インドシナニュース

ベトナム:繊維産業の次世代のリーダーたち(後)

(前編より)

 

Thân Đức Việt

VN:ベトナムの繊維・アパレル業界をどう評価しますか?

Thân Đức Việt氏(以下VIET):Garco 10は典型的なアパレル生産メーカーです。当社の第1四半期の輸出は昨年よりもプラスの動向を示しました。

年初からの注文件数は非常に安定しています。以前は、3ヶ月前に注文を受けていました。

しかし、8月に納品予定のオーダーをアメリカ、欧州、日本など世界の大手輸入業者から昨年12月から受けました。市場の動向は比較的良好です。

輸出額や事業成果の面では、2017年ほど良くはありません。注文件数は増加しているものの、輸出価格は上昇していません。

第二に、企業間の激しい労働力獲得競争が存在しています。労働者のための良い政策を持っておらず、財源が不十分で透明で効果的な経営をしていない企業は、苦労する可能性があります。

 

VN:現在の激しい競争の中で、良い労働力を確保するために企業は何をすべきですか?

VIET:労働力獲得競争は、部分的に内部問題です。企業が十分に強くなければ、労働者は離れる可能性があります。

もう一つの重要な要素は、労働法と福祉を改正する必要があることです。

すべての国が最良の利益をもたらすことを望んでいますが、ベトナムでは年間賃金の上昇は、Garco 10のような企業に多くのプレッシャーをもたらしました。一般的に輸出価格は過去10年間で上昇していません。私たちの計算によると、生産性は倍増し、給与はほぼ3倍になりました。

2に、生産性の上昇に伴い、現在の高い社会保険料と同時に最低賃金が上昇していることが、当社にとって大きな圧力となっています。

賃金の上昇は生産性に匹敵せず、企業はそれに対処することが困難になるでしょう。

私たちは、優れた管理システムと最新の機械、そして労働者のためのトレーニングスクールを備えた業界リーダーです。しかし、圧力が高まるにつれて、企業は苦しむ可能性があります。

ここ3年間で最低賃金が30%増加したにもかかわらず、労働者に高い賃金を支払っているため、これは私たちにとって最大のプレッシャーの1つです。

最低賃金の上昇はまた、社会保険料支払いの増額につながります。現在、Garco 1022%、労働者は社会保険料の10%を拠出しています。

給与の引き上げが考慮されなければ、人材成長は後退するでしょう。労働法を現状に順応させる必要があります。毎年の最低賃金の引き上げと研究計画を慎重に見直す必要があります。

3年前、社会保険基金への私たちは、550億ベトナムドン拠出しました。今では1000億ベトナムドンまでになっています。

追加労働時間を11.5時間未満、月30時間、年間300時間に制限する労働法は、中国と日本が年間800時間までとしているのに対し、非常に不合理です。

労働者はピーク時に残業をして、顧客にタイムリーに納品する必要があります。したがって、ピーク時に月間30時間の余分な勤務時間を確保することはできません。

 

VN:第4次産業革命はどのように繊維・アパレル産業に影響を与えますか?

VIET:繊維産業の存続にとって不可欠です。クリーンでグリーンな工場の話は世界共通の傾向です。 顧客は、労働者の権利の保護、繊維・アパレル企業の労働条件や社会政策だけではなく、グリーン開発や環境保護のためのスマートな工場も評価基準に挙げています。こうしたことが、受注に必要となるならば、Garco 10は他の企業と比較しても特に有利になるでしょう。これらは比較的新しいコンセプトで、ベトナムではこのような活動に取り組んでいる企業もありますが、多くの企業はまだです。

我々は、現在、これらの基準に取り組みながら、労働者の権利も保護しています。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月19日12:00

ベトナム:繊維産業の次世代のリーダーたち(前)

繊維・アパレル業界は、今後12年間で最も高い成長率を誇る分野と見られてきた。しかし、世界の貿易政策の変化や第4次産業革命の勃発により、この分野の企業は課題に直面している。ベトナム・ニュースの記者は、商工省の輸出入部副部長であるTrần Thanh Hải氏とGarment 10 Corporation Joint Stock CompanyGarco 10)の副社長を務めるThân Đức Việt氏に直面している課題についてにインタビューを行った。

 

Trần Thanh Hải

ベトナム・ニュース(以下VN):2018年のアパレル産業と繊維産業のチャンスと課題は何ですか?

