インドシナニュース

ベトナム:東南アジアで最もアクセス数の多いECサイトのトップ10にランクインした企業

才能は、国内企業が持続的な成長のために改善すべき重要な要素である。

 

最新のEコマース2020年末レポートによると、東南アジアの消費者に影響を与える世界的なパンデミックにもかかわらず、ベトナム企業5社が東南アジアで最も訪問されたEコマースサイトのトップ10にランクインした。

SimilarWebとAppsFlyerと共同でECアグリゲーターであるiPrice Groupが実施したレポートによると、ベトナムのECプラットフォームは、thegioididongとBach hoa xanh(それぞれ2860万回、880万回のアクセス)、Tiki(2250万回)、Sendo(1,430万回)、FPT Shop(880万回)。

AlibabaとSEAが支援するShopeeとLazada、そしてインドネシアのTokopedia、Bukalapak、Blibliなど3つのスタートアップ「ユニコーン」もリスト入り。

ベトナムの3つのプラットフォーム、thegioididong、Tiki、Sendoは、2020年第1四半期から第4四半期までのECサイトのウェブ訪問者数上位の5位、6位、8位を維持した。

Shopee VietnamのManaging DirectorであるTran Tuan Anh氏は、2020年はEコマースにとって特に変革の年であると見ている。消費者が社会的な距離を置くために家に閉じこもるようになったため、消費者は日常的なニーズだけでなく、娯楽や交流のためにオンラインプラットフォームを利用するようになった。

「これにより、オンラインショッピングは、純粋な取引からよりソーシャルな体験へと進化し、ECプラットフォームは、ゲームやライブストリーミングなどのインタラクティブな要素を取り入れて、ユーザーを惹きつけていきました」とTuan Anh氏は言う。

報告書によると、ベトナムをはじめ、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアなどのASEAN諸国では、オンラインショッピングプラットフォームのウェブサイト全体のトラフィックが前年比でプラスに増加している。

「新型コロナの影響を受けて、ベトナムの主要EC企業は、トレンドを捉えるために迅速な対応を取りました。新型コロナの影響を受けたベトナムの主要Eコマース企業は、トレンドをつかむために迅速な対応を行いました」とiPriceの代表は言う。

Google社、Temasek社、Bain & Company社が最近発表したレポートによると、持続的な成長を実現するためには、企業が改善すべき重要な要素として人材が挙げられている。

「人材の発掘・育成は、これからのECビジネスに "推進力 "をもたらす要因のひとつになり得えます」とiPriceの代表は述べている。

10億ドル規模の電子商取引市場で、より大きな「パイ」を手にすることができるのは、いち早く準備をし、市場を予測し、戦略を実行した者だ。しかし、この成功は一夜にして達成できるものではない。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月24日08:00

カンボジア:中国がカンポンスプー州に20のアパレル・靴工場を提案

3月17日、コンポンスプー州知事によると、新型コロナが猛威を揮っているにもかかわらず、中国の投資家たちは絵のように美しく、眠っているようなコンポンスプー州に機会を求めて集まっているという。

Vei Samnang氏がThe Postに語ったところによると、プノンペンの西12kmの国道4号線沿いに位置する南西部の同州では、中国の投資家からアパレルや履物工場のための少なくとも20の新規プロジェクトの提案が行われているという。

同州知事は、国内および世界各地で行われている新型コロナのワクチン接種は、パンデミックの影響で低迷している同州のアパレル産業への投資に有利に働くと述べた。

カンポンスプーでは20の新工場をすぐに迎え入れ、新型コロナの状況が改善されたときに生産を開始できることを期待していると同州知事は述べた。

「カンボジア、そしてコンポンスプー州に投資機会をもたらしている属性は、平和、戦略的な地理的位置、適切なインフラ、将来性のある労働力です。新型コロナの深刻な発生により、投資家が国内に入ってこなくなり、仕事が滞っていますが、私たちはこれからも前進し続けます」とSamnang氏は述べた。

