インドシナニュース

ベトナム:雇用市場、新型コロナの影響で、何百万人もが失業に直面

工芸協会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の経済的影響が感じられはじめると、何百万人もの労働者が解雇される見通しに直面しており、多くの企業が乗り越えられない困難に直面する準備ができていると考えている。

ベトナムのリーダー企業と履物企業は、世界100以上の国と地域に製品を輸出している。しかし、現在進行中の新型コロナウイルスの流行は彼らの生産に打撃を与え、大規模な解雇につながっている。

商工省の報告によると、衣料品、皮革、履物、木工加工部門で操業している企業は、多くのバイヤーが今後数ヶ月の間に署名した注文の引き渡しを遅らせることを選択した後、進行中の新型コロナウイルスの二重の影響を受けている。さらに、大多数のバイヤーは現在、新規受注の交渉に入ることを辞退している。

今年の第1四半期に輸出で約50億米ドルの利益を上げた国内電子ビジネスは、新型コロナウイルスが近い将来に根絶されない限り、輸入業者からの新規受注がなくなることを懸念している。

コロナウイルスの経済的影響は、国内最大の外貨稼ぎ企業の一つであるベトナムのサムスンのような大企業にまで影響を及ぼしており、生産を縮小する構えである。実際、同社の今年の輸出額は、昨年の513億米ドルから約60億米ドル減の455億米ドルになると予想されている。

ベトナム木材林業製品協会によると、米国、欧州連合(EU)、日本、中国、韓国を含むベトナムの木工製品の主要輸入業者5社は、ベトナム相手に発注していた注文を遅らせるか、キャンセルすることを選択したという。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会は、現在進行中の新型コロナウイルスの流行が長く続くと、大規模な解雇につながると懸念している。

最近、国会社会問題委員会に提出された報告書の中で、同協会は、4月中旬までに60%から80%の企業が一時的に操業を停止し、80万人の労働者に影響を与えると予測している。この大量のレイオフの数は、すべての企業が操業を停止した場合、4月末までに120万人に増加する可能性がある。

また、4月、5月の受注の約7割がキャンセルとなり、6月以降の新規受注についても交渉が進む気配がないという。

政府が先日、現地企業の救済策と、新型コロナウイルスの流行に弱い人々を支援することを目的とした26億米ドル相当の追加財政支援策を承認した後に、これらの厳しい予測が出てきた。

アパレルビジネスがますます圧迫される中、VINATEXのLe Tien Truong社長は、状況が悪化する前に企業への支援政策を直ちに実施すべきであると提案している。

政策の調整がなければ、4月末までに多くの企業が流動性を失う可能性が高いと同氏は警告している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月06日12:39

ベトナム:繊維・アパレル製品における資材不足

コロナウイルスにより、中国からの原材料の輸出が制限されているため、海外ファッションブランドの現地サプライヤーは今後の先行き不透明となる可能性がある。

スウェーデンのファッションブランドH&Mの新しいコレクションは、前年とは異なり、全国のすべての店舗ではなくホーチミン市のVincom Center Dong Khoiの1店舗のみで発売される予定である。

製品が全店舗展開をしない主な理由として、ベトナムのサプライヤーからの商品不足が挙げられている。H&Mは現在、ベトナムの30のサプライヤーと40のテーラーショップと協力しており、これらは世界の総供給量の30%を占めている。「しかし、コロナウイルスは製造プロセスの大幅な遅延を引き起こさないだろうと見積もっています」とH&Mの代表者はVIRに語った。

「我々と同じ市場における小売業と生産業が現在の当社の事業を支えています。H&Mが事業計画を変更する必要がある場合、サプライヤーの主要な懸念を特に重視して、最適な解決策を見つけます」と同氏は述べた。

H&M、および他のファッションブランドは、中国からの材料供給の不足のために行き詰まっている。

これにより、特にGarment 10 Corporation、Saigon 3 Garment JSC、Viettienなどのベトナムの現地パートナーからの注文が数ヶ月遅れた。