Trần Thanh Hải氏(以下HAI):世界経済は多くの潜在的に不確実な要素を抱えていますが、繊維産業は、経済全般、特に輸出活動に大きな貢献をしてきました。この部門は依然として受注の増加と輸出の増加により良好な伸びを示しており、これは繊維・アパレル産業にとってよい傾向となっています。

しかし、長期的には課題があります。 現在、この部門は主に下請仕事に注力しています。糸、織物、製織、染色などの素材の輸入に大きく依存しています。また、繊維製品やアパレルの高付加価値化をもたらすマーケティングも弱いです。

政府は今、自由貿易協定(FTA)を利用しての支援に重点的に取り組んでいます。特に、厳しい原産地規則を必要とする環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)です。他方で、政府は、グローバルな流通チェーンに加わることができる大きなブランド名の構築に集中してきました。これらは、当社のアパレル会社が優先している課題です。

 

VN:政府は輸出を促進するためにどのような政策を講ずるべきでしょうか?

HAI:現在の生産能力では、輸出規模は限界に近い。長期的かつ持続可能な方法で輸出需要を満たすためには、より多くの投資が必要です。さらに、輸出を拡大するためには、当然のことながら、さらなる優遇措置のある市場または自由貿易協定(FTA)のある市場を持つべきです。私たちは依然としてCPTPPEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの繊維製品にとって非常に重要ないくつかの合意を締結しています。これらの協定はいまだにすべて実施前段階です。将来的に実施されることが期待されています。

 

VN:第4次産業革命は繊維・アパレル産業にどのような影響がありますか?

HAI:多くの労働者を必要とする繊維・アパレル産業の場合、これは大きな影響を与えます。第4次産業革命が完全に進むと、労働者の数は余ります。問題は、繊維・アパレル企業は組織を再編成し、生産段階でどのように技術成果を適用すべきかを知る必要があるということです。

労働者は、より洗練された機械を操作するために知識を向上させる必要があります。すべての機械は従業員によって操作されるべきです。しかし、第4次産業革命時代には、現在より高いレベルの操作が必要です。

 

VN:ベトナムの繊維・アパレル産業は、世界の貿易政策の変化に伴い引き続き競争力を維持することができますか?

HAI:ベトナムの繊維・アパレル産業の競争力は比較的高いです。したがって、我々は依然として高い輸出の伸びを維持しています。長期的には、高い輸出を維持するために克服すべき問題に直面するでしょう。

現地企業は経営能力を向上させるべきです。企業がより熾烈な市場でより大きな規模で設備を操業する管理能力を持たず、より新しい技術を必要とする場合、競争が中断したり停止したりする可能性があります。

 

(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月19日05:56

ベトナム:ホーチミン市にて第20回国際靴皮革展示会開催

20国際靴皮革展示会11ホーチミン市で始まり、さまざまな靴用の刻印やなめしに使用する機械やテクノロジー、化学薬品、革や他の素材、靴の部品や小物、完成品が展示されている。

本展示会の出展者は26の国と地域から700以上あり、ブラジル、中国、香港、インド、イタリア、韓国、マレーシア、パキスタン、台湾などホスト国のベトナムのほかに16のパビリオンがある。

インドの革製品輸出協議会は、30を超える会員企業と出展し製品を宣伝している。

イタリア貿易促進部とイタリア履物・皮革・なめし機械製造者協会(ASSOMAC)が主催するパビリオンは、デザイナー、革製品製造用機械設備の製造者、革製品、革と履物製造用化学薬品で構成され、26のイタリア企業が参加している。

ホーチミン市イタリア貿易促進事務所所長Paolo Lemma氏は、ほとんどの参加企業はサプライヤーや代理店、駐在員事務所をすでにベトナムにもっていると話した。

Paolo Lemma氏によると参加企業は、この新興市場でのさらなる機会とベトナム企業との提携を模索しているとのこと。

「ベトナムはイタリア企業にとって重要な市場となった」。

ベトナムの履物と革産業への機械設備の輸出は昨年、3000万ユーロ(3549万米ドル)を超え2倍になったとPaolo Lemma氏は述べた。

バッグや履物産業向けCNC切断機納入業者のComelzで極東エリア担当マネージャーを務めるFabrizio Bellagamba氏は、ベトナムでの同社機械の売上は昨年40%増加し、すべての市場と比較して最高の伸びであったと話した。

ASSOMACの委員長Gabriella Marchioni Bocca氏は、過去23年、他にはない能力を持つイタリア企業が、ベトナムの革と履物産業の発展に貢献してきたと述べ次のように語った。

