インドシナニュース

ミャンマー縫製工らがヤンゴンで抗議

約1,000人の縫製工が賃金値上げを要求して、ミャンマーの主要都市ヤンゴンを昨日行進した。これは、数十年間の軍政の終焉によって起こるようなった一般民衆の直近の労働争議行動である。

昨年まで、半世紀近くの長い期間、軍政下で沈黙させられたミャンマーの一般労働者が、よりよい賃金および条件を要求して、今はじめて自由に発言した。抗議のデモ隊は工場からヤンゴンの政府労働事務所まで数時間歩いた。デモ隊は許可をとっていなかったが、警察は介入しなかった。「私は賃金アップを求めています」とある女性労働者は言った

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月12日06:00

ラオスの縫製業:労働不足との戦い

世界銀行によって発表されたラオスに関する報告書で、衣料産業が主として労働条件の劣悪さにより、熟練工を維持できないことを伝えている。

開発途上の東南アジアの国家ラオスの衣料産業は、輸出金額で毎年約2億USDを占め、大部分は欧州連合に販売される。急速な開発が進むラオスの政府の試みにおいて、製造業のうちの最大の雇用創出業界として、衣料産業は重要な役割を果たしている。

先週発表された世界銀行の報告書では、大規模及び中規模企業の人員の目減りは毎月労働力の約3.5%を占めている。

報告書によれば、これらの割合はこの地域の他の国の業界基準と比べても高く、それは、主に労働者の長時間労働および貧しい生活環境に因るものとされている。

「私が住んでいる寮は3階建てで、中はいくつかの部屋に仕切られていますが、中には20人も詰め込まれる部屋もあります。共同寝室となる以前に、そこは納屋でした。そこに扇風機だけを置き、私たちの部屋としたのです」とラオス人の工場労働者は世界銀行の調査員に伝えた。

労働者は、さらに飲み水が十分でないこと、空気が悪く熱いこと、下水道が完備していないこと、生活環境が困難なこと、工場規則が厳しく、監督者とうまく関係が持てないことなど不平不満を並べ立てた。

これらの進行中の問題だけでも、ラオス人の衣料産業の労働基準および経営慣行についての情報不足があることがはっきりと知られ、それが明白となれば、優良企業のバイヤーは思いとどまるだろう。

労働者の離職率が高いと、会社がスタッフを完全に訓練することができず、正社員を雇うことができない。報告書は、工場労働に移行する労働者への支援、組合の組織と代表者の選出、争議解決の改善が必要と示唆している。その報告書はさらに、優良バイヤーも近づきやすい、然るべき労働条件を備えた会社を監視し、保証するプログラムの設立を示唆した。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年09月11日06:00

ハノイの10月10日紡績、まもなく新ライン操業開始

10月10日紡績株式会社は、ハノイ市工業局傘下の紡績工場で、ベトナム繊維協会のメンバー企業であり、長年にわたって同社は、常にカーテンの生産拡大のための投資を進めて、輸出能力を向上させてきた。
10月10日紡績株式会社会長Duong Van Binh氏によると、同社はPho Noi工業団地(フンイエン省)にて新生産ライン稼働の準備をしている。プロジェクトの投資額は200億USDである。このプロジェクトは、10月10日紡績とスイス会社の協力事業で、カーテン生産のための原料の生地を生産するもので、90%以上は輸出に充てられる。これまでは中国から生地を輸入しなければならなかったが、これにより、すべての工程を主導的に管理することができ、生産コストを約7%節約、販売価格を低下でき、生産性をあげ競争力を向上できる。
まもなく操業開始の新しい生産ラインは、地域に200名の新雇用を生み出し、10月10日紡績の従業員は2200人になり、輸出額1億USD以上を含む今年の収益額は目標を2兆ドン(約9500万USD)以上上回ることができる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月10日06:00

参考:2012年8月21日から2012年8月30日までの繊維原材料輸入実績例

この一週間、綿輸入価格は、前週とは逆に上昇し、平均輸入単価1,706~2,272USD/tで変動している。そのうち、マリからの綿輸入価格は、対前週比3%低、対2011年同期比で63.6%低、1,794USD/tである。マレーシアからの綿輸入価格は、対先月比4.2%低、1,802USD/tである。コートジボワールからの綿輸入価格は、対前週比8.1%低、1,907USD/tである。アメリカ、イギリスは変動なく、それぞれ2,037USD/t、1,681USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比4.0%高、1,706USD/tである。タンザニアからの綿輸入価格は、対前週比0.4%高、1,792USD/tである。ブルキナファソからの綿輸入価格は、対前週比9%高、1,950USD/tである。オーストラリアからの綿輸入価格は、対前週比9%高、2,200USD/tである。その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。ブラジル2,272USD/t、ガーナ1,800USD/t、ブルガリア2,065USD/t、ギリシャ1,870USD/t、米領サモア2,241USD/t、対2011年同期比で、綿輸入価格は、38~49.2%上昇している。

