インドシナニュース

アディダス、プノンペンのファッション地区に参入

アディダス・ベトナム·カントリー·マネージャーRyan Hart氏は、プノンペンのシアヌーク大通りにオープンの新店舗のためにこの週末、アディダス・ダンス・チームのイベントに参加する。

アディダスは、カンボジアの最新のファッション地区となっているプノンペンの独立記念塔のすぐ西、シアヌーク通り90番地にスポーツ・ウェア・ショップを開店した。
開店初日は、新店舗に隣接した一角にテント張りのステージを用意し、メンズ、レディスのスポーツ・シューズ、トレーニング・ウェアなどを覗き見ることができるようになっており、プノンペンのファッション・フリークは、土曜の夜のアディダスの発売記念イベントを楽しみにしている。

アディダス・グループ・ベトナム・カントリー・マネージャーRyan Hart氏はベトナムからプノンペン入りし、MWグループのリテール・ファッション・ジェネラル•マネージャーAlan Ainsworth氏に合流するが、Ainsworth氏は、最近の成功に基づき、プノンペンの小売市場に自信満々だ。

Ming Wuoyグループが所有している新しいアディダス・ショップはアウトレット・ストアではなく、新品の、本物の高品質なアディダス製品を顧客が購入し、注文することができる、本格的なアディダス・ショップである。

Ainsworthは、Ming Wuoyグループが、1995年にNew Collectionというファッション・ショップをシアヌーク通りに開いたときに小売ファッションへの動きはすべて始まったと言う。

それ以来、MWグループは、Osimのウェルネス製品やOakleyのサングラスだけでなく、Pedro ShoesとURS Shoesもシンガポールから持ち込んだ。

「徐々に多くの人々がブランドを意識していくと私は思います。それは自然な成り行きです。私の娘もアディダスを欲しがっています」と彼は言う。

Ainsworthは、本物のブランド商品には、より高い価格を支払うだけの価値があると言う。トレーニング、サッカー、テニス、ゴルフなどのスポーツ・シューズの価格帯は60ドルから200ドルで、メンズ及びレディス、ファッション、スポーツのウェアの価格帯は24ドルから 150ドルまでである。

「アウトレット店は昨年の製品を販売しているかもしれませんが、私たちの店は、最新のアディダス・ファッションを販売しています。アディダスは、研究開発に数百万ドルを費やしています。人々はアディダス・オリジナル製品の使用のメリット、つまり、より快適で、より高い安定性、より耐久性のある製品であるということを理解し始めています。研究は、すべてのアパレル製品、靴製品の性能を高めることを目的としています。」と彼は言う。

「製品が良いので、うまくいくでしょう」とAinsworthは言う。「何の心配もありません。成功すると確信しています」

アディダス・ブランドの持ち込みについての最初の会話は3月に行われ、5月に契約にサインし、1ヶ月後には、ショップは準備ができていた。

「もっと多くのブランドが、シアヌーク通りに来ると思います。我々は多くのブランドが集まるファッション・ストリートにいます。」

店の品揃えは、スポーツ・パフォーマンスとオリジナルのカテゴリです。靴の多くはハイテクの排熱システムを備えた、クール・クライメット仕様となっています。

 

アディダスは、創設者Adolf "Adi" Daslerにちなんで名づけられた、ヨーロッパ最大、世界第2位の巨大スポーツメーカーで、バッグ、Tシャツ、時計、アイウェア、靴、他のスポーツや衣料関連のグッズを扱っている。

Ming Wuoy(MW)グループは、コスモポリタン・メンズウェア·ギャラリー、エジソン照明、Ming Wuoy家具及びメディアウェイという企業を抱え、カンボジアとミャンマーにはThe Placeというジムを所有しています。「我々が、シンガポールからPedroを持ち込んだとき、最初の6ヶ月間、非常にスローでしたが、年末にはベトナムまですっかりブームになっていました」 Ainsworthは言った。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年08月13日06:00

参考:2012年7月24日から2012年8月4日までの繊維原材料輸入実績例

この一週間、綿輸入価格は引き続き下落し、平均輸入単価1,720~2,597USD/tで変動している。そのうち、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比5.9%低、対2011年同期比で53.2%低、1,856USD/tである。コートジボワールからの綿輸入価格は、対先月比2.7%低、対2011年同期比で49.3%低、2,122USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比0.8%低、1,763USD/tである。ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比0.2%低、2,205USD/tである。タンザニアからの綿輸入価格は、対前週比8.5%低、1,720USD/tである。スワジランド2,082USD/tである。その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。イギリス2,110USD/t、フランス2,597USD/t、ナイジェリア1,810USD/t、ガーナ2,433USD/t、ケニア2,130 USD/t。

