インドシナニュース

ベトナム:靴・アパレル製品の受注が急増

米中貿易戦争の悪影響を避けるため、国際メーカーは生産発注を中国からベトナムに移転しなければならないため、ベトナムの革靴およびアパレル製品輸出は好調に推移するであろうと予測されている。

ベトナムの革靴輸出比率が37%の中、米国市場は現在ベトナムのアパレル収益の約47%を占めている。それゆえに、「労働者(Nguoi Lao Dong)」紙の報道によると、貿易戦争の加速は国の主要輸出品目に大きな影響を与えるという。

 

チャンスの増大とともにリスクも増大

商工省は米中貿易戦争の影響を首相に報告し、中国のアパレル製品・革靴製品の大規模な流入の危険性を指摘した。 しかし、別の観点から見ると、貿易戦争は国際メーカーが中国からベトナムへの生産発注を移行しなければならなくなるため、ベトナム企業が市場シェアを拡大し、米国への輸出を促進するのに役立つ可能性がある。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(Lefaso) 副会長のDiep Thanh Kiet氏によると、米国は当初、主に中国の技術的製品への課税に集中する方向であり、貿易戦争は次の1-2ヶ月間は現地の靴産業へ影響を及ぼさない可能性があるという。

Kiet氏によると、関税の影響は次の段階では履物、アパレル製品、および繊維など他の分野にまで広がる可能性があり、それはベトナム企業にチャンスとリスクの両方をもたらす可能性がある、と述べた。輸入業者が高い米国関税を避けるために中国の代替えとしてベトナムを選ぶため、輸出受注の急増になるだろう。しかし、国はアパレル製品および木材などその他の分野でもまた輸出受注を増やすため、国内および外資企業間の人材争奪戦が厳しくなっていくだろう。

 

中国製品の原産国詐称に関する懸念

LEFASOのKiet氏は、投資家の視点からの懸念点として、中華系企業が彼らのアメリカへの製品を輸出するためにベトナムを製品原産国として利用する可能性を主張している。

中国企業の一部はベトナムで輸出前の製造を完了させるために工場を移転させる可能性がある。この問題は、中国企業が靴製品の梱包と輸出業務をベトナムへ移転させた10年前から既に発生していた。

「この策略はベトナム企業が深刻な影響を受ける可能性があるため非常に危険である。LEFASOおよび行政機関はこの問題の再発を恐れている。しかし、政府はこの問題を対処するための経験がある」とKiet氏は加えた。

サイゴン証券の報道によると、近年のアパレル業界における中国での受注はベトナムへ移行している。ベトナムは低い労働コストおよび数多くの自由貿易協定などがあるため、グローバル企業の第一選択肢となった。これに加え、中国はアパレル分野から技術分野へ焦点を移行している。

ホーチミン縫製・織物・刺繍・編み物協会会長であるPham Xuan Hong氏は、貿易戦争が続くとこの移行が進展すると主張した。 したがって、行政機関は中国企業がベトナムを利用して製品生産国を偽装することに対して慎重にならなければならない。

更に、サイゴン証券の調査チームは、ベトナムからのアパレル輸出が今後数四半期内に20-30%急増すれば米国はベトナムを特別支配し高い税率を課す可能性があると警告した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月24日10:39

ベトナム:国際ファッションウィーク開幕イベントは越系オランダ人デザイナー

フランス・パリを本拠とするブランドXuanのデザイナーであるベトナム系オランダ人Xuan-Thu Nguyenがベトナム国際ファッションウィーク春夏2017の開幕を担当する。ファッションウィークはホーチミン市で4月25日から28日に開催される。

Nguyenはフランスのオートクチュール連盟に加盟する初のベトナム系デザイナーである。オートクチュール連盟にはアルマーニ、エリー・サーブ、ヴェルサーチ、ヴァレンティノ、ベアトリス・デミュルダー・フェラン、エルヴェL・ルルー、ジョージ・ホベイカ、ズハイル・ムラド等の著名デザイナーが加盟している。

Xuanはアムステルダムファッションインスティチュートを卒業後2005年からフランスで活動しており、2008年7月のパリファッションウィークからオートクチュールコレクションを発表している。Xuanのデザインはポエティックな側面も併せ持つ現代的なカットと、幾何学的な形、手刺繍の文様などを特徴とする。

ファッションウィークでは国内外のデザイナーによる20のファッションショーが予定されている。ファッション愛好者にはショーのチケットが当たるチャンスがある。一般招待チケットの数は限定されている。詳しい情報はhttps://ticketbox.vn/を参照。

