インドシナニュース

ベトナム:海外ファッションブランド大手、まずはホーチミン市から(後)

(前編より)

 

巨大な可能性

専門家によると、ホーチミン市は非常に大きな潜在的消費者を抱える、若く魅力的な市場であるという。

1年前にNielsenが実施した調査によると、ベトナム人のブランドアイテムへの嗜好は中国やインドに次いで世界3位であるという。

ベトナムは低・中所得国として公式に分類されているため、この統計結果は驚くべきものである。

一方、ドイツの調査会社Statistics Portalは、ベトナムのファッション市場の年間成長率は2017年から2022年の間に22%以上に達すると予測している。

2022年までに、同市場は9億8800万米ドルの収益を上げる可能性があるという。

ホーチミン市経済大学のマーケティング専門家であるVũ Quốc Chinh氏は、ホーチミン市の市場規模は大きく、平均収入よりも高い層が1000万人も存在すると述べた。

「ファッションブランドおよび高級ブランドは常にホーチミン市のような最も大きな購買力を持つ都市を目指しています。平均収入より高い層の人々が必ずしも喜んでファッションに対価を支払うことを意味するわけではありませんが、ホーチミン市の人々は新しい物好きが多いです」とChinh氏は述べる。

ほとんどの市場調査では、南部の消費者は新しいことを経験し、挑戦することに敏感であることを指摘している。これにより、急速に変化する消費者文化が形成され、ビジネス開発計画に有益であると彼は付け加えた。

北部の人々も高級品を好むが、彼らはより保守的な人々であるため、北部の人々に製品を導入するのには時間が掛かる。

そのため、ファッションブランドはホーチミン市から始める方が無難である。

それにも関わらず、Chinh氏は「美味しいケーキにはしばしば多くの虫を引き付ける」ことを認め、ホーチミン市のファッション市場は非常に競争が激しいと述べた。

ファッション企業にとって、ポートフォリオとサービスを常に更新することが重要。

ハノイの小売業専門家であるVũ Vinh Phú氏は、ホーチミン市の購買力はハノイの購買力よりも高く、特にファッション商品の購買力が高いと述べた。

北部の若い世代はすぐに南部に追いつけるかもしれないが、より上の世代の場合はそのようにはいかない。

「ホーチミン市は若いアーティストや熱意溢れる若者の中心地であるため、ファッションブランドがビジネスを定着させるのに最適な場所であることは容易に理解できます」とPhú氏は加えた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月13日11:45

ベトナム:海外ファッションブランド大手、まずはホーチミン市から(前)

ベトナム初のユニクロの開店により、ホーチミン市は人気ブランドの成長リストにもう1つの大手ファッション企業を追加することとなった。

先月のオープニングでは、ホーチミン市1区のドンコイ通りに出来たユニクロに2000人以上の買い物客が行列を作り、55億ベトナムドンの売上を上げた。

『青年(Thanh Niên)』紙によると、ホーチミン市での最初のショッピング体験のために行列ができることは初めてのことではなく、H&Mが市内中心部のビンコムセンターに初店舗が開店した際にも同様の光景が見られたという。

ユニクロ、Zara、H&Mはベトナムの最初の市場としてホーチミン市を選択した3つの巨大なファッションブランド。

同様に、Calvin Klein、Mothercare、Old Navy、Mangoも当初、事業をハノイや他の都市に拡大する前にホーチミン市で土台を固めた。

世界的に有名なファッションブランドに加えて、Canifa、NEM、Ivy Modaなどの地元企業も最初の拠点はホーチミン市に置き、後に全国展開し、事業を成長させた。

約110のCanifa店舗のうちその半数以上は、主要な場所の中でも特にホーチミン市のCách Mạng Tháng Tám通り、Võ Văn Tần通り、Hai Bà Trưng通りに沿線に存在する。

昨年のCanifaの収益は1兆ベトナムドンを超え、他のブランドはそれぞれ4000〜5000億ベトナムドンとなった。

 

ローカルショップ

ホーチミン市3区のショップオーナーのThanh Hươngさんは、Lê Văn Sỹ通りまたはTrần Quang Diệu通りを散策しながら、Marc、Guma、Toto、Clothe、Angle Lamのファッションアイテムを手頃な価格で購入するのは簡単だと述べた。

