インドシナニュース

参考:2012年9月9日から2012年9月13日までの繊維原材料輸入実績例

この一週間、綿の輸入価格は、先週から反発し、1,720~2,183USD/tで変動している。そのうち、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比1.1%高、2,075USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比0.8%高、1,720USD/t、ブルガリアからは、対前週比5.4%高、2,176USD/t、ブルキナファソからは、対前週比11.2%高、2,169USD/tである。逆に、ブラジルからは、対前週比3.9%低、2,183USD/t、コートジボワールからは、対前週比1.0%低、1,888USD/tである。タンザニアからは、対前週比1.9%低、1,757USD/tである。オーストラリアからは、対前週比3.2%低、2,130USD/tである。対2011年同期比で、各市場とも、46-50%下落している。

この他、ポリエステル糸(コード:54023300)の価格は、綿糸と同様で、0.87~3.78USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比0.8%低、対2011年同期比で30.7%低、1.71USD/kgである。マレーシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比6.5%低、対2011年同期比で25%低、1.24USD/kgである。タイからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比5.8%低、1.56USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は、対前週比で、インド0.87USD/kg、韓国2.69USD/kg、台湾2.75USD/kg、日本3.78USD/kgである。

ポリエステル生地巾57/58inch綿(コード:60064290)の中国からの輸入価格は、0.62USD/m、韓国産輸入価格は3.66USD/m、((CIF)ハイフォン)である。
綿100%、生地巾57inch綿(コード:5208390) の韓国からの輸入価格は、1.3USD/yard、香港産輸入価格は5.8USD/yard(CIF)である。
ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60 inch綿(コード:60041090)の中国からの輸入価格は、0.85USD/yard、韓国産輸入価格は1.55USD/yard、(CIFカットライ(HCMC))である。
ポリエステル45%、綿55%生地巾K56inch綿(コード:5208130)の台湾からの輸入価格は、10.17USD/m、中国産輸入価格は10.73USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月22日06:00

日本のアセアン諸国からの衣類輸入が大きく伸びる

日本の輸入業者の協会によると、7月に日本への衣類の輸入は総額1746億円と対前年同期比で2.4%上昇し、輸入点数では1億9000万点以上と4%増加した。

衣類の輸入の増加は、多くの国の力強い成長の結果と見られ、具体的には、インドネシアからの輸入は63.3%増加し368.9万円に、バングラデシュから52%増加し366.2万円に、ベトナムから24.1%増加し1309.5万円に、ミャンマーから19.1%増加し227.8万円に、タイから13.1%増加し194.9万円になった。全体では、アセアン諸国から日本への繊維輸入は27.1%増加した。

一方、中国からの輸入は、金額ベースで3.1%下落し1億2925.1万円で、数量ベースで8.9%減少し2億3529万点となった。このように、衣類の輸入市場における中国のシェアは4ポイント下落し、金額ベースで74%、数量ベースで81.1%になった。

その他 ジャンル:
最終更新:2012年09月21日06:00

ベトナム製ナイトウェアのアメリカでのシェアが減少

2012年、アメリカのナイトウェア輸入は、2011年に10%減少したのちも、引き続き減少している。アメリカ通商部の最新の統計データによれば、アメリカのナイトウェア(Cat.351/651)の輸入は、今年上半期現在、対昨年同期比で数量ベース6.41%及び金額ベース8.17%減少し、それぞれ1180万ダースと4億9900万USDとなっている。
そのうち、アメリカのナイトウェア(Cat.351/651)の輸入先ビッグ3は中国、カンボジア、ベトナムで、これらは量の多少はあれど、いずれも減少している。アメリカがナイトウェア(Cat.351/651)の輸入を最も大きく減らしたのはベトナムで、対昨年同期比、数量ベース17%減、金額ベース20%減で、64万4000ダース、3340万USDである。これは、2011年のアメリカの本品目の輸入状況と完全に逆行している。2011年には、ベトナム製のこの品目はアメリカ市場ではかなりの強さを誇っていた。ベトナムは唯一成長率が伸びた国で、しかも、アメリカ市場へのナイトウェア(Cat.351/651)の輸出は、対2010年比で17%の伸びを記録した。アメリカでのこの品目の需要が大きく落ちると、各国からの輸入も減少し、中国12%減少、インド21%減少、バングラデシュ35%減少などとなっている。結果的には、ベトナムのアメリカ市場におけるこの品目の競争力ももはや維持できなくなった。
一方で、インドやバングラデシュのナイトウェア(Cat.351/651)メーカーは自社の生産の改善に躍起になっている。状況は完全に変わった。2011年に大きく減少したのち、この2ヶ国からのナイトウェア(Cat.351/651)輸入が急速に伸びている。今年の上半期にアメリカへのインドからのナイトウェア(Cat.351/651)輸入は、対2011年同期比、数量ベースで36%、金額ベースで19%伸びている。バングラデシュからの輸入は、対昨年同期比、数量ベースで7.35%、金額ベースで5.9%伸びている。
ベトナムのナイトウェア(Cat.351/651)のアメリカ市場での競争力が低下した原因の一つは、ベトナムからアメリカへの輸入価格が非常に高く、平均で1ダースあたり52USDもすることにある。これは平均輸入価格42USDよりもはるかに高く、インドの30USD、バングラの29USDなどとは競争にならない。
輸入の減少により、アメリカ市場でのベトナム製ナイトウェア(Cat.351/651)のシェアは6.19%から5.44%まで下落した。

