インドシナニュース

ベトナム:繊維製品の輸出が25年ぶりに減少へ

ベトナムの繊維・アパレル製品輸出は今年、新型コロナの影響を受けて15%減の340億米ドルと25年ぶりの落ち込みとなる。米国と一部の欧州諸国で新型コロナの状況が深刻なままであるため、これらの市場への輸出は受注不足のために困難に直面し続けるだろう、と商工省は最近の報告書で述べた。

 

15%の減少だが、今年の世界需要の20~25%の急落よりはまだ低いとし、国内企業はキャッシュフローを確保するために低付加価値製品を生産することで収益をポンプアップする努力をしてきたと付け加えた。

しかし専門家は、最近署名された地域包括的経済連携協定(RCEP)がベトナムで作られたアパレル製品に対する中国の需要を後押しする可能性が高いと述べた。

日本も潜在的な市場である。東アジアの巨人はベトナムの企業に製品が他のアセアン諸国または日本から供給されたものであることを証明することを要求するが、ベトナム製品のほとんどは中国から輸入された材料から作られている間、奨励関税を享受するために。

その上、EU・ベトナム自由貿易協定のおかげでEUへの多くの繊維・アパレル製品輸出の関税撤廃はセクターの成長を後押しするだろう。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年12月09日16:45

ミャンマー:Eコマースは万人向けではない、とヤンゴンの企業

ミャンマーの企業や起業家は、新型コロナのパンデミックの中で貿易を促進するための新しい方法を模索し、ソーシャルメディアにますます目を向けている。

ミャンマーEコマース協会のU Aye Chan会長によると、「パンデミックが始まって以来、オンラインに移行した企業の数は2倍になった」という。

企業が顧客とつながるために使用しているツールの中には、Facebookのライブストリーミングがあり、Htetet Htet Moe Ooはこの努力で最も成功した事例の一つである。オンラインで100万人のフォロワーを持つ彼女の一部によると、ミャンマーの女優であり、元「コマーシャルの女王」でもある彼女は、ライブストリームを通じて何百万カラットものサファイアジュエリーを販売してきたという。

しかし、オンラインで成功している企業もあれば、デジタルプラットフォームでの成功に苦労している企業もある。地元企業の中には、顧客が他の取引手段を好むため、電子商取引は実用的でも実行可能でもないというところもある。

オンラインでビジネスを行うことは、可処分所得をたくさん持っている顧客にのみ有効である、と述べたママとポップビジネスとスモールタイムのトレーダー。ほとんどの人にとっては、非公式な信用に基づいて最高の価格で取引ができる市場や店の方が、より実行可能な選択肢だ。

退職した教育者であるU Khin Maung Swe氏は、オンラインで販売されている多くの商品は、一般人のニーズや関心を満たしていないと述べている。

「この経済危機の間、草の根の人々はオンラインショッピングのことを忘れてください。食べるために十分な収入を得ることに集中しないと...」と彼は言う。

 

手の届かないアイテムも

ヤンゴンの北オカラパのMa Ei Thazin Nyeinは、宝石、衣類、食品はeコマースのプラットフォーム上で最も需要があるが、低所得者層のほとんどにとっては手が届かず、パンデミックが始まって以来、オンライン販売は縮小していると述べた。

「私はライブストリームを介して自分の商品を提供しましたが、期待したほど多くの顧客はいませんでした」と彼女は言った。彼女は、過去には40ほどのオンライン販売を作っていたが、今では10だけになった。

工場労働者Ma Pa Pa Soeは、支出を削減している人の一人である。「アパレル縫製工場が閉鎖されてから余分なお金がなく、生計を立てるのに苦労しています。以前は毎月ライブストリームで服や化粧品を買っていましたけど、今は節約するようにしています」と話した。

ヤンゴンのLanmadaw郡で配達サービスを運営しているU Sanさんは、「人々は生計を立てるのに苦労しているので、Htet Htet Moe Ooがサンドイッチ用のパンのような必需品を売ってくれたらもっといいのに」と話している。

中高所得者をターゲットにした実店舗ビジネスにとっては、パンデミック以来、オンラインでの競争が激化している。レストランのオーナーであるU Tay Zar氏は、新型コロナの期間中にオンラインで注文する人が増えているため、企業にとっては電子商取引の成長に追いつくためのプレッシャーがあり、新たなマーケティングスキルを習得する必要があると述べている。

