インドシナニュース

ベトナム:革と靴の輸出は今年215億米ドルに達する見込み

商工省によると、皮革履物産業の生産額は年間10%以上増加し、年間総売上高は約215億米ドルに達する見込み。

2019年の最初の10か月間、革靴の生産高は推定24640万足で、前年比で8.6%増加し、輸出高は146億米ドルに達し、前年比11.2%増加した。

最も注目すべきは、EUベトナム自由貿易協定や環太平洋パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定(CPTPP)などの多くの自由貿易協定(FTA)への署名が、ベトナムの皮革履物産業へ多くの商機をもたらした。

これらのFTAは、ベトナムをより魅力的な投資先にし、EU市場とCPTPP署名国への輸出促進に貢献した。

CPTPPは、今年初めに施行され、靴業界がメキシコやカナダなどの新しい市場に進出するのを支援した。

皮革履物の輸出は着実な成長を遂げており、2019年の残りおよび今後数年間、ベトナムは従来市場で競争上の優位性を維持しているため、多くの肯定的な兆候が見られる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月12日11:59

ベトナム:繊維・アパレル製品、今年の輸出額400億米ドルに到達か

ベトナムの繊維・アパレル産業は、一部の市場で困難に直面しているにも関わらず、今年の売上高目標の400億米ドルに到達する見込みである。

同産業による今年最初の9か月で293億米ドルの輸出収益を報告した後、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)Cao Hữu Hiếu社長によって声明が出された。

Hiếu氏は、この結果は困難な世界経済状況を克服するための業界の努力によるものだと述べた。この数字を達成するために、困難、特に米中貿易戦争の影響により急激に下落した投入価格を取り除くための解決策が同調して実行されていた。

「低迷期の後、繊維産業は繁栄し始めました。価格も回復している一方で、顧客はより多くの関心を示しています。来年、市場が軌道修正され、2016-17年に見られた最高値に戻ることを願っています」とHiếu氏は述べた。

ベトナム企業は、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)や今年発効したEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの新世代の自由貿易協定(FTA)を活用し、それらの特恵を享受し努力する必要がある。

技術利用は、ベトナムの繊維・アパレル産業がビジネスを促進し、市場拡大を後押しする重要な要素と考えられている。

Hiếu氏によると、多くのVinatex企業は、労働者に代わる自動裁断機、散布機、および3D設計に投資した。一方、糸や染色もまた、技術の急速な発展から圧力を受けた。

ファッション業界では創造性が非常に重要であるため、機械が人間に取って代わることができない段階があり、「約150社を対象としたVinatexの調査では、今後10年間の同産業の雇用機会は依然として高いことが示されました」とHiếu氏は語った。

「国内市場は今年90億米ドルに昇ると予想されており、それは巨大な産業ということです。世界のトップブランドがすでに同産業に投資しており、更に日本のユニクロが2020年に進出予定です」とHiếu氏は述べた。

また、そのような圧力の下でベトナムのファッションが国内市場に到達するための独自の道を見つける必要があると述べた。

Vinatexは、ベトナム人および国内ファッション業界に適した素材を使用したベトナムのデザインに焦点を当てており、品質とリーズナブルな価格を確保し、競争力を高めています」と彼は付け加えた。

多くの企業は国内市場シェアを拡大するために、電子商取引システムを設定したり、独自のオンライン販売サービスに投資している。

ViệtTiến社はファッションデザインセンターに投資する一方、Đức Giang社はPaul DownerHeraDGForever Youngなどの自社ブランドの構築と開発に注力している。

Nhà BèMay 10などの他の企業も、さまざまな消費ニーズに対応するために、あらゆるスタイルやカテゴリのファッショナブルな製品を提供し、国際的なトレンドに従う品質とデザインを確保している。

