インドシナニュース

ハノイ繊維工業大学の設立許可

副首相Nguyen Thien Nhan氏は、ハノイ繊維工業大学の許可に関して、211/TTg-KGVX決定書に署名した。ハノイ繊維工業大学は、ハノイ繊維ファッション工業高等を基盤に成立される。

決定書の指示によると、教育訓練省は各省・関連機関と協力し、ベトナム規定に従ってハノイ繊維工業大学の設立投資プロジェクトを開始する。

また、国民経済グループによる、公立大学の管理システムは、具体的なモデルと規定を確立させた後、政府による検討・決定のため提出する。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年03月03日07:00

ベトナムの布靴輸出、安定的に上昇している

-     2012年1月、ベトナムの布靴輸出量は507万足、金額ベース4180万USD、2011年同期比数量0.8%減、金額ベース14.2%減となった。

-     アメリカ向け布靴輸出は非常に上昇した。

  統計資料によると、2012年1月、ベトナムの布靴輸出量は507万足、金額ベース4180万USD、2011年同期比数量0.8%減、金額ベース14.2%減となった。2012年1月、布靴輸出は、スリッパ輸出と同様の傾向を見せており、輸出金額が上昇した2品目である。反対に、その他の品目は2011年同期比減少した。

 

    ベトナムの布靴輸出量(単位:100万足)

  

   2012年1月、EU向け布靴輸出金額は第1位となり、数量230万足・12.7%減、金額ベース1940万USD・3.8%増となった。中でも、イギリス向け輸出はEU諸国の中で第1位となり、数量44万足、金額ベース340万USD、2011年同期比数量12.6%減、金額ベース13.9%増となった。チェコ、ポーランド、ベルギー向け輸出金額は100%以上上昇したが、ドイツ、スペイン、フランス、デンマーク、ハンガリー向けなどの輸出は、2011年同期比減少した。

   2012年1月、アメリカ向け布靴輸出は第2位となり、数量184万足、金額ベース1410万USD、2011年同期比数量53.2%増、金額ベース83.9%増となった。アメリカ向け布靴輸出単価は2011年同期比20%増、平均7.71USD/足である。アメリカ市場は、ベトナムの主要な履物輸出市場の位置を保っている。予測では、アメリカ向け布靴輸出金額は2012年第1四半期に、4500万USD、2011年同期比127%増となる見通しである。

   2012年1月、パナマ向け布靴輸出は数量と金額共に減少したが、EU、アメリカに次いで、第3位となり、数量18万6000足・44%減、金額ベース210万USD・33%減となった。パナマ向け輸出単価は平均11.58USD/足、2011年同期比19.8%増となった。

   ASEAN向け布靴輸出も高く上昇し、2011年同期比数量24.8%増・9万足以上、金額ベース77.5%増・84万5000USDであった。中でも、フィリピン、インドネシア、タイ向け輸出は高く上昇したが、シンガポール、マレーシア向け輸出は2011年同期比減少した。

   2012年1月、ブラジル、チリ、ペルー、スイス、向け布靴輸出金額は非常に250%上昇した。中では、スイス向け輸出は最も高く上昇し、2011年同期比数量3600%増・2万8200足、金額ベース855%増・6万7100USDであった。

   その他、韓国、香港、中国、カナダなど向け輸出は2011年同期比減少した。

   予測では、2012年第1四半期、ベトナムの布靴輸出金額は1億2500万USD、2011年同期比64.5%増となる見通しである。

単価について 

   2012年1月、ベトナムの布靴輸出単価は平均8.25USD/足、2011年同期比15.2%増となった。EU向け輸出単価は平均8.38USD/足、2011年同期比19%増となった。ASEAN向け布靴輸出単価は2011年同期比42.2%増・平均9.39USD/足であった。また、メキシコ向け輸出単価は平均7.81USD/足であった。

 

