インドシナニュース

ミャンマー投資委員会(MIC)、衣料品製造の分野への外国投資をさらに認可

公式の資料によると、ミャンマー投資委員会は100%の外国投資で国内でのCMP衣料産業でビジネスをするために中国と香港と台湾の会社を認可した。

香港を拠点とする会社と地元のB&N 縫製(ミャンマー)社がヤンゴン管区のHlaing Tharyar 工業団地2で衣類販売業をすることが許可された。Melody GlobalやSunny Shoes Incなどの台湾を拠点とする会社はバゴー管区のバゴー工業団地でアウトドア・スポーツ製品や履物の製造ができる。中国ベースのSDI ManufacturingはヤンゴンのNgwe Pinlel 工業団地で衣類販売業を認可された。

投資企業管理局の公報によれば、シンガポール・ベースのSlita Pte LtdはLita Myanmar社とMyint Myat Htut Khaung International社との合弁事業として、ヤンゴンのShwe Lin Pann 工業団地で衣類製造をCMP形式で行う。

また、他に認可されているのは、Shanghai Donglong Feather Manufacture社や、江蘇省Solamoda 縫製グループや、香港ベースのAMG Factoryなどの中国を拠点とする会社である。

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期の1月から3月までの期間に3億米ドル以上の記録的な収益をたたき出した。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年09月05日20:51

ミャンマーの縫製品輸出、記録的な収益をあげる

ミャンマー衣料製造協会(MGMA)からの公式の資料によると、ミャンマーの衣類輸出は、今年の第1四半期に記録的な収益をあげた。

データによると輸出は、1月から3月までの期間に、対昨年同期比からほとんど倍増し3億米ドル以上に達した。

「一般にほとんどの注文が1年の最初の3ヶ月に平均的に来ました。今年、私たちメーカーは、前年以上に稼ぎました。私たちの工場はここ数ヶ月でほとんど1ヶ月あたり20万米ドルを得ました。私たちは、昨年、1ヶ月あたり3万米ドルしか稼げませんでした。」とヤンゴン市Hlaing Tharyar工業団地Letwyar工場常務Khin Maung Aye博士は言う。

業界筋によると、縫製品の注文は、4月から6月の期間に下落していた。日本と韓国の注文がミャンマーの縫製工場への大部分だったからである。ミャンマーが欧州連合(EU)によって貿易関税特恵スキームに載ったのを受け、米国と欧州諸国はアパレル注文を増加させている。

 

無料レポート提供中!
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月27日14:00

ミャンマー:90%の女性労働者は縫製業に従事

ミャンマーの衣料産業は女性労働者の90%を雇用しているとミャンマー衣料製造協会(MGMA)書記Khine Khine Nwe博士は、土曜日に開催されたミャンマー女性の対話集会で語った。

ミャンマーには、360万人の労働者がいるが、40%は女性労働者である。

「衣料産業は人的資源を活用し、女性労働者に多くの雇用機会を作り出しています。2012年9月以降、外国企業の数は56に上昇しました。そのうち、44社は繊維企業です。それで、衣料産業には女性労働者の労働力が非常に重要であるのです。」とKhine Khine Nwe博士は言う。

衣料産業の労働者の基本給は約5万ミャンマー・チャット(約50米ドル)である。政府が電力を安定させてくれれば、会社は賃金を現在より10%上げることができると彼女は言い足す。

2011年1月の調査では、約5万人の女性労働者が衣料産業に従事していた。12月までには、女性労働者の数は10万以上まで倍増した。

ミャンマーの衣類の輸出先は、ほとんどが日本、韓国、米国、および欧州諸国である。ミャンマーの衣類輸出は近隣諸国ほど盛んではない。

Kyauk PhyuやDaweiといった経済特区が完成すれば、もっと熟練した労働者の需要が出てくるだろう。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月22日20:04

ミャンマー縫製業への外国企業投資増加する

ミャンマー投資委員会(MIC)の最近のデータによれば、ミャンマーの衣料産業はここ6ヶ月多くの対外投資を受けている。

また、対外投資の上昇と共に、産業における就職率は増加した。

「ミャンマー投資委員会(MIC)は、衣料業界がここ半年のうち対外投資の大部分を受けたのに気付きました。同じ期間中、製造業一般も成長を享受していました。」とミャンマー衣料製造協会(MGMA)によって構成されていた最近のフォーラムでミャンマー投資委員会(MIC)委員Khine Khine New氏は語った。

業界筋は、日本と韓国がミャンマーのアパレル縫製工場への注文の発注主であると言う。また、ミャンマーは、欧州連合が関税特恵措置の適用を容認した後に、欧米諸国が衣料品の注文を増加させている。

