インドシナニュース

ラオスの縫製業界の労働力は2015年には6万人規模

ラオスの縫製産業は、労働力を集めるための大規模な広報計画を発表し、2015年までに6万人に労働力を倍増する目標を掲げている。

この動きは、ラオス縫製産業協会の進める技能養成と並行するもので、繊維技能開発センター(GSC)がこの分野での仕事の利点に関する詳細情報を提供する。

国際基準によると、2011年の世界銀行の報告書では1人あたりの年間収入は1130米ドルだが、ラオスの賃金レベルはまだ低く、貧しい。

2012年1月には、最低賃金が月給348,000 LAK(43.50米ドル)から626,000 LAK(77米ドル)プラス手当及び残業代に増加した、と繊維技能開発センター(GSC)諮問部長Wilma Driessler女史は語った。

Wilma Driessler女史によれば、ここの縫製工員は生活費を含めて月給100から250米ドルを稼ぐことができる。建設·鉱山などの他の分野は、賃金は高いが、重労働で、危険度も高い。

ラオスの縫製産業は、長期的な労働力不足に苦しんでいるが、2015年には5億米ドルの輸出目標を設定されている。

 

注:LAKはラオス通貨kip(キープ)の略称

 

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年11月28日14:00

ベトナム繊維産業が、国産化を増強、国内流通を推進するには

原材料への投資の促進を通じての国産化増強、新興市場および重点的従来市場との貿易促進強化、国内市場での流通及び取引システムを確立推進--これらは、ベトナム繊維公団(Vinatex)及びベトナム繊維産業の今後の発展計画について議論する際に、ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長 Hoang Ve Dung氏が重心を置くポイントである。

繊維産業の輸出活動が経済危機によって非常な困難に陥っていくと予測されている。とすれば、業界は輸出成長の勢いを維持するために何をするのか?

10月の終わりまでに、繊維製品の輸出は、対2011年同期比で108%に相当する128億米ドルに達した。 11月、12月で市場が加熱し、業界全体で約170億米ドルに達すると予想される。

2013年に入っても、世界の経済状況は依然として困難であると予想され、消費は回復しそうにない。米国および欧州市場は、ギリシャがユーロ圏にとどまった後、金融危機を乗り越えるかのように見えるが、状況は依然として複雑である。したがって、ベトナムの成長目標は、せいぜい10-15%にとどまる。

ベトナム繊維公団(Vinatex)の傘下企業との最近のオンライン会議では、公団はこれから年末に向け、傘下各社に対して貿易促進、特に潜在力のある新規市場に重点を置いて貿易を促進するよう要請した。その典型は日本市場で、日本は中国からベトナムを含む東南アジアの他国への生産シフトを進める傾向がある。

第二にはロシア市場で、世界貿易機関(WTO)加盟後、新興市場として注目されており、FTA協定や関税協定の交渉を進めている。TPP交渉を通じて米国市場を強化することに加えて、FTAを通じてEU市場を開拓する必要がある。2013年は多くの困難に直面することになるが、交渉が成功すれば、2014年へのうまい橋渡しができることになる。

また展示会を通じて、各企業が、生産性や品質の向上、自動化の推進を進めるため、専門性や専業性の高い機械設備に接する機会を設けたり、市場での競争力を高めるために、展示会、広告商品を通じてさらに深い方向に投資を進めたりするというのが業界の願いである。

繊維産業の国産化率は現在まだ低いレベルだが、業界ではどのように国産化率の向上に努めているのだろうか?

アパレル製品の国産化は大きな問題で、国産化能力を向上させるためには、業界の企業各社は、競争力を向上させ、より多くの材料を製造しなければならないからである。これまでも、幾多の努力がなされてきたにもかかわらず、結果はまだ限定的で、というのも、この分野への投資は、大きな資本力、高い技術力を必要とし、加えて、長期的な戦略を要求されるためである。

現在、政府は2020年までの繊維産業の戦略を承認したが、この骨子はベトナム繊維公団(Vinatex)が作成したものである。現在、細番手の糸の紡績能力の向上、織布能力の向上、公団外で、北部、中部、南部地域でのウール地の生産に関する研究投資といったプロジェクトを展開している。

