インドシナニュース

アジア縫製業界、さらなる棲み分けを行う

アジアの衣料品製造業は今後3~4年間、競争の激化に応じて、更なる棲み分けが行われるだろうと専門家らは言う。中国、タイ、ベトナムは高級衣料を主に生産し、バングラデシュ、ラオス、ミャンマー、カンボジアは廉価品を主に生産するだろう。

現在のところ、世界市場の衣類の大部分がアジアで生産されている。2005年から2011年までの間に、ベトナムの衣料品輸出は32%増加し、中国は15%増加した。インド、トルコ、マレーシア、タイの増加率は約7%であるとベトナム繊維協会(Vitas)のデータは示す。

タイ衣料品製造者協会(TGMA)の統計からは、中国からの衣料品輸出が世界の衣料品輸出の35%を占めることがわかる。バングラデシュ、インド、パキスタン、スリランカは世界市場の16%から18%を占める。東南アジア諸国に関しては、この数字は10~12%である。

操業開始時の必要資本が小さくて済み、アジアには多くの安い労働力があるので、衣料品製造や繊維産業はアジアの多くの国々で経済発展における重要な役割を果たしているが、一方で、人々の利益に大きな影響力を持つ。

カンボジア衣料品製造者協会会長Lu Qijian氏によると、カンボジアの繊維輸出は同国の輸出総額の80%以上を占めていると言う。GDPへの貢献は15%から18%になる。バングラデシュの衣類輸出収入は同国の年間の外貨収入の約78%に相当する。

南アジア、あるいは、東南アジア諸国の衣料産業は好景気だが、開発はまだ一部に限定されているという問題に直面している。1つの重大な問題は労働コストの上昇である。

安い労働力がアジアの繊維産業の利点だが、東南アジア諸国では、それが一層明白である。 しかし、近年、労働コストは上昇している。ベトナムの最低賃金は20%上がり、今年、インドネシアとラオスはそれぞれ20%と22%上昇した。カンボジア人の平均月収はおよそ100ドルで、それが労働力不足の問題に繋がっている。

労働力に加えて、投資家は低い生産性と粗悪な製品品質への心配に対処しなければならない。そのうえ、原料輸入に依存し過ぎているので、東南アジアの衣料産業の正味価格を上げるのは難しい。

タイの生地メーカーの社長は、現在のところ、唯一タイだけが衣料産業の中ですべての生産工程を国内で行うことができると述べた。カンボジアとバングラデシュは、原料がなく、縫製品を生産できるだけである。

ベトナムのメディアによると、ベトナム衣料産業に必要な生地の11.8%は国内で生産される。 ほとんどの高級生地は輸入されている。2012年に、カンボジアは、中国本土、台湾、タイ、日本、韓国から31億2000万ドル相当の原料を輸入した。

中国と比べて、東南アジア諸国と南アジアの国々には、多くの利点がある。したがって、中国の廉価品衣料メーカーの中にはそういう国々へ工場を移転するところがある。Lu Qijianは、中国には先進技術と高い技能があるので、高級衣料産業はまだ中国で残っていると言う。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2013年07月27日06:00

中国-アセアン繊維産業、連携強める

過去数年間で、中国及びアセアンの繊維産業は同じ問題に面している。つまり、世界的な経済危機が続き、国際的な景気後退がオーダーを抑え、さらには、労働コストと他の要素も相俟って、アパレル産業は状況に関して楽観的ではない。

ついには、中国及びアセアンの繊維産業は、力を合わせて、「悪」を探し出し、強い力で対抗しようと決めたのである。

ちょうど今月、 中国-アセアン繊維産業同盟は中国-アセアンビジネス協議会設立を発表し、事務次長Xu Ningning氏は、中国-アセアン自由貿易圏は産業協力の1つ重要な手段として完成し、双方がアパレル産業の互いに有益な発展を促進できると述べた。

カンボジア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、および他のアセアン諸国では、繊維工業連合会の7人のリーダーが共同立会いの下、中国-アセアンビジネス協議会を代表してXu Ningning氏とアセアン繊維産業連合議長兼ラオス衣料協会会長One-Sy Boutsivongsakd氏とが協力覚書に署名した。

