インドシナニュース

ベトナム縫製工場、TPPに備える

ベトナムは、76億米ドル相当の衣類をアメリカに輸出している。そして、現在の成長速度で進めば、輸出取引高は2020年までに130億米ドルとなる。しかし、環太平洋経済連携協定(TPP)が結ばれると、この数字は220億米ドルまで跳ね上がる。

ベトナム繊維協会(Vitas)相談役Le Quoc An氏は、この数字を叩き出した当の人物で、ベトナムがTPPによってもたらされるチャンスを掴めるなら、これは「幻想」でないと断言した。

ホーチミン市で数日前に行われた国際繊維展示会VTG2012は、繊維産業の縮図と見られる。中国、台湾、韓国からの企業のブースが展示会を支配する一方で、ベトナム製品の数は極めて控えめである。

税関総局によると、2012年11月15日までには、ベトナムは156億8700万米ドルの相当の繊維製品を輸出した。しかし、この輸出の一方で、107億7000万ドルの相当の資材(うち、60億米ドルは生地)の輸入を余儀なくされている。

また、税関総局によると、2012年10ヶ月の輸入額35億米ドルのうち、中国がベトナムへの資材の最大の供給国であり、次いで、韓国、台湾と続いている。

TPPが結ばれると、2020年までに90億米ドルの相当多く製品を米国に輸出する機会をもたらされるとVitasのAn氏は言う。しかし、ベトナムが中国や台湾や韓国からの資材輸入に頼りきりになるならば、90億米ドルをそのまま得ることができないだろうとも言う。

「原糸」原則(すなわち0%の特恵関税を享受するには、ベトナムの輸出品は、ベトナムまたはTPP参加国で作られた繊維あるいは資材を使わなければならないという原則)を米国(TPPのパートナー)は提案している。

一方、その製品が輸入生地と材料でできているならば、0%の輸出関税を受けられるとベトナムは主張している。TPP交渉の第15ラウンドはニュージーランドで行われているが、ベトナムと米国はこの件で共同声明を出すことができずにいる。

TPPで適用されると考えられる原糸原則は、投資家に繊維産業に資金を投入するよう促している。今後、織物工場が建設されれば、彼らの製品は縫製工場に提供され、ベトナムの縫製工場の製品は0%関税で米国に輸出されるのである。

An氏は、ベトナムで織物工場を建てるための適当な場所を探したいと言うシンガポールや香港や中国の会社から協力してほしいという招待状を少なくとも10以上個人的に受け取ったと言う。

TPPは、同様に経済効果だけでなく、社会的な利益ももたらすと期待されている。Vitasによると、10億米ドルの相当の繊維輸出を成し遂げるには、ベトナムは10万人の労働者を必要とし、予測されるようにベトナムが2020年までに220億ドルの相当の製品を輸出することができるならば、これは、何百万もの新しい雇用が創出されることを意味する。

しかし、すべてがベトナム企業の能力に依存すると、Garmex Saigon会長Le Quang Hung氏は言う。「外国からの資材の輸入に頼り続けて、FOB形式の下に製品を輸出できないならば、我々はTPPをフルに活用することができないでしょう。」と彼は言う。

Garmex Saigon社では、海外の輸入業者と交渉して、同社がベトナム製繊維でできている特定の一部の生地を使う約束を取り付け、TPPが有効となったときには、現在の17-35%でなく、もっと多くの製品が0輸出関税を受けられるように考えている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月27日06:00

イオン、ベトナム国内企業とPB製品生産で協力

日本のイオン・グループは、ベトナムでの小売需要に応え、グループの世界流通網に乗せるプライベート・ブランド製品の生産でベトナム企業と協力する。

イオンが特に関心を持っているのは、繊維製品、履物、プラスチック製品といったベトナムが強みを持つ輸出品だ。

ホーチミン市師範大学の学生への奨学金授与式にあたってイオン・ベトナム社の西峠泰男社長が明らかにした。

今回ホーチミン市師範大学と社会人文科学大学の日本語学科の学生60人が、1人600万ドンの奨学金を受け取っている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月04日14:00

脱中国シフトのチャンスも、、、業界に因りけり

近年、日本企業の中国からアセアン諸国への生産シフトの波は強くなる一方である。ベトナムでも、すべての業界がこのシフトの流れの恩恵を受けるわけではない。

 

<繊維が真っ先に>

昨年来、ファンティエット縫製輸出会社(PTG)はビントアン省に15ライン、工員約800名の工場を建設中である。現在、この会社は全部で47ライン、総従業員は2300名でさらに200名必要である。

ファンティエット縫製(PTG)の新工場は2012年4月位操業開始した。ファンティエット縫製(PTG)社長Huynh Van Nghi氏は、生産キャパを増やすのは日本顧客の注文を受けるためである。

ファンティエット縫製(PTG)の操業は19年に及ぶ。かつては欧米向けの生産が中心で、日本の注文は同社の全生産量のわずか5-10%程度のみだった。けれども、この2年間で日本の顧客が積極的になり、ファンティエット縫製(PTG)は徐々に日本向けの生産へ切り替えていった。Nghi氏によれば、「最近の日中関係は本当に緊迫しているが、日本人はこれ以前にも、2-3年前から調整しようとしていた節がある」

