インドシナニュース

2019年08月 のニュース一覧

フィリピン:繊維産業にインセンティブを、と輸出業者

輸出業者の包括的な組織は、米中間の貿易戦争が進行している中、繊維産業が成長し機会を獲得できるように、同産業への投資家に付加価値税(VAT)や電力料金などのインセンティブを提供することを含む包括的なパッケージを求めている。

フィリピン輸出業者連盟の繊維部門の受託者である、フィリピン外国バイヤー協会会長Robert Young氏は、繊維産業に投資する企業に税制上の優遇措置を保証するパッケージを考え出す必要があると述べた。

同氏は、このプログラムは「投資家が新しい税制改正やスキームに驚いたり妥協したりするTRABAHO(より良い、高品質の機会を引き付けるための税制改革)法案」とは異なるべきだと述べた。

TRABAHO法案に基づき、政府は、東南アジアで最も高いと見なされている国の法人所得税を30%から20%に段階的に引き下げ、フィリピン経済圏局のエコゾーンに位置する企業が享受するインセンティブとして総収入に対する5%の税を削除するなど、財政的インセンティブを合理化することを目指している。

繊維産業への投資を誘致し、進行中の米中貿易戦争からの機会を活用するために、繊維機械または機器の免税輸入ともに、12%VATの削減、特別譲歩の電力料金の付与、労働率の差を補償するインセンティブがあるべきだとYoung氏は述べた。

フィリピンは貿易戦争によってもたらされた機会を十分に活用していないと彼は言う。

貿易戦争のために中国からの移管された注文の生産需要が高まっているが、フィリピンは移転したアパレル生産注文の10%にしか対応していない。

移転されたアパレル製品の注文の大半は、外国直接投資を誘致する投資家にやさしい政策が多いためにベトナムに向けられている。

「私たちは非常に小さな規模でしか利益を得ていません。理由はフィリピンの準備が整っていないからです。有能なメーカーと地元で加工された織物に加えて必要なアクセサリーが不足しています」

製造業またはインダストリー4.0での自動化とデータ交換の現在の傾向を考えると、科学技術省によって開始されたテキスタイルテクノロジーコースを持つことも、業界にとって有益であると彼は述べる。

「繊維業界はこの5年間で革命が起こっています」と彼は言う。



その他 ジャンル:
最終更新:2019年08月18日12:46

このページのトップへ戻る