ポリエステル糸(コード:54023300)の価格は、世界的な石油価格の上昇により、上昇傾向にあり、0.5~3.63USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比1.8%高、1.88USD/kgである。韓国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比4.8%高、3.63USD/kgである。マレーシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比3.5%高、1.61USD/kgである。タイからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比9.9%高、1.61USD/kgである。台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比15.8%高、2.71USD/kgである。対2011年同期比で、各市場とも、28.8-30.4%下落している。ただし、オーストラリアからの糸は0.5USD/kg, CNFで安定している。

綿100%、生地巾148cm(コード:52084200)のインドネシアからの輸入価格は、5.03USD/m、ドイツ産輸入価格は7.79USD/m(CPT NOI BAY 空港(HNC))である。

ポリエステル65%、レーヨン35%生地巾58/60inch綿(コード:52111200)の中国からの輸入価格は、1.97USD/m、韓国産輸入価格は10.24USD/m、(CIFハイフォン)である。

ナイロン82%、スパンデックス18%(コード:6004900)の韓国からの輸入価格は、1.3USD/m、中国産輸入価格は1.5USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾55/57inch綿(コード:54076900)の韓国からの輸入価格は、0.6USD/yard、中国産輸入価格は0.9USD/yard、(CIF)ハイフォンである。

ナイロン100%、生地巾58/60cm(コード:54074200)の日本からの輸入価格は、1.07USD/yard、中国産輸入価格は1.4USD/yard(CIF)ハイフォンである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月11日06:00

中国への繊維輸出は今年大幅に上昇

今年年初から7ヶ月の中国への生地製品とアパレル製品の輸出売上高は対前年同期比で、41%増加、1億米ドル以上に達した、とベトナム繊維協会が報告した。
原糸の輸出売上高も27%増加し2億8900万ドルに達した。

その他 ジャンル:
最終更新:2012年08月10日06:00

アメリカ向け繊維、靴・皮革製品輸出大きく伸びる

    2012年年初から7ヶ月のベトナムからアメリカ市場向けの繊維、靴・皮革製品輸出が対昨年同期比で17.8%伸び、101億ドルに達し、輸出全体の17.5%を占めるに至った。輸出金額の大きな品目は繊維製品、靴・皮革製品、水産物、傘、カバン、コーヒーなどである。

    具体的には、7ヶ月で繊維製品はアメリカ向け輸出金額のうち40億ドル以上を占める。履物は12億4000万ドルで、対2011年同期比で19%近く伸びている。水産物の輸出金額は6億6000万ドル近くで、ベトナムは、数量で最大の水産物供給国、金額では第5位となっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月09日06:00

今後2-3ヶ月、繊維及び靴・皮革業界は引き続き困難な局面

国内の繊維及び靴・皮革業界は、今後2-3ヶ月は難しい局面が継続すると予想される。資本調達の困難、原材料の不足、生産コストの上昇が主な障害となっている。商工省の工業生産貿易に関する今年年初から7ヶ月のレポートによると、この7月に、繊維業界はまだまだ安定受注を欠いた困難な局面に直面し、売上高を増加させる傾向にはなく、輸出は対昨年同期比で低調である。それに加えて、資本や原材料の不足、生産コストの上昇などは、繊維産業の将来の生産と輸出の大きな障害である。商工によると、繊維業界の7ヶ月の輸出は対昨年同期比で2%減の、8.2億ドルと推定されている。原材料については、今年7ヶ月では対昨年同期比5.7%減、10億米ドルに達する。取引価格は、これらの原材料は、今年7ヶ月間は対昨年同期比で21.1パーセント減少した。

一方、履物・皮革業界は、靴の受注不足が今後2-3ヶ月間続くと予想している。さらに、労働力資源への圧力はピークのシーズンに入る企業にとって障害となっている。

ベトナム靴・皮革業界にとって助けは、ブラジルが、アンチ•ダンピング関税の対象からベトナムを外し、ベトナムの靴の輸出を支援し、ブラジル、ベトナムの輸出の靴を助けるという結論を発表し、輸出が30%増加したことである。一般的には今年年初から7ヶ月間で、靴の生産は、対昨年同期比19.7パーセント増加の、3400万足と推定されている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月08日06:00