その他 ジャンル:
最終更新:2012年09月20日06:00

日本でトアン・ヴィエトの手刺繍アオザイを紹介

アオザイ・デザイナーのトアン・ヴィエトは日本でのベトナム・フェスティバルにてベトナムのアオザイを紹介した。
ベトナム・フェスティバル実行委員会と在日ベトナム大使館が共同開催するベトナム・フェスティバルは、9月15日と16日の2日間、日本にて開催された。
プログラムは日本にベトナムの文化を紹介することを目指している。このテーマに沿って、アオザイ・デザイナーのトアン・ヴィエトは、セン・ヴィエト、ロン・ヴィエト、ホン・ヴィエトの3つのアオザイ・コレクションを通じ、ベトナムの伝統の手刺繍の技術に日本の人々の関心を集めた。
トゥアン・ヴィエトは打ち明ける。「これらのアオザイ・コレクションは国花のデザインを通じてベトナム民族の伝統をはっきりと表現しています。ハスの花を通じて、素朴でシンプルなベトナム人女性を表しています」
3つのコレクションの主な素材は、伝統的な手刺繍と水晶の組合せで、裾長のアオザイの魅力を醸し出す。ショーに出演する6人のモデルは、2006年のミス・フォトジェニックのDuong My Linh、準ミスのHong Yen、Trang Nhung、Thuy Linh、Truc Nguyen、Khanh Phuongで、日本人モデルも一緒に出演する。
ベトナムのアオザイの公演は東京の代々木公園で開催されている。日本でのベトナム・フェスティバルは、両国間の文化交流を促進するための主要なイベントとなっている。今年の祭はこれまでの5年間の足取りを辿るともに、両民族の間のさらなる密接な関係を築こうとするものである。祭のハイライトの一つは、「ミートベトナム!」のエリアで、食品、お土産、音楽など、伝統的なベトナムの文化を紹介するいくつかのブースで構成されている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月19日06:00