「これらのブランドは高品質で、大量生産販売をしていません。ZaraやH&Mの服は海外では安いと考えられるかもしれませんが、ホーチミン市民には手頃な価格ではありません」と言い添える。

退職公務員のThái Thanh Hiềnさんは、Miu Rex Tokyoのドレスを何年も着ていると語り、

「このお店はプロモーションが行われているときはいつもお知らせしてくれます。私は通常、セール中には多くて4枚の服を購入します」と付け加えた。

1区と3区に加えて、5区には、Yame、Toto、Line Orange、MWC、Sóng Nhạc、SuSu、Kboyなど多くの人気ファッション店が軒を並べる。

多くの海外小売企業がホーチミン市に参入するにつれて、ファッション市場の競争は非常に激しくなり投資が高額になった。

ユニクロ代表者は、ホーチミン市の不動産価格が高額なため、プレミアムファッション店舗に最適な場所を見つけるのが難かったと語った。

これは、多くのベトナムのファッションチェーンが財源不足により事業拡大できない理由である。

 

(後編につづく)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月13日05:43

ベトナム:履物・ハンドバッグ業界は2020年に240億ドルの輸出目標を目指す

履物・ハンドバッグ業界は、昨年の輸出収益が220億米ドルに達した後、2020年に240億米ドルに達成することを目指していると業界団体は述べている。

ベトナム皮革履物・カバン協会(Lefaso)によると、靴の輸出収入は今年200米億ドルに達すると予想されていたが、ハンドバッグは40億米ドルを達成した。

ベトナム皮革履物・カバン協会(Lefaso)のNguyễn Đức Thuấn会長は、外国人投資企業が2019年の業界の輸出収益の75.8%を占めたという統計を引用して、外国人投資生産者が履物とハンドバッグの主要な牽引役であり続けたと述べた。

しかし、この業界では近年、国内生産者がわずかに拡大し、2017年の19.7%が2018年に21.6%なり、2019年には輸出収益が24.2%を占めた。

Thuấn会長は、米中貿易戦争が続きベトナムの靴とハンドバッグの輸出にリスクをもたらすと述べた。

政府は引き続き、市場の拡大と生産能力の向上において、靴・カバン企業を支援するとCao Quốc Hưng商工副大臣は述べた。

同省は、皮革履物輸出を最前線産業に変える戦略を開発していた。

同省はまた、皮革履物企業に対し、不確実な世界的および地域的な貿易の発展に伴う課題に備えながら、自由貿易協定の機会を活用するよう促した。

また、企業は技術革新と生産能力の向上に積極的に取り組むべきであり、市場調査と開発に注力すべきだとも述べた。

業界は2019年に220億米ドルの輸出収入を達成し、前年比12.2%の増加を記録した。輸出収入の最大183億米ドルは靴の輸出によるもので、37億米ドルはハンドバッグによるものだった。

米国は、ベトナムの履物とハ​​ンドバッグ製品の最大の市場であり、1月から11月に741000万米ドル(13%増)の収入を記録し、続いて541800万米ドル(7.2%増)のEU177600万ドルの中国が続いた。(19.3%増)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月10日12:02

ベトナム:2019年、国内30社がAmazonで商品販売

ベトナム企業30社がAmazonで商品を販売したと、ベトナム貿易促進庁(Vietrade)が報告した。

ベトナム企業、特に中小企業が電子商取引を介して輸出を促進するために、同庁はAmazon Global Sellingと協力して輸出促進プログラムを実施している。

同庁とアマゾンは、昨年プログラムに参加する105の企業を選択した。

これらの企業は、アカウントの作成、製品の広告、Amazonのプラットフォームでのブランド開発のサポートを受けている。

また、米国の市場と輸出プロセスに関する情報も提供されている。

現在、83のベトナム企業がAmazonにアカウントを持ち、そのうち30はベトナム企業の商標付き商品を販売している。

ベトナム貿易促進庁(Vietrade)は昨年、企業が輸出市場を拡大し国内市場を発展させるのを支援するために、貿易促進に関する国家プログラムを開始した。

同庁は、プログラムに割り当てられた資金を使用して、1万社を超える企業をサポートし、100万件近くの商取引を含むショップでのイベントに150万人を引き付けた。

企業各社は、貿易促進活動中に総額約50億米ドルの取引をし、成約した。

地域の見本市での直接販売は、ほぼ2000億ベトナム・ドン(860万米ドル)に達しました。

昨年、ベトナム貿易促進庁(Vietrade)はまた、外国貿易促進組織と7つの覚書に署名し、ベトナムのビジネス代表団が国内外の14の有名な見本市や展示会への参加をサポートした。

