インドシナニュース

ベトナム:あなたにぴったりのスーツを作る村

Men's Health誌はかつて有名な記事を書いた。「まだ成功していなくても、さも既に成功しているように装え」と。そして、それは間違っていなかった。

男性のスーツにはその人のスタイルが滲み出る。よく仕立てられたテーラードスーツを着れば何にでもなれる。スーツを着る事で、Tシャツとジーンズでは通れないドアを開くことができる。

すべての男性のクローゼットには、少なくとも1着の晴れ着が必要である。日常的に着用することはなくても、特別な日には特に、良いスーツは人目に触れるに値する。

ベトナムでスーツ購入する場合、ハノイ郊外のPhú Xuyên地区のVân Từ村で仕立てられたものかもしれない。

ここでは、仕立て人が懸命に働いており、同産業は1300世帯以上、つまり人口の70%に雇用を生み出している。

この伝統は1930年代にまで遡る。当時、スーツは19世紀後半のフランス統治下にフランス人によって持ち込まれた後、ベトナム社会の富裕層で人気が出始めた。

農業を専攻した村の3人の兄弟は、新しいスキルを学びたいと考え、仕立て業選んだ。

最高の仕立て屋になると決心した三兄弟は首都の中心部に向かい、最高の知識を学びたいと熱望した。

旧市街に自分のテーラーショップを開店した後、彼らはその知識をコミュニティの他の人たちに伝授することにした。

仕立て屋の内の一人、Nguyễn Văn Hòaは、三兄弟から学ぶために故郷を離れてハノイに向かう多くの村の子供たちのうちの一人であった。彼は当時のことをよく覚えているという。

「彼らはこの技術を学んだ後、ハノイに店を開き、村に新しい職業を開発する方法を子供たちに教えました。私たちは皆彼らの生徒でした。この仕事には細心のスキルが必要です。近道を通ることはできず、AからZまでのすべてのステップを学ぶ必要があります。店主は測定と裁断の後、熟練した仕立て屋に引き渡し、残りの作業を行います。各店には通常34人の優れた仕立て屋がいて、それぞれにアシスタントが付きます」と、今ではコミュニティの政治家と見なされているHoa氏は述べた。

長年のトレーニングの後、Hoa氏と彼の仲間の多くは、街に自分の店を開くために実家に戻り、コミューンのブランドを創作した。

しかし、人生の旅には多くの余曲折がある。

スーツは1940年代半ばまで全盛期を送った。

「ベトナム戦争中と戦後、国が酷い経済苦境に陥り、スーツは高級品と見なされ、人々に着用されなくなったのです」とHoa氏は述べた。

「当時の私たちは皆、スーツではない別の服をより必要としており、切り替える必要がありました」とHoa氏は語った。

しかし、Hoa氏は彼のキャリアの始まりから彼が自らのアイデンティティを持つスーツに対する愛を決して諦めなかった。

1990年代初頭、ドイモイ政策(『刷新』の意 - ベトナムを大きく変えた経済的および政治的改革)から数年後、Hoa氏とVân Từ出身の2人の仕立て屋は故郷に戻った。

この三人兄弟のように、彼らはかつて繁栄したビジネスを復活させることを期待して、村人にスーツの作り方を教え始めた。

自分の家族から始め、ビジネスはコミュニティ全体に広がった。

30年後、村の10の集落のうち9つが全国の顧客にスーツを作った。

いくつかの小さなワークショップは、ハノイのテーラーから注文を受けるが、より大きい事業の多くは独自のブランドを生産している。

Nguyễn Văn Dậu氏の家族はこの仕事を3世代に亘って続けてきた。

彼のワークショップは、DậuThắngブランドの下、年間2万から3万着のスーツを生産し、年間およそ5億ベトナムドン(21000米ドル)の収益を得ている。

「当社製品の価格は、生地の種類とデザインによって異なります。最も安いものは約100万ベトナムドンですが、最も高価なものは最大1000万ベトナムドンになります。当社の製品は主にハノイ、ホーチミン市、その他多くの省の国内市場で販売されています」と彼は述べた。