同氏は、20の工場で約5万人の労働者が必要になると試算し、州では約7000人が不足すると指摘した。

Samnang氏は、コンポンスプー州には7500の「工場・企業」があり、そのうち335が「大規模企業」であると主張した。

また、153のアパレル工場があり、そのうち43の工場がアメリカへの輸出用に製造しているという。

労働職業訓練省のHeng Sour報道官が1月にThe Postに語ったところによると、2020年には129の工場が閉鎖され、7万1202人分の雇用が失われ、そのうち5万7794人分は女性が占めていると言う。新型コロナの大流行がこの事態の主な原因として挙げられている。

しかし、雇用の減少は、新しいアパレル工場の開設により、2万3208人の労働者に雇用が提供され、そのうち1万7638人が女性であることで一部相殺されているとのことである。

「労働部門の状況は、今年に入ってから徐々に正常化しています。新型コロナ危機が終われば、カンボジアのアパレル部門全体が正常に戻る可能性があります」とSour氏は語った。

カンボジア国立銀行(NBC)によると、カンボジアは2019年に35億米ドル以上の外国直接投資(FDI)を誘致し、2018年に比べて約12%増加したが、これは投資額の半分を占めた中国の投資家のおかげでもある。

NBCは「Macroeconomic and Banking Progress 2019 Report and 2020 Outlook」レポートの中で、FDI総額は35億8800万米ドルに達し、2018年の32億1200万米ドルから11.7%増加したと述べている。

そのうち、金融部門は23億8500万米ドル相当の外国直接投資(FDI)を受け、非金融部門は12億300万米ドルを受けた。

国別の内訳を見ると、中国の外国直接投資(FDI)が43%、韓国(11%)、ベトナム(7%)、日本とシンガポール(6%)、その他の国(27%)となっている。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2021年03月23日07:16

ベトナム:繊維・アパレル産業、グリーンで持続可能な開発を促進する

新型コロナ大流行の影響により、ベトナムの繊維・アパレル輸出は2020年に10.5%のマイナス成長となり、2019年の390億米ドルと比較して350億米ドル以上の減収となった。

同国の繊維・アパレル業界は、世界の新しい正常な状況に素早く適応するために、多くの柔軟な解決策を実施してきたが、それでもまだ困難は残ると予測される。

この分野の企業は、生産に集中し、市場での競争力を高めるために製品価値を高めながら、持続可能な開発のための戦略を持つ必要がある。

商工省の統計によると、2021年1~2月の繊維・アパレルの輸出額は約59億6000万米ドル、輸入額は約31億6000万米ドルで、約28億米ドルの貿易黒字となっている。特に、同産業の付加価値は55.4%と非常に高く、市場の繁栄の兆しを示している。

また、繊維・アパレル業界の統計によると、ほとんどの企業が今年6月までの注文を受けている一方で、ニットウェアやカジュアルウェアなど消費量の多いアイテムは9月までの注文を抱えている。

これは、ベトナムの繊維・アパレルの回復を反映しており、特にベトナムは新型コロナ大流行危機後に再構築された世界のサプライチェーンの中で良い位置を占めている。

しかし、パンデミックは予測不可能な展開を見せるため、早急に対策を講じなければ、企業は多くのリスクに直面することになる。パンデミックが世界的に猛威を振るえば、サプライチェーンが寸断され、受注が減少する。逆に、アパレルや繊維製品の工場でパンデミックが発生すると、工場を隔離しなければならず、注文に応じた生産を行うことができなくなる。

経済的な損失だけでなく、長期的には、世界のサプライチェーンにおけるベトナムの繊維・アパレルの地位も揺らぎ、他の競合企業に取って代わられる可能性もある。

そのため、事業所での疾病予防と管理を厳格に実施する必要がある。同時に、企業は今年の輸出収入を390億米ドルにするという目標を達成するために、生産、生産性、製品品質の促進に注力する必要がある。

また、EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)、環太平洋包括的経済連携協定(CPTPP)、地域包括的経済連携協定(RCEP)などの新世代の自由貿易協定を活用するために、企業は情報や市場を注意深く調査する必要がある。

設定した目標を効果的に実行するために、2021年から2025年までの開発戦略を定義する時期に来ている。この戦略では、新型コロナ大流行後に急速に変化する市場の動向に適応するための基盤を作るために、紡績・染色業界のビジョンを持った技術ソリューションを明確に定義する必要がある。

