インドシナニュース

ベトナム繊維業界、新規雇用20万人増加

今年の12%輸出取引高増大の予測に基づけば、繊維業界は20万人分の雇用を創出する。

ベトナム繊維公団副社長Le Tien Truong氏によれば、繊維業界は今年の取引目標高は190億米ドルである。取引高が10億米ドル増えるごとに10万人の雇用が生み出されると労働新聞で述べられている。

Truong氏によれば、繊維会社はますます不安定になっていく市場での地位を強化するために確実な戦略を開発し、生産性と製品品質を改善しながら短納期を必要とする小規模および中規模の注文に焦点が置かれるように提案した。

業界は過去5年間、織物および衣類の分野で、持続的急速な成長を見た。昨年の売上は米国やEUや日本などの主要な市場の経済成長の鈍化のため期待ほど堅調ではなかった。

「しかしながら、ベトナムは昨年繊維産業で172億米ドルの衣類輸出取引高を達成し、200万人以上の労働者を抱えています。」と彼は述べた。

そのうえ、ベトナム製繊維製品は、Truong氏によれば、世界市場での評価は高まっている。 昨年、米国への輸出は9.2%、日本へは19.3%、韓国へ9%と上がっていると彼は言う。

2012年に、繊維業界の原料現地調達率は47%だった。 今年、業界では、この比率を50%まで引き上げ、2015年までに50%以上まで増加させることを目指している。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月21日06:00

ベトナム:2013年1月1日から2013年1月10日までの繊維原材料輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は、引き続き対前週比で下降し、1,680-2,023USD/tで推移している。具体的には、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比3.6%下降し、2,017USD/tである。マレーシアからの輸入価格は、対前週比1.4%下降し、1,925USD/tである。オーストラリアからの輸入価格は、対前週比4.3%下降し、1,9730USD/tである。コートジボワールからの輸入価格は、対前週比2.9%下降し、1,811USD/tである。タンザニアからの輸入価格は、対前週比1.7%下降し、1,7631USD/tである。ただし、ブリガリアからの輸入価格は、対前週比で変動がなく、1,680USD/tである。対2012年同期比で、上記市場からの輸入価格は21.1-45.9%下降している。その他の市場の輸入価格は以下の通り。パキスタン1,690USD/t、ブラジル2,023USD/t、インド1,814USD/t、アルゼンチン1,680USD/t、イラン1,780USD/tである。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも、綿花と同傾向で、0.6~3.13USD/kgで推移している。そのうち、台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比15.6%下降し、2.16USD/kgである。タイからの輸入価格は、対前週比25.9%下降し、0.79USD/kgである。インドからの輸入価格は、対前週比18.6%下降し、1.18USD/kgである。対2012年同期比で、上記各市場からの輸入価格は0.6-40.5%下降している。その他の市場からの輸入価格は以下の通り中国1.77USD/kg、インドネシア0.6USD/kg、韓国2.67USD/kg、マレーシア1.74USD/kg、日本3.13USD/kgである。

綿100%、生地巾58/60inch(コード:52081900) の韓国からの輸入価格は下降し、0.35USD/mで、香港からの輸入価格は1.8USD/m(CIFハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾59/60inch(コード:60019290)の韓国からの輸入価格は下降し、2.52USD/yd、中国からの輸入価格は2.87USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

綿55%、ポリエステル45%、生地巾58/60inch (コード:55151900) の香港からの輸入価格は1.0USD/ydで、台湾からの輸入価格は1.72USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ナイロン90%、スパンデックス10%、生地巾58/60inch (コード:55151900) の中国からの輸入価格は、3.1USD/ydで、台湾からの輸入価格は4.85USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月20日06:00

ベトナム人デザイナーLe Thanh Phuong、米国でのファッション・ショーへ参加

ベトナム人デザイナーLe Thanh Phuongは、30セットのアオザイとともに2013年1月25-27日にニューヨーク市で開催されるファッション・ショーへ参加する。