ミャンマーの縫製工場200社が赤字

生産量減少とドルレートの不安定さから輸出中心の国内縫製工場180社は今年赤字に転落する模様。

 

ミャンマー縫製企業家組合の課長Myint Soe氏によると「ドルレートが不安定で、生産力の減少、CMP価格低下などで輸出工場のほとんどが赤字に転落している」と発言。180工場では10万人の労働者を雇用している。

 

ミャンマーのCMP業界は世界的な大企業からの受注があり、ミャンマーで生産された衣類などは韓国、日本、アメリカなどに輸出されている。

 

政府は海外からの投資を推奨してはいるが今年度にミャンマーに投資する縫製工場は タイ、韓国、日本を合わせて5社のみである。ヨーロッパ企業は視察などには来ているが本格的な投資には至っていない。

 

世界経済の影響で2009年頃からミャンマーでは120社の縫製工場が順調に受注を増やしていたが2010年6月から注文が多くなり縫製業に企業家たちが参入した。だが、2012年では製造の減少、ドル価格の不安定で閉鎖した工場もある。

 

2012年度にヤンゴンの縫製工場では最低賃金がアップし、労働者に対する規則が厳しいということで50社の縫製工場の労働者たちがデモを行った。労働省は労働者の基本賃金を1ヶ月57,000チャットに上げるように関係者と協議した。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年08月07日06:00

繊維工場、ジャストフィットせず

北部ハイズーン省の2大海外繊維プロジェクトが、許可取得後2年間、進まずに身動きがとれなくなっている。

香港のPacific Vietnam TextileとCrystal Corporationは登録投資額 5億3800万ドルで、ベトナムでこの種の最大の垂直統合プロジェクトであり、今年操業開始の予定だった。

Pacific Vietnam Textileの4億2300万ドルのプロジェクトは、生地製品やアパレル製品用の原料を生産し、国内外市場に1年当たり3億6000万メーターの生地を量産することを目標とする一方、Crystal Corporationの1億1500万ドルかけた、アパレル製品拡大プロジェクトは、輸出用の生地・アパレル製品の生産および取引を睨んでいる。

 

ただし、両方のプロジェクトで用地回収は、ひどく遅れており、計画された72ヘクタールのうち、わずか28ヘクタールが取得できたにすぎないとハイズーン当局は報告した。ハイズーン省工業団地管理局局長Mai Duc Chon氏は、300世帯近くが用地回収の影響を受けたとして、彼らは、合理的な補償費用、再雇用や環境問題の解決を求めている。投資家の計画によると、このプロジェクトでは15000名の地元の労働者に雇用機会を与えるとしている。

 

Crystal Corporation社の現地法人Regent Garment社社長Richard Chin氏は、廃水処理システムのためには、最新の技術が適用されると述べた。Crystal Corporation社は、2006年に北部ハイズーン省にRegent Garment社を建設し、年間3200万着の生産能力を確保している。

 

Crystal Corporation社及びPacific Textile Holding社は、日本のユニクロ、米国のウォルマート、JCペニーとギャップ、そして、欧州ではマンゴーとH&Mを含む世界中の多く顧客を抱えている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月06日06:00

参考:2012年7月17日から2012年7月26日までの繊維原材料輸入実績例

    この一週間、綿輸入価格は引き続き下落し、平均輸入単価1,631~2,209USD/tで変動している。そのうち、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比3.8%低、対2011年同期比で47.3%低、1,937USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対先月比5.5%低、1,777USD/tである。オーストラリアからの綿輸入価格は、対前週比1.4%低、2,167USD/tである。イギリスからの綿輸入価格は、対前週比8.5%低、2,000USD/tである。マレーシアからの綿輸入価格は、対前週比15%低、1,907USD/tである。上記の各市場では、2011年同期比で、綿輸入価格は、14.8~47.3%下落している。その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。ブラジル2,209USD/t、スワジランド2,082USD/t、スイス2,126USD/t、タンザニア1,880USD/t、トーゴ2,158USD/t、コートジボワール2.180USD/t。フランス1,631 USD/t。

   ポリエステル糸(コード:54023300)の価格も、下落傾向にあり、1.56~3.4USD/kgで推移している。そのうち、マレーシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比1.2%低、1,56USD/kgである。日本からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比1.0%低、3,43USD/kgである。インドネシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比25.8%低、1,67USD/kgである。一方で、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比19.5%高、1,85USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は、対前週比で、韓国3.46USD/kg、台湾2,34USD/kgである。対2011年同期比で、各市場とも、10.1~36.7%上昇している。