また、米国、ロシア、ユーラシア経済連合(EAEU)、日本、中国、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、チェコ共和国の市場で11のベトナム貿易代表団を組織した。

同庁は、製品開発からブランド構築、市場浸透サポートまでのバリューチェーンに沿った貿易振興に関する国内プロモーションプログラムの質と効率性を今年中に革新し、改善し続けることを望んでいる。

同庁はまた、輸入業者と国際的なパートナーを招いて市場を案内したり、国際見本市、国際商品の会議を開催したり、国内企業が外国輸入業者に連絡をとる条件を整えたりすることで、ベトナムでの国際貿易促進活動を強化すると述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月09日13:14

ベトナム:TNG社、2019年に26%の売上増

TNG投資貿易株式会社は、2019年の総売上高が4.56兆ベトナム・ドン(19800万米ドル)で、対前年比26%増と発表した。

この数字は、通年目標を9.7%上回った。これには、26%増の4.35兆ベトナム・ドン相当の輸出と、35%増の2600億ベトナム・ドンの国内売上が含まれる。

通年の利益が計算されており、同社は2019年の利益は2桁のペースで成長すると予想している。

TNG社は、外国のパートナーからの注文の増加により、2020年には売上高が10%増加して5兆ベトナム・ドンに達すると見ている。

この目標達成のために、同社は労働生産性を高め、資本コストを削減することを目指している。

NguyễnVănThời会長によると、2019年の総収入は前年比26%増加したが、労働生産性は10%しか上昇しなかった。

また、同社は在庫にリアルタイム管理システムを適用して、資本コストを2%削減し、利益の成長を2%向上させようとしている。

同社は、ハノイ証券取引所にコード名TNGの下、6200万株以上を上場している。

株価は1.3%上昇し、16日の終値は1株あたり15300ベトナム・ドンだった。



 



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月08日11:50

ベトナム:小売売上高、4年ぶりの高値を記録

ベトナム統計総局(GSO)によると、商品およびサービスの小売売上高は2019年に4940兆ベトナム・ドン(2148億米ドル)に達し、前年比11.8%増加した。

これは、過去4年間で最高の成長率を示している。2016年の小売売上高は10%増加し、2017年と2018年には11.6%増加した。

インフレを除外した場合、小売売上高は2018年の8.4%から9.32%に増加した。

ベトナム統計総局(GSO)のVũ Mạnh Hà氏によると、予想を超えた7.02%の経済成長によって後押しされた収入の増加は、購買力を押し上げた。

ベトナム統計総局(GSO)は、1人当たりの月間収入が2019年に推定420万ベトナム・ドン(182米ドル)であり、2018年に報告された390万ベトナム・ドンより高いことを明らかにした。

さらに、市場は消費者の嗜好にも適応しており、流通チャネル、高品質の製品、魅力的なプロモーションの多様化により、需要も増加した。

商品の小売収益は合計で13.7%増加し、3751兆ベトナム・ドンだった。

宿泊施設およびケータリングサービスからの収益は586兆ベトナム・ドンに達し、9.8%増加した。

観光サービスは、2.1%増の46兆ベトナム・ドンの収益を記録した。

購買力の高い省や都市は、タインホア省、ハイフォン、ハノイ、ホーチミン市、ダナン、カントー、ゲアン省、カンホア省、バリア・ヴンタウ省、クアンニン省で、小売売上高は15.7-17.1%伸びていた。

ナムディン省は、国内で最も高い購買力の増加を記録し、成長率は18%だった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月06日05:57

ベトナム:ホーチミン市、32万の求人需要

市人事予測および労働市場情報(Falmi)センターによると、2020年、ホーチミン市に32万人を超える求人があり、135000人の新しい職を含む。

そのうち、85%には訓練を受けた熟練した従業員が必要。

売上高は仕事の18.8%を占め、サービス部門は12.8%を占める。

労働者の需要は、年間を通じてほぼ一定である。

Nguy Văn Lâm市労働・傷病兵・社会問題局副局長は、国際経済統合と経済成長が市の労働市場にプラスの影響を与えていると語った。

今年の最初の9か月間に29600を超える新しい企業が登録され、労働者に対するニーズは高くなっている。

情報技術-電子、自動化、食品技術、電子商取引、ロジスティクス、金融銀行保険、観光サービス-おもてなし、繊維・アパレル及び皮革・履物の8つの分野で需要が急増すると予測されている。