ショーは、アメリカ自然史博物館で行われる2013年アジア旧正月プログラムの一環で、

伝統的なアオザイの様々なスタイルを紹介するとベトナム文化教育研究所(IVCE)所長Tran Thang氏は言う。

ベトナム文化教育研究所(IVCE)はこのイベントの開催に意欲的で、このプログラムの同じく一環としてドンホー版画の展示も行う。

ニューヨークでベトナムの芸術が一般大衆に紹介されるのは大いに意義のあることであるとはThang氏の言。

同研究所は2000年にニューヨークに設立され、昨年10月から12月にかけて、ニューヨーク、ワシントン、カリフォルニアの大学でベトナムの映画を紹介していた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月19日14:00

ベトナム:最低賃金引き上げは事態を悪化させる

地域別の最低賃金の17%引き上げと雇用主負担の労働組合会費の増大は、労働者の利益を目的としている。

しかし、企業への負担はそれだけでなく、この動きがベトナムへの海外直接投資を減らす可能性があるとの不安もある。

2012年12月4日に出された政令 103/2012/ND-CPによれば、現地企業及び外資企業の最低賃金の見直しが行われ、2013年1月1日以降、地域別に定められる最低賃金は、平均17%上げられる。

最低賃金の新規準は、雇用主と従業員間の賃金協定のベースとして用いられる。

また、2012年6月に採択され、2013年1月1日より施行された労働党組合に関する法律では、ベトナムのすべての企業は毎月労働組合会費として給与合計の2%を負担しなければならない。以前、これは、ベトナム企業は2%で外資企業は1%だった。しかし、最低賃金が引き上げられると、会社の給与負担が毎月約6,730米ドル増えることになると、ハノイの現地企業ガーメント261社社長Nguyen Viet Thang氏は言う。

「我々は、賃金だけでなく、保険や各種手当など多くの他の支払いも増額されます。それもこれも、すべて最低賃金に基づいて計算されるからです。」とThang氏は言う。「一方、2012年の我々の業績はというと、収益が15%ダウンし、東ヨーロッパ、米国、ドイツ、ロシアなど、我々の輸出市場は小さくなる一方なので、状況は今年も同じかもしれません。」

「今回の最低賃金と労働組合費の引き上げが今年労働集約型のビジネスに支障をきたすと思います。我々の同業者の多くは、2013年に人員削減を実施するでしょうし、そうなると、何万もの労働者が失業することになります。」

南部ビンユーン省で4500人の労働者を抱える外資系縫製会社は、同社が政令103下の第1地域内に位置するので、毎月75,690米ドル負担が増える。年間では、ほぼ908,300米ドルとなる。加えて、労働組合費の引き上げは、この会社の業績にも悪影響を及ぼす。

「外資企業に対して労働組合費を倍増させるとは、ベトナムを全く間違った方向に向かわせる第一歩です。」とデンマークの縫製会社Mascot International Vietnam社部長Thomas Bo Pedersen氏は述べた。

「1500人の従業員を抱える我々にとって、この費用の増額は大きな負担です。どの会社にとっても同じことです。」とPedersen氏は言う。

しかし、ベトナム労働総同盟によると、新しい労働組合会費は現地企業と外資企業の格差是正と地元の労働者の利益の保護を目的としていると言う。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月19日06:00

カンボジアの縫製工場で4000人が労働法14項目を求めて抗議

プノンペン市ダンコール国道4号線のGladpeer縫製工場の4000人以上の労働者は労働法の14項目を求めて集会を開いた。

カンボジア縫製工員民主組合連合役員Nget Sokhom氏は、工場オーナーが、3階に診療所を設けること、通勤手当及び住居手当の8ドル増額、日曜日出勤に食事手当を与えることなど労働法の14条項を尊重するようにVODに述べた。

