インドシナニュース

デンマークとノルウェーの『ファッション暴徒』がカンボジアで生活賃金に迫る

デンマーク、ノルウェーと他の8ヶ国の人々が、カンボジアの縫製工の貧困賃金の認識を上げようと、ヨーロッパ中のショッピング・センター回りをしている。

 

今月クリスマスの買物を楽しむ人々は、カンボジアの縫製工の貧困賃金の認識を上げるためにヨーロッパ中のショッピング・センターで行動を起こしている人々に驚いて立ち止まっている。これらの『ファッション暴徒』は、H&M、Inditex(ザラ)、リーバイス、ギャップにカンボジアに生活賃金を導入するよう圧力をかけている。

『ファッション暴徒』は、スイス、デンマーク、オランダ、ポーランド、ノルウェーなど、ヨーロッパ中で少なくとも10ヶ国で行動を起こしている。労働者権利ネットワークはヨーロッパ中の広範なソーシャルメディア運動を通してメッセージを広め、アジアの国での恐るべき賃金状況を改善するよう小売業者に頼んでいる。

「まさしくその低賃金こそが、カンボジアの縫製工にとっての大きな試練の1つです。彼らは長時間労働を強制され、栄養価の高い食物を買えるだけの給与をもらえず、家庭での生活必需品を買うこともできません。肝心な点は、労働者が貧困賃金しか支払われていないということです。」と、国際クリーン・クローズ・キャンペーン(CCC)のJeroen Merk氏は言う。

運動は、縫製工の最低賃金が月給61米ドルであるのに対して、これがカンボジアで生活賃金を25%下回るという事実に注意を牽こうとしている。

暴徒はカンボジアの労働組合と協力したクリーン・クローズ・キャンペーン(CCC)の「言い訳はいらない」運動の一部であり、H&Mと他の小売業者/ブランドがその労働者が尊厳を持って生きることができる賃金を支払い、率先的な役割を理解するよう要求している。

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年12月14日14:00

Bigamex、ベトナム・ファッション・ブランドの誇り

ベトナム経済ニュースのMinh Kietは、生産を拡大し、ブランドをつくる際の会社にとっての難しさと利点と開発目標について、Binh Minh Garment Joint Stock Company(Bigamex)社長Do Kim Quy氏にインタビューした。

 

**会社の開発結果について話してもらえますか?

 

Begamexは、Vinatex傘下の企業として1999年に初めて株式化を始めた会社です。現在では、会社の株の25%は国、15%は外国人株主、10%以上は会社のスタッフが所有し、残り50%は他の一般の株主が所有しています。12年以上に亘って、会社は資本金を倍増し、資本金利益率は80%を超え、輸出高は順調に伸びてきました。昨年、総売上高はVND156億ドン以上に達しました。特に、Binh Minhは、外国企業と提携した最初の国内縫製会社の1つです。紳士婦人用の高級シャツの製造を日本の伊藤忠グループとともに合弁事業で立ち上げました。そして、それは会社のキーアイテムとなりました。 ポロシャツ、Tシャツ、スポーツウェア、高級ファッション衣料といった当社製品を広範囲にわたって展開することで、会社は国内外の市場で徐々に認知されていきました。伊藤忠、Philip van Heusen、アディダス、ウンブロ、デサント、フィラ、C&A、アメリカン・イーグルのような多くの有名な客先が当社の製品の品質を認めてくれました。

 

**Bigamexに続いて、Gendaiも評判の良いブランドとなりました。これらの2つのブランドを作って、開発するプロセスを教えてもらえますか?

 

Bigamexブランド製品は日本のテクノロジーで生産され、衣類とアクセサリーの創造的なデザインと印象的な配色によって日本基準で製造されます。Bigamexブランドのシャツは、『繊維産業分野の最も素晴らしいシャツ』と認められました。Bigamexブランド製品は、異なるサイズの顧客にも合います。

昨年前半に、Binh Minhは、日本風の高級ファッション・ブランドGendaiをベトナムの消費者へ披露しました。Gendaiブランド製品の重要なラインは、紳士婦人用シャツ、スポーツウェア、高級ファッション・アクセサリーなどが含まれます。Gendaiブランド製品は、特別なデザイン・アイデアと日本の最新のファッション技術が調和したコンビネーションせです。