Dậu氏はデザインを担当し、残りの作業はフルタイムまたはパートタイムで働く20人以上のテーラーによって行われる。

Phạm Thị Tâm氏は18年間仕立て屋として働き、Dậu氏のワークショップで10年間過ごした。

「私にとって、スーツを作る上で最も難しい部分は襟とポケットです。平らで均一に見えるようにする必要があるからです」と彼女は述べた。

Dậu氏にとって、鍵となるのは次のような傾向にあるという。

「当社のスーツの販売を促進するためには、ファッション業界の最新トレンドを常に保つ必要があります。当社の製品を輸出する機会も探したいと思います」と彼は語った。

全国に点在する多くの村や集落には、地域と同義の独自のユニークな製品がある。

しかし、自分にぴったりのスーツが欲しいなら、実際に訪れるべき場所はこの場所だけである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月14日12:42

ベトナム:オンラインで輸入許可申請が可能に

商工省(MoIT)の対外貿易庁によると、企業各社は今年111日からオンラインで輸入許可を申請できるようになる。

対外貿易庁は、111日に商工省(MoIT)のオンラインポータルonline.moit.gov.vnでレベル3から輸出入関連の公共サービスの提供を開始すると発表した。

この動きは、行政手続きを合理化し、外国貿易を促進する取り組みの一環。

オンラインサービスは、自動輸入許可の発行と再発行、修正に適用される。そして、ベトナムに存在しない外国貿易業者への輸出入権の証明書の発行、再発行、延長、修正も可能となる。

対外貿易庁はまた、同日、ハードコピー申請の受理を停止すると述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月04日19:46

ベトナム:国内ファッションブランド、10月末の国際展示会で展示予定

102730日に開催予定の香港最大のワンストップソーシングファッションショーにて、ベトナムからの出展者および新進デザイナーによる最先端ファッション製品とデザインが展示される。

35を超えるベトナムの大手デザイナーや繊維・アパレル・ファッションアクセサリーメーカー、およびアパレル関連産業が香港で開催予定のGlobal Sources Fashion Showに参加予定。

イベント主催者Global Sources社によると、B.storeEmwearHabermanHồng TyCocosinFashion Linkなどの新興ベトナムファッションブランドも参加する。

ショーの一環としてファッションパレードが開催され、ベトナムの人気デザイナーが最新のファッションコレクションを発表する。

主催者によると、近年、ベトナムのファッションブランドは、「優れたデザインとOEM(相手先商標製品製造)能力」により、グローバルなファッションステージでブランドを強化しているという。

ベトナムの出展者には、ベトナム繊維・アパレル協会(VITAS)、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)、ホーチミン市手工芸木材工業協会(HAWA)のメンバーが含まれ、アパレル、ファッションジュエリー、下着、水着、バッグ、荷物、スカーフ、履物、生地などの商品が展示される。

この展示会では、ベトナム、中国本土、香港、台湾、韓国、バングラデシュ、インド、インドネシア、フィリピンなど、主要なファッション製造拠点からの検証済みサプライヤーを紹介する。

世界中から集まった1000を超える出展者が、4日間のイベントで各々のデザインとブランドを宣伝する。2000を超える製品ブースを備えたこのフェアでは、110の国と地域から12000人のバイヤーが参加する予定である。

主催者によると、この展示会はベトナムからの効果的な調達法に関するワークショップを含む、業界関連の会議が開催される。

VITASによると、昨年、繊維・アパレル製品部門は前年比16%増の360億米ドルの輸出を獲得し、ベトナムは繊維・アパレルの世界3大輸出国の1つになった。

今年、この部門は、前年比11%増の400億米ドルの輸出を目標に設定した。

同部門は2025年までの輸出目標を600億米ドル以上にに設定した。同業界は200億米ドルの貿易黒字を享受し、285万人の雇用を創出すると予想されている。

税関総局が発表した数字によると、今年の最初の3四半期の繊維輸出は292億米ドルに達し、前年比で9.1%増加した。

香港を拠点とするメディアB2B企業のGlobal Sources社は、統合されたオンラインサービスとオフラインサービスを使用するグローバルトレードの主要仲介業者である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月25日10:52

ベトナム:ビンズン省、日系企業の労働者流出が懸念

1015日の省当局と地元の日系企業幹部らによる会議では、ビンズン省南部に労働者を誘致し、同省にとどまるよう働きかけるため、より多くの福祉政策が必要とされた。双方とも、現在多くの労働者が、同省から他の地域に移動している点を認めた。

