インドシナニュース

ホーチミン市はベトナムのファッション・ハブを目指す

繊維部門を再編成する計画の下で、ホーチミン市内の既存工場は、都市の労働負担を緩和するために郊外へ移さる。

繊維部門の再編成に伴い、20年以内にホーチミン市をベトナムの「ファッション・デザイン・センター」と予定であると商工省は述べた。

製造は地方へ徐々に再配置され、都市部はデザインに集中させる。

この目的達成のためにはホーチミン市は33兆ベトナム・ドン(15億8000万米ドル)を必要とするという商工省の計画草案をサイゴン・タイムズ紙が引用した。

この金額の30%はデザイン産業を拡張するため充てられ、それは多数のデザイン・センターやファッション・ショールームを第1区、第3区、第5区、第10区などの中心地域に開く費用も含んでいる。

残りは、既存の紡績工場、織布工場、縫製工場らを近郊のロンアン省、タイニン省、ビンユーン省、ドンナイ省などに移し、グレードアップし、拡大させるのに使われる。

工業関係者らは、ホーチミン市もファッション・ハブに変えていくことができるデザイナーの養成に集中していかなければならないと、計画を議論するために12月27日に開かれた顧問会議で発言した。

ベトナム繊維協会(Vitas)筆頭相談役Le Quoc An氏は、5000万米ドルの予算を用意し、米国とヨーロッパで勉強するために500人のファッション・デザイン専攻学生を行かせる計画を提案した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月08日15:00

ベトナム繊維業界、高い水準の成長を期待

2013年はさらに厳しい年になるとの観測がされる中、ベトナム繊維業界はかなり高い水準の成長を期待している。

 

繊維業界の大企業の一つであって、売上が毎年およそ1兆ベトナム・ドンある、TheKy紡績社(ホーチミン市クチ県クチ西北工業団地)は2013年の経営計画を出したが、生産量、売上、利益ともに2012年よりかなり大きく増加を見込んでいる。

同社取締役会会長兼社長Dang Trieu Hoa氏によれば、2012年は9950億ベトナム・ドンの売上で、対2011年比で600億ベトナム・ドン増加している。けれども、利益は以前よりずいぶんと落ちている。2012年11ヶ月で同社の税引き前利益は、930億ベトナム・ドンで、2011年より140億ベトナム・ドンも低い。

Hoa氏は、2013年は経済が厳しくなるが、The Ky紡績ではDTYやFTYの原糸34,250kgを販売、売上1兆6000億ベトナム・ドン、税引き前利益約1245億ベトナム・ドンを目標としている。「2013年は、会社にとって、生産規模拡大プロジェクトを仕上げる重要な年である。」と言い、Trang Bang紡績工場の第2期のすべての設備はまもなく完全稼働し、市場をさらに拡大するという。

Hoa氏によれば、売上は4500億ベトナム・ドンで、プロジェクトの第2期が稼働すれば、1万トンのDTY及びFDY糸が生産され、全社の生産能力は年間3.5万トンまで増加する。これ以前に2011年初め、プロジェクトの第1期では3600億ベトナム・ドンの投資で、会社を立ち上げ、POY及びDTY糸1.1万トンを含む年間2.5万トンで、売上は4500億ベトナム・ドンに達した。

生産能力拡大計画中のドンナイ縫製総会社はDong Phuoc縫製工場を旧正月明けから稼働させる。「我々は現在、総額約5.5万米ドルの機械設備の輸入手続きを進めており、1人あたりの生産性を向上させ、すでにサインしたオーダーは2013年6月末までに仕上げることを目標にしています。」と社長Bui The Kich氏は言う。

ドンナイ縫製総会社(Donagamex)にとって、2012年の最終利益は対2011年比12%増の 700億ベトナム・ドンに達したが、2013年は、対2012年比で50億ベトナム・ドン増の750億ベトナム・ドンの最終利益と控えめな目標に留まっている。

この理由は、Kich氏によれば、ドンナイ縫製総会社(Donagamex)が2012年に上げた利益の多くは、株式の売り出しによるもので、繊維製品を生産し、輸出して売り上げた収入によるものではないからである。全世界的な経済不安の影響で、同社の生産・売上の状況も芳しくなく、ドンナイ縫製総会社(Donagamex)の最終売上は年間計画1兆1000億ベトナム・ドンに対して1兆500億ベトナム・ドンと達成率は96%どまりだった。