「イタリア企業の強みは製品の質だけでなく顧客の要求に応える柔軟性である。これは、イタリア企業の市場での競争力を増す」

展示会は第7地区のサイゴン展示会議場(SECCで国際靴皮革製品展示会やベトナム国際ミシン展も同時に3日間開催される。

革と履物製品はベトナムの主要な輸出品であり、昨年の輸出額は179.3億米ドルに達した。

今年の輸出額は195億米ドルもしくはそれ以上の増加が見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月14日09:08

ベトナム:Vinatex、14%の利益増

ベトナム繊維公団Vinatexは、今年上半期の税引き前利益が3940億ベトナムドン(1730万米ドル)に上り、対前年度比で14%増加したと発表した。

売上高は7%増の9.3兆ベトナムドン。

Vinatexの今年度の目標は利益が5%増の7870億ベトナムドン、売上が10%増の20.3兆ベトナムドン。

2018年の配当は6%を計画している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月11日12:23

トルコがベトナム製半延伸糸に反ダンピング税課税

トルコ輸入総局は、中国、インド、マレーシア、インドネシア、台湾、タイ、ベトナムから輸入されている半延伸糸(POY)に反ダンピング義務を課すという最終決定を出したとベトナム競争庁は述べている。

トルコ経済省は、201011日から20161231日まで、7か国の市場から輸入された半延伸糸について、Korteks Mensucat ve Sanayi Anonim Sirketi Companyからの請願に続いて、昨年2月に予備調査を開始した。

同省はPOY輸入額が大幅に増加し、現行のアンチダンピング措置がポリエステル繊維に及ぼす影響が減少したと結論付けた。

その結果、トルコ当局は、ベトナムから輸入された半延伸糸製品にCIF価格の8%の反ダンピング税を課す決定をした。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月05日12:01

ベトナム:繊維産業、高い成長率を期待

繊維・アパレル業界は、今後12年間で最も高い成長率を誇る分野として定義された。

今後2年間で14%、2030年にはさらに10%の成長が見込まれている。

627日にハノイで開催された第4回ベトナム繊維サミット2018で、Trần Du Lịch博士は未来が明るいと信じていた、と語った。

「アパレルと繊維は、雇用創出と輸出への貢献という点で、主要な経済部門です。ベトナムの産業には20%の雇用が創出されています」と述べた。

ベトナムのこの産業は、世界第2位の輸出高を誇り、世界第5位を占めている。昨年をみると、輸出額310億米ドル以上の商品があり、前年比10.23%の増加となった。

急速な成長率は今年も330億米ドルの売上高を見込んでいると予想されていた。

アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国などの伝統的な市場の維持に加えて、ベトナムのアパレルや繊維企業は中国、ロシア、カンボジアなどの新しい分野に拡大している。

また、石油化学工業およびその他の繊維扶助産業ならびに貿易、サービス、およびファッション業界を含む綿繊維産業の発展を促進するであろう。

「アパレル産業は、FDI誘致政策の成功に貢献しています。 FDIはアパレルと繊維の輸出回転の約60%を占めています」とLich博士は語り、経済産業化戦略では、同産業はベトナムの経済構造において重要な役割を果たした、と付け加えた。

しかし、政府の政策は企業の発展を助ける重要な役割を果たしていると述べた。 ベトナムの職業訓練政策は効果がなく、さらなる支援が必要である。

さらに、政府は、企業が株式市場で資本を動員するよう促すべきである。支援産業に関するDecree No 111 /NĐ-CPの適用を促進し、研究予算、新技術の適用、法人所得税の削減に含めるべきである。

政府はまた、中小企業振興法(SME)に基づいて中小企業を支援することにより、バリューチェーンの結びつきを促進すべきである。

商工省の輸出入部副代表、Trần Thanh Hải氏は、ベトナムが署名し交渉した新たな自由貿易協定(FTA)が、アパレルと繊維産業に利益をもたらすと語った。

2018年から2022年には、一部の製品の輸出税がゼロになり、輸出付加価値を高め、経済成長を促進する新たな機会が生まれるだろう」と述べた。

一方で、競争的な労働コストと優遇政策は、ベトナムがこの分野の投資家にとって理想的な目的地の一つになるのを引き続き助けるだろう。

しかし、ベトナムはバングラデシュ、スリランカ、ミャンマー、カンボジアなどの国々との競争力を維持するために引き続き競争する必要がある。

ViệtNam Office of Weave Services Limitedの取締役Ven Tran氏は、ベトナムは、貿易障壁が徐々に解消されるにつれて、3つの主要なメリットのおかげで、繊維製造業の強固な成長を経験したと語った。

