インドシナニュース

ベトナム:2018年第1四半期の繊維・アパレル産業の輸出額は80億ドル

2018年第1四半期の繊維・アパレル産業の輸出額は前年同期を13.3%上回る80億ドルに達した。

年間輸出額350億ドルを目標とする縫製産業にとっては幸先の良いスタートとなった。

ホーチミン市の繊維協会のPham Xuan Hong会長は、今年の見通しは明るいと述べた。

2018年の繊維・アパレル輸出は2017年を上回り、今まで通り2桁の成長を維持すると見込まれている。

Hung Yen Garment株式会社のNguyen Xuan Duong取締役会長は、今年は発注数の伸びも大きく、特に大規模企業でその傾向が顕著だと述べた。

国内企業の多くが2018年第2四半期分まで受注している。第3四半期分まで受注している企業もあるとDuong会長は述べた。

ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長によると、ベトナムの繊維・アパレル企業は労働者の技能の向上、生産性の向上と高品質な製品により、地域内で優位にあるという。

国内企業も生産性と競争力の向上のため、新技術に投資を行っている。

自由貿易協定で繊維・アパレル産業は輸出市場を拡大したばかりでなく、原材料の輸入を減少させたとGiang会長は話す。ベトナムは現在30億米ドル相当の糸、10億米ドル近い布地、4億米ドル分の縫製資材を輸出している。

また、第4次産業革命も技術投資に関する企業の意識を変え、企業はODM(自社デザイン生産)やOBM(自社ブランド生産)などより高付加価値な生産様式を目指しているとGiang会長は述べた。

縫製・繊維企業は人材育成と先端技術の採用にも注力するようになっているという。

Phong Phu株式会社やGarment-10株式会社といった大企業はオンラインで外国への販路を拡大しようとしている。

しかし、ベトナム繊維協会は、中国、ミャンマー、カンボジアといった国々との競争の激化を含む様々な問題も指摘している。

繊維協会は労働者の技能を向上し、生産性改善のため管理方法の見直しを行うよう企業に提言している。

米国、EU、日本、韓国といった主要市場を維持、拡大することに加え、アセアンやユーラジア経済圏、インド、中南米諸国といった他の市場への拡大も急務となる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年04月13日16:19

ベトナム:デザインの停滞で国内ファッションブランドは衰退

海外のファーストファッションブランドのベトナムへの進出はベトナムブランドに大きな衝撃を与えた。

Zaraのドレスを見ながら、銀行職員のNganは娘の誕生日プレゼントにその80万ドンのドレスを買うことを決めた。

同じ金額でベトナム製品を3点購入することができる。しかし、彼女はデザインが気に入ったそのドレスを買うことにした。

Nganのような選択はベトナムでより一般的になりつつある。若い人たちはベトナム製品ではなく、外国製品に大金を投じることに躊躇しなくなっている。

Nielsenの報告書でも、ブランド製品指向において、ベトナムは中国、インドに次ぐ3番目にランクしている。

ベトナムのファッションブランド、例えばNguen Tam Fashon CompanyFociThoi Trang VietNinoMaxxXanh Co Ban FashionBlueExchangePham Tuong 2000 CompanyPT2000などは、2000年代初頭には国内市場を席巻していた。

これらブランドのうち、Fociはもう存在せず、その他ブランドも市場での地位を失っていった。

1999年に始まったFociは中級マーケットセグメントで大きな成功を収めた。設立から8年でベトナムの都市部に60店舗を数えるまでになった。しかし、その6年後の2012年にはあり得ないほど安価な中国製品の流入によりブランドは閉鎖に至った。

一方、NinomaxxViet ThyBlueExchangeも苦戦している。Thoi Trang Vietのネットワークはかつて全国に200店舗を擁したが現在までに縮小し、より低価格のセグメントを対象とした3つのブランドのひとつ、MaxxStyleの「死亡宣告」を行うまでとなった。

別の大手ブランドMay 10Viet TienAn Phuocはオフィスワーカー向けというより小さなマーケットセグメントを対象とするようになった。

海外ブランドとの競合からベトナムブランドを救う手段をきかれたVinatexLe Tien Truong社長は「ベトナムのファッション企業には資金と独自のキャラクターが必要だ」と述べた。

