インドシナニュース

ベトナムはスペイン向け履物製品輸出第2位

ベトナムは昨年スペインに2770万足の靴を輸出し、2億6850万ユーロを得たが、スペイン向けの履物の輸出国の中で第2位に位置づけられる。

スペイン履物生産者連盟(FICE)の統計では、2012年の数字と比べて、ベトナムからスペインへの輸出は、数量で11%増加したが、金額で1.1%減少している。

この数年間、2011年を除けば、ベトナムは中国に次ぐ、スペインへの履物の供給国となっている。

昨年のスペインの靴の輸入は、数量で3億2900万足、金額で20億7000万ユーロ相当で、これは、対前年比、数量で3.7%、金額で0.9%の増加となっている。輸出は、数量1億3480万足、金額22億6000万ユーロで、対前年比では、数量1.9%、金額10.3%増である。

スペイン製履物製品の主な輸入国は、フランス、イタリア、ドイツ、ポルトガル、イギリス、米国、ベルギー、オランダ、日本などである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月02日09:59

ホーチミン市―モンゴル間の繊維産業連携の可能性

モンゴル農工業省軽工業政策施行部副部長 Regzenda Sandag氏は、ホーチミン市とモンゴル間の繊維産業取引の重要性を主張した。

4月16日にホーチミン市で開催されたベトナム-モンゴル企業間貿易取引に関するセミナーでRegzenda Sandag氏は、モンゴル経済は主に農業と工業を基盤としており政府は開発と国際経済への統合のために積極的に行動計画を立てていると語った。

モンゴルはEU市場への輸入時に低関税率の適用を享受できる商品を何百も持っており、また、日本との自由貿易協定(FTA)の署名も最終段階に近付いている。

その結果、モンゴルの投資家たちの中でも特に工業団地を経営している者は税の免除や財政援助によって恩恵を受けることになるだろう。

繊維産業に関して、モンゴルは専門的技術をホーチミン市と共有し、相互に援助協力を行う方法を模索している。

ベトナム繊維公団(Vinatex)南部事業所副所長Nguyen Binh An氏によると、ベトナムの繊維産業は年平均成長率15~20%、年間30億点を生産し、約250万人の労働者を雇っている。

ベトナム政府は繊維産業のグローバル化を促進し、世界的なアパレルメーカーにとって魅力的なビジネス分野になるように支援政策をとってきた。

そのため、紡績-製織-染色-縫製のサプライチェーン生成過程において、ベトナム繊維業界は、モンゴルのように原材料産出の大きな可能性を持つ国の参入や協力が必要となってくる。

モンゴルとホーチミン市間での貿易高は昨年300万米ドルを超えており、本年第一四半期には50万米ドルに達する見込みだ。

ホーチミン市産業貿易部門副部長Tran Xuan Dien氏は、ホーチミン市とモンゴル間は繊維産業部門において協力し合うことで素晴らしい成果が得られると強調した。ホーチミン市には労働力や生産能力や市場の発展可能性など多くの利点があり、対してモンゴルには原材料となる資源や投資家を誘致するための優遇措置が豊富である。

しかし言語の壁や地理的な距離の遠さ等、商品輸送や貿易交流などの協力を進めていくには克服しなければならない大きな課題も多いとDien氏は指摘した。

 

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年04月23日06:00

2014年のベトナムの繊維製品輸出目標は230億ドル

ベトナム繊維製品輸出は、今年、米国、EU、日本、韓国といった主要市場が成長するとみられるため、有利な条件が揃っている。

自由貿易協定、特に環太平洋経済連携協定の交渉は順調で、ベトナムの輸出業者には多くの商機が生まれる。

ベトナム繊維公団グループ副社長Le Tien Truong氏は以下のようにコメントした。「私たちは、2014年に輸出目標を12%成長としましたが、これは可能な数字です。過去15年間、繊維産業は、品質、価格、デリバリー、アフターケアの4つの要素に厳格に気を配ることのおかげで一貫した成長率を維持しています。競争していくには、毎年改善していかなければならないことを私たちは理解しています。」

