インドシナニュース

日本からベトナムへの糸の輸入が50%近く伸びる

2012年のベトナムの糸の輸入は、約1億170万米ドルで、対2011年比で6.9%減少している。従来の糸輸入市場は、総じていずれも対2011年比で減少しているが、日本からの輸入だけは大きく伸びている。一部の市場からの輸入価格は、対2011年比で5.7%下降し、0.1-5.0米ドルで推移している。

統計データによれば、2012年のベトナムの糸の輸入は、約1億170万米ドルで、対2011年比で6.9%減少している。予想では、2013年第1四半期の輸入金額は3300万米ドルで、対2012年比で6.9%増加する。

2012年11月、従来の糸輸入市場は、総じていずれも対2011年同期比で減少しているが、日本からの輸入だけは大きく伸びている。

韓国は、2012年11月では最大の供給市場で、金額は3960万米ドルに達するが、対2011年同期比では6.3%減少した。この市場から輸入される種類は、5000m巻、ポリエステル糸及び刺繍糸などである。

日本は、供給市場としては第2位で、金額は1540万米ドルに達し、対前年同期比で47.2%増加している。この市場から一般的に輸入される品目は、1000‐2000巻、ポリエステル糸、100%ポリエステル糸などである。

中国は、これに続く供給市場で、金額は1320万米ドルで、対前年同期比で27.6%減少している。主力の輸入品目は、100%ポリエステル糸、ナイロン糸、5000m巻、2000m巻などである。

香港は第4位の供給市場で、金額は1240万米ドルだが、対前年同期比で11%減少している。この市場から輸入されるのは、5000m巻、100%ポリエステル糸、100%ナイロン糸、刺繍糸などである。

その他に、対前年比で大きく輸入が伸びたが、金額がまだ低いのは、インドネシア、フィリピン、トルコ、オランダ、スリランカ、アフガニスタンなどである。

 

2012年、一部の市場からの輸入価格は、対2011年比で5.7%下降し、0.1-5.0米ドルで推移している。

韓国から輸入の5000m巻(コード:55081090)は、対2012年12月比で変動はないが、対2012年同期比では20.2%上昇し、1.25ドル/巻(CFRハイフォン)である。

台湾から輸入の4572m巻(コード:55081090)は、対2012年12月比で変動はないが、対2012年同期比では2.1%上昇し、0.96ドル/巻(CIFハイフォン)である。

インドから輸入のポリエステル・ストレッチ糸(コード:55082090)は、対2012年12月比及び対2012年同期比では変動はないが、4.21ドル/ポンド(DDUダナン空港)である。

中国から輸入の綿糸(コード:62179000)は、対2012年12月比では4.1%下降し、対2012年同期比では16.7%上昇し、0.7ドル/巻(DAFカットライ(HCMC))である。

その他の品目の価格は以下の通り。中国から輸入のPP糸CH-02(コード:54011090)は、4.2ドル/kg(CNFカットライ(HCMC))である。インドから輸入のポリエステル・ストレッチ糸(コード:55082090)は、3.55ドル/巻(DDUダナン空港)である。台湾から輸入の綿ワイヤー3*4糸(コード:52041900)は、4.23ドル/kg(CNFカットライ(HCMC))である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月31日06:00

ガーメント10社はベトナム国内市場を目指す

市場拡大と地方の人材の活用を睨んだ農村部の生産拠点へ投資していくという発展戦略の中にあると同時に、企業の経営権と社会的責任に関連付けられた発展の観点を実現するために、2013年1月26日、ガーメント10株式総会社は、タインホア省Quang Xuong県の888工場でスーパーM10マートのオープニング式典を開催した。

これ以前の、2012年12月12日に、888工場は公式に最初の生地裁断の式典を行った。これは、ガーメント10の、これまでで最速にして、最も有利で、最高の品質を伴った案件である。現在、同社は米国からすべての設備を輸入した、輸出用シャツ、ジャケットの生産ラインを操業しており、生産能力は年間100万枚以上で、1000名以上の雇用を生み出している。

ガーメント10株式会社常務Than Duc Viet氏は喜んで語る。「これは2013年末、環太平洋経済連携協定(TPP)が署名されたときのビジネスチャンスを掴むために展開する重点投資案件の一連のイベントのうちの一つです。ガーメント10ファッション店と総合スーパーM10マートは、タインホア省Quang Xuong地域の人口の大多数のために生活必需品のニーズを満たすことになります。当総会社の戦略と国内市場での成長目標に、タインホア地域のガーメント10の流通ネットワークは、すぐに中部地域全域に広がるでしょう。 2013年に、我々は国内市場開拓に向かい、労働生産性を高めることで、商品価格を上昇させないよう努力します。」