工場は何点かの要求については拒否し、労働者はそれで異議の申し立てを決定した。労働者側は、もし解決策を全くないなら、抗議を続けるしかないと言う。工場に圧力を加えるために、労働省と仲裁協議会に訴え出たが、それをあざけ笑うかのように、工場は労働者を首にした。

管理側の声明としてVa Chanda女史は、工場は労働法を尊重していると述べた。ストライキの要求については、すべてを受け入れるわけにはいかないとした。

カンボジア自由貿易連合は、2012年に8万-9万人の縫製工場の労働者がストライキに参加したという報告を発表した。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年01月18日14:00

ベトナム繊維公団(Vinatex)の売上は16%増加

ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Le Tien Truong氏によれば、2012年のグループの輸出金額合計は26億米ドルに達し、対2011年比で16%増加した。

2012年のグループ全体の国内売上は19兆7000億ベトナム・ドンで、対前年比で8%増加、2007年以降では最も低い成長率となった。

2013年は、グループ全体の売上目標を対2012年比で12%増としており、そのうち輸出向けの売上は12%増を目標としている。

計画では、今年、ベトナム繊維公団(Vinatex)は約1兆2000億ベトナム・ドンを新規案件及び生産拡大案件への投資予算として持っている。

ベトナム全体での繊維輸出金額の目標は188億-192億米ドルである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月18日06:00

黒字転換したベトナムのVinh Phu紡績はさらなるステップへ

2013年1月6日、ベッチー省にて、Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)は、2012年の事業活動総括及び2013年の事業計画を発表した。Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)取締役会会長Nguyen Xuan Dong氏、社長Khuat Dang Binh氏及び取締役、顧客などのメンバーが出席した。

2012年、Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)は、世界経済危機が停滞し、顧客との契約に影響を与えるときに、非常に厳しい経験をした。しかし、期待して、適切な解決策を見つけるために、これらの困難に応答して、徐々に困難を克服するための集団指導やスタッフVinh Phu紡績株式会社(Vifutex)の取組は、効率的な作業の信頼性を確認するとともに顧客、パートナー、労働者の生活を向上させる。

昨年、Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)も最初の貨物をいくつか輸出した。それはVinh Phu紡績株式会社(Vifutex)が新たなステージに移行する段階、発展を深化し、国際的な顧客との関係を作り、世界市場を開拓していく段階に達したということである。

赤字だった2010年からこれまで、Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)は、一歩一歩改善し、非常に目覚ましい業績結果をあげた。 2012年は、付加価値税(VAT)前の売上は3430億ベトナム・ドン以上で、利益は127億ベトナム・ドン、1人当たりの月収は4,518,000 ベトナム・ドンに達し、Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)の成功を確認することができた。

取締役会は、会社が業績を伸ばし、存在する問題点を克服して、2013年には、Vinh Phu紡績株式会社(Vifutex)は、与えられた目標、3868億の売上高を達成し、会社の発展と社員の生活の向上をもたらすことと信じている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月17日14:00

2013年のベトナムから韓国への繊維製品輸出額は20%以上の成長予測

2012年ベトナムから韓国への繊維製品の輸出は11億米ドルに達し、対2011年比で20%以上増加した。この結果は、ベトナムから従来の主力市場への輸出が低調であったことを鑑みるに積極的に評価できる。さらには、この結果が、各企業及び管理省庁に輸出市場見直しの再考を促し、方向性を定める契機にもなっている。

2012年、ベトナムから韓国への繊維製品の輸出は大きな成長を見せたが、これは主にジャケット、パンツ、Tシャツ、シャツなどの品目の伸びが著しかったためである。ジャケットの輸出金額は、対2011年比で35%増加、5億6000万米ドルで、この市場向けの輸出金額の50%近くを占める。次いで、パンツで、対2011年比で20%以上増加、1億6000万米ドルである。さらには、セーター、ショートパンツなどの品目もかなり伸びている。

