インドシナニュース

カンボジア:Covid-19で工場さらに閉鎖する可能性は低い、と労働・職業訓練省

Covid-19の発生は、縫製工場の更なる閉鎖を引き起こす可能性は低い、と労働・職業訓練省は3月18日に言った。

省のスポークスマンHeng Sour氏は、新型コロナウイルスの蔓延が、当初懸念されていたように、縫製工場の閉鎖を引き起こしていないと述べた。

「アパレル工場は私たちが思ったほど影響を受けていませんが、流行が続くとヨーロッパと米国への輸出が影響を受けます」と彼は述べた。

全国の50の工場が以前は原材料の不足により操業を停止していたが、中国の原材料の供給が最近再開された後、そのうちの1の工場が活動を再開したとSour氏は述べた。

カンボジア衣料品製造業者協会(GMAC)の事務局長Kaing Monikaは最近、中国がウイルスから回復すると、この分野の原材料の不足は間もなく終わるだろうと述べた。

モニカは先週、13隻の船がシアヌークビル自治港(PAS)に到着し、衣服および履物産業用の材料を含む900個以上のコンテナを運んだと述べた。

「中国の状況が改善し、工場が生産を再開するので、数ヶ月でこの状況は終結します。今後の懸念は、米国とEUへの輸出です。これらの国はCovid-19で大きな打撃を受けています」とMonika氏は述べている。

GMACによると、昨年の旅行用品の輸出額は12億米ドルで、2018年の2倍だった。GMACは、2016年の旅行商品の輸出額がわずか5000万米ドルであったことを考えると、これを顕著な成果として歓迎した。

米国は引き続きカンボジアの旅行商品の最大の買い手であり、すべての輸出の約80%を占めている。

中央銀行によると、昨年、カンボジアは2018年と比較して12.7%増の146.3億米ドル相当の製品を輸出した。同国の輸入額は223.4億米ドルで、同時期に18.6%増加した。

保健省は水曜日、カンボジアでさらに2件のCovid-19症例を発表し、合計35症例となった。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年03月23日22:58

カンボジア:旅行用品輸出が倍増

カンボジア縫製業協会. (GMAC)によると、昨年の旅行用品の輸出額は2018年の2倍の12億米ドルであったという。

最近の声明でGMACは、旅行用品の輸出額が昨年100%増加したと述べた。2016年には旅行用品の輸出額はわずか5000万米ドルであったことを考えると、これは顕著な成果であると称賛された。

2016年7月、米国はカンボジアの旅行用品を一般特恵関税制度(GSP)に含めた。

米国は引き続きカンボジアの旅行用品の最大の購入国であり、全輸出の約80%を占めている。

「輸出のこの驚異的な成長は、2016年のGSP見直しをもたらした商業省とGMACの米国への共同ロビー活動によるものです。この成功を称え、GMACは請願書を成就させた商業省のリーダーシップと支援に感謝します。また、2016年に香港への投資促進旅行に参加することにより、カンボジアへの外国直接投資の促進を支援したカンボジア開発評議会事務局長と元米国大使に感謝します」と述べた。

GMACはまた、「カンボジア製」ブランドを信頼しているバイヤーとエンドユーザーに感謝の意を述べた。

Kaing Monika書記長はThe Post紙に対し、輸出の増加は目覚しいものであるが、業界は深刻な課題に直面しているため、栄光に満足している場合ではないと語り、「今後の懸念は、新型コロナウイルスによって深刻な打撃を受けた米国とヨーロッパの輸出市場です。今後どれくらい続くか、それが経済、人々の収入、消費者の信頼にどのように影響するかはわかりません」と指摘した。

Monika氏は、ここ数カ月業界を悩ませている原材料不足は、中国が新型コロナウイルスから回復すればすぐに終わるだろうと述べた。

商業省スポークスマンのSeang Thay氏は、カンボジアは現在、中国、韓国、英国への輸出を後押ししようとしていると述べ、「政府は韓国と英国と自由貿易協定(FTA)を交渉しています。私たちは中国とのFTAの交渉の初期段階にいます」とThay氏は指摘した。