カンボジア衣料製造協会会長Wen Sujan氏は、アセアン諸国と中国は関税0の優先政策のメリットを享受し、加盟国が市場情報を交換し、ブランドを作り上げることで、次の20年、消費者の高まる需要( http://www.best-news.us/ )に合わせながら、衣料品の変化動向に対応して、市場の潜在能力を開発していくことができると述べた。Sujan Wen氏は、中国とアセアンの協力は10億人以上の消費者に利益をもたらすが、それを促進していくうえで中国とアセアンのアパレル産業は積極的な役割を果たすと述べた。

確かに、アセアン諸国の繊維産業が経済成長のうえで果たす役割を過小評価するべきではない。

インドネシア織物協会会長Ade Sudrajat Usman氏は、昨年のインドネシアの人口は2億5000万人で、アパレル産業成長率はインドネシアの他の業界の成長より高い7.5%に達していると述べた。また、マレーシア織物製造者協会理事長Seow Hon Cheong氏は、マレーシアの繊維製品輸出は増加していると指摘した。

シンガポール繊維ファッション連合名誉会長Ang Boon Cheow氏の指摘によれば、シンガポールのアパレル産業の強さは、金融、ファッション・デザイン、地域でのブランド展開、約束されたシンガポールおよび中国の衣料産業協力を反映しているという。また、ベトナム繊維協会副会長Dang Phuong Dung女史は、ベトナムが世界の繊維製品のトップ10に入る輸出国であるが、原料は中国から輸入していると発言した。

タイ織物工業連合会議長Somsak Srisuponvanit氏は、タイと中国との繊維産業における協力が非常に補完的であると述べた。(金融ニュース http://www.best-news.us/ )。最新のデータでは、2013年1月-4月のタイ繊維輸出金額は全体で32億4200万米ドルに昇り、対昨年比で2.62%増加した。タイはほとんどの製品をアセアン市場に輸出し、輸出金額は5億2480万米ドルで、輸出全体の22%を占めており、対昨年同期比で3.7%成長している。アメリカと日本が1位と2位のタイの衣料品の消費国であり、これ以外ではタイの繊維製品の主要市場は、欧州連合や香港を含む中国や韓国やアセアン諸国である。

近年、アセアン市場は中国が輸出を伸ばしている市場である。税関の統計によると、今年1月から4月まで、両者の繊維製品の取引高は、114億6000万米ドルで、57.7%の増加である。 中国の輸出品目の72.9%は織物とニット製品であり、輸入品の52.3%が原糸である。さらには、中国はニット製品の輸入を急速に伸ばしており、輸入金額は1億1000万米ドルと、42.2%増加している。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2013年07月08日14:38

マレーシア:KLファッション・ウィークエンドは英国ファッション・ブランドを特集

イギリスの人気小売ブランドが、2013年秋冬KLファッション・ウィークエンドで特集して紹介される。

在マレーシア英国高等弁務官Simon Featherstone氏は公式にイギリスとマレーシアの政府によってマレーシアで開催される初の共同大規模イベント「すばらしい英国ファッションを特集するKL ファッション・ウィークエンド」に着手した。

イベントはイギリスとマレーシアの首相が2016年までに両国間の貿易を現状の40億ポンドから80億ポンドまで倍増するという任務を支持して開催される。

また、公式の開始式では、ファッションショーが開催され、Featherstone氏によって「目世界トップのショッピング都市の1つとしてのロンドンと並んでクアラルンプールを促進する活動のプログラムにおける第一歩」と説明された。

「マレーシア人は説く各英国風のものが好きで、イギリスの小売ブランドは活発なマレーシア市場に非常に成功することは立証済み。」とFeatherstone氏は言う。

例として、彼は、イギリスの大手百貨店チェーンDebenhamsを挙げ、2008年に2店舗でマレーシア市場に参入し、それが、今では、マレーシア市場でかなりのビジネスチャンスを見いだし、今後8年以内にDebenhamsは10店舗以上出店することを望んでいるという。

6月14日にはGlobal Retail Venturesが、マレーシアでよく知られた3つのイギリスのアパレル・ブランド、すなわち、Blue Inc、Jane Norman、Accessorizeを始めると発表した。

2012年8月に、英首相は、イギリスのTradeと投資が小売部門の戦略支援を提供すると発表しました、イギリスの小売部門が、より多くのビジネスに国際的に勝つのを助けて、イギリスへの、より貴重な投資を保証するのに集中しています。