経済専門家によると、ベトナムの一連のFTAへの加盟により、国内市場の開放性が200%向上したという。当局は、国内市場シェアを改善するための努力に加えて、特に資本調達、生産拡大、外国ブランドと競争するための技術と管理の改善に関して企業が再構築するための有利な条件を提案する必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月07日11:48

ベトナム:ユニクロ、ハノイにて慎重に事業参入

ユニクロは、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザにベトナム初の3000平方メートルの店舗開店を発表した後、現在ハノイで採用活動を行っている。

 

今年10月初旬、日本のファッションブランド、ユニクロはハノイにて店舗販売員の募集を自社ウェブサイトに掲載した。あらゆるバックグラウンドの大学卒業生(小売業未経験者可)を対象に、月給7-800万ベトナムドン(300-350米ドル)を提示した。

ユニクロは1112日、ハノイにて従業員が直接面接に臨むことができる選考会を開催する。

この動きは、ユニクロがホーチミン市とハノイに同時出店する可能性があることを示している。

ベトナムで最初のユニクロ店は、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザに、面積3000平方メートルの東南アジア最大の店舗の1つとして紹介された。

ユニクロベトナムのマネージングディレクターである池添修氏は、今年末からLifeWear製品を販売開始予定であると語った。

以前、ユニクロの取締役会会長兼ファーストリテイリンググループCEOの柳井正氏は、ベトナムへの参入はブランド開発のマイルストーンを示すものであり、潜在的な東南アジア市場へのより深いアクセスを確保する重要な節目であることを認めた。

ホーチミン市に拠点を置くユニクロベトナムは、100%外資の合弁事業として登記された。シンガポールのファーストリテイリングが資本の75%を占め、三菱商事が残りの25%を保有している。

8月末、ファーストリテイリングは、2018年比7.5%増の211億米ドルの収益を発表した。税引前利益は4%増の23億米ドルに達した。

ユニクロは、ファーストリテイリングの原動力であり、収益は95億米ドルで、2018年比14.5%増である。東南アジアではシンガポール、タイ、インドネシア、フィリピンで展開している。

若年層の有望な市場と考えられているベトナムは、ZaraH&MMangoTopshopPull&BearStradivarius、そして現在のユニクロなどの大手企業の主戦場となっている。

ベトナム産業調査およびコンサルタント会社(VIRAC)によると、Mitra Adiperkasa Vietnam Co.,Ltd.は現在、ZaraPull&BearStradivariusMassimo Duttiなどのブランドと共にベトナムのファッション小売市場をけん引しているという。

Mitra Adiperkasa(MAP)2018年の財務報告では、同社はベトナム市場において2017年の1.7倍、2016年の6倍近くの19700(8578万米ドル)の収益を上げたと示された。その収益の内、Zara90%を占めた。

もう1つの有名ブランドのH&Mは、2018年に6530億ベトナムドン(2839万米ドル)を超える収益を報告した。これは2017年の4.3倍である。

H&M Vietnamは、ホーチミン市とハノイに7つの店舗を所有しており、H&Mグループの中で最も急成長している部門と言われている。H&M東南アジアのCEOFredrik Famm氏は、「ベトナムは、若い成長市場として、東南アジア地域のH&Mの全体的な成長に大きく貢献しました」と述べた。

VIRACの統計によると、ベトナムで最も高い市場シェアを持つトップ10のファッションブランドには、 Ivy ModaBlue ExchangeEliseSandingLime Orangeなどの国内ブランドが今も含まれているという。

一方、Eva de EvaLibéMagonnHnoss(ベトナムのファストファッションブランド)も発展の可能性を常に示している。

2月末、ベトナムのファッションブランドのEliseは、日本のAsia Fundに株式を売却した。Elise取締役会員のTokuo Yotaro氏は、ベトナムのファッション産業は来るべき時期にアジアで最も急成長するだろうと語った。過去1年間、HnossおよびEva de EvaSeedcomファンドから投資を受けた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月06日06:02