ファッションウィークはホーチミン市第1区のGem Center(8 Nguyen Binh Khiem Street)で開催される。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年04月21日06:03

ベトナム:フエで職人300人以上が参加する伝統的工芸イベント

「サイゴン解放」紙の報道によると、ベトナム中部沿岸トゥアティエン・フエ省のフエ市は先週ハノイで会議を開催し、4月28日から5月2日まで第7回フエ伝統的手工芸村を開催することを発表した。このイベントには全国からおよそ350人の職人が招かれる予定。

このイベントはベトナムの手工芸村の精神を顕彰するために行われるもので、ハノイ市、ハイズオン省、ホーチミン市、クアンナム省から編物、織物、手工芸、陶芸、木工、ジュエリー制作の職人およそ350人を招いて開催される。日本の高山市、西条市、静岡市、韓国の東莱区、釜山市などの姉妹都市も参加する。

フエ市人民委員会のNguyen Dang Thanh副市長は、このイベントでは職人が作品を展示、販売できるスペースを設け、国内、海外の参加者との交流を促進すると述べた。

イベントの一環として、手工芸村の先駆者らを慰霊し、ベトナムの伝統的な手工芸村を顕彰する式典が開催される。特別な作品のコレクションの展示やコミュニティによる展示なども行われる。

4月30日に開催されるベトナムの伝統服アオザイのフェスティバルは見所の一つとなる。デザイナーMinh Hanhによると、アートとアオザイというテーマの下、フエ市のTruong Tien橋に設けられるステージでMinh Hanh、Vu Viet Ha、Viet Baoによる最新のコレクションが発表されるという。フエの学生200人が参加するパレードも行われる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年04月19日12:28

ベトナム:2018年にセブンイレブン1号店開業見込み

国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。

コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。

今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。

成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。

2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。

セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。

国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。

日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。

また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。

フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。

外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。

不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。

Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。

ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。

今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。

またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年08月24日06:01

ベトナム:アパレル輸出業者、厳しい環境基準に直面

ベトナムの主要輸出市場が製品に適用している環境維持のための厳しい要件を満たすことができる国内業者はまだ少数であることにベトナム繊維公団(Vinatex)は憂慮している。

ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Dang Vu Hung氏は、月曜日ホーチミン市で行われた繊維製品の環境基準に関する会見で、ベトナム繊維公団(Vinatex)の関連会社200社のうち、多くの外国輸入業者が重視している基準を満たすことができるのはわずか5〜10 %にすぎないと語った。

「環境維持の基準を満たすことは、ベトナム企業が商品を海外市場に送るためのパスポートのようなものです。ところが、その基準を満たすことができる国内企業はほんのわずかです。」とHung氏は述べた。

この数年のベトナムのアパレル企業の「通行証」は社会的企業責任だったが、今では輸入業者は環境要件に従うことを輸出業者に要請しているとHung氏は指摘する。

環境維持の基準は、無公害生産や完成品の廃水処理だけでなく、ゴミや材料からの副産物の処理も範疇に入る。「地元の輸出業者がこれらの要件を満たしていない場合、海外市場から追い出されるでしょう。」とHung氏は語る。

ベトナム繊維公団(Vinatex)は2020年までに傘下企業の30〜40%が環境基準を満たすことを目標としているとHung氏は述べた。この目標を実現するためにベトナム繊維公団(Vinatex)は、8~10兆ベトナム・ドン(3億8000万~4億7500万米ドル)の年間投資資金の15%を、企業の廃水処理システムと労働環境の改善に充てる。

ベトナム繊維協会(Vitas)前会長Le Quoc An氏は、素材から完成品までのサプライチェーンの完成、および、ブランドの構築、デザインの向上、流通の拡大による繊維部門への価値付加という2つの開発シナリオを考えている。

ベトナムはアパレル生産者の需要増加に応えるために、また、輸出促進を支援するために、今後10年間で毎年少なくとも50~60億メートルの生地を生産する必要がある。アパレル製品の出荷は今後10年で倍増すると見込まれる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月20日06:00

ベトナム:主要市場への繊維輸出、伸びる

ベトナムの今年上半期の繊維製品の輸出は、米国、EU、日本、韓国などのような主要市場向けで強い上昇が見られ、対前年比14.5%増加した、とベトナム繊維公団(Vinatex)が報告した。

ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長兼ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Le Tien Truong氏は、今年1月-6月の繊維製品輸出から約89億米ドルを生み出したと述べた。

