インドシナニュース

ミャンマー:縫製工場労働者らが困窮、工場オーナーが逃亡

ヤンゴン地方Shwepyitha郡区Thardukan工業団地Padamya通ストリートにあるWorld Jin Garment Factoryの300人以上の労働者は、Koran工場のオーナーが逃亡したと報じられた後、財政難に直面している。

オーナーは労働者に、工場は4月3日に閉鎖し、4月18日に再開すると伝えていた。しかし、工場はまだ操業を再開していないと労働者は言った。

「オーナーは、工場は 4 月 3 日に一時的に閉鎖し、4 月 18 日に再開すると言いました。しかし、工場はまだ稼働していません。逃げ出したのです。帰ってしまったのです。さて、5月も終わろうとしています。なのに、4月分の給料がまだもらえていません」とある労働者は言った。

法律通りに補償金を支払わずに工場が閉鎖されたため、労働者とその家族は経済的に苦境に立たされている。

「私たちは非常に困っています」と彼は言う。「家賃が払えず、ホステルから追い出されました。現在失業中なので、家族は生活に困っています。工場がいつ再開するかわかりません。労働局は何の援助もしてくれません」

World Jin Garment Factoryの労働者の一部は、昨年12月にヤンゴン州政府事務所に行き、労働権侵害の問題の解決を要求した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年06月02日15:37

ミャンマー:アパレル製品のCMP輸出収益は1億2000万ドル増加

アパレル製品のCMP輸出収益は2019-20会計年度の4月24日までに25億米ドルを超え、前年同期比で1億2000万ドル増加したと、商務省のU Khin Maung Lwin次官補がデイリーイレブンに語った。

「CMP産業は毎年進歩を見ている」とU Khin Maung Lwin氏は付け加えた。

「アパレル製品のCMPビジネスの生産量は4年間で10倍に増加しています。今年の輸出収益は50億米ドルに増加すると予想されています。今の政権に替わってから、この分野では5億米ドルの生産があり、約40万人の雇用が創出されました」とU Aung Htoo商務副大臣は述べている。

現在までに、アパレル産業は約60万人の雇用を創出し、そのうち約95%が女性労働者である。

2018年、アパレル部門の輸出収益は約46億米ドルに達した。2019年5月11日にミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)で開催されたミャンマー衣料品起業家協会の第5回年次総会によると、2024年には衣料品部門の輸出収益は最大100億米ドルに達すると予測されている。

アパレル部門は、外国からの投資の大量流入を見ている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年05月11日11:43

ミャンマー:労働者ら、KGG縫製工場を封鎖、社長の逃亡を懸念

ヤンゴン地方Dagon Seikkan郡区工業団地(2)のPrince Kanaung通りにある KGG 縫製工場の労働者は、3 月 29 日午後 10 時から、社長が給料を払わずに逃走するのを恐れて工場を包囲して封鎖した。

「工場のオーナーが逃げようとしていたと報じられているので、労働者は責任を取らずにオーナーを止めようとしました。このため、労働者は工場を封鎖しています」と KGG縫製工場労働者組合のMa Ei書記は語った。

現在、当局は外国籍の工場オーナーのパスポートを押収している。交渉は3 月30 日に行われる。

同工場には約1600人の労働者がおり、300人以上の労働者が工場を取り囲んでいる。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年04月04日21:26

ミャンマー:ヤンゴンの1万7000人近くの工場労働者が職を失う

ヤンゴン地域の移民・人事大臣Daw Moe Moe Su Kyi氏によると、ヤンゴン地域では、工場の一時的または完全な閉鎖やレイオフにより、1万7000人近くの労働者が職を失っているという。
「3月22日までに、労働者を解雇したり、恒久的または一時的に操業を停止したりした工場の数は37に達した」と地域担当大臣は付け加えた。
地域担当大臣は、失業中の労働者が新しい仕事に就くのを助けるために関連部署に指示を出したと述べた。
労働者を解雇したり、恒久的または一時的に操業を停止した工場の中では、衣料品縫製工場が最も多い。
Hlaingtharyar 郷の労働局は、労働者への給料や補償金の支払いに取り組んでおり、閉鎖された工場が実際に原材料の不足に直面しているかどうかをチェックしている。
地元のアパレル縫製工場やその他の工場は、主に中国からの原材料に頼らざるを得ない。
ほとんどの工場は原材料の不足により閉鎖される可能性が高い。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月26日12:31

ミャンマー:縫製工場のオーナーが逃げ出し、約800人の労働者の給与が未払いに

地元の情報筋によると、ヤンゴン地域のShwepyitha工業団地(2)にあるMyanmar Royal Apolo Garment Factoryの中国人オーナーは、約800人の労働者に給料を支払うことなく逃げ出した。 工場労働者は、工場所有者が3月4日にタイに逃げたと伝えられている。 「3月5日の給料日に、上司がすでに逃げ出していることを知っただけです。町の一般管理事務所、区の管理者の事務所、労働団体の職員が私たちのところに来ました。空港に連絡したとき、彼は3月4日にタイに向けて出発したことを知りました」と工場労働者のAung Ko Htikeさんは言った。 工場はレンタルだと言われており、800人の労働者に支払うために機械やその他の関連機器を競売にかける計画が立てられている。 労働者は、賃貸された宿泊施設や食事の代金を支払えないなどの困難に直面している。 「給料が支払われなかったため、多くの困難を経験しました。毎月5日にレンタルした宿泊施設の料金を支払わなければならない人もいます。彼らは家に帰りません。約600人の従業員が工場の敷地内で夜を過ごす必要がありました」とAung Ko Htikeさんは付け加えた。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月10日13:21

