インドシナニュース

カンボジア:新たに40の縫製会社を認可

カンボジア開発委員会発行の報告によれば、カンボジア政府は本年度上半期、縫製業、靴製造工場51社を新たに認可し、投資額は3億2700万USDに昇るという。

報告では、511社である。の工場の内訳は、縫製40社、靴下メーカー2社、シューズ・メーカー8社、テキスタイル・メーカー

中国メーカーが16社と、カンボジアの繊維産業の最大の投資国となり、次いで韓国12社、台湾11社と続く。

以下、インド、イギリス、香港、日本、シンガポール、タイの順である。

カンボジア商務省によれば、縫製産業は300社以上を擁し、同国の最大の外貨獲得産業であり、33万5400人の雇用を生み、うち91%は女性である。

2012年上半期、カンボジアの繊維輸出は9%の伸びで、21億USDに達したと商務省は発表した。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年08月23日06:00

Vinatex、クアンビン省にて1000haの原料用綿花栽培に投資

2012年8月13日に、クアンビン省人民委員会は、ベトナム繊維公団との会合を受けて、クアンビン省人民委員会常務委員会副会長Nguyen Xuan Quang氏の結論を引用し、通達1544/TB-VPUBNDを発表した。

通達では、クアンビン省人民委員会は、クアンビン省におけるプロジェクトの実施にベトナム繊維公団に最大限の投資サポート優遇措置をとり有利な条件を整えるということを確約した。その中でも、最優先は「イスラエルの技術によるハイテク綿花サンプル栽培センター」プロジェクトである。このプロジェクトによれば、省人民委員会は関係部署に調査させた結果、Cam Thuy町(Le Thuy県)の1000haの区域に綿花栽培を実施する計画作成、まずは、Nam Quang Binh沿岸保護森林管理委員会管轄の土地500haの計画を立て、ベトナム繊維公団に委ね、2012年度中に投資報告ができるようにする。

Tay Quanh Binh側(Vo Ninh町からSen Thuy町まで)の沿岸保護森林の土地の利用変更につき、ベトナム繊維公団に渡し、原料用綿花栽培に充てる土地は、長期的には4000haまで面積を広げる。省人民委員会の規定では、計画策定、報告の作業は8月25日前に終え、省人民委員会は政府首相の意見を待つことになる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月22日06:00

Hung Nhan縫製有限会社、生産能力増強し、事業拡大のための投資

2012年8月9日、Hung Nhan縫製有限会社(タイビン省)は、生産能力向上のため、約500億ドンを投資し、グエン・ドゥック・カン工業団地に従業員500名規模の第4工場の建設を開始した。

Hung Nhan縫製有限会社はDuc Giang縫製総会社傘下の企業で、タイビン省グエン・ドゥック・カン工業団地にある。同社は、2368名の従業員を抱え、従業員1人当たりの平均月収は400万ドンである。Hung Nhan縫製は、生産能力を増強し、2015年から2020年までの期間のベトナム繊維産業の発展を加速する戦略に応えるため投資を拡大した。

工場建設の地鎮祭の式典には、タイビン省人民委員会副会長兼省常任委員会委員Pham Van Ca氏及びベトナム繊維公団副会長兼Duc Giang縫製総会社取締役会会長、Hung Nha縫製有限会社取締役会会長Hoang Ve Dung氏並びに、タイビン市の関係省庁や外国の顧客などが出席した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月21日06:00

ワーキング・ウェアは繊維市場の重要品目

2012年7月8日、ハノイにて、ベトナム繊維公団(Vinatex)は、「Vinatex-国内市場及び海外市場への制服及びワーキング・ウェアと生地の生産主力システム」と題するシンポジウムを開催した。これは、国内市場を支配し、政治局が立ち上げた「ベトナム人はベトナム製品を使用しよう」キャンペーンを実施するためのVinatexの活動の一環である。

シンポジウムには、商工省、教育養成省、保健省、経済団体、銀行の代表が出席し、Vinatex側は、取締役会役員兼最高経営責任者であるTran Quang Nghi氏、取締役会役員、担当者、Vinatex傘下の企業の経営者らが参加した。

制服及びワーキング・ウェアは、繊維市場における重要品目で、年間30万セット以上の大きな国内総需要があるものと推測される。制服やワーキング・ウェアの需要のある業種は、健康、教育、銀行、建設、電気、石油、郵便と電気通信などである。