原材料の投資については、レイヨン繊維の生産への投資、市場の多様化に向けての麻類などからの製糸の研究、あるいは、アパレル生産向けの資材などを生産する、副次的産業の発展などの課題のように、大きな案件を展開している。

繊維市場は巨大市場であり、そのため、広範で深化した国産化を進めるには、マクロレベルの、国家レベルの支援と多くの努力が必要となる。

輸出を進めながらも、同時に国内市場開発をも進めるというのが、繊維産業が現在、推進している戦略である。ここに、ベトナムの消費者の手に製品を届かせるというベトナム繊維公団(Vinatex)の課題の難しさを感じてもらえるだろうか?

2012年は、消費者が家計の支出を節約し、厳しい年である。しかし、年初より国内消費を刺激するための方策を持っていたため、ベトナム繊維公団(Vinatex)は15-20%の成長率、2万億ドルの売上を達成できた。Vinatex-martの国内流通システムは、ベッティン、ニアベ、マイ10、ドゥックザンなど、公団傘下企業独自の店舗網の開発同様に、拡張され、強化された。

ポイントは市場の刺激であり、毎月、四半期ごと、または、毎週など定期的なプロモーションあるいは割引セールの多くの形態で、消費促進のため、消費者が希望するレベルでのリーズナブルな価格を提供するということである。そうしながら、業界としての在庫は、所定のレベル以下を維持していく。

国内市場向けに2013年の課題は、さらなる販売網の強化、販売サービスの組織化、より良い販売促進策の強化である。特に、優れたデザイン、消費者サービスの向上のためには、ファッション・デザインや良質の材料の採用などを進める必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月28日06:00

ベトナム繊維産業の新たなチャンス

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は、2015年に実施されることになっている。

ベトナム繊維協会(VITAS)上級相談役Le Quoc An氏は、ベトナムが14ラウンドの交渉に臨み、次のラウンドに備えていると述べた。

ベトナムが環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に参加すると、およそ1,000本の輸入関税は17.3%から0%に削減される一方で、輸出成長が7%から15%まで伸びる。

繊維産業の米国市場への輸出は2012年には76億米ドルだが、2020年までにおよそ220億米ドルに達すると見られる。

いろいろな国から約10社が、近日中に、ベトナムに工場を建設する予定になっている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月27日14:00

Lenzingは高品質の合繊の共同生産を提案

2012年11月21日朝、世界有数の合繊メーカーLenzingの原材料部門(PTG - パルプトレーディングGmbH)部長Michael E. Mayer氏と一行がベトナム繊維公団(Vinatex)を訪問した。

1938年に設立されたLenzingグループは、オーストリアに拠点を置く世界有数の合繊メーカーである。Lenzingは、植物の木から木粉、高級繊維及び紡績まで垂直モデルで、世界の紡績市場に優れたセルロース繊維製品を提供している。現在同社グループは、アメリカ、イギリス、チェコ共和国、中国、インド、インドネシアなど多くの国で様々な織物繊維事業に関連した合弁関係を持っている。

今回の訪問では、Lenzingは、ベトナムでの木材パルプとビスコース繊維の生産に適した工場とその生産システムへの投資計画について、vinatexの指導者たちと直接話をしたいと考えていた。Michael E. Mayer氏は、ITMFの織物投資会議のスピーチに感銘を受けたと述べたと同時に、彼は現地調査を通じて、ベトナムは理想的な場所で、75年間にオーストリアで行われている垂直生産モデルを適用するための条件が十分に揃っているとMayer氏は述べた。この協業が成功すれば、Lenzingのために有益なだけでなく、ベトナムの紡績向けに高品質の繊維をリーズナブルな価格で使用することができ、Vinatexやベトナム繊維·アパレル業界にとっても競争力を高められ、有益である。

ベトナム繊維公団(Vinatex)社長Tran Quang Nghi氏は、Lenzingの協力申し出を歓迎し、高く評価した。 ベトナム繊維公団(Vinatex)はこの問題について関心をもって継続的に研究し、具体的には公団の代表をLenzingの合弁事業モデルを調査のため南京(中国)に訪問し、Lenzingグループ会長Peter Untersperger氏もすぐにベトナムへ訪問し、ベトナム繊維公団(Vinatex)と打合わせることになる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月27日06:00