20121月、ベトナムの布靴輸出割合

その他情報

   2012年1月、ベトナムの履物各種類輸出は2011年同期比ほとんど減少した。

   スポーツシューズはベトナムの主要輸出品目の第1位を維持し続け、数量2390万足・15.3%減、金額ベース3億3330万USD・0.8%減となった。

   その次はスリッパである。スリッパ輸出量は13%減・820万足となったが、輸出金額は2011年同期比27.7%増・6570万USDであった。

   革靴、紳士靴、子供履物、障害者用シューズ輸出は減少し、2011年同期比数量25%以上減、金額ベース20%減となった。

単価について

   ベトナムの履物輸出単価は2011年の値上がり傾向であり、2012年1月に履物各種類は非常に上昇した。例えば、スポーツシューズ輸出単価は17%増・13.90USD/足、革靴8.5%増・16.22USD/足、スリッパ47.2%増・8.02USD/足であった。

業者の輸出金額について

   POUYUEN Viet Nam社は、2011年ベトナムにおける輸出金額第1位となり、2012年1月も第1位を保持し、6540万USD、2011年同期比15.3%増、他業者と比べて高く上昇した。第2位はTae Kwang Vina Industrial社であり、輸出金額2700万USD、2011年同期比37.2%増となった。その次に位置するのは、CHING LUH VietNam社、Freetrend Industrial VietNam社、Chang Shin Viet Nam社である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年03月02日07:00

繊維各業者はインド業者に警戒を

   ベトナム繊維公団(Vinatex)によると、近年ハノイ市にあるインド大使館とマスメディアは、インド業者による詐欺・不正行為を摘発した。その中身は、ベトナム業者との綿販売、契約締結、経営協力などがあり、Bridgemohan Sekhsaria とArun Sekhsariaが所有するDwarkadas Cotton社が含まれていた。

   Vinatexによると、ベトナム各業者に対して、インド業者の詐欺・不正行為に注意するよう呼びかけていたものの、数団体被害にあっている。

   そのためVinatexでは、ベトナム各業者がインド業者と取引する際、さらなる警戒が必要であると話した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年03月01日07:00

Viet Tien社、海外展開に着手

  2012年、縫製会社Viet Tienは、中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマーに製品輸出展開するための代理店を各国に配置する予定である。

  Viet Tien社の社長Bui Viet Tien氏によると、「現在、アジア市場へのViet Tienブランディング戦略を推進している。ある市場に過度に集中するリスクを避け、徐々にバランスよく輸出を行っている。Viet Tien社では、日本25%、アメリカ25%、EU29%、その他市場21%というように市場ごとに輸出割合の設定を行っている。」

  2009年から現在まで、VietTien社は、ベトナム国内やカンボジア・ラオスの代理店を含め、1300店舗も展開している。

  ベトナム繊維公団の副社長Le Tien Truong氏は、「ベトナムの繊維業界は、徐々にアジア市場へと向いている。予測では、2012年ベトナムの韓国向け繊維製品輸出金額は、10億USD以上となる見通しである」と話した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月29日07:00

2011年、ベトナムのシャツ輸出単価は非常に上昇

  2011年、ベトナムのシャツ輸出は数量1億1340万点、金額ベース7億8200万USD、2010年と比べて、数量6.1%増、金額ベース28.2%増となった。アメリカ向けシャツ輸出は2010年と比較すると減少したが、EU、日本、韓国輸出は引き続き上昇した。2011年、シャツ輸出単価は2010年同期比21.1%増・平均6.9USD/着(FOB)であった。

  統計資料によると、2011年、ベトナムのシャツ輸出は数量1億1340万点、金額ベース7億8200万USD、2010年と比べて、数量6.1%増、金額ベース28.2%増となった。2012年1月に、ベトナム輸出企業は2012年第1・2四半期末までの受注を獲得している。統計予測によると、数量が1億2700万点、金額ベース9億3840万USD、 2011年同期と比べて、数量12%増、金額ベース20%増となる。予測では、2012年のシャツ輸出傾向は上昇する見通しである。

 

ベトナムの月別シャツ輸出金額(単位:100万USD)

 

 

  2011年、ベトナムのシャツ輸出金額割合は変動傾向があり、2010年と比較すると、アメリカ向け輸出金額が減少したが、EU・日本向け輸出が著しく上昇した。

  アメリカ向けシャツ輸出金額は第1位となり、2011年のシャツ輸出総金額の39.8%を占めた。2010年と比較すると、数量13.7%減・5120万点、金額ベース4.1%増・3億1130万USDであった。

