インドシナニュース

カンボジア:アメリカ向け輸出、26%増

729日の国家選挙の緊張にもかかわらず、今年上半期にアメリカへの輸出は26%増加した。

これは、アメリカへの輸出の伸びが一桁であった昨年とは対照的である。

アメリカ政府の最新の貿易データによると、1月から6月にかけてもたらされたカンボジアからの商品は、総額172000万米ドルで、2016年上半期と比較して昨年の4.5%より26%増加した。

このデータはまた、アメリカが21200万米ドル相当の商品をカンボジアに輸出したことも示した。

最高国家経済評議会の上級顧問であるMey Kalyan氏は、上半期の業績は、同国の輸出能力を強化する積極的な動きだと述べた。

彼は、昨年の両国間の政治的緊張にもかかわらず、経済関係を強化するための努力がいまだに行われていると指摘した。

「貧しい政治情勢が貿易にマイナスの影響を与えていないことを示しています」と述べた。

カンボジアのアメリカへの輸出の大半は衣料品と履物であった。カンボジア製旅行用品のアメリカへの輸出は、20167月に多くの品目が免税品目として認定されたこともあり、大幅に増えた。

カンボジアからアメリカへのスーツケースやハンドバッグなどの旅行用品の輸出は、2016年までに年間約5000万米ドルであったが、今年上半期には合計で16000万米ドルとなった。

しかし、今年下半期に輸出実績が打撃を受けるとの見方もある。

カンボジアとの関税引き下げ見通しについて、世界最大の消費者市場であるアメリカがすでに729日の調査を不公平としているとの懸念がある。

それにもかかわらず、カンボジアのアパレル製造業者協会(GMAC)の副総裁であるKiang Monika氏は、選挙後の安定に伴って、さらなる輸出拡大の楽観的な見方があると述べた。

「私は政治情勢の心配はしていません。それよりも賃金上昇と強制労働者の給与に関する規定を心配しています。生産性上昇率は賃金上昇率よりも遅れています」と述べた。

「賃金政策では適切に行動する必要があり、そうでなければ競争力を損なう可能性があります。私たちは契約を結んでいる製造業者なので、人件費が私たちの主要な要素です」と述べた。

 

真の素晴らしさ

Monika氏は、今年上半期のカンボジアのアパレル輸出は14%の成長率を記録したと語った。彼は何年もの停滞の後でこれが本当に素晴らしいと言い、中国からますます注文がくると説明した。

カンボジア協力平和研究所(CICP)の研究ディレクターであるChap Sotharith氏は、カンボジアからアメリカへの将来の輸出はプラスに留まると推測した。

「貿易の面では、アメリカはカンボジアの業績を傷つける決断をしない」と述べるも、カンボジアは貿易特権なしで苦しむことになると認めている。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年08月13日06:04

カンボジア:国産蚕による絹糸生産始まる

眠りかけていたカンボジアのシルク産業が、シルク研究センターで繁殖した蚕の糸が使用されることで、新しい生命の兆しを見せている。

Aoralシルク村は、7月上旬に蚕をセンターから受領して糸生産に成功したカンポン・スプー州の最初の農場だった。

現在、カンボジアの生産者は、地元産業を活性化させる専門チームのおかげで、センターから高品質の蚕を得られる。

Aoralシルク村代表Ea Hoknym氏は、センターから与えられた蚕は、最初の数週間で良好な収穫量を生み出したと語った。

「もっと多くの地元民に参加するよう説得にあたっているので、年末までに村がさらに大きくなると予測しています」とHoknym氏は語った。

「センターでそれ以上の量を生産できるなら、最大2万の蚕を育てることができます。」

シルク研究センターはプノンペン王立大学(RUPP)に拠点を置き、エンジニア、科学者、学生などの研究者がカンボジアのシルク生産者の健康な蚕を繁殖させるために働いている。