同時に、再生可能エネルギーの利用、水資源の効率的な利用、工場の持続的な発展など、繊維・アパレル業界のグリーントレンドを推進する必要もある。

また、綿密な開発に注力し、高付加価値製品の生産量を増やし、ガバナンスを改善し、ビジネスを再構築する一方で、原材料のサプライチェーンを強化し、ベトナムの繊維・アパレルブランドを世界市場に投入するための接続戦略を構築することも重要。

さらに、政府は2030年までのセクター開発戦略を早急に承認し、2035年までのビジョンを掲げ、新世代の自由貿易協定の原産地要件を満たすために、集中的な廃水処理システムを備えた大規模な繊維・アパレル工業地帯の形成を指示し、織布・染色への投資を誘致する必要がある。

また、ビジネス発展のための「プラットフォーム」を構築するために、マクロ経済の安定性、為替レート、金利を維持しつつ、長期ローンの金利を継続的に引き下げる必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月22日08:02

ベトナム:繊維業界、受注の回復により困難を克服できる見込み

ベトナムの新型コロナワクチン接種プログラムが大規模に開始された後、2021年の初期に繊維・アパレルの注文が再び増加している。この分野の企業は、市場機会によって業界が困難を克服し、パンデミック発生前の期間の収益レベルを徐々に回復すると期待している。

 

受注の増加

Hung Yen Garment Corporationは、2020年に新型コロナのパンデミックにより多くの困難に直面し、2019年に比べて収益が約5%減少した。しかし、新型コロナのワクチン接種プログラムが開始された2021年初頭、同社では徐々に受注が戻ってきている。

Hung Yen Garment Corporationの取締役会長であるNguyen Xuan Duong氏によると、同社は現在、米国市場(50%以上)、欧州、日本を中心に2021年7月末までの注文を抱えているという。

「Hung Yen Garment Corporationは、2020年の赤字を補うために、2021年に5~10%の成長を見込んでおり、2019年に比べて微増しています」とNguyen Xuan Duong氏は語った。

糸部門については、年初は通常繊維製品の需要が上がる時期ではないが、Dalat Worsted Spinning Companyの2021年上半期の受注は、2020年上半期とほぼ同等になっているという。

「2021年は確かに難しい年になるでしょうが、当社の製品は主に市場が改善している欧州に輸出されています。また、EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)により、欧州への繊維・アパレルの輸出に弾みがつくことは間違いありません」と、Dalat Worsted Spinning CompanyのCEO、Alessandro Di Palma氏は語る。

受注の増加は、繊維・アパレル業界の輸出額を押し上げるのに役立っている。商工省の統計によると、2021年1~2月の繊維・アパレルの総輸出高は59億5400万米ドルに達し、輸入高は31億6700万米ドルに達した。2021年1〜2月の繊維・アパレルの輸出額は59億5400万ドル、輸入額は31億6700万ドルで、貿易黒字は32億9900万ドル、付加価値率は55.4%と極めて高い水準にある。

これは、パンデミックから1年が経過し、企業が適切な方向性を模索したことによるもので、また、世界各国で新型コロナワクチンの接種が開始されたことで、人々の信頼感が高まり、繊維・アパレルをはじめとする消費者需要の喚起にも貢献している。

Vinatexの取締役会社長であるLe Tien Truong氏は、パンデミックの存在にもかかわらず、世界の繊維・アパレル市場は徐々に活気を取り戻していると述べた。製品の数や価格はまだ2019年に見られたレベルには戻っていないが、2021年第1四半期の市場の兆しは、2021年全体に設定された業界の目標が実現可能であることを示している。

 

問題解決策を多様化し、390億ドルの目標達成へ

ベトナムの繊維・アパレル業界は、2021年に約390億米ドルの輸出収入を得ることを目指している。ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は、繊維・アパレル業界は、締結された自由貿易協定(FTA)から大きなチャンスを得ている、と言う。

特に、地域包括的経済連携(RCEP)は、業界に弾みをつけ、新型コロナのパンデミックがまだ抑えられていない一部の市場を代替することも期待されている。同時に、自由貿易協定(FTA)は繊維・アパレル業界が投資を呼び込み、原材料の供給を増やすための魅力的な力でもある。

