インドシナニュース

ミャンマー:CMP原料の輸入は2億7000万ドル以上増加

商務省の統計によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間に、CMP産業が輸入する原材料は15億7300万米ドルに達し、前年同期比で2億7382万8000米ドル増加した。

アパレル製品や履物生産、製袋産業はCMPシステムの下で動いている。

商務省によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間、CMP衣料品部門からの輸出収益は24億9600万米ドルを超え、前年同期比9億3343万米ドル増となった。CMPの衣料品部門は輸出品目のリストの首位に立っている。

CMPシステムの下で、ミャンマーは縫製で約10%を得ている。CMP部門の年間所得は約3億ドルに達する。ミャンマー衣料企業家協会によると、国がCMPからFOBシステムに移行することができれば、CMP部門の収入は30億米ドルに増加するという。

CMP衣料品部門からの輸出収益は、2010年に約3億4000万米ドルに達した。輸出収益は、2014年に3倍に増加した。

2015年の衣料品部門からの輸出収入は14億6000万米ドルに達し、輸出総額の10%を占めている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月11日12:02

ミャンマー:アパレル製品のCMP輸出額が3倍に増加

2018年から2019年の510日まで、アパレル製品のCMP総輸出額は25.6億米ドルを超え、輸出額は3倍増と商務省が発表した。

同国では、アパレル製品のCMP輸出は大きな輸出促進部門で、輸出額は2015 - 2016年度の8億米ドルから、2018 - 2019年度(財務年度)の510日までに256100万米ドルに増加した、と Aung Htoo商務副大臣は述べた。

2018年、アパレル製品の輸出額は約46億米ドルに達した。511日にミャンマー商工会議所連合連合(UMFCCI)の5周年記念でミャンマー衣料品起業家協会の幹事を務めるKhaing Khaing Nwe氏は、輸出総利益は2024年までに100億米ドルに達すると予想されていると述べた。 。

アパレル産業では、労働者数が5倍に増え、収入は10倍に増えた。Khaing Khaing Nwe氏は、生産性を2倍にするために絶えず努力している、と付け加えた。

地元の繊維業界では、海外からの投資が大量に流入している。協会には500人以上の会員企業が所属しており、繊維産業全体では50万人以上の労働者がいる。

アパレル産業は労働集約型の事業であり、国が先進国に移行するのを助ける主要な事業。協会は、草の根のための雇用を創出し、熟練労働者を見つけることができるアパレルCMP産業の発展のために、訓練学校の設立を通じて技術移転のために働くことができる。

協会は、労働法に関する毎月の教育協議を行い、雇用主と従業員の紛争を解決するのを助けるために、ILOと協力して労働担当官を任命しした。

「この業界では、約50万人の労働者が雇用されており、そのほとんどが女性です。この部門は40億ドル以上の製品を輸出することができます。それは雇用とGDPに大いに貢献しています」とAung Htoo商務副大臣は述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月05日12:53

ミャンマー:衣料品製造業者協会(MGMA)とジェトロが提携、技術支援提供

ミャンマー衣料品製造業者協会(MGMA)によると、同協会はJETRO(ヤンゴン)と提携し、衣料品部門の人的資源の増強と技術支援を提供するためにミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC) を開設し、運営している。

「ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)は、2009325日に将来の課題として設立されました」と同センターの責任者は述べた。

ミャンマー縫製人材育成センター(MGHRDC)MGMAJETROが共同で設立し、2009年と2010年にモバイルシステムを介して衣料品工場で産業工学のトレーニングが行われた。ミャンマー投資委員会と工業省の支援を得て、センターは開かれた。

このセンターでは、モーターミシン、スーパーバイザーレベルIE、トップマネジメント、ミシン調整、旋盤加工技術、アタッチメント、生産管理、基礎衣料品検査、高級衣料品検査、特殊縫製、針と糸、衣料品セミナーと衣料品の品質向上などのコースが開かれている。

ミャンマーは、2024年にはアパレル製品の輸出量が100億米ドルに達すると予想されているとMGMAの事務局長Khine Khine Nwe氏は述べた。

「私たちの分野では、労働者は5倍、収入は10倍に増えています。私たちは労働者の生産を倍増するつもりです。そのために努力しています」とKhine Khine New氏は述べた。

アパレル産業は、ほとんどが外国投資部門にあたる。MGMAには500社以上の会員企業が所属し、労働者の数は50万人以上いる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月18日15:14

ミャンマー:アパレル輸出、2024年には100億米ドルに達すると予測

ミャンマー連邦商工会議所連合会(UMFCCI)の第5回年次総会でミャンマー服飾企業家協会(MGEA)の長であるKhaing Khaing Nwe氏は、同国のアパレル輸出収入は2024年には最大100億米ドルに達すると予想されると語った。