ベトナム:インドネシアの小売業者らが国内市場に関心

インドネシア小売業者協会(Aprindo)のRoy Nicholas Mandey会長によると、ミニマーケットやコンビニエンスストアに従事しているインドネシアの現代小売業者のほとんどは、ベトナムでのビジネス拡大に関心を示している。

 

Roy会長は、規制の緩和を通じて小売業者の努力を支援するようインドネシア政府に要請した。

「政府による促進がなければ、ベトナムへの拡大は不可能」と彼は述べ、政府が小売業者がより簡単にビジネスライセンスを取得できるように、ベトナム政府と交渉することを提案した。

Nielsen Market Research社によると、2018年のコンビニエンスストアでの日用消費財(FMCG)の売上は、ベトナムで13%の大幅な伸びを示した。一方、ミニマーケットおよびコンビニエンスストアの数は、年間で45.5%増加して1812施設となった。

さらに、世界銀行は、ベトナムの中間層の人々の数は昨年、1164万人に達し、総人口の13%を占めると述べた。この数字は、2026年に26%増加すると予測されている。

これまでのところ、インドネシアで2つの近代的な小売業者がベトナムで事業を展開している。この2社とは、Century Healthcareの薬局を運営するPT Perintis Jasa Paripurnaと、バーガーキング、デベナム、HM、リーボック、ストラディバリウス、ザラなどのファッションおよび飲食店を運営するPT Mitra Adiperkasa TbkMAPI)。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月29日14:36

ベトナム:Eコマース、大きな発展ぶりを見せる

ベトナムは東南アジアで最も急速に成長しているEコマース市場の1つと見なされている、と商工省のEコマースおよびデジタル経済庁(IDEA)のDang Hoang Hai長官は1018日のハノイでの会議で述べた。

ベトナムは、企業が輸出を強化し、機会を増加させる電子商取引の強力な発展を目の当たりにしている。さらに、多数の若者やインターネットユーザーを抱える9000万人以上の大規模な人口は、この国の電子商取引市場が今後も成長を続けるきっかけとなると考えられている。

IDEAによると、Eコマースを介したB2C小売売上高の成長率は2018年に30%拡大した。2015年以来、このような絶え間ない高い成長率により、ベトナムはEコマースの売上は、来年100億米ドルの目標を達成する。

Haiは、Eコマースの法的枠組みが大幅に改善されたことを強調し、Eコマースプラットフォームとそれに付随するサービスが急増している今、Eコマースは、企業が輸出で突破口を開く機会を最大限に活用するための有用なツールと見なされていることを指摘した。

IDEAのスペシャリストであるNguyen Thi Thu Trang氏は、2018年に同国で約4000万人がオンラインショッピングを行ったと電子商取引の急速な発展を強調した。この分野は大きな収益を上げているとはいえ、昨年の商品・サービスの小売売上高全体のわずか4.2%を占めるにすぎない。

Trang氏によると、携帯電話を介した取引が増加し、インターネットユーザーの約92%がインターネットへのアクセスに携帯電話を使用し、オンラインショッパーの81%が携帯電話を介して注文を行ったと付け加えた。

Eコマースを使用した企業は全体の44%のみで、モバイルアプリを使用した企業は13%。

電子商取引と同様に、輸出は国民経済においてますます重要な役割を果たしている。ベトナムの中小企業の32%以上が、オンラインチャネルを介して外国のパートナーと取引関係を築いている。

企業間電子商取引プラットフォームは、地元の輸出業者が世界中の顧客や市場に直接かつ迅速にアクセスできるようにするのに役立つと彼女は指摘した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月23日13:10