「ビンズンから労働者が流出しています。北部からの多くの労働者が、近隣の工業団地まで働きに出ています。現在、ビンズン省の労働力は、ビンズン省と近隣の省の労働者で賄われています。現在、同省には29の工業団地があります。今後は34地域に増えるため、多くの投資家を引き付けるでしょう。では、どうすれば人材資源の需要に応えることができるのでしょうか。人的資源を誘致するためには、労働者のための住宅建設のような福祉政策がもっと必要です。」と企業幹部らは述べた。

この問題は新しいものではなく、省当局と企業の間で何度も議論されてきた。労働社会省の副局長であるTrần Văn Tuyên氏は、同省が労働者不足に直面していることを認めた。

「ビンズン省は、関連セクターと協力して近隣の省と連携し、より多くの人材を呼び込む努力をしています」と言う。同省は企業と協力し、現地労働者を訓練する準備ができていたという。しかし、企業も労働者を誘致し、雇用を維持するために、内部規定と福祉政策を有するべきだと強調した。

会議では、省当局が外国人労働者の許可取得方法などを企業に対し説明した。

また他部門の代表は、税関手続、治安、自然災害、輸送、電力供給、税金に関連した問題について企業から質問を受けた。

ホーチミン市日本商工会議所会頭の岡田英之氏によれば、企業の窮状を打開し、当局からの信頼を高めるには、自治体との話し合いが重要だという。この会議は、投資家が直面している問題に耳を傾け解決を支援するために、省人民委員会によって組織された定期的な活動である。

Phú Hữu Minh計画投資省副局長は、資金力のある大企業からの投資誘致に焦点が当てられていると述べた。

「伝統的な市場を開拓するとともに、新しい市場から投資家を引きつけることにも注意を払っています。」

同省は、先端技術やグリーンプロジェクトなどの関連産業への投資を誘致しようとしている。今年上半期の海外直接投資は256000万米ドルで、前年同期比で83%増加した。

日本は依然として最大の投資国であり、304件のプロジェクト、総額565000万ドル、海外直接投資(FDI)総額の16.2%を占めている。日系企業は主に都市開発、貿易、サービス、電気部品、自動車、鉄鋼、関連産業に投資してきた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月19日10:58

ベトナム:激化する米中貿易戦争の悪影響に見舞われる繊維産業

ベトナムの繊維産業は、米中貿易戦争の激化の影響による輸出と生産の両方の減少に多くの困難に直面している、と業界専門家は語った。

「バイヤーは進行中の中国と米国の貿易戦争に懸念を抱いており、その結果、注文数が減り、注文数が減少しています」と投資計画省の報告書は述べている。

ベトナムの繊維企業は、貿易戦争が進行するにつれて激しく打撃を受けた。これは、ベトナム最大級の繊維企業であるベトナム国営公団(VINATEX)のパフォーマンスレビューで示されている。

中国への原材料の輸出は、従来からベトナムの製品の主要な市場であり、国の総輸出量の最大60%を占めているが、中国が輸入を控えたため、急落した。最も影響を受けたのは糸の輸出であり、2500億米ドル相当の中国製品に対する関税の追加が懸念されるため、価格は下がり続けている。

「世界的な糸産業は、進行中の貿易戦争により悪化する見通しに直面しているため、インド、インドネシア、パキスタン、タイ、ベトナムなどの競合国間の競争が激化しています」とレビューは述べている。

9月まで十分な注文があった昨年とは対照的に、企業は生産を維持するために注文を確保しようと急いでいる。

顧客が貿易戦争の新たな展開に常に目を光らせていたため、注文の大部分は、仮に署名されたとしても、少量かつ短期のもの。さらに、カンボジアやバングラデシュなどの優遇税制が優遇されている国に、より多くの中国の注文が出されている。

VINATEXの繊維産業が今年の400億ドルの輸出目標を達成する可能性はますます小さくなっています、とVINATEXの副社長TrươngVănCẩm氏は言う。

貿易戦争の悪影響に加えて、環太平洋パートナーシップ(CPTPP)やEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の包括的かつ進歩的な協定などの貿易協定への期待は非現実的に高く設定されている、とCẩm氏は述べた。本当の影響を与えるには時間がかかる。