「通常、縫製工場はここで500~1000人を雇います。1000人以上を雇う工場もあります。 およそ20の新しい工場が、今年、計画に着手するのを準備しています。そして、産業における就職率はこの間、2倍近くになっています。」とミャンマー衣料製造協会(MGMA)の職員は言う。

ミャンマー最大の投資国中国は、今年、6月30日までに140億米ドル以上をミャンマーに投資した。ミャンマー衣料製造協会(MGMA)によって発表された最近のデータによれば、ミャンマーは衣類輸出だけで300億米ドルを今年の1月から3月まで獲得した。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月15日14:00

ミャンマー、製造業とITの分野で日本の投資を期待

投資企業管理局(DICA)によると、日本の投資がミャンマーの製造や輸送やITの分野でかなり増加すると予想される。

投資企業管理局(DICA)の職員は、ミャンマーでの支店開設や投資に関する情報を求めて、事務所を訪問する日本人ビジネスマンが後を絶たないと言う。

それらの中に、機械メーカーのクボタ、工業エンジニアリングの日立造船、物流会社の日本通運や東洋ロジスティクスなどがある。

その間、日本の自動車メーカーのトヨタ、日産、ホンダ、スズキ、三菱はミャンマーでサービスセンターを開いた。

日産はすぐ国の商業都市ヤンゴン初の車のショールームを開設する。

業界筋は、また、日本のNTT グループ、KDDI、日本電気らには、ミャンマーへの投資計画があると述べた。

その間、ミャンマーでは、投資促進のためには、安定した手頃な電力供給を確保し、輸送と情報インフラを整備する必要があると日本人ビジネスマンは言う。

日本はこの2年間で6500万米ドル以上をミャンマーに投資してきた。総投資額は、6月に2億7028万ドルに達した。

昨年2月に、日本最大の経済団体経団連の幹部職員は、ヤンゴンでの2国間ビジネス会議でミャンマーの衣料と消費財産業への日本の投資が4360万ドル達したと述べた。

また、日本はヤンゴン郊外のThanhlyn-Kyauktan地域のThilawa経済特区を開発している。この大型案件には、港湾や道路などのインフラ整備が含まれる。

日本政府は、これまでもThilawa案件のためにミャンマーに対して40年間0.01%での融資提供を約束していた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月08日16:29

香港と中国の企業のミャンマー繊維産業投資案件、続々と

ミャンマー投資企業管理局(DICA)によれば、ミャンマーの商業の中枢ヤンゴンの工業団地にて、香港と中国の企業が裁断・縫製・梱包のCMPシステムの下で縫製工場を経営する。

中国を拠点とするShanghai Donglong 羽毛製造社は、Dong Long(ミャンマー)縫製会社と協力し、Hlaingthayar 工業団地4にて縫製工場を作り、Jiangsu Solamoda 縫製グループはHlaingthayar郡区のShwe Than Lwin工業団地にて、香港拠点のKamtex社はDagon Myothit(南部)の工業団地1にてMyanmar Sein Pann 衣料製造社と合弁事業を形成する。

さらに、中国ベースのDong Fang Star縫製工場はHlaingthayar工業団地1でNexstar衣料製造社と、香港ベースのAMG 工場はShwe Lin Pan工業団地にてArchid縫製工場会社と協力する。「国際企業はビジネス改革が始まったことでミャンマー市場を見つめています。米国とEU諸国は既に私たちの衣料品を必要としていますし、工業団地での完全投資で、縫製企業に入り込んでいます。」とHlaingthayar工業団地のビジネスマンは言う。

アパレルの企業家の報告では、日本と韓国はミャンマーの衣料産業を大いに必要としており、欧州と米国からの衣類の注文はEUの一般特恵関税制度(GSP)のため増加している。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年08月02日16:56

ミャンマー繊維産業への外資企業の投資が急増中

外国人投資法に従い、中国、香港、フランス、シンガポール、日本などの海外の企業がミャンマーにて裁断-縫製-梱包 (CMP)方式で衣料生産を運営していくことになる。

Jiangsu Solamoda Garments Group Co., Ltd.とDong Fang Star Garment Factory Ltdの中国企業はHlaingthayar郡区のShwe Than Lwin工業団地とHalingthayar第1工業団地でCMP方式で衣料生産を行う。

香港拠点のKamtex社、Richest Time社、Sinobest Brothers社、Archid Garment工場はDagon Myothit(南部)郡区の第1工業団地並びに、Hlaingthayar郡区のMingaladon工業団地及びShwe Lin Pan工業団地において衣料品生産及びその関連業務を行う。

フランス企業、Societe Industrielle Agricole Et Commercial D'Outre Mer(SIACOM)は南部Ayeyawady 管区のHinthada郡区にて、ミャンマー会社と協力して、合弁事業形式で精米所と他の農産物の生産にあたる。

また、日本ロジテムはミャンマー企業との連携で商品輸送サービスを開始する。

シンガポール企業はヤンゴン市内Bahan 郡区にてBOT形式でホテル産業に投資し、ミャンマー投資委員会はこの事業の投資母体に許可を出した。

国家計画経済開発省下の投資企業管理局(DICA)の報告によれば、今年5月末までで合計32ヶ国から、424億9600万米ドルがミャンマーに投資されることになっている。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年07月09日10:46

ミャンマーのアパレル産業に成長は約束されているのか?

