インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル企業、積極的に注文を増やす

ベトナムの繊維・アパレル企業38社が最近、香港最大のファッション展示会である「Global Sources Fashion and Global Sources Lifestyle」に参加し、顧客探しに乗り出した。

「私たちには大きな顧客がいますが、毎月100万米ドルの収入を得るために新しい顧客を探す必要があります」と、ホーチミン市の外資系企業であるDKC ApparelのシニアマネージャーであるAlvin An氏は述べている。

同社は毎月500万米ドルの収益と20万点製品輸出の目標を設定しており、さらに注文を探す必要があると彼は述べた。 DKCアパレルは、ジョルダーノ、GAP、プーマからの注文を受けている。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、ベトナムの今年の最初の9か月間の繊維・アパレル製品の総輸出高は2924000万米ドルで、前年同期から9.23%増加した。

そのため、年間事業計画の達成率は74%で、業界目標400億米ドル相当の製品を輸出する計画を達成するには残り3か月しかない。

ただし、小規模な注文が多く、大きな注文はほとんどないため、企業が収益を増やすことは容易ではない。

「コロンビア社とデカトロン社向けの製品を製造しています。新しいバイヤーを探していますが、注文は十分に大きく、少なくとも3000点の製品でなければなりません」と、ホーチミン市、クアンナム省、バリア・ヴンタウ省に4つの工場を持つスポーツウェア会社の代表は言う。

ホーチミン市ビンタン区にあるバックパック、バッグ、家庭用品の製造を専門とする会社の社長は、多くの国際的なバイヤーがベトナムの製品に中国のFOB価格を適用しようとしていると述べた。

「ベトナムのFOB価格は中国よりも高いが、多くの買い手は依然としてベトナムの価格を中国と比較している。だから、双方が共通の声に達するのは難しい」と彼は言った。

それ以前は、Fiin Groupの調査では、反射光シャツの場合、ベトナム企業は製品あたり55ドルで、中国人は27ドルで販売できることがわかった。

しかし、専門家と企業は、業界の見通しについて楽観的であり、生産ラインの移転とファッション小売ブランドによる新しいサプライヤーの募集の需要が依然として存在すると述べている。

「米国の多くのバイヤーがベトナムのメ​​ーカーに興味を持っていると思います」とGlobal Sources Lifestyle グループの社長であるRonald Ng氏は言う。

一方、ホーチミン市のある会社社長は、FOB価格が高ければ、ベトナム企業が買い手に近づくことはより困難になると述べた。しかし、米中貿易戦争の中で供給源が多様化する傾向が強まっているため、買い手は価格を受け入れる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月12日16:53

ベトナム:革と靴の輸出は今年215億米ドルに達する見込み

商工省によると、皮革履物産業の生産額は年間10%以上増加し、年間総売上高は約215億米ドルに達する見込み。

2019年の最初の10か月間、革靴の生産高は推定24640万足で、前年比で8.6%増加し、輸出高は146億米ドルに達し、前年比11.2%増加した。

最も注目すべきは、EUベトナム自由貿易協定や環太平洋パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定(CPTPP)などの多くの自由貿易協定(FTA)への署名が、ベトナムの皮革履物産業へ多くの商機をもたらした。

これらのFTAは、ベトナムをより魅力的な投資先にし、EU市場とCPTPP署名国への輸出促進に貢献した。

CPTPPは、今年初めに施行され、靴業界がメキシコやカナダなどの新しい市場に進出するのを支援した。

皮革履物の輸出は着実な成長を遂げており、2019年の残りおよび今後数年間、ベトナムは従来市場で競争上の優位性を維持しているため、多くの肯定的な兆候が見られる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月12日11:59

カンボジア:H&M、EUの貿易制裁受ければ事業縮小を検討

H&Mの生産責任者であるDavid Savman氏は、現在のEUの貿易特恵制度付与が終了した場合、同社はカンボジアでの事業を縮小すると述べ、中国とインドネシアを代替調達国として指定した。

Savman氏はプノンペンで開催されたテキスタイル&アパレルSEAサミットに出席し、H&Mはカンボジアに約50の生産工場を持つが、出口戦略があり、同社はカンボジアの労働者らに対するさらなる義務を負わないかもしれないと述べた。

