インドシナニュース

ベトナム:デニム生産にはグリーンな成長が必要

ベトナムでのデニム生産は高い成長の可能性を持ち、ますます多くの投資家を惹きつけているが、環境を保護するためには繊維産業におけるグリーンな生産が不可欠、と専門家は613日のホーチミン市での会議で述べた。

ベトナム繊維協会事務局長Nguyễn Thị Tuyết Mai氏は、ジーンズ製造用材料の需要の約5560%が国内で満足できると述べた。

ベトナムのデニム生産部門の国内外の企業は、先進的な製造チェーンと技術に投資している。

国内企業もまた、設計段階により深く関与し、肉体労働者の数を減らすことに焦点を合わせている。

デニム生産部門はベトナムの繊維・アパレル産業内で完全なサプライチェーンを形成し、国内生産のための材料供給が可能だが、この部門の企業の数はまだ限られている。

同部門は成長の可能性を秘めているが、現在デニム製品はビエナムの繊維製品およびアパレル製品輸出の約1020%しか占めていない。

ベトナム繊維協会のNguyễn Đình Trường副会長は、持続可能な開発への傾向を考えると、消費者はグリーン生産と環境に優しい製品に熱心であると述べた。

「企業はより環境に優しい事業を行い、原材料を節約する必要がある」と彼は言った。

ベトナムの繊維・アパレル製品事業は生産方法を改善し、世界的なサプライチェーンに参加しており、これは機械を売るまたは地元のデニム事業に技術を移転したい外国企業にとって良い機会だと彼は述べた。

スペインを拠点とするJeanologiaのアジア部門責任者、Jordi Juani氏は、アジアでのデニムやジーンズの生産が増え続けると、それが環境に大きな脅威をもたらす可能性があると語った。

持続可能性についての意識を高め、業界の問題に対処し、特にグリーングッズに関して、現代の小売動向や顧客の嗜好に従うことを企業に促しました。

現在、デニム製品は世界の工業生産高の約800億米ドルを占めている。

この会議は613日に、612日から13日にかけてベトナム繊維協会、Denimsandjeans.comおよびその他の団体が開催したテキスタイル、アパレル用工業機器に関する国際展示会、DenimsandjeansViệtNamの一環として開催された。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月17日17:15

ベトナム:繊維産業は新市場を開拓に向け努力

ベトナムの繊維・アパレル産業は、2019年の輸出額が前年比1415%増となる400億米ドルを超えるよう努力している。

商工省(MoIT)のデータによると、今年の初めから繊維産業は良い結果を出している。昨年同期と比較すると、産業全体は12%以上成長した。伝統衣料(~8.8%増)、天然繊維(3.9%)、合成繊維(19.5%)、カジュアル衣料(8.7%)などの生産が伸びている。

今年これまでの繊維・衣類の輸出額は、前年同期比9.8%増の943000万米ドルと推定されている。

ベトナム国営繊維公団(Vinatex)のLê Tiến Trường会長によると、ベトナムの衣類輸出産業は成長しており、ベトナム企業への受注は2018年の同時期から810%増加したとのこと。同氏はまた、新たな市場を模索する繊維企業のイニシアチブを強調した。

20195月に、Vinatexや他10社の大企業が、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)加盟国であるカナダに輸入業者を求めて市場を視察したことは、産業界のリーダーたちがベトナムの市場シェアを拡大する決意である。

「輸入業者との会合が行われ、VFAtlantic SportwearGiant Tigerのような、最大10億カナダドルの収入がある多くの輸入業者が、ベトナムの繊維企業と接触しました」と同氏は述べた。

4月にホーチミン市で開催された繊維・アパレル産業の国際展示会は、繊維企業が市場を拡大する新たな機会となった。24カ国から1000社以上の海外サプライヤーが参加するこの展示会は、企業が最新の生産技術情報を入手し、国内外の買い手のニーズを満たす方法を見つけるのに有益であった。ベトナムの繊維・アパレル製品は、品質と納期の両面で外国から高く評価されている。