米国市場向けは39億4000万米ドルと最大で、44.8%を占め、対昨年同期比で12%増加した。

一方、EUと日本と韓国向けの輸出はそれぞれ12億9000万米ドル、11億米ドル、6億6000万米ドルに達した。

Truong氏によると、これらの結果は、輸入市場の成長率と比べて高いだけでなく、全世界の繊維市場と比較しても、かなり高い。

米国が今年上半期の繊維製品輸入金額は合計520億米ドルで、対昨年比わずか3%増であり、EUと日本と韓国は、それぞれ1240億米ドルで8.5%、208億米ドルで9.8%、57億8000万米ドルで4.5%である。

Truong氏によれば、ベトナム繊維製品の輸出のこうした成長は世界市場におけるベトナム製品の競争力を、特に米国、EU、日本、韓国で示したと言う。

米国市場に関して、ベトナムの化学繊維輸出が対昨年同期比で14.5%増加した。 そのうえ、EUへの繊維輸出は同市場の景気回復とベトナム企業の努力でさらに市場に入り込むのに成功している。

ベトナム繊維公団(Vinatex)は、日本へのベトナム製アパレル製品の輸出がEU向けに並ぶと予測している。一方で、韓国はベトナムの第4の繊維製品市場となっており、ベトナムとしては韓国市場への輸出を10億米ドル以上まで伸ばすことを目標としている。

今年上半期の結果と現在の好調から、ベトナムは今年195億米ドルの輸出目標を達成することができるとTruong氏は言う。

輸出と対照的に、国内繊維市場は、上半期の成長が9.5%と過去3年間で最低の上昇率で、あまり向上していない。

ベトナム繊維企業各社は、環太平洋経済連携協定(TPP)を期待しており、批准されると、特に米国向けは、繊維製品の輸入関税が現行の16-32%から0%まで下げられるため、輸出が大幅に増えると予想している。

ベトナム繊維公団(Vinatex)の上半期の売上は、対前年比11%増の20兆227億ベトナム・ドン(約9億6000万米ドル)で、国内の売上は11%上昇し、全体の約半分を占める。

現在、ベトナム繊維公団(Vinatex)傘下企業で売上成長率が伸びているのは、Viet Tien縫製35%、Binh Minh 縫製18%、Vinatex Danang縫製59%、Chien Thang縫製25%、Tan Chau縫製49%、Hoa Tho繊維40%、Ha Noi繊維39%、Dong Phuongニット76%などである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月16日06:00

韓国・京紡、ベトナムに紡績工場完成

5月10日、紡績及び繊維副資材を扱う韓国・京紡グループは、ビンユーン省に同社のベトナムにおける最初の繊維工場を立ち上げた。

京紡グループの繊維と繊維副資材の工場は、Ben Cat県Bau Bang工業団地の16ha以上の土地に第1期工費40万米ドルで建設された。

京紡ベトナム有限会社社長Lee Kap Soo氏によれば、新工場は、高い技術で綿糸を生産するために、Rieter社(スイス)及びSchlafhorst社(ドイツ)から輸入した最新設備を装備し、25920錘の生産規模を誇ると言う。

李氏によると、工場での生産原料は、主に米国、ブラジル、オーストラリアから輸入される高級綿花を使用する。高性能の品質管理、高度な管理技術を目標とするため、工場では自動化技術の適用が大半を占める。

李氏は、月産550トン、年間で6600トンの高品質の綿糸の生産能力があり、京紡ベトナムは、輸出向け生産のためベトナムの繊維工場に商品を供給する予定で、現在でもベトナムですでに10社以上の顧客を抱えているという。

この工場は、韓国の京紡グループのBau Bang工業団地への140万米ドルの投資計画の一環である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年05月16日14:00

ベトナム繊維産業、材料の現地調達進むか

Dung氏によると、アパレル企業が製品の輸出額を増大させたいなら、原材料の調達能力が非常に重要で、というのも、外国人の顧客は付属品を現地調達としてほしいと思っているためである。

タンビン展示会議センターにて行われた第24回目を数える国際展示会である衣料・繊維展示会2013(SaigonTex2013)のプレスミーティングで彼はこう話した。

今年の展示会は22ヶ国から357もの企業の参加があり、衣料・繊維産業に関する機械と原材料の調達ルートを見つけるに十分な機会をあたえたと主催者は言う。

中国からは、参加企業数最多の160社の参加があった。

衣料・繊維企業は、製品価格が下落しながらも、賃金上昇、電気・水道、原材料の高騰などの困難に直面しているが、企業の中には、9月まで受注し、生産の契約を終えている会社もある。