戦略支援の一部として、イギリスの小売産業を支持するそのような大規模なキャンペーンを保持して、イギリスの小売業者が成長とダイナミックなマレーシアの市場に入るよう奨励するのが明確に目的とされるためにマレーシアは最初の海外のポストになるでしょう、とFeatherstone氏は言いました。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2013年06月26日14:00

アセアンは中国からの繊維輸出にとって最大の市場になる

最近発表されたデータによれば、中国の繊維輸出金額は4月に244億9000万米ドルで18.3%上昇している。そのうち、輸出は222億8000万米ドルで18.5%増加、輸入は22億1000万米ドルで15.8%増加している。

統計によれば、今年1月から4月までの中国の繊維製品の貿易取引高は882億7000万米ドルで、16%増加している。そのうち、輸出は801億7000万米ドルで16.5%増加し、輸入は81億米ドルで10.8%増加している。

中国の繊維輸出は、3ヶ月間の変動の後、4月に入って再び2桁の成長率を見せた。4月には、アセアン諸国への輸出が、香港向け45%増を凌ぐ、71%増と跳ね上がった。EU及び米国向けもそれぞれ2.8%と1.3%伸びた。

アセアンへの織物とアパレル製品の輸出は4月にそれぞれ40.6%と139%伸び、中国にとって繊維製品の最大輸出市場であるEUを追い越した。数量ベースでは、アセアン向けのニット製品と布帛製品の輸出が約48%と最大上昇を記録した。

 

 

その他 ジャンル:
最終更新:2013年06月13日14:00

なぜファスト・ファッションの大企業は揃ってベトナムを目指すのか?

工場の火災から強制労働まで、東南アジアでの大規模生産の成長は問題なしでは進まないが、この地域は「労働搾取工場」の評判を振り払うのに、バングラデシュの教訓を活かすことはできる。

先週、ダッカ郊外での550名の死者・生存不明者を出した建物の倒壊に、世界的トップブランドは皆、廉価で華やかなファスト・ファッション衣料品を生産する工場の現状を目の当たりにして、狼狽するばかりだった。

不買運動の話の最中、ファッション界に夢中な人が「血まみれのドレスを着るべきであるかどうか」と考える前に、バングラデシュは産業を改革する必要があるとバングラデシュ労働団結センターのKalpona Akter氏はAFPに述べた。

共産主義国家ベトナムは、使い捨てのファッション産業の巨人ザラ、マンゴ、H&Mらのための衣料品を生産しているが、「非常に強い」労働法、適正賃金、健康的な衣料産業を維持するのが可能であることを示していると専門家は言う。

「それは底辺に向かってのレースではありません。」とベトナム国際労働機関Better Workプロジェクトのプログラム・マネージャTara Rangarajan女史はAFPに語った。

「労働搾取工場は短期間、即座の報酬支払、低コスト戦略の一部です。(ベトナムは)まさしく安い労働力以外の何かで長期に競争力を持っていたい。」そのため、法を実施して、改良しようとしていると彼女は言い足した。

「自分達が評判を維持したい」なら、バイヤーは賃金がバングラデシュより約3倍高いベトナムに釘付けになると彼女は言い足した。

2013年第1四半期のアパレル製品輸出は31億米ドルで、対昨年比で18.3%増加した。ベトナムの法律専門家Nguyen Dinh Huan氏は、政府の「No.1優先権」が技術革新であるとAFPに言った。

対照的に、バングラデシュは、「低価格生産を専門にし」て、技術に投資して、革新するよりむしろ労働搾取工場モデルにしがみついているとCollectif Ethique sur l'etiquetteのコーディネイタNayla Ajaltouni氏は述べた。

「繊維産業は非常に急速に成長したが、それで私たちは慢性化する健康と安全性の問題を集中的に目にすることになるのです。」と彼女はAFPに言った。

最近の建物の倒壊に対する批判が転機となるだろうと彼女は言う。「人道的理由ではなく、抗議がサプライ・チェーンを擾乱しはじめたために」、2011年にバングラデシュは最低賃金を引き上げた。

「ちょっと皮肉なものですが、この事故はメディアや市民がブランドを動かせるかという重大なポイントでもあります。」と彼女は言い足した。

タイでは、1993年におもちゃの工場の火災で188人が亡くなった後、工場の規格がかなり向上した。それでも、活動家は、特に小規模の工場の状態がまだ問題が多い場合があると言う。