VinatexCao Hữu Hiếu部長は、ベトナムの中規模から大規模の繊維企業は、パートナー企業に対する社会的責任とグリーンラベル基準を満たすために努力してきたと述べる。

しかし、産業はまた多くの挑戦に直面している。例えば、高まる貿易摩擦はサービス価格に影響を与えている。また、強力な輸出国はベトナムをビジネスを抑制するライバルと見なしている。同じ速度で成長を続けるためには、企業は特定のソリューションをもって革新する必要がある。技術革新、省エネルギー、自動化などによる複合的に生産性向上を実現する、競争的なツールを開発しなければならない。

「企業同士が情報や人工知能、ビッグデータを共有し、連携することが必要です」とHiếu氏は強調した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月17日06:03

ベトナム:Vinatex、カナダとの貿易を促進

ベトナム繊維公団(Vinatex)のLêTiếnTrường社長は、Vinatexが環太平洋横断パートナーシップ協定(CPTPP)によってもたらされる機会を活用し、カナダとの貿易を促進すると述べている。

今年の最初の5ヶ月で、同社のカナダへの輸出は9億米ドル近く、カナダのアパレル輸入の6%に達した。今年はカナダで約1517億米ドルを稼ぎ、市場シェアの12%以上を占めることを目指している。

最近、Vinatexとその関連会社は、カナダのアパレル輸入業者と販売業者との間で、2回目の商談を行った。

布帛製品以外に、ĐồngXuânHanosimexĐôngPhươngLiênPhươngなどの国内企業によるニット生地も紹介した。

Trường社長はイベント後、ベトナム製の繊維・アパレル製品の価値を認められたので、カナダの取引先らはより多くの契約に署名するだろうと述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月04日15:48

ベトナム:輸出企業各社、米中貿易戦争の影響を懸念

ベトナムの多くの企業は、拡大する米中貿易戦争を注視しており、その影響を懸念している。

米国は最近、2000億ドル規模の中国製品の関税を10%から25%に引き上げ、3000億ドル規模の中国製品にも関税を適用する手続きに入った。中国は報復措置として何千もの米国製品に高い関税をかけると発表している。

加工食品や魚介類を米国に輸出し、中国から原料を輸入しているArgex Saigon Foodstuffs JSCPhạm Hải Long社長は「労働者(Người Lao Động )」紙に語る。

[ベトナム]輸出企業は、ベトナムドンの切り下げの恩恵を受けますが、為替レートが大幅に上昇すれば、輸入業者は高い価格を支払わなければならず、需要にも影響が及び、ベトナム企業も影響を受けます。したがって、今重要なことは、政府がそれを過度に激しく変動させないようにすることです」

ベトナムは輸出を含む貿易戦争の激化から利益を得るべき、とホーチミン市ビジネス協会連合のPhạm Ngọc Hưng副会長は主張する。同時に、中国企業や外国企業が投資先を中国からベトナムなど他の市場に切り替える傾向は、ベトナムの多くのセクターに恩恵をもたらすだろう、と指摘した。工業・商業用不動産セクターは、より急速に成長すると予想されており、労働需要は増加し、裾野産業の企業は大手メーカーを顧客にする、という。しかしその難しいところは、これらの利点を実際に活用し、地元企業と外国投資家の間のつながりを強化し、彼らの製品と輸出のためのブランドを構築することにあると、彼は付け加える。

最近、メディアのインタビューに応じたホーチミン手工芸木材工業協会のNguyễn Quốc Khanh会長はこう語る。

「貿易戦争の影響を避けるため、多くの中国企業が投資先をベトナムに移し、木材産業の発展を助けています。ですが、ベトナム企業にとっては、人材や土地の確保から価格まで、多くの分野で中国企業との激しい競争に直面することになるため、この転換は困難を伴うものです。地元企業の多くはまだ若く、経験も浅い。そのためには、ベトナム企業の一層の努力が求められます」

