インドシナニュース

ミャンマー:工場閉鎖で1000人以上の縫製工場労働者が失業

エーヤワディ地域のKangyidaunt郡区の縫製工場の1000人を超える労働者は、中国からの原材料の不足により工場が閉鎖されたために失業している。

工場は2月28日に操業停止を発表した。 労働者は1か月の補償とその他の資格を取得した。

労働者の長であるMa Su Pone Chit氏は言う。

「工場は、2月29日から工場に来る必要がないと労働者に発表しました。労働者は、給料を撤回するときにユニフォームとスタッフIDカードを返さなければなりません。労働者は報酬を望んでいません。彼らは工場が閉鎖されたときに給料の半分を求めています。工場が原材料を受け取ったら仕事に戻りたいと思っています。」

エーヤワディ地域移民および人事担当大臣Soe Win博士は、Daily Elevenからの電話に返答しなかった。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月04日15:30

ミャンマー:CMP原材料の輸入は3000万米ドル近くまで増加

商務省によると、2019-2020会計年度の2月14日までで、ミャンマー国内のCMP産業による原材料の輸入は、前年同期と比較して2952.5万米ドル増加して、9億0919万米ドルに達した。

昨年同期のCMP原材料の輸入額は8億7967万米ドルだった。

アパレル縫製工場は、CMPシステムの下で裁断・縫製を請け負っている。

国内アパレル産業は、主に中国から原料を輸入しなければならない。中国でのCOVID-19の発生により、国内アパレル産業は原料の輸入が困難に直面している。

2月21日にUMFCCIで開催されたミャンマー衣服起業家協会の記者会見によると、4月末に原材料を輸入できない場合、一時的な稼働停止に直面する可能性がある。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月02日12:00

ミャンマー:原材料の不足により縫製工場、一時的に閉鎖の可能性

2月21日にヤンゴンのUMFCCIで開催されたミャンマー縫製企業家協会(MGEA)の記者会見で、原材料の不足によりミャンマーの縫製工場は、一時的に閉鎖される可能性があるという。

MGEAのCECであるU Aung Myo Hein氏は、「ティンギャン祭まで一時的に操業を停止するかもしれません。」と述べた。

国内の縫製工場は、主に中国から原料を輸入しなければならない。原材料の輸入は、中国でのコロナウイルスの広がりにより、4月まで困難に直面する可能性がある。

「そうなれば、従業員の数を減らす必要があります。人員削減がうまくいかず、原材料の不足が続く場合は、縫製工場が一時的に停止します。工場を完全にシャットダウンすることは不可能です。」とMGEAのU Myint Soe議長は述べた。

「ベトナムとカンボジアもアパレル原料を輸入するので、厳しい競争があります」とMGEAのDaw Khaing Khaing Nwe事務局長は述べた。

MGEAによると、現在、50万人以上の従業員が国内のアパレル産業で働いている。

商務省によると、ミャンマーは今年の2月7日までに8億7000万米ドル以上のCMP原材料を輸入した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年02月24日12:31

ミャンマー:国の繊維政策、策定中

計画・財政・産業省によると、ミャンマーの繊維産業の発展のために国の繊維政策が策定中である。

草案作成は20181月に開始され、20191月に関係省庁、民間組織の役員、繊維産業のビジネスマンが参加する最初の利害関係者会議が呼び出された。

同省は、国家の繊維政策の採用は、行動計画、必要なロードマップの作成、法律、規則および手順、インフラ開発、国内および外国投資、付加価値製品の製造、社会経済開発、技術獲得、市場競争、容易な対外貿易、経済協力の強化を奨励するビジネス環境の作成などの利益を生み出すと述べている。

国の繊維政策は、ドイツ国際協力公社(GIZ)の支援を受けて策定中。

ミャンマーはまた、国家輸出戦略(NES)を実施している。

国家輸出戦略(NES)では、アパレル産業のCMPシステムからFOBシステムへの移行、保税倉庫システムの採用、輸出を促進するための特殊な繊維工業団地の設立などの措置が講じられる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年01月16日14:34