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月30日14:00

ミャンマー繊維業界はヤンゴン郊外の発展に明るい未来を見ている

繊維産業は日本と韓国からの注文の増加で過去2年間急速に成長していると基幹産業団体の関係者は言う。

ミャンマー衣料製造協会副会長U Aung Win氏の言によれば、日本からのオーダーの金額は2010年から2011年にかけて倍増され1億7000万ドルから3億5000万USドルになり、 韓国からのオーダーは、2010年の1億2000万ドルから2011年には2億4000万ドルまで増加した。

彼は、2012年の統計はまだ集計中であると言うものの、輸出による収入は、少なくとも2011年の結果同様の成長率を達成していると自信満々だった。

「衣料産業の輸出収入は上昇しており、工場の数は増加していくと思います。」と彼は言う。 「私たちはヤンゴンのミャンマー縫製人材開発センター(MGHRDC)で人材育成を行っています。しかし、ほとんどの工場がヤンゴンに位置していて、労働人口密度は既に高過ぎます。」

「衣料縫製工場はもっと必要とされているので、新しい工場はヤンゴンの労働密度を減少させるために他の州や地域に設置されるほうがいいでしょう。」と彼はミャンマータイムズに語った。

「私たちは、Ayeyarwady地域のPathein郡区に約50の衣料縫製工場を建設するのを計画しています。最初の工場はDelta Industrial Group(DIG)によって操業されるのですが、5月に開く予定です。」と彼は言う。

彼は、ミャンマー縫製人材開発センター(MGHRDC)がDIGで働きたいと思っている人たちを訓練していると言い足した。

指導教官Ma Zar Zar Hlaing女史は「DIGは昨年年初、従業員を募集し、5月にインタビューし始めました。私はここで監督者訓練をしていて、工場がオープンすればPatheinの工場で働くことになります。」と言う。

「卒業生だけが監督仕事に応募できます」と彼女は言い、ヤンゴンでのトレーニングの期間中、ミャンマー縫製人材開発センター(MGHRDC)が宿泊設備と食事を用意するのだと教えてくれた。また、その他の費用として1日あたり研修員にK1000を支払ったとも言う。

ミャンマー縫製人材開発センター(MGHRDC)指導教官あさいひろやす氏は2009年の開設以来、センターは1000人以上の縫製労働者を訓練したと言った。

「私たちは700人のオペレータ、500人の監督、30人の設備整備員を訓練しました。私たちは、将来の衣料縫製工場には熟練した労働力が必要になることから、需要に応えるために訓練方法を変えるつもりです。」と彼は言う。

U Aung Win氏は、繊維産業の未来は明るいと言う。

「私たちは、2015年には700以上の新しい工場が10万人以上を雇うと予想しています。」と彼は言った。

「投資家にとって一番の問題はヤンゴンの高い土地代で、私たちは各企業とも工場建設には他の州や地域を考えていると思います。とくに、ヤンゴンの工場で働いている人々の90%は他の場所から来ているのです。」と彼は言い、現在は、工場の90-95%はヤンゴン地域にあると述べた。

ヤンゴンに工場を建設する主な利点は輸送で、港があって輸出入を扱うことができるということを付け加えてくれた。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年01月30日06:00

ラオスの目標は年間5億米ドルのアパレル製品輸出

商工省副大臣Siaosavath Savangsuksa氏によれば、ラオス縫製協会は、年間5億米ドルのアパレル製品輸出と今後5年間で60万以上の雇用の創出を目標としている。

「ラオスは世界47ヶ国と貿易協定を結び、私たちは2011年の30万人から2015年には60万人まで雇用を増加すると約束しました。」と Siaosavath氏は1月18日に首都ビエンチャンで行われた第32回アセアン縫製連盟会議の席で述べた。

「アセアンと国際経済社会の間での貿易の簡易化を認識して、私たちは、貿易、投資、観光、輸送、サービスを容易にするため、基本的なインフラの整備に多大な努力をしました。」とSiewsavath氏は言った。

ラオス ジャンル:
最終更新:2013年01月29日14:00

ベトナム繊維産業は主要市場に的を絞る

2013年も、米国、日本、EU、韓国が、ベトナム繊維産業の主要輸出市場となるだろうとベトナム繊維協会(Vitas)は言う。

協会では、米国が今後も依然ベトナム繊維産業の最大市場でありつづけると信じている。 日本はEUを抜いて2番目の輸入国となり、 取引高は対2012年比18%増の23億7000万ドルになると予想される。