カンボジアはEUの「武器以外のすべて(EBA)」貿易プログラムの恩恵を受けている。これにより、カンボジアはほとんどの商品を無税でEUに輸出することができる。

EUがカンボジア政府を人権侵害で非難しているため、合意は危険にさらされている。

EU圏は、カンボジアの最大の貿易相手国であり、2018年の輸出の45%を占めている。国内のアパレル縫製工場は70万人の労働者を雇用しており、アパレル製品はEUへの輸出は金額にして約55億米ドルに相当する。

しかし、カンボジア衣服製造業者協会(GMAC)の事務局長であるKen Loo氏によると、ヨーロッパへの輸出額は、前年同期と比較して2019年上半期に約6億米ドル減少した。

「撤退の脅威だけで、すでにこれだけの影響が見られます」と彼は言い、2020年の第2四半期からの貿易選好が取り消された場合の大量雇用の損失を予測した。

アパレル産業はカンボジア最大の雇用を抱えた産業であり、年間70億米ドルを生み出しているが、欧州連合(EU)が来年8月より課税対象するプロセスを今年開始した後、先行きが不透明な状況に直面している。

欧州商工会議所は、EUがカンボジアの民主主義と人権に関する侵害に対して、貿易特恵制度を停止すると、9万人の雇用が危険にさらされると推定している。

カンボジアの縫製工場は、従業員として地元民25人に1人の割合で雇用していると推定されている。そのほとんどは、大家族を養う若い女性という。

カンボジア政府による人権侵害の非難は、優先貿易協定の終了につながる可能性がある。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年11月11日17:15

カンボジア:EUで保留中のEBA決定がアパレル工場労働者に与える影響

今年211日欧州委員会が、『武器以外すべて(EBA)』の貿易特恵制度をカンボジアが失う可能性があると発表して以来、カンボジアで約80万人のアパレル工場労働者らが生活を失うことを恐れている。短編ドキュメンタリー映画では、非営利のシンクタンクMekong Future Initiative(MFI)が、縫製工らの日常生活や仕事の様子と、欧州議会によって決定される未来に対する懸念を映し出している。

他の多くの発展途上国と同様に、カンボジアは現在、経済発展を促進するためにEBA制度を通じてEUに無税で輸出することが許されているが、基本的な分野でEUの基準に違反した場合、この地位は停止される可能性がある。今、カンボジアでは、フン・セン首相は一党制化への道を歩み、腐敗はいたるところにはびこり、政権は厳しさを増す方向に向かっている。

EBAの地位を失うことは、繊維・アパレル産業で働く主に一般の人々に影響を与える。関税と輸入割当がないので、カンボジアからの繊維・アパレル製品、履物、自転車の輸入はヨーロッパ諸国にとって特に魅力的なものになっている。カンボジアの年間輸出量85億米ドルのうちのEUのシェアは、繊維製品と履物で現在46%を占めており、カンボジアにとって最も重要な市場となっている。

一人の女工は、給料で家族4人を養っているだけでなく、近隣のバス運転手、食料品店、教師や他のサービス提供者の生活にも間接的に貢献している。映画で描かれているように、80万人以上の繊維・アパレル工場労働者は、何百万人もの人々に影響をあたえている。

「内戦の終結から25年の間に、カンボジアはEUの支援を受けながら急速かつ積極的に発展してきました。この進展がEBA離脱を通じて取り消されるのは、今や経済界と人々の懸念になっています。」と、Mekong Future Initiative(MFI)1031日に発表したプレスリリースで述べている。このNGOの目的は、メコン地域の市民の生活水準と機会を向上させるために、貿易、投資、起業家精神を促進することである。

ビデオでは、1997年から働いている女工Sek Hong の生活を垣間見ることができる。彼女は6ヶ月前にEUEBA地位を撤回する可能性について聞き、このことで彼女の働く縫製工場が閉鎖されるかもしれないと心配している。個人的に、230-240米ドルの給料で毎月150-160米ドルの借金を支払うだけでなく、家事費用、学費、息子の為の他の費用を支払う彼女は、収入が途絶えれば、生活していくために友人からお金を借りなければならなくなることを意味している。新しい仕事を見つけることは難しいだろう。

