インドシナニュース

ラオス:弱まる米ドルに繊維産業が懸念

ラオスの衣料産業は、米ドルがラオスの通貨キップに対して続落しており、アパレル製品輸出業者には大きな試練となっている。

「私たちは、この20年間で最大の難局に直面しています。」とラオス縫製産業協会会長Onesy Boutsivongsakd氏はビエンチャン・タイムズ紙に述べた。繊維産業は5大外貨獲得産業のうちの一つであるので、各部署は産業をサポートしてほしいと訴えた。

米ドルはラオス・キップに対して下落を続けている。昨年の8,000ラオス・キップから昨日までで7,713ラオス・キップまで低下した。2000年には米ドルは1万ラオス・キップの相当だった。米ドルに対するラオス・キップの上昇は鉱業と水力発電による強い経済成長の結果である。

Onesy氏によれば、衣料品縫製産業はラオス・キップの上昇に苦しんでいるだけではなく、昨年の政府による34万8000ラオス・キップから62万6000ラオス・キップへの最低賃金の引き上げによる労働コストの上昇にも苦しんでいると言う。

世界的な景気後退で、世界中で需要が冷え込んだため、衣料産業は製品の高値販売を期待できないとも彼は言う。

Onesy氏は、政府が最低賃金をやむを得ず増加させたのは生活費の上昇であったことを考えると、政府が今取らなければならない最も緊急方策の1つは、上昇する物価の抑制であると言う。

米ドルの下落の結果、閉鎖に追い込まれた衣料品縫製工場があるかどうかわからないと彼は言う。

分析では、欧米市場で需要が冷え込んでおり、米ドルで契約がされるので、困難に遭遇しているのは、欧米市場に輸出する衣料品縫製工場だけであると示している。タイ、中国、日本などに輸出している工場は、これらの国の通貨は価値が上がっていて、契約がその通貨でなされるので、米ドルのラオス・キップに対する下落の影響を受けない。

国立経済研究所の経済学者は、状況が厳しくなっているため、ビジネスの生き残りを助けるため衣料産業に対する支援を提供するべきであると言う。

衣料品縫製工場の閉鎖は数千人の労働者の解雇を意味すると言う。現在のところ、繊維産業は、全国で2万人以上を雇用している。

ADBからのレポートによると、繊維産業の2012年の輸出額は1億7300万米ドルで、対前年比で、25%減少している。繊維産業の輸出額の減退は、欧米市場の需要の低下と労働力の不足が原因である。

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2013年04月25日10:48

ベトナム繊維産業、材料の現地調達進むか

Dung氏によると、アパレル企業が製品の輸出額を増大させたいなら、原材料の調達能力が非常に重要で、というのも、外国人の顧客は付属品を現地調達としてほしいと思っているためである。

タンビン展示会議センターにて行われた第24回目を数える国際展示会である衣料・繊維展示会2013(SaigonTex2013)のプレスミーティングで彼はこう話した。

今年の展示会は22ヶ国から357もの企業の参加があり、衣料・繊維産業に関する機械と原材料の調達ルートを見つけるに十分な機会をあたえたと主催者は言う。

中国からは、参加企業数最多の160社の参加があった。

衣料・繊維企業は、製品価格が下落しながらも、賃金上昇、電気・水道、原材料の高騰などの困難に直面しているが、企業の中には、9月まで受注し、生産の契約を終えている会社もある。

Dung氏によれば、繊維産業は第1四半期に対前年比約17%成長し、輸出取引高は約42億米ドルになったと述べた。これは、繊維産業全体で年間の輸出取引高目標188-192億米ドルを実現するのに十分な数字である。

第1四半期に繊維産業の主要市場向けアパレル製品の取扱は増加し、日本と欧州とでそれぞれ3億米ドル以上、米国で13億米ドルとなっている。

ベトナムは、従来市場に加えて、サウジアラビア、ロシア、トルコ、韓国、アフリカ諸国など新規市場への輸出を増やすだろう。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月24日08:37