Gendaiブランド製品は、日本の最新と伝統のファッション・スタイルを結合し、それはアジアの人々にとって好都合に設計されています。各々の製品のあらゆるディテールは、非常に慎重に作られます。Gendaiブランド・シャツを着れば、エレガントで、ファッショナブルに見えて、快適であると感じさせます。さらに、同じサイズのGendaiブランド・シャツは、顧客の寸法に合わせて、襟サイズと袖丈を調整できます。これはGendai ブランドのシャツの最も特別な利点で、ベトナムの消費者にまさしくぴったりします。また、Gendaiブランドのシャツは、袖口のスタイルが特別で、魅力的です。

 

絶え間ない創造的努力で、我が社は、最新でダイナミックなライフスタイルに合い、成功した企業家のスマートな外見を装う、新しい製品ラインを多数作りました。スマートな若者にとって、Gendaiブランドの衣類デザインは非常に印象的で、自分自身のスタイルをつくってくれます。こうしたすべての利点があるがため、Gendaiは本当に現代的で、洗練されて、スマートなファッション・ブランドなのです。

 

 

熟練労働者に加え、社長以下の有能なマネジメントにより、Binh Minhは30年発展を続け、数々の偉業を打ち立ててきた。「会社の名声は製品の品質を通して証明される」というモットーが一際際立っている。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月14日06:00

ミャンマーで初の繊維産業展示会開催

「ミャンマー国際繊維産業展示会 2012」がミャンマー初の産業フェアとして、2012年12月14日から17日までヤンゴンで行われる。

国内繊維産業の強化を目的として開かれる、この展示会は国内外のメーカー、バイヤー、貿易業者、卸売業者らにとっても総合的な業界プラットフォームとなる。

ほぼ100のブースは17以上の国際企業から出展し、多数の最新の繊維生産設備を展示する。

最新のさまざまな用具や設備のほか、展示では、付属品のみならず、染料などの化学品も公開される。

展示会は、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)、ミャンマー工業会社(MIEs)とヨーカー貿易マーケティング・サービス社の共催である。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月13日14:10

カンボジア縫製業は労働者不足の危機

カンボジア縫製工場は、移住、他業種への転職、劣悪な労働条件のために、労働不足に直面すると業界専門家は言う。

カンボジア縫製業者協会事務局長Ken Loo氏によると、プノンペン縫製工場では確かに労働者が不足している。

生産を進めるのに必要な労働者の確保に苦労している工場があると在カンボジア国際労働機関のコーディネーターSophorn Tun氏は言う。

「多くの工場が生産のために労働者を見つけるのに手助けを求めて全国職業紹介所を訪ねます。」

全国職業紹介所(NEA)顧問Hay Hunleng氏によると、縫製会社や工場が、現在全国職業紹介所(NEA)に紹介を依頼している労働者の数は3,720人で、これまで全国職業紹介所(NEA)は1,439人の補充を援助してきた。「一般に、縫製業はまだまだ多くの労働者を必要としていると言えます。」

Sophorn Tun氏によると、カンボジアの縫製工を含む多くの人々は、最低賃金が最近上がった隣国タイに移住する。

「同業種でさえ、多くの若者はタイで働きに移住する傾向がありますが、賃金は1つの誘因です。」と彼は言う。

また、多くの投資が現在カンボジアに入ってくることで、労働者を吸収すると同時に求職者に他の雇用機会を提供することもできる。

地域法律教育センターの労働プログラムのトップであるMoeun Tola氏は、工場は会社の壁に求人広告を貼りだすと言う。

「彼らは労働者を探しています。」と彼は言う。

一部の労働者は別の業種に転職する。グローバル化のために、通常、多くの人々は、カンボジアからタイやマレーシアや韓国に移り住むと彼は言う。

労働者が他業種へ転職するならば、「生産性の向上は期待できません」と彼は言う。「生産性が問題ならば、それは国の競争力にも影響します。」と彼は言う。

労働連帯のためのアメリカン・センターのカンボジア担当David Welsh氏によれば、産業と輸出が急上昇し、求人がたくさんあるという事実が国の経済に巨大な影響を及ぼしている。