米国国勢調査局によると、カンボジアは昨年、53億6000万米ドル以上の製品を米国に輸出し、2018年から40.43%増加したという。対するカンボジアは米国市場から5億1300万米ドルを輸入し、2018年から15.16%増加したという。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年03月20日05:33

カンボジア: 新型コロナウイルス、EBA撤退にもかかわらず外国直接投資が増加

複数の国内外の課題を抱えているにもかかわらず、カンボジア開発評議会(CDC)に提出された投資案件の数は増加している。
カンボジア開発評議会(CDC)は15の新プロジェクトを審査し、総額5億3900万米ドルの投資を承認した。
3月9日の会議で議論されたベンチャー企業には、再生可能エネルギー、配線および電気機器、タイヤ生産、ホスピタリティ、農業、食品・飲料、ヘルスケア、鉄鋼産業のプロジェクトが含まれている。
カンボジア王立アカデミー研究者のHong Vannak氏は、政府が政治的安定を維持し、他国との貿易関係を拡大するにつれて、カンボジア市場における外国からの関心が高まっていると述べた。
Vannak氏は、2020年の経済成長は進行中の新型コロナウイルスの大流行とEUの『武器以外すべて(EBA)』制度の部分的撤退の影響にもかかわらず、2019年と比較してもそれほど低くないと予測し、今年初旬から、多くの企業が案件をCDCに登録し、これらの投資案件の多くが承認された。これらの投資案件の多くは中国からのものと述べた。
Vannak氏によると、外国直接投資(FDI)の流入は新型コロナウイルスが引き起こしているアパレル労働者の失業による経済的影響を相殺するのに役立つという。
カンボジア商工会議所副会長のLim Heng氏は、中国からの出荷が今週再開したため、アパレルおよび履物産業の原材料不足から徐々に回復しつつあると語った。
カンボジアはすべての産業で大きな投資の可能性を秘めているとHeng氏は述べた。
カンボジア開発評議会(CDC)は2月の最初の10日間で、合計1740万米ドルに相当する4つの投資案件を承認した。
環境にやさしいベンチャーの中には、カンダル州のAng Snuol地区に資本金380万米ドルで建設予定のTimberpack Carton Co., Ltd.の工場がある。同プロジェクトは138人の雇用を創出する予定である。
カンボジア開発評議会(CDC)はプノンペンDangkor地区にある履物工場を承認した。同工場は、560万米ドルの投資でFortress International Co., Ltd.によって開発される。CDCによると同工場は1928人の雇用を創出するという。
また別の履物工場投資案件Qi You Footwear (Cambodia) Co., Ltd. は大きな賞賛を得た。カンダル州Ang Snuol地区に工場建設予定。工場の建設費用は550万米ドル、1834人の雇用が期待されている。
最後に、カンボジア開発評議会(CDC)はカンポンスプー州のBor Seth地区にあるHome Textiles of Texssel (Cambodia) Co., Ltd.のアパレル工場案件を承認した。資本金250万米ドル、同案件により1034人の雇用を創出予定。
CDC事務局長のSok Chenda Sophea氏は先月、カンボジア開発評議会(CDC)に提出された申請件数は新型コロナウイルスの脅威と8月から始まるカンボジアとヨーロッパの貿易特恵の20%を失うという事実にもかかわらず減少していないと述べた。
Sophea氏は、カンボジアが外国投資にとって今も非常に魅力的な目的地であると述べ、一部のプロジェクトは一時停止またはキャンセルされたが、新しい投資家も加わったと述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年03月18日09:58

カンボジア:首都プノンペンの縫製工場で火災

プノンペン市消防署のNeth Vantha署長は、倉庫が午前12時ごろに発火したと語った。

午後5時までに、警察では消火作業はまだ終了していないと彼は述べた。Prey Sar地区の倉庫は、25m x 25mの大きさで、亜鉛で覆われ、織物で満載していた。

「ここで処理するために、カンボジアのさまざまな縫製工場から数百立方メートルの布地が収集され、購入されました。 倉庫は全損を被りました」と彼は言い、炎で負傷した人はいなかったと付け加えた。

Vantha署長は火災の原因を究明できていない。しかし、水曜日の午後5時30分の時点で、市消防署の警察と他の消防隊が制御下に置いたと彼は述べた。

専門部隊が燃え上がった布片を掘り出し、それらに水を噴霧して火の再燃を予防していると彼は述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年03月01日19:42