カンボジアにおける人権侵害や労働者の権利の侵害に関するEUの正当な懸念と、サプライチェーンの中で最も脆弱な人々に影響を及ぼすEBA貿易状況の撤退の可能性を考えたとき、アパレル工場労働者は何をすべきか。いずれにせよ、国際労働組合や地方労働組合、カンボジア衣料品工業会(GMAC)、ベターファクトリーカンボジアのプログラムなど、抜本的な対策を講じる前に、出資者との対話が必要である。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年11月08日11:28

ベトナム:繊維・アパレル製品、今年の輸出額400億米ドルに到達か

ベトナムの繊維・アパレル産業は、一部の市場で困難に直面しているにも関わらず、今年の売上高目標の400億米ドルに到達する見込みである。

同産業による今年最初の9か月で293億米ドルの輸出収益を報告した後、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)Cao Hữu Hiếu社長によって声明が出された。

Hiếu氏は、この結果は困難な世界経済状況を克服するための業界の努力によるものだと述べた。この数字を達成するために、困難、特に米中貿易戦争の影響により急激に下落した投入価格を取り除くための解決策が同調して実行されていた。

「低迷期の後、繊維産業は繁栄し始めました。価格も回復している一方で、顧客はより多くの関心を示しています。来年、市場が軌道修正され、2016-17年に見られた最高値に戻ることを願っています」とHiếu氏は述べた。

ベトナム企業は、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)や今年発効したEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの新世代の自由貿易協定(FTA)を活用し、それらの特恵を享受し努力する必要がある。

技術利用は、ベトナムの繊維・アパレル産業がビジネスを促進し、市場拡大を後押しする重要な要素と考えられている。

Hiếu氏によると、多くのVinatex企業は、労働者に代わる自動裁断機、散布機、および3D設計に投資した。一方、糸や染色もまた、技術の急速な発展から圧力を受けた。

ファッション業界では創造性が非常に重要であるため、機械が人間に取って代わることができない段階があり、「約150社を対象としたVinatexの調査では、今後10年間の同産業の雇用機会は依然として高いことが示されました」とHiếu氏は語った。

「国内市場は今年90億米ドルに昇ると予想されており、それは巨大な産業ということです。世界のトップブランドがすでに同産業に投資しており、更に日本のユニクロが2020年に進出予定です」とHiếu氏は述べた。

また、そのような圧力の下でベトナムのファッションが国内市場に到達するための独自の道を見つける必要があると述べた。

Vinatexは、ベトナム人および国内ファッション業界に適した素材を使用したベトナムのデザインに焦点を当てており、品質とリーズナブルな価格を確保し、競争力を高めています」と彼は付け加えた。

多くの企業は国内市場シェアを拡大するために、電子商取引システムを設定したり、独自のオンライン販売サービスに投資している。

ViệtTiến社はファッションデザインセンターに投資する一方、Đức Giang社はPaul DownerHeraDGForever Youngなどの自社ブランドの構築と開発に注力している。

Nhà BèMay 10などの他の企業も、さまざまな消費ニーズに対応するために、あらゆるスタイルやカテゴリのファッショナブルな製品を提供し、国際的なトレンドに従う品質とデザインを確保している。

経済専門家によると、ベトナムの一連のFTAへの加盟により、国内市場の開放性が200%向上したという。当局は、国内市場シェアを改善するための努力に加えて、特に資本調達、生産拡大、外国ブランドと競争するための技術と管理の改善に関して企業が再構築するための有利な条件を提案する必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月07日11:48

ベトナム:ユニクロ、ハノイにて慎重に事業参入

ユニクロは、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザにベトナム初の3000平方メートルの店舗開店を発表した後、現在ハノイで採用活動を行っている。

 

今年10月初旬、日本のファッションブランド、ユニクロはハノイにて店舗販売員の募集を自社ウェブサイトに掲載した。あらゆるバックグラウンドの大学卒業生(小売業未経験者可)を対象に、月給7-800万ベトナムドン(300-350米ドル)を提示した。

ユニクロは1112日、ハノイにて従業員が直接面接に臨むことができる選考会を開催する。

この動きは、ユニクロがホーチミン市とハノイに同時出店する可能性があることを示している。

ベトナムで最初のユニクロ店は、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザに、面積3000平方メートルの東南アジア最大の店舗の1つとして紹介された。

ユニクロベトナムのマネージングディレクターである池添修氏は、今年末からLifeWear製品を販売開始予定であると語った。

以前、ユニクロの取締役会会長兼ファーストリテイリンググループCEOの柳井正氏は、ベトナムへの参入はブランド開発のマイルストーンを示すものであり、潜在的な東南アジア市場へのより深いアクセスを確保する重要な節目であることを認めた。