教育、医療、建築、建設も今後数年間で開発され、より多くの労働者が必要になる。

人事予測および労働市場情報(Falmi)によると、今年の最後の四半期には約75000人の求人があり、12月だけで3万人を含め、前年比で7%増加している。

企業は、年末に生産を完了し、現地および輸出の注文を満たすために、追加の季節労働者の採用を増やした。

ホーチミン市生年職業訓練、キャリアオリエンテーション、および雇用サービスセンター(YESセンター)は、ホーチミン市産業大学と連携して、7000人を超える求人を含むジョブフェアを開催している。

また、増加する休日の需要を満たすために、販売、サービス、現金、レストラン、ホテル、海運、およびカスタマーケアのパートタイム労働者に対する需要が高まっている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月03日11:40

ベトナム:ホーチミン市中心にユニクロが出店

ユニクロのベトナムでの初店舗が、126日にホーチミン市中心で開業し、2000人以上の顧客が訪れた。

ユニクロの創立者兼会長であり、ファーストリテイリンググループの社長兼CEOである柳井正氏は、「ベトナムでの最初の出店は、当社のグローバルな発展と拡大における真に重要なステップを表しています」と述べた。

「私たちはベトナムの文化と歴史についてもっと学びたいと思います。そして、ベトナムの人々とビジネスと共に成長し、ベトナムと世界中の顧客に革新的でトップクラスの製品とサービスを提供するために協力します。」と彼は開店前の式典で述べた。

ユニクロ・ドンコイ店には、あらゆる年齢の男性、女性、子供向けの同社のライフウェア製品のフルラインアップが含まれている。

126日から8日まで、同社はウルトラライトダウン(ULD)やヒートテック製品、UV保護パーカーなどの象徴的な製品に対して、5-20万ベトナムドン(2.16-8.6米ドル)の割引を提供している。

新店舗にはキッズゾーンもある。このゾーンには、没入型デジタルアートの展示で日本で広く知られているアートラボであるteamLabからのインタラクティブな学習体験のための大きな画面が設定されている。

環境保護の建築を実践し、受賞歴のあるベトナムの建築家Vo Trong Nghia氏による3階建ての竹の彫刻が、持続可能な開発についてのメッセージを送るために店の中央に配置されている。

ユニクロ・ドンコイ店は、1区のレタントン通りとドンコイ通りの角にあるパークソン・サイゴンツーリストプラザにあり、3フロア3100平方メートルの売場を有する。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月07日18:59

ベトナム:ハノイ市ハドン地区に最大のイオンモールがオープン

イオンモール・ベトナムは125日、ハノイ市ハドン区に5番目のショッピング&エンターテイメントコンプレックスを正式にオープンした。

イオンモール・ハドンは、ベトナム最大の施設であり、技術を統合したサービスと環境に優しいデザインを備えている。

Duong Noi地区の総面積15万平方メートルをカバーするこの新しいモールには、国内および国際的な製品を販売する200以上の店舗が入る。

また、新興企業や若いデザイナーが自由に議論し、アイデアを表現できるゾーンもある。

イオンモール・ベトナムは、最新の複合施設をあらゆる年齢のお客様にとって最大のショッピングおよびエンターテイメントの場にすることを目指す。

イオングループのショッピングセンター開発者は、この複合体が地区の社会経済成長を促進する先駆けになることも期待している。

イオングループの原則の一つは、地域の発展に貢献しつつ、地域社会や人々と調和することであると、イオンモール・ベトナムの岩村康次社長は開会式で語った。

同社はモールでのサービスの質を改善する方法を見つけ、交通システムをアップグレードするだけでなく、地元の経済と地元の人々の生活条件を発展させるためのソリューションを模索していると付け加えた。