カンボジア:コロナウイルス、中国の工場の閉鎖と共に労働者解雇に繋がる可能性

カンボジア労働職業訓練省は、国内の一部の縫製工場が原材料の不足により、来月、一時的に閉鎖するか、労働者を一時的に解雇する可能性があると警告している。

同省のスポークスマンHeng Sour氏は、2019年の新型コロナウイルス(2019-nCoV)が中国全土に蔓延し続けているため、多くの繊維工場が操業を停止し、カンボジアへの原材料の供給を中断していると述べた。ほとんどのカンボジアの縫製工場は中国から原料の生地を輸入している。

一部の政府批評家は、将来の工場閉鎖と労働者解雇を、EUによる「武器以外すべて(EBA)」制度撤回の可能性と結びつけるかもしれない。そしてそれは間違いである、とSour氏は述べた。

「3月、一部の工場は閉鎖または労働者を解雇する必要があるかもしれません。これはEBAの問題が原因ではありません。カンボジアの縫製工場は中国から供給される原料に依存しています。発注後、これらの工場で約40日後に生地を受け取ります。旧正月前に、大量の織物が輸入されましたが、その後中国の工場は閉鎖されました」とSour氏は中国の工場がいつ営業を再開するかは不明だと付け加えた。

ウイルスの拡散を抑えるため、中国は旧正月以来、主要企業の閉鎖を許可している。中国国民は、無期限の休暇の取得、または在宅勤務が許可されている。報道時点で、新型コロナウイルスによって中国全土で800人以上が死亡。37,198人が感染した。

Sour氏は、カンボジアの工場の約5%が3月の第2週までに織物不足に直面し、その月末までに10%の不足になり、”工場オーナーはこれまで原材料の発注を試みましたが、中国の工場の閉鎖により受注されていません”と述べた。

Sour氏は、批評家が工場閉鎖と労働者解雇の問題を乗っ取り、カンボジア政府にダメージを与える可能性があると述べ、「原材料の不足が原因はEBAの問題に結び付けるべきではありません」と強調した。

EUは水曜日にEBA問題に関する決定を下す予定である。欧州委員会は、取引の全てまたは一部を撤回することも、または一切撤回しない可能性もある。

労働者労働組合総裁のPav Sina氏は、労働者が解雇された場合、政府は介入すべきだと述べた。

「原材料不足により工場が閉鎖された場合、労働者の収入源が途絶えます。彼らは多額のローンを抱えており、工場閉鎖により深刻な財政難に陥る可能性があります。政府は、最悪の事態が発生した場合、これらの労働者に何らかの財政援助の提供を検討するべきです」とSina氏は述べた。

日曜日、カンボジア縫製業協会(GMAC)のKaing Monika副事務局長からのコメントを得ることはできなかった。

世界銀行は最近、1998年から2008年の間、カンボジア経済は輸出および観光部門が好調だったため、国内総生産(GDP)が平均8%の成長を享受出来たと述べた。

その間、カンボジアは世界で最も急成長している経済地域の一つであったが、2019年には経済成長は7%に減速した。

1996年、カンボジアには60の縫製工場と履物工場があり、8万人を雇用していた。現在、81万人の従業員を雇用する1000の工場がある、と労働および職業訓練大臣のIth Sam Heng氏は述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年02月14日12:34

カンボジア:政府、アパレルのバイヤーらの苦情に答える

カンボジアのアパレル部門の最大のバイヤーらは、フン・セン首相に労働組合と労働者が直面する問題に対処するよう促した。上級官僚は、現場の状況とは関係ないと述べた。

フン・セン首相宛の手紙は火曜日に送られ、アディダス、エスプリ、レヴィ・ストラウス、プーマなどが署名した。労働者の権利団体であるアメリカのアパレル&フットウエア協会と国際キリスト教労働組合連盟もこの文書に署名した。

書簡は、首相にこの分野の4つの主要な問題に取り組むよう要求した。労働組合法の改正、組合とNGOに関する法律の廃止、組合指導者に対する未解決の刑事告発をすべて取り下げ、仲裁評議会の重要な役割を尊重し、育成すること。