ベトナム繊維協会(Vitas)では、世界の繊維製品需要を漸増と予測しており、米国3%増、日本18%増、他の市場の5%増と見ている。

ベトナム繊維産業は、2013年中に環太平洋経済連携協定(TPP)が締結されることへの大きな期待がある。現在、各企業の製品は米国での重関税の対象になっており、ベトナム製品の競争力に影響している。しかし、環太平洋経済連携協定(TPP)が締結されれば、多くの輸入関税が減少することになる。

2013年に各企業が困難に乗り越えられるためには、ベトナム繊維協会(Vitas)は政府にベトナムと繊維産業のイメージ刷新に投資するよう提案し、ベトナム企業と海外の大使館がより厳密な協力をできるよう宣伝活動を行うべきだとした。

また、協会は、企業とベトナム繊維協会(Vitas)と政府の3者間の協力体制を提案した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月29日10:00

韓国との自由貿易協定(FTA)がベトナム製アパレル製品の輸出を加速する

ベトナムと韓国の自由貿易協定(FTA)は、そのための話し合いが、この第1四半期に始まることが予定されており、両国の貿易関係での好影響をもたらし、ベトナムから韓国へのアパレル製品の輸出が増加しそうだ、と商工省下アジア・太平洋市場部次長Vo Thanh Ha氏は語った。

韓越自由貿易協定(FTA)会談の際のセミナーのスピーチで彼は、韓国はベトナムにとって4番目に大きな貿易相手国であり、ベトナムは韓国にとって6番目に大きな輸出市場であると述べた。そして、両国の相互貿易関係は、1992年の5億米ドルから2012年には211億米ドルまで急成長した。

彼は、現在約6万人の韓国人がベトナムへ招聘されて働いており、ベトナムは韓国の政府開発援助(ODA)の最大の受給国であると述べた。

ベトナムへの海外直接投資(FDI)に関して、韓国は、日本、台湾に次いで第3位で、案件数3,100以上、投資額は約250億米ドルと彼は明かした。

ベトナム繊維協会(Vitas)顧問Le Van Dao氏によれば、現在の200以上の韓国資本の繊維企業がベトナムで操業しており、約18万人のベトナム人の雇用を生み出しているという。

韓国は昨年ベトナム製衣料の4番目に大きな輸入国となり、対2011年比で韓国のベトナム製衣料の輸入は11.5%成長したことを明らかにした。

ベトナムとの自由貿易協定(FTA)は、織物、染色、ファッションの領域で韓国により多くの投資機会を与えることになるだろうと彼は意見を述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月29日06:00

ベトナムFormosa Taffeta社に行政処分

ロンアン省人民委員会はFormosa Taffeta VNに対し、汚水処理の基準を超えた廃水があったとして環境保護の領域に関して行政違反処罰の決定を施行した。3500万ベトナム・ドン(約1700米ドル)の罰金の他、Formosa Taffeta VNは、周囲の環境に放出する前に、国家技術基準TCVN13:2008/BTNMTに見合う汚水処理を保証するため汚水処理システムを改善しなければならないとした改善命令の適用を受ける。改善期限は、処罰決定後60日以内とされている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月28日14:00

欧州市場を抜いて、日本市場がベトナム繊維産業の第2の市場へ

日本は欧州連合(EU)を抜いて、2013年にはベトナム繊維製品の第2の輸入市場になると予測されている。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Le Tien Truong氏は、2013年も米国が依然ベトナム企業の最大の輸出市場であり続けるだろうと言う。日本はベトナム繊維製品の第2の市場として欧州連合(EU)に代わるだろうと予測されている。

ベトナム繊維協会(Vitas)では、2013年にベトナムから日本への繊維製品の輸出取引高は対前年比18.5-19%増加し、24億米ドルに昇るものと見ている。

日本市場への出荷は、年間のベトナム繊維製品輸出全体の約10%を占める。子供服、ジャケット、Tシャツが今年、日本市場の注目を浴びる製品になるだろう。

Truong氏は、EUの繊維製品の輸入金額は、今年、経済恐慌と公債の余波でまだ明るい兆しが見えないと付け足す。ベトナム繊維協会(Vitas)では、EUの繊維製品の輸入全体を対昨年比で3%減の2340億米ドルと予測している。それに従って、ベトナム繊維製品のEU輸出は、対昨年比2.8%減の27億3000万米ドルと見積もっている。

日本へのベトナム繊維製品の輸出は、2010年年初から発効の日越経済連携協定の恩恵を得ることで増加の傾向にあるとTruong氏は説明する。

2013年1月初め、日本の丸紅グループは、2013-2014年の間にベトナムを含む東南アジアで生産率を現在の15%から30%に増加させると確認した。

丸紅グループの上級専門家よしだたかゆき氏は、丸紅はベトナム繊維産業を大いに評価しており、今後、多くのオーダーを他国からベトナムへ移すだけでなく、ベトナムでの投資を拡大したい意向を述べた。