ミャンマー:ヤンゴン地域投資委員会(YRIC)、中国からの1700万ドル以上の投資を承認

靴、バッグ、手袋、おもちゃ各種、CMPシステムの下での電気通信部門向けFFCケーブル製造など、香港と中国の企業からの1747万米ドル以上の投資が認可された。

ヤンゴン地域投資委員会(YRIC)によると、委員会はYRIC会議にて20/2019を承認した。

香港のColorado Outdoor Gear Ltd.(Myanmar)は、Hlaing Thayar郡区のMyaseinyaung工業団地でCMPシステムの下でバッグを製造するために116万米ドルを投資し、中国のSunny Arts&Crafts Co., Ltd.は、Hlaing Thayar郡区のMyaseinyaung工業団地でCMPシステムのk下、玩具を生産するために120万米ドルの投資を行った。

中国のVogue Industry Ltd.(Myanmar)は、東Dagon郡区の工業団地でCMPシステムの下でバッグを生産するために7億8900万米ドルを投資し、 中国のHongho Telecommunication Co., Ltd.(Myanmar)は、250万米ドル相当の投資を行い、東Dagon郡区の工業団地でCMPシステムの下、電気通信部門で使用されるFFCケーブルを生産する。

中国のJia Xin Garment Co., Ltd.(Myanmar)は、Sunlong Shwepyitar郡区のWartayar工業団地にてCMPシステム下のアパレル生産に350万米ドルを投資した。

中国のSports Co., Ltd.は、Shwepyitar郡区のThadukan工業団地で120万米ドル相当の投資を行いCMPシステムの下でバッグを生産し、 香港のPoushing Co., Ltd.は、Shwepyitar郡区のWartayar工業団地でCMPシステム の下でアパレル製品を生産するために100万米ドルを投資した。

中国のMyanmar Myanbag Industrial Co., Ltd.は、生産に87.6万米ドルを投資し、Hlaing Tharyar郡区でCMPシステムの下でバッグ生産を行い、中国のDehong Technology Co., Ltd.(Myanmar)は、300万米ドル相当の投資を行い、東Dagon郡区のCMPシステムの通信セクターで使用される信号ケーブルを生産する。

香港のKa Hung(Myanmar)Leather Glove Co., Ltd.は、Shwepyitar TownshipのShwe Lin Ban工業団地でCMPシステムの下で120万米ドルを投資して手袋を生産する。

香港のZhengxin Footwear Co., Ltd.は、Shwepyitar TownshipのWartayar工業地帯でCMPシステムの下で靴を生産するために105万米ドルを投資した。

ヤンゴン地域投資委員会(YRIC)によると、投資は7329人分の雇用機会を創出する。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年12月26日17:34

ミャンマー:CMP式アパレル輸出で収益3800万ドル増加

今年の101日から25日にかけて、CMPアパレル製部門の輸出は32500万米ドルに達し、昨年同期と比較して3800万米ドル増加した、と商務省の常任秘書官Khin Maung Lwin氏は述べた。

昨年、CMPアパレル部門の輸出収益は28700万米ドルを超えた。 CMPのアパレル部門は大きな進歩を遂げている。

2015-16年度、アパレル部門の輸出収益は8億米ドルだった。

2018年、アパレル部門の輸出収益は46億米ドル近くに達した。ミャンマー縫製企業家教会(MGEA)によると、アパレル事業の輸出収益は100億米ドルに達すると予想されている。

労働者の数が5倍に増加し、収入が10倍に増加したため、アパレル部門は生産を2倍に増やす必要があると、とミャンマー縫製起業家協会のKhaing Khaing Nwe会長は言う。

MGEAには500以上の企業が加盟しています。50万人以上の労働者がアパレル部門で雇用されています。ミャンマーは、CMPシステムにより、平均して約10%しか稼ぎません。8%しか得られない企業もあれば、12%になる企業もあります。」とKhaing Khaing Nwe氏は述べた。

現在、CMP産業は年間約3億米ドルを稼いでいる。MGEAによると、CMP産業は、CMPからFOBに移行できる場合、最大30億米ドルを稼げる。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年11月29日15:11

ミャンマー:アパレル輸出、今年度11カ月で43億米ドルに達す

ミャンマー商務省の関係者によると、アパレル製品の輸出量は、今年度11カ月で43億米ドルに達し、前年同期と比較して11億米ドル増加した。

2018-2019年度の101日から830日までに、アパレル製品の輸出量は437600万米ドルに達しました。昨年の同時期に、アパレル製品の輸出量は323000万米ドルでした」と同省の関係者は語った。

前年同期と比較して、現在のアパレル製品輸出量は、117200万米ドル増加した。

「アパレル製品輸出量は2018年に46億米ドル近くに達しました。2024年にはアパレル製品輸出量は100億米ドルに達すると予想されています」とMGEAKhaing Khaing Nwe書記は2019511日にUMFCCIのオフィスで開催された 第5回年次総会で述べた。。