しかし、パンデミックが収束したときにチャンスを掴むためには、長期的な解決策を検討し、産業の持続的発展のための基盤を構築する必要がある。

そのためには、2021年から2025年までの開発戦略を策定する必要がある。紡績・染色業界のビジョンを示す技術ソリューションを明確に定義し、新型コロナの大流行後に急速に変化する市場の動向に適応するために自動化に焦点を当てることが望まれる。

この業界では、再生可能エネルギーの節約や水資源の効率的な利用、工場の持続可能な開発などを通じて、グリーンアジェンダを構築する必要がある。

また、原材料のサプライチェーンを開発し、ベトナムの繊維・アパレルブランドを世界市場に広めるとともに、ベトナムの繊維・アパレルブランドをさらに世界の小売チェーンに乗せるための接続戦略を構築することも重要である。

特に企業は、収益や受注を回復させ、サプライチェーンでの地位を強固にするために、生産性と製品の品質を2019年のレベルにまで高める必要があると、Truong氏は述べている。

Duong氏は、繊維・アパレルの注文は戻ってきたものの、以前のようなピーク需要に達することはできない、と言う。そのため、繊維・アパレル企業は国からの支援政策を必要としている。企業に対する減税や地代の支払い期限の延期に加えて、土地政策や関連法の更新・更新が必要である。

また、国内企業の能力を高め、輸出量と輸出額を増やし、繊維・アパレル企業の利益を上げるために、繊維・アパレルのクローズドチェーンの構築を促進することも重要である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月18日08:13

ミャンマー:H&M、発注を凍結

ミャンマーでデモ参加者に殺傷力のある武力行使が行われたことを受け、スウェーデンの小売企業H&Mは、同国への発注を一時停止すると発表した。これまでに、2月1日の軍事クーデターに反対するデモやストライキを鎮圧するために、警察や軍が50人以上を殺害している。このニュースはロイターが報じた。

H&Mはミャンマーに45社の直接サプライヤーを持ち、7年前から同国で調達を行っている。H&Mは、注文を一時停止する理由として、現実的に困難であり、予断を許さない状況であるため、同国での運営が困難であるとしている。主要都市であるヤンゴンでは、抗議活動の影響で店舗や工場、銀行などが閉鎖されている。

H&Mは、国連機関、外交官、労働組合、多国籍企業などと対応について協議している。ミャンマーには合計で600の主要工場があり、約45万人に雇用を提供しており、アパレル製造業は国の経済の主要な部分を占めている。

最近の抗議行動は、実際にファッションに関わるものだった。ワシントン・ポスト紙が報じたように、デモ参加者は弾圧を阻止するために女性用の服を道路に配置した。女性たちは、ヒタメインと呼ばれる伝統的なサロンを、下着やブラジャーと一緒に、抗議ゾーン周辺の物干し竿に吊るしている。兵士や警察はその下を歩かないが、これは男らしさを奪い、不吉をもたらすという迷信のためで、衣服禁止区域への警察や兵士の介入を抑制するのに役立っている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2021年03月17日12:34

ベトナム:ECサイトに格付け評価

オンライン環境での購買・決済活動における顧客の信頼度を高めるために、ECサイトに格付けが与えられることになった。

これは、商工省(MoIT)傘下のベトナム電子商取引デジタル経済局(iDEA) が、2021-25 年の電子商取引市場の発展を促進するために提案した解決策の一つである。

同省によると、国家総合電子商取引発展計画は、企業や地域社会における電子商取引の普及を支援・促進し、電子商取引発展における大都市と地方の格差を縮め、健全で競争力のある持続可能な市場を構築することを目的としている。

また、この計画は、電子商取引を通じて、国内外のベトナム商品の消費市場を拡大することを目的としている。また、国境を越えた電子商取引を促進し、ベトナムが東南アジアの三大電子商取引市場の一つになることを支援する。