今年の輸出売上目標を230億米ドルとして、ベトナム繊維製品輸出全体では10%増加することになる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年01月13日18:45

ベトナム:2014年の繊維産業は12%の成長目標

繊維産業は2014年の売上及び輸出の成長目標をいずれも12%としているが、これを達成するための鍵となる施策を作成した

ベトナム繊維公団 (Vinatex)副社長Le Tien Truong氏は、1月8日のハノイでの記者会見で、2014年は経済の困難な年であると予測されているが、繊維産業は米国のような先進国や新興市場国の安定性のため、比較的明るい見通しが立っていると述べた。

目標達成に向け、繊維産業は、投資、財政、人事管理、市場拡大、事業革新といった点での解決策に重点を置いていくとTruong氏は述べた。

Truong氏は、2013年に資材輸出を除いたアパレル製品輸出が198億米ドルと、16.9%増加し、国の総輸出額の15%に達したと報告した。

数字のうちで、公団グループの輸出は対前年比12%増の約30億米ドルに達し、国内取引高は15%増の22兆5000億ベトナム・ドンに届いた。

従業員の平均所得は1カ月あたり520万ベトナム・ドンで、年間10%上昇した。Dong Xuan社、Dap Cau社、Viet Tien社、Hoa Tho社、Phong Phu社といった子会社はすべて目覚しい成長を達成し、グループの成功に貢献した。

2013年、第10縫製(Garment10)社は、取引高で対前年比20%増の1兆8000億ベトナム・ドンという驚異的な数字を叩き出した。

計画では、同社は、2014年に生産ラインへの投資を増強し、2兆ベトナム・ドン以上の売上目標を目指す。同社は、国内市場を拡大し、国際市場に自社ブランドを展開する。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年01月10日06:01

ベトナム繊維産業に試練の時

ベトナム繊維産業は今年年初から8ヶ月間で、厳しい市況や価格変動にもかかわらず、対昨年比24%増の53億米ドル以上の貿易黒字を記録した。「ベトナムの声」誌の記者To Tuanがこの世界不況の時代でのベトナム繊維産業の成長に関して報告する。

 

他の多くの経済分野同様、今年、ベトナム繊維産業は、継続する世界的な経済恐慌とユーロ圏内数カ国の公的債務によって引き起こされた多くの困難に直面していた。米国や日本やEUを含む主要な従来市場からの注文は、膨大な在庫と投入原材料の値崩れのため下がった。こうした試練の時代を生き残るために、ベトナム繊維公団(Vinatex)はコスト削減と生産時のムダをなくすことを最優先にしている。今年初めから、ベトナム繊維協会(Vitas)の14の主要企業は、管理コスト費用や原料費や燃料費などだけでなく、在庫も減少し、費用を少なくとも5%削減するという公約を掲げている。ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Le Tien Truong氏は、「ベトナム繊維協会(Vitas)は自然なフィルターとして生産と競争力で勝ち抜ける会社しかこうした困難な時で存在できないという見解です。これにより、ベトナムの繊維産業はそれ自体を再構築して、輸出増加のニーズを満足させられるでしょう。国内の会社ができるのは、生産性やサービス品質や顧客満足を通して競争力を改善することです。」と言う。

ベトナムの繊維製品の輸出取引高は、ここ8ヶ月で6%増加し108億米ドルに達したとベトナム繊維公団(Vinatex)の統計は示している。しかしながら、ベトナムは対昨年比で7%減少し、55億米ドル相当の原料を輸入しただけである。財務大臣Vuong Dinh Hue氏は、「ベトナム繊維公団(Vinatex)は厳しい輸入規制をうまく切り抜けた会社に多く注意を向けました。グループは、傘下企業が市場に参入し、国内でも国際的にも他の経済分野と同様に競争できると公団では見ています。」と言う。