外国投資は主にアパレル製品部門に流れている。 MGEAには500社を超える会員企業があり、50万人を超える従業員が働いている。ミャンマーは、収入の10%を工賃として受け取っている。

「ミャンマーの収入は縫製工賃です。 8-12%と幅があります。高品質の製品は12%もらえます。縫製料が多くない場合でも、約8%です。したがって、平均は約10%です」とDaw Khaing Khaing Nwe氏は述べている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月17日16:36

ミャンマー:CMP原材料の輸入額、今年21億米ドルを超える

商務省の情報によれば、CMP事業は、今年度の約11か月で21億米ドルを超える原材料を輸入し、前年同期と比較して31000万米ドル増となった。

現在の2018-2019年会計年度の101日から823日までに、21100万米ドルのCMP原材料が輸入された。前年同期の輸入原材料の価値は178700万米ドルをわずかに上回った程度だったため、今年は33281万米ドル増加した。

CMP事業とは、原材料の輸入、完成品の国内生産、輸出を意味する。

ミャンマーでは、アパレル産業がCMPシステムの下で運営されている。靴作りと製袋業もCMPシステムに依存している。ただし、CMPは毎日の賃金に基づいているため、わずか約10%しか稼げない。

ミャンマー縫製事業協会(MGEA)の関係者は、CMP事業から年間約3億米ドルを稼いでいるが、FOBシステムを立ち上げると収入は約30億米ドルに増加すると述べている。

今年の9か月間、あらゆる種類の商品の輸入は、前年同期と比較して93000万米ドル以上減少し、評価額で1393600万米ドルだった。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月09日18:47

ミャンマー:CMPの輸出収益は今年度17%以上増加

商務省の統計によると、今年の89日までに、CMPの輸出量が17%以上増加したため、総輸出収益は77000万米ドル以上増加した。

10.5か月の間に、輸出収益は77237.5万米ドル増加し、1442400万米ドル以上に達した。

昨年同期の総輸出収益は1316150万米ドルだった。

この間、CMPの輸出収益は148800万米ドル(17.78%)増加し、837600万米ドル以上に達した。昨年、CMPの輸出収益は688800万米ドルだった。

ミャンマーでは、アパレル産業は主にCMPシステムで運営されている。

ミャンマーは主に農産物、動物、海洋、森林、鉱業、CMPによる製品などの製品を輸出している。

20182019年度の貿易総額は313億米ドルに達すると予想されている。輸出額は153億米ドル、輸入額は158億米ドル。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月28日16:51

ミャンマー:アパレル委託加工(CMP)生産からの輸出収益は10億米ドル増加

商務省の関係者によると、2018-2019年度の101日から財務年度で、アパレル委託加工業は38億米ドル以上を獲得し、前年同期と比較して10億米ドル以上増加した。

昨年、この部門の輸出収益は277500万米ドルを超えた。 アパレル委託加工業の輸出収益は、103700万米ドル以上増加した。

アパレル委託加工業(CMP)は、輸出部門全体のリストのトップに立っている。2018年、アパレル製品輸出部門は46億米ドル近くを稼いだ。ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)での第5回年次総会で、ミャンマー衣料起業家協会(MGEA)の事務局長であるKhaing Khaing Nwe氏は、この部門は2024年までに100億米ドルを稼ぐと予想されている。

「私たちのアパレル製品部門では、労働者の数が5倍増加し、収入が10倍増加しています。その場合、生産性を2倍にする必要があります。私たちは絶えず努力しています」と、Khaing Khaing Nwe氏は付け加えた。

アパレル部門では、外国からの投資が大量に流入している。現在、MGEAには500社以上のメンバーがいる。50万人以上の労働者がアパレル部門で雇用されている。

「アパレル委託加工業部門はわずか10%しか獲得していません。一部の企業はわずか8個しか入手できませんが、他の企業は最大12%入手できます。高品質の製品は最大12%を獲得します。平均収入は10%です」と彼女は続けた。

現在、アパレル委託加工業の収益は約3億米ドルである。MGEAによれば、ミャンマーがCMPシステムからFOBシステムに移行できれば、30億米ドルを獲得できる。

ミャンマーは、1990年からアパレル産業でCMPシステムを開始した。現在、70以上の産業がCMPシステムの下で稼働している。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月21日11:57

このページのトップへ戻る