インドシナニュース

ミャンマー:CMP式アパレル輸出で収益3800万ドル増加

今年の101日から25日にかけて、CMPアパレル製部門の輸出は32500万米ドルに達し、昨年同期と比較して3800万米ドル増加した、と商務省の常任秘書官Khin Maung Lwin氏は述べた。

昨年、CMPアパレル部門の輸出収益は28700万米ドルを超えた。 CMPのアパレル部門は大きな進歩を遂げている。

2015-16年度、アパレル部門の輸出収益は8億米ドルだった。

2018年、アパレル部門の輸出収益は46億米ドル近くに達した。ミャンマー縫製企業家教会(MGEA)によると、アパレル事業の輸出収益は100億米ドルに達すると予想されている。

労働者の数が5倍に増加し、収入が10倍に増加したため、アパレル部門は生産を2倍に増やす必要があると、とミャンマー縫製起業家協会のKhaing Khaing Nwe会長は言う。

MGEAには500以上の企業が加盟しています。50万人以上の労働者がアパレル部門で雇用されています。ミャンマーは、CMPシステムにより、平均して約10%しか稼ぎません。8%しか得られない企業もあれば、12%になる企業もあります。」とKhaing Khaing Nwe氏は述べた。

現在、CMP産業は年間約3億米ドルを稼いでいる。MGEAによると、CMP産業は、CMPからFOBに移行できる場合、最大30億米ドルを稼げる。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年11月29日15:11

ミャンマー:アパレル輸出、今年度11カ月で43億米ドルに達す

ミャンマー商務省の関係者によると、アパレル製品の輸出量は、今年度11カ月で43億米ドルに達し、前年同期と比較して11億米ドル増加した。

2018-2019年度の101日から830日までに、アパレル製品の輸出量は437600万米ドルに達しました。昨年の同時期に、アパレル製品の輸出量は323000万米ドルでした」と同省の関係者は語った。

前年同期と比較して、現在のアパレル製品輸出量は、117200万米ドル増加した。

「アパレル製品輸出量は2018年に46億米ドル近くに達しました。2024年にはアパレル製品輸出量は100億米ドルに達すると予想されています」とMGEAKhaing Khaing Nwe書記は2019511日にUMFCCIのオフィスで開催された 第5回年次総会で述べた。。

外国投資は主にアパレル製品部門に流れている。 MGEAには500社を超える会員企業があり、50万人を超える従業員が働いている。ミャンマーは、収入の10%を工賃として受け取っている。

「ミャンマーの収入は縫製工賃です。 8-12%と幅があります。高品質の製品は12%もらえます。縫製料が多くない場合でも、約8%です。したがって、平均は約10%です」とDaw Khaing Khaing Nwe氏は述べている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月17日16:36

ミャンマー:CMP原材料の輸入額、今年21億米ドルを超える

商務省の情報によれば、CMP事業は、今年度の約11か月で21億米ドルを超える原材料を輸入し、前年同期と比較して31000万米ドル増となった。

現在の2018-2019年会計年度の101日から823日までに、21100万米ドルのCMP原材料が輸入された。前年同期の輸入原材料の価値は178700万米ドルをわずかに上回った程度だったため、今年は33281万米ドル増加した。

CMP事業とは、原材料の輸入、完成品の国内生産、輸出を意味する。

ミャンマーでは、アパレル産業がCMPシステムの下で運営されている。靴作りと製袋業もCMPシステムに依存している。ただし、CMPは毎日の賃金に基づいているため、わずか約10%しか稼げない。

ミャンマー縫製事業協会(MGEA)の関係者は、CMP事業から年間約3億米ドルを稼いでいるが、FOBシステムを立ち上げると収入は約30億米ドルに増加すると述べている。

今年の9か月間、あらゆる種類の商品の輸入は、前年同期と比較して93000万米ドル以上減少し、評価額で1393600万米ドルだった。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月09日18:47

ミャンマー:CMPの輸出収益は今年度17%以上増加

商務省の統計によると、今年の89日までに、CMPの輸出量が17%以上増加したため、総輸出収益は77000万米ドル以上増加した。

10.5か月の間に、輸出収益は77237.5万米ドル増加し、1442400万米ドル以上に達した。

昨年同期の総輸出収益は1316150万米ドルだった。

この間、CMPの輸出収益は148800万米ドル(17.78%)増加し、837600万米ドル以上に達した。昨年、CMPの輸出収益は688800万米ドルだった。

ミャンマーでは、アパレル産業は主にCMPシステムで運営されている。

ミャンマーは主に農産物、動物、海洋、森林、鉱業、CMPによる製品などの製品を輸出している。

20182019年度の貿易総額は313億米ドルに達すると予想されている。輸出額は153億米ドル、輸入額は158億米ドル。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月28日16:51