「オンラインで販売するのは簡単ではないですが、より多くの人がデジタルプラットフォームを介して食べ物を注文するようになっているので、私は新しいスキルを学ばなければなりません。そうしないと取り残されてしまうから」と語った。

 

新規参入者は障害に直面する

Mega Myanmar Links Co.の常務取締役であるU Soe Thiha Naung氏は、電子商取引に初めて参入する多くの地元企業にとって、困難な時代が待ち受けていると述べた。

企業は顧客の興味を引くだけでなく、それらを保持する革新的な方法を見つけなければならない。「彼らは規則的な顧客に新しい顧客を回すために懸命に試みる必要がある」と 彼は言った。

4 月に、政府は電子商取引を促進し、ビジネスがオンラインで販売することを奨励するために 新型コロナ 経済救済計画を出した。8月中旬の新型コロナの第2波では、ロックダウン措置が延長され、ネット販売が急増した。

世界銀行によると、インターネットの利用率はロックダウンが始まってから25%上昇し、オンラインショッピングの注文と支払いは50%増加し、地元企業の売上は60%増加しているという。

電子商取引への進出を希望する企業に支援を提供する企業も増えている。また、Tradeworthyと商務省は、デジタル販売への移行を支援するためのツールキットである「グッドプラクティスガイド」を提供している。このガイドは、オーストラリア外務貿易省の資金提供を受けている。

しかし、オンラインショッピングをする人の多くはヤンゴンやマンダレーなどの大都市であり、その他の地域や州ではデジタルインフラの整備が遅れているために取り残されている。

ミャンマー果物・花・野菜生産者・輸出者協会の幹事であるDaw Sander Myo氏は、デジタルプラットフォームへの移行を進める地元企業を支援するために、より多くのことを行う必要があると述べている。

「新型コロナの影響により、ほとんどの企業は電子商取引への移行を準備しています。当局は、すべての企業が簡単に電子商取引に移行できるように、この移行に必要な支援を提供する必要があります」

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年12月04日12:52

ベトナム:繊維・アパレル製品の輸出は340億ドルに達する見込み

ベトナムの繊維・アパレル産業の2020年の輸出収入は約335~340億米ドルと予測されており、4月の予測である300~310億米ドルよりも高く、前年同期比14~15%減と見られている。

商工省の報告した統計によると、繊維産業の輸出額は今年の最初の10ヶ月間で推定247.6億米ドルに達し、対昨年同期比で9.3%減少した。

同省によると、繊維企業は新型コロナ大流行によってもたらされた深刻な影響のため、市場の変動に合わせて生産活動やビジネス形態を調整するだけでなく、対策を講じる必要があるという。

また、国内市場を開拓し、ベトナムがパートナーと締結した自由貿易協定に記載されている原産地規制を満たす生産チェーンを形成することにも注意が払われるべきであると指摘した。

グエン・スアン・フック首相は、健康危機の中で業界が直面している困難を解決するための最近のワーキングセッションで、業界がデジタル技術の応用を強化し、FTAを効果的に利用することを提案した。

政府幹部はまた、繊維・アパレル産業のために、近代的で環境に優しい工業団地を開発し、循環型経済を応用する必要があると強調した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年12月03日18:19

タイ:トップブランドがアパレル労働者の賃金を補償

タイのアパレル縫製労働者で、大手ブランドの製品を作りながら違法に過少賃金を支払われていた労働者が、工場のオーナーやスターバックス、ウォルト・ディズニーなどの企業から約300万バーツ(約9万9000ドル)相当の補償金を受け取ることになった。

2019年9月にトムソン・ロイターが行った調査では、ミャンマーからの移民数十人が、Mae Sotの西部地域にある複数の工場で働いており、1日の最低賃金310タイバーツ(10.15ドル)よりも低い賃金を支払われていたことが判明した。

当局によって昨年明らかにされた工場の1つの26人の労働者のグループは、それらに支払うべき350万バーツの支払いを怠ったために8月に所有者- Kanlayanee Ruengrit氏 -を訴えた。

労働者は今月、100万バーツ相当の和解に合意した、と移民を代表した人権開発財団(HRDF)の弁護士であるJirarat Moonsiri氏は語った。

Kanlayanee氏は、その後、ビジネスを閉鎖した。コメントを求めるべく連絡を取ろうとしたが、取れなかった。

「これがオーナーが提示できる最大額であることは明らかで、それが労働者が受け入れることに同意した理由です」とJirarat 氏は言う。

NGOによる労働者へのインタビューによると、彼らはユニバーサルスタジオから英国最大のスーパーマーケットであるテスコまでの企業のために商品を作っていたことがわかった。これらのブランドは、彼女の工場がサプライヤーやパートナーによって許可なく下請けにされていたと述べている。