  財政危機が影響しているものの、EU向けシャツ輸出は著しく上昇した。しかし、その他のアパレル製品に対して、消費者は支出削減している。この品目輸出を強化するため、ベトナム各企業は環境にやさしい原材料・天然素材からシャツを生産するなど改善を続けた。また、パターンや消費者のオケージョン傾向について研究を続けている。

  2011年、日本向けシャツ輸出は非常に上昇し、2010年同期比数量62.9%・1540万点、金額ベース77.5%増・7540万USDであった。このような好調の背景には、ベトナム企業による、現代的な独自のデザインを取り込み、妥当な価格設定、製品の改善・研究などの努力を行ったためである。

  韓国向けシャツ輸出は、ASEAN-韓国間のFTA優待を受けているが、今後準備されているベトナム-韓国間のFTAで、さらなる恩恵を受けるだろう。ベトナム-韓国間の貿易協定FTA締約されたことで、ベトナム繊維輸出業界に大きな機会となる。中でも、合弁会社と、高級生地や付属品の生産と技術を持つ企業が有力である。

  2011年、韓国向けシャツ輸出は数量1540万点、金額ベース1億3390万USD、2010年と比べて、数量62.9%増、金額ベース77.5%増となった。

  その他、台湾、チリ、香港、ブラジル、シンガポールなど向けシャツ輸出は2010年同期比非常に上昇した。

  2011年、ベトナムのシャツ輸出単価は2010年と比べて、21.1%増・平均6.9USD/着(FOB)であった。

 

ベトナムの月別シャツ輸出平均単価(単位:USD/着FOB)

 

 

  アメリカ向けシャツ輸出単価は、2011年初め時点では伸び悩んだものの、2011年第2四半期中旬から2011年末まで上昇傾向があった。2011年のアメリカ向けシャツ輸出単価は、2010年と比べて、20.7%増・平均6.07USD/着(FOB)であった。

  また、ドイツ向けシャツ輸出単価は、2011年第1四半期に上昇しなかった。そして、2011年第2四半期に最も上昇したが、2011年末数ヶ月間に減少した。2011年、ドイツ向けシャツ輸出単価は2010年と比べて、25.4%増・平均9.22USD/着(FOB)であった。

  その他、日本向けシャツ輸出単価は2011年に変動はほとんど見られなかった。しかし、2011年末2ヶ月間に、輸出単価は非常に減少した。2011年、日本向けシャツ輸出単価は2010年と比べて9.0%増・平均8.69USD/着(FOB)であった。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月28日07:00

台湾と中国から繊維輸入単価、減少

 - 2012年1月、ベトナムの繊維輸入量は4万1200t、金額ベース9030万USD、2011年同期比数量15.7%減、金額ベース28.4%減となった。正月の連休が影響し、各市場からの繊維輸入は2011年同期比減少し、反対に、日本から輸入が上昇した。2012年1月、中国と台湾という2大主要市場からの繊維輸入単価は、前年同期比15~19.5%減となった。

  統計資料によると、2012年1月に、ベトナムの繊維輸入量は4万1200t、金額ベース9030万USD、2011年同期比数量15.7%減、金額ベース28.4%減となった。

 

月別ベトナムの繊維輸入数量と単価

 

 

  2012年1月、ベトナムへの繊維提供国は10カ国ほどある。各市場からの繊維輸入は、ベトナムの旧正月連休が影響し、2011年同期と比較すると減少した。反対に、日本から輸入は、非常に上昇した。

  2012年1月、台湾市場はベトナム各企業にとって、最大の繊維提供市場であり、数量1万9000t、金額ベース3690万USD、前月比数量1.7%減、金額ベース17.3%減、2011年同期比数量0.5%減、金額ベース19.9%減となった。

  中国市場の繊維輸出単価は、その他市場と比べると安く、パターンも豊富なため、ベトナムへの繊維提供国として、第2位となった。ベトナムの輸入量は8100t、金額ベース1810万USD、前月比23.6%減、金額ベース36.9%減、2011年同期比数量17.5%減、金額ベース29.9%減となった。