「縫製業は、国のための重要な産業です。」と彼は言う。

カンボジアの繊維輸出全体は今年年初から9ヶ月で、対昨年同期の31億3000万米ドルに対して10%増しの34億4000万米ドルに達したと商務省からのデータは示している。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年12月13日06:00

ブランドF.House、ベトナム国内市場を制覇

世界的な景気後退の流れの中で、各企業、特に繊維企業は、輸出市場だけでなく国内市場でも激しい競争に直面している。これらの困難に直面して、これまでになく、各社はもっとも合理的な方向を見つけるために賢明でなければならない。フーンドン縫製は国内市場、海外市場のいずれでも権威のあるファッション・メーカーの一つである。ベトナムでは、同社は、工程管理と世界的にも最新の縫製技術を組み合わせ、そのうえ創造的なデザイン能力を兼ね備えて、高度に応用されたファッション製品を提供し、徐々に国内市場を支配している。

F.House ブランドのファッション製品が全国で多くの消費者の手に届くように、フーンドン社は、広範な流通システムを開発している。フーンドン社は今や18のショールームを持ち、小売店舗網は、フータイ・グループ、X28、スーパーCoopmart、さらには全国に78の店舗を持つベトナム・ファッション・ビジネス社のスーパーVinatexmartの販路も有している。

フーンドン社の製品は消費者にとって身近で人気があり、VIFFフェア2012の場では多くのお客様がブースを訪問し、ジャケット、ジーンズ、ショート・パンツ、ポロシャツ、Tシャツなど、素敵なデザインとカラフルなF.Houseブランドの製品を購入した。

フーンドン縫製株式会社部長Nguyen Thu Thanh Hoa氏は、以前はブランド商品の開発のために多額の費用を投資してきたが、市場に出す商品は消費者の嗜好に沿っていなかった、と述べた。その間も売上は伸びたが、利益は出ず、在庫が多かった。その実際から会社の経営陣は、国内市場の開発を再構築することを決めたという。 この3年間で会社は、市場調査をし、企画や製品セグメントを消費者の嗜好に合わせることに注力してきた。その他に、販売店のインテリアを改良し、整理し、人目を惹く色合いで、製品はお客様が手に取りやすいように際立たせてある。フーンドン社は、国内市場開発戦略の中で、自社にある商品でなく、消費者が求めている商品を販売するようになった。それにより、同社の売上はだんだん伸びている。具体的には、ゴーバップ区クアンチュン通りの第1ショールームは、2011年売上高は月間6000- 7000万ドン(約2800-3300米ドル)だったのが、現在では2億ドン(約9500米ドル)以上に達している。

多くの柄、様々な色・デザインなどといったファッション製品の特長から、注文は少量で、スタイルはすぐに廃れるため、会社は国内市場のためのファッション生産部署を作り、優秀で熱意あり、経験豊富なデザインチームで、消費者の嗜好や需要に応えられるファッション製品を提供していくことにしている。

Hoa氏によると、今年の輸出市場は比較的困難であるが、フーンドン社は、ビジネス上の豊富な情報源を持ち、多くのお客様からの信頼を受けている会社の一つである。国内市場については、売上でなく利益を目標の指標としており、2012年の国内市場の利益計画は70億ドン(約330万米ドル)である。Hoa氏は興奮しながら打ち明ける。主な流通チャネルの効果が出てきて、国内販売からの利益は計画を上回る。最後の数ヶ月には売上は、買取の契約注文が取れるためである。

ブランディングを推し進め、流通システムを開発することは、方向性として「後退」させ、製品と消費者対象を練り直す必要があるが、それによって、同社が可能性に満ちた国内市場を一歩一歩確実に支配してゆき、より多くの消費者にベトナム製品を好きになってもらえるのである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月12日14:00

ミャンマーでは今後、数千もの縫製工場が現れる

ミャンマー縫製業界は、改正外資法の制定に続き、米国制裁の解除で大きな後押しを得られるとある工業協会関係者は先週述べた。

12月中旬に繊維フェアがヤンゴンで開催されると11月下旬に発表した後に、ミャンマー縫製業者協会(MGMA)副会長U AungWinn氏は以下のように述べた。

「現在、ミヤンマーでは300以上の縫製工場が稼働しています。けれど、それは、バングラデシュ、インド、カンボジアといった近隣諸国と比較すれば、かなり少数です。縫製産業は、何千もの仕事を創出することができます。」