プノンペン王立大学(RUPP)総長Mey Kalyan氏は、これはシルク産業を強化するための第一歩であると述べた。

「私たちは基礎を築いたので、段階的に進むために全力を尽くしています」と彼は述べ、Aoralシルクでは約5kgの絹糸を生産していると付け加えた。

10ha20の家族で構成されたシルク村ではカンボジアのシルク産業を復活させようとしている。

Kalyan氏は、毎年カンボジアが輸入している400トンのシルクに匹敵するためには、10,000haの土地が必要だと述べた。

SentoSaSilkの創設者兼管理責任者Seng Takakneary氏は、国内シルクの需要があることを認めている。

「これは単なるスタートにすぎませんが、十分な量が確保できれば、我々も顧客になるでしょう。なにしろたくさんのシルクが必要ですので」と彼は語った。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年08月08日10:09

カンボジア:アパレル製品・履物輸出は11%増

カンボジアのアパレル製品および靴の輸出は、2018年上半期6ヶ月間で+ 11%増加し40億米ドルに達した。

カンボジア国立銀行(NBC)によると、今年上半期の増加は、米国市場の需要の増加に起因して、2017年上半期の6.9%増加のほぼ倍となった。EUはカンボジア政府の人権侵害を批判したと報道されており、カンボジアの武器以外すべて(EBA)プログラムを再検討していると述べている。後発開発途上国(LDC)としてのカンボジアは、EUの一般特恵関税制度(GSP)、EBAスキームの下で最恵国待遇を受けている。

カンボジアのアパレル製品や履物の他の仕向地としては、カナダ、日本、中国が挙げられ、仮にEBAが中断されると、これらの国への輸出が伸びて、影響が相殺されるとみられる。

2017年のアパレル製品および靴の輸出額は、2016年には9.5%増加し、8200万米ドルと約10%増加した。履物は、前年度比14.4%増の87300万米ドルで、引き続き重要性が増したと言われている。 2017年のアパレル製品及び履物は輸出総額の72%を占めた。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2018年08月08日06:07

カンボジア:Takeo工場で約300人の労働者が失神後手当を受ける

タケオ州Tram Kak区のPontus Footwear Ltdの女性労働者約300人が9日、女性労働者1人が負傷した後失神したことを同工場担当者Heng Peng Kheang氏が発表した。

担当者によれば、女性労働者Sorn Sophornさん(28歳)は機械に指が挟まれケガをした。これに驚いた他の労働者は次々に失神の発作を起こし、273人が影響を受けたと当紙に語った。

Peng Kheang氏と工場の管理部門は、被害者をTram区のヘルスセンターや州の病院に搬送するため、Tram Kak区警察や州労働局、National Social Security Fundに助けを求めた。

「多くの労働者が失神した後、午前9時にすべての労働者に休暇を取らせた」とPeng Kheang氏は話した。

けが人の病院やヘルスセンターへの搬送を援助し、指を負傷した女性と直接話したTram Kak区警察署長のDuk Thiya氏は、この失神は同僚が大量に出血しているのを見たことが原因だと当紙に話した。

「注目すべき点は指をけがした労働者は失神せず、他の労働者が失神したことだ。医師によれば、大量の血または同僚が次々に失神したことへのショックと恐れによるものだ」とThiya 氏は説明した。

治療を受けたほとんどの女性は、同日午後にはすでに帰宅したと警察署長は話した。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年07月14日12:08

カンボジア:王立プノンペン大学にシルク研究センター設立計画

カンボジアのシルク製造者は、同国のシルク産業の専門性向上を目指している専門チームの貢献により、王立プノンペン大学(RUPP)飼育センターから良質のカイコが近々入手可能になる。

王立プノンペン大学は73日、新たなシルク研究センター設立に向けイベントを開催し、健康的なカイコを生産し今年の終わりには、地域生産者への供給を目指している。

Mey Kalyan王立プノンペン大学理事長は、カンボジアのシルク製品は一貫製造ラインではないので、最終製品用に輸入シルクへの依存が高くなっていると話した。

Kalyan氏によれば、カイコを扱っているカンボジアの養蚕農家は多いが、飼育センターの支援を受けず古い方法で飼育しており、これが低い生産量をもたらしているとのこと。