ミャンマー:アパレル委託加工(CMP)生産からの輸出収益は10億米ドル増加

商務省の関係者によると、2018-2019年度の101日から財務年度で、アパレル委託加工業は38億米ドル以上を獲得し、前年同期と比較して10億米ドル以上増加した。

昨年、この部門の輸出収益は277500万米ドルを超えた。 アパレル委託加工業の輸出収益は、103700万米ドル以上増加した。

アパレル委託加工業(CMP)は、輸出部門全体のリストのトップに立っている。2018年、アパレル製品輸出部門は46億米ドル近くを稼いだ。ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)での第5回年次総会で、ミャンマー衣料起業家協会(MGEA)の事務局長であるKhaing Khaing Nwe氏は、この部門は2024年までに100億米ドルを稼ぐと予想されている。

「私たちのアパレル製品部門では、労働者の数が5倍増加し、収入が10倍増加しています。その場合、生産性を2倍にする必要があります。私たちは絶えず努力しています」と、Khaing Khaing Nwe氏は付け加えた。

アパレル部門では、外国からの投資が大量に流入している。現在、MGEAには500社以上のメンバーがいる。50万人以上の労働者がアパレル部門で雇用されている。

「アパレル委託加工業部門はわずか10%しか獲得していません。一部の企業はわずか8個しか入手できませんが、他の企業は最大12%入手できます。高品質の製品は最大12%を獲得します。平均収入は10%です」と彼女は続けた。

現在、アパレル委託加工業の収益は約3億米ドルである。MGEAによれば、ミャンマーがCMPシステムからFOBシステムに移行できれば、30億米ドルを獲得できる。

ミャンマーは、1990年からアパレル産業でCMPシステムを開始した。現在、70以上の産業がCMPシステムの下で稼働している。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月21日11:57

ミャンマー:CMP原料の輸入は2億7000万ドル以上増加

商務省の統計によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間に、CMP産業が輸入する原材料は15億7300万米ドルに達し、前年同期比で2億7382万8000米ドル増加した。

アパレル製品や履物生産、製袋産業はCMPシステムの下で動いている。

商務省によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間、CMP衣料品部門からの輸出収益は24億9600万米ドルを超え、前年同期比9億3343万米ドル増となった。CMPの衣料品部門は輸出品目のリストの首位に立っている。

CMPシステムの下で、ミャンマーは縫製で約10%を得ている。CMP部門の年間所得は約3億ドルに達する。ミャンマー衣料企業家協会によると、国がCMPからFOBシステムに移行することができれば、CMP部門の収入は30億米ドルに増加するという。

CMP衣料品部門からの輸出収益は、2010年に約3億4000万米ドルに達した。輸出収益は、2014年に3倍に増加した。

2015年の衣料品部門からの輸出収入は14億6000万米ドルに達し、輸出総額の10%を占めている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月11日12:02

ミャンマー:アパレル製品のCMP輸出額が3倍に増加

2018年から2019年の510日まで、アパレル製品のCMP総輸出額は25.6億米ドルを超え、輸出額は3倍増と商務省が発表した。

同国では、アパレル製品のCMP輸出は大きな輸出促進部門で、輸出額は2015 - 2016年度の8億米ドルから、2018 - 2019年度(財務年度)の510日までに256100万米ドルに増加した、と Aung Htoo商務副大臣は述べた。

2018年、アパレル製品の輸出額は約46億米ドルに達した。511日にミャンマー商工会議所連合連合(UMFCCI)の5周年記念でミャンマー衣料品起業家協会の幹事を務めるKhaing Khaing Nwe氏は、輸出総利益は2024年までに100億米ドルに達すると予想されていると述べた。 。

アパレル産業では、労働者数が5倍に増え、収入は10倍に増えた。Khaing Khaing Nwe氏は、生産性を2倍にするために絶えず努力している、と付け加えた。

地元の繊維業界では、海外からの投資が大量に流入している。協会には500人以上の会員企業が所属しており、繊維産業全体では50万人以上の労働者がいる。

アパレル産業は労働集約型の事業であり、国が先進国に移行するのを助ける主要な事業。協会は、草の根のための雇用を創出し、熟練労働者を見つけることができるアパレルCMP産業の発展のために、訓練学校の設立を通じて技術移転のために働くことができる。