これらの品目が成長を維持している一方で、生地や手袋などの一部の品目は輸出金額が対2011年比で減少している。

2013年については、ベトナムから韓国への繊維製品の輸出見通しは明るく、対2012年比で20%以上の増加が見込まれ、輸出金額は13億-14億米ドルになるものと予測される。

これらの予測の根拠は以下の通り。

l  近年、大きく増加している東欧からアジアへの繊維生産シフトの傾向は、今後もますます加速していく。中国は現在世界の70%の衣料品需要に応えているが、生産は今や減少している。同時に、台湾、香港、韓国、シンガポールなどといったアジア地域では、繊維業界での人手不足が進み、同じ地域でも、ベトナムをはじめとする人手の集まりやすい地域に、工場投資あるいは委託加工していく傾向がみられる。典型は韓国で、人件費が上昇したことから、一般衣料品の生産をベトナムにシフトし続けている。同時に、加工後の製品を韓国に輸入する傾向がますます強くなる。これは、ベトナムのような繊維製品の輸出大国が生産・輸出の規模を拡大するチャンスを最大限に利用できる絶好のタイミングであり、同時に、ベトナム繊維業界の発展に関し、長期的な戦略を立てる必要がある。

この数年、韓国への繊維製品の輸出金額が増加するにつれて、繊維業界は多くの韓国投資家を集めている。韓国はベトナム繊維業界の最大の投資家で、企業数は450社以上、この分野への登録投資金額だけで18億米ドルに昇る。

韓国向けの繊維製品の輸出はまだ成長の機会が多く、繊維業界の構成が変化し、高級品に特化している一方で、韓国の若者の需要は多様化が進んでいる。

l  他の経済圏のように、韓国も、逆風と世界経済の回復の兆しからの追い風の両方を受けている。

米国での負債軽減に関する交渉、欧州の回復の遅れ、国内企業の投資低迷、米国ドルと韓国ウォンの為替の変動の可能性といった問題である。

国内では、国内企業の投資は進まず、米ドルと韓国ウォンの為替の変動が韓国経済に揺るがす要素となっている。

2012年、韓国ウォンは米国ドルに対して7.58%高くなり、輸出依存のこの経済に対して、2013年には、輸出が伸びず、成長が止まるのではないかという恐れを抱かせる。けれども、これはベトナム企業の輸出活動にとっては有利である。2012年、ベトナム・ドンと米国ドルの為替は0.8%しか上昇していない。これは、ベトナム製品の韓国市場よりも強い競争力を持つことになる。

l  韓国経済は2013年に3.0-3.2%成長するものと予想される。

2012年の年末数ヶ月の各指標からは韓国経済がかなり回復していることが見てとれる。消費者物価が安定し、生産と商品関する経済指標が多少なりとも改善している。

11月の第1次産業、第2次産業の生産高が以前に比べて2.3%増加し、第3次産業が0.8%伸びている。対2011年同期比で小売売上は2.3%増加している。

韓国は11月に35万3000の新規雇用を生み出している。けれども、雇用の伸びはその後2ヶ月は鈍っている。一方、輸出が国の経済の50%以上を占め、2012年12月には対2011年同期比で5.5%減少している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月17日06:00

ミャンマー人名義の外国縫製企業は外国投資ビジネス扱いへ

ミャンマーの新しい外国投資法によると、名目上のミャンマー人の下で経営される合計25の外国人所有の被服縫製工場が、海外直接投資(FDI)ビジネスに転換させられた、と公式メディアは報告した。