書簡では、バイヤーらは昨年カンボジアから95億ドル相当の商品を輸出したと述べた。

しかし、彼らは今月、労働組合法の改正により「国際労働者の権利基準に達せず、組合登録への恣意的な障害を排除できず、すべての組合が組合員を完全に代表する能力を制限した」と述べた。

「カンボジアのアパレル、履物、旅行用品セクターの信頼性が危うくなっています。私たちは、カンボジア政府にロードマップを公に提示するよう要請します。これには、上記の問題に関する国際基準に沿ったカンボジアを実現するための具体的、具体的かつ時間制限のあるステップを定め、実施する包括的な三者国家メカニズムも含まれます」

バイヤーらは、カンボジアの労働と人権状況がスキーム、特にEUの武器以外のすべて(EBA)スキームと米国の一般特恵優遇制度(GSP)の損失のリスクを抱えていると懸念していると述べた。

労働者運動組合連合のPav Sina会長は、書簡の内容は組合の要求に沿っていると述べた。

「これらの大手バイヤーは、労働条件に関しては国際基準を尊重しています。カンボジアから製品を購入することを決定する前に、彼らはサプライヤーがこれらの条件を満たしているかどうかを調べます」

「この書簡は労働者の権利と労働条件を改善する試みでした」と彼は言う。

カンボジア衣料品製造業者協会のKaing Monika副会長は、この手紙は企業に対する政治的圧力の結果であると述べた。

「私たちの業界とブランドは、労働者と組合の自由の観点からより多くのことをするという外部の政治的圧力にさらされています。自由は良いことですが、責任と説明責任のない自由はどの国にとっても壊滅的なものになるでしょう」とモニカは言いました。

彼は、購入者の多くがベターファクトリーカンボジアプログラムの積極的なメンバーであると指摘しました。ほぼ20年にわたって運営されているこのスキームは、カンボジアを安全な調達先にするために設計されているとMonika氏は述べた。

「カンボジアの衣料産業は、自身の成功の犠牲になっています。これは非常に残念です。私たちの小さな欠陥は、私たちの業績よりも良い見出しと記事を作ります。

「専門家に尋ねるか、レポートを読んでください。アセアンと南アジアのどの国の衣料産業が、カンボジアよりも労働条件と労働権と労働組合の権利が優れていますか?そんな国、ありませんよ」

Monika氏は、手紙で言及された労働者と労働組合員の逮捕は実際に法に則ったものだと述べた。これらの労働者と労働組合員は暴力的なストライキとデモを行い、他の人や財産に傷害を引き起こし、カンボジアの法律の下で刑事犯罪を構成した。

労働省と職業訓練のスポークスマンHeng Sour氏は、書簡の内容に問題を見る。

「カンボジアは、世界の他の国々と比較して、これらの分野で進歩を遂げていることをすでに示しているにもかかわらず、彼らは同じ古い問題を提起している」と彼は述べた。

Sour氏は、カンボジアが近年行った進歩を理解する簡単な方法は、王国を他の国と比較することだと言う。

「バイヤーらに、カンボジアの法律と他の国の法律を見て、比較することをお勧めします。カンボジアが一般的に他の国よりも良い状況だということがわかるはずです」

「それもせず、私たちの言うことさえ聞かないならば、何を言っても、彼らはいつも同じ古い声明で答えるでしょう」とSour氏は言った。

来月、欧州委員会はEBAスキームについて決定を下す。EUは、それを取り消すか、部分的に中断するか、または保持することが可能だ。

プノンペンでアディダス、ナイキ、およびプーマの製品を生産する工場の管理者は、工場の所有者はスキームの潜在的な損失について心配していないとポスト紙に語った。

EBAの停止は、当社の事業に大きな影響を与えません。私の工場は、関税を支払わなければならないことによるコストの増加に耐える用意ができています」と彼は述べ、EBAが停止されないことを「100%確信」していると付け加えた。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月28日14:32