ミャンマー:テイン・セイン大統領の最低賃金の薦めを議会が承認

ミャンマー議会は2013最低賃金法案に関するテイン・セイン大統領の薦めを受け入れたと国営新聞「ミャンマーの新しい灯り(The New Light of Myanmar)」は報じた。

財務大臣は、3月15日にすべての公務員が4月から月額2万チャット(23米ドル)給与の上昇を受けると発表した。しかしながら、提案された一般最低賃金の金額はまだ発表されていない。

テイン・セイン大統領は去年6月この問題について演説して、「すべての市民が、今、基本的に必要としているのは、総合的な保健の保護のみならず、所得の保障か、言い換えれば、雇用の確保である。我々は現在、労働者らが相応の基本的な社会権を享受できるよう最低賃金を定める法律を制定する過程の段階にある。」と述べた。

昨年、縫製工場労働者らによる立て続けのストライキの後に、工業団地の労働者の最低賃金が一時的に月当たり5万6700チャット(約65米ドル)と定められた。

ヤンゴン工業団地の縫製労働者は、残業抜きで月給約3万チャット(35米ドル)しか受け取ってない労働者もいると言う。

コンサルティング会社Thura Swissの報告によると、2012年6月以降、現在も、日雇い労働者の最低賃金は1日あたり500チャット(0.60米ドル)である。

複数の調査では、ミャンマー人口の約32%はまだ貧困に喘いでおり、ミャンマーは東南アジアの最貧国である。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年04月23日06:00

ベトナムからの子供服輸出、33%の伸び

2013年第1四半期のベトナムの子供服の輸出は、数量5930万点、金額1億5470万米ドルで、対2012年同期比では、数量33%増、金額25.7%増である。子供服の輸出市場は変動が多く、輸出の中心は米国で、輸出金額全体の71.3%を占めている一方、EU市場向けは減少している。2013年第1四半期の子供服の輸出価格は、対前年同期比で5.4%下降、FOB価格で2.61米ドルである。

統計データによれば、2013年第1四半期のベトナムの子供服の輸出は、数量5930万点、金額1億5470万米ドルで、対2012年同期比では、数量33%増、金額25.7%増である。この間の安定した輸出成長を勘案すると、2013年第2四半期のベトナムの子供服輸出は、2億1000万米ドルで、対昨年同期比で19.5%増が見込まれる。

2013年2ヶ月子供服の輸出は、主要輸出先であるアメリカ、日本、韓国向けはいずれも順調だが、EU市場向けはいまだ回復の兆しが見えない。

そのうち、アメリカ向けの子供服の輸出は、対2012年同期比で、数量34.6%、金額29.3%増加し、数量2980万点、輸出金額7820万米ドルに達し、2013年2ヶ月間の子供服の総輸出金額の71.3%を占める。この成長を維持するには、各企業は現代的な流通チャンネルの展開、生産能力を増強し、製品の品質を向上させ、消費者の嗜好に合わせる必要がある。さらには、デザイン分野にも投資し、質の高いデザインの商品を生産すると同時に、プロモーションを行ったり、商品の多様化を図ったりすることも必要である。2013年第2四半期のアメリカ向け子供服の輸出は引き続き増加すると予想される。

日本向けの子供服の輸出は、数量195万点、金額564万米ドルで、対2012年同期比で、数量40.4%増、金額19.5%増である。

子供服の韓国向け輸出の増加は目を見張るものがあり、対2012年同期比で、数量56%増、金額73.2%増、数量74万2000点、金額389万米ドルである。

この他に、各企業が子供服輸出に力を入れている、新興市場としては、カナダ、ロシア、アンゴラが挙げられ、対2012年同期比でそれぞれ78%、1,611.3%、121%の増加となっている。

逆に、ベトナムからEU向けの子供服の輸出は、いまだ回復の兆しが見えず、2013年2ヶ月で、数量は188万点、金額は696万米ドルで、対2012年同期比で、数量7.9%減、金額13.6%減である。

2013年第1四半期の子供服の輸出価格は、対前年同期比で5.4%下降、FOB価格2.61米ドルである。

2013年2ヶ月のアメリカ向けの子供服の輸出価格は、対前年同期比で3.9%下降し、平均FOB価格2.62米ドルである。2013年2月単月のアメリカ向けの子供服の輸出価格は、FOB価格2.61米ドルで、対前月比で0.9%下降、対前年同期比で0.4%下降している。