同協会は、人材育成や家具ブランドの海外展開、顧客開拓などを通じ、現地企業の発展支援を目指している。

「ベトナムの家具の対米輸出が増加すれば、関税が高くなるのではないか」 という質問に対し、同会長は「米国はどの国との貿易赤字も大きくしたくないのです。アメリカへの家具の輸出はさらに増えますが、機械や木材の輸入も増えています。現在、ベトナムは米国産広葉樹材のアジア第2位の輸入国です」と答えている。

Hưng氏や多くの企業が、中国企業は半完成品をベトナムに送って完成品とし、ベトナムのラベルで米国に輸出できるのではないかと懸念している。ベトナム企業は警戒を怠らず、これに関与すべきではないが、米国がこれを検知すれば課税する可能性があるため、権限を与えられた機関はこうした活動を注意深く監視すべきだという。外国投資庁によると、今年、中国はベトナムに対する最大の外国投資国であり、187件の案件に13億米ドル、既存の案件に11600万米ドルを投資した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月23日10:22

ベトナム:ホーチミン市で開催されるVIETBABY 2019

530日から62日にかけて、マタニティ、母親、子供、子供向けの製品とサービスに関する国際展示会、VIETBABY 2019がホーチミン市で開催され、150社以上の国内外の出展企業が参加する。

出展者は韓国、タイ、台湾、シンガポール、日本、スイス、ニュージーランド、ベトナム、インドネシア、中国の10カ国と地域から。

このイベントは、Quang XuanSNBVan XuanDuy KhangNhat HoaBibomartThien AnTopTAAnh DuongSimbaChaangLullabyUala RogoUnicharmALPHALittle BlingHI-GENIEBobbyMoonyMerriesVita DiaryGlico IcreoHeizn BabyHesticareRafferty’s GardenPolesieMyFirstなどの有名ブランドが参加する。

展覧会は、テーマ「母の選択 - 赤ちゃんの未来」で、食品、おもちゃ、服、家庭用品、健康製品および教育など、母親と子供のための幅広い製品やサービスを展示するブースが300近く出店予定。

さらに、セミナー/ワークショップ、妊娠中の女性のための無料講習会、母親と家族のためのゲームショーの他、現場にて心理学者と専門家を交えての妊娠中の母親と赤ちゃんのための入浴とマッサージとヨガについての講演が開催される。

主催者によると、展覧会は子供たちが遊ぶための場所、お母さんのためのショッピングスペース、そして企業が彼らのブランドを宣伝し、市場で潜在的な顧客を見つける機会を創り出すことになっている。

Coex Viet NamSEGE Fairs Co LtdVinexadMeConマガジン、Webtretho Forumが主催するこのイベントには、1万人を超える来場者のための入場ギフト、子供たちへの特別ギフト、およびラッキードローが含まれる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月22日13:17

ベトナム:定年退職調整は柔軟さが必要

国会の社会問題委員会のBùi Sỹ Lợi副議長(以下BSL)は、改正労働法の定年を引き上げ案に関して「税関(Hả i QuanHQ)」紙に語った。

 

HQ:労働法改正案は、2021年から定年を男性62歳、女性60歳に引き上げることを提案しています。同改正案の基盤は何ですか?

BSL2012年の労働法と社会保険法によると、男性の定年は55歳、女性の定年は50歳です。危険性が高く有害な要素が多い職業においては定年が510歳下がります。

実際、法律で定められた定年年齢が常に守られているわけではなく、男性と女性の両方の平均定年年齢は54歳に過ぎません。

労働人口は減少傾向にあります。少子高齢化に関する文献によると、国民の社会経済的発展のための労働者が不足することになります。

調査機関が実施した調査によると、年金を支払われた退職者の42%が依然として国民経済の下働いています。 それは引退した人々がまだ社会と経済に貢献していることを意味します。

これらの人々が働き続け、社会保険料を支払うのであれば、その後彼らはより高い年金を受給することになります。また、重要かつ高度なスキルを備えた労働力を無駄にしていることもわかります。

退職年齢を上げると、所得と年金の差が縮まります。

繊維、履物、水産物加工、電子部品組立などの分野では女性労働者が多数います。就労能力と健康は、定年引き上げにおける大きな障害です。

雇用主は、労働者がある程度の年齢に達した際に解雇する方法を探すことがよくあります。 これは女性労働者の安定した仕事への就業を妨げています。

 

HQ:定年引き上げの目的は質の高い労働力を動員することであると言うのは本当ですか?