2013年に入ればという期待はあるが、Kich氏は、2012年の厳しさは2013年も同社に少なからず影響を及ぼすと見ており、社内の各工場は、適時、状況打開の対策を打つことで、初めて営業目標や利益目標を維持できると危機感を強めている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月08日08:43

2012年にカンボジアで気絶した労働者は1,686名:公式レポートより

昨年、縫製工場と靴工場では、およそ1,686名の労働者が、主に過労、不健康、化学物質、ヒステリーで気絶したとカンボジア労働当局者は述べた。

労働省職業訓練部副部長Pok Vanthath氏は、大規模な集団気絶事件が2012年に20以上の工場で起こり、1,686人の労働者が気絶したと述べた。

カンボジア最大の労働組合である労働者自由貿易組合は年次報告を出し、この数字を公開した。報告では、2012年、29の工場の2,107名の労働者が気絶したとされている。

集団気絶の原因は、過度の残業、衣類の化学物質、殺虫剤の嗅い、熱さ、悪い労働環境、労働者の栄養失調とパニックなどさまざまである。

2012年に、101の工場のおよそ84,320人の労働者が昇給と労働条件改善を求めて抗議を行ったとの記載もある。

縫製業は、カンボジアの輸出全体のおよそ90%をしめる。業界は、300以上の工場、約335,400人の雇用人員を抱え、そのうち、91%は女性である。

商務省の報告によると、2012年の10ヶ月間に、同国の繊維製品の輸出は、前年の35億5000万米ドルからの7.6%増加の38億2000万米ドルに達した。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年01月07日15:00

ミャンマーの民族衣装ロンジ、外国人に人気

ミャンマーが海外の考え方やファッションに開放されていく一方で、外国人はこの国の文化に対する関心をますます強めており、民族衣装のロンジ・スタイルは特に人気があるようである。

ヤンゴンのShwedagon寺院では、この国の民族衣装を身につけ、この地域の熱帯気候にはこのスタイルが快適なうえに、見てくれもスタイリッシュと称賛する外国の訪問客も多く見られる。

オランダ旅行者Thorsten Roobeckさんもそのような一人で、彼は1日前に到着したばかりだったが、腰に巻き付けただけで、足まで垂れ下がる円筒形状の布からなるだけの、この衣装の素晴らしさをすでに評価していた。

「ここ[Shwedagon寺院]に来たとき、私はショート・パンツをはいていましたが、これを着たほうがいいと思いました。」と彼は言った。「これは快適で、この暑さの中では風通しがいい。」

「結び目が厄介ですね。初めは解けてしまいました。でも、周りの人が助けてくれました。」と、妹と旅行していたその学生は言った。「唯一の問題は、ポケットがないことです。」

西洋人の男性がスカートのようなドレスを身に着けるのは抵抗ないか問われて、「それは、あなたがそれをどう見るか次第です。たとえば、スコットランド人、彼らは良く似たタイプの服装[キルト]を纏います。」とRoobeckさんは言った。

「オランダでは、ショート・パンツのほうがいいですね。もしロンジを身に着けていたら、人々が奇妙な目で私を見るでしょうから。それでも、受け入れてはくれるでしょう。流行に敏感な人か何かであると思うかもしれませんが。」と彼は付け加えた。

ロンジは増加する外国人観光客に非常に人気があると、Shwedagon寺院のお土産物屋は言う。

寺院の東側の歩道に露店を持つ29歳のKo Zaw Myo Htetさんは、外国人は「通常、毎週およそ7着のロンジを買ってくれる」と言う。「でも、いいときには、10着か15着売れることもありますよ。彼らはグループで来て、全員が1つずつ買ってくれるのです。」

「大部分のお客さんは、オーストラリア人か、イタリア人か、フランス人です。私は、それをどうやって身に着けるかを彼らに教えます。1番目に、左側にそれを折って、それから右側に折って、結ぶのですよ。」と、彼は、マンダレーで作ったロンジの売値はおよそ3米ドルと付け加えた。