2013年2ヶ月の日本向けの子供服の輸出価格は、対前年同期比で14.9%下降し、平均FOB価格2.88米ドルである。2013年2月単月の日本向けの子供服の輸出価格は、対前月比で30%上昇、対前年同期比でも同じく30%上昇し、FOB価格3.54米ドルである

一方で、スペイン向けの2013年2ヶ月のこの品目の輸出価格は、対2012年同期比で0.3%上昇、FOB価格で5.5米ドルである。2013年2月単月の子供服の輸出価格は、対前月比で34%下降、対前年同期比で3.9%下降し、FOB価格4.6米ドルである。

逆に、カナダと韓国向けの子供服の輸出価格は、対2012年2ヶ月比でそれぞれ10.8%と11.1%上昇、FOB価格で3.04米ドルと5.24米ドルである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月22日06:00

ベトナム:2013年4月2日から2013年4月11日までの繊維原材料輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は、対前週比で逆行し、1,611-2,178USD/tで推移している。具体的には、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比2.3%上昇し、2,042USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比1.1%上昇し、1,868USD/tである。逆に、パキスタンからの輸入価格は、0.1%下降し、1,611USD/tである。ベニンからの輸入価格は、0.5%下降し、1,890USD/tである。コートジボワールからの輸入価格は、1.0%下降し、1,903USD/tである。マリからの輸入価格は、2.9%下降し、1,971USD/tである。ブラジルからの輸入価格は、6.5%下降し、2,097USD/tである。上記の各市場の輸入価格は、対昨年同期比で4.5-31.6%下降している。その他の市場の輸入価格は以下の通り。オーストラリア2,178USD/t、カメルーン及びモザンビーク2,020USD/t 、イギリス1,878USD/t、トーゴ1,878USD/t 、タンザニア1,791USD/tである。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、対前週比でやや下降し、0.61~4.48USD/kgで推移している。そのうち、台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比2.0%下降し、1.6USD/kgである。マレーシアからの輸入価格は、対前週比3.4%下降、1.82USD/kgである。タイからの輸入価格は、対前週比23.8%下降し、1.06USD/kgである。上記市場からの輸入価格は、対昨年同期比で4.7-14%下降している。その他の市場の輸入価格は以下の通り。中国1.99USD/kg、インドネシア0.98USD/kg、インド0.61USD/kg、韓国4.48USD/kgである。

ポリエステル100%、生地巾55/57inch(コード:54076900)の中国からの輸入価格は下降し、0.62USD/yd、台湾からの輸入価格は2.0USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5% 、生地巾58/60inch (コード:60044900) の韓国からの輸入価格は上昇し0.79USD/mで、中国からの輸入価格は1.71USD/m(CIFカットライ(HCMC))である。

綿100%、生地巾58/60inch(コード:60062200)の韓国からの輸入価格は下降し、1.41USD/yd、中国からの輸入価格は2.32USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

綿60%、ポリエステル40%、生地巾68/70inch(コード:60062200)の韓国からの輸入価格は下降し、1.55USD/yd、中国からの輸入価格は2.81USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月21日00:29

カンボジアの縫製工場の防火防災水準は低調

カンボジア衣料品縫製工場の防火防災規則の水準は低下し、つまり、労働条件がこれまで以上に悪くなっていることになる。国際労働機関のベター・ファクトリー・カンボジアのプログラムで、2012年5月1日から6ヶ月間繊維分野の160の工場について調査し、火災対策の安全規則が守られている工場が30%減少したと判明した。57%の工場しか規則を守っていない。

「工場は注文の増加で仕事精一杯こなすようになり、職場の安全、健康基準、他の法的基準に関する注意が弱くなったと考えられる。」と報告されている。「しかしながら、他のアジア諸国の繊維分野での最近の火災事故を見れば、しっかりとした対策が必要であることは明らかである。」