BSL:本当です。社会保障政策改革に関する決議第28/ NQ-TWは、引退した労働力を動員して、国の社会経済発展に貢献し続けることを目的としています。

例えば、よい医者は退職後、私立病院で働いたり自分の診療所を経営することができます。 他の職業においても引退した労働力を利用しない手はありません。

 

HQ:労働者の観点からすると、彼らは年金を受け取りながら働き続けることが彼らにもっと多くの利益を与えると考えるのではないかと思います。それに関してはどう思いますか?

BSL:労働者に2つの収入源があるというのは合理的な考えだと思います。

それは労働者にとって有益に聞こえますが、国家的見地からすると、我々は地下経済について評価することができないのです。

私の立場においても、私たちが民間ではなく公共部門で働くように労働者を動員することができれば、私たちの管理体制はより良くなり、国家予算も税収も増えるでしょう。

私たちの決定がどうであれ、私たちは労働者、企業そして国家の利益を調和させるべきです。

労働者と企業の利益のみに注目し、国家を無視すれば、インフラ、交通、灌漑投資のための資金回収はどこからできるというのでしょう?

私たちが引退した労働力を動員し続けて仕事を続けたいのであれば、さらにインセンティブが必要です。

 

HQ:ベトナムの定年退職年齢案はラオスやカンボジアなどの近隣諸国に比べて低いと言う人もいます。Bùi Sỹ Lợi副議長のご意見は?

BSL:私たちの定年退職年齢はこの地域の他の国々に比べて低いですが、私たちの条件においては低くはありません。

私たちの平均寿命は76.6歳です。男性は71.2歳、女性は82.3歳です。しかし、人口資質を考慮に入れる必要があります。

決議No21-NQ / TWは人口資質の改善を目的としています。私たちの人口資質が改善された場合のみ、私たちはより高い定年年齢を考慮します。

ベトナムの人口の高齢化は緩やかであると予測されています。ベトナムは2049年まで現在の日本の高齢化率に達することはありません。

私たちは、高齢化のスピードに応じた定年調整をする長い道のりがまだまだあります。

公益を確保し、人民の期待に応えるために、法律は柔軟な方法で実施されるべきです。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月22日06:35

ベトナム:アパレル各社、カナダへの輸出拡大に努める

環太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)市場へのベトナムの繊維・アパレル製品の輸出は、世界第2位のアパレル輸出国としての同国の地位に匹敵するものではない。

516日、カナダのモントリオールで開催されたワークショップでVinatex社長Lê Tiến Trường氏はこう声明を発表した。

このイベントは、Vinatexと加盟企業5社の関係者によるカナダへの旅行の一環として行われ、繊維・アパレル製品の輸出促進を呼びかけた。イベントにはカナダ企業35社の代表者が参加した。

Trường氏によると、CPTPPの加盟国における総繊維・アパレル需要は11の加盟国で5億人の人口を集め、年間730億米ドルと推定されている。2018年のベトナムのCPTPP市場への繊維・アパレル製品輸出は53億米ドルで、市場の6.3%を占めていた。

カナダの繊維・アパレル製品に対する需要は、毎年約130140億米ドルにものぼり、そのうちのわずか5%しかベトナムから供給されていない、とTrường氏は述べ、両国はCPTPPを批准しているため、ベトナムの輸出業者はカナダへの輸出を加速する余地があると付け加えた。

原産地規則を満たしさえすれば、すべての企業がより良い関税政策を享受する機会があると彼は述べた。したがって、Vinatexはカナダの輸入業者と会うために2018年と2019年に貿易促進活動を組織した。

ベトナムの競争力のある価格とその組織的で効果的な事業のおかげで、両国にとって大きな協力の可能性があることに、ワークショップでDavid O InternationalDavid Ostroff社長は同意した。