カンボジアでは、衣料産業が1990年代に発展し、「労働搾取工場」ラベルを避けようと、意識的な戦略をとり、国はILO のBetter Factoriesプログラムを受け入れたが、労働組合のリーダーによれば、最低限の効果があるだけだと言う。

数千名の縫製労働者が、メーデーを機に賃金引上げと労働条件改善を要求して首都プノンペンをデモ行進した。

しかし、バングラデシュ輸出協会会長Abdus Salam Murshedy氏は、バングラデシュには「既に、国際的な工場があるが、…利益を最大化するために、バイヤーは注文を置かない。」と言う。

アン・エリザベス・ムーア(元『パンクプラネット』誌副編集長、『アンマーケタブル』著者)は、問題が「マーケティングやブランディングのため、安い衣服や労働乱用や安全衛生規格との本当の関係は消費者に決してあからさまに提示されないということです。」と言う。

「この枠組みで、長期的な利益の視点に立たないなら、バイヤーは労働問題に関心を寄せることはないだろう。」と世界的に広く衣料産業について書き続けたムーア女史は、AFPに語った。

しかし、バングラデシュの最近の事故への関心から「そのビルにあったか否かに関係なく、すべての会社が圧力をかけられてサプライ・チェーン管理の見直しを迫られています。」と香港を拠点とする世界的ファッション・ブランドを持つ企業のマネージャが、会社の規定でメディアと話すことができないので、匿名を条件として語ってくれた。

「しかし、究極的にはバイヤーは、バングラデシュのシステムを変えることはできません。 (政府は) 責任を取る必要があります。」とマネージャは付け加え、バングラデシュは、ベトナムと異なり、最低賃金引き上げの基準も課してないし、縫製労働者が組合を作ることも許容しないと指摘する。

また、労働基準が向上しないなら、約80%の輸出収入を占める大黒柱の収入源産業が危険であるとバングラ政府はわかる必要があると彼女は言う。

「多くのバイヤーがミャンマーやケニアやエチオピアを調べています。バイヤーらは、もはやバングラデシュを長期ハブであると見做しません。… あまりにも問題が多すぎます。」

その他 ジャンル:
最終更新:2013年05月10日09:28

マレーシア:生地及び衣料品輸出を2020年までに倍増

新しいレポートによると、マレーシアの生地と衣料品輸出は、2011年に強く前進したが、今後2020年までに年間75億米ドルと現在から倍増させる計画が組まれている。

2011年に、マレーシアの生地及び衣料品輸出は、大幅な28.4%増加、38億米ドルに達したとTextile Outlook Internationalの最新版は言う。

このうち、生地輸出は33.5%増、25億米ドルまで成長し、全繊維製品輸出の65.3%のシェアを占めている一方、衣料品は19.8%増、 13億米ドルに達し、全繊維製品輸出の34.7%の割当を占める。

2011年に達成できた強い前進が、今後の輸出の強い上昇傾向の始まりとなることをマレーシア繊維産業界は望んでいる。

こうした希望は政府が繊維産業を更に発展させたいという計画に基づいており、それは、マレーシア経済一般と同調して、ハイテク及び高付加価値製品に対する関心に繋がっている。

これらの計画は、近年の他の産業界の急成長にもかかわらず、マレーシア政府がいまだ繊維産業を可能性ある産業と考えているという事実を反映している。

また、マレーシアは外国人投資家にとって特に魅力的な場所である。マレーシア政府はビジネスに対し支持を示し、関与を示し、そして、会社が成長を成し遂げて利益を生み出す機会がある良好な環境を確立するという方針を実行していく。

繊維産業の新しい発展領域は、国の第3産業マスタープランの中で指定され、推進されることになった。

これらの領域には、産業資材やホーム・テキスタイル、機能性素材、民族調素材とハイエンド素材や衣類を含む。

加えて、デザイン・ハウス、ファッション・センター、特殊染色・仕上げ施設などキーとなるサポート施設とサービスにより大きな力点を入れる計画がある。

レポート『マレーシア繊維産業の展望』は、Textile Outlook Internationalの158号に掲載された。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2012年11月14日14:00