   ナイロン100%、生地巾58/60cm(コード:54023300)の韓国からの輸入価格は、2,34USD/yard、中国産輸入価格は3,95USD/yard(CIF)ハイフォンである。

   ポリエステル100%、生地巾147/152cm綿(コード:55151900)の中国からの輸入価格は、0.33USD/m、韓国産輸入価格は1.97USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

   ナイロン82%、スパンデックス18%(コード:6004900)の韓国からの輸入価格は、1.5USD/m、台湾産輸入価格は2,53USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

   綿95%、スパンデックス5%(コード:52081900)韓国からの輸入価格は、1.55USD/m、中国産輸入価格は1.63USD/m(CIF)ハイフォンである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月04日06:00

EU向けジーンズ輸出、減少する

我が国の2012年7ヶ月のジーンズの輸出は875万点、金額7110万USDで、対2011年同期比で数量ベース10.2%、金額ベース15.1%の増加である。輸出市場には大きな変動はなく、アメリカ、日本、中国及び韓国向けのジーンズの輸出は、対2011年同期比で、いずれも増加しているが、EU市場向けは減少した。2012年7ヶ月のジーンズの輸出価格は、対2011年同期比で4.4%上昇、平均FOB単価は8.13USDである。

統計データによれば、我が国の2012年7ヶ月間のジーンズの輸出は875万点、金額7110万USDで、対2011年同期比で数量ベース10.2%、金額ベース15.1%の増加である。

    我が国の2012年6ヶ月間のジーンズの輸出は、アメリカ、日本、中国及び韓国など大半の市場で、対2011年同期比、増加しているが、EU市場だけは減少した。

    ジーンズの輸出は、アメリカ市場向けが最大で、500万点、金額3490万USDで、対2011年同期比で、数量ベース3.1%、金額ベース7.4%増加した。

    日本へのジーンズ輸出は、経済が安定したため、順調で、2011年6ヶ月、数量ベース84.9%、金額ベース117.2%増加し、数量は67万6700点、金額で868万USDとなっている。

中国への輸出もかなり伸びており、対2011年同期比で、数量ベース68.8%、金額ベース57.4%増加し、16万9800点、金額では253万USDである。

     韓国への輸出は、主力市場の不振を受けて、各企業が新しい市場を開拓しようと努力した結果、数量、金額ともに大きく伸び、2011年初6ヶ月間のこの市場向けのジーンズの輸出は、対2011年同期比で、数量ベース136%、金額ベース123%増加し、16万0400点、金額172万USDである。

 この他に、対2011年同期比で輸出金額が大きく伸びたのは、ニカラグア、ロシア、メキシコ、チリ、ウルグアイ、ナイジェリアなどであるが、これらはまだ金額ベースではわずかである。

    逆に、経済危機の影響を受けて、EU市場だけは減少し、対2011年同期比で、数量ベース26.6%、金額ベース3.8%減少し、23万0000点、金額174万USDである。

    2012年7ヶ月のベトナムからの輸出価格は対前年同期比で4.4%上昇、平均FOB価格8.13USDに達している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月03日06:00

ナイキ、靴生産のベトナムへの依存度を高める

米国のスポーツウェア会社ナイキは定期報告の中で生産拠点としてベトナムへの依存度を高めると述べた。

ナイキは、現在、ベトナムで41パーセント、中国で32パーセントおよびインドネシアで25パーセント作られている。

2012年の財政年度中に、ナイキは製造をわずかにベトナムとインドネシアの方へシフトする一方、中国生産を若干後退させるとしている。残りわずかの同社の製品は、アルゼンチン、ブラジル、インドおよびメキシコで作られる、とオレゴン州ポートランドの本社で火曜日に報告した。

靴の製造拠点は他国であっても、売上の42パーセントは米国の販売から発生する。

同社は、北米市場の売上が2012年度に17パーセント急上昇したと言う。販売についてはさらに中国大陸で18パーセントおよび新興市場で26パーセント成長した、と報告は述べた。

同社はオレゴン州ビーヴァートンに本社を構え、約7,000人を雇用している。昨年、人員は38,000から44,000に上昇したと報告は述べた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月02日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 319 | 320 | 321 |...| 349 | 350 | 351 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る