また、バングラデシュに次いで、南部地域で2位にランクされた。このグローバルポジションは、中国を去りたい投資家にとって理想的な選択だった。

しかし、低生産性、環境規制、長いリードタイムなど、この強力な成長を維持するための3つの主な課題がまだ残っていた、と彼は述べた。

長いリードタイムは、小売業者や製造業者が顧客の期待に応えられず、原材料の管理が生産性のスピードアップの鍵であることを意味する。材料は総リードタイムの半分を占め、海外供給に関しては70%にもなる。

同氏は、リスクを考慮しながら供給方法と共通の言語を設定することが解決策であると提言した。

ECVインターナショナルとベトナム綿紡績協会(VCOSA)が共同開催したイベントは、市場をよりよく理解し、リスクを軽減し、新たな機会を特定することを目的としていた。一方、サミットは、交流、コミュニケーション、相互支援のためのプラットフォームとしても機能することができる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月02日06:03

ベトナム:錦織文化を称える祭りが開催予定

ベトナムの錦織文化に注目した祭りが12月27日〜30日まで、中部高原のダクノン省で開催される。

ダクノンでのベトナム錦織文化祭は、幅広い種類の文化活動や演芸が披露される。

錦織は伝統的に、森で手に入る材料である綿と亜麻糸から作られており、使用されている色は天然色素で染められている。

多くの場合、錦織の模様は民族の伝統を反映している。伝統が編み込まれた錦織は、女性らの手により各民族で保存、継承されてきた。

実際のところ、ほとんどの錦織製品は手先の器用な熟練職人が多くいるモン族によって作られている。モン族は、北部山岳地帯に位置するハザン省、ラオカイ省や、中部高原のその他の省に暮らしている。

過去も現在も、手作りの錦織製品のほとんどは、ベトナムの民族グループの風習、習慣と密接に関係している。例えば錦織繊維は、必需品や家財として役立っており、結婚儀式にまで用いられている。

この祭りは、グローバル統合の過程においても、民族の錦織を保存し発展させることの重要性を強調することを目的としている。

祭りへの訪問者は、ベトナムの様々な民族によって作られた錦織について学ぶ機会を得ることができる。伝統と現代の錦織デザインによるファッションショーが、祭りの目玉として開催される。

また、高品質な錦織製品も販売用に披露される。

この祭りでは、民族の遊戯や演芸も披露される。様々な民族の芸人や職人が集い、文化交流を行い、民族の歴史と文化を紹介する伝統的な芸術形式を披露する。

この4日間のイベントは、Gia Nghĩa 町で2年に1回行われるとされている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月30日13:56

ベトナム:繊維・アパレル製品の輸出市場拡大

2018年当初5ヶ月で、ベトナムはほとんどの主な市場で繊維製品の輸出が拡大していると税関総局は報じた。

包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定加盟国市場への繊維製品の輸出は、ベトナムの総繊維製品輸出売上高の17.1%を占め、18.7億米ドルに到達した。

これに関連し、日本への輸出は最も高い増加で22.6%、13.9億米ドル。シンガポールへの輸出は、22%上昇し3916万米ドル、カナダ向けは、17.4%上昇し23029万米ドル、オーストラリア向けは、16%上昇し、7941万米ドルとなった。

包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定は2019年初頭に発効され、ベトナムの繊維産業に膨大なチャンスをもたらすと期待され、輸出額年率3%から6%アップが見込まれる。

ベトナム税関総局によると、1月から5月期のベトナムの繊維製品の輸出成長率は、前年比16.2%で1910億米ドル、ベトナムの総輸出額の11.2%を占めた。

同部は、昨年の同じ期間に対する主要市場への輸出額は、増加していると述べた。アメリカは、ベトナムの繊維製品の最大輸出市場で、12.4%成長し51.5億米ドルであった。

次にEUが続き、12.1%上昇14.3億米ドル、日本22.6%上昇13.9億米ドル、韓国22%上昇10.9億米ドルとなった。

一方、トルコへの輸出は96.8%伸び1923万米ドルに達し、ポーランド向けは69.3%伸び2343万米ドル、ミャンマー向けは65.9%伸び919万米ドル、エジプト向けは65.2%伸び233万米ドル、ハンガリー向けは60.4%伸び184万米ドルとなった。

外資系企業の繊維製品輸出は、総繊維製品輸出額の60.6%を占め、昨年同時期と比べ16.8%上昇し、66.2億米ドルに達した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月29日16:42

べトナム:第3回デニム・ジーンズ展示会がホーチミン市で開催

Denimsandjeans.com Vietnamによる第三回目の展示会がホーチミン市Riverside Palace627日〜718日に渡り開催されると、618日の記者発表会で告知された。

