インドシナニュース

タイのアパレル企業、ベトナムへの投資を模索

先週、タイの染色整理協会、皮革協会の代表がホーチミン市を訪れ、ベトナム企業各社に2015年3月11日から15日までタイで開かれる第33回バンコク国際アパレル・皮革履物見本市(BIFF&BIL)への参加を呼びかけた。

見本市への参加企業はブース出展費用の50%割引を受けられる。

タイ国衣料製造協会(TGMA)副会長Yotsaton Kijkusol氏はOEM業者はベトナム、カンボジア、ミャンマー、インドネシアのような人件費の安い国を探し、投資して、生産コストを削減しようとしている。

外国投資局は2014年11月24日現在、タイには371のベトナムへの投資認可済案件があり、登記資本金は総額66億5000万米ドル、ベトナムへの投資国101カ国中第10位となっている。

» 続きを読む

タイ ジャンル:
最終更新:2014年12月17日18:29

ベトナム:繊維機械の需要が高まる

先週、繊維原料・設備の第14回国際展示会(VTG 2014)がホーチミン市タンビン展示場にて開催された。

展示会には、国内外の企業170社が300のブースを出展した。

展示会に参加した企業の声によれば、ベトナムでの繊維機械・設備の消費需要は今後2-3年は勢い良く伸び続けることだろうという。

ホーチミン市第1区のTam Phu Hiep社社長Ngo Thanh Hiep氏は、2013年初めから同社では丸編機が60台売れ、今年は80台に達するという。

Hiep氏によれば、韓国企業や日本企業が多くの工場を建設しているので、2015年の工業用繊維機械の供給業者への可能性は非常に大きい、特にニット機の需要が大きいと見られるという。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年11月11日12:00

ベトナム政府、国産原材料を奨励するも税制策が障害に

ベトナム政府は、製造業に対して国産の原材料を使用するよう奨励している。だが税制策が適切でないことから、ベトナムで完成品を製造する場合には輸入原材料を使用した方が材料費を安く抑えられるという、税制面での問題が話題となっている。

Garmex Saigon社社長Nguyen An氏によれば、海外から原材料を調達しFOB契約の下で輸出向け製品を製造した場合、これらの企業は、輸入原材料にかかる輸入関税を定められた期間(275日)、一時的に繰り延べることができるという。

一方、国産の原材料を使用する場合には2つの選択肢がある。「みなし輸入」と通常の購入だ。現行法では、「みなし輸入」が輸出向け製品の製造で利用される場合、付加価値税(VAT)の支払いを免除される。

だがこの方法を、好ましく思っていない企業もある。と言うのも、税金の還付には、煩雑な手続きが必要となるからだ。

従ってGarmex Saigon社では、通常の方法で原材料を購入している。すなわち物品の引き渡し後すぐにVATを支払い、生産スケジュールに支障を来さぬよう、期日通りに原材料を入手するのだ。こうすれば税金の還付手続は、完成品を輸出するときだけですむ。

ホーチミン市を拠点とする、別の衣料品メーカーによれば、原材料の調達は、海外よりも国内の方が難しいという。またVATは通常、還付率は高いが、受け取るまでに相当の時間がかかると話した。

ベトナムの衣料品メーカーは、そのほとんどが海外企業の委託先となっているため、委託元の要請により、輸入原材料の購入を余儀なくされることがある。

ある弁護士は、輸入原材料にかかる輸入関税を定められた期間(275日)一時的に繰り延べることができるという規定は、一般的に考えて合理的だと話す。と言うのも、現状において、衣料品生産に必要な原材料をすべて国内で調達するのは不可能だからだ。また輸入原材料は、好条件の輸出環境を経て各製造業者に納入されるが、国産のものに関してはそうはいかないといった考え方も示している。

一方、こうした不合理とも言える税制策は、他の産業分野にもみられる。

VNPT Technology社CEOのTran Dinh Hung氏は、2013年半ばごろの電話機の輸入について話し、輸入電話機が完成品(CBU)だった場合、関税率はゼロだったと説明した。だが一方で、電話機の部品や付属品においては、その約7割に25~30%の税金が課されたという。