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、国内のアパレル製品の約60%は中国産または中国から供給されている。その結果、コロナウイルスの蔓延は国内の繊維メーカーに広範囲に影響を及ぼしている。

繊維・アパレル製品の輸出入売上高は、2020年の最初の2か月でコロナウイルスの蔓延のために減少し、輸出額は1.7%減の45億米ドルであったが、布地の輸入額は前年比10.5%減で16億米ドルに達した。

昨年、ベトナムと中国の同産業における二国間貿易額は157億米ドルで、そのうち42億米ドルは輸出高であり、残りの115億米ドルは輸入額であった。

ホーチミン市服飾・織物・刺繍・編み物協会(AGTEK)の分析によると、企業は4月、5月には原材料不足に直面するという。原材料不足は主に輸出生産に特化した企業に焦点を当てている。輸出と国内消費の比率が50/50の中小企業の場合、彼らの生産における原材料は大企業に大きく依存している。コロナウイルスの蔓延によって引き起こされた原材料不足により、繊維生産者はGapやNikeなどの国際的なファッションブランドの注文を十分な生産量を納期通りに納品するのに苦労している。大規模な生産者でさえ、せいぜい2か月間製造を維持するのに十分な材料しか所有していない。

Nike、Adidas、The North Face、Polo、Vagabondなどの世界的な有名ブランドのサプライヤーであるGia Dinh Groupの取締役会長であるNguyen Chi Trung氏は言う。

「旧正月前に彼らは第1四半期の生産に十分な原材料を輸入しています。しかし、次の月は難しいでしょう」

それらのファッションブランドの他のサプライヤーも、原材料不足について懸念を表明した。GapおよびTommy Hilfigerの現地サプライヤーであるGarment 10 Corporation JSCは、その原材料の50%を中国から輸入しているが、3月と4月に納品予定の注文を完了するのに苦労しているという。

さらに、ユニクロとNikeへの商品の供給を専門とするSaigon 3 Garment JSCは、3月までのみ工場を継続して操業できると報告されている。

VITASの副議長であるTruong Van Cam氏は、ほぼすべての企業は4月上旬までの十分な原材料を確保していると述べた。したがって、この期間の後、コロナウイルスが抑制されない場合、企業はスタッフの代替の勤務シフトを手配するか、資材不足のために業務停止の必要がある。

中国の原材料工場の半数以上が生産を再開したが、Cam氏はそれらの工場が元のフルスピードに戻るには時間がかかると説明した。

「生産者は材料不足を補うために、インド、バングラデシュ、ブラジルからの代替供給源を探しています。しかし、中国の方がコストがはるかに低いため、主要サプライヤーとして中国から他国に置き換えることは難しいのです」とCam氏は述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月12日05:41

ベトナム:国内企業、オンライン輸出機会を失う

限られた人的資源と外国語スキルの欠如は、国内企業を妨げ、グローバルな貿易交流を強化し、独自のブランドを開発する多くの機会を逃している。 この情報は、3月3日にハノイのAmazon eコマースチャネルを介した輸出促進活動を議論するセミナーで公開された。 議論の中で、Amazon Global Selling VietnamのTran Xuan Thuy社長は、オンラインショッピングのトレンドは、この分野に参加している個人や企業にとって多くの機会と課題の両方を示していると述べた。 Thuy氏は、世界の小売取引は一貫しており、6%の割合で力強く成長しており、総小売売上高は28兆米ドルに達し、eコマース販売は約13%を占めていると指摘した。 それにもかかわらず、電子商取引の成長率は、従来の営業活動と比較して6倍に増加し、越境電子商取引活動はますます普及している。 この増加傾向により、電子商取引の売上高は年間を通じて1000億米ドルに達すると予測されており、ビジネス拡大の多くの機会を提示しながら、世界の消費者の買い物習慣を変える機会を創出するのに役立つとThuy氏は指摘した。 MoITの情報技術および電子商取引推進部のNguyen Thi Minh Thuy部長は、国内企業や個人、特に電子商取引に参加する際に中小企業が直面する最大の課題は、人材不足と相まって外国語スキルの不足を指摘した。 これらの不備により、多くの企業がグローバルな貿易交流を強化し、それぞれのビジネスブランドを開発する機会を逃していると彼女は付け加えた。 Thuy部長は、企業がまだ経済的可能性、生産能力、製品の供給能力、および管理品質に関して制限があり、特に国が新世代の貿易協定を締結するにつれて外国語能力が不足していることを強調した。 Amazon Global Selling Groupと今後1年間の貿易振興省との協力プログラムの枠組みの下での活動の一環として、セミナーは「仮想市場」における企業の輸出能力を支援するためのオリエンテーションの考案に貢献した 。 Vinalink LogisticsのNguyen Phuong Hanh氏は、企業は実際の需要を満たすのに適したトレーニングプログラムを必要としているが、関連機関は、特に多くの条項を規定する新世代貿易協定の文脈の中で、eコマース輸出のこれらの活動を促進するために努力しなければならないと述べた。 Hanh氏は、ベトナム企業のマーケティング活動の不備を指摘し、将来、この分野の企業にコンサルタントを提供するためのセミナーがさらに増えることを期待した。 商工省(MoIT)の下で貿易促進部が主催するセミナーでは、Amazon Vietnam、協会、個人、中小企業(SME)の多数の代表者が出席した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月10日10:47