ミャンマーのアパレル産業は、業界の情報筋によると、EU一般優遇関税制度(GSP)の取引スキーム再開の結果、成長すると予想されている。

欧州連合(EU)は6月12日にミャンマーに対し貿易優遇スキームの再適用を許可し、関税優遇措置の形式で27ヶ国からなる欧州市場への優先的な参入をこの発展途上国に対し承諾した。

「これは私たちには大きなチャンスでありますが、また、試練でもあります。当地のビジネスマンはそのことをまだわかっていません。特に私たちは、輸出用製品の品質を見る必要があります。長い間、製品の品質を顧みていない事業家がいます。商品はEU規格を満たさなければならないわけで、現在、その点をもっと心配するべきです。」と現地の経済学者Aung Tun Thet博士は言う。

EUは、4月に武器貿易以外のミャンマーにおけるすべての制裁、経済及び個々の制裁を撤廃するのに同意しており、この国の経済改革を支持すると言明している。専門家らによれば、最低賃金に変わりがないならアパレル産業で最大200万人を雇用できる可能性があると見積もっている。

「現地のアパレル縫製工場は、以前なら、1年に8ヶ月か9ヶ月働いて、残りの3ヶ月は操業を見送っていました。注文があったり、なかったりだったんです。GSPのおかげで、工場は、年間通じて操業できることを望んでいます。」と、Letwa Garment Factoryの部長Maung Maung博士は言う。

ミャンマー衣料製造協会からの数字によると、今年は1月から3月までで、衣類輸出からすでに3億米ドルの収入を上げたが、これは昨年のほぼ倍である。

また、EUが養殖水産物を輸入する計画を立てているので、今年はミャンマーの水産物の輸出が上昇すると予想されている。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年07月03日06:00

6月よりミャンマーからの米国向けアパレル製品輸出開始

ミャンマー縫製業者協会によれば、ミャンマーのアパレル縫製工場各社は、来月の最初の米国向け輸出の準備をしている。

「アパレル縫製工場数社が6月に米国向けに輸出するでしょう。すでに準備ができた会社もありますし、まだ準備中のところもあります。米国へのテイン・セイン大統領訪問の後、私たちは米国のバイヤーから注文を受けています。」とミャンマー縫製業者協会書記Khine Khine New女史は言う。

工場各社のほとんどの衣料品注文は、現在、日本と韓国から来ていると彼女は言い、そして、日本人の買い手は時折市場調査を取っているとも言う。

ミャンマーの衣類輸出は、昨年、10億米ドルの大台を超えた。 ミャンマー縫製業者協会は、現在、縫製工場の労働者にトレーニングを施し、増加するアパレル注文の需要にこたえるべく輸出市場を広げようと生産能力を上げている。

また、ヨーロッパ連合(EU)は、ミャンマーへの貿易、投資、技術支援を提供するとしながら、ミャンマー衣料産業発展のために協力を惜しまず、労働集約的である繊維産業の成長が人々のために多くの雇用を創り出すことができるよう努力すると約束した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年05月29日06:00

ミャンマー投資委員会が第1四半期に承認したアパレル縫製工場は15件

ミャンマー投資委員会(MIC)が今年年初4カ月に承認した案件は33社で、総投資額は8億1500万米ドルに達したと報告されている。

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、承認された33社のリストの内訳は、15のアパレル縫製工場の他、エネルギー関連産業、自動車製造、情報技術、食糧・飲料の会社である。

アパレル縫製工場はEUが与えた一般特恵関税制度(GSP)の恩恵を受け、日本や韓国や中国がミャンマーでのアパレル縫製工場を開業に特別な関心を見せている。また、飲料会社は国内市場に参入が認められた。

「外国投資法によると、飲料産業には合弁事業も認められる。外資95%、現地資本5%も認められえます。」と現地大手飲料会社Loi Hein社社長Sai Sam Tun博士は言う。

「ペプシやコカコーラのような巨大なソフトドリンク・メーカーと競争するのは不可能です。現地企業がゲームに勝つ見込みはほとんどありません。さらに、外国企業はミャンマーでの事業拡大の準備に余念がありません。」と彼は言い足した。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年05月24日14:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る