こうした税制策の下、国内販売向けに完成品を輸入する企業が増加し、輸入部品・付属品を扱う、組立生産が減少した。それに伴い、雇用も減少し、国内生産も縮小した。

各種輸入税を生み出す、輸入部品・付属品の数は、同年末までに約半数にまで減少。その結果、財務省では、多くの物品において輸入税率の調整を行うこととなった。

同弁護士は、完成品の輸入が課税対象にならないのであれば、輸入部品・付属品で税金を徴収しなければならないと話す。

またソニーを例に挙げると、同社はブラウン管テレビの生産においてベトナム事業から撤退し、国内販売向けに製品を輸入する事業に転換したが、それは完成品の輸入税の方が、輸入部品・付属品の税率よりも低かったためとされている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年10月28日06:00

ベトナム:織布・染色領域への投資は魅力に乏しい

過去2年間で多くの新規案件があり、投資家は繊維製品分野での機会を模索したが、現時点までで、ベトナムでの生地の織布、染色・整理の領域への投資はまだ少ない。

ベトナム綿糸協会(VCOSA)副会長Nguyen Van Tuan氏は、ホーチミン市で3-4日間、フランスの織布と生地の技術を紹介するセミナーでサイゴンタイムズのインタビューに答えて、昨年、多くの投資家は繊維産業に参入があったが、主に紡績やアパレル生産で、生地の織り、染め、仕上げにはほとんど投資がなかったと語った。(生地生産の3つの基本工程は、紡績-織布-染色・整理である。)

紡績の新規投資案件を含め、2013年に繊維産業の紡績能力は100万錘の増加となった。 2013年末までの時点では、ベトナム繊維協会(VITAS)によると、業界全体では610万錘、短繊維72万トン、長繊維15万トン、生地14億㎡の能力を持つ。

Tuan氏曰く、ベトナム繊維産業には依然として生地生産の「ボトルネック」がある。2013年、ベトナム縫製産業は、74億㎡の生地を使用したが、そのうち60億㎡までを輸入した。ほとんどの輸入生地は、輸出用のアパレル製品を製造するために使用される。

Tuan氏によると、このような状況のために、縫製産業は委託加工が中心となって(70%以上を占める)、デザインやファッションの発展のチャンスはほとんどない。

ベトナム繊維協会(VITAS)の報告によると、また、2025年までに、繊維産業の規模は倍増し、売上高は460億米ドルまでに膨れ上がり、そのうち400億米ドルが輸出向けだと予想されている。つまり、それまでに、ベトナムのサプライチェーンを改善して、業界全体で紡績1200万錘、織布120億㎡、労働者500万人(現在の労働力は250万人)を持つ必要がある、ということである。

Tuan氏によると、ベトナムは長期的には世界の生地メーカーの投資先である。彼は、この主張は、彼自身だけでなく、多くの投資家の意図するところだと述べた。

現在の世界の生地の総生産量は1700億㎡で、世界の繊維産業の成長は年率2%であるため、毎年、世界は34億㎡多くの生地を必要とする。一方、現在の環境汚染、電力不足、労働コストの高騰の問題から、投資家らはこれ以上中国の繊維産業に投資しない。

となると、織布・染色への投資はどこへ行くことになるのか? Tuan氏は、パキスタンの織布・染色領域への投資は多くの不利な要因があるし、バングラデシュへの投資にもリスクがあると述べた。タイなど他のアジアの国々は現在、織布・染色領域を開発する方針はなく、徐々にファッションや小売などの高いセグメントに移行した。

だから、生地生産の投資はベトナムに集まるのだとTuan氏は言う。また、織布・染色の領域では、ベトナムの多くの企業は主要市場への輸出に向け繊維製品の品質を向上させるために近代的な機械を輸入する傾向がある。

 

フランス企業7社が参加して、4月3日、織布と生地の技術の分野に最新技術を紹介するセミナーがホーチミン市で開かれた。参加企業7社は、LAROCHE、N. SCHLUMBERGER、SUPERBA、VERDOL、STÄUBLI、Dollfus & Muller、AESAである。セミナーは、UBIFRANCEとUCMTF(フランス・テキスタイル設備メーカー連合)というフランス企業支援組織によって開催された。

フランスは、世界の繊維設備輸出で6番目の国であり、115カ国以上の国に顧客を持ち、年間12億米ドル輸出している。フランスの繊維設備メーカーは、一定の顧客を対象にした、特定タイプの設備と技術を必要とする市場(ニッチ市場)を持っている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年04月11日06:00

ベトナム:「第8回繊維企業選抜ランキング」第1位の企業は?