ベトナム:国際ファストファッションブランド、国内市場に機会を見出す

多くの有名な国際ファストファッションブランドが有望なベトナム市場に参入した。

201912月にホーチミン市に最初の店舗をオープンした後、日本のファストファッションブランドUniqloはすでに首都ハノイに国内で2番目の店舗を計画している。

Uniqloのハノイの2500平方メートルの店舗は、Pham Ngoc Thach通りの大きなショッピングセンターの2階にできる。

2019年、ベトナムでは、Cotton OnUniqloを含む2つの有名なファストファッションブランドが登場した。過去2年間で、待望のHMZaraを含む多くの国際的なブランドが国内に現れた。

国際企業は地元ブランドの買収もしている。2007年に設立された強力なベトナムの靴とバッグのブランドであるVascaraを所有するMTV Global Fashionは、日本のStripe Internationalに吸収されたと発表した。Stripe International2017年にファッションブランドNemも買い取った。

ベトナム小売業者協会によると、ベトナムには現在200以上の外国のファッションブランドがあり、平均成長率が1520%であると言われている国内市場の60%以上を占めている。

Nielsenによる最近の調査では、有名ブランドを愛するベトナム人の数は、中国(74%)とインド(59%)に次いで世界で3番目に多いことが示された。

BMIの予測によると、ベトナム人のファッションへの支出は、前年の7%に対して2017年から2021年の間に平均10%の割合で増加している。

「これは国際的なファッションブランドにとって有利な市場です」と予測は述べている。

ベトナム繊維公団の統計によると、国内市場では年間20%の高い成長率が見られる。

「国内繊維・アパレル市場の価値は約45億米ドルであり、これは4000万セットの衣料品に相当する。ベトナム人は衣料品に100兆ドン(440万米ドル)を費やしている」

ZARAの業績から、国際的な企業に対するベトナムのファッション市場の大きな魅力がわかる。 Vietnam Industry Research And Consultancyのレポートによると、Zara2016年にベトナムでわずか4か月営業した後、3220億ベトナムドン(13956米ドル)の収益を上げた。

Mitra Adiperkasaによれば、2017年、Zara Vietnamの収益は1.1兆ベトナムドン(4800万米ドル)を超え、2018年上半期には9500億ドン近くに達した。

HMもまた、若い人口と急成長している経済のベトナム市場で大きなチャンスを見いだしたと語った。

しかし、多くの外国ブランドは、特に過去2年間で急騰している店舗賃貸料で、ベトナムに進出する際に困難に直面していると述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年02月04日06:11

ベトナム:繊維・アパレル輸出、2020年に420億米ドルに達する可能性のあり

SSI証券公社が発表した最新のレポートによると、繊維・アパレル業界内の輸出回転率は、2019年からの数値と比較して7.7%の増加し、2020年に最大420億米ドルに達すると予測されている。