カンボジアから日本向けの縫製品輸出、伸びる

カンボジア最大の外貨獲得業界である縫製業界の輸出金額は、今年の第3四半期に9.9%増加した。

カンボジア商業省のデータによると、2011年の年初から9ヶ月間の輸出額が31億3000万米ドルに対して、今年は34億4000万米ドルである。

EUと米国市場からの需要は小さいままだが、アジア諸国向け、特に日本市場向けが飛躍的に伸びており、日本企業は自らの工場をカンボジアに建設している。

カンボジア縫製業者協会(GMAC)会長Van Sou Ieng氏は、カンボジアから中国への衣料品の輸出がはまだ少ないため、中国市場への輸出増加の展望を探っていると述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2012年11月26日14:00

東レ・インターナショナルと三井がベトナムへの投資拡大の機会を伺う

2012年11月20日及び21日、東レ・インターナショナルと三井の日本企業2社が投資協力の機会調査のためにベトナム繊維公団(Vinatex)を訪問した。

東レ・インターナショナルはベトナム繊維縫製企業と長年連携してきた。そのうち、ニアベ縫製総会社グループとは、ビントゥアン縫製株式会社での4つの近代的な生産ラインへの投資、タムクアン縫製株式会社の生産工場オープン拡大と完成など、日本市場向けのハイエンド衣料品の生産を推進するため協力してきた。今回の訪問では、東レの希望は、衣料品の分野、特に高品質な製品の分野でベトナム繊維公団(Vinatex)との投資協力を拡大し続けることである。

1947年に設立された三井物産は、活動は他業種に亘り、繊維の分野ではスポーツウェアとニット製品が強力である。現在、同社は67の国と地域に152拠点を展開している。三井物産ベトナムは、日本とベトナムの両国政府が指定し、投資された100%外国資本による商社である。三井もベトナムでの協力を拡大する機会を探しており、そのうち、ベトナム繊維公団(vinatex)が関心のある分野は繊維と労働者の健康管理をする病院の案件である。

ベトナム繊維公団(Vinatex)幹部は、東レと三井との会合の目的を高く評価すると同時に、ベトナム繊維公団(Vinatex)は、情報、アドバイス、専門分野での人材養成などの面で投資家を支援する準備を整えており、具体的には、ベトナム繊維公団(Vinatex)は外国投資家との協力関係を、1つは、既存の工場を拡大のための投資をする、2つめは、新規工場に投資協力するという2つのオプションで考えている。自由貿易協定をもたらす機会により、ベトナム繊維業界は、外国人投資家に多くの機会をもたらすことを希望している。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月26日06:00

ベトナム:2012年11月7日から2012年11月15日までの繊維原材料輸入実績例

今週、綿輸入価格は、前週とは逆行し、平均輸入単価1,640~2,174USD/tで推移している。具体的には、アルゼンチンからの綿輸入価格は、対前週比2.6%上昇し、1,640USD/tである。フランス3.0%上昇、1,893USD/t、ジンバブエ及びブラジル5%以上上昇、1,940-2,174USD/t、アメリカ8.6%上昇、1,963USD/tである。逆に、タンザニアとベニンからの綿輸入価格は、対前週比0.4%下降し、1,761-1,900USD/tである。パキスタン3.0%下降、1,706USD/t、コートジボアール6.0%下降、1,810USD/t、オーストラリア9.9%下降、1,875USD/t。対2011年同期比で、綿花の輸入価格は22.3-57.7%下落している。

その他の国からの綿花の輸入価格は以下の通り。ギリシア1,860USD/t、ブルガリア1,847USD/t、マリ1,961USD/t、ザンビア1,855USD/t。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも対前週比で下落しており、0.6~3.23USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比7.2%下降、対前年同期比で26.2%下降し、1.86USD/kgである。マレーシアからの輸入価格は、対前週比13.2%下降、1.17USD/kg、タイは、対前週比34.4%下降、1.15USD/kgである。逆に、インドとアメリカからの輸入価格は、対前週比で変動がなく、0.6~0.62USD/kgで推移している。対2011年同期比で、上記の市場の輸入価格は、9.4-33.7%下降している。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。韓国3.31USD/kg、台湾2.65USD/kg、日本3.23USD/kg、インドネシア1.63USD/kgである。