ディズニー、スターバックス、テスコは今週、労働者が補償金を受け取ることを確認した。

「このケースは、結局のところ、ブランドが(労働者に対する)責任を否定できないことを示している」と、労働者を支援し、企業との話し合いを行ってきたMAPのコーディネーター、Suchart Trakoonhutip氏は述べた。

首都バンコクから500kmに位置するMae Sotは、タイ西部への主要な入国ポイントであり、約430の工場と少なくとも4万4500人の労働者(主に家族に仕送りするためにお金を稼ごうとする移住者)が暮らす貿易の中心地でもある。

昨年、労働省のSomboon Trisilanun氏は、経済特区(SEZ)の一部であるMae Sotは、多くの工場が検査が困難であるため、「ブラックホール」であると述べた。

HRDFとMAPは、この地域での調査とインタビューに基づいて、最低賃金が支払われている工場は十数社に満たないと推定している。

 

行動を起こすブランド

テスコは今月、労働者グループに73万6000バーツを送り、NGOによると、Mae Sotの移民を支援するためにMAP財団に110万バーツを寄付した。小売業者は2回の支払いを行ったと述べたが、その金額は確認していない。

スターバックスは、地元のビジネスパートナーが労働者に60万バーツを支払う過程にあったと述べ、ディズニーはKanlayaneeの工場からディズニーブランドの製品を調達している会社が同額の補償金を与えることを約束したと述べた。

ユニバーサルスタジオを所有するComcast CorpのNBCUniversalは、そのサプライヤーであるPong InTouchが労働者をサポートしなければならないか、または解雇に直面しなければならないと述べた。Pong InTouchはコメントを断った。

世界的な圧力グループであるクリーン・クロージング・キャンペーン(CCC)のコーディネーターであるIlona Kelly氏は、このお金は労働者にとって「人生を変える」ものであったが、補償を求める彼らの闘いは昨年解決されていたかもしれないと述べた。

「もしブランドがサプライチェーンに責任を持っていれば、この26人の労働者が自分たちの権利のために闘っている間に、このような極端な苦難に直面することはなかったでしょう」とKellyは言う。「労働者が受け取るべき全額を受け取ることができれば、真の勝利となるでしょう」とKelly氏は述べた。

「Kanlayaneeからの和解金(2万8000バーツ)では、失業中で仕事を見つけることができなかったために借りていたローンを返済するのに十分ではなかったと述べた」とある労働者は匿名を条件にトムソン・ロイターに電話で語った。

「ブランドが100%のお金を受け取ることができるように助けてくれるなら......私は幸せですよ」


タイ ジャンル:
最終更新:2020年12月02日11:22

ベトナム:アパレル・履物部門にはブランド構築とサプライチェーンの連携促進が必要

グエン・スアン・フック(Nguyen Xuan Phuc)首相は11月23日にハノイで開催された各部門の代表者とのワーキングセッションで、繊維・アパレル及び履物部門にベトナムブランドの構築とサプライチェーンの連携を促進し、支援産業を発展させることを求めた。

繊維・アパレル及び履物産業は重要な役割を果たしており、430万人もの労働者を雇用し、輸出は国の総輸出額の大部分を占めている、と首相は述べ、その成果を称賛した。2019年、これら2つの産業は620億米ドル相当の製品を輸出し、国の総売上高の24%に相当する。

同氏は、各産業に対し、新たな状況下でコーポレートガバナンスの効率化を図るための改革を行い、繊維企業の経営・運営におけるデジタルトランスフォーメーションを促進することで、署名されたばかりの地域包括的経済連携(RCEP)協定を含む自由貿易協定を有効に活用できるよう支援するよう促した。

政府指導者はまた、繊維・アパレル産業の発展における「グリーン成長」、循環型経済の適用、労働価値を高めるための継続的な自動化の必要性を指摘した。

Vinatexによると、ベトナムの繊維・アパレル産業は今年、約335~340億米ドルの輸出収入を得ると予測されている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年12月01日15:51

カンボジア:110以上のアパレル工場が閉鎖

政府関係者は11月22日、今年最初の9ヶ月間に少なくとも110の衣料品工場が閉鎖され、5万5000人以上の労働者が失職したと発表したが、組合指導者はこの数字がもっと高くなるのではないかと心配している。