協会は、労働法に関する毎月の教育協議を行い、雇用主と従業員の紛争を解決するのを助けるために、ILOと協力して労働担当官を任命しした。

「この業界では、約50万人の労働者が雇用されており、そのほとんどが女性です。この部門は40億ドル以上の製品を輸出することができます。それは雇用とGDPに大いに貢献しています」とAung Htoo商務副大臣は述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月05日12:53

ミャンマー:衣料品製造業者協会(MGMA)とジェトロが提携、技術支援提供

ミャンマー衣料品製造業者協会(MGMA)によると、同協会はJETRO(ヤンゴン)と提携し、衣料品部門の人的資源の増強と技術支援を提供するためにミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC) を開設し、運営している。

「ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)は、2009325日に将来の課題として設立されました」と同センターの責任者は述べた。

ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)MGMAJETROが共同で設立し、2009年と2010年にモバイルシステムを介して衣料品工場で産業工学のトレーニングが行われた。ミャンマー投資委員会と工業省の支援を得て、センターは開かれた。

このセンターでは、モーターミシン、スーパーバイザーレベルIE、トップマネジメント、ミシン調整、旋盤加工技術、アタッチメント、生産管理、基礎衣料品検査、高級衣料品検査、特殊縫製、針と糸、衣料品セミナーと衣料品の品質向上などのコースが開かれている。

ミャンマーは、2024年にはアパレル製品の輸出量が100億米ドルに達すると予想されているとMGMAの事務局長Khine Khine Nwe氏は述べた。

「私たちの分野では、労働者は5倍、収入は10倍に増えています。私たちは労働者の生産を倍増するつもりです。そのために努力しています」とKhine Khine New氏は述べた。

アパレル産業は、ほとんどが外国投資部門にあたる。MGMAには500社以上の会員企業が所属し、労働者の数は50万人以上いる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月18日15:14

ミャンマー:アパレル輸出、2024年には100億米ドルに達すると予測

ミャンマー連邦商工会議所連合会(UMFCCI)の第5回年次総会でミャンマー服飾企業家協会(MGEA)の長であるKhaing Khaing Nwe氏は、同国のアパレル輸出収入は2024年には最大100億米ドルに達すると予想されると語った。

「私たちの衣料品部門では、労働者の数が5倍、収益が10倍に増えました。今我々は労働者の生産性を倍増するために絶え間ない努力をしています」と彼女は付け加えた。

協会には500人以上の会員が所属し、縫製労働者の数は50万人を超えている。

アパレル産業は労働集約型の産業であると同時に、先進国に変革するための国の基本的な産業でもある。協会は労働集約的なCMP産業を発展させるために訓練学校を設立し、先端技術を習得することができるようにする。そうすることで、雇用を最大限に創出し、熟練労働者を見つけることが可能となる。

ILOと協力して、協会は労働問題担当官を任命し、教育的協議を共有し、そしてアパレル縫製工場が労働争議を解決するのを助ける。

昨年、アパレル産業は約46億米ドルを稼いだ。 MGHRDC12種類のトレーニングコースを実施している。

「衣料産業は、40億米ドルを超える価値のある製品の輸出のおかげで、貿易部門、雇用およびGDPに大きく貢献しています」と商務副大臣Aung Htoo氏は言う。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月13日17:21

ミャンマー:縫製工場ストライキ、700人以上の労働者に給料、報酬を支払うことで決着

ヤンゴン地方域Hlinethaya郡区Shwelinban工業団地のKyansittha通りにあるBlue Moon Garment Factoryは、工場資産を売却した後、700人以上の従業員に給与と工場閉鎖の補償を支払うことに合意したと工場労働者は述べた。

協定は、313日午後に開催された雇用主であるPhyo Min Thein首相と労働者が率いるヤンゴン地域政府間の三者協議の後に成立した。

工場の所有者は、工場の所有物を売却した後に労働者に支払うと地方域首相の前で合意に署名した。労働者は1月と2月の給与と工場閉鎖の報酬を受け取る権利を有する。

「首相はすでに38日に工場の資産を売却した後に労働者を返済するよう指示しました。しかし雇用主は故意に延期しました。しかし今は所有者は首相の前で署名しましたた。明日の午前10時に、工場の機械は数えられるので、それから、労働者は給料と報酬を返済されるでしょう」と工場労働者のHnin Nu Waiさんは語った。

Blue Moon Garment Factory700人以上の労働者が222日から工場の前で抗議キャンプを開き、給料を要求している。所有者は228日に工場の閉鎖を発表した。

抗議労働者は、31日、8日、12日に官庁に来ることによって、ヤンゴン地方域政府に紛争調停を要求した。313日になって和解が行われた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年03月18日13:43

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る