「近い将来、何千もの縫製工場がミャンマーに現れます。」と続け、多くの西洋の会社がミャンマーで事業を始めようと地元のパートナーと議論している一方、日本とタイの会社も待っていると付け加えた。

「12月の繊維フェアは、国際的使われている様々な道具と機械を公開することを目的とします。」と彼は付け加えた。

国際繊維産業フェア2012は、12月14日から17日までTatmadawホールで開催される。ミャンマー産業企業(MIEs)、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)とヨーカー貿易マーケティング・サービス会社の共催である。イベントでは、17の国際企業から100のブースが出る。

ミャンマー縫製業界は2011年度およそ7億7000万米ドルの売上があり、そのうち、日本向けは3億4800万米ドル、韓国向けは1億8300万米ドルと、11月のイベントで配布されたプレス・リリースで公表された。

ミャンマーが単純な裁断・縫製・梱包(CMP)を越えて能力を拡大する時であると、展示の共同主催者U Myo Thant氏は言った。

「縫製業界は、CMPの仕事以上をする必要があります」と彼は言う。

「我々のデザイナーの技術は急速に上達し、我が国は豊富な労働者がいますが、自身のブランドとデザインで製品を作り輸出する必要があります。そして、そのためにはもっと多くの良質の機械設備が必要になります。」

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月12日06:00

ニャチャン繊維株式会社、第4縫製工場をオープン

わずか約3ヶ月という短期間で準備後、2012年11月29日朝、ニャチャン繊維株式会社は、輸出向けの4つの生産ラインを持つ第4縫製工場が正式に完成(第1期)、操業を開始する。

第4縫製工場は、同社の敷地に隣接するニャチャン湾パッケージ社の土地を、ニャチャン繊維が最近買い取り、建設した。工場は、中央制御スチーム電気ボイラーおよび新技術の空調システムなど、日本、台湾、ベトナムの100%新品の近代的な機械設備を装備し、涼しく清潔な工場となっている。第1期の投資額は60億ドンである。

第4縫製工場は第1段階で170名の縫製工で操業し、ニャチャン繊維株式会社の生産ラインは合計25ライン、従業員総数1060名、年間生産能力450万枚となり、2013年に1500万米ドルまで輸出高を高めるつもりでいる。

第4縫製工場は、12の生産ライン、500名の労働者を持ち、総投資額は180億ドンである。工場面積は4200平方メートルである。第4縫製工場の完成は、会社の売上・利益の拡大、地域社会経済の安定、国家予算の増加に寄与する。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月11日14:00

カンボジアの日の出:T.K.縫製は、廉価な賃金を求めて国境を超える

政府が全国的に日給の最低賃金を300バーツとすると決定したとき、労働集約型産業は日暮れがまもなく訪れるのだと知った。

会長Thaveekij Jaturajaroenkhun氏は、製品の間にあって、指差して言った。「向こうに行って、一から出直しだ。」

しかし30年経ったT.K.縫製のここでの日暮れは、あちらでの新しい夜明けを意味した。

タイの人気の主要な相手先商標製造会社(OEM)として、同社は高い賃金経費を逃れ、最大の生産工場を北西カンボジアへ移転した。

「会社が32年前できたとき、労働力はふんだんで、中国のような巨大な生産国と簡単に競争できました。」と会長Thaveekij Jaturajaroenkhun氏は言う。

「しかし、今日、我々の事業はその日暮れに向かっているので、成長するためには出て行く必要があります。」

他の10の縫製会社も近隣諸国、特にカンボジアとベトナムへ移転するところであると彼は言う。

12人の従業員と7台のミシンによるだけみすぼらしい工場から出発して、今やT.K.縫製は、バンコクとミャンマー国境沿いのTak県Mae Sotに2つの工場を有している。それぞれ1,200人と2,500人の従業員を抱え、そのほとんどは移民である。