「私たちの衣料品部門では、労働者の数が5倍、収益が10倍に増えました。今我々は労働者の生産性を倍増するために絶え間ない努力をしています」と彼女は付け加えた。

協会には500人以上の会員が所属し、縫製労働者の数は50万人を超えている。

アパレル産業は労働集約型の産業であると同時に、先進国に変革するための国の基本的な産業でもある。協会は労働集約的なCMP産業を発展させるために訓練学校を設立し、先端技術を習得することができるようにする。そうすることで、雇用を最大限に創出し、熟練労働者を見つけることが可能となる。

ILOと協力して、協会は労働問題担当官を任命し、教育的協議を共有し、そしてアパレル縫製工場が労働争議を解決するのを助ける。

昨年、アパレル産業は約46億米ドルを稼いだ。 MGHRDC12種類のトレーニングコースを実施している。

「衣料産業は、40億米ドルを超える価値のある製品の輸出のおかげで、貿易部門、雇用およびGDPに大きく貢献しています」と商務副大臣Aung Htoo氏は言う。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月13日17:21

ミャンマー:縫製工場ストライキ、700人以上の労働者に給料、報酬を支払うことで決着

ヤンゴン地方域Hlinethaya郡区Shwelinban工業団地のKyansittha通りにあるBlue Moon Garment Factoryは、工場資産を売却した後、700人以上の従業員に給与と工場閉鎖の補償を支払うことに合意したと工場労働者は述べた。

協定は、313日午後に開催された雇用主であるPhyo Min Thein首相と労働者が率いるヤンゴン地域政府間の三者協議の後に成立した。

工場の所有者は、工場の所有物を売却した後に労働者に支払うと地方域首相の前で合意に署名した。労働者は1月と2月の給与と工場閉鎖の報酬を受け取る権利を有する。

「首相はすでに38日に工場の資産を売却した後に労働者を返済するよう指示しました。しかし雇用主は故意に延期しました。しかし今は所有者は首相の前で署名しましたた。明日の午前10時に、工場の機械は数えられるので、それから、労働者は給料と報酬を返済されるでしょう」と工場労働者のHnin Nu Waiさんは語った。

Blue Moon Garment Factory700人以上の労働者が222日から工場の前で抗議キャンプを開き、給料を要求している。所有者は228日に工場の閉鎖を発表した。

抗議労働者は、31日、8日、12日に官庁に来ることによって、ヤンゴン地方域政府に紛争調停を要求した。313日になって和解が行われた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年03月18日13:43

ミャンマー:CMP契約での輸出高、約20億ドルに達す

ミャンマー商務省からの情報筋によると、同国のCMP輸出高は、2018 - 2019年度の101日から31日にかけて20億米ドル近くに達し、前年同期と比較して88000万米ドル増加し、輸出部門で最大の製品となっている。

「今年度31日までのCMP輸出量は、前年同期比で87800万米ドル増の193200万米ドルに達しました」と商務省のKhin Maung Lwin副次官補は述べた。

「ミャンマーは縫製代の平均10%を稼いでいます。品質によって、8%しか稼げない国や12%も稼ぐ国もあります」とミャンマー縫製企業家協会のKhine Khine Nwe書記は述べる。

ミャンマーはCMPビジネスで年間約3億ドルを稼いでいる。ミャンマー衣料企業協会によると、CMPに代わってFOBが許されるなら、同国は約30億ドルを稼ぐことになる。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年03月18日11:35

ミャンマー:縫製工場労働者、未払い給与と工場閉鎖の補償を求めて3度目の抗議

312日、ヤンゴン地方域Hlinethaya郡区Shwelinban工業団地内Kyansittha通りのBlue Moon 縫製工場の労働者らが、未払い給料及び工場閉鎖の補償の支払いを求めて、地方域首相の事務所を訪れ、労働紛争の調停を要求した。こうした陳情は3度目。

700人以上の工場労働者も31日にも事務所に来て、地方域首相の介入を求めたが、首相に会うことは許されなかった。

38日、Phyo Min Thein首相が率いる地方域政府、会社、従業員との間で3者間の話し合いが行われた。会議の中で、首相は会社に対して工場売却後に給料を支払うように指示した。しかし、労働者はまだ給料や報酬を受け取っていないため、今回3度目の抗議が行われた。

「私たちが38日に首相と最初に会ったとき、会社は何もしませんでした。首相は会社に速やかに私たちに支払うように指示しました。しかし、私たちが会社に連絡を取ると、答えは曖昧でした。工場売却後には支払います。私たちはそれがどのくらいかかるのか、12ヶ月なのか、わかりません。私たちは首相に会うために2回事務所に情報を送りました。午後5時まで、私たちは彼に会うことを許されていませんでした」と労働者1Shoon Le Le Win さんは言う。

Blue Moon Garment Factory700人以上の労働者が222日から工場の前で抗議キャンプを開き、1月分の給料支払を要求している。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年03月14日13:56