ミャンマーの縫製業者、生き残りに必死

低熟練労働力、輸入制裁と相対的に不利な租税政策がミャンマーの縫製産業の発展を阻んでいる、とは、ミャンマー縫製工業協会のメンバーの最近の発言である。
発言は、8月25日のミャンマー商工会議所組合で行われた記者会見でのことである。
労働者の不満が5ヶ月前に爆発して以来、メーカーがメディアにこのような発言をしたのは初めてだった。5月1日から7月30日までの間に、約70の縫製工場で労働者がストライキを起こし、昇給や、労働組合結成禁止の解除のような労働条件改善を要求してきた。
ミャンマー縫製工業協会(MGMA)会長U Myit Soe氏は言う。「シンガポールやマレーシアなどミャンマーに原料を販売する国々は、我々の輸出市場である日本と韓国から地理的に離れているので、生産のリードタイムがかかってしまいます。我々は納期に間に合わせるよう圧力をかけられているので、労働者は長時間労働を余儀なくされ、時間外労働賃金は低いままです。」
彼はミャンマーには熟練縫製工が不足しているために品質の低い衣類しか生産できないので、総収入金額は総輸出額の約10か15%でしかないと述べた。
「我々の収入は、<縫製工賃>だけです。私たちは服をデザインしていないし、原材料も輸入しなければなりません」と彼は付け加えた。
「2000年には、ここの繊維業界は3億ドル稼いでいたんですよ」とU Myint Soe氏は言う。翌年の収益は約8億ドルに急増したが、2003年にはアメリカが、国際労働機関(ILO)による強制労働の告発を受けて制裁を課したため、以来、下落している、と述べた。
数え切れないほどの工場が閉鎖され、10万人以上の縫製工が失業した。ミャンマーの縫製工場は、それで日本にビジネスの糸口を見出そうとした。
「日本はアメリカほど労働条件の改善に熱心ではなかった」と彼は言った。
「[制裁の課された]2003年以来、業界は沈んだままです」とミャンマー縫製工業協会(MGMA)書記長Daw Khaing Khaing New女史は述べた。
「我々は労働者の能力を高めようと頑張ってきました。けれども、ワーカーは技術が身に着くと、すぐに辞め、より良い賃金を求めて、中国やタイの国境の工場に移るのです。我々が高収益をあげるように管理していくのはまだ先のことです」と彼女は付け加えた。
「ミャンマーは世界の最貧国の一つです。しかし、カンボジア、ラオス、ベトナムなどの同じように貧しい国々とは異なり、ミャンマーは、後発開発途上国のための <一般特恵関税制度>(GSP)の基準に下げた税率でヨーロッパの国に商品を輸出することは許されません。これは東南アジア地域の他国と競争に参入することの障害となっているだけでなく、ヨーロッパ市場に進出するのも難しくしているのです」と彼女は言った。
ミャンマーは、1997年のILOの労働基準違反報告後、<一般特恵関税制度>(GSP)の特恵受益の対象から外されました。
Zawtika縫製工場のU Khin Hlaing氏は、アメリカの制裁が完全に解除された場合であっても、熟練縫製工は不足したままで、ミャンマーの競争力は当分低いままだろうと述べた。
「我々は西洋のバイヤーを見つけることができた場合でも、ミャンマーには十分な熟練縫製工が存在しないので、顧客の要求を満たすことは難しい。困難極まりないのです」と、U Khin Hlaing氏は言う。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月18日06:00

韓国デウォン・グループ会長、ニアベ縫製を訪問

2012年9月7日、ベトナム繊維公団(VINATEX)社長Tran Quang Nghi氏とともに韓国のデウォン·グループ会長がニアベ縫製株式総会社(NBC)を訪問した。
デウォン会長Chun Young Woo氏及び副会長Cheun Eung Sik女史は、工場の規模、機械設備だけでなく、NBCの生産能力を高く評価した。
ベトナム繊維公団を介して、デウォン・グループでは、国内の繊維企業、特に業界をリードする会社の1つ - NBCとの良好な協力関係を持てるだろうと考えている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月17日06:00

参考:2012年8月28日から2012年9月6日までの繊維原材料輸入実績例

この一週間、綿の輸入価格は、先週より若干上昇し、1,631~2,569USD/tで変動している。そのうち、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比0.3%高、2,057USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比0.8%高、1,720USD/t、タンザニアからは、対前週比1.0%高、1,810USD/t、ブルガリアからは、対前週比4.6%高、2,159USD/t、マレーシアからは、対前週比4.9%高、1,890USD/t、ブラジルからは、対前週比13%高、2,569USD/tである。コートジボワールだけは変動がなく、1,907USD/tである。対2011年同期比で、各市場とも、38.1-47.2%下落している。その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。ブラジル2,569USD/t、マリ2,493USD/t、オーストラリア2,169USD/t、ブルキナファソ1,631USD/t、パキスタン1,741USD/t、トーゴ1,631USD/t、カメルーン1,860USD/tである。

この他、ポリエステル糸(コード:54023300)の価格は、綿糸と同様で、1.63~2.91USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比5.3%高、1.82USD/kgである。台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比13.7%高、2.5USD/kgである。韓国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比36.4%高、2.91USD/kgである。タイからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比1.6%低、1.63USD/kgである。対2011年同期比で、各市場とも、5-26.5%下落している。

綿100%、生地巾54/56inch綿(コード:52083900) の中国からの輸入価格は、0.27USD/yard、台湾産輸入価格は1.49USD/yard((CIF)ハイフォン)である。

綿100%、生地巾58/60inch綿(コード:52091900) の韓国からの輸入価格は、2.6USD/yard、中国産輸入価格は2.9USD/yard((CIF)ハイフォン)

