インドシナニュース

2019年06月 のニュース一覧

アセアン繊維産業連盟(AFTEX)会議開催される

627日、アセアン諸国の衣料品メーカーがプノンペンでの2日間の会議に集まり、地域全体の協力を推進するため、業界が直面する課題について話し合った。

カンボジア衣料品製造業者協会(GMAC)が主催するアセアン繊維産業連盟(AFTEX)会議は、生産コストの削減方法や製品の付加価値などの問題を議論することを目的とした。

AFTEXは、10のアセアン加盟国の繊維アパレル協会のグループである。

GMACおよびAFTEXカンボジアの会長であるVan Sou Ieng氏は、AFTEXがアセアンのすべてのアパレル生産メンバー間の協力を構築する上で重要な役割を果たし、お互いに有利な状況で成長するのを支援すると語った。

「今日議論されている重要なテーマの1つは、アセアンと中国、インド、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランドの間の巨大な自由貿易協定であるRCEP(地域包括的経済連携)のためのアパレル製品に関するAFTEXの原産地規則(ROO)に対する共通の立場です。」と彼は言った。

過去10年間のアセアンは世界の他のどの地域よりも経済的に優れている強力な地域グループとして見なされてきたと彼は述べた。

Sou Ieng氏は、この地域は世界の繊維・アパレル業界で重要な役割を果たしているが、特に最近、アパレル産業は多くの変化を遂げたと述べた。

AFTEXは互いに競争しようとしていません。私たちはパートナーシップとコラボレーションを構築しようとしています。良い時期が終わったわけではないが、それ以上に困難になっている」と彼は述べた。「これらの課題を解決するには、賢明な政府の政策、業界関係者の革新的なアイデア、そして地域的そして地域的な協力が必要です。」

「業界には長く複雑なサプライチェーンがあるため、地域や地域を問わずさまざまな関係者間のコラボレーションが非常に重要です。アセアンは経済界として単一の生産拠点を創造しようとしているので、この目標を達成するためにAFTEXは大きな役割を果たします」とSou Ieng氏は付け加えた。

AFTEX1978年に設立され、グループはローテーションベースですべての国で組織された定期的な会議を通して協力と団結の精神を維持することができたと彼は指摘した。

タイの繊維産業連盟のYuttana Silpsarnvitch会長は、各国に違いがある一方で、アセアン諸国間でサプライチェーンを統合してコスト削減を図っていると語った。

「シンガポールではブランディング、取引、デザインに焦点を当てたいのですが、ミャンマー、ラオス、カンボジアは生産性の向上を目指し、CMPからFOBへの転換を望んでいます。タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムでは、最低賃金の増加と事業運営のコストのために、製品のさらなる価値の向上を図っています。」



その他 ジャンル:
最終更新:2019年06月29日10:47

このページのトップへ戻る