これらの目標を達成するため、同省はiDEAに、電子商取引環境における消費者の正当な利益の保護を強化し、目標達成のための重要な解決策を研究し、提案するよう依頼した。

iDEAは、電子商取引ウェブサイトの格付けを奨励するための法的枠組みを完成させ、プログラム、政策、ソリューションを構築し、格付けプラットフォームを構築し続ける。

商工省(MoIT)は、新型コロナ大流行とオンラインショッピング市場のブームという文脈の中で、iDEAは電子商取引のエコシステムを開発することを計画していると述べた。

今後5年間で、政策の構築に加え、電子商取引の信頼性を評価するためのツールとして、電子商取引の信頼性プラットフォームを構築する予定である。この評価は消費者が利用できるようになる。

2015-25 年のその他の目標には、保証された支払いシステムの構築、オンライン上での紛争の解決、電子商取引における e-バウチャーの適用、電子商取引における標準的な配送サービスの適用などが含まれる。また、電子商取引を発展させ、評判の良いベトナムの製造業者を支援するために、一連のイベントを展開する予定である。

2021 年には、iDEA は、企業が電子商取引環境に参入するのを支援するための GoOnline プログラムを開始する予定である。

これに先立ち、Google、Temasek、Brain & Companyによる2019年東南アジア諸国の電子商取引レポートでは、2015年から25年までのViệt Namの電子商取引市場の平均成長率が29%になると予測していた。

2025年には、ベトナムの電子商取引規模は430億米ドルに達し、アセアンで3位になると予測している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月11日08:04

ミャンマー:アパレル縫製労働者が民主化抗議の「女性殉教者」のために立ち上がる

アパレル縫製労働者のKhine Mar Nweさんは先月、ミャンマーの暴力的な抗議行動で女性の同僚と共にデモを行い、民主主義への復帰を要求するために命をかけていた。

26歳の母親は、商業都市ヤンゴンでミシンにかじりついて欧米のファッションブランドの服を作って過ごしていた。しかし、2月1日に民間指導者のアウン・サン・スー・チー氏が追放され、新軍事政権に対する大規模な抗議行動が発生したことで、その状況は一変した。

治安部隊は、デモ参加者に対する残忍な取り締まりを強め、50人以上が死亡、1800人近くが逮捕された。

危険にもかかわらず、Khine Mar Nweさんは戦うことを決意していた。「私たちには男性と対等な責任があり、男性と肩を並べて革命に抗議するためにここにいるのです」と、国際女性デーの日にAFPに語った。「私たちには何の恐れもありません」と、ヤンゴンの集会で抵抗の象徴である3本の指を空中に掲げながら、長いポニーテールを野球帽からはみ出させて言った。

人気のアパレル縫製工場労働者協会の会長であるKhine Mar Nweさんは、自分が働いていたときの圧迫的な状況から、自分自身のために立ち上がることの大切さを学んだと言う。彼女の独断的なリーダーシップスタイルは、彼女を解雇すると脅した上司を時折激怒させた。

クーデターが起こる前、ミャンマーのアパレル産業は国際的なファッションブランドからの投資の流入のおかげで活況を呈していた。GAP、H&M、Primark、Adidasなどのブランドはミャンマーの工場に生産を移し、現地で生産された衣類、履物、ハンドバッグはミャンマーの国内総生産の3%の価値があった。

しかし、軍が政権に復帰したことで、ファッションブランドがミャンマーから撤退するのではないかと懸念される中、この産業の70万人の労働者の運命は疑わしいものとなっている。意図しない影響は、ほとんどが女性労働者の「栄養失調や性売買」につながる可能性があると、業界関係者はAFP通信に語った。

彼女の業界の不確実性とデモ参加者の身の安全に関わるリスクにもかかわらず、Khine Mar Nweさんは心配していないと言い、女性はミャンマーの民主主義復興の一部でなければならないと主張している。

最近の数週間で2人の若い女性Mya Thwate Thwate Khaingさん(20歳)とKyal Sinさん(19歳)が銃撃で死亡したことで、彼女はこの運動へのコミットメントを深めた。

「私たちの女性殉教者をとても誇りに思います。私が生きている限り、彼女たちのために執拗に戦うことを約束します」

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2021年03月10日07:57

ミャンマー:アパレル組合がファッションブランドの支援を呼びかける

国際ブランドは、民主化デモに参加したことで解雇され、脅迫されているミャンマーのアパレル労働者を保護するために、支援すべきだと労働組合員らは訴えている。

ミャンマーのアパレル労働者は、民主化抗議デモの中で状況が悪化する中で、ミャンマーから調達している国際的なファッションブランドに対し、労働者を支援するための公的な集団宣言を発行するよう求めている。