また、シルクの全需要の約1%のみ王国での生産が可能で、年間400トンのシルクを輸入し、輸入額は3000万米ドル超に達しているという。

「我々の目標は、すべてカンボジア製の最終シルク製品製造を支援することです。大学が専門的な研究センターとなり、健康的なカイコを供給し養蚕農家が高品質なシルクを生産できるよう支援したい」とKalyan氏は述べた。

Kalyan氏によれば、養蚕農家が手作業でカイコを100頭飼育した場合の生存率は約20%だが、王立プノンペン大学専門チームの飼育技術で実験したところ、生存率は90%以上になったとのこと。

カンダル州のBanteay Dek Agriculture Research Station、シェムリアップ州のInstitute of Khmer Traditional Textiles、コンポンスプー州のAoral Silk Communityなど、多くのシルク生産団体がイベントに参加した。

Aoral Silkの担当者Huot Sokha氏は、同氏の地域では現在12ヘクタールにカイコの食餌植物を栽培しており、シルクを32キロ製造するのに年に4回カイコが約18万頭必要になると話した。

「食餌植物の葉が成長し健康的なカイコが準備できたら、手工芸セミナーの開催かシルク製造の小規模な工場の稼働を検討しています。」とHuot Sokha氏は話し、「すべてカンボジア製のシルク製品は国の誇りとなるでしょう」と付け加えた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年07月07日12:03

カンボジア:アパレル縫製工場従業員の抗議は続く

先月、韓国人経営のアパレル工場が突然操業停止をしてから、従業員らは3月分賃金未払いに対する抗議を続けている。

 

カンボジア首都内Russey Keo地区にあり、Park Soo-suk が総責任者とされるDai Youngカンボジア工場は、先月予告もなく操業停止され、従業員らは未払い賃金を受け取れるのか、または解雇になるのかも分からないまま残されている。

Dai Young工場も属するカンボジア労働組合(C.CAWDU)のHen Souphea会長にも、この操業停止については全く知らされていなかった。

330日に操業停止の告知がある前までは、いつも通り勤務していて、工場は常に多くの仕事を抱えていました。仕事がないために業務停止することは今まで一度もありませんでした。」と述べている。

Souphea会長は、2003年にDai Youngが開業してから、新しい工場を買った事業主たちは、その工場での新事業に注意が向いている、と考えている。

2003年からDai Youngは操業を続け、仕事が無かったことはたったの一度もありません。しかし、数年前に経営者らがNational Road 4にある新しい工場『Tea Young工場』に多くの仕事を振り始め、アパレルブランドの関係者らにTea Young工場を紹介し始めました。そのため、姉妹工場が通常通り操業している一方で、Dai Young工場はまるで倒産したかのようになってしまいました」と会長は述べた。

従業員団体は、支払われるべき給与を受け取るまで抗議を続けることを決断し、さらに他の2つの韓国系工場の従業員と団結し、労働省の前でより大規模な抗議を行う計画も考えている。この他の2つの工場とは、カンダルTakmao市にあるGawon ApparelPhnom Penh’s Meanchey地区にあるFirst Gawon Apparelであり、両工場ともCha Kyeong Hee氏が経営している。Cha氏は12月から給与未払いで追及されており、最近では従業員を工場から締め出している。

Dai Young工場とTea Young工場 は、Jacques Moret IncCarole HochmanDesign Group IncDillards IncOne Step Up CtdJJ Basics LlcLeeward International IncTarget CorporationSwimsuit Commission Corpに供給をしている。

労働省の代表Heng Sourと、Dai Young社の人事部長とされるPreap Lenからコメントは得られなかった。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年05月25日06:06