今年10ヶ月の日本への出荷額は2500-2600万米ドルで、対昨年同期比で10%増加している。現在、同社の生産計画は2013年3月まで埋まっている。Nghi氏によれば、日本の顧客は来年も経済情勢は容易ではないが、彼らはファンティエット縫製(PTG)に対し、2013年4月以降これまで以上に量をこなしてほしいと要望している。

ドンナイ縫製株式会社(Donagamex)は、仮に昨年日本向けの輸出注文が全体の48%を占めていたとすれば、今年は60-70%を占めるまで増加した。ドンナイ縫製(Donagamex)の今年10ヶ月の日本向けのワーキングウェア、あるいは、スポーツウェアの輸出金額は3000万米ドルまで達している。

ドンナイ縫製(Donagamex)副社長Vu Dinh Hai氏は、同社では2013年9月まで日本向けのオーダーが入っているという。一部の顧客は中国からのシフトの流れだという。

ドンナイ縫製(Donagamex)では、ビンフック省とドンナイ省のXuan Loc地区に新工場を建設した。ドンナイ省の新工場は今年3月に工員の募集を始め、ビンフック省の新工場は建設の最終段階に入り、来月より工員の募集を開始する。Hai氏によれば、この2つの新工場は2015年までに5000人の工員を必要とする。

ベトナム繊維協会(Vitas)によれば、現在、日本はベトナム繊維製品の輸入市場としては、アメリカ、ヨーロッパに次ぐ第3位の市場である。具体的には、今年の年初から9ヶ月のベトナム繊維製品の輸入額は14億米ドルで、対昨年同期比で18.8%増加している。

また、同じくベトナム繊維協会(Vitas)によれば、今年年初、7ヶ月のデータでは、ベトナムは日本市場へ輸出している国々の中で第3位に位置し、10億米ドル以上であり、これは中国(161億米ドル)、EU(12億米ドル)に次ぐ。留意すべきは、日本市場への繊維製品の輸入金額で、中国は若干(0.6%)減少し、他の国は若干増加している中で、ベトナムからの輸入は大きく(22%)増加している。

 

<プラスチックはがっかり>

(省略)

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月20日06:00

繊維輸出に占めるベトナムのシェアはわずか

繊維製品はベトナムの主要輸出品目で、これまでも継続的に成長を続けてきたが、主要市場ではまだまだ比較的小さい市場シェアを持つに留まっている。

米国商務省所轄下のテキスタイル及びアパレル・オフィス(Office of Textiles and Apparel - OTEXA)によると、2012年の最初の8ヶ月間では、ベトナムのアメリカへの繊維製品の輸出は合計50億USDで、対前年同期比6%の増加となった。

米国の繊維製品の輸入については、今年の8ヶ月間で主要な供給国のほとんどが減少している中、ベトナムから米国への繊維·衣料品の輸出は引き続き成長し続けた。

しかし、ベトナムは、米国への繊維の供給において、二番目に大きい市場だが、米国の繊維、衣料の輸入総額に対してはわずか7%強を占めるにすぎない。米国は、ベトナムにとって、繊維製品や衣類の最大の輸入市場である。

一方、この時期に中国からの米国の繊維アパレル輸入は微増(0.3%)、262億USDに達した。しかし、中国は米国の繊維製品の総輸入量の39%以上を占めている。

欧州連合(EU)市場では、EU統計局(Eurostat)のデータ では、 今年上半期のベトナムからEUへの衣料品輸出は、9億5600万USDに達し、対前年同期比5%減である。

ベトナムは、EUの衣類の総輸入量のわずか2.45%を占めるにすぎない。EU市場への衣類の輸出については、ベトナムは中国(38%)、バングラデシュ、トルコ、インド、チュニジア、モロッコに続く、第7位の輸出国である。

中国は依然として繊維輸出においては大国で、原材料を自国内で手配できる、労働力が豊富で、高い労働生産性を誇るなど、ベトナムに比べて多くの利点を持っている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年10月23日06:00

Vinatex-mart、スーパー店舗網を拡大

Vinatex-martの店舗網の総責任者Duong Thi Ngoc Dung女史は、現在建設中で、2012年末までにオープンする予定のスーパー15店舗以外に、同社では40の候補地を探し、来年の販売拡大のために投資する。

Dung女史によれば、2013年から2015年までの同社の目標は毎年40店舗の出店である。

Vinatex-martでは、現在の約80店舗から2015年には200店舗まで拡大することを目標に掲げている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年10月16日12:00

ベトナム企業にイタリアから靴・皮革製品生産の技術援助

ビンユーン省Lien Anh繊維及び靴・皮革製品資材センターを通じて、イタリアの資材サプライヤーがベトナム企業に靴・皮革製品生産の技術援助をすることになった。

これは、7月20日のLien Anh繊維及び靴・皮革製品資材センターの再開に際し、Lien Anh有限会社の副社長Truong Thi Thuy Lien女史が明らかにしたもの。