「西洋人も歩きやすいし、風通しがいいから、好きなんでしょう。」とMyo Htetさんは笑って言う。「ミャンマーに来たら、ミャンマーのスタイルを経験したいのかもしれません。彼らには珍しいので、興味を牽かれるのでしょう。」

「見た目もとても素敵です。」と、彼のパートナーは付け加えた。「彼らは、ロンジの裾を膝までたくし上げる、村人スタイルですが、ミャンマーの都会人は大部分が足まで隠すスタイルです。」

ミャンマーの男性と女性の間では、伝統的なロンジは今も人気があり、少数民族地域も含めて国中で広く着られていて、公式行事では絹のロンジが好まれる。

2010年6月に、ミャンマー軍政府の将軍が、民政への転換を意味するために彼らの制服を絹のロンジと従来の白いジャケットに換え、彼らはそれを議会と他の公式行事の際に着用していた。

現在のミャンマーのロンジ・スタイルは植民地時代の間にインドから来たが、それ以前にもミャンマーには男性用にはpaso、女性用にはhtameinと呼ばれる類似の民族衣装があった。

19世紀の植民地指揮官で文筆家でもあったGeorge Scottは、古典となった1882年の本「ビルマ人:人生と概念」の中でビ伝統的な衣服を記述した最初の人物のうちの一人だった。

「この民族衣装は非常に単純ですが、絵画のようです。pasoは、長い絹の布です[…]。それは、身体に巻き付けられたキルト・ファッションで、前方で捩じってたくし込まれて、残りの部分は畳んで腰のところで垂らすか、肩越しに懸けられるかする。」とスコットは書き、彼自身pasoをときどき着用したという。

ミャンマーのロンジの快適さとスタイリッシュさを評価したもう一人の外国人は、「民主ビルマの声」のウェブサイト編集者David Stout氏である。

「快適で、涼しいですよ、、、気候にあっていて、スタイリッシュで、非常に品がある。」と彼は最近Irrawaddy紙に語り、3年前ヤンゴンで休暇中にロンジを着用して、「男の解放」を感じたと付け加える。

「私は、男性がスカートをはくならば、誰でも少し間違った何かがあると思うような文化で育ってきました。そうかもしれませんが、ミャンマーのほうが正しいかもしれません。」とStout氏は言う。

Shwedagon寺院の僧侶が彼と彼の友人にロンジを着せたあと、地元の人々から得た肯定的な反応を思い出した。

「私は青のロンジ、友人は栗色のロンジをもらい、その反応は抜群でした。」とStout氏は言った。「通りを歩いていると、この鮮明な思い出が蘇ります。男がバルコニーに出て来て、私に『chaw tae』を叫ぶのです。それは、たしか『ハンサム』という意味ですよ。」

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月07日06:00

日本市場への参入するベトナムの手工芸品業者を支援

ベトナムの一部の地方の企業や伝統工芸村が、製品デザインの向上の機会を持ち、日本市場へ参入するのを支援することを目的として、アセアン日本貿易投資観光促進センター(AJC)が2013年9月13日から19日までの日程でホーチミン市とニンビン省を訪問する。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月05日14:00

カンボジアの工場労働者の最低賃金は見直しへ

発展途上の縫製業界の新たな大規模なストライキの脅威の中で、月給150米ドルの最低賃金を求める組合の要求を議論するために、社会福祉省が縫製業界の主要業者や組合との会談を招集したことが、我々が入手した書簡で明らかになった。

フン・セン首相の要請で、社会福祉相 Ith Sam Heng氏の署名入りの書簡は労働諮問委員会、工場のオーナー及び組合に会議に参加するよう促すが、会合がいつ持たれるかについては、明記されていない。

「どうぞ、すべての組合、労働者、雇い主は、通常通り働き続けて、議論の結果を待ってください。」と手紙にはある。

会合開催のニュースの2日前には、カンボジア組合連盟理事長Rong Chhun氏が首都において300人を率いて、強い抗議デモを行ったが、そこでは、月給61米ドルの現状の最低賃金を150ドルに引き揚げなければ、広範囲にわたる労働争議を行うと仄めかしている。

Chhun氏は縫製労働者の労働条件は7月の国政選挙までの運動期間中に向上すると予測しているが、政府の発表を歓迎した。

「これは労働者に政府が抗議に応じているということで、良い徴候ですが、我々は一刻も早く、この会議を必要とします」と彼は言った。

「会議に出席する人々は、目を見開いて、近隣諸国の労働者の最低賃金が170米ドルから200米ドルの間にあるという事実を直視しなければなりません。我々が求めている賃金は、この金額より、もっと低いのです。」