ポリエステル糸(コード:54023300)の価格は、やや下降し、1.32~2.2USD/kgで推移している。そのうち、マレーシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比1.2%低、1.32USD/kgである。中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比4.0%低、1.73USD/kgである。タイからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比4.0%低、1.66USD/kgである。インドからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比15.7%低、1.98USD/kgである。他の市場では、韓国2.13USD/kg、台湾2.2USD/kgである。対2011年同期比で、各市場とも、23.6~29.8%下落している。

綿100%、生地巾57/58inch綿(コード:52091900) のインドネシアからの輸入価格は、2.96USD/yard、中国産輸入価格は4.03USD/yard((CIF)カットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾58 inch綿(コード:55121900)の中国からの輸入価格は、0.37USD/m、韓国産輸入価格は1.11USD/m、((CIF)ハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60 inch綿(コード:60041090)の中国からの輸入価格は、0.85USD/yard、韓国産輸入価格は1.74USD/yard。(CIFタンソンニャット空港(HCMC))である。

ポリエステル65%、綿35% (コード:5513230)の中国からの輸入価格は、0.76USD/m、香港産輸入価格は0.98USD/m、マレーシア産輸入価格は1.04USD/mである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月08日06:00

ベトナム衣料業界とミャンマー衣料業界が協業を模索

繊維企業を含むベトナム企業の代表とミャンマー企業の代表の間のビジネス・マッチング・ミーティングがミャンマーで開催されることになったとミャンマー商工会議所(UMFCCI)は発表した。
昨年、ベトナムとミャンマーの間の二国間貿易は、対前年比で9.8%増加し、1億6700万USドルを超えた。
繊維製品はミャンマーからベトナムに輸入された主要製品の一つである。
公式統計によれば、ミャンマーが1988年に外国投資に開放して以来、ベトナムのミャンマーへの投資は2011年11月時点で2365万USドルまで増大した。
ミャンマー縫製企業協会(MGMA)によれば、2011年のミャンマーの繊維製品の輸出額は、7億7000万USドルに昇る。
1990年代末からミャンマーに対しては経済制裁が科されていたが、これを撤廃するという最近の欧州連合(EU)による発表は、ミャンマーの衣料産業発展の原動力となろうとしている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月07日06:00

カンボジア繊維産業に良好の兆し

何千もの衣服労働者が毎日行き来する被服縫製工場は、カンボジアのプノンペンからakmao都市への国道2号線沿いには縫製工場が点在し、数千もの労働者が毎日通勤している。国道2号線周辺は、カンボジアへ最初に来た先駆けの縫製工場が多数あるが、現在では縫製工場、染色工場、プレス工場が集まるのはここだけではない。縫製工場は他の地域、特に首都の西部および北部で急成長してきた。

衣料産業は、カンボジアで最大の産業で、過去十年間の経済成長の重要な要素の一つである。

この産業は、経済財政省関税消費税総局によって収集されたデータによれば、2011年にカンボジアの国内総生産(GDP)の約17.4パーセントに相当し、2011年にほぼ50億USD、すなわち輸出総額の80%を占めた。

現在、カンボジア縫製業者協会(GMAC)には、338の縫製会社が加盟しているが、そのすべてが輸出志向の工場であり、350,000人の労働者(その大多数は女性)を雇用している。

カンボジアの投資委員会(CIB)からのデータによれば、合計72のプロジェクトが今年の前半に承認された。それらのプロジェクトのうち、49は縫製業界に含まれ、業界全体の輸出は今年上半期に8.7%上昇し、21億USDになった。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年09月06日06:00

ベトナム繊維業界の貿易黒字53億USD

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、今年の8ヶ月の間に、繊維産業の貿易黒字は53億USDに到達した。
VITASによれば、ベトナムの今年8ヶ月間での繊維の輸出は、6%以上増、108億USDに達している。業界全体での輸入は、3%以上減少し、2012年の8ヶ月間で73億ドルである。そのうち、繊維製品の輸出のための資材等の輸入は7%減、55億ドルであった。
それによれば、ベトナムの繊維製品の貿易黒字は対昨年同期比で24%増の53億ドルである。ベトナムの2011年の貿易黒字は、65億USDである。
加えて、原材料の自給率は49.5%と推定され、対昨年同期比で、7%増加した。
業界の貿易黒字増加は、一つには今年原料価格が対昨年比で減少していることが挙げられる。これは、VITASによれば、今年の8ヶ月間でのベトナムの綿花輸入は、数量では253,200トン、金額では5億6120万ドル相当で、対昨年同期比で、数量ベースでは16.6%増加、金額ベースでは26.1%減少している。この期間中に綿の輸入価格は対昨年同期比で36.7%減少、2217USD/t(すなわち2.2 USD / kg)まで下降した。
加えて、いくつかの主要な市場へのベトナムの繊維輸出は成長を続けた。特に、今年の7ヶ月間でのアメリカへのベトナムの繊維輸出は42億USD(対昨年同期比10.6%増)、日本への輸出は10億USD(同23%増)、韓国への輸出は4億5200万USD(同19%増)に達した。しかし、EUへの輸出は約4%減少し、13億USDだった。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月05日06:00