ミャンマー:5700人以上の労働者が原材料の不足により失業に直面する可能性あり

中国からの原材料の不足やその他の要因により13の工場が閉鎖される可能性があるため、ヤンゴンの5757人の工場労働者は失業に直面する可能性がある。 工場各社は、原材料の不足や損失、その他の要因を挙げ、工場の閉鎖を工場および一般労働法検査部門に通知する。 「合計13の工場が、1か月先の閉鎖について正式に部門に通知しました。その理由には、原材料の不足、損失、土地賃貸契約の満了が含まれます。」とヤンゴン地域移民および人材開発担当大臣のDaw Moe Moe Su Kyi氏は述べた。 13の工場のほとんどは縫製工場す。靴、バッグ、合板の工場もリストに含まれている。 ミャンマーの衣料産業やその他の工場は、主に中国の原材料に頼らざるをえない。 Covid-19の発生により、中国からの原材料が不足している。UMFCCIの声明によると、原材料が長期にわたって不足しているため、地元の工場は一時的または完全に閉鎖する必要がある。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月09日17:35

ミャンマー:工場閉鎖で1000人以上の縫製工場労働者が失業

エーヤワディ地域のKangyidaunt郡区の縫製工場の1000人を超える労働者は、中国からの原材料の不足により工場が閉鎖されたために失業している。

工場は2月28日に操業停止を発表した。 労働者は1か月の補償とその他の資格を取得した。

労働者の長であるMa Su Pone Chit氏は言う。

「工場は、2月29日から工場に来る必要がないと労働者に発表しました。労働者は、給料を撤回するときにユニフォームとスタッフIDカードを返さなければなりません。労働者は報酬を望んでいません。彼らは工場が閉鎖されたときに給料の半分を求めています。工場が原材料を受け取ったら仕事に戻りたいと思っています。」

エーヤワディ地域移民および人事担当大臣Soe Win博士は、Daily Elevenからの電話に返答しなかった。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月04日15:30

ミャンマー:CMP原材料の輸入は3000万米ドル近くまで増加

商務省によると、2019-2020会計年度の2月14日までで、ミャンマー国内のCMP産業による原材料の輸入は、前年同期と比較して2952.5万米ドル増加して、9億0919万米ドルに達した。

昨年同期のCMP原材料の輸入額は8億7967万米ドルだった。

アパレル縫製工場は、CMPシステムの下で裁断・縫製を請け負っている。

国内アパレル産業は、主に中国から原料を輸入しなければならない。中国でのCOVID-19の発生により、国内アパレル産業は原料の輸入が困難に直面している。

2月21日にUMFCCIで開催されたミャンマー衣服起業家協会の記者会見によると、4月末に原材料を輸入できない場合、一時的な稼働停止に直面する可能性がある。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年03月02日12:00

ミャンマー:原材料の不足により縫製工場、一時的に閉鎖の可能性

2月21日にヤンゴンのUMFCCIで開催されたミャンマー縫製企業家協会(MGEA)の記者会見で、原材料の不足によりミャンマーの縫製工場は、一時的に閉鎖される可能性があるという。

MGEAのCECであるU Aung Myo Hein氏は、「ティンギャン祭まで一時的に操業を停止するかもしれません。」と述べた。

国内の縫製工場は、主に中国から原料を輸入しなければならない。原材料の輸入は、中国でのコロナウイルスの広がりにより、4月まで困難に直面する可能性がある。

「そうなれば、従業員の数を減らす必要があります。人員削減がうまくいかず、原材料の不足が続く場合は、縫製工場が一時的に停止します。工場を完全にシャットダウンすることは不可能です。」とMGEAのU Myint Soe議長は述べた。

「ベトナムとカンボジアもアパレル原料を輸入するので、厳しい競争があります」とMGEAのDaw Khaing Khaing Nwe事務局長は述べた。

MGEAによると、現在、50万人以上の従業員が国内のアパレル産業で働いている。

商務省によると、ミャンマーは今年の2月7日までに8億7000万米ドル以上のCMP原材料を輸入した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年02月24日12:31

ミャンマー:国の繊維政策、策定中

計画・財政・産業省によると、ミャンマーの繊維産業の発展のために国の繊維政策が策定中である。

草案作成は20181月に開始され、20191月に関係省庁、民間組織の役員、繊維産業のビジネスマンが参加する最初の利害関係者会議が呼び出された。

同省は、国家の繊維政策の採用は、行動計画、必要なロードマップの作成、法律、規則および手順、インフラ開発、国内および外国投資、付加価値製品の製造、社会経済開発、技術獲得、市場競争、容易な対外貿易、経済協力の強化を奨励するビジネス環境の作成などの利益を生み出すと述べている。

国の繊維政策は、ドイツ国際協力公社(GIZ)の支援を受けて策定中。

ミャンマーはまた、国家輸出戦略(NES)を実施している。

国家輸出戦略(NES)では、アパレル産業のCMPシステムからFOBシステムへの移行、保税倉庫システムの採用、輸出を促進するための特殊な繊維工業団地の設立などの措置が講じられる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年01月16日14:34

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る