3月20日朝、ベトナム商工省及びベトナム繊維協会は「第8回繊維企業選抜ランキング」の受賞企業リストを公表した。

第8回繊維企業ランキングのトップに選ばれたのはViet Tien縫製株式総会社とDong Xuan 縫製一人有限会社である。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長兼ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Le Tien Truong氏によれば、Viet Tien 縫製株式総会社は経営状況及び競争能力について第1位の基準に達しているという。Viet Tien縫製株式総会社は輸出金額の増加を続け、OEM形式の生産モデルの比重が高い。同社は、国内最大の3万人の労働者の規模を誇り、生産能率と経済効果が高く、工員はちょうど1日あたり8時間、週あたり5.5日勤務で、ホーチミン市内の工員は平均600万ドン、Thu Duc 区の工員は平均550万ドンの月給レベルを維持する唯一の繊維会社である。

このことは、縫製業界でも、管理が良くて、会社と工員の利益配分のバランスが取れれば、良い労働環境が作れることを示している。

紡績業界のランキング5位以内には、Dong Xuan繊維一人有限会社、Phong Phu繊維株式会社、第28繊維一人有限会社、Thanh Cong投資商業繊維株式会社、フエ繊維株式会社が選ばれた。

64社の企業から応募・参加があり、評価の得点は300点以上で、国内会社が選抜プログラム中で主役を果たしたとLe Tien Truong氏は述べた。

外資企業の繊維企業ランキングのプログラムへの参加はまだ非常に少ない。外資企業は「顔出し」したくなく、評価基準も外資企業の目標とうまく整合していないためである。

「全体的に見ると、競争能力さえあれば、今後も、繊維業界が困難に陥ることはありません。しかし、同時に、約10%を占める弱体企業は淘汰される危険もあります。」とLe Tien Truong 氏は述べた。

 

「繊維企業選抜ランキング」のプログラムは、毎年、ベトナム商工省商工部とベトナム繊維協会が共催している。とはいえ、強固な発展の継続をモットーに掲げているため、企業の経営状況の結果は、過去3年間(2010-2013)に遡って評価される。

「第8回繊維企業選抜ランキング」プログラムの授賞式は、ベトナム繊維業界の記念日である3月24日にハノイ市民劇場にて行われる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年04月02日06:12

ベトナム:Dap Cau縫製、転換社債を発行

2014年3月初め、ベトナム繊維公団(Vinatex)傘下のDap Cau縫製株式会社は75000口の転換社債を株主に1口あたり10万ベトナム・ドンで販売するのを国家証券委員会より許可された。額面で総販売額は75億ベトナム・ドン(36万米ドル)となる。

Dap Cau縫製株式会社の法定資本金は150億ベトナム・ドン。本社はバクニン省バクニン市。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年03月25日20:05

ベトナム:皮革履物メーカー各社、第3四半期まで注文埋まる

南部地域の多くの皮革履物メーカーは、一部の顧客の中国からの生産移転のために2014年第3四半期までの輸出向け商品の受注契約を完了した。

ビンユーン省Lien Phat靴によると、同社は現在、対前年同期比20万足増の約100万足の注文を受け、9月末まで注文が埋まっている。

Lien Phat社社長Truong Thi Thuy Lien女史によると、2つの理由から同社の今年の受注は対前年比でおよそ15%増加している。

まず、海外の顧客が環太平洋経済連携協定(TPP)の旨味を睨んで、中国からベトナムへ生産をシフトしていること。次に、中国の労働コストが上昇するとともに、ラオスやカンボジアでは労働資源の確保が十分ではないこと。

ホクホクしているのはLien Phat社だけではない。ホーチミン市皮革履物協会総書記Nguyen Van Khanh氏によれば、少なからぬメーカーが6月か7月までの長期の注文を受けていると述べている。この状況は、この時期3月いっぱいまでの注文しかなかった前年度からは程遠い。

Khanh氏はまた、皮革履物製品の注文が今年年初からこれまで急騰している原因は環太平洋経済連携協定(TPP)の下での税制上の優遇措置を享受するためにベトナム製という原産地資格を求めて、海外の顧客が中国から生産を移転しているためと述べた。