労働・職業訓練省のNgoy Rith次官は、9月初旬の時点で、アパレル、履物、旅行用品部門で111の工場が閉鎖されたと述べた。彼は、閉鎖の数は110の工場が閉鎖した昨年の最初の9ヶ月間と同程度であると付け加えた。

「これらの閉鎖により、55,174人の労働者が失業した。この失業者数は、53,226人の労働者が解雇された昨年の同時期よりもいくぶん増加している」

Rith氏は、カンボジア経済の最も重要な部門の一つである工場の操業を維持するための措置を導入することに政府は効果的であったと述べた。彼は、新型コロナ大流行やその他の要因により、アパレルの世界市場は事実上閉鎖されていたと付け加えた。

彼は、雇用契約が凍結された縫製工場の数が52に減少し、約1万4000人の労働者の収入に影響を与えていることを指摘し、雇用契約が凍結された数は徐々に沈静化していると述べた。

しかし、全国労働組合総連合のFa Saly会長は11月22日、『ポスト』紙に対し、実際の数字は労働省が発表した数字よりも高い可能性があり、より多くのカンボジア人労働者が日に日に仕事と収入を失っていると語った。

「これらの損失を評価するのは本当に難しいです。労働者はまだ生計を立てるのに苦労していて、一部の労働者は海外に移住しています。しかし、仕事がない多くの労働者がまだいますし、それ心配です」と彼は言った。

Saly は、カンボジアが1 月に始まる英国への輸入を促進する一般的関税優遇制度(GSP)プログラムの下にあるにもかかわらず、彼はまだ楽観的ではなかったと言った。

彼は真剣にこれらの問題に対処し、カンボジアの労働力によい労働条件およびより多くの仕事があることを保障するように政府を要求した。

9月下旬、政府は新型コロナ危機の影響を管理し、10月から12月までの経済を強化するための大規模な措置を展開した。

政府は、地域や世界の経済動向を調査した上で、約10億米ドルに相当する6つの景気刺激策を導入した。

景気刺激策の第一の目標は、企業を維持・回復させ、新型コロナ後の経済成長を促進できるようにすることである。

第二の目標は、現金給付プログラムを通じて、貧しく脆弱な家族の生活を支援することである。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年11月23日13:02

ベトナム:EUとの貿易で利益を得たい繊維企業にとって、生地の原産地が課題

ベトナムは繊維産業のために十分な原料や競争力のある価格の原料を生産していないため、企業はEVFTAの恩恵を十分に受けることができずに苦戦している。

SSI証券によると、ベトナムでは織物の生産が不足しているため、企業は税制優遇措置を受けるための原産国の要件を満たすことができない。

そのためには、国内で生産された生地を使用するか、EUと自由貿易協定を結んでいる国からの輸入品を使用する必要がある、とSSI証券は付け加えた。

しかし、ベトナムは繊維原料の60~70%を中国に依存しており、韓国からの輸入品は全体の15%に過ぎない。

8月1日に発効したEU・ベトナム自由貿易協定は、EU圏に輸出される商品の原産地規則を厳格に定めている。

同協定の規定では、ベトナムへの繊維製品輸出の77.3%が最初の5年間で0%の税金を享受し、残りは7年間のロードマップに従うことになっている。

EVFTAはEUにとってシンガポールに次いで2番目のアセアン加盟国との貿易協定であり、発展途上国との貿易協定としては数少ないものの一つである。

ベトナムは10年間で輸入関税の99%を撤廃し、EUは7年間で輸入関税の99%を撤廃することになる。

協定締結前、ベトナムの欧州向けアパレル製品・履物輸出は一般特恵関税制度(GSP)プログラムの下で優遇措置を受けており、前者には9.6%の関税が課せられていた。

最初の2年間は、企業はGSPプログラムとEVFTAのどちらかを選択して課税を継続することができる。3年目からは、協定に定められた原産地規則を満たさない場合、関税率は12%に引き上げられる。

Vinatexは、EVFTAの下での税制優遇措置は、前者の方が10~40%安く、生産規模が大きいため、中国製生地からベトナム製生地への切り替えには十分な魅力がないと述べている。

中国の繊維・染色産業の年間生産能力は800億メートルであるのに対し、ベトナムの生産能力は80億メートルの需要に対して25億メートルである。

しかし、SSI証券は、長期的にはベトナムが独自の産業を発展させ、中国とコスト競争をするために十分な規模を確保する必要があると考えている。

ベトナムには約6800社の繊維・アパレル企業があり、その輸出額は昨年328億5000万ドルに達した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年11月06日11:24