  韓国市場の繊維輸出単価は、その他市場と比較すると高く、中国に次いで第3位となった。数量4370t、金額ベース1240万USD、前月比数量30.7%減、金額ベース28.3%減、2011年同期比数量13%減、金額ベース16.2%減となった。

  とりわけ、2012年1月、タイから繊維輸入は非常に減少しており、数量3810t、金額ベース668万USD、前月比数量43.6%減、金額ベース52.8%減、2011年同期比数量30.3%減、金額ベース43.9%減となった。

  その他、インドネシア、マレーシア、インド、香港などから繊維輸入は減少した。

 

2012年1月、各市場からの繊維輸入

 

 

  単価について

  2012年1月、台湾、中国という主要市場からの繊維輸入単価は、2011年12月と比べて減少したが、韓国とタイからの輸入単価は上昇した。具体的には、2012年1月、台湾から繊維輸入単価は前月比0.6%減、2011年同期比19.5%減、1944USD/tとなった。また、中国から輸入単価は前月比7.6%減、2011年同期比15%減、2229USD/tであった。反対に、タイから輸入単価は前月比2.5%増、2011年同期比19.5%減、1752USD/t。韓国から輸入単価は前月比2.2%増、2011年同期比3.7%減、2839USD/tであった。

  現在、世界全体的に原材料コスト高騰していること、また、ベトナムの繊維製品生産会社の生産需要が回復していることが影響し、化学繊維輸入単価は高くなりつつある。反対に、綿輸入単価は安いため、各企業は綿を利用する傾向である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月27日07:00

2012年第1四半期、ベトナムのスリッパ輸出、高く上昇

 -  2011年、ベトナムのスリッパ輸出量は7260万足、金額ベース4億4880万USD、2010年と比べて数量27.4%増、金額ベース79.7%増となった。

 - 2011年、ベトナムのスリッパ輸出単価は平均6.18USD/足、2010年とくらべて41%増となった。

  2011年、ベトナムのスリッパ輸出量は7260万足、金額ベース4億4880万USD、2010年と比べて数量27.4%増、金額ベース79.7%増となった。スリッパ輸出単価は平均6.18USD/足、2010年とくらべて41%増となった。

 

ベトナムのスリッパ輸出数量(単位:100万足)

 

 

  EU市場について

  2011年、EU市場向け輸出量は3360万足、金額ベース1億8360万USD、2010年と比べて数量10.5%増、金額ベース29.5%増となった。2011年、EU向け輸出金額はこの品目輸出総金額の40.9%を占めた。

  ドイツ向けスリッパ輸出量は1260万足・6.4%減となったが、EUの中で第1位となり、金額ベース5868万USD、2010年同期比14.5%増となった。

  その次にイギリスとなり、2010年同期比数量2%減・410万足、金額ベース2.4%減・3410万USDであった。

  しかし、オランダ78.6%増・2720万USD、ベルギー292.3%増・1990万USD、スペイン15.3%増・1360万USD、フランス17.2%増・1090万USDであった。また、スウェーデン、スロバニア、ポーランド、フィンランド向け輸出金額は100%以上上昇というように、輸出金額が非常に上昇している市場もある。

  アメリカ市場について

  現在、EU市場向け輸出が困難のため、ベトナム各企業はアメリカ市場向け輸出を向上させている。近年、アメリカへのスリッパの輸出も非常に伸びている品目の1つである。2011年、アメリカ向け輸出量は1748万足、金額ベース1億2330万USD、2010年同期比数量54.9%増、金額ベース173.6%増となり、ベトナムのスリッパ輸出市場について第2位となり、スリッパ輸出総金額の27.5%を占めた。

  中国市場について

  ここ最近の数ヶ月間、中国向け数品目の輸出量は高く上昇しており、日本市場を越えて、アメリカとEUに次ぐ第3位となった。スリッパの輸出も上昇速度の高い品目の1つであり、数量318万足、金額ベース1640万USD、2010年同期比数量29.2%増、金額ベース93%増となった。

  その他市場

  EU、アメリカ、中国市場以外、スリッパ輸出金額が1000万USD以上上昇した市場は、ブラジル1750万USD、ASEAN 1700万USD、日本1428万USDである。中でも、ブラジル向け輸出は最も高く上昇し、2010年同期比数量1658%増、金額ベース4078%増となった。

