インドシナニュース

繊維のサプライ・チェーンの中の欠如

    ベトナム繊維協会(Vitas)総書記Dang Phuong Dung女史によれば、現在の繊維業界は生産構造上、バランスを欠いているということである。具体的には、原料の綿について、ベトナムでは、現在、年間約40万トン必要とするが、国内ではわずか3000トン(0.75%)ほどしか対応できない。化繊糸も生産需要は約40万トンあるが、国内では12万トン(30%)しか対応できていない。
    しかしながら、現在のサプライ・チェーンの最大の不合理なポイントは、製糸、織布、染色の領域の中で、糸は、現在、全国で360万錘、業界全体での生産量は年間514000トンで、そのうち約334000トン(65%に相当)が輸出に向けられている。残りは年間12億mのキバタが縫製に向けられる。しかし、ベトナムの生地の種類、品質は輸出縫製品の要求(多品種で、市況に応じての変化に対応)には応えられていないため、縫製業界では年間60億mの生地が必要となり、約52億mの生地を輸入している。これ以外にも70%の副資材は輸入に頼っている。
 
    上に述べた原材料のアンバランスが、少なくない企業をFOB形式(原料の輸入からデザイン・設計、生産まで全工程を請負う形式)の生産から加工生産に押し戻し、結果として、利益の大幅な目減りを招いている。
 
     Binh Hoa縫製社長のPhungDinh Ngo氏は、2009400-500名の工員を工場に抱え、通常FOB形式で生産していた。直接注文でやりとりするので利益は20%以上にも達していた。
 
     けれども、2011年から現在まで経費の上昇の影響で、外資企業からの加工縫製に対応しなければなくなった。「利益は大きく減って、会社は規模縮小しなければならなくなり、今では工員も100名足らずだよ」とNgo氏は言う。
 
     加えて、綿花だけでなく、他の原材料の輸入に関しても、多くの繊維企業は注文をこなすうえで多くのリスクに直面することになっている。多くの企業の代表が口を揃えて、原材料供給の壁にぶち当たって、生産が影響を受けることはたびたびあり、納期が遅くなり、企業は先の注文の資材の遅れが後の注文に影響するリスクを負わなければならない。さらには、納期遅れのためにペナルティを課されるリスクもある。

      こうした上記の問題の解決のためには繊維業界は加工生産からFOBOBM(海外のスーパー、商業センター

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月01日07:00

2012年ベトナム秋冬ファッション・ウィーク

   2012427-29日、ベトナム繊維公団及びベトナム繊維協会による2012年ベトナム秋冬ファッション・ウィークがハノイ(大宇ホテル)にて開催される。21名のベトナム人デザイナー及び1名のスペイン人デザイナーが2012年秋冬物の700点以上の秀逸作品を披露する。

   2012年ベトナム秋冬ファッション・ウィークでは、ミン・ハン、ヴー・ヴィット・ハー、テー・ソーン、フン・ヴィット、チューラ、ミン・ハー、ハイ・ロン-テー・フィー、クワン・フィー、ハー・ズィーといった有名なデザイナー・ブランドのほか、ベトナム繊維公団所属の2社(TNG社とViet Thang社)の2つのブランドも紹介される。2012年ベトナム秋冬ファッション・ウィークのイベント前のスピーチで、ベトナム繊維公団のHoang Ve Dung副総裁は、世界とベトナムの経済に大きな変化があり、市場が極めて難しく、ベトナム繊維業界も例年と比べても極めて大きな試練の年となっている状況下、スタイル、価格とも競争は熾烈になっており、2012年第1四半期の業界全体で対昨年同期比20-25%の成長を達するべく活路を見出していくのは血の滲むような努力が必要であろう、と述べた。ベトナム・ファッション市場は発展途上にあり、消費者だけでなく、投資家らにとっても日ごと魅力的に映っている。2012年ベトナム秋冬ファッション・ウィークはベトナム繊維業界の変化のベンチマークである。ベテラン・デザイナーだけでなく新進デザイナーらもベトナムのファッションの美のみならず、業界全体の新奇を表現している。

   2012年秋冬の新しいコレクションは、スタイルは異なるけれど、豊かさに満ち溢れ、独自の世界を持っていながら、いずれもがベトナム・ファッション精神を持ち、苦難に満ちた市場を席巻しようという決意であり、来るべきときには市場に変化が起こり、繁栄するであろうという楽観的な信頼でもある。困難を乗り越える能力を認め、美の真髄を創造し、ベトナム人デザイナーの本領の中にベトナム文化の独自性と個別の特徴の源泉を見事に捉えている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月30日07:00