Lien女史によれば、Lien Anhセンターを通じてベトナムの靴・皮革製品メーカーらに資材を供給する以外に、トスカナ地方の資材メーカーの協会に属する15の企業が生産技術の指導、染色、ファッション、サンプル・デザインなどの工程をベトナムの中小企業に指導することで合意した。

イタリアのこの15の企業も、ビンユーン省のLien Anhセンターに靴・皮革用の資材を供給し、紹介する。

Lien女史によれば、イタリアの資材の品質は非常に高く、ベトナム企業にイタリア企業の技術指導を紹介することで、ベトナム製の靴・皮革製品は品質を上げ、国内・海外の消費者の要望に応えられるようになっていくだろうとしている。

ベトナム履物・鞄協会副会長Diep Thanh Kiet氏によれば、現在、ベトナムには700の靴・皮革製品メーカーがあり、毎年約7億足を輸出している。そのうち、原材料を国内調達できているのはわずか40-65%である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年07月27日06:00

2012年の皮革展示会に150社が参加

14回皮革国際展示会が719日より21日までホーチミン市7区の展示会場で行われる。今年の展示会は16ヶ国の皮革工業界から、150のメーカーを集め、皮革類の生産設備、付属類、化学品、インテリア、ファッションなどを展示する。

2012年の皮革展示会は「皮革製品国際展示会」及び「繊維業界付属・設備国際展覧会」と並行して行われ、最新の技術と原材料に接し、周辺諸国の協会と接触、あるいは、協業したい企業に条件を整えることを目的としている。

展示会はベトナム皮革協会、Top Repute国際展示機構会社(香港)及びヒエン・ダット・サービス会社の主催で行われる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年07月13日06:00

繊維企業、受注に苦しむ

   商工省によれば、ハイシーズンに入っているにもかかわらず、ほとんどの繊維企業が受注に苦しんでいるという。

   主力の欧米市場が初春の在庫を抱え、ディストリビューターも発注しないため、2012年5ヶ月で、注文価格が下落傾向にある。

   5ヶ月間の繊維業界の輸出金額は53億USDで、対昨年同期比7.7%増加している。生産用の原材料の輸入については、数量、金額、いずれも減少しており、そのうち、綿花は33.7%、糸は29.3%、生地は1.8%といずれも対昨年同期比の金額ベースで減少している。

   ベトナム繊維協会副会長Dang Thi Phuong Dung女史によれば、現在、繊維製品生産企業の在庫品は、国内消費分が増加していると言う。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年06月09日07:00

Saigon Tex 2012 –繊維産業技術革新のチャンス

411日、ホーチミン市タンビン区ホアンバントゥ通の国際展示場で繊維産業用のミシン、設備、付属、原材料の展示会が開幕した。

ベトナム繊維公団(Vinatex)はVCCIび香港のCP Exhibitionと共催で22回目の設備、付属、原材料の展示会を開催した。

商工省次長Ho Thi Kim Thoa女史、ベトナム商工会議所副会長Hoang Van Dung氏、ベトナム繊維公団からはVinatex会長兼Vitas総裁Vu DucGiang氏、Vinatex総裁Tran QuangNghi氏及び、国内外からの産業団体の代表が参加した。

展示会は2012411日から14日まで、8000㎡の敷地に世界中の18ヶ国から300近くの企業が出展している。展示会はベトナムの繊維各社が、先進諸国で生産された最新の技術を使った設備を実際に見て選べる機会を提供している。

この展示会はベトナムの繊維各社が最新の生産技術に触れる機会と情報を提供し、新技術への投資方向への先導することで、国産比率を高め、原材料のサプライソースを確保し主導的に海外の顧客の要望に応えたり、製品の付加価値を高めたりして、ベトナム繊維業界の発展に寄与し、国際社会への参加の効率を高めるものである。

同時に、展示会に併せて、「世界の繊維産業--供給市場から消費市場まで」「ベトナム繊維業界各社への付加価値を高める経営への提言」などの繊維業界に関するテーマに沿った会議のプログラムも組まれている。目玉は、今回の展示会では「キーバイヤーマッチング」というプログラムも用意され、各企業がサプライヤーと直接接触し、ベトナム企業が設備や技術を向上させ、最適の原材料サプライヤーを見つける機会を提供することになっている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル: /
最終更新:2012年04月14日07:00

繊維業界、予想以上の苦境が到来

    縫製会社Sai Gon 3 社長Pham Xuan Hong氏は、「昨年、主な生地や付属は大幅な値上がりをした。このことについては、多くの繊維各企業も認識しており、昨年のような原料価格高を押し分け、今年の繊維輸出を行うには困難を要すると話している。」また、Saigon 縫製輸出会社(Garmex Saigon)管理委員会副議長Nguyen An氏は、「2011年の繊維製品輸出金額150億USDの一部、綿価格5USD/kgと上昇した。しかし、現在は2.8USD/kgになった。」

    2012年好調である輸出オーダーであるが、来月末、各企業は苦境と対面する可能性がある。多くの企業は、年末の数ヶ月間のアメリカやヨーロッパ向けの大幅なオーダー減少の知らせを受けたと話している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年03月10日07:00

このページのトップへ戻る