ミャンマー:アパレル委託加工(CMP)の原料輸入額は3ヶ月で6億ドル以上

商務省によると、アパレル委託加工(CMP)事業は、2018-2019会計年度の過去3ヶ月間で6億米ドルを超える原材料を輸入し、対昨年同期比で1億米ドル近くを超えた。

今年度の101日から111日まで、CMP原材料の輸入額は6645.9万米ドルに達した。前年同期の金額は5664.7万米ドルだった。

ミャンマー委託加工協会によると、委託加工(CMP)システムで事業を行っている企業は、主にアパレル工場、スリッパ、カバン企業である。

アパレル産業では、ほとんどの注文が日本、韓国、欧州連合(EU)諸国からのものであり、ミャンマーはそれらの国々から原料を輸入し、CMPシステムの下でアパレル製品を製造している。

今年度101日から12月末までの間に、アパレル製品など委託加工品の輸出により、対前年同期比で49600万米ドルを超える10億米ドル以上の外貨を獲得した。

「輸出部門では、アパレル製品の委託加工(CMP)が中心です。今年は、104435.2万ドルを稼ぎました。10億円以上です。前年同期の輸出額は、54744.1万ドルでした。これは目ざましい進歩です」と商務省事務次官補佐Maung Lwin氏は述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年01月28日19:28

ミャンマー:5年間でアパレル工場の数は10倍増加

投資企業管理局(DICA)のAung Naing Oo局長によると、欧州連合(EU)に製品を輸出しているアパレル生産工場の数はこの5年以内に180社増加した。

2013年には、EUに輸出するアパレル工場は22しかなかったが、現在、その数は202に増えている。これは主に、EUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置適用によるものである。

2013年にミャンマーへの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置適用が再開される時点で、24の工場があり、そのうち、1つの工場は非CMP業界で、もう1つの工場はCMP業界だった。23000人の雇用を生み出していた。

ミャンマーが2013年以降に一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を取得した後、全工場の数は305社に増加し、うち、202のアパレル工場が海外向けCMP工場で、26の工場は非CMPおよび77工場は非CMPのアパレルである。これらの工場は30万人以上の雇用創出能力を持っている。ミャンマーでは、1000人中0.6人がEUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置の恩恵にあずかっているとされている。

CMPアパレル生産工場の約60%は中国からの投資であり、1030日にミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)で開催されたEU EAB監視任務によれば、主にEU諸国に輸出している。一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置や「武器以外すべて(EAB)」の権利により、一部の外国人投資家はミャンマーに工場を設立することに興味を持ち始めている。

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)のKhine Khine Nwe事務局長は、「対外投資の65%のうち、60%は中国からのもので、主にEU向けに製品を輸出している」と述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年01月21日16:32

ミャンマー:EUの一般特恵関税制度(GSP)を維持すれば、雇用率は6 %増加の可能性あり

EUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置おかげで、ミャンマーは0.6%の雇用を創出することができる。GSPの権利が残っている場合、雇用率は総人口の6%に増加する可能性があると、15日、ヤンゴンにあるミャンマー商工会議所連合(本部)で行われた「民主主義、貧困GSP」と題された講演の中で投資企業管理局(DICA)のAung Naing Oo局長は述べた。

2013年にEUがミャンマーへの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を再適用する直前には24の縫製工場があり、うち22の工場はEUに衣料品を輸出しており、1工場は非請負加工縫製工場で、もう1工場は請負加工縫製工場だった。当時、23000人あまりが雇用されていた。

ミャンマーが2013年にEUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を取得した後、工場数は305に増え、うち、202が衣料品の請負加工縫製工場、26が非請負工場で、77が非請負型の衣料品縫製工場となった。これらの工場では30万人以上が雇用されている。ミャンマーでは、1000人中0.6人がEUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を享受していると言わなければなりません。

「武器以外すべて(EBA)」政策及び一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置のおかげで、一部の外国人投資家はミャンマーへの工場進出に興味を持ちはじめている。彼らはミャンマー投資委員会に投資についての問合せをしている。ミャンマーに工場をシフトしたいと考えている企業もある。300以上の工場が1000人につき6人多くの雇用を創出できる。工場の人員数が3000に増えた場合、この部門は約60の雇用を余分に創出できると彼は付け加えた。

EUはミャンマーに「武器以外すべて(EBA)」監視任務を送り、状況についての問合わせた。EU議会は、1030日の記者会見によれば、一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を撤回するかどうかを決定することになる。

ラカイン問題に関して、EUはミャンマーに対する「武器以外すべて(EBA)」政策及び一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を撤回する計画を検討している。1997年当時EUが一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を撤回したために、10万人以上の労働者が失業した。20136月、EUは一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置の適用禁止を解除している。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年01月14日15:52

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る