ジーンズ輸出金額、54.2%の伸び

   我が国の2012年第1四半期のジーンズの輸出は385万点、金額3120USDで、対2011年同期比で数量ベース28.6%、金額ベース54.2%の増加である。2012年第1四半期のジーンズの輸出は対2011年同期比で、大市場はいずれも増加しているが、EU市場だけは減少した。2012年第1四半期のジーンズの輸出価格は対2011年同期比で19.9%上昇、平均FOB単価は8.13USDである  

   統計データによれば、我が国の2012年第1四半期のジーンズの輸出は385万点、金額3120USDで、対2011年同期比で数量ベース28.6%、金額ベース54.2%の増加である。

     2012年第2四半期の我が国のジーンズの輸出は4050USDで、対2011年同期比で35%増加すると見込まれる。

    2012年第1四半期のジーンズの輸出は対2011年同期比で、ほとんどの大市場でいずれも増加しているが、EU市場だけは減少した。 

 

     2012年第1四半期に、アメリカの経済が回復しているため、アメリカ向けのジーンズの輸出はこれまで同様かなり伸び、この品目の総輸出金額の52.5%を占め、241万点、金額1640USDで、対2011年第1四半期比で、数量ベース16.3%、金額ベース37.5%増加した。

  第2位の日本への輸出は355600点、金額459USD、対2011年第1四半期比で、数量ベース65.1%、金額ベース94.8%増加した。

  中国への輸出が大きく伸びており、対2011年第1四半期比で、数量ベース163.4%、金額ベース147%増加し、153200点、金額235USDである。中国へのジーンズの輸出価格は対2011年同期比で下降している。

  注目すべきは、韓国への輸出は数量、金額ともに大きく伸び、対2011年第1四半期比で、数量ベース201.1%、金額ベース272.7%増加し、104300点、金額101USDである。

 

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月28日07:00

参考:2012年4月3日から04月12日までの繊維原材料輸入実績例

   上記期間中、各市場からの輸入の綿花の価格が対前週比下昇し、1,840-2,765USD/tで推移した。そのうち、アメリカから輸入綿花の価格は対前週比6%低、対2011年同期比で37.3%低2,351USD/t、インドから輸入綿花の価格は対前週比3.7%低、対2011年同期比で44.9%低2,054USD/t、パキスタンからの綿輸入価格は、対前週比2%減、対2011年同期比で38.5%低2,142USD/t、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比5.5%減2,646USD/t、ナイジェリアからの綿輸入価格は、対2011年同期比で46.8%低1,840USD/t、その他の市場からの綿花の輸入価格は以下の通り。マレーシア21,48 USD/t、シンガポール2,220USD/t、メキシコ2,210USD/t、モザンビーク1,890USD/t、ウガンダ1,950USD/t、イギリス2,180USD/t。

   ポリエステル糸(コード:54023300)の価格は、各市場とも、0.62~7.73USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比1.2%低、対2011年同期比で22.8%低2,09USD/kg、その他の市場からの輸入価格は、対前週比で、台湾は31~39.7%高、2.57USD/kg、マレーシアは31-39.7%高低、5.22USD/kg、その他、アメリカ産0.62USD/kg、タイ産2,47USD/kg、インドネシア産2,75USD/kg、日本産7.73USD/kg。

   生地巾K58/59ポリエステル100%生地(コード:55121900)の中国からの輸入価格はこれらより低く、1.65USD/mで、韓国産輸入価格は、3.14USD/m、CIFハイフォンである。

   綿95%、スパンデックス5%生地(コード:60019290)の香港からの輸入価格は、0.65USD/m、韓国産輸入価格は1.17USD/m、CIF タンソンニャット空港(HCMC)である。

   ナイロン100%、生地巾60(コード:59021091)の中国からの輸入価格は、0.64USD/m、香港産輸入価格は、0.77USD/m、CIFハイフォンである。

   生地巾60綿100%生地の韓国からの輸入価格はこれらより低く、1.3USD/mで、香港産輸入価格は、2.12USD/m、CIFハイフォンである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月27日07:00

Vinatexmart、さらに3店舗開店

南部解放37周年(1975年4月30日-2012年4月30日)を記念して、メーデーの5月1日、Vinatexmartは、同時に、Vinatex NBC(ホーチミン市7区)、Vinatex Da Lat(ダラット)、Vinatex My Phuoc 2(ビンユーン省)という新たな3店舗を開店する。これらを合わせると、Vinatexmartは全国に70店舗展開することになる。