ナイロン100%、生地巾55/57 inch綿(コード:54074200)の台湾からの輸入価格は、0.56USD/yard、中国産輸入価格は2.14USD/yard、韓国産輸入価格は2.56USD/yard((CIF)ハイフォン)である。

綿60%、ポリエステル40%、(コード:60062200)の韓国からの輸入価格は、0.83USD/m、中国産輸入価格は1.13USD/m、(CANDFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル96%、スパンデックス4%、生地巾56/58 inch綿(コード:55151900)の中国からの輸入価格は、1.85USD/m、韓国産輸入価格は2.18USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月15日06:00

ホアトー-フーニン工場建設開始

チョーロー工業団地(クワンナム省PhuNinh県Tam Thai町)にて2012年8月末にホアトー・フーニン縫製工場で起工式が行われた。

式典には、クワンナム省人民委員会副主席Dinh Van Thu氏、ベトナム繊維公団副会長兼ホアトー紡績株式会社取締役会会長Tran Van Pho氏、および多く関係者が出席した。

ホアトー-フーニン縫製工場の建設投資プロジェクトは、使用土地面積28,053㎡、総投資額1000億ドン、第1期は40億ドン投じて10の生産ラインを建設、700名を雇用し、年間180万枚の生産能力の予定。

この計画は、クワンナム省の繊維産業を発展させる戦略目標の段階的実施に貢献するという意味において重要である。計画は、4ヶ月間以内に建設、機械設備の設置を終え、2013年第1四半期に操業開始する予定である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月14日06:00

ベトナムの水着(Cat.359/659-S)のアメリカ市場における占有率は上昇中

アメリカ商務省の統計データによれば、2012年上半期の我が国の水着の輸入は、対昨年同期比で、数量ベースでは1.36%減少しているものの、金額ベースでは4.09%増加し、20700kg、6億200万USDで、価格は対昨年比平均2.8%上昇の28.95USD/kgとなった。
2012年、ベトナムとカンボジアはアメリカ市場への水着の輸出の伸びが非常に大きな2ヶ国で、対昨年比それぞれ10.92%、38%と伸びている。中国は2.54%ほどの伸びに留まった。他の国々は昨年の輸出額を維持できないばかりか、20%以上も下回っている。
本年度上半期のベトナムとカンボジアの水着製品がアメリカ市場で強く成長している原因の一つはこの2つの市場からのアメリカへの製品輸入の価格が2010年から現在までの長い間かなり安いためである。具体的には、本年度上半期のベトナムからアメリカのCat.359/659-Sの輸入価格は平均で18.80USD/kgで、これは2011年には18.68USD、2010年には18.87USDだった。同様に、カンボジアからアメリカのCat.359/659-Sの輸入価格は平均で20.50USD/kgで、これも安定しており、2011年には20.59USD、2010年には19.38USDだった。さらに、ベトナムとカンボジアの輸入価格は、中国の32USD/kg、インドネシア25USD/kg、メキシコ50USD/kgなどと比べてもかなり魅力的で、これらの国々の今年8ヶ月の価格は昨年以前と比べると上昇している。
アメリカ市場でのベトナムとカンボジアの水着製品の占有率は、2012年には強く伸びた。
*現在のアメリカでのベトナム製品Cat.359/659-Sの占有率は12.78%で、これは2011年には11.99%で、2010年には10.83%だった。
*現在のアメリカでのカンボジア製品Cat.359/659-Sの占有率は12.07%で、これは急速に伸び、2011年には8.45%で、2010年には7.88%だった。
一方で、中国、バングラデシュ、メキシコなどからは減少している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月13日06:00

ミャンマー縫製工らがヤンゴンで抗議

約1,000人の縫製工が賃金値上げを要求して、ミャンマーの主要都市ヤンゴンを昨日行進した。これは、数十年間の軍政の終焉によって起こるようなった一般民衆の直近の労働争議行動である。

昨年まで、半世紀近くの長い期間、軍政下で沈黙させられたミャンマーの一般労働者が、よりよい賃金および条件を要求して、今はじめて自由に発言した。抗議のデモ隊は工場からヤンゴンの政府労働事務所まで数時間歩いた。デモ隊は許可をとっていなかったが、警察は介入しなかった。「私は賃金アップを求めています」とある女性労働者は言った

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年09月12日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 315 | 316 | 317 |...| 348 | 349 | 350 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る