  ASEAN向け輸出も高く上昇し、数量45%増190万足、金額ベース172%増・1700万USDであった。マレーシア向け輸出は数量11%減、金額ベース7%増、ASEAN市場の中で第1位に君臨している。反対に、フィリピン、タイ、インドネシア向け輸出は2010年と比べて数量140%増、金額ベース250%増となった。

  また、その他、韓国148.9%増、メキシコ343%増、カナダ90.8%増、チリ346%増、南アフリカ145.7%増などの市場向けスリッパ輸出金額は、2010年と比べて非常に上昇した。反対に、ウクライナ、ペルー、キューバ、ノルウェー、ベネズエラ向け輸出は2010年と比べて、減少した。

  単価について

  スリッパ輸出単価は、その他履物種類傾向と同様、原材料購入コストなどが高くなったことが影響し、2010年と比べて高くなった。EU向け輸出単価は、2010年同期比17.2%増、平均5.45USD/足であった。

  アメリカ向け輸出単価は平均7.05USD/足、2010年同期比76.5%増となった。その他、中国向け輸出単価は5.16USD/足、日本4.95USD/足、韓国5.94USD/足であった。

  2012年第1四半期に、西暦の元旦と陰暦の元旦が同月にあったが、この時期、2012年夏シーズンの輸出準備期間のため、ベトナムのスリッパ輸出は著しく上昇するだろう。予測では、2012年第1四半期、ベトナムのスリッパ輸出金額は2億1500万USD、2011年同期比83%増となる見通しである。

 

2011年、ベトナムのスリッパ輸出金額割合

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月25日07:00

ベトナム繊維輸入単価(2012年2月7~16日) 参考

  この一週間、綿業界は、輸入市場によって増減幅が異なり、平均輸入単価も1793~3671USD/tと変動している。具体的には、インドからの綿輸入単価は、前週比11.3%減、2011年同期比30.1%減、1884USD/t 。マリは、前週比12.5%減、2100USD/t 。タンザニアは、14.2%減、1930USD/t 。マレーシアは、16%減1793USD/tとなった。

  反対に、アメリカとブラジルからの綿輸入単価は、前週比19.8~36.8%減、それぞれ3028USD/tと3671usd/tであった。その他は、オーストラリア3542USD/t、ブルキナファソ2250USD/t、マラウィ2080USD/t、ウガンダ2020USD/tとなった。2011年同期と比較すると、上記の各市場から綿輸入単価は0.6~28%増となった。

  続けて、混合ポリエステル繊維(コード:54023300)輸入単価は、綿単価と同様である。タイからの混合ポリエステル繊維輸入単価は、前週比4.7%減、2011年同期比42%減、1.15USD/kg。日本と韓国は、前週比32.6~34.4%減、2.5~4.18USD/kgを変動した。反対に、マレーシアと中国は、前週比0.2~4%増、1.83~2.13USD/kgを変動した。その他、台湾は、2.15USD/kg。インドは、1.5USD/kg。アメリカは、0.63USD/kgであった。2011年同期と比較すると、上記の各市場から混合ポリエステル繊維輸入単価は7.2~42%減となった。

  100%コットン生地58/60(コード:52121400)輸入単価は、中国1.36USD/m、韓国2.01USD/m(CIFハイフォン)であった。

  100%ポリエステル生地152cm(コード:55151900)輸入単価は、中国0.81USD/kg、韓国1.14USD/m(CIFホーチミン)であった。

  65%ポリエステル、35%コットン生地(コード:55132900)輸入単価は、タイ1.19USD/m、中国1.3USD/m(CIFホーチミン)であった。

  84%ポリエステル、16%スパンデックス(コード:55151900)輸入単価は、台湾1.24USD/m、中国1.26USD/m、韓国1.44USD/m (CFホーチミン)。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月24日07:00

2012年1月、バッグ・スーツケース・帽子・傘輸出、高い位置維持

  2012年1月、ベトナムのバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額は1億380万USD、前月比23.5%減、2011年同期比1.4%減となった。