2012年4月20日、VinatexmartはVinatex NBC(ホーチミン市7区)をオープンする。

敷地は400㎡以上、投資金額は100億ドン(47万USD)以上、取扱品目は紳士、婦人、子供の衣類、化粧品、家庭用品、加工食料、生鮮食料などで、現代的な環境の消費者の購買需要に対応する。2012年4月28日と30日には、Vinatexmartは、総面積3,500㎡、総投資額200億ドン(95万USD)のスーパーVinatex Da Lat(ダラット)と総面積1,800㎡、総投資額300億ドン(143万USD)のVinatex My Phuoc 2(ビンユーン省)をオープンする。

新規開店に際し、3つのスーパーでは多くの籤引きや魅力的なプロモーションのプログラムを用意している。例えば、30万ドン(14USD)以上買物をした顧客には、電気炊飯器、ティーカップ一式、ヘルメット、ファッション・バッグ、Vinatexmart商品券、Doveの石鹸、Clearのシャンプーなどが当たる籤引き券が進呈され、たくさんのプレゼントがあたると同時に最高50%までの割引を受けられる。他にも2012年4月21日-5月1日には、Vinatexmartは全国一斉に多くの商品で最高50%までの割引セールス・プロモーションを行う。とくに、2012年4月30日には「Vinatexmart2万ドン(0.9USD)ゴールド・デー」プロモーションを行う。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月26日07:00

韓国向けジャケット輸出、大いに伸びる

   2012年第1四半期の我が国のジャケットの輸出は2670万点、金額は4億2680万USDで、2011年同期と比べると、数量ベースで9.7%増、金額ベースで26.8%増である。ジャケットの輸出市場は変動が大きく、韓国向け輸出が大いに伸び、EUと日本を抜いて、アメリカ向けに次ぐ2位となった。2012年第1四半期のジャケットの輸出価格は対前年同期比で15.6%上昇、FOB価格で15.95USDである。

   統計データによれば、2012年第1四半期の我が国のジャケットの輸出は2670万点、金額は4億2680万USDで、2011年同期と比べると、数量ベースで9.7%増、金額ベースで26.8%増である。2012年第2四半期は繁忙期のためジャケット輸出も引き続き増加し、金額は7億6100万USDに達し、対前年同期比で25%増加する見通しである。

   2012年年初2ヶ月のアメリカ及びEU向けジャケットの輸出量は対2011年同期比で微減する一方、韓国及び日本向けは引き続きかなりの伸びを見せた。

   アメリカ向けのジャケットの輸出は、数量を見ると、2.8%と微減しているが、金額では7.9%増加し、590万点、7370万USDに達している。2012年2月だけをとると、対2012年1月比では、数量ベースで25.5%、金額ベースで27.3%減少、対2011年同期比では、数量ベースで63.3%、金額ベースで77%と大きく伸び、254万点、金額3100万USDに達している。

    一方、EU向けのジャケットの輸出はいまだに経済危機の影響を受けており、対2011年同期比で、数量では8.2%、金額では1.9%減少し、444万点、金額は7070万USDである。内訳を見ると、EU諸国への輸出は、ドイツ、イタリア、フランス、ベルギーなどいずれも若干減少している。

    注目すべきは、各企業とも韓国向けのこの品目の輸出を大いに伸ばしており、対2011年同期と比べて伸び幅も大きい。アメリカ、EUに続く第3位であり、333万点、金額は7220万USDで、対2011年同期比で、数量は40.9%、金額は59.6%増加している。

    日本へのジャケットの輸出も引き続きかなり伸びており、190万点、金額は3560万USDで、数量ベース65.1%、金額ベース78.6%の増加になっている。

    他に、対2011年同期比でこの品目の輸出金額が伸びたのは、中国178.7%、台湾57.2%、南アフリカ122.8%、メキシコ55.6%、香港114.9%などである。

  注目すべきは、各企業とも韓国向けのこの品目の輸出を大いに伸ばしており、対2011年同期と比べて伸び幅も大きい。アメリカ、EUに続く第3位であり、333万点、金額は7220USDで、対2011年同期比で、数量は40.9%、金額は59.6%増加している。

  日本へのジャケットの輸出も引き続きかなり伸びており、190万点、金額は3560USDで、数量ベース65.1%、金額ベース78.6%の増加になっている。

  2012年第1四半期のジャケットの輸出価格は対前年同期比で15.6%上昇、FOB価格で15.95USDである。

  2012年2月のアメリカ向けのジャケットの輸出価格は対前月比で2.5%と若干下降したが、対前年同期比では8.4%上昇、平均FOB価格12.19USDに達している。2012年年初2ヶ月のこの品目の輸出価格は対前年同期比で11%上昇し、FOB価格で12.36USDである。