2つの工場は、連動して操業し、合わせて月産50~60万枚の生産能力があるが、そのうちMae Sot工場が全体の65%を占める。

すべての売上は国内市場向けだが、全部で80枚の顧客ラベルがある。完成品は、対象となる年齢や職業も様々である。

「カンボジアの新しい工場が来年6月に活動を開始するとすぐに、我々は段階的にMae Sot工場を閉鎖します。」とThaveekij氏は言う。

1億5000万バーツの投資額で、新しい工場はBanteay Meanchey州Sisophon工業団地にある。

工場は1ヶ月につき100万枚の生産能力があって、次の2年で少なくとも3000人を雇用する。

「地域の最低賃金がタイでより数倍低いので、カンボジアへの新しい投資は有利です。我々は中国などの国とさえ競合できます。」と彼は言う。

カンボジアの最低賃金の日給は、およそ51バーツである。

工場移転後のもう一つの要因は顧客需要だった。「顧客は、高い賃金経費が影響することを心配して、来年に生産される商品はタイ製ではなく、カンボジアまたはベトナムで生産されなければならないと言い始めました」と、Thaveekij氏は言う。

低賃金労働を越えて、T.K.縫製は、ヨーロッパへの低関税輸出ができるGSPの貿易条件をもつ国としてカンボジアから利益を得た。

Thaveekij氏は、現在同社によれば、中国が世界的な生産工場となりはじめた10年前のタイに遡ったように、ヨーロッパ、米国、日本にその製品のおよそ60%を輸出する予定である。

製品の残りの40%は、0関税でタイに輸出する。

10%以上の利益で、Thaveekij氏は会社が3年以内で投資を回収したいとしている。

長年にわたって政府と研究者は、タイ企業はもはや安価な賃金労働に基づいて競争できず、ブランドを付けて付加価値の高い商品を提供するために製品を格上げしなければならないと言ってきた。

しかし、これらの提案は彼のビジネスには適当でないとThaveekij氏は言う。

「OEM生産で他社のブランド生産の契約をしているとき自社ブランドの製品を生産するのは不可能です。自社ブランドを作ることにすれば、デザインをコピーされて、結局は競争となるかもしれないので、顧客は信用しなくなります。」と彼は言う。

「類似のビジネスに対して競争力を維持するために、生産は顧客要求に柔軟でなければなりません。」

ある特定の製品に固執することなく、顧客にワンストップ・サービスを提供していくと彼は言う。

近隣諸国に投資する際に重要な要因は信頼できるビジネス・パートナーを持つことであるとThaveekij氏は言う。

同社はカンボジアで縫製事業を開始したばかりだが、同社はこれまで20年間、カンボジアでホテル、レストラン、旅行代理店を運営してきた。

「結局のところ、たとえ状況が本当に厳しい場合があるとしても、成功は自分次第です。怠惰でない限り、人ができないことは何もありません」とThaveekij氏は言う。

40年以上前、町で働くためにPathum Thaniの家を出て以来ずっと、彼は自分自身に何度もこう言って聞かせてきた。

生計のために野菜を栽培していた中国人家庭に生まれたThaveekij氏は言う。「私は貧困から逃れるためにバンコクへ引っ越ししましたが、今とは違う素晴らしい人生を作り出そういう、非常に断固たる決意がありました。」

彼は縫製工場で仕事を提供されて、裁縫、仕立、納品を含むあらゆる工程を12年費やし、その後やっと生産マネージャーに昇進した。

「本を読むことを通してではなく、現実の経験を通して、私は衣類について学びました。もしあなたが現在私に聞くならば、私は衣類製造については博士号を持っていると言えます。」と彼は言う。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年12月11日06:00

ミャンマー投資のほとんどは生産部門に集中

大方の観測筋がミャンマーの新しい外資法を眺めている中、ミャンマー市民出資法が1994年に制定されて以来、国内投資を分析する投資企業管理局(DICA)がデータを公表した。

データでは、部門間では生産部門がもっとも注目を浴びており、この11月までの18年間に598もの案件に対して許可が発行されたことが明らかにされた。

「ミャンマーの生産部門には598の異なるビジネスがあり、これは極めて大きな数字です。」とHlaing Thar Yar工業地帯で食糧生産マネージャーを務めるHtay Myint氏は言う。