「ベトナムはZaraH&Mが製造コスト60%でベトナム市場で販売しているような製品を作ることはできる。しかし問題はベトナムのファッション産業の世界におけるポジショニングだ」とTruong社長は話す。

Truong社長によると、世界には3種類の市場が存在する。米国のような強力な経済、文化や深い価値観に裏付けされたイタリアやフランス、特有の性質のある日本や韓国である。

Truong社長は、ベトナム企業はまだ独自の特質を形作る方法を見つけるに至っていないということだ、と指摘する。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年04月09日10:54

ベトナム:国内ファッション市場規模は35億ドル、国内企業も開発進める

海外ブランドが続々とベトナム市場に参入しているが、国内ブランドにも国内市場での成功のチャンスは残されている。

ベトナムのファッションブランドの将来はユニクロ、ZaraHMといった巨大企業との競合により暗いものとなるという悲観的な見方がある。

Blue ExchangeNinomaxxPT 2000Couple TXCanifaといった国内ブランドはかつて国内市場を席巻していた。

当時すでに香港のBossiniGiordanoといった中位ブランドがベトナム市場に参入していた。Le Bao Minh Companyとのフランチャイズ契約によりMinisoもベトナムに登場した。しかしこうした外国ブランドがベトナムブランドのシェアを脅かすような事態にはならなかった。

国内ファッション市場の勢力地図を書き換えたのはZaraHMの登場だった。2月のテト前にはZaraHMの店舗前には入店を待つ長い行列ができた。

市場分析会社BMIによる2017年第2四半期の報告書によると、ベトナムの消費者は外国ブランド品の購入により多額を費やす傾向がある。ベトナムのファッション市場(衣類、履物類)の規模は2018年に38億ドルとなると推測されている。そのうち、35億ドルが衣類への支出である。

海外企業の受託生産を主に行うベトナムはファッション産業においては重要な国と見なされてはいなかった。しかし、業界専門家はベトナム国内市場においては国内ブランドに優位性があり、海外ブランドにも負けないと考えている。

ベトナムのファッション企業は国内での販売ネットワークを拡大し、マーケティングキャンペーンを行うことで国内市場での地位を固める必要がある。

北部で人気のあるCanifa2000年に知名度を上げ、2007年には子供向け製品のマーケティングを開始した。最近ではメディアを使ったキャンペーンにさらに多額を投じている。CanifaProject RunwayVietnam Next Top Modelといった人気テレビ番組のスポンサーとなっている。

CanifaDoan Thi Bich Ngoc CEOは、ファッション企業の弱点は店舗の多くが大都市圏にあり、販売網が限定されていることだと話す。

Couple TXブランドを所有するTruong Thang 社のNguyen Thi Kim Xuyen会長は、同社の2018年の優先事項の一つはフランチャイズ契約により60店舗まで拡大することだと話す。

LeFlairChu Phuong Doan は、現在ベトナム市場には国内企業による数多くのブランドが登場していると話す。こうした企業の多くがFacebookでの販売に始まり、店舗を開くに至るという。今日では5店舗以上を要するブランドも珍しくないという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月30日15:35

ベトナム:Saigontexへの参加企業数が過去最高となる見込み

ホーチミン市で411日から14日にかけて開催されるベトナムサイゴン繊維・アパレル産業展示会(Saigontex 2018)に国内外から1100社以上が参加登録を行っている。

中国、カナダ、ベルギー、フランスをはじめとする20ヶ国・地域から参加する企業は31000平方メートル以上の展示スペースで製品やサービスの展示を行う。

Saigontex 2018はベトナムの繊維・アパレル産業にとって先進国で生産された最先端の設備や機材の調査や調達を行うまたとない機会となる。これにより、原材料や新技術に関する投資計画の作成や、国内外の顧客の要求への対応、製品の付加価値向上、国際的な統合プロセスの途上にあるベトナムの繊維・アパレル産業の発展が促進されることになるだろう。

展示会は国内企業の生産需要に対応するための新技術や機材の紹介のみならず、縫製企業やファッションデザイナーにとっては開発と新たな試みへの投資を推奨する機会ともなるだろう。

展示会ではまた、ファッションデザイン研究所(FADIN)のデザイナー、Thanh DanhVu Viet HaTuan NguyenPhuong Traや著名ファッションブランドBelluriCorporation 28)、Toan Thinh SilkToan Think silk textile company)、F.HousePhuong Dong Garment JSC)、THECOSMOthe Cosmo Vietnam)、HandeeHandee Company Ltd)、V-SIXTY FOURViet Thang Jean Company)のコレクションが発表される予定。