Vinatexは、年間3億メートルの生地、3億5000万点の以上の製品の生産能力を持ち、国内の制服及びワーキング・ウェアの需要を満たすことができる。さらに、長年輸出向け商品を生産している経験から、経済のグローバル化の過程で、Vinatexは、高品質のサービスを提供できる条件を備えている。

Vinatex副社長Hoang Ve Dung氏は、長い間、Vinatexは、ベトナムの労働者のための生地を生産する計画を温めていたことを強調、Vinatexは、この商品の需要を満たし、国内の制服及びワーキング・ウェア市場を開拓していくことを決意したと述べた。現在、Vinatexのサプライビリティは非常に高く、この品目を十分に研究するだけの状態にあり、原材料から完成品まで、高品質で、着用する労働者が心地よく、労働生産性を高められるだけでなく、衛生的で、健康にも良く、見た目に美しく、文化的で、企業のブランド·アイデンティティを反映できる。

シンポジウムで、商工省軽工業部部長Phan Chi Dung氏は、さらに追加して、以下のように述べた。 Vinatexが長期的に制服及びワーキング・ウェア市場に対応し、発展させたければ、業種ごとに、ブランドごとに、ふさわしいサイズ、多彩なスタイルを確保するために、人体学や業界の特徴、世界中のこの品目の発展傾向を研究しなければならない。制服及びワーキング・ウェアは、文化的価値観を反映し、企業のブランド価値を高める役割を持った衣類である。

Vinatexも、この製品の品質を高め、低価格を実現するために、サプライ・チェーンの強みを最大限に利用すれば、確実に、将来、制服及びワーキング・ウェア市場の大半をVinatexが握ることができる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月20日06:00

参考:2012年7月31日から2012年8月9日までの繊維原材料輸入実績例

この一週間、綿輸入価格は先週とは逆行し、平均輸入単価1,751~2,756USD/tで変動している。そのうち、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比5.9%高、1,965USD/tである。パラグアイからの綿輸入価格は、対先月比3.2%高2,115USD/tである。イギリスからの綿輸入価格は、対前週比1.9%高、2,150USD/tである。インドとタンザニアは変化なく、それぞれ1,762USD/tと1,720USD/tである。コートジボワールからの綿輸入価格は、対先月比4.2%低、2,033USD/tである。ナイジェリアからの綿輸入価格は、対先月比4.2~5.2%低、1,716USD/tである。対2011年同期比で、綿輸入価格は、25~62.6%下落している。その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。スワジランド2,082USD/t、ガーナ2,433USD/t、ケニア2,130USD/t、ガーナ2,433USD/t、フランス2,597 USD/t。

従来市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の価格も、下落傾向にあり、1.54~3.66USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比8.1%低、対2011年同期比で30.9%低、1.73USD/kgである。マレーシアからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比4.8%低、1.54USD/kgである。台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比23.6低%、対2011年同期比で21.7%低、2.07USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は、対前週比で、タイ1.92USD/kg、韓国3.66USD/kg、日本3.54USD/kgである。

綿100%、生地巾148cm綿(コード:52084200)の日本からの輸入価格は、3.67USD/m、ドイツ産輸入価格は5.38USD/m(CPT NOI BAI空港(ハノイ))である。

ポリエステル97%、スパンデックス3%生地巾58/60inch綿(コード:60041090)の中国からの輸入価格は、1.37USD/yard、香港産輸入価格は3.77USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

ナイロン85%、ポリウレタン15%生地巾K49(コード:52083900)のタイからの輸入価格は、0.49USD/m、香港産輸入価格は3.36USD/yard、(CIFハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾58/60inch綿(コード:60069900)の韓国からの輸入価格は、0.76USD/yard、中国産輸入価格は1.65USD/yard、(CIFカットライ(HCMC))である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月18日06:00

丸紅とVinatex、協力関係を強化する

  2012年3月8日朝、丸紅副社長関山護氏率いる丸紅グループが、ベトナム繊維公団(Vinatex)を訪問した。

  丸紅は日本の大企業グループで、活動領域は多岐にわたり、投資事業にも早くから乗り出し、ベトナムとの貿易上の繫がりもある。特に繊維分野では、丸紅はベトナム繊維·縫製産業との生産、貿易に従事してきた日本のパイオニア企業の一つである。