ベトナム税関総局が発表した数値によると、2019年の最初の3四半期の繊維輸出は292億米ドルに達し、前年比で9.1%増加した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月17日11:44

ベトナム:ホーチミン市 - 雨季、プラスチック製靴の販売が急増

ホーチミン市3区の靴店では、プラスチック製の靴を購入する多くの顧客を引き付けている。

雨季と満潮による洪水はここ数週間で地元住民に不便をもたらしている。

3区の靴屋のオーナーによると、特に週末に多くの人が彼の店を訪れるという。何千ものプラスチック製の靴が展示されており、店の壁を覆っている。

デザインにもよるが、1足の防水靴の価格は20万ベトナムドンから50万ベトナムドンである。多くは1足あたり50%引き価格で提供されている、とオーナーは加えた。

BìnhThạnh区在住のNguyễn Thị Thuさんは、彼女と夫が2組のビーチサンダルを購入したと述べた。Thuさんの家族は洪水が発生しやすい小さな路地に住んでいるため、これらの商品の購入は不可欠であるという。

同様の状況は、1区のHai Bà Trưng通りにある別の靴店でも見られる。こちらの靴店では、一部の顧客が100万ベトナムドン以上のプラスチック靴を購入した。

7区在住のNguyễn Đình HùngさんはTuổi Trẻ紙に、これらの高価なプラスチック製の靴は歩きやすく無臭であると語った。

これら2つの店舗に加え、ホーチミン市の多くの靴店では1足あたり5万ベトナムドン〜20万ベトナムドンの範囲のプラスチック靴を販売している。



価格の多様性

3区のLý Chính Thắng通りにある靴店店主のTrần Yến Viさんによると、近年、軽量のプラスチック製の靴がベストセラーとなっているという。

特にバックストラップ付きのプラスチック製の靴はベストセラーに入り、学生はこれらのアイテムを購入する傾向があると加えた。

Viさんの店舗では、約100種類のプラスチック靴を提供している。それらの価格は、他の要因の中でも特に、ソールの厚さとデザインの洗練度に依存している。

「今年はステッカーが貼られたプラスチック製の靴が人気です」とViさんは述べ、それらの各ステッカーは5000ベトナムドンから3万ベトナムドンの範囲であると付け加えた。

同様に、1区の靴店のHoàng Ánh Xuânさんは、雨季には靴の販売数が増加すると述べた。チェーン店の内、約10店舗が最近かなりの収益を上げていると彼女は加えた。

Xuânさんによると、同チェーン店は今年、約50種類の防水靴を導入し、その一部は1か月で売り切れたという。雨のみが理由なのではなく、美しいデザインや素材も売り上げを伸ばしているという。

これらの靴は高価で、子供用の場合、1足あたり795,000ベトナムドンから130万ベトナムドン、大人用の場合は1足あたり695000ベトナムドンから170万ベトナムドンの間である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月10日11:34

ベトナム:電子商取引市場、ブームになるも規制は困難

ベトナムでは電子商取引が成長しているが、多くの個人や企業がオンラインプラットフォームを利用し低品質商品や偽物を販売し、顧客に損害を与え、税収の損失を引き起こしている。

同声明は926日にハノイで開催された会議にて、国家運営委員会389の常任事務局長のDam Thanh The氏によって発表された。

当局は電子商取引産業に関する規制が不足しているため、そのようなプラットフォーム上の詐欺を制御することはできなかった。

さらに、技術の発展に遅れをとった法的枠組みとその制裁は、違反を阻止出来るほど強力では無かった。

 

電子商取引ブーム

ドイツの市場調査会社Statistaが発表したデータによると、2018年、ベトナムの電子商取引の収益は約22.7億米ドルに達し、最も発展した6つの電子商取引国のリストに入った。

Nielsen VietnamおよびMiniwatts Marketing Groupがまとめた統計によると、ベトナムの人口の85%がインターネットを使用しており、世界におけるインターネットユーザーの割合が最も高い20か国中13位であるという。