繊維・アパレル産業は近年のベトナムの輸出成長に大きく貢献している。昨年の輸出額は310億米ドルに達し、ベトナムの総輸出額2130億米ドルの中でも大きな位置を占めた。こうした展示会には国内外の企業から大きな関心が寄せられている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月30日10:51

セントラル・グループ、タイとベトナムで15億ドルの拡大計画

ビッグCの親会社であるセントラル・グループは、タイとベトナムのビジネス拡大を計画しており、今年の売上高を14%引き上げる。

タイ最大の小売業者セントラルグループは、2018年にタイとベトナムに新たに15億ドルの投資を行い、売上を14%増やす予定である。

2022年には、現在の4,70店舗からタイに7,500店舗以上を運営し、ベトナムでは750店舗を新規店舗とすることを目指している。

セントラル・グループはヨーロッパとベトナムで営業しており、今年第4四半期にはマレーシアに店舗をオープンする予定。

2017年の総収益の72%はタイから、15%はヨーロッパから、そして13%はベトナムからだった。この比率は今年も同じになると予想しているとCEOTos Chirativat氏は語った。

20164月には、カジノ・グループ(フランス)からベトナムのビッグCスーパーマーケットを105000万米ドルで買収すると発表した。さらに、この巨大企業は、家電スーパーNguyen Kim49%、ランチ・マートの49%を所有しており、ネット販売のZalora Nguyen Kimとともに所有している。

セントラル・グループの会長、Yol Phokasub氏は、デジタル・プラットフォームがセントラル・グループの業務においても重要性を増していることから、同社が今年第2四半期に中国第2のネット販売会社JD.com5億米ドル規模のコンソーシアムを設立することを明らかにした。このグループは、JD.comと協力して中国においてタイ商品を販売する予定である。



その他 ジャンル:
最終更新:2018年03月14日11:37

ベトナム:皮革産業は2018年も好況との予測

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(LEFASO)のPhan Thi Thanh Xuan会長は、皮革・履物産業は2018年も様々な好条件を背景に、好況を予測していると述べた。

Xuan会長は特に、2018年半ばに予定されるベトナム・EU自由貿易協定(EVFTA)の調印により、ベトナムからEUへ輸出される履物類は、他の競合国と比較すると3.5-4.2%の関税分有利になると強調した。

ベトナム・EU自由貿易協定が発効すれば、現在ベトナムからEUへの履物輸出の3分の2を占めるスポーツシューズの関税は即時に0になる。ハンドバッグも同様に無関税で輸出できる。

「原産地規則は一般特恵関税制度(GSP)と同じで有利であり、ベトナムへの発注は増加すると確信している」とXuan会長は述べた。国内企業がどれだけチャンスを最大限に活用できるかが問題だという。

2017年、皮革・製靴産業の輸出額は前年比10.7%増となる180億米ドルに達した。

2017年の世界製靴マガジンの最新の統計によると、ベトナムは履物輸出上位10ヶ国のうち第2位で、世界の履物供給の7.4%にあたる102000万足を生産している。

ベトナムのバックパックとハンドバッグ類の輸出も増加し、これら品目でも世界の輸出上位5ヶ国に入るという。

昨年、バッグパックとハンドバッグの生産量は世界の生産量の5.5%に相当し、輸出額は33億ドルに到達したと推定されている。

ベトナムは2018年の皮革・履物輸出の目標額を、2017年の実績を10%上回る195億米ドルから200億米ドルとしている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月06日05:52

ベトナム:オンライン小売市場を中国企業が牛耳るとどうなるのか?