上院の現在の委員会時に議員に尋ねられ、国家計画経済発展相Kan Zaw博士は明確にした。

一方、アジア諸国からのますます多くの外国縫製メーカーが、ミャンマーの変化と新外国投資法の導入からミャンマーに投資しようとしている。

ミャンマーの衣料産業の主な外国人投資家は、日本、香港、韓国、ドイツである。

ミャンマーの衣類輸出は2012-13年度の年初5ヶ月(4月-8月)で4億9646万ドルになり、前年度の約半分の輸出となった。

米国のミャンマーからの輸入解禁に際し、ミャンマーの衣類輸出見通しは明るくなっている。

現在、ミャンマーには205の被服縫製会社がある。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月16日14:00

欧州市場へのベトナムからのジーンズ輸出金額28%増

ベトナムの2012年のジーンズの輸出は1500万点、金額1億2500万米ドルで、対2011年同期比で数量5.2%、金額6.0%の増加である。ジーンズ輸出市場の構成は変化なく、主力市場はどこも対2011年比で増加している。2012年のジーンズの輸出価格は、対2011年同期比で0.8%上昇、FOB単価は8.31米ドルである。

統計データによれば、ベトナムの2012年のジーンズの輸出は1500万点、金額1億2500万米ドルで、対2011年同期比で数量5.2%、金額6.0%の増加である。

ベトナムの2012年11ヶ月間のジーンズの輸出は、主力市場でいずれも伸びており、対2011年同期比で5.4-28%増加している。

アメリカ向けのジーンズの輸出は、数量930万点、金額6740米ドルで、対2011年同期比で、数量ベース3.4%、金額ベース5.4%増加し、この品目の輸出金額合計の59.7%を占めている。

日本へのジーンズ輸出も、順調で、数量、金額、ともにかなりの伸び、対昨年同期比で、数量27%、金額25.7%増加し、数量103万点、金額1310万米ドルである。

中国へのジーンズの輸出も伸びており、対2011年同期比で、数量28.9%、金額25.2%増加し、数量34万4700点、金額545万米ドルである。

経済危機の影響を受けながらも、EU市場へのジーンズの輸出はかなり伸び、対2011年同期比で、数量6.3%、金額28%増加し、数量は65万300点、金額458万米ドルである。このうち、イギリス97.8%、ドイツ20.3%、スペイン175%、オランダ330.5%などの国々は輸入を大きく増加している。ベトナムがこの品目のEUへの輸出を増加させることができたのは、各企業の努力によるもので、労働生産性の向上、高い技術を要求される製品に集中して生産したこと、小規模及び中規模ロットの注文に対応するために最善を尽くしたこと、高付加価値の製品を自ら企画したことなどが挙げられる。

この他に、金額は小さいながらも、対前年同期比で輸出金額が大きく伸びているのは、ニカラグア、メキシコ、インド、チリ、パキスタン、パナマ、ブラジル、ウルグアイ、グアムなどである。

2012年のベトナムからのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で0.8%上昇、平均FOB価格8.31米ドルに達している。

2012年11ヶ月のアメリカ向けのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で1.9%上昇し、FOB価格7.24米ドルである。2012年11月単月では、この市場向けの輸出価格は、FOB価格は6.73米ドルで、対前月比で14.6%減少、対昨年同期比で1.8%上昇している。

注目すべきは、EU及び韓国市場向けのジーンズの輸出価格で、対2011年同期比でそれぞれ20.4%、36.7%上昇し、FOB価格でそれぞれ7.05米ドル、11.56米ドルである。

逆に、2012年11ヶ月の台湾向けのジーンズの輸出価格は、対2011年同期比で、0.8%下降して、FOB価格14.69米ドルである。2012年11月単月では、FOB価格13.69米ドルで、対前月比で13.3%下降、対2011年同期比で15.9%下降している。

2012年11ヶ月の日本向けのジーンズの輸出価格は、対2011年同期比で1.2%下降、平均FOB価格12.75米ドルである。2012年11月単月の日本向けのジーンズ輸出単価は、FOB価格12.09米ドルで、対前月比で15.3%上昇、対前年同期比で27.6%下降している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月16日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 275 | 276 | 277 |...| 326 | 327 | 328 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る