  2012年、バッグ・スーツケース・帽子・傘の高い輸出上昇が期待をされている。予測では、2012年2月、この品目輸出金額は1億2000万USD、2011年同期比125%増となる見通しである。

  統計資料によると、2012年1月、ベトナムのバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額は1億380万USD、前月比23.5%減、2011年同期比1.4%減となった。

  2012年1月のベトナムでは、西暦の元旦と陰暦の元旦があったことが影響し、前年同期と比べて各市場への輸出が減少した。しかし、バッグ・スーツケース・帽子・傘輸出結果は順調で、2012年1月ベトナムの輸出総金額の1.46%を占めて、第14位となった。2011年2月(前年の陰暦元旦)と比較すると、2012年1月のこの品目輸出金額は95%増となった。

 

月別バッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額(単位:100万USD)

 

  2012年1月、アメリカ向けバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出は安定的な上昇を見せ、第1位となり、金額ベース3400万USD、2011年同期比6.5%増、前月比27.7%減、月間のこの品目輸出総金額の32.8%を占めた。

 

2012年1月、バッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額割合

 

  2012年1月、EU向けバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額は3220万USD、前月比26.8%減、2011年同期比12.3%減、アメリカに次いで第2位となった。中でも、ドイツ向け輸出金額は、EU向けこれらの品目輸出総金額の22.9%を占め、EU諸国の中で第1位となった。2011年同期比では、22.3%増・1060万USDであった。オランダ向け輸出金額は2011年同期比19.2%増・320万USDであった。反対に、ベルギー、フランス、イギリス、スペイン、イタリアなど向け輸出金額は2011年同期比8%以上減少した。

  2012年1月、日本向けバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額はアメリカとEUに次いで、第3位となり、1540万USD、前月比17.5%減、2011年同期比0.2%減、この品目輸出総金額の14.9%を占めた。将来的に、日本向けのこれら品目輸出は、高い金額割合を占める予測である。

  2012年1月、韓国、中国、ブラジル、台湾など向けバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出金額は2011年同期比25%以上上昇した。中でも、ブラジル向け輸出金額は2011年同期比208%増・170万USDであった。

  その他、カナダ、オーストラリア、ロシア、ASEAN、メキシコなど向け輸出金額は2011年同期比減少した。

  2012年1月、ASEAN市場向けバッグ・スーツケース・帽子・傘輸出は非常に減少し、2011年同期比69.4%減、39万2000USDであった。その中で、シンガポール向け輸出金額はASEANの中で第1位になり、18万8000USDであった。

  2012年、バッグ・スーツケース・帽子・傘の高い輸出上昇が期待をされている。特に、ベトナム各企業は、これらの品目の輸出拡大や発展に対して関心を持ち始めている。予測では、2012年2月、この品目輸出金額は1億2000万USD、2011年同期比125%増となる見通しである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月23日07:00

2012年1月履物輸出金額、5億4400万USD

  2012年1月、ベトナムの履物輸出金額は5億4400万USD、前月比24.5%減、2011年同期比1.4%減となった。

  統計資料によると、2012年1月ベトナムの履物輸出金額は5億4400万USD、前月比24.5%減、2011年同期比1.4%減となった。その原因は、2012年のベトナム旧正月が1月(2011年の旧正月は2月)で履物輸出が減少したためである。2012年1月、履物輸出金額はベトナムの輸出総金額7.67%を占め、繊維製品(10億USD以上)、電話・電話部品(8億5000万USD)に次いで、第3位となった。

 

ベトナムの履物輸出金額(単位:100万USD)

 

  2012年1月、EU向け履物輸出金額は引き続き第1位となり、2億1400万USD、前月比29.1%減、2011年同期比12.4%減であった。月間履物輸出総金額の39.4%を占めている。

  ドイツ向け輸出金額はEUの中で最も高く4620万USD、2011年同期比0.1%減となった。2011年同期と比較すると、イギリス、オランダ、イタリア向けなどへの履物輸出金額は20%以上減少した。反対に、スロバキア320万USD、ポーランド297万USDとなり、 2011年同期比210%以上上昇した。

