資してきた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月19日10:58

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 46 | 47 | 48 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る