ベトナムの消費者は1日平均7時間オンラインで過ごしている。都市人口の90%と農村人口の50%がスマートフォンを使用している。

Vietnam E-Business Index 2019 Report 2018によれば、2017年から2019年の期間における電子商取引の成長は、平均年間25%から30%の間であった。ベトナムがこの成長を維持する場合、2025年の市場はインドネシアとタイに次いで東南アジアで3番目にランクされるという。

商工省(MoIT)傘下の市場管理総局代表は、電子商取引の事業活動はその価値と数の両方で強力な発展を遂げており、多くの企業や個人を引き付けていると述べた。

しかし、電子商取引の成長は、禁止品および偽造品の取引も促進した。

 

電子商取引活動の規制

国内の電子商取引活動に関して、商工省(MoIT)のベトナム電子商取引およびデジタル経済庁のNguyen Thi Minh Huyen副局長は、消費者を保護するため、商工省(MoIT)LazadaTikiShopeeSendoAdayroiなどの電子商取引取引企業を招待し、偽造品、密輸品との戦いを約束させた。

これらのブランドの電子商取引プラットフォームには消費者を保護する手段がある。ただし、SNS上で運営されている個人や企業の管理は非常に困難である。

越境電子商取引活動については、ベトナムには電子商取引に関する法律、サイバーセキュリティに関する法律、ベトナム国家銀行に関する法律、税務管理に関する法律などのさまざまな法的文書がある。

しかし、ベトナム税関副局長のNguyen Cong Binh氏によれば、電子商取引活動を管理する法的文書は十分ではなく、この産業に関する規制は緩いものになっているという。

伝統的な商取引や電子商取引を含むすべての輸出入品は、税関によって管理されている。しかし、従来の貿易では税関はすべての商品と輸出入に関する記録と文書を管理する。

電子商取引に関しては、取引はサイバースペースで行われるため、税関は国境ゲートで商品を物理的にしか管理できない。そのため、商品に関連する書類、請求書、文書は管理できないという。

すべての電子取引が輸出入中に完全な記録と請求書を持つことが不可欠である場合、それは業界の発展を妨げる。しかし、厳密に管理されなければ、国家予算収入の損失と国内生産および事業活動への悪影響を引き起こすような不正、特に税収詐欺を防ぐことは非常に困難である。

Huyen氏は、電子商取引活動を管理するには、商品の出所を管理し、偽造品の製造を制限することが重要であると提案した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月02日12:10

ベトナム:ハノイにてアセアン市場開拓商談会開催される

日本貿易振興機構(ジェトロ)は927日ハノイで「GOOD GOODS Japan 2019」を開き、日本企業とベトナム企業の商談会を開催した。

日本から52社もの企業が約100社のベトナム企業とともに参加した。

ジェトロのプロジェクトディレクターである阿部 智史氏は、このプログラムの目的は、消費財を扱う日本の中小企業がアセアン市場、特にベトナムの潜在的な市場を活用し拡大することを支援することと述べた。

ジェトロによると、ベトナムは発展途上経済であり、年間GDP成長率は6%以上であり、収入の増加と高品質の消費財への需要につながっている。

一方、日本の消費財部門は、台所用品、洗剤、化粧品などの製品で世界市場で人気がある。日本企業は、ベトナムの大規模市場を含む海外への進出を望んでいる。

これは、日越双方の消費財企業のニーズを満たすためのこの商談会は今回で6回目になる。これは、日本企業のアセアン市場開拓を支援するために2012年からジェトロが実施している活動の1つである。

「以前の貿易商談会プログラムでは、多くの日本企業とベトナム企業が、この製品に対する需要の増加に応えるために、ベトナムに日本製品を輸入するという形で多くの成約に繋がりました」と安倍氏は語った。

「それ以外に、ジェトロはVietrade、商工省、計画投資省と協力して、両国間の貿易を促進するために日本企業とベトナム企業の間の同様の貿易商談会活動を組織しました。」



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年09月30日11:13

ベトナム:中部ダラットから4トンの羊毛糸を日本に輸出

ベトナム中部ラムドン省にあるDa Lat Worsted Spinning Limited Coは、4トンのウール糸の最初のバッチを日本に出荷した。

ダラット市で5000万米ドルの羊毛工場を運営する同社は、今年300トンの糸を海外に出荷する予定。この工場は、ドイツのSudwolle Groupとホーチミン市に拠​​点を置くLiên PhươngTextiles Industry Companyとの合弁事業。