ミャンマー:縫製業の生産力が低下

今年ミャンマーの縫製業は生産力が低下したと縫製企業者組合が発言。外国に輸出している縫製工場は200社程度ありますが、10万人以上の労働者で行なっている縫製業の生産力は10%減少したという。

縫製企業者組合の課長Myint Soe氏は「年率30%成長し、去年は90%の成長した縫製業界ですが、今年は去年に比べ生産力が大幅に減少している」と発言。「原因は人件費の高騰や為替レートが期待どおりになっていないこと、諸経費の高騰など。去年は大量に生産し、労働者はこれまでの生産力を超えましたが、品質的には問題があり日本の顧客から品質についてのクレームが頻発している」という。

「これらの状況でミャンマー企業が顧客に提示する料金を顧客側が承諾せず、注文が減少している。また、縫製業に最も影響を与える為替レートですが1ドル=975チャット程度で落ち着けばいいとかんがえている(現在1ドル=860チャット。加えてここ最近、問題視されていることは残業ですがこれまでの28時間が16時間に短縮され生産力が減少し、他国よりミャンマーの方が経費が高くなっている」とも述べた。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月04日06:00

8月のベトナムの繊維輸出は97億2000万ドルどまり

商工省輸出入部によれば、8月、国の輸出売上高は、対2012年7月比で3.8%減、100億ドル以上低い98億ドルだった。

年初からの国の総輸出高は73.4億ドルで、対前年同期比17.8%増加である。

16の品目グループで10億ドル以上の売上高があり、そのうち繊維・衣料品がトップで97.2億ドル、続いて、各種電話およびその関連部品、原油などとなっている。

輸出入部によれば、企業が輸出市場拡大をサポートすべく、国家貿易促進プログラムでは、年末4ヶ月で市場開拓のために、とくに、香港、韓国、タイ、マレーシア、オーストラリアなどの潜在的な市場に焦点を当て、強力な展開を継続すると述べた

それに伴い、情報をタイムリーに入手し、市場の予測と輸入管理や品質管理の政策や規制の変化の早期発見し、各国市場でベトナム輸出品に不利な情報があれば、発生する問題を即座に解決していく。

また、各企業が優待信用貸付を容易に活用できるよう、商工省は財務省とともに、この問題についての、2011年8月30日付政府議定75/2011/ND-CPの効果的な展開を実施する。


同時に、中小企業のために信用貸付だけでなく、輸出税、輸入税などの税務面も柔軟に調整する。

加えて、商工省は国内で生産し輸出するビジネスの推進に向けて、通関手続につき最大限に有利な条件を作成するために財務省との調整を続けている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月03日06:00

参考:2012年8月14日から2012年8月23日までの繊維原材料輸入実績例

この一週間、綿輸入価格は、前週に引き続き下落し、平均輸入単価1,640~2,135USD/tで変動している。そのうち、コートジボワールからの綿輸入価格は、対前週比0.4%低、2,075USD/tである。オーストラリアからの綿輸入価格は、対先月比0.3%低、2,005USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比4.9%低、対2011年同期比で42.5%低、1,640USD/tである。ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比22.7%低、対2011年同期比で40.8%低、2,037USD/tである。イギリスからの綿輸入価格は、対先月比21.8%低、1,681USD/tである。アメリカからの綿輸入価格は、対前週比0.7%高、対2011年同期比で46.3%低、2,053USD/tである。その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。トーゴ2,135USD/t、ナイジェリア1,874USD/t、ブルキナファソ1,789USD/t、フランス1,955USD/t、ガーナ1,800USD/t、マリ1,850USD/t。上記の各市場では、対2011年同期比で、綿輸入価格は、40.8~46.3%下落している。

ポリエステル糸(コード:54023300)の価格は、一部市場で前週から反発し、1.34~3.27USD/kgで推移している。そのうち、タイからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比0.6%高、1.73USD/kgである。中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比3.6%高、1.8USD/kgである。日本からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比2.7%高、3.27USD/kgである。台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比6.4%高、2,01USD/kgである。ただし、マレーシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比15.2%低、1.34USD/kgである。対2011年同期比で、各市場とも、9.8-32.4%下落している。

綿100%、生地巾57/58inch綿(コード:52091900) の韓国からの輸入価格は、1.45USD/yard、中国産輸入価格は2.6USD/yard((CIF)ハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾58/60 inch綿(コード:54074200)の韓国からの輸入価格は、0.56USD/yard、中国産輸入価格は1.63USD/yard、台湾産輸入価格は2.46USD/yard((CIF)ハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾58/60 inch綿(コード:54076900)の中国からの輸入価格は、0.5USD/yard、韓国産輸入価格は2.6USD/yard、((CIF)ハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60 inch綿(コード:54074190)の中国からの輸入価格は、1.0USD/yard、韓国産輸入価格は1.2USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月01日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 316 | 317 | 318 |...| 348 | 349 | 350 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る