インドシナニュース

インドネシア:アパレル業界にミャンマー進出を奨励

ミャンマーが他国の製品に広く市場開放していることから、インドネシア貿易省は潜在性を秘めた新市場への参入を中小企業に奨励している。

貿易省アセアン協力担当部長Djatmiko Bris Witjaksono氏は、ミャンマーで販売の可能性がある中小企業の製品はファッション製品であると述べた。

「ミャンマーは、民間企業・国有企業を問わず、銀行業を含むすべての分野で、アセアン地域に統合され、新しい市場になります。中小企業にもチャンスはあります。」と彼は12月9日のアセアン市場での中小企業向け資金調達強化の記者会見で述べた。

また、彼は同時に、ミャンマー以外のアセアン諸国についても、ビジネスチャンスについて調査するよう奨励した。

目下、ニーズがあると考えられている領域分野は、自動車や農業関連産業や創造産業などの中小企業である。

彼によると、多くの若いビジネスマンが2015年のアセアン経済共同体の競争に向け製品やサービスの改善により創造的な視点を持っているので、インドネシアの創造産業はひとまず置いてもよいとしている。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



その他 ジャンル:
最終更新:2013年12月13日

このページのトップへ戻る