ポリエステル100%、生地巾56/58 inch(コード:55121900)の韓国からの輸入価格は下降し1.45USD/yd、中国からの輸入価格は1.55USD/yd、(CIFカットライ(HCMC))である。

綿100%、生地巾58/60inch(コード:52091100) の台湾からの輸入価格は下降し、4.35USD/ydで、トルコからの輸入価格は4.38USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

綿58%、ポリエステル38%、スパンデックス4%(コード:60062200)の中国からの輸入価格は、1.27USD/m、韓国からの輸入価格は1.49USD/m(C&Fカットライ(HCMC))である。

綿60%、ポリエステル40%(コード:52081900)の香港からの輸入価格は、0.96USD/m、韓国からの輸入価格は1.16USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル75%、綿25%(コード:55151900)の中国からの輸入価格は、2.49USD/m、日本からの輸入価格は3.42USD/m(CIFハイフォン)である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月25日06:00

ベトナムから日本へ繊維製品を輸出する際に注意すべきこと

2010年は日越経済連携協定の税制優遇措置がとられた初年度であり、ベトナムから日本市場への繊維輸出は対2009年比で20%増加した。

協定下での1年後、統計によると、2011年には日本へのベトナムからの繊維製品輸出は、対2010年比46.41%増加、16億9000万米ドルに達した。 2012年10月末の時点で、輸出額は16億2000万米ドルで、2011年の年間輸出額とほぼ同額、対2011年同期比で、17.4%増である。

現在、日本はベトナムの繊維輸出市場の13%以上を占めている。大量注文の米国や欧州とは異なり、日本は先進市場の一つであり、常に、洗練された商品を要求され、注文数は小さく、しかし、独創性を追い求めるため各製品で異なる様々なスタイルや色彩を要求される。

また、日本への繊維輸出企業は規制要件に注意する必要があるが、そのうち、ラベルにも留意する必要がある。繊維製品は、繊維成分、家庭での洗濯方法、その他の取扱注意、製品に使用している革の種類などの情報を不足なく表示する必要がある。特別なコーティングを施した繊維製品(レインウェアを除く)は明確に防水ラベルを付ける必要がある。

本年度は年末まで安定した成長を維持すると予想され、2012年度年間では日本への繊維輸出は20億ドルを超えることになる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月24日14:00

ベトナム繊維業界はいまだホットな業界

最近の一連の新しい対外投資から、ベトナムの繊維産業が豊富な労働力と貿易協定のために国の熱いビジネス部門の1つのままであることがわかる。

ビントアン省工業団地管理局によると、織布と染色を含む2億米ドル程度の評価価値の織物製造工場の場所探しのために、韓国のHansoll Textileは、地方自治体の協力を依頼した。

南部ロンアン省Long Hau工業地域で衣料2次加工を営む、日系のNSKベトナムは、原料供給に関してその投資を拡大するつもりであるとNSKベトナムの責任者竹田タオ氏はVIRに話した。

ベトナム繊維公団(Vinatex)は、糸と毛織物を含む衣料品と資材メーカーの原料生産のために、その3つの鍵となるプロジェクトを実行した。

ベトナムの衣料品と資材輸出は、近年に毎年25-28%の成長率を保っている。ベトナムは、糸製造、織物、染色と高級な製品に集中して対外投資を誘致しなければならないとベトナム繊維協会(Vitas)会長Vu Duc Giang氏は言う。

特にベトナムが織布と染色工程により多くに投資するならば、ベトナムと他の国、特に環太平洋パートナーシップ(TPP)間の貿易協定はベトナムに位置する繊維輸出業者に利益をもたらす。この投資は大きな資金を必要とし、外国の会社が有利であるとVitas副総書記Nguyen Van Tuan氏は言う。