  丸紅の繫がりの1つは、日本にベトナム繊維製品を輸出する貿易を促進するためVinatexのメンバーあるいは子会社との連携を介して行われる。さらに、丸紅はまたペトロベトナム・ビナテックス・ディンブー株式会社(PVTEX)の製糸工場に溶媒のPTAおよびMEGを供給し、同時に、公団のメンバー企業との協力関係も結んでいる。

  将来的には、丸紅株式会社は、公団に対して、引き続き最先端の繊維設備機械類やそのパーツを販売し、ベトナムの繊維工場の生産性と品質を高めたいとしている。

  今回の会合で、Vinatex会長Vu Duc Giang氏は、これまでの両社の協力関係は非常に意味があったし、とりわけ、2011年にVinatexと丸紅の間で交わした覚書の内容を実現していくことで大きな効果があると評価した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月17日06:00

ナムディン繊維(Natexco)、株式化後の市場の安定性を維持

  株式化の手続き後、ゆっくりとしかし着実に進める目的で、ナムディン繊維総株式会社(Natexco)は、まず、安定した発展を維持し、伝統的文化の価値を継承し、ナムディンの繊維産業の長い歴史を引き継ぐことができている。

  ホアトー繊維株式総会社の「親会社-子会社」モデルを参考にし、このモデルと新規制に従って資本の転換を簡略化することで、Natexcoは短時間で株式化を実現できた。Natexcoは、すでに10の株式化された子会社を持ち、外部資金の調達しながら、毎年平均2つの株式子会社を設立できる。ほとんどの企業は、外部資金80%、国の資本20%の状態である。

  管理体制については、Natexcoは唯一の出資者の代理人を通じて間接的な関与をするだけで、会社の運営全体を担うのは、それぞれの株式会社の取締役会です。

  そのような風通しのいい仕組みによって、各子会社が自主的に運営・生産計画を立てることで、効率が上がり、Nam Dinh繊維株式会社は毎月平均150万メートルの生地を生産し、今年上半期に、第5縫製は、対前年同期比約10%増の250億ドンの売上を達成した。Natexcoは、2012年の配当15%を目指している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月16日06:00

オーストラリアのウール業界の企業、ベトナムへの投資機会を探る

  ホーチミン市投資貿易促進センター(ITPC)のお知らせによれば、オーストラリアのAWI(オーストラリア・ウール・イノベーション)社は2013年中にベトナムでウールの生産工場を建設する計画を打ち出した。加えて、AWI社はベトナムでのサプライ・チェーン作りの意向も出している。

  AWI社以外に、オーストラリアからはAWI社傘下のウールマーク社も、ベトナムでのサプライ・チェーン確立を目的として「加入段階のベトナム」プロジェクトを実現するパートナーを探している。それによれば、今後2012年末までに製糸工場を3-4社、ニット織布工場を12-15社選び出す。プロジェクトは2014年に完成予定。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月15日06:00

ベトナム製水着のアメリカでの占有率が高まる

  アメリカ商務省の統計データによれば、アメリカの水着(Cat.359/659-S)の輸入は、対昨年同期比で、数量ベース0.73%減少、金額ベース5.52%増加の、5億6700万USDで、1980万ダースである。そのうち、カンボジアとベトナムからの輸入が大きく上昇し、中国からの輸入は微増、他の市場からの輸入は減少している。

  中国はアメリカ市場への最大の供給国で、716万ダース、2億2700万USDで、対昨年同期比で数量は1.88%増加、金額は15%減少し、アメリカの総輸入の37%を占めている。

  インドネシアはアメリカ市場への第2の供給国で、330万ダース、8300万USD、対昨年5ヶ月で数量ベース1.36%、金額ベース0.77%減少しており、アメリカの総輸入の17.75%を占めている。

   ベトナムはアメリカ市場への第3の供給国で、258万ダース、4850万USD、対昨年5ヶ月で数量ベース13.6%、金額ベース15.5%増加しており、アメリカの総輸入の13%を占めている。

   2012年年初のアメリカ市場の水着の輸入価格は、対昨年同期比で平均6%上昇した。そのうち、中国、インドネシア、バングラデシュはかなり上昇した。一方で、ベトナムやカンボジアからの輸入価格は安定し、他の国々より魅力的な価格を維持した。そのため、ベトナムやカンボジアの水着の市場占有率が急速に高まった。