中国のオンライン小売業者はベトナム市場への攻勢をかけており、国産製品が圧迫されているとアナリストは警告する。

ベトナムの小売業者はタイ、韓国や日本からの大手小売業者には対抗できるものの、資金力と技術力の差でオンライン小売業では苦戦している。

あるレポートでは、2015年のベトナムのeコマースの市場規模は4億米ドルと試算されていた。この金額は2017年には40億米ドルにまで上昇し、2025年には75億米ドルに到達すると予測されている。35%もの高成長率を誇るベトナムは投資家にとっては魅力的な市場である。

中国の3大オンライン小売業者、AlibabaTencentJD.comはみなベトナムに進出している。

ベトナム市場に最初に参入したのは20168月のShopeeである。

20176月にはJack Maが所有する複合企業Alibaba10億米ドルでLazada Vietnamの持株会社であるLazadaの株式を追加購入し、持株比率を83%まで増やした。これによりAlibabaはベトナムを含む東南アジア諸国のオンライン小売市場に正式に参入したことになる。

最近では、JD.comがベトナムのオンライン小売業者Tiki4400万米ドルを投資している。

オンラインサーチエンジンのiPriceグループによると、Lazadaはタイとベトナムとマレーシアのオンライン小売市場でほぼ主流となっている。ベトナムではオンライン小売サイトへの訪問者数でLazada19%を集め、Thegioididong.com15%、Sendo11%となっている。Tiki8%で第4位であった。

小売業者は販促に多額の資金を投入しており、市場シェアを伸ばそうと大幅な値下げを実施している。

ホーチミン市のeコマースの専門家は、短期的には消費者はセールにより大きな利益を得られるかもしれないが、長期的にはベトナムの製造業が苦境に立たされると予測する。

「中国の大規模オンライン小売業者の存在は中国製品がベトナム市場に進出する好機となる。一旦中国製品が市場を席巻したら、オンライン小売業でのベトナム製品の地位は下がるだろう」と専門家は話す。

FPTThe Gioi Di Dongなどのベトナムの大手企業はオンライン小売業に参入し、中国の大企業とも競争していく意図を示している。ベトナムのウェブサイトSendo.vn123mua.vnAdayroivuivui.comなどは比較的高い取引と訪問者数を持つ。

しかし、専門家はeコマースの世界では長期にわたって多額の資金が必要となるため、ベトナム企業の勝利を予測するには早すぎると話す。

ベトナム電子商取引協会は、2018年、ベトナム企業は消費者を引き寄せようとさらに多額の資金を広告とメディアキャンペーンに投入するだろうと予測している。キャンペーン予算では2016年と比較すると60%もの増加が予測されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月05日12:03

ベトナム:繊維・アパレル製品の中国向け輸出が大幅に増加

ベトナムでは原料の多くを中国から輸入している一方、中国向けの繊維・縫製製品の輸出高もここ数年増加傾向にある。2016年には27億米ドルであった輸出高も2017年には32 億米ドルに増加しており、この成長パターンは今年も続く見込みである。

経済専門家によると、ここ3年間で輸出の平均成長率が20%を超えているという。

ベトナム税関総局の統計によると、中国から輸入した繊維・縫製品目の原材料額は昨年対前年比12%増となる90億米ドルとなっており、国の総輸入高の42.7%以上を占めている。

これは、ここ数年のベトナムにとっての主要輸入先である韓国の約4倍、台湾(中国)の約5倍となる数字である。

多くの繊維製品の輸出市場において、中国とベトナムは最大のライバル同士であるとみられている。中国の繊維・アパレル製品の輸出額は年間2600億ドルに到達している。一方で、ベトナムの繊維・アパレル製品の輸出額は昨年310億米ドル以上となった。

中国、ロシア、カンボジアでは市場が急速に成長しており、2018年以降は中国向けの輸出を容易に増やすことが可能になるとベトナム繊維協会(VITAS)は予測している。

現時点では、ベトナムにおいて中国への繊維・アパレル製品の輸出が占める割合は全体のわずか3%に過ぎない。

中国向けの繊維製品の増加要因について分析した結果、アセアン-中国自由貿易協定の関税撤廃が起因している部分が大きいとベトナム繊維協会(VITASVu Duc Giang会長は結論づけている。一方で、インドやパキスタンといった他の市場からの輸入には3-5%の関税がかけられている。

加えて、中国、韓国、日本、インド、オーストラリア、ニュージランドの6ヶ国とアセアンの間で結ばれる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉が現在進められており、実現すればベトナムの対中国貿易輸出が成長する格好の機会となる。

中国におけるベトナム繊維製品の輸入額は、2017年末までに3億米ドルを超えており、ベトナム繊維・縫製製品の消費が多い国のトップ5に入っている。

ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong社長によると、ベトナムは世界有数の繊維・アパレル製品輸出国であるものの、国内市場においては中国製品が猛威を振るっているという。しかしながら、中国向けの輸出という面で大幅な進歩がみられているという。