環境に優しい設計により、イオンモールはショッピングおよびエンターテイメントセンターになるだけでなく、顧客にとって環境に配慮した文明的な場所にもなる。

イオンモール・ベトナムは2013年にベトナムに設立。イオンモールハドンの立ち上げ前に、同社はハノイ、ビンズン、ホーチミン市で4つのショッピングモールを建設、運営している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月06日18:52

ベトナム:環境汚染工場、当局への土地の放棄に消極的

ベトナム首都ハノイの当局は、公立学校、駐車場、公共施設のためのスペースを確保するために、117の環境汚染を引き起こしている工場を市内中心部から移動させることを計画した。

ただし、同プロジェクト開始から2年が経過したが、移転した工場はそのうちの7工場のみである。

ハノイ市の建設局によると、市は社会福祉に役立つ学校やその他施設を建設するために土地を緊急に必要としているという。

2020年までに、市は728の学校を建設するために1700万平方メートル以上の土地を必要とし、2030年までに1060の新しい学校の建設を目標としている。

環境汚染を引き起こしている工場の移転が遅延し続けている限り、これらの目標がいつ達成されるかは明らかではない。

企業は、工場移転に対する土地補償の支払いの遅れを非難し、工場が郊外または別の地域に移転する場合、熟練労働者を採用することは難しいと述べた。



巨大公害企業

工場が都心部に長く残り続けるほど、より多くの住民が苦しむことになる。

Hai Ba Trung区のVĩnh Tuy地区にあるĐồng Xuân Knitting一人有限会社に属する工場付近在住者は、ベトナム通信社に、真夜中に工場から黒と白と煙が上がり、一部の住人は息切れを感じると伝えた 。

「住民は公害を当局に報告しているのですが、工場は移転されず、同社はすでに隣接地域のHưng Yên省のKhoái Châu地区に新しい工場を開設しています」と住民は言う。

Thanh XuânThượng Đình地区のNguyễn Trãi通りは、汚染工場のホットスポットである。Sao Vàng Rubber CompanyThăng Long Tobacco Companyのような大企業の工場がある。

周辺住民は、彼らが日々呼吸しているる空気はタバコと石鹸の匂いで充満していると述べた。

ハノイの繊維、機械、エンジニアリング工場の周辺住民は、騒音やほこりだけでなく、汚染による長期的な健康被害の影響にさらされている。

8月下旬に市内で最も深刻な工場事故の1つが発生したため、彼らは長く待つ必要は無かった。

Rạng Đông株式会社の電球倉庫で発生した大規模火災は、蛍光灯に使用される有毒金属である水銀への暴露に対する世間の懸念を提起した。

市の計画局によると、移転した7つの工場は11の区に250ヘクタールを超える土地を残した。

いくつかの公共施設がすでに土地に建設されている。

Hai Ba Trung区にあるLê Ngọc Hân中等学校は、かつてハノイ アルコール工場があった場所にある。Ngô Thì Nhậm小学校は、Đng Xuân Knitting Companyが残した土地に建設された。

しかし、ハノイの新しい学校やそのような公共施設の数はまだ少ない。



過剰な高層ビル

移転した工場が残した土地は、オフィス、アパートメントの高層ビルに引き渡され、都市部の土地に圧力をかけた。

Lê Văn Lương通りの周辺には、現在70棟の建物があり、何十万人もの人々が働き生活している。

専門家によると、汚染工場の移転は緊急を要したが、これらのいわゆる”黄金の土地区画”での土地利用目的の切り替えは、学校や公園などコミュニティに役立つ施設が建設されるよう透明性が必要である。

ハノイ建設家協会の建築家Trần Huy Ánh氏は、工場移転は真剣に検討する必要があると述べた。

「汚染工場を撤去し、それらをアパートメントに置き換えて、都市のインフラに圧力をかけると、別の災害になります」と彼はベトナム通信社に語った。

ベトナムの都市開発計画協会の会長であるTrần Ngọc Chính氏は、同市の天然資源環境局と関連機関が移転計画を実施しなければならないと述べた。そして、その見返りに企業は地方自治体と彼らの困難に関して議論が出来る。

別の専門家は匿名でベトナム通信社に、すでに補償を受けた企業を強制的に移転させるには法的枠組みを強化する必要があると語った。既に新施設を所有している企業の場合、市の当局は彼らに移転を指示する必要がある。さもなければ、強制的に土地を引き渡すように動く必要がある、と述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月26日13:26

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 44 | 45 | 46 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る