今年、ベトナムは繊維産業で大きな対外投資プロジェクトがあった。

9月に、中国のSunrise Shengzhou社は、ベトナムのThien Nam投資開発社で合弁事業の協定に署名し、Thien Nam Sunrise Textiles社は、北部ナムディン省Bao Minh工業団地で2400万米ドルかけて、月産300トンのニット地と100万メートルの布帛地の生産能力を持つ工場を建設している。

それ以前に、韓国系Kyung Bang Vietnamは、4000万米ドルをかけて、南部ビンユーン省Bau Bang工業団地で年間6,000トンの生産能力を持つ紡績工場の第一段階に着手した。

香港のTexhong社は、北部クアンニン省Hai Yen工業団地で3億ドルかけて、紡績工場を建設する。

Vinatexは日本の伊藤忠とも力を合わせ、北部ナムディン省Bao Minh工業団地で1億2000万ドルの資本を投じ、50,000錘の紡績工場を運営する合弁事業を設立した。

ドンナイ省工業団地管理局(Diza)副責任者Nguyen Phuong Lan女史によれば、ドンナイ省は、Formosa、Hansoll、Texhongなど大型の投資家が多いと言う。

「ベトナムがより熟練労働力需要の高い業界に対する労働力の品質を改善するのに時間がかかるので、繊維産業は今後20年間もベトナムの重要な産業であり続けます」と、Lanは言う。

ホーチミン市輸出加工区管理委員会(Hepza)によると、Hepzaの繊維産業の公認プロジェクトは、最近では、高級製品の生産となっている。

一般にベトナムは労働集約型の企業にとって立地が良いとされているが、タイの企業家は十分な労働供給がある場所を確実に選んで、工場を建設しなければならないとタイのLiberty Garmentのベトナムの子会社Alliance One Apparel Co部長Santi Jawtrakul氏は言う。

Alliance Oneは、南部ベンチェ省Giao Long工業団地で、2007年に1500万米ドルの、従業員4700人の縫製工場の操業を開始した。最近、500万ドルの第2工場を同じ地域に建設し、そこでは1800人の人員を雇用している。

2012年9ヶ月間につき、Giang氏によると、ベトナムの繊維輸出は126億米ドルと評価された。ベトナムの今年度の年間目標は170億ドルで、2013年と2015年にそれぞれ200億~210億米ドルと250億~270億米ドルとされている。ベトナムは、2020年に繊維輸出国で世界のビッグ3を目指している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月24日06:00

ベトナムの縫製工場、VAT削減を求める

国内消費および輸出消費を刺激するために3~6ヶ月間、繊維企業の付加価値税(VAT)を免除してほしいとベトナム繊維協会(Vitas)は政府に提言した。

提言によれば、協会は繊維輸出企業の商品のVATの還付率を現在の10%から15%に増加することも期待している。

この他、協会によれば、繊維企業は、政府が環太平洋戦略経済パートナーシップ協定(TPP)の交渉を首尾よくこなし、新市場、特に米国市場での拡大を期待している。協定では、輸出業者は16-18%の減税を享受でき、中には輸出税0%の品目さえある。

ベトナム繊維製品の輸出市場は狭まり、世界的な景気減速を踏まえると、直面する競争はますます激しくなると協会は言う。国内の繊維輸出企業は年末に向けて輸出注文の目減りを心配していると協会は言う。

繊維業界の輸出取引額は年初8ヶ月で7%増加して97億2000万米ドルまで達したとベトナム繊維協会総書記Dang Phuong Dung女史は言う。しかし、業界は輸出注文の不足に直面している。

繊維企業(特に小規模および中規模のもの)が生産を展開するために、資金を融通し、注文を獲得するのが難しいとDung女史は言う。注文がなければ、収益が落ち、労働者を欠くことになり、企業はいっそう困難な状況に追い込まれる。

売上の大部分は輸入原材料と他の必要経費に費やされるので、販売価格が多少上昇しても必要経費の上昇を埋め合わせることができないと地元の繊維輸出業者は言う。

そのうえ、輸出企業は輸入材料に対する275日の関税猶予の政策が打ち切られるのを心配している。そうなると、不況が続く限り、生産レベルを維持するのが一層難しくなる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年11月23日14:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 269 | 270 | 271 |...| 312 | 313 | 314 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る