  2012年1月、アメリカ向け履物輸出金額は前月比25.9%減、2011年同期比3.9%増、1億4540万USD、第2位となった。月間履物輸出金額の26.7%を占めた。

  2012年1月、日本向け履物輸出金額は320万USD第3位となり、2011年同期比1.6%増、履物輸出金額の5.9%を占めた。日本向け月間輸出金額が3000万USDを超えた最初の月である。

  2012年1月、中国・ブラジル向け履物輸出金額は、それぞれ279万USD・第4位、2590万USD・第5位となり、2011年12月と同様の傾向をみせている。2011年同期と比較すると、70%以上上昇した。

  その他、メキシコ、パナマ、カナダ、ASEAN、香港など各市場向け輸出状況は、2011年同期と比較して減少した。

 

2012年1月履物輸出金額割合

 

  世界各国の経済は困難があるものの、ベトナムの履物輸出は継続的に増加している。ここ最近、翌月の輸出金額は、必ず前月よりも高くなっている。2011年12月の輸出金額は7億USD以上となり、2011年11月と比べると10.3%増、2010年同期比28.2%増となった

  このような結果は、ベトナム各企業がチャンスを逃さなかったためである。将来的にも、履物品目はベトナムの主要輸出品目となるだろう。

  2011年、ベトナムの履物輸出金額は65億4000万USDと、安定的な上昇をみせており、2010年同期比27.9%増、年間計画の12.9%を超えた。履物輸出金額は、ベトナムの輸出総金額の6.8%を占めた。

  中でも、EU向け輸出金額は第1位となり、2010年と比べて15.5%増・25億8000万USDであった。イギリス向け輸出金額は、2010年と比べて0.1%減となったものの、EU諸国の中では第1位を保持しており、4億9490万USDであった。その次には、ドイツ4億1020万USD・14.9%増、オランダ3億6710万USD・15.1%増、ベルギー3億5670万USD・45.7%増となっている。特に、デンマーク、チェコ、スロバキア、ポーランド向け輸出は2010年と比較すると50%以上増となった。

  アメリカ市場向け輸出は、2010年と比べて35.5%増・19億USDとなり、EU市場に次ぐ第2位となった。

  2011年中国向け輸出は、金額ベース2億5260万USD、2010年同期比63%増となり第3位となった。2012年1月の状況維持することができれば、中国向け輸出金額は2012年に4億以上となる見通しである。

  2011年ベトナムは、ほとんどの市場向けの履物輸出は上昇した。しかし、メキシコ、カナダ、ウクライナ、イスラエル向け輸出は、わずか10%増であった。

  予測では、ベトナムの履物輸出金額は2012年第1四半期に16億5000万USD、2011年同期比25.7%増となる見通しである。

  種類について

  2011年、ベトナムの主要輸出品目であったスポーツシューズは、数量3億2500万足、金額ベース42億7000万USD、2010年と比較すると数量16.5%増、金額ベース26.9%増であった。

  革靴、婦人靴、スリッパ、布靴輸出は数量2500万足以上、金額ベース2億4000万USD以上であった。中でも、スリッパ、布靴輸出は、2010年と比べて高く上昇しており、2012年もさらに上昇すると予測されている。2011年、ベトナム各企業は子供用履物の輸出拡大しようという動きがあったが、数量760万足、金額ベース8200万USDと、数量・金額共にさほど大きくならなかった。

  単価について

  2010年と比較すると、2011年の履物種類輸出単価は上昇している。スポーツシューズ輸出単価は2010年と比較して8.8%増、平均13.14USD/足であった。また、革靴輸出単価は、16.69USD/足、15.12%増で第1位であった。予測では、原材料輸入のコスト、人件費、電気代などが高くなったことが影響して、2012年のベトナム履物輸出単価は2011年と比べて、上昇するだろう。

 

2011年、ベトナムの輸出履物種類

 

  2011年、Pouyuen VietNam社の輸出金額は8億200万USD、2010年と比べて19%増、第1位となった。その次に、FreeTrend Industrial VietNam社3億USD、Chang Shin VietNam社 2億9260万USD・26.3%増となった。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月22日07:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 266 | 267 | 268 |...| 282 | 283 | 284 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る