今年の残り数ヶ月に予定された輸出目標を達成するために、繊維分野では、FOB契約とODM(Original Design Manufacturing)契約を増加させる一方で、加工契約の注文を減少させつづけている。また、ベトナム製の材料の使用を促進していく。さらに、米国やEUや日本、特にその莫大な人口と巨大な市場を持つ中国でのベトナム製品のシェア増大を優先していく。繊維分野はこれらの市場のブランド確立の成功に重きを置いていく。 それは、また、新しい技術規格の適用と現地資材の使用を増加させて、産業間の繋がりを高め、労働者のための待遇改善を導入するだろう。ベトナムは、現在輸出品が13%成長し、年間で180億米ドル相当の売上があると見込んでいる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年09月23日14:38

ベトナム:皮革履物業界は大盛況

日本の輸入業者が中国からベトナムへ注文をシフトさせているため、ベトナム国内の履物輸出業者は2013年の輸出売上が97億米ドルを凌ぐと予想される。

ベトナム皮革履物協会(Lefaso)によると、環太平洋経済連携協定(TPP)とベトナムEU自由貿易協定(FTA)が調印されれば、ベトナムの皮革履物製品の輸出収入は急激に増加すると見られる。

TPPとFTAにより課税率が0%まで低下すれば、ベトナムの履物輸出は中国製品やインド製品より競争力が出ると同協会は言う。

国内の輸出業者は来年第1四半期分の海外からの注文を既に受けたとLefasoは言う。

ビンズーン省のLien Phat社は、日本の輸入業者に選ばれ、履物製品を日本市場に供給するための注文は今年度末まですでに受けていると言う。

Lefasoの統計では、皮革履物製品からの輸出収入は2013年前半に39億9000万米ドル以上に達し、対前年同月比14%増加と見られている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年08月23日14:00

ベトナム:話題のファッション番組、審査員は国内外の有名デザイナー?!

フランス人のデザイナーFrancine Paironが、成功している国際的リアリティーテレビ番組「ファッション・スター」ベトナム版の審査員として招待を受けている。

Paironの40年間のファッション経験の中には、ルイヴィトン、シャネル、クリスチャン・ディオール、J.M.ウェストン、メフィスト、ルコラインなどでのキャリアが含まれる。

また、彼女は過去10年間ベトナム・コレクション・グランプリの審査員も務めた。

ベトナムでのファッション・スター2013に、このフランス人デザイナーと共に参加するベトナム人審査員の2名はMinh HanhとCong Triである。

Minh Hanhは、繊維産業界にあって20年に亘り伝統的なベトナム女性ファッションを追求しつづけている。

Cong Triはベトナムの最も誉高いデザイナーのひとりである。彼の衣装は世界中の国際的美人コンテストのキャットウォークに名誉を与えた。

また、彼はベトナム・スーパー・モデル・コンテストの審査にもそのキャリアを買われている。

ファッション・スター2013は10月19日午後8時からVTV3で放送が開始される。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年08月06日14:00

ベトナム:子供服の輸出による収益が20%増加

ベトナムは今年年初から5ヶ月で子供服の輸出から2億7930万米ドルを掻き集めたが、これは対2012年同期比で19.7%増加している。

6月には3億5130万米ドルに達すると予測され、これは対前年同月比20.2%の増加となる。

欧州連合、米国、日本、韓国などの主要輸出市場が劇的に成長している。

米国だけで、年初から4ヶ月でベトナムの子供服輸出の68.9%を占め、景気回復の明るい兆しのおかげで、この成長は来たる数ヶ月も維持されると予測される。

また、ベトナム製子供服のシェアはロシア、香港、アンゴラ、パキスタン、イスラエル、ペルー、ヨルダン、レバノンなどで増加した。

しかしながら、製品の輸出価格は、1年前と比較して13.5%下降し、1点あたり平均で2.61米ドルとなっている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月03日14:00

ベトナム繊維産業、国内市場に回帰

繊維産業は、輸出市場同様の品質を維持しながら、製品デザインを多角化させることによって、国内市場に移行している。

衣類販売業は、一貫生産を維持し、労働者に安定した雇用機会を創出するために妥当な価格で高級製品を国内市場に供給している。

商工省副大臣Ho Thi Kim Thoa女史によれば、今年4ヶ月で衣類輸出は対昨年同期比20.3%増の約51億米ドルと見られる。

しかしながら、ベトナム繊維産業は、利益圧縮の危機に晒されている。小ロット注文、競争相手との価格競争、既製服の分野への大型投資、限られた国内購買力など、昨年と比べて、利益減退の要因は多い。