特に、カナダは、0%の関税率でベトナム市場にアクセスすることが可能。カナダドルが国際的に弱いため、これは特に重要。ベトナムがカナダ市場に参入するための適切な時期は今だ、と彼は述べた。

CPTPPは、114日にベトナムで施行され、条約発効初年度はこれらの製品出荷の42.9%が輸入関税0%を享受するため、カナダへのベトナムの繊維・アパレル製品の輸出を増加させると予想される。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月20日17:09

ベトナム:環境にやさしい繊維産業を目指す

繊維・アパレル産業はベトナムの主要輸出産業の一つであるが、高レベルの温室効果ガス排出も生み出してもいる。

57日にハノイで開催された会議にて、ベトナム繊維協会(VITAS)Trương Văn Cẩm副会長によって声明が出された。

Cẩm氏によると、同産業は2017年と2018年にそれぞれ317億米ドルと360億米ドルの輸出売上高を上げた。今年、同業界は輸出売上高の目標額を400億米ドルに設定した。

しかし、同産業はまた高レベルの温室効果ガス排出をしている。この分野は繊維産業の評判に影響を与える多くの社会的および環境的問題に直面している、とCẩm氏は加えた。

世界野生生物基金(WWF)とVITASは、201810月以来、「水質管理とエネルギーの持続可能性の改善によるベトナムの繊維産業のグリーン化」を連携・実施してきた。

同プロジェクトは、ベトナムの繊維・アパレル産業を、低コストの製造業および低環境基準産業から持続可能で環境に責任のある製造業に変えることを目的としている。

また、ベトナムの繊維・アパレル産業を変革するというビジョンも持っている。 社会的、経済的、そして保全的な利益を国にもたらすために、産業界の関与と環境ガバナンスへの影響を通じてこの目的を達成すると見られている。

WWFによる持続可能な開発プログラムのマネージャーであるHoàng Việt氏は、世界の多くの有名ブランドが環境および社会的基準を強化した生産方法に変えたことで、環境の持続可能性を世界の消費者が目指していたと語った。

それゆえ、今のところ繊維産業が生産方法を変えなければ、ベトナムはその競争力と機会を失うであろう、とViệt氏は語った。

実際、繊維産業は今日最も環境に影響を与えている。 集中的な水の抽出、廃水の使用と排出、および水の加熱と蒸気生成のための高エネルギー消費は、水資源と温室効果ガス排出量に大きな影響を与える可能性がある。

工場や工業団地は、排水処理のための設備に投資するための財源などのさまざまな理由から、依然として放水に関する国内基準を満たすのに多くの困難に直面している。

加えて、既存の水資源および廃水資源の管理方針および規制は非常に複雑であり、実施は限られている。 これは、企業がよりクリーンな技術や製造方法に投資する際の障害となり、環境規制を順守することが困難になる可能性がある。

この問題に対処するために、天然資源・環境省のLê Thị Minh Ánh氏は、環境保護法を改正する方向性を共有した。

同省は、投資プロジェクトの審査基準の見直しを検討するよう国に要請する。見直し要請内容は以下の通り:環境に影響を与えるリスクのレベルに応じて投資プロジェクトを配分する、 統制を強化するメカニズム、これらの条件下での環境ライセンスを統合する。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月13日10:50

ベトナム:多数の労働者が懸念する地域別最低賃金

ベトナム労働総同盟(VGCL)の労働関係省のLê Đình Quảng副局長は、労働者の賃金と労働組合の役割についてどのように交渉するか、Kinh tế & Đô thị紙に語った。

 

Kinh tế & Đô thị紙:最近の最低賃金の引上げは労働者の生活を改善したと思いますか。

Quảng副局長:国家賃金審議会、ベトナム労働総同盟(VGCL)および雇用主は、ベトナムにおける労働者の、年間の地域別最低賃金引き上げについて政府に助言しました。今年、国家賃金審議会は5.3%の賃金引き上げを提案しています。賃金引き上げは何百万人もの労働者の生活を改善するのに役立つでしょう。しかし、ベトナムの労働者は一般的に、提案された賃金引き上げによってもなお多くの困難に直面しています。VGCLが実施した調査によると、多くの労働者の給与は日々の経費を賄うことで手一杯です。生活を少し楽にするためにより多くの収入が必要なら、残業しなければなりません。VGCLが今年初めに実施した調査によると、大部分の企業は、労働者の賃金を月1825万ベトナムドンまで引き上げるため、政令141号に厳密に従っていました。大きな祝日には、雇用者、労働組合、政府機関が労働者に餞別を贈っていました。ですが、特に皮革・履物、繊維、養殖業の労働者の場合、給与だけでは毎月の支出を賄えていません。

