インドシナニュース

輸出製品縫製会社、1500名を集め、操業へ

   511日、バンポ・ベトナム有限会社(100%韓国資本)は、タイグエン省フールーン県ドゥー村にて、年間120万点の生産能力を持つ輸出製品用の縫製工場の操業を開始した。

 

  これは、タイグエン省で操業に入る100%外資の工場としては2番目(1番目はシンウォン・エベネザーの縫製工場)にあたる。起工より6ヶ月で工事を完了し、総面積は4万㎡以上、総投資額は260USD以上に昇る。

  工場で縫製された製品は主にアメリカ、EU及び韓国に輸出される。計画では、これから年末までで縫製ラインを倍増し、地域の1500名の労働力に安定的な労働機会を提供する。

 

  この案件はフールーン県で最大の外国投資であり、タイグエン省で投資許可が下りてから最も速く展開する外国投資の一つでもある。

 

 

 

 

その他 ジャンル:
最終更新:2012年05月16日07:00

繊維業界幹部のための教育科開講へ

    2012年3月12日、ベトナム繊維組合の各繊維業界幹部のための教育科を、ハノイ工科大学協力のもと、ハノイ市に公式に開講させた。

     工科大学経済管理長TS Nguyen Danh Nguyen氏によると、幹部チームの教育では、専門能力、幹部の管理中級レベルを満たす技術力、上級の投資力、営業輸出拡大など目標を設定して人材を育成する、と記している。学院には厳正な規則があり、教育プログラム8つの内容に従って検査を実行する。そして、修了時には論文1つ制作する。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2012年03月21日07:00

Vinatex はThanh Hoa市への投資拡大を検討

     2012年3月15日、Thanh Hoa商工部代表であるHoang Van Hung氏は、ベトナム繊維組合を訪問した。訪問の目的は、投資の要請と、Thanh Hoaの2012年および2030年ビジョンに関する情報の追加のためである。

     Hoang Van Hung氏によると、Thanh Hoa市では、各業者、中でも繊維業界の投資を拡大させるため、好条件となる会所を増加したという。Thanh Hoaは、ユーカリやアカシアなど様々な種類の木がそびえる広大な面積の森林を持っており、その中には、ビスコース生産の主要原料も埋れているかもしれない。またThanh Hoaは、出生率が高く、勤勉で豊富な労働力を持つ市の1つでもある。

    投資拡大のため、組合は考察と研究を継続する。各繊維業者が安心して投資できるよう、早急に政府と協力して、この地域周辺のサービスを具体的に検討することが必要である。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2012年03月20日07:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る