ベトナム:繊維・アパレル産業の輸出高は9か月で10.4%増加

ベトナム商工省が発表した統計によると、今年の最初の9か月間の繊維・アパレル製品の輸出高は対昨年比で10.4%増加し、推定2477000万米ドルを売り上げた。

世界経済の絶え間ない変動の中で、国内の繊維企業は、生産活動と事業活動において多くの課題に直面している。

米国と中国の間の貿易緊張の高まりは、通貨間の為替レートにマイナスの影響を与え、韓国や中国など周辺国と比較して、ベトナムの外注品の価格が高くなっている。

この動きは、地元企業が受け取る輸出注文数にも影響を与えている。

最も顕著なのは、主要輸出市場である中国が輸入を縮小しているため、繊維と原材料の消費が困難に直面している。一方、アパレル製品も受注の減少に苦しんでいる。

2018年半ばまでに、同産業の大企業の多くは1年を通じて輸出注文を受けてきた。しかし2019年には、少量の注文で月次の輸出契約しか署名できない企業もある。

この減少は、米中貿易戦争の拡大に関するバイヤーの懸念に起因している。そのため、注文は、過去数年間に見られた大量一括ではなく、少量ごとに細かく分割されている。

全体としては、この見直し期間でも、輸出活動と繊維・アパレル製品の生産は、前年同期と比較して成長を維持している。ただし、注文の変更により、企業は新しい状況に適応するための準備を整えるために、生産方法とビジネス方法を変更すべきだろう。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月17日20:53

ベトナム:Hanoi Gift Show 2019、1000社以上が参加

今年で8回目となるHanoi Gift Show 2019は、1000社の手工芸品輸入業者と1万人以上の来場者を迎えることが期待されていると、ハノイ市商工局Nguyen Thanh Hai副局長は1011日に記者会見で語った。

Hai氏は、1017-20日に予定されているこのイベントには、国内外の手工芸品メーカー650社がブースを出展すると述べた。

また、芸術的な創造性、絶妙なデザイン、高度な技術で作られた製品を展示する特設スペースも含まれる。

ハノイ産業振興・産業振興コンサルタントセンターのHoang Minh Lam副局長は、環太平洋パートナーシップ(CPTPP)の包括的かつ進歩的な協定を背景に、手工芸品の持続可能な開発を議論する国際セミナーも開催され、国内外の講演者が参加すると述べた。

Match and Meet」イベントには、1000社の手工芸品の輸入業者と供給業者が集まり、取引先探しの絶好の機会となる。

Hien Luong BambooRattan Export Co.LtdNguyen Thi Luong社長によると、このイベントは、出展者が多くの新規顧客にアクセスできるようにし、市場の新しいトレンドを探り、管理を改善し、製品を世界市場に紹介する際の他社の経験も学ぶことができる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年10月15日12:53

ベトナム:履物・ハンドバッグの輸出、8か月で約145億米ドルに達する

ベトナム皮革・ハンドバッグ協会(LEFASO)によると、ベトナムの履物製品およびバッグの輸出高は、2019年の最初の8か月で約145億米ドルに達した。

そのうち、履物製品の輸出は120億米ドル近くで、ハンドバッグの輸出は247500万米ドルに達し、それぞれ前年比13.1%および10.9%増加した。

ベトナムの靴製品のトップ市場への輸出は、前年同期と比較して増加し、米国市場は13.5%、EU10.1%以上、日本市場は11.8%成長した。

LEFASOは、今年、ベトナムは革製品と履物製品輸出で前年比10%増加の215億米ドルを獲得すると予測している。 また、この部門の生産は1011%成長するとも予測している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年09月16日19:44

ベトナム:国内靴ブランドがカンボジア市場を征服する

Biti'sとして知られるBinh Tien Imex Corp., Pte., Ltd.は、カンボジアの首都プノンペンのChamkarmon地区に97日に最初の小売店を正式にオープンした。

ベトナムの高品質ブランド製品の1つとして、Bitiの履物製品は、2000年代初頭から地元の流通会社を通じてカンボジア市場で徐々に存在感を確立してきた。

市場に最初に参入して以来、Bitiの製品は、リーズナブルな価格、魅力的なデザイン、高品質のおかげで、カンボジアの消費者の信頼を獲得している。

カンボジアのパートナーと長い間協力してきたBitiは、カンボジアの首都の中心に子会社のBiti Cambodiaを設け、公式小売店をオープンし、公式に国内市場に参入した。