国の市民的不服従運動(CDM)や民主化抗議デモに参加したり、関心を示したりする労働者は、脅迫され、脅迫され、場合によっては工場の経営者によって解雇されていると、国の労働組合員らは言う。脅迫には職場差別、抗議活動に参加するために休暇を取る労働者からの給与の引き下げ、大量解雇の脅しなどが含まれる。

2月1日にミャンマーで起こった軍事クーデターに対する抗議行動でアパレル労働者を率いてきたミャンマー衣料品労働者連盟のMa Moe Sandar Myint議長は言う。

ミャンマーの軍事政権が2月1日に政府を掌握したことで、90万人を雇用し、ミャンマーの全輸出額の約30%を占め、50億米ドル以上の価値があるアパレル産業を含むあらゆる分野の労働者が主導して、民主化への抗議の波が押し寄せてきた。この国で事業を展開している外国ブランドは、労働者を直接雇用せず、第二、第三層のサプライヤーに頼っていることが多く、労働者の権利を確保することは困難であると彼らが言うのはこのためである。

フェイスブックに掲載された2月14日付の書簡の中で、IWFMはミャンマーのサプライヤーを持つ国際ブランドに対し、軍事クーデターを公に非難し、ストライキやデモに参加したことで労働者や組合の指導者が処罰されないようにする努力を含む4つの要求をした。2月18日付の別の書簡は、結社の自由、労働組合活動に参加する権利、基本的人権が尊重されているかどうかを確認するために、ミャンマーのサプライヤーとの間で適正評価を行うようブランドに求めている。組合員らによると、彼らの要求はいまだに回答されていないという。

書簡はブランドに直接送られたわけではないが、アパレル労働者はInditex、Bestseller、Mango、H&Mなどの国際ブランドを呼びかけるプラカードを掲げて抗議し、32の国際ブランドを呼びかけるリストがツイッターで公開された。Vogue Businessは32ブランドすべてに連絡を取り、IWFMの書簡に書かれた具体的な要求と、ブランドがIWFMの書簡と要求に対する公的な反応を出す予定があるかどうかについてコメントを求めたところ、同じメールでブランドと共有されていた。

Aldi Nordは、この書簡には気づいていなかったとしているが、サプライヤーに対し、結社の自由の権利について工場の管理者とより密接に関わるよう求めている。Adidasは、ミャンマーの現状について、他のブランドや業界団体、市民社会団体と緊密に交流していると述べた。Benettonは、書簡は受け取っていないが、世界人権宣言に基づく平和的集会の自由、意見の自由、結社の自由の権利を含む、事業とサプライチェーンにおける人権と労働者の権利を完全に尊重することを約束していると述べた。米国のブライダルブランド、Justin Alexanderは、ミャンマーの軍事クーデターを明確に非難すると述べた。無印良品の広報担当者は、Lindex同様、この手紙を受け取っていないと述べた。JCPenneyは、ミャンマーからのプライベートブランドの調達は行っていないと述べ、Calvin Kleinは親会社のPVHがミャンマーからの調達を禁止していると述べている。 Gap Inc.は、ミャンマーからの製品の調達は一切行っていないという。

Bestseller、H&M、KappAhlは、Myanmar Centre for Responsible Businessからの懸念事項の声明に署名していると述べた。Tesco、Tchibo、Lidl、New Look、Inditex、Primark、H&Mは、ACT on living wagesの公開声明を指摘し、IndustriAll、C&A、Esprit、Nextも署名している。Nextはまた、倫理取引イニシアチブ (ETI)を通じてミャンマーの状況に関与していると述べた。他のすべてのブランドは公表に間に合わなかった。

 

ACTの声明によると、メンバーは国際的な労働基準やミャンマーの結社の自由に関するガイドラインに沿って結社の自由が完全に実施されるように取り組んでいるという。Sandar Myintは、声明はメーカーに「本当の圧力」をかけるものではないとし、ブランドは「[アパレル]の使用者に対して行動を起こす必要がある」と付け加えている。