 

Kinh tế & Đô thị紙:一部の雇用主は、政府の提案よりも多くの賃金をすでに支払っているため、政府が設定した最低賃金を気にしないと公言しています。そのような主張にはどのように対応しますか。

Quảng副局長:実際には、ほとんどの労働者の月収は、政府が設定した公式の最低賃金引き上げによって提案された額よりも高い水準にあります。もちろん、ベトナムのすべての雇用主は、労働者のために社会保険料を支払うべきです。我々の調査や労働組合からの報告によれば、すべての企業は政令第141号に従って従業員の月給を設定しています。ですが、政府が設定した5.3%の地域別最低賃金引き上げは、労働者とその家族の最低生活条件を満たすには十分ではありません。この増加でも、彼らの最低要件の約9495%だけにしか届きません。2019年には、国家賃金審議会が来年の最低賃金引き上げについて交渉すると予想されています。提案された賃金引上げは最低生活条件を満たすべきですが、実際にはそのような目標は達成されていません。交渉中、最低賃金の引き上げ幅については多くの意見があります。例えば、2018年に国家賃金審議会の技術チームは、食料品は48%、非食料品は52%の増加に基づくべきであると提案しました。一方、VGCLはそれぞれ45%55%の増加を提案しました。全国賃金審議会の提案とVGCLの提案との差は約30万ベトナムドンであり、結果として、VGCLは省政府に対し、各機関が独自の調査を実施し、今後の昇給額をどの程度にすべきか提案するよう要請しました。雇用主との折衝もあるので、最低賃金だけが収入源ではありません。最低賃金は、すべての当事者が最終決定に至る前に交渉する最低の水準です。そしてもちろん、賃金交渉の過程で、労働組合はとても重要な役割を担います。

 

Kinh tế & Đô thị紙:賃金値上げ交渉では、労働者はどうすればいいのでしょうか。

Quảng副局長:第一に、彼らは労働市場、労働力、賃金体系についての十分な知識を持つべきです。昇給交渉は雇用主と労働者の間で行われます。私の考えとしては、すべての労働者は自分のスキルレベルと能力を知るべきです。今は市場経済の中で生活していますから、労働組合の支援も受け、大きなものから草の根レベルまで、労働者は交渉の場を広げることに慣れ、最善の取引を確保する必要があるでしょう。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月06日06:10

ベトナム:アオザイ、日本のつまみ細工の花で新しい表情をつくる

ベトナムの伝統的なロングドレス衣裳、アオザイは、長い間ファッション、詩歌、音楽、映画における無限のインスピレーションの源であった。そして今、それはベトナムと日本のアーティストに新しいデザインのロングドレスを製作するインスピレーションを与えている。

 

新しいクリエイティブなコンセプトは、日本の伝統的なつまみ工芸「つまみ細工」に触発され生まれた。

つまみ細工の技法は、着物に合う花びら、花、鶴、その他のかんざし用具を作るために用いられる。 つまみ細工の促進に貢献する東京のつまみ細工店・スクールであるつまみ堂のアーティストによると、つまみ細工は約200年の長い歴史を誇っているという。

伝統的なつまみ細工は羽二重と呼ばれる絹の小さな正方形から作られている。 ピンセットで折り紙のように羽二重をつまんで掴むことで、それぞれの図が作成される。

エレガントで色鮮やかな織物の花からインスピレーションを得た、著名なアオザイデザイナーのSĩ Hoàng氏は、杏と桃の布の花で飾られた黄色とピンクの上質なシルク生地をデザインに使用した。