ドンナイ縫製株式会社(Donagamex)は2013年第3四半期末まで輸出注文を得ていると同社副社長Vu Dinh Hai氏は述べた。

また、ファンティエット輸出入株式会社(Garmexco)は2013年第1四半期の輸出注文の確認が取れている。「日本は今後もずっと我が社の重要輸出市場です。」と、同社社長Huynh Van Nghi氏は言う。

昨年、ベトナムからのEUの繊維製品の輸入取引高は24億5000万米ドルと、対2011年比で13.5%減少した。一方、日本向けは20億米ドルと、対前年比20%増加した。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月28日06:00

ベトナム:2013年1月8日から2013年1月17日までの繊維原材料輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は、引き続き対前週比で下降し、1,570-2,226USD/tで推移している。そのうち、アメリカとインドからの綿輸入価格は、対前週比0.6%下降し、それぞれ2,017USD/tと1,804USD/tである。他には、パキスタンからの輸入価格は、対前週比0.2%下降し、1,687USD/tである。オーストラリアからの輸入価格は、対前週比0.5%下降し、1,964USD/tである。コートジボワールからの輸入価格は、対前週比3.2%下降し、1,752USD/tである。アルゼンチンからの輸入価格は、対前週比6.5%下降し、1,570USD/tである。ただし、ブリガリアとタンザニアからの輸入価格は、対前週比で変動がなく、1,570-1,763USD/tで推移している。対2012年同期比で、上記市場からの輸入価格は11-46.9%下降している。その他の市場の輸入価格は以下の通り。ブラジル2,226USD/t、モザンビーク1,853USD/t、スイス1,765USD/t、ジンバブエ1,847USD/t、ギリシア1,764USD/tである。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は逆行し、0.6~4.12USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比2.6%上昇し、1.81USD/kgである。マレーシアからの輸入価格は、対前週比0.6%上昇し、1.75USD/kgである。逆に、タイと台湾からの輸入価格は、対前週比11.9-23.5%下降し、それぞれ0.7USD/kgと1.66USD/kgである。対2012年同期比で、上記各市場からの輸入価格は2.5-15.7%下降している。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。インド0.6USD/kg、インドネシア2.2USD/kg、日本3.13USD/kg、韓国4.12USD/kgである。

ナイロン100%、生地巾57/59inch (コード:55129900) の中国からの輸入価格は下降し、1.75USD/ydで、韓国からの輸入価格は4.0USD/yd(CIFハイフォン)である。

綿100%、生地巾151cm(コード:52084200) のインドネシアからの輸入価格は下降し、4.6USD/mで、ドイツからの輸入価格は9.87USD/m(CPTノイバイ空港(ハノイ))である。

ポリエステル65%、綿35%、生地巾58/60inch (コード:54078200) の台湾からの輸入価格は下降し、1.4USD/ydで、中国からの輸入価格は1.61USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch (コード:60062200) の中国からの輸入価格は、2.27USD/ydで、韓国からの輸入価格は2.59USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾58/60inch(コード:60019290)の韓国からの輸入価格は、0.3USD/yd、中国からの輸入価格は0.95USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月27日13:30

カンボジア:Kingsland社の縫製工員らが米国大使館の介入を仰ぐ

Kingsland社の縫製労働者代表約100名がプノンペンの米国大使館から介入を呼びかけた。休職中の給与を含む労働法で定められた支払い、あるいは、仮に工場の所有者が工場閉鎖するなら約20万米ドルの法的な支払いを、労働者側は要求している。

米国大使館からの助けを頼むKingsland社の従業員は、ウォルマートとH&Mの調達会社が彼らの供給工場に労働法を順守させるよう要求した。彼らは、すべてのウォルマートの工員に立ち上がって、ウォルマートに責任を負わせるよう呼びかけた。しかしながら、彼らの陳情はこれまでも米国大使館に送られてきたものである。

VODはKingsland社の中国人オーナーと接触が取れず、この問題の反応が掴めていない。

地域法的教育センター(CLEC)労働プログラム主任Meoun Tola氏は、オーナー自身が逃亡して、労働者へ回答せず、中間管理職も事態を掌握できなかったり、収賄事件を起こしたりを許していると答えた。

非公式ながら、労働権利の成功は労働者の中で労働権利の限られた認識を人権に関する権利意識に変えた。社会的保護におけるサプライ・サイド規制は批判的だが、また、解決策は持続性に注意を向けるべきである。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年01月26日14:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 268 | 269 | 270 |...| 321 | 322 | 323 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る