ミャンマー:縫製工場増加で仕事経験有無にかかわらず人材採用

ミャンマー国内で縫製工場が急激に増加している為、人材採用には業務経験の有無に関わらず100人単位で雇用するようになった。

見習いとして小学校、中学校卒業者を雇用している。「多くは田舎から来ておりその人たちは寮のある企業で働かないと家に仕送り出来ない。仕事の経験がないものでも教育する」とある担当者は話している。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2012年10月18日12:00

日本のアセアン諸国からの衣類輸入が大きく伸びる

日本の輸入業者の協会によると、7月に日本への衣類の輸入は総額1746億円と対前年同期比で2.4%上昇し、輸入点数では1億9000万点以上と4%増加した。

衣類の輸入の増加は、多くの国の力強い成長の結果と見られ、具体的には、インドネシアからの輸入は63.3%増加し368.9万円に、バングラデシュから52%増加し366.2万円に、ベトナムから24.1%増加し1309.5万円に、ミャンマーから19.1%増加し227.8万円に、タイから13.1%増加し194.9万円になった。全体では、アセアン諸国から日本への繊維輸入は27.1%増加した。

一方、中国からの輸入は、金額ベースで3.1%下落し1億2925.1万円で、数量ベースで8.9%減少し2億3529万点となった。このように、衣類の輸入市場における中国のシェアは4ポイント下落し、金額ベースで74%、数量ベースで81.1%になった。

その他 ジャンル:
最終更新:2012年09月21日06:00

ベトナム製ナイトウェアのアメリカでのシェアが減少

2012年、アメリカのナイトウェア輸入は、2011年に10%減少したのちも、引き続き減少している。アメリカ通商部の最新の統計データによれば、アメリカのナイトウェア(Cat.351/651)の輸入は、今年上半期現在、対昨年同期比で数量ベース6.41%及び金額ベース8.17%減少し、それぞれ1180万ダースと4億9900万USDとなっている。
そのうち、アメリカのナイトウェア(Cat.351/651)の輸入先ビッグ3は中国、カンボジア、ベトナムで、これらは量の多少はあれど、いずれも減少している。アメリカがナイトウェア(Cat.351/651)の輸入を最も大きく減らしたのはベトナムで、対昨年同期比、数量ベース17%減、金額ベース20%減で、64万4000ダース、3340万USDである。これは、2011年のアメリカの本品目の輸入状況と完全に逆行している。2011年には、ベトナム製のこの品目はアメリカ市場ではかなりの強さを誇っていた。ベトナムは唯一成長率が伸びた国で、しかも、アメリカ市場へのナイトウェア(Cat.351/651)の輸出は、対2010年比で17%の伸びを記録した。アメリカでのこの品目の需要が大きく落ちると、各国からの輸入も減少し、中国12%減少、インド21%減少、バングラデシュ35%減少などとなっている。結果的には、ベトナムのアメリカ市場におけるこの品目の競争力ももはや維持できなくなった。
一方で、インドやバングラデシュのナイトウェア(Cat.351/651)メーカーは自社の生産の改善に躍起になっている。状況は完全に変わった。2011年に大きく減少したのち、この2ヶ国からのナイトウェア(Cat.351/651)輸入が急速に伸びている。今年の上半期にアメリカへのインドからのナイトウェア(Cat.351/651)輸入は、対2011年同期比、数量ベースで36%、金額ベースで19%伸びている。バングラデシュからの輸入は、対昨年同期比、数量ベースで7.35%、金額ベースで5.9%伸びている。
ベトナムのナイトウェア(Cat.351/651)のアメリカ市場での競争力が低下した原因の一つは、ベトナムからアメリカへの輸入価格が非常に高く、平均で1ダースあたり52USDもすることにある。これは平均輸入価格42USDよりもはるかに高く、インドの30USD、バングラの29USDなどとは競争にならない。
輸入の減少により、アメリカ市場でのベトナム製ナイトウェア(Cat.351/651)のシェアは6.19%から5.44%まで下落した。

その他 ジャンル:
最終更新:2012年09月20日06:00

中国への繊維輸出は今年大幅に上昇

今年年初から7ヶ月の中国への生地製品とアパレル製品の輸出売上高は対前年同期比で、41%増加、1億米ドル以上に達した、とベトナム繊維協会が報告した。
原糸の輸出売上高も27%増加し2億8900万ドルに達した。

その他 ジャンル:
最終更新:2012年08月10日06:00

このページのトップへ戻る