国家計画経済開発省傘下の投資企業管理局(DICA)によれば、建設部門が2番目に投資の多い部門で、18年間で合計53の現地投資許可が発行された。

生産部門は、アパレル縫製工場、建設資材生産、食品加工、家具工場、文房具類および製紙、傘、練り歯磨きや石鹸のような家庭用品、および農産物を含む。

投資企業管理局(DICA)はデータで、建設、農業、石油・ガス、工業団地、生産、ホテル・観光、不動産開発、運輸、漁業・畜産、採鉱の部門ごとの投資案件に対して発行された国内許可数を明らかにしている。

それによれば、1994年3月から2012年11月19日までの期間に、工業団地:1、漁業・畜産:5、農業:5、石油・ガス:国内向け7、運輸:21、ホテル・観光:23、不動産開発:32、採掘:51、建設:53となり、生産部門が圧倒的に多く、598となっている。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2012年12月10日14:00

ベトナムからのシャツ輸出価格、やや下落

2012年11ヶ月のベトナムのシャツの輸出は1億1620万点、金額は7億9790万米ドルで、対2011年同期比で、数量13.3%増、金額13.2%増である。主力市場であるアメリカ向けの輸出は大きく伸びているが、EU向けは落ちている。2012年11ヶ月のシャツの輸出価格は対前年同期比で0.2%下降、FOB価格で平均6.87米ドルである。

統計データによれば、2012年11ヶ月のベトナムのシャツの輸出は1億1620万点、金額は7億9790万米ドルで、対2011年同期比で、数量13.3%増、金額13.2増である。

2012年10ヶ月の米国、日本、韓国向けといった大市場向けは大きく増加している一方で、EU向けのシャツ輸出は、対2011年同期比で減少している。

アメリカ向けのシャツの輸出は、本年度10ヶ月間、経済が回復したのと輸出価格が下降傾向にあるのを受け、数量、金額ともかなり伸び、数量は5070万点、金額3億470万米ドルで、対2011年同期比で数量17.8%、金額18.0%増加し、シャツ輸出全体の42.4%を占めている。2012年10月単月をとると、対前月比では、数量ベースで32.6%、金額ベースで25.0%と大きく増加、対2011年同期比でも、数量ベースで85.8%、金額ベースで69.9%と大きく増加した。

日本向けのシャツの輸出は、数量1410万点、金額は1億2920万米ドルで、対2011年同期比で、数量は9.3%、金額は13.8%増加している。

韓国向けへのシャツの輸出も引き続きかなり伸びており、今年10ヶ月の間に潜在力ある市場であることを示し、数量は420万点、金額は2260万米ドルで、対2011年同期比で、数量は26.2%、金額は42.8%増加した。

逆に、EU市場向けのシャツの輸出は、経済危機からの回復の兆候がいまだ見られず、数量は2320万点、金額は1億8570万米ドルで、対2011年同期比で、数量で5.6%、金額で7.1%減少した。このうち、EU諸国への輸出は、ドイツ、フランス、オランダ、オーストリアなど一部の国で、対2011年同期比で、大きく減少している。

この他に、シャツの輸出金額が、10ヶ月間に、対昨年同期比で大きく伸びたのは、メキシコ67.6%、パナマ260.2%、カナダ61.2%、コロンビア362.3%、ロシア76.4%などがある。

 

2012年11ヶ月のシャツの輸出価格は対前年同期比で0.2%下降、FOB価格で平均6.87米ドルである。

2012年10ヶ月のアメリカ向けのシャツの輸出価格は、対前年同期比で0.2%上昇し、FOB価格で6.0米ドルである。2012年10月単月のこの品目の輸出価格は、対前月比で5.7%下降、対前年同期比でも8.6%下降し、平均FOB価格5.84米ドルである。

2012年10ヶ月のドイツ向けの輸出価格は、対前年同期比で3.7%下降し、FOB価格、8.84米ドルである。2012年10月単月では、この市場へのシャツの輸出価格は、対前月比で5.4%下降、対2011年同期比でも9.0%下降、FOB価格8.76米ドルである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月10日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 299 | 300 | 301 |...| 345 | 346 | 347 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る