  2012年2月の日本向けのジャケットの輸出価格もアメリカと同様の傾向で、対前月比で13.3%と下降したが、対前年同期比では37.9%上昇、平均FOB価格17.19USDに達している。2012年年初2ヶ月のこの品目の輸出価格はFOB価格で18.6USDであり、対前年同期比で8.2%上昇した。

   一方で、2012年2月のドイツ向けのジャケットの輸出価格は、対前月比で1.7%と若干上昇し、対2011年同期比でも15.5%上昇、平均FOB価格20.87USDに達している。2012年年初2ヶ月のこの市場への輸出価格は、対前年同期比で9.7%上昇し、平均FOB価格は20.64USDである。

   注意すべきは、2012年2月の韓国向けのジャケットの輸出価格は、対前月比で3.3%と若干上昇し、対2011年同期比でも26.6%上昇、平均FOB価格21.98USDに達している。2012年年初2ヶ月のこの品目の輸出価格は、FOB価格で21.66USDに達し、対前年同期比で13.2%上昇した。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月25日07:00

日本向け輸出大きく伸びる

   以前の号でも分析したように我が国の繊維製品の日本市場への輸出はかなり有利な条件が揃っている。日本は地震や津波といった、かつてない災害に直面し、大衆消費が落ち込みながらも、2011年ベトナムから日本への繊維製品の輸出金額は2010年と比べ、46%高、16億USDと非常に高い成長を記録している。

   2012年になり、繊維製品の輸出、さらには、ベトナム製品一般の輸出は有利に運んでいる

   2012年第1四半期我が国のこの市場への繊維製品の輸出金額はおよそ4億8000万USDに達し、対2011年同期比で33%増加している。こうした事実の根拠は以下の通り。

   - 日越の相互通商関係は新たな段階へと進展している。政府間での2ヶ国間の双方向での通商促進策が実際の企業の活動を牽引している。両国の企業ともに輸出入において有利な条件を得られており、繊維業界もその恩恵を受けている。

   - 日本経済は息を吹き返している。2月の小売販売の実績は対昨年同期比3.5%で、これは以前より、1.4%高い数字である。これで、3ヶ月連続して指数が上昇したことになり、このことは消費者の信用が回復したことを意味している。日本の国内総生産(GDP)は、2011年第4四半期に0.7%低下したが、2012年1月には対昨年同期比で1.7%上昇が見込まれる。

    日本のオーダーは年初増加が見込まれ、世界第3の経済大国の成長展望に好感が持たれている。

   - ベトナムの繊維製品は日本市場で一定の地位を築いており、日ごとに確固としたものになっている。

   - 各企業は日越通商協定の特恵制度を有効活用している。

   - 国内市場ではデフレと低金利のため、各企業とも資金調達は低金利で設備投資はしやすい環境にある。

   こういう状況ではあるが、ベトナムの繊維製品の輸出は以下のような困難に直面している。

   - オーダーの動きが悪い。

   - 生産活動における経費は減少しているが、それでも高い水準にある。

   - 金利は減少したが、これもごく最近のことなので、経営結果にその影響がまだ反映されていない。

   - 市場の変化に併せて製品を多様化したり、クイックな対応をしたりという点で各企業ともまだ十分に対応できていない。

   このため、不利な点を最小化し、長所を最大限に活用して生産効率を上げるためには、各企業が努力するだけでなく、政府の援助も必要となる。というのも、我が国の外貨獲得という経済的利益以外にも、社会の安定を保障するために繊維業界が果たしている役割は小さくないからである。

 

   2012年第1四半期の我が国の繊維製品の日本市場への輸出はかなりの伸びを見せ、この伸びはほとんどどの品目でも見られる。とくに、上着、シャツ、パンツ、下着、スカート、ショートパンツなどで高い成長が見られる。これらの品目はベトナムの競争力ある繊維製品の一部であると言ってよい。そのため、我が国のこれらの品目の日本市場への輸出は引き続き有利に運ぶ。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月24日07:00

Thien Nam設立11周年記念及びDuy Nam紡績工場落成

    412日、Thien Nam投資発展株式会社は設立11周年及び同社の投資した4番目の紡績会社となるDuy Nam紡績工場落成を記念して式典を行った。総投資額は3800億ドン(1800USD)、100%綿の高級糸を生産することになるDuy Nam紡績工場の誕生は重要なマイルストーンであり、Thien Nam社の新しい発展の段階のベンチマークともなる。