カンボジア:中国企業、綿産業に「数百万ドル」を投資

中国の企業は、カンポン・スプー州の綿花産業への「数百万ドル」の投資に注目していると、Vei Samnang知事は1月19日にThe Postに語った。カンポン・スプー地方のホールで会社の代表者に会ったと言った。 「中国の大手企業で、私の省への投資の可能性に関する調査を既に実施しています」と彼は言い、作物の栽培と加工に興味があると述べた。「彼らは州の3万haに数百万ドルを投資するでしょう」と彼は言った。Samnangは、このプロジェクトが他の中国人投資家を同州に誘致すると述べた。 「カンポンスペウの農業産業にとって大きなプロジェクトです。」彼は会社の名前を明かさず、投資される資本に関する具体的な数字も提供しなかった。 「州当局は、土地所有者と土地を結び付け、事務処理を促進することで、土地の購入を支援します」と彼は言う。Samnang知事は、州内の利用可能な農地は不足しており、民間企業や家族が所有する稲作耕地は約11万haを占めると指摘した。また、州にはサトウキビ専用の約4.5万haとマンゴー専用の45万haがある。農務省のNgin Chhay局長は、日曜日にコメントのために連絡できなかった。昨年7月、江蘇Lianfa Textile Co Ltdと呼ばれる中国の会社は、パーサット州で綿の栽培と加工に投資し、縫製工場に供給する計画を発表した。同社は作物の予備試験に成功し、バカン地区の180haで2回目の試験を準備している。フランスによって設立されたカンボジアの綿産業は、1965年から1975年の間に繁栄し、毎年何千ヘクタールの作物が収穫された。しかし、ほぼすべての農業資源が米の生産に割り当てられたクメールルージュ時代には、産業は衰退した。ポルポト政権の下で綿花の生産は継続したが、市場の欠如と長年の昆虫のfest延により、カンボジアの農民は1985年までにそれをあきらめた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月22日16:01

カンボジア:工場に輸出権を付与

商務省は、昨年の最初の11か月で、78の衣料品、履物、バッグ工場に特恵貿易制度の下で輸出権を付与したと、年次報告書で述べている。

同省は、昨年1月から11月にかけて51の工場を登録し、2018年の同時期の41工場から24%増加したと報告書は述べた。

前年の10から170%増加して27のバッグ工場が登録される同時に、138の輸出業者およびその他の工場が登録され、これは21%の増加に相当する。

カンボジア縫製業者協会(GMAC)のKaing Monika会長はThe Post紙に対し、カンボジアはアパレル製品と履物の登録の急増を促した米中貿易紛争のプラスの影響が顕著と語った。

「昨年の縫製工場の伸びは、主に中国に代わる供給源を見つける傾向と、最近の米中貿易戦争によって後押しされました。旅行商品工場の成長は、米国の一般特恵貿易制度の製品の適格性によって強化されました」とMonika会長は言う。

GMACメンバーは、カンボジア全土で500以上の工場を運営し、70万人以上の労働者を雇用している。

Pan Sorasak商務大臣は、国際市場への輸出を促進するために、同省は、アセアン経済共同体内での統合を通じてサプライチェーンの強化と輸出市場の多様化を続けていると述べた。

「地域およびグローバルな枠組みの中で競争するために、商務省は人的資源の強化、管理および管理構造の改革、ならびに公共サービスの改善により能力と効率の改善に努めています」とPan Sorasak大臣は先月の省の年次総会で述べた。

商務省の報告によると、カンボジアの国際市場への輸出は、昨年の最初の10か月で100億ドル以上に達したが、これらは主にアパレル・繊維製品、履物、旅行製品の分野からである。

カンボジアは、前年比6.45%増の108億米ドル以上の商品を輸出した。

データの内訳によれば、アパレル製品の輸出額は64億米ドル、繊維製品は4000万米ドル、履物は9500万米ドル、米は28600万米ドルであり、その他の製品が31億米ドル以上を占める。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年01月02日10:50

カンボジア:繊維・アパレル製品と履物、輸出の増加を促進

政府の報告書によると、カンボジアの輸出は今年の最初の10か月間で100億米ドルを超えた。これは主に、繊維及びアパレル製品と履物(GTF)の輸出の増加による。

商務省の報告書によると、総輸出額は108億米ドルとなり、前年同期の1014000万米ドルから6.45%増加した。

データの内訳によれば、アパレル製品の輸出総額は64億米ドル、履物(9500万米ドル)および繊維製品(4000万米ドル)だった。

米およびその他の商品は、それぞれ28600万米ドルおよび31億米ドルを超えた。

Pan Sorasak 商務大臣は、水曜日に行われた同省の年次総会での開会の挨拶の中で、政府は海外で入手可能なカンボジア製品の数をさらに増やすことにコミットしていると述べた。