最近6ヶ月間で、インドの2つの縫製工場で火災事故が起こり、いずれも逃げ場を失った従業員が死亡したため、衣料品縫製工場の労働条件が議論や非難の的となっている。カンボジアの衣料品縫製工場は、不十分な換気、労働者の栄養不足、高温、長時間労働などから起こった大規模な労働者集団気絶の後、昨年10月にメディアによる検査が行われたが不合格となった。

最新の報告は、児童労働が2011年の8.5%から1%低下したが、「気絶事件の原因解消についてはさしたる変化がない。」と述べられている。調査対象の工場のうち、わずか32%が適正温度を維持し、36%は換気不十分のままであるとWWD報告は述べている。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年04月20日11:07

ベトナムの繊維輸出、新規市場向けが大きく伸びる

本年度3ヶ月間のベトナムの繊維輸出は、18.3%増の37億米ドルに達し、4月16日付の税関当局発表のデータでは、そのうちで、輸出が好調なのは、従来市場ではなく、新規市場であることがわかる。たとえば、アセアン市場向けの繊維輸出金額は2013年第1四半期で1億1140万米ドルで、対昨年同期比44.4%増。ミャンマー向けは倍増。ナイジェリア向けは1200%増、ノルウェー向け134.6%増、ニュージーランド向け120%増、オーストラリア向け37%増となっている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月19日11:46

ドンナイ縫製株式総会社(Donagamex)、生産拡大のため200-250万ドルの投資

ドンナイ縫製株式総会社(Donagamex)は、2013年に生産拡大のため、機械・設備などに400〜500億ベトナム・ドン(200-250万米ドル)の投資を行うことを明らかにした。

具体的には、最大の投資案件は、ビンフック省Dong Xoai町に設立する新会社Dong Phuoc社の新工場完成のための投資で、第2期工事に総額300億ベトナム・ドンを予定している。この案件は、縫製品の生産に充てられ、総投資額1000億ベトナム・ドンで、すでに第1期工事は完了している。

これ以外に、Dong Khanh社、Dinh Quan縫製、Dong Xuan Locなどの工場への新規の機械・設備に投資する。また、さらには、現状のA地区、B地区、Dinh Quan縫製、Dong Xuan Loc社、Dong Xuan Khanh社などの古くなった設備の交換や用具等の補充を行う。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月18日08:38

ベトナムのアパレル輸出、32%の成長

ベトナムの繊維製品の輸出は2005年から2011年までの期間、32%の成長を見ており、最近の調査に従えば、世界中のどの国のこの分野おいても最も高い成長率となっている。

情報は土曜日にホーチミン市での会議でオランダ外務省傘下対開発途上国輸入促進センター・コンサルタントDhyana Van der Pols女史によって発表された。

ランキングは、中国が15%の成長率で続き、以下、インド10%、トルコ、マレーシア、タイがそれぞれ7%で後に続いた。

ベトナムでの繊維産業の急速な成長は国の政局安定と低い労働コストに起因しているとDhyana Van der Pols女史は述べた。

彼女は、ベトナムはEUのトップ10アパレル輸出国の中に入っていないが、両者間の今後の自由貿易協定(FTA)でベトナムが世界の最大のアパレル消費市場に輸出を増加させる新しい機会を開くと予想されると述べた。

「ベトナムの繊維工業の競争力:国際専門家からの目からの見通し」と題された会議は、CBIとVinatexによって共同開催された。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月17日23:15

ベトナム:Ha Phong縫製、火事で半焼

4月6日、バクザン省Ha Phong縫製会社で火災が発生、3haの工場が燃えた。火災の物的損害は数億ベトナム・ドンに達する見込みである。労働者らのおよそ1,500台のオートバイ、2,500台のミシン、100台のコンピュータとプリンタ、120万点の縫製品、80万mの生地など、多くの資産が灰と化した。労働者によると、火災は4月6日午後4時頃に仕上げのワークショップから発生し、20台以上の消防自動車と何百人もの消防警察官が駆けつけ、約7時間後に収まった。火災発生時には、2,000人以上の労働者が工場で働いていたが、人命には別条ない。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年04月16日08:37

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 346 | 347 | 348 |...| 408 | 409 | 410 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る