SSI証券は、今年、ベトナム繊維公団グループが50.9兆ベトナムドンの目標を設定し、税引前利益は2019年比で11%増の1.55兆ベトナムドンに達すると述べている。

現状では2020年の第2四半期に注文を交渉しようとしている企業も出ている。SSI証券は、中国からベトナムへの生産移転、特に最近のカナダやオーストラリアといったCPTPPによって恩恵を受けられる新興市場からの注文の結果、今年の輸出活動は堅調に成長すると見込んでいる。

しかし、これらの追い風にもかかわらず、SSI証券は、業界の輸出活動が多くの課題に直面する可能性が高いと予測している。

最大の困難は、海外直接投資(FDI)の工場数が増加し、国内企業と外資企業の間で賃金競争が激化することが懸念される。

さらに、繊維産業は主に最大60%の割合で機械、原材料、および付属品の輸入に依存しているため、電力および輸送コストも産業の競争力に影響を与える。

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)とEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の結果として厳格な原産地規則が施行され、未開発のバリューチェーンとともに、アパレル企業は中国からの材料の輸入に大きく依存しているため、いくつかの困難に直面する可能性が高い。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年02月03日12:01

ベトナム:繊維・アパレル産業、グローバルサプライチェーンに深く関与すべし

近年、目覚ましい成長率を記録しているにもかかわらず、ベトナムの繊維・アパレル産業は、地元の裾野産業が輸入原材料に大きく依存していないため、グローバルサプライチェーンに深く関与できていない。

同国の繊維・アパレル産業は、2019年に大幅な貿易黒字を記録し、輸出総額は390億米ドルで、2018年と比較して7.55%増加した。

ベトナムは糸とアパレルの貿易黒字を記録したが、織物と繊維の貿易赤字が多かった。

これは、国内の織物が産業の需要の50%も満たしていなかったため、毎年100億米ドル以上の織物の輸入を強いられている。

ベトナム繊維協会(Vitas)のTruong Van Cam副会長は、1999年から現在までの糸の生産量は12倍に増加したと述べている。

地元企業は2019年に250万トン以上の糸を生産し、そのうち輸出は150万トン以上に達し、40億米ドル以上の輸出額を記録したが、織物の生産量も6倍に急増し、21億米ドルの輸出高を達成した。

これらの力強い数字にもかかわらず、アパレル製品および繊維産業を支える製品、特に輸出向けの衣料品は需要に応えることができなかった。

これは、裾野産業が商品の品質と多様化に関する要件を満たす織物と原材料を生産することができなかったためと見ることができる。

同時に、繊維・アパレル業界もグローバルサプライチェーンにより深く関与することに失敗しており、国内企業の大部分は外国企業への発注を行っている。

Cam副会長によれば、ベトナムが環太平洋パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定、およびEU-ベトナム自由貿易協定に基づく財源要件を満たすことができない場合、これらの自由貿易協定(FTA)からの優遇措置を享受することになると、課題に直面する。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年01月19日19:34

ベトナム:繊維・アパレル産業、166億米ドルの貿易黒字

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、年間を通じて390億米ドルの輸出高を達成した後、繊維・アパレル産業は166億米ドルの貿易黒字を記録し、昨年より225000万米ドル増加した。

最も注目すべきは、年間を通じて記録された390億米ドルの輸出回転率は、前年と比較して7.55%の成長を示している。一方、繊維・アパレル製品の輸入高は推定238億米ドルだった。

VITASVu Duc Giang会長は、今年の輸出高は1999年に記録された175000万米ドルから22倍増加し、繊維産業の貿易黒字は177億米ドルで、1999年の8500万米ドルと比較して106.5倍に増加した。

今年の390億米ドルの輸出実績は、5000億米ドルを超えた同国の輸出入回転率に大きく貢献した。

この国は現在、世界最大の繊維・アパレル輸出国の中で中国とインドに次いで3位にランクされている。現在、約7000の繊維・アパレル事業が営業しており、約300万人の労働者の雇用を生み出し、業界全体の労働力の4分の1を占めている。