中国ではベトナム製の繊維・アパレル製品や、ジャケットやスカートといった完成品を消費し始めている。これは、大きな可能性を秘めた中国市場への進出を果たしたいという政府や衣料品ビジネスの努力の現れである。

世界で最も人口が多い中国には様々なニーズがあり、ベトナムの繊維ビジネスはそれを足がかりに成功を目指すこともできると考えている。ニッチな市場であったとしても、それにあった商品を提供することができれば、潜在的なこの市場でブランドを発展させていくことが可能である。

市場への参入に必要とされるステップをしっかりと踏み、短・長期的な投資プログラムを整えることで、ベトナムの繊維・アパレルブランドは国際的な知名度を高めることができるであろう。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年02月28日13:19

ベトナム:ニューヨークファッションウイークで注目される若手デザイナー

ベトナムの有名若手デザイナーValentines Van Nguyen29日から開催されるニューヨークファッションウイークに招かれ作品を発表する。

彼女は最新のコレクションをファッションイベントのオープニングパフォーマンスとして紹介。

モデルはミスワールド2000Priyanka Chopraが務める。

ベトナム人デザイナー Cory TranとスーパーモデルのVo Hoang Yenもこのイベントには参加する。

Valentines Van Nguyenはベトナムの最も嘱望される若手デザイナーの一人。彼女のデザインした作品は国際的なミスコン参加者やモデルたちに愛用されてきた。

彼女自身もミスコンテストで成功を収めている。最近では、フィリピンで開かれたミス世界観光大使2017-2018にて、ミスアジア、最優秀民族衣装、ミスファッションなどの特別賞を受賞している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年02月09日12:49

ベトナム:個人向けEコマース市場、外資参入で沸く2017年の売上は60億ドル

外資系eコマース業者が広告キャンペーンや配送サービス、支払いサービスなどを通じてベトナム市場を席巻しようとしている。

外資系企業は年末にその資金力を見せつけた。例年通り、Lazada Vietnam2017年末のショッピングシーズンの幕を切った。

通常の5倍の売り上げを目標に、Lazada Vietnam15万点の製品を119日から11日にかけてセール価格で販売した。1ヶ月後、Lazadaはさらに「オンラインショッピングの革命」と銘打った 、大幅値下げと無料配送のキャンペーンを行なった。

Lazadaの最大のライバル、シンガポール資本のShopeeはスーパーセールと名付けたプロモーションを実施した。1212日から14日にかけて、数百点の製品でフラッシュセールが行われた。銀行カードの所有者はさらに10-20%の割引が適用された。

オンラインファッション小売業のZaloraはオンラインフィーバーというキャンペーンを東南アジア全域で行なった。

ベトナムの小売業者AdayroiTiki12月中旬にセールを行なった。

1年で最大のセールシーズンの到来に合わせ、Lazada Vietnamは4ヶ所の受注センターを新たに設置した。

2017年、Lazada Vietnamは初めて 販売業者に対する割引削減プログラムを実施した。

Lazadaが配送料無料や販売業者への割引削減を実施するのはShopee Vietnamへの対抗手段だろうと業界アナリストは話す。Shopee はベトナム市場に参入してからたった2年で急速な成長を遂げている。

アナリストは、ベトナムのeコマース市場は資金力のある外資系企業の影響を強く受けていると話す。

SWOT(強み、弱点、機会、脅威)分析モデルでは、eコマース市場への参入への課題が重要な要素として挙げられる。

アナリストは、Lazawa VietnamShopee Vietnamの競争が国内企業に大きな障壁となっていると分析する。

Lazada Vietnamは顧客を引きつけるための広告キャンペーンに巨額の投資を行い、またShopee Vietnamは配送料や支払いサービスに注力し、結果としてこれらが国内の他企業にとっては障壁となっている。

両社とも、ベトナムでの広告や配送に関する費用を公開していないが、Shopeeは毎日数百億ドンを投入しているとアナリストは推測している。

外資大手と競争するため、ベトナム企業は外国投資家の支援を必要としている。最近、中国Alibabaの最大のライバルであるJDが、ベトナムのTikiへの資本参加に合意したと報道されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年02月09日11:05

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る