ホーチミン市に拠点を置くユニクロベトナムは、100%外資の合弁事業として登記された。シンガポールのファーストリテイリングが資本の75%を占め、三菱商事が残りの25%を保有している。

8月末、ファーストリテイリングは、2018年比7.5%増の211億米ドルの収益を発表した。税引前利益は4%増の23億米ドルに達した。

ユニクロは、ファーストリテイリングの原動力であり、収益は95億米ドルで、2018年比14.5%増である。東南アジアではシンガポール、タイ、インドネシア、フィリピンで展開している。

若年層の有望な市場と考えられているベトナムは、ZaraH&MMangoTopshopPull&BearStradivarius、そして現在のユニクロなどの大手企業の主戦場となっている。

ベトナム産業調査およびコンサルタント会社(VIRAC)によると、Mitra Adiperkasa Vietnam Co.,Ltd.は現在、ZaraPull&BearStradivariusMassimo Duttiなどのブランドと共にベトナムのファッション小売市場をけん引しているという。

Mitra Adiperkasa(MAP)2018年の財務報告では、同社はベトナム市場において2017年の1.7倍、2016年の6倍近くの19700(8578万米ドル)の収益を上げたと示された。その収益の内、Zara90%を占めた。

もう1つの有名ブランドのH&Mは、2018年に6530億ベトナムドン(2839万米ドル)を超える収益を報告した。これは2017年の4.3倍である。

H&M Vietnamは、ホーチミン市とハノイに7つの店舗を所有しており、H&Mグループの中で最も急成長している部門と言われている。H&M東南アジアのCEOFredrik Famm氏は、「ベトナムは、若い成長市場として、東南アジア地域のH&Mの全体的な成長に大きく貢献しました」と述べた。

VIRACの統計によると、ベトナムで最も高い市場シェアを持つトップ10のファッションブランドには、 Ivy ModaBlue ExchangeEliseSandingLime Orangeなどの国内ブランドが今も含まれているという。

一方、Eva de EvaLibéMagonnHnoss(ベトナムのファストファッションブランド)も発展の可能性を常に示している。

2月末、ベトナムのファッションブランドのEliseは、日本のAsia Fundに株式を売却した。Elise取締役会員のTokuo Yotaro氏は、ベトナムのファッション産業は来るべき時期にアジアで最も急成長するだろうと語った。過去1年間、HnossおよびEva de EvaSeedcomファンドから投資を受けた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月06日06:02

ベトナム:税関にて偽の原産地表示が付いた中国製品が発見される

ホーチミン市のCat Lai港湾の税関部門は、認可された機関と協力して、112日に偽のベトナム産のラベルを付けた中国製品の輸出を阻止した。

この商品は、Talalay Vietnam Rubber社によって中国から輸入された、毛布、蚊帳、枕など7.2トンで、これらの合計金額は59100万ドン(2539700万米ドル)。 商品にはすべてベトナム製のラベルが付いていた。

これまで10月にサイゴン港の税関部門は、中国から輸入された約8500点のアパレル商品にベトナムと韓国の偽造ラベルが付いていることを発見した。

その間、近隣のビンズン省の税関は、ベトナム製の偽造品で、6億ドン(25784ドル)相当の中国製自転車の輸出を阻止した。商品は米国に輸出される途中だった。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月05日19:01

ベトナム:オンラインで輸入許可申請が可能に

商工省(MoIT)の対外貿易庁によると、企業各社は今年111日からオンラインで輸入許可を申請できるようになる。

対外貿易庁は、111日に商工省(MoIT)のオンラインポータルonline.moit.gov.vnでレベル3から輸出入関連の公共サービスの提供を開始すると発表した。

この動きは、行政手続きを合理化し、外国貿易を促進する取り組みの一環。

オンラインサービスは、自動輸入許可の発行と再発行、修正に適用される。そして、ベトナムに存在しない外国貿易業者への輸出入権の証明書の発行、再発行、延長、修正も可能となる。

対外貿易庁はまた、同日、ハードコピー申請の受理を停止すると述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月04日19:46