2020年に向けて、世界の繊維・アパレル市場は、米国と中国の間で進行中の貿易戦争の影響を受けると予測されている。一方、この産業は、総売上額420億米ドルを記録し、 2025年までに600億米ドルを目標としている。

その結果、この分野は2030年までに1100億米ドルの輸出高を確保することを目指しており、世界の繊維・アパレル産業に貢献する少なくとも30のブランドの拠点になる予定である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年12月17日10:52

ベトナム:革と靴の輸出は今年215億米ドルに達する見込み

商工省によると、皮革履物産業の生産額は年間10%以上増加し、年間総売上高は約215億米ドルに達する見込み。

2019年の最初の10か月間、革靴の生産高は推定24640万足で、前年比で8.6%増加し、輸出高は146億米ドルに達し、前年比11.2%増加した。

最も注目すべきは、EUベトナム自由貿易協定や環太平洋パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定(CPTPP)などの多くの自由貿易協定(FTA)への署名が、ベトナムの皮革履物産業へ多くの商機をもたらした。

これらのFTAは、ベトナムをより魅力的な投資先にし、EU市場とCPTPP署名国への輸出促進に貢献した。

CPTPPは、今年初めに施行され、靴業界がメキシコやカナダなどの新しい市場に進出するのを支援した。

皮革履物の輸出は着実な成長を遂げており、2019年の残りおよび今後数年間、ベトナムは従来市場で競争上の優位性を維持しているため、多くの肯定的な兆候が見られる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月12日11:59

ベトナム:繊維・アパレル製品、今年の輸出額400億米ドルに到達か

ベトナムの繊維・アパレル産業は、一部の市場で困難に直面しているにも関わらず、今年の売上高目標の400億米ドルに到達する見込みである。

同産業による今年最初の9か月で293億米ドルの輸出収益を報告した後、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)Cao Hữu Hiếu社長によって声明が出された。

Hiếu氏は、この結果は困難な世界経済状況を克服するための業界の努力によるものだと述べた。この数字を達成するために、困難、特に米中貿易戦争の影響により急激に下落した投入価格を取り除くための解決策が同調して実行されていた。

「低迷期の後、繊維産業は繁栄し始めました。価格も回復している一方で、顧客はより多くの関心を示しています。来年、市場が軌道修正され、2016-17年に見られた最高値に戻ることを願っています」とHiếu氏は述べた。

ベトナム企業は、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)や今年発効したEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの新世代の自由貿易協定(FTA)を活用し、それらの特恵を享受し努力する必要がある。

技術利用は、ベトナムの繊維・アパレル産業がビジネスを促進し、市場拡大を後押しする重要な要素と考えられている。

Hiếu氏によると、多くのVinatex企業は、労働者に代わる自動裁断機、散布機、および3D設計に投資した。一方、糸や染色もまた、技術の急速な発展から圧力を受けた。

ファッション業界では創造性が非常に重要であるため、機械が人間に取って代わることができない段階があり、「約150社を対象としたVinatexの調査では、今後10年間の同産業の雇用機会は依然として高いことが示されました」とHiếu氏は語った。

「国内市場は今年90億米ドルに昇ると予想されており、それは巨大な産業ということです。世界のトップブランドがすでに同産業に投資しており、更に日本のユニクロが2020年に進出予定です」とHiếu氏は述べた。

また、そのような圧力の下でベトナムのファッションが国内市場に到達するための独自の道を見つける必要があると述べた。

Vinatexは、ベトナム人および国内ファッション業界に適した素材を使用したベトナムのデザインに焦点を当てており、品質とリーズナブルな価格を確保し、競争力を高めています」と彼は付け加えた。

多くの企業は国内市場シェアを拡大するために、電子商取引システムを設定したり、独自のオンライン販売サービスに投資している。

ViệtTiến社はファッションデザインセンターに投資する一方、Đức Giang社はPaul DownerHeraDGForever Youngなどの自社ブランドの構築と開発に注力している。

Nhà BèMay 10などの他の企業も、さまざまな消費ニーズに対応するために、あらゆるスタイルやカテゴリのファッショナブルな製品を提供し、国際的なトレンドに従う品質とデザインを確保している。