開会式で、カンボジア商務省次官のSam Sereirath氏は、カンボジア市場を正規販売店舗を開く場所として選択したBitiのおかげで、これがベトナムの履物をカンボジアの消費者に届ける良い機会となったと指摘した。

年平均7%の経済成長率を誇る隣国ベトナムは、強力な発展とコモディティ需要の増加により、経済軌道の正しい軌道に乗っている。

Biti CambodiaTran Kim Hanh副局長は、同社の製品はプノンペンでオープンする小売店に加えて、201910月までにAeon Mall Cambodiaでも販売される予定であると述べた。

カンボジア市場におけるBitiの履物製品の最大の課題の1つは、タイと中国の競合アイテムである。

Biti Cambodiaの代表者は、カンボジア市場で同社の商品は他の競合製品とは品質面では十分競争できると自信を示した。しかし、市場での中国製品の安売りについては懸念している。

Bitiは現在、従業員数8200人以上、製造工場4工場、7つの支店を持ち、その下には全国63省と市で173のマーケティングストアと1000を超えるディストリビューターを管理している。

Biti'sは年間製品各種2000万点以上を市場に供給している。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年09月13日12:16

ベトナム:労働時間の短縮は繊維企業を困難に陥らせる

ある専門家によると、労働時間を週48時間から44時間に短縮すると、繊維・アパレル企業は困難に直面するという。

ベトナム繊維協会(Vitas)のTruong Van Cam副会長は、今年5月に修正を加えた改正労働法案に反対している。

業界は多くの課題に直面しており、労働週間を減らせば、産業と経済にマイナスの影響を与えると彼は言う。

現在、ベトナムでは通常の労働時間が週48時間を超えないように設定されており、繊維・アパレル、革、履物などの多くの産業の企業は、依然として年間300時間の許可された時間外労働をすべて使用しなければならない、と彼は言う。

「現在、生産規模のある繊維産業では、週に4労働時間削減すると、産業の輸出額は少なくとも年間30億米ドル以上減少します」とCam氏は言う。

ベトナムは発展途上国であるため、労働時間の削減は商品とサービスの生産の削減を意味し、社会の国内総生産(GDP)と一人当たりGDPの削減につながる、とCam氏は言う。

「さらに、労働時間を短縮すると、現在の繊維産業の生産量と輸出価値を維持するために、企業はより多くの労働者を採用し、労働者の給与を支払うためにより多くの費用がかかります。

現在、繊維および衣料産業は労働力不足に直面しており、特に熟練労働者を雇用するための競争があるため、これは現実的ではありません。さらに、企業は支出を増やさなければならず、競争力が低下します。」

長年にわたり、繊維産業および他のいくつかの産業の企業は、生産を促進するために残業を延長するよう繰り返し国家に求めてきたと彼は言った。

「通常の労働時間を週48時間から44時間に短縮するべきではありません。残業については、1日の通常の労働時間の50%を超えない1日あたりの残業時間の規制を維持することに同意します。」

しかし、既存の規制は企業、特にファッション、織物、履物、漁業などの季節産業にとって困難を引き起こしていると彼は言った。業界には、迅速な納品を確保するために生産を促進する期間があるため、すべての残業時間が必要だと。

現在、ベトナムでは、一般産業では年間200時間以内、繊維、アパレル、履物などの特定の産業では年間300時間以内の時間外労働の規制がある。

また、東南アジアの他の国々は、ベトナムよりも残業時間がかなり長くなっている。したがって、Vitasは、残業時間を一般産業では年間300時間、特定産業では年間450時間に延長するよう求めたと彼は述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年09月06日15:41

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る