このイベントはベトナム繊維協会(VITAS)とインドのBalaji Enterprisesの共催で行われ、世界最大のファッショントレンドとデニム産業の功績が披露される。

ベトナム繊維協会(VITAS)のNguyễn Thị Tuyết Mai副書記官によれば、このイベントにはデニム・小物品・アパレル製造を専門とする著名企業がベトナムとその他インド、スウェーデン、タイ、韓国中国、シンガポールを含む10カ国以上から、40社以上参加するとされる。

数々の自由貿易協定への署名、中でもEU・ベトナム間自由貿易協定と包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定への署名で、ベトナムは繊維・アパレル産業に関心のある投資家にとって、主要な投資先の一つとなった、とMai氏は述べている。

この展示会は世界中、特にEU、アメリカの小売販売者、ファッションブランド、アパレル企業にとって非常に魅力的で、提携先を探す良い機会となるだろうとMai氏は加えた。

Balaji EnterprisesCEOSandeep Agarwal氏は、このイベントのテーマ “ロックンロール”により、古き時代のロックンロール音楽との関係の中での、デニムとジーンズ産業の形成と発展を振り返るきっかけとなるだろうと述べた。

このイベントでは、6回の国際的専門家らによるセミナーが行われ、デニム供給の未来や、持続的発展のためのデニム供給業者の協力関係、アナログからデジタルへの移行についての議論に焦点が当てられる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月25日16:02

ベトナム:労働力の需給バランス不均衡

ベトナムは豊富な労働力を誇っているものの、国内の多くの企業では熟練労働者を十分に雇用できず、結果として生産活動を拡大できないでいるとしている。

コンサルティングと適性テストサービスを提供するNavigos Search社のNguyễn Phương Maiマネージングディレクターは、「質の高い労働者が不足しているために」、労働需給バランスに不均衡が生じていると述べている。

Navigos Search社とオンライン採用サイトのVietnamWorksを傘下に持つNavigos Groupの報告によると、雇用主の41%がスキルの高い労働者を十分に採用できていないとした。

一方で今年の第1四半期には、就職希望者の数が昨年の同時期と比較して40%も増加したという。

その理由の一つとして、近年ベトナムには多くの外資系企業が進出したことが挙げられる。

特に製造業やIT分野における第4次産業革命への産業構造の転換は、データ分析、人工知能やブロックチェーン・アプリケーションのエンジニアなど、多くの新しい職業機会を雇用市場にもたらした。

「こうした新しい職業が登場する中、ベトナムの労働者は雇用主の要求に対応できないでいます。」とMai氏は述べた。

ベトナムでIT業界のリクルーティングを行うITviec.comChris Harvey氏は次のように述べた。「最新の調査によると、IT業界の雇用主の多くが、適切なレベルの英語と問題解決スキルを備えたITエンジニアを採用するのは難しいと考えています。一方でITエンジニアの大部分は英語能力が低く、経験も浅いため、仕事を見つけるのが難しいと言っています。」

ベトナム国立林業大学のTrần Văn Hùng氏はViệtNam News Agencyに対し、ホーチミン市にある多くの企業では依然として、ニーズに合った候補者を集められずにいると述べた。

多くの専門家は、ハイテク産業に多くの資金が流れ込んでいる中での労働力不足に懸念を示している。

ホーチミン市工科大学のVũ Đình Thành教授は、多くの総合大学、単科大学、職業学校では似通ったトレーニングコースを提供しており、雇用主からのさまざまな要求に合った各種トレーニングが実施されていないと指摘した。

労働傷病兵社会省雇用部門のLê Kim Dung部長は、雇用市場のデータベースはまだ完成していないため省と市の間で情報が連携されておらず、このことが労働市場についての分析と予測を難しくし、社会経済政策に影響を与えていると述べた。



解決策

Dung部長は、政府が労働市場における官民の連携強化のためのプロジェクトを立ち上げるべきだと述べた。

Navigos SearchMai氏は、政府が定期的に市場動向の分析や予測を行い、企業が人材レベルを向上させるのを支援するようなポリシーを策定すべきだと述べた。

一方で企業側では、トレーニングの質と効果を改善するために、学校に対して企業のニーズを伝え、併せてブランド協賛の授業も行うと良いとした。

そして大学、カレッジ、職業学校は、企業の現実の要求に合わせてトレーニングプログラムを一新し、学生にソフトウェア技術と創造的な思考力を身に着けさせるために、企業と協力していく必要があると彼女は述べた。

ITviec.comHarvey氏は、学生は英語力を向上させ、卒業前に実務経験を得るのが望ましいと述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月02日06:04

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 38 | 39 | 40 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る