「自由貿易圏の交渉と国際貿易パートナーシップの拡大が検討されている」とSorasak 大臣は述べた。

同省は、アセアンのさらなる統合により、生産チェーンの強化と市場の多様化を続けていると付け加えた。

Sorasak 大臣は、政府が知的財産権、消費者保護、偽造製品とサービスの問題に対処し、王国の地域競争力を高めるための統制の最適化に「細心の注意を払っていた」と強調した。

カンボジア衣料品製造業者協会のVann Sou Leng会長は、同部門が競争力を維持するための措置を導入したことを認めたが、政府はコストを抑えるための支援なしにリスクに直面する可能性があると警告した。

「地域的には、コストが急速に増加しているため、効率やコスト管理などの他の分野とのトレードオフが必要です。より多くの消費者がより短いリードタイムを要求しているため、私たちの限られたローカルサプライチェーンはそれをサポートするポリシーを必要としています」

「国際的には、米中貿易戦争とブレグジットが世界経済を減速させるのではないかと懸念している一方で、EU[カンボジアから]『武器以外のすべて』のスキームを撤回するという脅威があります。一方、ビジネス環境は急速に変化しており、消費者の要求は厳しくなり、労働、社会、環境へのコンプライアンスの向上によりコストが増加しています」

「急速に変化する地球環境に対応するために、さらにやるべきことがあります。同省は、世界的な動向について革新的で十分な情報を提供し続ける必要があり、状況が必要な場合に適応および変更するための戦略を開発する必要があります」とSou Leng会長は述べた。

カンボジア米連盟のLun Yeng事務局長は、同国の世界市場への米の輸出は、今年の最初の11か月で51万トンを超え、昨年同期比3.4%増加したとThe Post誌に語った。

Lun Yeng氏は、中国からの需要の伸びと、アセアンおよびオーストラリア市場へのさらなる拡大に貢献したという。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年12月24日05:55

カンボジア:開発評議会、880万ドル相当のプロジェクトを承認

カンボジア開発評議会(CDC)は、合計880万米ドルの設備投資で、バッグと衣料品分野の3つの投資プロジェクトを承認したと、122日発表した。

承認されたプロジェクトは、バッグ工場Quan Ming HandbagCambodiaIndustrial Co Ltd、バッグとベルト工場Gd New Sky Leather Products Co Ltd、アパレル縫製工場Tao And Kiven Garment Co Ltd

開発評議会は、工場が3448名の雇用を生み出し、プノンペン、カンダル、カンポンスペウに配置されると述べた。

商務省のLong Kemvichetスポークスマンは、カンボジアが米国とEUによって提供された多くの貿易特恵と「有利な」投資法のために最高の投資環境を有していると述べた。彼によると、より多くの国際投資家がカンボジアへの投資に関心を示している。

「新しい企業の到来は良い兆候です。他の投資家もカンボジアに引き付けるかもしれません」とKemvichetは言った。

『武器以外すべて(EBA)』協定が撤回された場合、カンボジアはEUへの免税輸出機会を失うリスクがあることに留意して、「カンボジアは潜在的な影響を減らすために輸出ポートフォリオを多様化しています」と述べた。

Kemvichet氏によると、英国は輸出部門における生産性と競争力の強化に努めており、製品が非課税であろうとなかろうと、他の国の製品と競合できるようになっている。

カンボジアは今年の最初の9か月で、前年同期の704400万米ドルから13.18%増の797000万米ドル以上の繊維・アパレル製品、履物(GTF)製品を輸出した、と経済財務省の税関総局の報告書は述べている。

報告書によると、米国は25億米ドル、EU24億米ドルを占めている。英国は67000万米ドル、日本は71100万米ドル、アセアン加盟国は12100万米ドル、その他の国は15億米ドルとなっている。

カンボジア国立銀行の2018年の報告では、カンボジアのアパレル製品と靴の輸出額は100億米ドルと評価され、2017年の80億ドルから24%増加した。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年12月17日14:39

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 20 | 21 | 22 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る