カンボジア:洪水により40のアパレル工場が操業を停止

カンポンスプー州とカンダル州、プノンペンのアパレル工場のうち79工場が洪水の影響を受けており、そのうち少なくとも40工場が一時的に操業を停止していると、『プノンペン・ポスト』紙は労働・職業訓練省の報道官Heng Sour氏の発言を引用して伝えた。

Heng Sour氏によると、10月17日現在、プノンペンの62工場、Kandalの13工場、Kampong Speuの4工場が洪水の影響を受けている。30以上の工場はまだ正常に稼働している。

カンポンスプー州の Choek Borin 労働局長は、地元の 4 つの工場が水没したが、サプライチェーンは影響を受けておらず、作業は通常通り行われていると述べた。

同省は、工場や労働者を支援するためのタイムリーな対応策を講じているとし、同省の145の工場はまだ稼働していると述べた。

カンボジア(GMAC) の副事務総長King Monika氏は深刻な洪水がCOVID-19 のパンデミックから多くを苦しんだGMAC のメンバー企業に重大な影響を残したと述べた。

Monika氏によると、洪水は工場の財産を損ない、生産工程を混乱させ、その結果、納期に遅れが生じるという。水が引いても、洪水の被害を受けた工場では、機械やその他の工具の点検が必要なため、すぐに再開することができなかった。

労働省は、洪水が発生しやすい地域の雇用者や労働者に対し、天候の動向を注視し、深刻な洪水の場合に備えて合理的な避難手段を概説するよう助言した。

災害管理のための国民委員会は、熱帯嵐によって悪化させた季節的な雨が国の25 の地方の19 の洪水を引き起こし、24万人の生計に影響を与え、5 人の子供を含む20人が死亡したと述べた。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年11月02日18:11

ベトナム:ビンズン省、産業支援に注力

ビンズン省はコスト削減のため、製造業における地元産材の利用を増やすため、支援産業の育成を推進している。

同省は近年、繊維・アパレル産業向けの繊維・布・着色料、機械産業向けの金属・部品など、製造業向けの原材料を生産する産業に力を入れている。

また、有利な投資環境を作り、中小企業の支援産業への参入を奨励している。

ビンズン省は支援産業の面で国内の5つの省と都市の中で上位にランクされており、約2300社の企業があり、国内企業が外国企業と連携して最新の技術を利用している。

しかし、同省商工局によると、繊維・アパレル産業の要件の40~45%、電子機器や自動車などの他の産業の要件の20%以下しか満たしていないという。

同省人民委員会の副委員長Mai Hung Dung氏は、商工局が彼らの要求をよりよく理解するためにビジネスグループと密接に働きかける任務をあたえられ、サポート企業と国内外企業とのビジネスネットワークを助け、機能を改善していくと述べた。

新型コロナは輸入に頼る製造業に影響を与え、企業は国内材料を使用することの重要性を理解している、と商工局は述べた。

ビンズン省には29の工業団地と12の工業集積地域があり、4万3000社以上の企業が集積している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年10月21日17:49

ミャンマー:ヤンゴンの約100の工場が操業を再開

「政府とミャンマー商工会議所連合会は、工場の再開を可能にするためのアナウンスを出した。工場は新型コロナの規制に従わない場合、措置に直面することになる」と同委員会の執行役員U Aung Kyaw Oo氏は述べた。
労働者をまだ連れ戻すことができないため、ほとんどの工場はまだ閉鎖されているが、多くの工場は近日中に再開するだろうと同委員会の執行役員は述べた。
10月10日に発表された保健スポーツ省の通知によると、アパレルやバッグの工場、工房、中小企業は、新型コロナの予防・制御・治療のための中央委員会の承認を得た後、再開を許可されるという。
これには、事業者が必要な衛生基準を満たしているかどうかについて、ヤンゴン地方政府のチェックを通過する必要がある。
同省は先月、新型コロナの蔓延を抑制するため、Cocokyun郡を除くヤンゴン地域は9月21日から自宅待機命令を受けると発表した。この命令の下では、10月7日まで工場は閉鎖され、労働者は自宅で待機することを余儀なくされ、必要不可欠な企業のみが営業を続けることが許された。先週、政府はこの命令を10月21日まで延長した。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年10月14日11:43

このページのトップへ戻る