カンボジア:閉鎖工場の労働者らがデモ行進

すでに廃業したかに見えるFirst Gawon Apparel Garment Factoryのおよそ100名の労働者が423日午後、もうすでに1年近く続いている紛争の解決を求め、プノンペンのMeanchey地区ホールに向かいデモ行進を行った。

労働者らは、韓国資本の同社で4ヶ月分の給与が未払いとなっていると訴えた。価値のある機材は売却できれば労働者への給与や離職手当の資金源ともなるため、それらを経営者が運び出すことを警戒して労働者らは工場の見張りを続けている。

労働者Em Savyは、家賃を払えなかったために自宅を追い出され、現在工場前で生活している同僚もいると話す。

「子供の学費も払えない。4ヶ月以上にわたって工場で待機させられているため、夫は私が浮気しているのではないかと疑っている」と彼女は話した。

労働者らとの話し合いにおいて、Pich Keo Mony地区長は労働省の代表者が24日に工場を訪問し、経営者側に支払いを説得すると約束した。

同時に、Keo Mony地区長は、大勢でデモ行進をするのではなく、数名の代表者を選出し請願を行うようにと述べた。

「労働者らがデモ行進をしたがったと聞いたが、なぜそうする必要があるのか。彼らの計画を否定はしないが、公共の治安と交通にも影響するため行進をさせるわけにはいかない」

労働省のHeng Sour報道官とFirst Gawon の経営者Mercedes Chaからコメントを得ることはできなかった。

労働者らは閣僚会議、労働省、カンボジア縫製業協会、社会保障基金、在カンボジア韓国大使館に請願を行うことを予定している。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年04月27日15:59

カンボジア:経営破綻した工場の縫製労働者に政府が補償

労働省は43日、経営破綻後に経営者が給与や離職手当を支払わずに逃亡した工場のうち、政府による労働者への支払いが行われる4工場の名前を発表した。

Ith Sam Heng労働大臣は、Benoh ApparelYu Fa Garment IndustryGreat Honour Textile FactoryChung Fai Knitwear4工場の労働者に来週補償金が支給されるだろうと述べた。労働省は当初、9工場を対象に支払いが行われるとしていたが、今回発表された4 工場以外の5工場の状況は43日時点では不明である。

労働者らが受け取る金額は明らかになっていない。

経営者が1月に放棄するまでBenoh Apparel9年間働いたRoeum Sao Leapは、賃金と離職手当合わせておよそ3000ドルが未払いとなっていると訴える。

「もしこのニュースが本当なら歓迎したい。クメール歴の新年も近いのに、故郷に帰る金もない。経営者が逃亡してからおよそ5ヶ月かかった。どれだけ補償されるのか、労働省がどのように支払うのかはまだ知らされていない」と彼は述べた。

声明において、労働省のHeng Sour報道官は、経営者が逃亡した工場の縫製労働者への生活費支払いは政府の方針だと述べた。

「今はこのモラルハザードを修復するためのプロセスの途上にある」とSour報道官は述べた。

ひとつの可能性としては、Sam Heng大臣が先月述べた離職手当デポジット制度がある。この制度では、カンボジア企業は国家社会保障基金(NSSF)に対し、離職手当のデポジットを行うことが求められる。工場が想定外の閉鎖となった場合、NSSFは工場に代わって離職手当を分配する。

労働者の権利保護のためのNGOであるSolidarity CenterWilliam Conklin所長は、すべての関係者が協力し、投資を阻害することなく経営者の逃亡を防ぐための方法を作り上げることができるだろうと話す。

「産業は変化するものであり、好景気も不景気もありうる。しかし、経営破綻しても労働者が何もないままに取り残されない、秩序ある変化でなければならない。多くの国でこれは標準的な慣行となっている」と彼は述べた。

しかし、企業側を代表するカンボジア縫製業協会のKen Looは、離職手当デポジット制度は「外資系、国内を含むすべての企業に与えうる影響について、実施前により詳細な調査と分析を行う必要がある」と述べた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年04月10日12:30