4000トンの糸の年間設計生産能力により、工場は毎年1億から12000万ドルの収入を生み出し、最大400人の労働者を雇用することで地元の雇用創出に貢献している。

工場から仕上がった羊毛の最大90%は、世界中の羊毛を使用している繊維会社に出荷される。

生産機能に加えて、工場は訪問者に開放され、天然ウールから糸を生産するプロセス全体を見ることができる。

ベトナムには現在、ウール用の50の繊維設備があり、そのほとんどがオーストラリアから輸入された素材を使用している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年09月23日11:53

ベトナム:繊維製品輸出額、8か月でほぼ7%増加

ベトナム繊維協会(Vitas)は、製糸製品、繊維、生地の総輸出額は、年初から8か月で257億米ドルに達し、前年比8.6%増、うち60.6%は外国直接投資(FDI)企業である。

繊維・アパレル産業は、外国直接投資(FDI)企業からの62%を含む、前年比2.3%増の生産用繊維・アパレル素材の輸入に149億米ドルを費やした。年初8か月間の同産業の貿易黒字は108億米ドルに達した。

商工省によると、国内の繊維企業は生産および事業活動において多くの課題に直面しているという。

米中貿易戦争は為替レートに影響を及ぼしており、韓国や中国などの同地域内の競合国と比較して、ベトナムでは加工品の価格が高騰している。また、それは地場企業の輸出注文の数にも影響を与えている。

今年の初頭の8か月間、繊維製品の生産と輸出は昨年の同時期にも成長したが、受注の変動により、地場企業は生産とビジネスのためのソリューションを必要としている。

同産業の専門家は、輸出受注が落ちていると述べた。一部の企業は、2018年の同時期に対して新規注文の70%しか受けていないという。

ベトナムの主要輸出市場である中国(60%を占める)が輸入量を削減したため、繊維および原材料の消費は苦戦している。アパレル企業も受注が減少した。

2018年、同産業の多くの大企業が年間輸出受注を受けていたが、今年は少量の月間輸出契約しか締結できなかった。バイヤーは米中貿易戦争の拡大を懸念しているため、注文は大量ではなく分割されるという。

Hồ Gươm Garment GroupPhí Việt Trịnh社長は、同社の注文は昨年の同時期に対して減少したと語った。しかし、労働者にはまだ十分な仕事があるという。年の最後の数ヶ月で需要が高くなるため、年末までには注文が増えると予想している。

 

収益なし

3四半期が終了するにつれて、以前に予測されていたようにベトナムの繊維企業が進行中の米中貿易戦争のために輸出を増やすことはまずありえない。

繊維・アパレル産業では、在ベトナム韓国および台湾企業はバリューチェーンの下に生産工場を所有しているため、貿易戦争から利益を得ている。

「在ベトナムの韓国系繊維・アパレル企業は、貿易戦争の最大の受益者です。韓国の143の企業は、ベトナムへの繊維・アパレル製品の輸出額の約50%を占めています」とベトナムの金融およびビジネス情報プロバイダーのFiinGroupは「投資(ĐầuTư)」紙から引用した。

ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)によると、ベトナムは、米中貿易戦争のために繊維・アパレル産業への投資の流れを見ていないという。中国からベトナムへの大規模な生産拠点の移管はない。

ある国から別の国へ投資する場合、それは多くの要因に依存する、とVinatexのリーダーは語った。ベトナム商工会議所(VCCI)傘下のWTOセンターのNguyễnThịThu Trang所長は、中国からベトナムへの投資を含め、多くの予測に反してベトナムは貿易戦争の恩恵を受けていないと述べた。

もう1つの問題は、輸出回転率は大きいが、国内の繊維・アパレル産業には投入資材がまだ不足していることである。すべての綿と生地やその他の素材の80%を中国とインドから輸入しなければならず、国内企業の製品コストはFDI企業よりもはるかに高いとTrang氏は述べた。

したがって、地場企業がアパレル製品の輸出を増やした場合、原材料の輸入を増やす必要があるため、中国とインドの繊維企業は利益を得るだろう。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年09月20日07:51

このページのトップへ戻る