「労働者はミャンマーで働きたい、ミャンマーへの投資をもっとしたいと思っているし、ブランドはミャンマーで働くことに自分たちの利益を持っている」と彼女は言う。「彼らはミャンマーの民主化運動に参加している労働者をカバーし、保護する必要があります」

アパレル労働者は、2月初旬から全国各地で公務員や労働者がストライキを行っている民主化抗議とCDM運動で中心的な役割を果たしてきた。デモに参加したことを理由に、少なくとも135人のアパレル労働者がLidlに供給している1つの工場から解雇されたが、さらに多くの労働者が解雇の脅迫を受けていると、ヤンゴンに拠点を置く労働者オーガナイザーのAndrew Tillett-Saks氏は言う。Lidlは現在、現時点では彼らのビジネスと一緒にこの事件を調査しているという。

2月22日付のVogue Businessが見た電子メールの中で、ミャンマー労働組合総連合の会計長であり、ミャンマー産業労働者連盟の会長でもあるKhaing Zar Aung氏は、ヤンゴンのHlaingtharyar工業団地で起きている寮やホステルでの労働組合員の部屋から部屋への捜索について警告を発した。日曜日、国連人権事務所によると、警察と軍が全国の抗議者に対して実弾を使用したため、少なくとも18人が死亡し、30人が負傷した。

Tillett-Saksは、国際的なブランドが、親民主化デモに参加したからといって労働者が処罰されることはないと公に宣言すれば、工場所有者からの脅迫や報復は劇的に減るだろうと考えている。

一般的に、ブランドが何を要求しても、サプライヤーはそれに従う。「ブランドは、技術的には労働者を雇用していないと言う隠れ蓑で隠れることができるが、このような声明が使用者に大きな影響を与え、より多くの労働者が参加する権利を行使することにつながることは間違いない」と彼は言う。

労働組合はまだ国際的なブランドに軍や国との関係を断ち切ることを要求していないが、もしそのような要求が出てきたら、ブランドは労働者の声に耳を傾けるべきだとTillett-Saksは言う。「その結果、労働者は仕事を失うことになるが、労働者はミャンマーの民主主義の未来のために戦うために犠牲を払い、リスクを耐え忍ぶという点で、すでに信じられないほどの勇気を示している。彼らは、軍事独裁政権の下で低賃金の仕事をすることに賛成しているわけではない」

3月2日に発表された公開声明の中で、アメリカ衣料履物協会は、他の業界団体や労働組合とともに、ミャンマーの合法的な文民政府の回復を求め、同国からの調達企業に対し、デューデリジェンスを強化するよう促した。「雇用主は、平和的なデモへの参加を理由に、あるいは現状のための欠勤(自宅から職場までの交通手段を利用できないなど)を理由に、労働者に懲戒処分を課すことを控えるべきである」との声明を読んだ。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2021年03月09日07:33

ベトナム:繊維産業、糸、スポーツウェアに巨大な輸出機会

Vinatexによれば、新型コロナの3つの波を乗り切ることができた繊維・アパレル業界は、フェイスマスクや個人用保護具を生産することを決定したおかげで、スポーツウェアや糸に焦点を当てることになった。

同社のLê Tiến Trường社長はフェイスマスクや個人用保護具の需要は急速に減速していると述べた。

また、このような状況下では、多くの繊維・履物企業は、パンデミックに対処してきた経験を生かして、必要に応じて計画を変更し、新型コロナが抑えられた後の新たな状況に対応するために、新たな市場を見つけることに自信を持っている。

スポーツウェアは、運動に対する意識が高まり、パンデミックの間に最も成功した分野である。

Euromonitor Internationalによると、2020年には世界のスポーツウェアの需要は約8%しか減少しておらず、全体で16%の減少を見た業界の中では最も低い水準となっている。

過去5年間のスポーツウェア市場の年平均成長率は6.5%で、業界平均の1.5倍であり、2025年までには世界全体で4790億米ドルの価値があると予想されている。

Thành Công Textile Garment Investment Trading株式会社は、布製マスクやPPEなどの新型コロナ関連アパレル製品の輸出機会を掴んだおかげで、2020年に最も成功した事業の1つと考えられている。