杏と桜の花は、塗装済みの木の枝が並ぶアオザイのスカート部分の前面部に配置されている。

Hoàng氏は、杏と桜の花は春とベトナムと日本の親密な友情を象徴していると述べた。

長いスカート部分に花を固定するために小さなピンを使用しており、花は簡単に取り外し出来るようになっている。

Hoàng氏は、上質な絹で作られたアオザイは、シルク生地の花の美しさを高め、女性の身体と共にしなやかに動くと述べた。

Hoàng氏によると、このデザインは同氏の専門である布地へのペイントと、日本のつまみ細工との組み合わせである。

「つまみ細工の技法は素晴らしいと思います。これは、細かく折られた布の花びらを美しい花に変えるものです。 布で出来た花とロングドレスのハーモニーが織りなす調和を見て私は驚きました。アオザイは私たちベトナム人の民族衣装であるだけではなく、世界中の女性に好まれるオシャレな装いでもあると私は願っています」と同氏は述べた。

デザイナーのTùng Vÿ氏は、色鮮やかな布の花とアオザイのリボン刺繍を組み合わせた創造的なデザインをしている。

「私はベトナムの伝統的なリボン刺繍を使って、春の気持ちを際立たせる陽気な気持ちになる色を加えています」とTùng氏は述べた。

日本の手工芸作品の芸術性は、ベトナムの伝統的なリボン刺繍と調和して現れ、アオザイの新しいスタイルを生み出している、と彼は語った。

同デザインは、3月上旬にホーチミン市で開催された2週間のアオザイフェスティバルで展示された。

 

保全への取り組み

「日本のつまみ細工とベトナムの伝統衣装を組み合わせることは素晴らしいアイデアです。 この新しい概念が、2つの国の伝統的な価値観の維持に貢献し、アオザイのデザインに広く広採用されたらなんと素晴らしいことでしょう。 つまみ細工を学ぶ世界中の人々に、幸せと新しい経験をもたらすことを願っています」と日本伝統工芸つまみ細工協会の役員、鴨下正次郎氏は述べた。

去年、つまみ堂店主の高橋正侑氏が、2018年のアオザイフェスティバル期間中に開催された文化交流イベントでつまみ細工の技術を紹介するために日本のアーティストグループを率いて訪越した。

Sĩ Hoàng氏によるつまみ細工の花で飾られたベトナム伝統衣装のデザインは、同イベントで初展示された。

1月に亡くなった高橋氏は今年のフェスティバルに参加し、ベトナムで日本の伝統工芸品を促進することを望んでいた。

つまみ堂初のベトナム人つまみ細工インストラクターであるLý Thanh Phương氏は、色とりどりの花がアオザイの美しさを引き立てるだろうと語り、「私にとってそれは花をより鮮やかで活気溢れるものにする、アオザイの新しいスタイルを作る完璧な組み合わせです」と述べた。

さまざまな色や形の花は、着用者の希望に応じて、袖、首、または胸部に組み合わせることができる。

ホーチミン市の日越友好協会の副会長のHuỳnh Ngọc Vân氏は、昨年、両国間の二国間外交関係が45周年を迎えたと述べた。

アオザイ美術館館長でもあるVân氏は、つまみ細工の花で飾られたアオザイは両国間の親密な交流と文化交流を象徴していると述べた。

彼女はつまみ細工がベトナムで広く使用されるだろうと述べた。

デザイナーのHoàng氏は、伝統的なアオザイは17世紀以来多くの変化を経てきたと述べた。 それは1930年代初頭にはアオザイタン(現代の伝統的なロングドレス)またはレ・ムールのロングドレス、1950年代には立ち襟部分が無いアオザイ、1960年代にはヒッピースタイルのアオダイ、そして現代ではフロント部分に刺繍、ペイント、絵画で彩られたロングドレスである。

デザイナーは伝統的な価値観と海外からの影響を組み合わせたデザインを取り入れるべきである。

Hoàng氏は、日本のアーティストの協力で様々な種類の布の花で装飾された新しいアオザイコレクションを製作すると発表した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月26日10:44

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る