Nha Be縫製株式総会社社長Pham Phu Cuong氏は、国内市場でのイメージアップに焦点を当て、国内外でのブランド展開を加速すると述べた。

繊維産業は、2013年も現在の経済的困難のためずっと難局に直面するだろう。多くの会社では、生産能力に比して仕事が十分でなく、投資に向けられない。しかしながら、Nha Be社は、平均的な所得があるビジネスマン向けの紳士・婦人用の上着やシャツといった、い高級製品を生産するための新技術に投資を続けている。

Cuong氏は、Nha Be社では輸出市場を保ちつつ自社製品を国内市場で販売するためにVinatex-martと調整してミニスーパーを建設し、国内市場を広げていると言う。

Garment10社は、流通機構を多角化させて、エージェントを通して販売網を広げて、商業センターと主要なスーパーで販売網を発展させた。

また、同社は、国内外市場を広げるためにデザインと広告に資金を注ぎ込んでいるが、国内市場のほうに人と資金を優先的に融通している。さらに、同社は、Garment10ブランドの従来のブランドに加えて、「GRUSZ」ブランドの下で新製品開発を目指している。

Viet Tien 縫製副社長Phan Van Kiet氏は、2013年も経済危機が続き、世界やベトナムの購買力に影響すると言う。衣類販売業の世界での競争は国内外とも、より激しくなる。

Viet Tien縫製では研究と生産のための先進技術の適用を強化して、新製品作りに包括的な方法論を採る。自社の強みを活かして、市場をリードし、競争力を研ぎ澄ますつもりだとKiet氏は言う。

Viet Tien縫製では、全国的な流通ネットワークを通して、主要な製品に焦点を合わせ、開発戦略を築き上げ続けて、国内の消費を刺激するために学生服や事務服などの新商品を生産し始める。

他の多くの衣類販売業は、ベトナムのアパレル製品には、インド、中国、バングラデシュなどの地域の製品より鋭い競争力があると言う。しかしながら、現在の困難な経済時代には国内市場拡大は避けては通れない対応策である。

大規模なベトナムのアパレル生産企業は特殊なデザインも対応でき、地元の嗜好を知っているので、国内顧客の要望には応えるのは難しくない。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年05月20日14:39

ベトナム繊維産業は着実な成長を維持する

ベトナムの主要な輸出商品の1つである繊維製品は、2013年4ヶ月で、対昨年同期比20.3%の増加の50億8700万米ドルの外貨を獲得している。

このまま増加傾向が続けば、繊維業界の輸出売上は年末までに180億米ドルを超えると予想される。

しかしながら、課題は残されている。競争力がある生産能力はまだ少なく、生産性は低いし、品質も十分とは言えず、デザインは味気なく、サポート産業は杳として進まない。

衣類生産のために輸入される材料の金額は過去4ヶ月高い状態のままである。合計金額は、輸出売上の84.3%に相当する42億8600万米ドルで、生地(23億4000万米ドル)、糸(4億7100万米ドル)、綿花(3億9300万米ドル)を含む。

シェアに害を与えて、ベトナムのアパレル製品は他国からの物凄い競争に直面し、シェアを奪われようとしている。

米国はベトナムの最大のアパレル製品輸入国で、繊維輸出の約半分がこの国に向けられている。全体でみると、衣類はベトナムから米国への輸出の38.6%を占める。

その他の主要な市場は日本、韓国、イギリス、スペイン、カナダ、ブラジルなどである。

2009年に、衣類は、原油を追い抜き、ベトナム最大の輸出商品になったが、今年に入って、携帯電話に抜かれ、2位に後退した。

国内部門は製品輸出売上の40.9%を寄付し、残りは外国投資部門となる。ベトナムには、約6000社のアパレル工場があり、数十万もの関連業者があって、100万人以上の人々が従事している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年05月17日14:30

このページのトップへ戻る