野党カンボジア救国党は、選挙に勝てば、縫製業界は月給150米ドルまで最低賃金を引き上げると約束した。業界の現在の四半期の輸出金額は10億米ドル以上になる。

国際労働機関労働組合プロジェクト全国コーディネーターYim Serey Vathanak氏は、最近、150米ドルというのは現実的であると思うとプノンペン・ポスト紙に語った。

「賃金については、まだ余裕があります」ベトナムの労働者の月給は160米ドル以上、タイは200米ドル以上になっていると彼は言い添えた。

「賃金をどれだけ上昇させるかについて、異なる要因を見なければならず、それができる投資家を見なければなりません」と彼は言う。

「雇い主には賃金を引き上げる余裕があります」と、Serey Vathanak氏は言う。「他国並みの賃金レベルに引き上げても問題は起こらないと思います。」米国国民はカンボジアから最も多くの衣類を買っている結果として、輸入関税で数億ドルも税収を上げ、賃上げのための「強い梃子」となっていると言う。

カリフォルニア大学バークレー校の東南アジア研究センター所長Sanchita Saxena博士は、15%以上もの「極高関税」はカンボジアの縫製産業を圧迫していると言う。

工場における状況の改善のためには、米国は関税引き下げを検討しなければならないと彼女は言う。

「[これが]、状況打開のために確かな投資インセンティブになります」と、Saxena博士は言う。そして、アメリカ・ブランドも状況改善を必要としていて、カンボジアとその縫製業に投資する必要があると付け加えた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年01月05日06:00

成長するミャンマーの繊維産業

ミャンマーの政治改革は、多くの変化をもたらし、特に経済の変化が著しい。

カレン州では、少数民族の反乱軍と中央政府の間での停戦と和平会談により、対立の終結を期待するムードが高まっている。

BBCのJonathan Head氏は、カレン州の州都から、先月州に初めての縫製工場を開いたミャンマー人ビジネスマンと面談したと報告した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月04日14:00

ベトナム人デザイナー、ミン・ハン:自らの本領に立ち戻って

2012年はデザイナー・ミン•ハンのキャリアの中でも大成功の年となった。フランスで最も美しい美術館バルゴワン・ギャラリー内でのコレクション披露、フランスのテキスタイル・ファッション国際的フェスティバルへの参加、ハノイでのイタリア-ベトナム・ファッション月間の中心役など数え上げればきりがない。

彼女は、毎年恒例のファッションウィークを通じて、ベトナムにおけるファッション産業の能力あるデザイナーの創造を目指した若いデザイナーたちと繋がり、方向付けをしてきた唯一の先駆者である。

 

インタビュアー:今では人々は、ミン·ハンは、単なる権威のあるデザイナーであるだけでなく、プロのファッション・イベントのオーガナイザーでもあると知っていますが、しかし、誰もが、ファッションという概念が多くのベトナム人にとって薄ぼんやりとしたころから、彼女がファッションともに歩んできた道を知っているわけではありません。

ミン・ハン:ベトナムのファッションの分野は新しい分野であって、約20年しか経っていません。当時、ファッションは、ベトナムにおいては、何か懸け離れたものであって、そのために、観点がまったくちがうというのも簡単に理解できることであって、その当時の生活は「食べる」ことを心配するのであったのに、私の場合は、身にまとうもの、それも美しく着飾ることを考えていましたから。それが、徐々に、こうした欲求が大きくなって、時代の流れがベトナムにおける新しい産業を作り出しました。それがファッション・デザインです。ファッション・デザイナーになる前に、私はホーチミン市の「女性」紙のデザインをし、時折、ベトナム初のファッション誌のページを担当しました。私はファッションのニーズについて、読者の反応や情報を得ました。そうして、私は仕事を変わろうと決心し、ベトナムでの最初のファッション・センターが、Legafashionとして1994年に生まれました。

インタビュアー:あなたの意見では、ベトナムはファッション産業を形成しているのでしょうか?もしそうなら、それはアジアの中でどういったところに位置づけられますか?