   現在、ベトナムはアメリカ市場への第3位の水着供給国で、市場で13.03%を占め、対2011年比11.99%伸びている。同様に、カンボジアは第4位で、12.34%を占め、対2011年比で8.45%伸びている。この調子で伸びると、カンボジアはベトナムを抜いてアメリカ市場で第3位となる可能性も出てきた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年08月14日06:00

アディダス、プノンペンのファッション地区に参入

アディダス・ベトナム·カントリー·マネージャーRyan Hart氏は、プノンペンのシアヌーク大通りにオープンの新店舗のためにこの週末、アディダス・ダンス・チームのイベントに参加する。

アディダスは、カンボジアの最新のファッション地区となっているプノンペンの独立記念塔のすぐ西、シアヌーク通り90番地にスポーツ・ウェア・ショップを開店した。
開店初日は、新店舗に隣接した一角にテント張りのステージを用意し、メンズ、レディスのスポーツ・シューズ、トレーニング・ウェアなどを覗き見ることができるようになっており、プノンペンのファッション・フリークは、土曜の夜のアディダスの発売記念イベントを楽しみにしている。

アディダス・グループ・ベトナム・カントリー・マネージャーRyan Hart氏はベトナムからプノンペン入りし、MWグループのリテール・ファッション・ジェネラル•マネージャーAlan Ainsworth氏に合流するが、Ainsworth氏は、最近の成功に基づき、プノンペンの小売市場に自信満々だ。

Ming Wuoyグループが所有している新しいアディダス・ショップはアウトレット・ストアではなく、新品の、本物の高品質なアディダス製品を顧客が購入し、注文することができる、本格的なアディダス・ショップである。

Ainsworthは、Ming Wuoyグループが、1995年にNew Collectionというファッション・ショップをシアヌーク通りに開いたときに小売ファッションへの動きはすべて始まったと言う。

それ以来、MWグループは、Osimのウェルネス製品やOakleyのサングラスだけでなく、Pedro ShoesとURS Shoesもシンガポールから持ち込んだ。

「徐々に多くの人々がブランドを意識していくと私は思います。それは自然な成り行きです。私の娘もアディダスを欲しがっています」と彼は言う。

Ainsworthは、本物のブランド商品には、より高い価格を支払うだけの価値があると言う。トレーニング、サッカー、テニス、ゴルフなどのスポーツ・シューズの価格帯は60ドルから200ドルで、メンズ及びレディス、ファッション、スポーツのウェアの価格帯は24ドルから 150ドルまでである。

「アウトレット店は昨年の製品を販売しているかもしれませんが、私たちの店は、最新のアディダス・ファッションを販売しています。アディダスは、研究開発に数百万ドルを費やしています。人々はアディダス・オリジナル製品の使用のメリット、つまり、より快適で、より高い安定性、より耐久性のある製品であるということを理解し始めています。研究は、すべてのアパレル製品、靴製品の性能を高めることを目的としています。」と彼は言う。

「製品が良いので、うまくいくでしょう」とAinsworthは言う。「何の心配もありません。成功すると確信しています」

アディダス・ブランドの持ち込みについての最初の会話は3月に行われ、5月に契約にサインし、1ヶ月後には、ショップは準備ができていた。

「もっと多くのブランドが、シアヌーク通りに来ると思います。我々は多くのブランドが集まるファッション・ストリートにいます。」

店の品揃えは、スポーツ・パフォーマンスとオリジナルのカテゴリです。靴の多くはハイテクの排熱システムを備えた、クール・クライメット仕様となっています。

 

アディダスは、創設者Adolf "Adi" Daslerにちなんで名づけられた、ヨーロッパ最大、世界第2位の巨大スポーツメーカーで、バッグ、Tシャツ、時計、アイウェア、靴、他のスポーツや衣料関連のグッズを扱っている。

Ming Wuoy(MW)グループは、コスモポリタン・メンズウェア·ギャラリー、エジソン照明、Ming Wuoy家具及びメディアウェイという企業を抱え、カンボジアとミャンマーにはThe Placeというジムを所有しています。「我々が、シンガポールからPedroを持ち込んだとき、最初の6ヶ月間、非常にスローでしたが、年末にはベトナムまですっかりブームになっていました」 Ainsworthは言った。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年08月13日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 273 | 274 | 275 |...| 303 | 304 | 305 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る