注文の急増に対して各メーカーには懸念材料もある。

協会会員企業を調査して、各社が現在最も心配しているのが労働力不足であることをKhanh氏は明らかにした。この数年の不景気の状況下で、靴部門の多くの労働者が他業種へ転業した。各企業はまた、原価コストが不安定で、注文をうまく継続できるかという心配もある。

Khanh氏によると、それでも2014年以降、履物企業は有利な経営環境を享受できるという。

具体的には、2014年、ベトナムの靴部門はEUの受益対象外リストから外されており、2014年1月1日から3年間は特恵関税制度(GSP)受益対象国となる。このため、今後3年間、ベトナム製履物製品に適用される税率は、以前の13-14%から3.5-4.0%と削減される。

市場の積極的な変化とともに、 業界各メーカーは、履物・鞄業界の2014年の輸出目標は十分に手の届く範囲で、少なくとも120億米ドルに達すると見ている。2013年は103億米ドルで、そのうちの履物は87億米ドルである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年03月05日10:21

ベトナム:皮革履物メーカー、原料調達に粉骨砕身

ビンユーン省のLien Anh皮革履物有限会社は、輸入した原料の革が品質不良で10万米ドルの損害を被った。

Lien Anh社副社長Truong Thi Thuy Lien女史は、原料の革を輸入に頼らず、しかも原料の安定供給確保のために、同社ではドンナイ省のある工場から原料の仕入れる計画を立てている。

ベトナム皮革履物協会(Lefaso)副会長Diep Thanh Kiet氏によれば、現在、ベトナム国内には、400社以上の皮革履物メーカーがある。しかしながら、国内の原料供給業者は需要の20-30%しか対応できない。多くの皮革履物メーカーは品質のいい原料を調達しようとすれば、ブラジルやイタリアやアメリカなどから輸入しなければならないが、価格が非常に高い。

ホーチミン市皮革履物会総書記Nguyen Van Khanh氏によれば、現在、ホーチミン市内には10社ほどの革メーカーがあり、各社日産で10トンくらいの革を生産しており、皮革履物メーカーは100社程度に及ぶ。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年12月12日06:00

ベトナム:第4四半期の靴・履物製品の輸出は大きく伸びる見込み

商工省によれば、各市場の靴・履物製品の輸入業者がほかの市場からベトナムへシフトしているため、2013年第4四半期の靴・履物製品の輸出オーダーの数は大きく伸びるとみられる。

たとえば、各輸入業者は中国からベトナムにシフトしているが、これは、コスト安や労働力の豊富さを活用したいというだけでなく、税制面で、2014年1月1日よりベトナム製の靴・履物製品に関するEU市場への関税率が現行の13-14%から3-4%に引き下げられるためと見られる。

加えて、海外輸入業者は、環太平洋経済連携協定(TPP)へのベトナムの正式加盟の準備の機を捉えて、インドネシアや中国からベトナムに注文をシフトしている。

商工省は、今年年初から9ヶ月間の皮革・靴製品の生産量は1億8500万足近くで、対昨年同期比9.3%増となっている。靴・履物製品各種の輸出金額は60億米ドルに達し、対昨年同期比で16.3%増である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年10月11日00:08

ベトナムからの皮革製品輸出、10-15%増加

商工省が8月6日発表した報告では、現在、ベトナム皮革・履物製品メーカーの大半は2013年第3四半期まで注文を受けており、対昨年比でおよそ10-15%の増加となっている。

この報告では、2013年年初より7月までのベトナムからの皮革・履物製品の輸出金額は47億9000万米ドルに達し、対2012年同期比で15.6%増加している。現在、業界の大半の企業は第3四半期末まで注文を持ち、年末までいっぱいのところもある。

また、この報告書によれば、中国からの生産のシフトが鮮明で、とくに日本の顧客にその傾向が見られる。

ベトナム皮革・履物協会(Lefaso)会長Diep Thanh Kiet氏によれば、中国からの注文のシフトが多かれ少なかれ好影響を生み出しているとしている。また、アメリカへの履物輸出も環太平洋経済連携協定(TPP)を控え、バイヤーらの動きが活発化している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年08月14日14:00

このページのトップへ戻る