カンボジア:経営破綻した工場の縫製労働者に政府が補償

労働省は43日、経営破綻後に経営者が給与や離職手当を支払わずに逃亡した工場のうち、政府による労働者への支払いが行われる4工場の名前を発表した。

Ith Sam Heng労働大臣は、Benoh ApparelYu Fa Garment IndustryGreat Honour Textile FactoryChung Fai Knitwear4工場の労働者に来週補償金が支給されるだろうと述べた。労働省は当初、9工場を対象に支払いが行われるとしていたが、今回発表された4 工場以外の5工場の状況は43日時点では不明である。

労働者らが受け取る金額は明らかになっていない。

経営者が1月に放棄するまでBenoh Apparel9年間働いたRoeum Sao Leapは、賃金と離職手当合わせておよそ3000ドルが未払いとなっていると訴える。

「もしこのニュースが本当なら歓迎したい。クメール歴の新年も近いのに、故郷に帰る金もない。経営者が逃亡してからおよそ5ヶ月かかった。どれだけ補償されるのか、労働省がどのように支払うのかはまだ知らされていない」と彼は述べた。

声明において、労働省のHeng Sour報道官は、経営者が逃亡した工場の縫製労働者への生活費支払いは政府の方針だと述べた。

「今はこのモラルハザードを修復するためのプロセスの途上にある」とSour報道官は述べた。

ひとつの可能性としては、Sam Heng大臣が先月述べた離職手当デポジット制度がある。この制度では、カンボジア企業は国家社会保障基金(NSSF)に対し、離職手当のデポジットを行うことが求められる。工場が想定外の閉鎖となった場合、NSSFは工場に代わって離職手当を分配する。

労働者の権利保護のためのNGOであるSolidarity CenterWilliam Conklin所長は、すべての関係者が協力し、投資を阻害することなく経営者の逃亡を防ぐための方法を作り上げることができるだろうと話す。

「産業は変化するものであり、好景気も不景気もありうる。しかし、経営破綻しても労働者が何もないままに取り残されない、秩序ある変化でなければならない。多くの国でこれは標準的な慣行となっている」と彼は述べた。

しかし、企業側を代表するカンボジア縫製業協会のKen Looは、離職手当デポジット制度は「外資系、国内を含むすべての企業に与えうる影響について、実施前により詳細な調査と分析を行う必要がある」と述べた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年04月07日11:27

カンボジア:妊娠中の縫製労働者が帰宅途中に死亡

国家社会保険基金によると、328日、スヴァイリエン州のShuang Li (Cambodia) Garment Co Ltd で働く22歳の妊婦が帰宅するためのトラックを待つ間に倒れ、のちに死亡した。

社会保険基金の公式フェイスブックページによると、亡くなったのはDam Noyという女性で、Santong Sanel経済特区の前で倒れたという。

彼女はChiphouの診療所に運ばれ、そこで家族が遺体を引き取ったという。

社会保険基金は規定に基づき遺族に400万リエル(1000ドル)の弔慰金とその他の給付金を支給した。

スヴァイリエン州社会保険基金のChhorn Norin事務局長は29日、女性は「失神に関連する症状」で亡くなったと述べた。失神はしばしば低血圧により引き起こされる。

この問題についてはまだ調査が進行中であるとしてNorin事務局長はそれ以上の詳細を発表しなかった。「労働者の代表者や労働組合など、工場での調査が必要です。社会保険基金の職員が女性の出身地に出向き情報収集を行っています。公式な情報が上がってから、詳細については発表します」と彼は述べた。

女性の夫、Yao Pheareak22)は、女性は妊娠3ヶ月で、診療所に到着する前に亡くなったと話した。仕事のあとに疲れたと言う以外に問題はなかったため、どうして亡くなったのかわからないと彼は述べた。

カンボジアの工場では労働者が失神することは珍しくないが、通常は1-2日で回復する。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2018年04月03日09:37

このページのトップへ戻る