ベトナム:イオン、ハノイのハドン地区に5番目の店舗をまもなくオープン

総合スーパーマーケットのイオンハドン店は11月にオープンし、イオンベトナムで5番目の店舗となる。

ベトナムの経済発展を考えると、ライフスタイルは劇的に変化した。このような変化に適応するために、イオンは顧客のニーズに応え、日々の生活を豊かにするためのさまざまな新製品とサービスを提供する。

果物、野菜、生鮮食品のエリアでは、多様で安全な製品を手頃な価格で提供している。農産物コーナーでは、オーガニック、グローバルGAP認定、VietGAP認定の果物と野菜がある。毎日の食品フロアには、顧客が時間を節約するのに役立つ、調理済みおよび調理済みの幅広い製品がある。また、地元の特産品のほか、日本の食料品、日用品もラインナップ。

250席以上の飲食エリアでは、コーヒー、アイスクリーム、ケーキだけでなく、300種類以上のスイーツとドリンクとともに、ベトナム料理と日本料理の複数の選択肢で、伝統的なベトナムと日本のデザートもすべての世代の好みを満たす幅広いメニューを提供している。

グラムビューティスペシャリティストアは、ハノイで初めて発売され、美容およびヘルスケア製品を販売し、プレミアムコスメティックを含む「イオンウェルネスストア」と組み合わされる。また、スキンケアブランドの「GLAMATICAL」や「TOPVALU」サプリメントなど、イオン専用の製品も用意される。

キッズリパブリックは、ママとパパ、赤ちゃん、および「家族のための楽しい」をテーマにした子供向けの製品の販売エリアです。幅広い品揃えで買い物を楽しむ場所であるだけでなく、遊びや学習活動を通じて子供連れの家族をサポートする。

イオンは、「私たちが行うことはすべてお客様のために行う」という考え方に沿って、小売業活動を通じて保証を提供し、顧客の信頼を獲得するという哲学により、便利なサービスと施設で優れたショッピング体験を提供することを約束する。

ハノイ市ハドン区のDuong Noi地区にできるイオンモールは、イオンベトナムによって運営および管理される。イオンによると、2025年にはイオンモールハイフォンがオープンし、2025年までにベトナムには他の20のショッピングモールが建設される予定。

2018年には、イオンがベトナムから日本のスーパーマーケットで販売するためにベトナムから輸出した商品の総額は約2億5000万米ドルに達し、2020年までに2倍の5億米ドルになると予想されている。 2025年までには10億米ドルに達する見込み。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月02日13:45

カンボジア:アパレル部門強化のために中国の繊維グループが発足

国の経済成長の最も重要なエンジンの1つであるカンボジアのアパレル産業を後押しするため、新しい協会が発足した。

カンボジア中国織物協会(CTAC)は、投資家および投資を検討している人々に法的助言を提供するとともに、政府との連携を図ると発表された。

CTACのサービスは、特に中国の投資家を対象としている。

CTACの立ち上げで、工業・手工芸省のCham Prasidh氏は、この協会は繊維・アパレル産業を向上させる上で政府にとって重要なパートナーになると述べた。

「協会がアパレルや関連産業への投資を誘致するのを助けることを願っています。カンボジアへの投資を支援し、促進する準備ができています。」と彼はイベントの出席者に語った。

カンボジアには663の工場がある。これらのうち、520はアパレル製品を製造し、83は履物を製造している。残りはバッグ生産工場である。工業・手工芸省によると、この産業は約80万人のカンボジア人を雇用しており、その80%は女性である。

カンボジア国立銀行の昨年のレポートによると、カンボジアのアパレル製品と靴の輸出額は100億米ドルで、2017年の80億米ドルから24%増加した。バイヤーの大半は欧州連合と米国。

先週のイベントで、Prasidh大臣は、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、日本、韓国など新しい市場への輸出を検討するよう投資家に促した。

大臣によると、カンボジアのアパレル産業の最低賃金の水準はアセアンで5番目に高い。カンボジアのアパレル産業の最低賃金は現在、月額182ドルだが、来年は190ドルに引き上げられる。

Dezan ShiraAssociatesの調査によると、アパレル産業は本質的に、特に中国、香港、シンガポール、マレーシア、韓国の外国企業に支配されている。

「外資系アパレル会社またはブランド名に関して、これらはカンボジアの産業に利益をもたらし、グローバルバリューチェーンへの重要なチャネルを作り出しました。」



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年11月01日12:06

このページのトップへ戻る