Dung氏によれば、繊維産業は第1四半期に対前年比約17%成長し、輸出取引高は約42億米ドルになったと述べた。これは、繊維産業全体で年間の輸出取引高目標188-192億米ドルを実現するのに十分な数字である。

第1四半期に繊維産業の主要市場向けアパレル製品の取扱は増加し、日本と欧州とでそれぞれ3億米ドル以上、米国で13億米ドルとなっている。

ベトナムは、従来市場に加えて、サウジアラビア、ロシア、トルコ、韓国、アフリカ諸国など新規市場への輸出を増やすだろう。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月24日08:37

米国企業、ベトナムの縫製工場を探し求める

多くの米国企業は、中国からの商品供給に過度に依存するのを避けたく、東南アジア諸国、特にベトナムで、縫製工場を探し始めた。

TigerTrade Serviceの在越駐在員事務所によると、米国向け衣料品輸出のできるベトナム縫製工場を探している米国企業の数は、現在、128社を数える。米国企業は、大量の衣料品を加工契約あるいはFOB契約の形式にて求めている。

これらの大部分の会社がこれまでベトナムの会社と協力してこなかったとTigerTrade ServiceのNguyen Manh Hung氏は言う。それが、中国から東南アジア諸国へシフトして、特にベトナムに注意を払っています、と彼は言い足した。

また、TigerTrade Serviceは来月、米国企業6社のグループが米国向けに輸出できるベトナムの履物メーカーを探すのを手伝う。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、アメリカは現在ベトナムの繊維製品輸出先で最大の市場であり、輸入高は1月~9月の期間に56億米ドルに達し、前年比でほぼ8%増加している。一方、ベトナムは、米国向け衣類製品で中国に次ぐ2番目供給国である。

8ヶ月間の米国への中国の衣料品輸出は、50億米ドル以上のベトナムを上回る262億米ドルである。しかし、ベトナムの輸出価格は、昨年同期間から8.48%増加して、中国より1.5倍高い。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月16日14:00

日本の脱中国シフトによりベトナムの縫製工場は受注増を期待

おそらく中国から撤退している日本のバイヤーのおかげで、ベトナムの縫製工場は日本からの衣料品の注文が増加し、この先々、十分な輸出契約を得るところが出てくるだろう。

現時点から2013年9月末まで日本の注文の生産の予定が入っているとドンナイ縫製株式会社(Donagamex)副社長Vu Dinh Hai氏は言う。

多くの日本の顧客が中国製品からベトナム製品へのシフトを強め、ドンナイ縫製(Donagamex)の生産能力を増強するよう依頼された。これは、日本へのアパレル製品輸出が2013年には飛躍的に伸びる、喜ばしい徴候である。

ドンナイ縫製(Donagamex)は1月から10月までに日本向けに作業着とスポーツ衣料を3000万米ドルも出荷した。現在、会社の生産能力の60-70%は日本市場向けで、残りが韓国、ヨーロッパ、アメリカなどへの輸出に充てられている。

ドンナイ縫製(Donagamex)は、新工場をビンフック省及びXuan Loc地区(ドンナイ省)に建設済みである。Xuan Loc工場は3月から工員を入れており、ビンフック省の工場は完成間近で、来月には工員を入れはじめる。両工場は、2015年までに合わせて5,000人の工員を必要とすることになっている。

ファンティエット縫製株式会社(Phan Thiet Garment Export Joint Stock Company)社長Huynh Van Nghi氏は、同社は来年3月まで製品を日本に輸出する契約にサインしたと言う。主に日本と取引するこの会社は、今年年初から9ヶ月で、2000万米ドルの相当の商品を日本に輸出した。

日本の顧客は4月から発注数量を増やす可能性についてファンティエット縫製に話し、彼らはそれに応えて生産を拡大する意向を伝えた。

ファンティエット縫製は昨年から日本の顧客向けに生産を始め、生産能力を見直し、新しい工場を建設して、4月から操業する。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、日本の衣料品の輸入は、今年1月から7月までに金額にして2.4%、数量にして4%増加し、1億9020万点に昇る。

日本へのベトナムからの衣類輸出は、最初の7ヶ月間で、10億米ドル以上に達し、対前年比22%増加している。一方、日本の中国から製品輸入は0.6%減少し、161億米ドルとなっているが、中国はいまだ日本への最大の衣類供給国である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月09日06:00

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る