ミン・ハン:ベトナム縫製産業の非常に強い国ですが、今のところ本当の意味ではファッション産業はまだ生まれているとは言えません。

インタビュアー:なぜでしょうか?国内のファッション・イベントで選抜され、表彰されるような優秀なデザイナーがたくさんいます。国内外のイベントに出席するモデルもたくさんいます。

ミン・ハン:ファッション業界は、多くの国で経済セクターの先鋒役です。ファッションの発展は、決意と知識を持った人たちの仕組みと国家レベルの戦略を必要とするのです。 1997年以来、私は日本、ドイツ、フランス、イタリアでのコレクションに招待されて出席しました。そうした経験から、外国人の鑑賞眼を捉えるには、自分自身の本領と起源に立ち戻るしかないと私ははっきりと悟りました。そうして、はじめて外国市場でも尊重され、十分に参入していけるベトナム発のデザインをもつ製品が生まれるようになったのです。

しかし、ある個人が足跡を印したとしても、それは国自体にファッション産業が生まれた​​ことを意味するわけではありません。モデルはプロフェッショナルが生まれていくうえでの一過程でしょう。コンテストは前向きな人材の創出を助けるでしょう。だから、コンテストにも合理的な基準や社会への肯定的な目的を与えていく必要があります。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月04日06:00

ベトナム:2012年12月11日から2012年12月21日までの繊維原材料輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は、対前週比で平均0.5-6.8%下降した。そのうち、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比0.5%下降し、2,005USD/tである。タンザニアからの輸入価格は、対前週比0.9%下降し、1,777USD/tである。イギリスからの輸入価格は、対前週比1.1%下降し、1,825USD/tである。ギリシアからの輸入価格は、対前週比2.8%下降し、1,714USD/tである。アメリカからの輸入価格は、対前週比6.8%下降し、1,949USD/tである。ブルガリアとアルゼンチンからの輸入価格は、対前週比変動なく、それぞれ1,680USD/tと1,676USD/tである。

対2011年同期比で、上記市場からの輸入価格は11.5-39.1%下降している。その他の市場の輸入価格は以下の通り。インド1,790USD/t、パキスタン1,695USD/t、マリ1,930USD/t、オーストラリア1,694USD/t、セネガル2,129USD/t、ブルキナファソ2,400USD/t、アメリカ領サモア2,441USD/t、カメルーン1,875USD/t、フランス1,840USD/tである。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも、対前週比と逆行しており、1.32~5.44USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比5.5%上昇し、1.83USD/kgである。台湾からの輸入価格は、対前週比3.8%上昇、2.66USD/kgである。タイからの輸入価格は、5.9%上昇し、1.13USD/kgである。逆に、マレーシアからの輸入価格は、対前週比0.8%下降し、1.64USD/kgである。インドネシアからの輸入価格は、対前週比3.7%下降し、2.06USD/kgである。インドからの輸入価格は、対前週比9.1%下降し、1.32USD/kgである。対2011年同期比で、上記各市場からの輸入価格は3.5-15%下降している。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。韓国1.32USD/kg、日本5.44USD/kgである。

綿100%、生地巾145/152cm(コード:52121300) のインドからの輸入価格は下降し、2.45USD/mで、中国からの輸入価格は3.02USD/m(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾58inch(コード:55129900)の中国からの輸入価格は0.73USD/m、韓国からの輸入価格は1.79USD/m(CIFハイフォン)である。

綿57%、ポリエステル38%、スパンデックス5%(コード:60062200) の韓国からの輸入価格は下降し、1.13USD/mで、香港からの輸入価格は2.37USD/m(C&Fカットライ(HCMC))である。

綿97%、スパンデックス3%、生地巾55/58inch (コード:52083900) の中国からの輸入価格は下降し、1.96USD/ydで、香港からの輸入価格は3.35USD/yd(CIFハイフォン)である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月30日06:00

カンボジアの縫製業、手工業に従事する人口は70万人

縫製業及び手工業に従事する人口は70万人であるとカンボジア政府関係者は述べた。

現在、カンボジアには890の工場があり、手工業に携わる4万件の企業や商店があり、年間の売上は60億米ドルであるという。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年12月29日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 277 | 278 | 279 |...| 326 | 327 | 328 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る