しかし、同社のTrần Như Tùng副社長は、ワクチンの登場により、布製マスクや防具の需要がコロナ以前のレベルに戻ってきていると述べた。今年、同社は医療保護具と抗菌マスクの受注を止めた。

今後も需要が増加するであろうTシャツやスポーツウェアなどの従来の製品に注力しており、スポーツウェアの注文は今年の最初の6ヶ月間はすでに十分な数があるという。

ベトナム繊維協会によると、現在、多くの企業がスポーツウェアを中心に4月末までの注文を抱えている。

Thế Kỷ Yarn株式会社のĐặng Triệu Hòa社長は、高品質で競争力のある価格の糸に焦点を当てていく予定であると述べた。

昨年8月1日に発効したEUとベトナムの自由貿易協定(EVFTA)により、ベトナムの衣料品輸出に対する関税が70%以上削減された。

Bảo Việt Securities株式会社によると、履物と繊維部門も関税削減の恩恵を大きく受けているという。

織物や衣料品を輸出している他のほとんどの国がEU圏との貿易協定を結んでいないため、EVFTAは、原産国の要件を満たしている企業にとっては、履物、織物、アパレル製品の輸出に大きなチャンスを与えていると付け加えている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2021年03月08日10:32

カンボジア:縫製工場の新型コロナの恐怖の後の安堵

プノンペン都Dangkor区Spean Thma地区Prek Chrey村にあるY&W Garment Factoryの700人以上の労働者が、新型コロナ陽性の労働者と接触したが、すべて陰性であったことが3月3日、当局者の発表で明らかになった。

保健省の伝染病管理部門(CDC)によると、調査チームは、48歳の労働者が3月1日に陽性反応を示したと判断したという。この女性は工場のD8棟で働いていたが、中国人男性の運転手をしている息子から新型コロナに感染しており、その息子も陽性反応を示していた。

Dangkor区の役人は、D8 の建物からの労働者だけにテストのために取られた彼らのサンプルがあったと言った。工場の管理者は、工場の敷地内の他の建物が通常通りに動作している間、その建物での作業を今のところ中断することにした。

Dangkor区の Kim Nhep 知事は 3 月 3 日、716 人の労働者が陰性であることをポスト紙に確認した。

郡管理局長のKeng Tha氏は、工場の総労働者数は約5000人であるが、工場が完全に操業を停止しなければならないかどうかはわからないと述べ、決定は国家レベルにかかっていると述べた。

労働・職業訓練省報道官であるHeng Sour氏のコメントを求めることができなかった。プノンペン市労働局のChuon Vuthy局長はコメントを拒否した。

Tha氏は、新型コロナ対応の専門家が引き続き工場を監視し、他の建物で労働者を検査するかどうかを決定するだろうと述べた。

女性労働者は新型コロナに感染していたが、彼女の息子が新型コロナ陽性の中国人男性から感染したことがわかっている。

別のところでは、カンダル州知事Kong Sophorn氏はAng Snuol 地区のより多くの工場労働者がウイルスに感染したという噂を否定した。

彼は、州のどの工場でも新型コロナの発生はなかったと言った。

Ang Snuol地区や他の場所の工場で陽性例の報告はない。しかし、3月4日に医療チームが同地区の工場で働く約1000人の中国人従業員を検査する予定である。

Sophorn氏は、中国人従業員をテストする目的は、これらの噂を鎮め、他の労働者の恐怖を和らげることであると述べた。

保健省は3月3日、2月20日の集団感染に関連した34人の新型コロナ感染者を記録し、2週間以内に374人になった。

34人の中には、スバイリエン省に滞在して治療を受けているベトナム人2人と、プレアシアヌーク省に滞在して治療を受けているカンボジア人15人が含まれている。残りは中国人である。

プレスリリースでは、同省はまた、4人の新型コロナの患者が回復し、退院したと述べている。

3 月3 日の時点で、カンボジアは396 人の進行中の処置を受けている396 人との合計878 人の新型コロナ の事例を記録した。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2021年03月05日12:02

このページのトップへ戻る