   ベトナム繊維協会のVu DucGiang会長は工場落成式のスピーチで工場の完成を熱烈に祝福し、Thien Nam社の11年間の大きな成果を讃えた。「ベトナム繊維業界はこの5年間に非常に目覚ましい成長を遂げました。とくに、2011年は繊維業界の輸出金額は160USDに達しています。この成果における、Thien Nam投資発展株式会社の果たした役割は小さくありません。現在のように試練に溢れた経済環境の中でDuy Nam紡績工場を建設し、稼働させることは、言ってみれば、ベトナム繊維業界の発展に対して、Thien Nam社が長期的な視野のもと、途轍もない努力を惜しまなかったということであります。正しい戦略に沿って、つまり、絶えず、生産活動を刷新し、技術力を改善し、才能ある人材の登用にお金を惜しまず、労働力の安定並びに公共利益へ配慮するといった点で、Thien Nam社は、ベトナムの紡績・織布業界の主力としての位置、つまり、他の多くの繊維企業がお手本とするところであります」とVu DucGiang会長は述べた。

   Thien Nam投資発展株式会社Tran Dang Tuong会長は「Duy Nam紡績工場の誕生によって、Thien Namはこれから2-3年の方向性が決まり、紡績-織布-染色の生産のプロフェッショナルとしてのThien Namグループを発展させていくことになります。さらには、Thien Namはつねに製品の品質を向上させ、労働者に最善の環境を創出し、国際市場におけるベトナムの糸のポジションを向上させていくのであります」と豪語した。

   Thien Nam投資発展株式会社は20024月に誕生した。11年に亘る稼働と発展で、これまでにThien Namの名前は国内外の多くの顧客にTCTRCVC、ブラックTR、ブラックPE、メランジュのトップメーカーとしての信任を得ている。Duy Nam紡績工場が稼働を開始し高級綿100%の糸を供給すれば、来るべき時にはThien Namグループ建設への戦略的第一歩が記されるのである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月23日07:00

ホアイアン縫製建設起工

2012418日、ビンディン省ホアイアン県タンバックホー町にて、ホアイアン縫製工場の建設起工の式典が行われた。同工場はNBC系列のアンファット縫製株式会社の工場である。

式典にはビンディン省の幹部が参加したほか、ベトナム繊維公団(Vinatex)からはVu DucGiang会長(兼Vitas会長)及びDuong Thi Ngoc Dung副総裁兼ニアベ縫製総会社(NBC)会長及びニアベ縫製総会社(NBC)からPham PhuCuong社長並びに中部地区の繊維関連企業からの代表が出席した。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月21日07:00

ベッティン縫製—ブランド建設の先鋒

   ベトナムの縫製業界について言えば、もっとも世界標準に見合った企業のうちの一つで「象徴的存在」と見られているのが、ベトナム繊維公団傘下のベッティン縫製株式総会社である。

   世界市場にベトナム製品を輸出していくうえで、繊維業界はつねに先頭を走る業界であり、戦略上重要な役割を果たしている。人々に欠かせない需要に応えていくという単純なサービスだけでなく、社会に対して多くの責務を果たしている。非常に高い輸出成長速度をして、製品の輸出増加だけでなく、ベトナムの経済の成長についても、果たす役割は小さくない。

   昨年、繊維業界は非常に大きな試練を乗り越え、全国一の輸出金額160USD、対2010年比38%増、輸出超670USDを達成し、国の輸出入バランスの調整に寄与した。

   ベッティン縫製株式総会社はベトナム繊維公団傘下のトップクラスの企業の一つであり、巨大な規模を誇り、工員数は最大、歴史があり、経営効率も優良で、社員の待遇も毎年つねに改善されている。同総会社は政府の優秀賞を7度受け、党と国からも、ドイモイ時代に同総会社には労働英雄の称号を贈られている。

    1975年に設立されて、前身は「太平洋技術会社」という名前の小さな工場で、設備は時代遅れのものばかりで、当初はわずか100名強ほどの工員のみが輸出向けに委託縫製を行っていた。しかし、30年以上にわたって、全社員の絶え間ない努力と奮闘により建設と発展を続け、ベッティン縫製は拡大し、ベッティン総会社となり、親会社-子会社のモデルで活動している。現在、28の管理の単位があり、うち7工場が直轄、4社が外国企業との合弁会社、3工場が外国企業との協業、14の子会社と関連会社を有する。現在の総会社全体の社員数は26000名に昇る。

    Viet Tienブランドは会社が設立された時から建設されている。Vietはベトナム、Tienは前進の意味であり、同社は新世紀においてベトナムの国とともに前進していくのである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年04月20日07:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 271 | 272 | 273 |...| 292 | 293 | 294 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る