インドシナニュース

2018年10月 のニュース一覧

フィリピン:伝統織物、注目を集める

1012日から14日の3日間、マカティ市のGlorietta Activity CenterHABIフェアが開催され、フィリピン製の繊維製品、伝統的な織物、綿が展示された。

見本市には、ここ数年のHABIフェアで最も多い80以上の出展者が参加した。また、初めてブルネイ、ラオス、インドネシア、ミャンマー、マレーシア、ベトナムのASEAN地域から繊維出展者が参加した。

Maribel Ongpin氏とHABIフィリピン繊維協会が共同開催したこのフェアは、カリンガ州イフガオ州ミンドロ島イロコス地方、サマル島、バシラン州ヤカン族の先住民の織物の技を紹介することを目的としている。

メトロマニラの消費者市場は、長年合成繊維の使用を検討し、国内の織布を変える多くのアイデアや可能性を引き出した。

この見本市は、展示品の販売だけでなく、地球にやさしい資源の利用とその持続可能性、

何代にもわたり継承される伝統を守る重要性について社会の認識に印象付けるものでもある。

天然素材で作られた衣類のファッションショーでは、そのスタイルとエレガンスが無限に表現できることを示した。

このフェアの見所は、ワークショップと持続可能性に関する講演を除き、piña織物の初めてのLourdes Montinola賞だった。

Montinola氏は、パイナップルの生地の国宝化に関する書籍「Piña」を執筆した。

このコンテストには、革新的な方法での布の織り、染色、刺繍、装飾をする職人が参加した。

受賞者は、Heritage Arts and CraftsArlene Tumbokon氏、the De La Cruz House of Piña Ursulita de la Cruz氏、La Hermania AtelierAna Legaspi氏であった。受賞作品はフィリピン人の誇りとなるだろう。



その他 ジャンル:
最終更新:2018年10月26日12:33

このページのトップへ戻る