経済専門家によると、ベトナムの一連のFTAへの加盟により、国内市場の開放性が200%向上したという。当局は、国内市場シェアを改善するための努力に加えて、特に資本調達、生産拡大、外国ブランドと競争するための技術と管理の改善に関して企業が再構築するための有利な条件を提案する必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月07日11:48

ベトナム:ユニクロ、ハノイにて慎重に事業参入

ユニクロは、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザにベトナム初の3000平方メートルの店舗開店を発表した後、現在ハノイで採用活動を行っている。

 

今年10月初旬、日本のファッションブランド、ユニクロはハノイにて店舗販売員の募集を自社ウェブサイトに掲載した。あらゆるバックグラウンドの大学卒業生(小売業未経験者可)を対象に、月給7-800万ベトナムドン(300-350米ドル)を提示した。

ユニクロは1112日、ハノイにて従業員が直接面接に臨むことができる選考会を開催する。

この動きは、ユニクロがホーチミン市とハノイに同時出店する可能性があることを示している。

ベトナムで最初のユニクロ店は、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザに、面積3000平方メートルの東南アジア最大の店舗の1つとして紹介された。

ユニクロベトナムのマネージングディレクターである池添修氏は、今年末からLifeWear製品を販売開始予定であると語った。

以前、ユニクロの取締役会会長兼ファーストリテイリンググループCEOの柳井正氏は、ベトナムへの参入はブランド開発のマイルストーンを示すものであり、潜在的な東南アジア市場へのより深いアクセスを確保する重要な節目であることを認めた。

ホーチミン市に拠点を置くユニクロベトナムは、100%外資の合弁事業として登記された。シンガポールのファーストリテイリングが資本の75%を占め、三菱商事が残りの25%を保有している。

8月末、ファーストリテイリングは、2018年比7.5%増の211億米ドルの収益を発表した。税引前利益は4%増の23億米ドルに達した。

ユニクロは、ファーストリテイリングの原動力であり、収益は95億米ドルで、2018年比14.5%増である。東南アジアではシンガポール、タイ、インドネシア、フィリピンで展開している。

若年層の有望な市場と考えられているベトナムは、ZaraH&MMangoTopshopPull&BearStradivarius、そして現在のユニクロなどの大手企業の主戦場となっている。

ベトナム産業調査およびコンサルタント会社(VIRAC)によると、Mitra Adiperkasa Vietnam Co.,Ltd.は現在、ZaraPull&BearStradivariusMassimo Duttiなどのブランドと共にベトナムのファッション小売市場をけん引しているという。

Mitra Adiperkasa(MAP)2018年の財務報告では、同社はベトナム市場において2017年の1.7倍、2016年の6倍近くの19700(8578万米ドル)の収益を上げたと示された。その収益の内、Zara90%を占めた。

もう1つの有名ブランドのH&Mは、2018年に6530億ベトナムドン(2839万米ドル)を超える収益を報告した。これは2017年の4.3倍である。

H&M Vietnamは、ホーチミン市とハノイに7つの店舗を所有しており、H&Mグループの中で最も急成長している部門と言われている。H&M東南アジアのCEOFredrik Famm氏は、「ベトナムは、若い成長市場として、東南アジア地域のH&Mの全体的な成長に大きく貢献しました」と述べた。

VIRACの統計によると、ベトナムで最も高い市場シェアを持つトップ10のファッションブランドには、 Ivy ModaBlue ExchangeEliseSandingLime Orangeなどの国内ブランドが今も含まれているという。

一方、Eva de EvaLibéMagonnHnoss(ベトナムのファストファッションブランド)も発展の可能性を常に示している。

2月末、ベトナムのファッションブランドのEliseは、日本のAsia Fundに株式を売却した。Elise取締役会員のTokuo Yotaro氏は、ベトナムのファッション産業は来るべき時期にアジアで最も急成長するだろうと語った。過去1年間、HnossおよびEva de EvaSeedcomファンドから投資を受けた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月06日06:02

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 23 | 24 | 25 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る