インドシナニュース

2016年06月 のニュース一覧

フィリピン:縫製製品輸出が10億ドルに達する見込み

フィリピン海外バイヤー協会(FoBAP)は縫製、軽工業セクター成長への阻害要因撤廃のための政府の支援を求めた。

FoBAPのRobert Young会長は、協会加盟社による縫製製品の輸出額は2016年に10億米ドルに達する見込みであるが、軽工業製品については2億米ドルの見込みであると話す。

軽工業製品には家具、手工芸品、インテリア製品、装飾用品が含まれる。

「フィリピン縫製分野の製品は中級から高級衣料品市場向けのものです。縫製、家具や軽工業分野では、さまざまな阻害要因や障壁のために、バイヤーにとって低価格製品はすでに魅力的ではないのです」とYoung会長は話す。

FoBAPは縫製産業や軽工業の成長への主な阻害要因として高い電力コスト、人件費と資金調達を挙げた。

ミャンマー、カンボジアやベトナムでは、主力輸出産業に対し、電力、賃金、資金調達コストを政府が部分的に支援しているという。

Young会長はまた、フィリピンでのインフラ開発への多額の投資の必要性も強調した。

「インターネットの接続速度もアセアン諸国中最低です。新政権が何らかの対策を取ることを期待しています。港湾施設も改修改善が必要です。港湾の混雑が輸出障壁となっています」

FoBAPは、海外からの発注に対応すべく、さらに多くの工場の設立を呼びかけた。FoBAPは2017年上半期には縫製製品輸出は20%増加すると予測している。

「縫製分野の売上げ上昇は、バイヤーが他のアセアン諸国に政治的、社会的観点から何らかのリスク要因を感じていることによります。バイヤーはすべての卵を一つのバスケットに入れることはしませんから、フィリピンにも発注が来るようになったということです」とYoung会長は説明する。

Young会長は、近隣のアセアン諸国ではすでに現代的な生産設備が導入されていることから、フィリピンの企業、産業は労働者のスキルを向上していく必要があると話す。

「私たちは輸出産業の黄金時代を取り戻したいのです。これら問題が解決すれば、この目的にさらに近づけることになります」と彼は話す。

 

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2016年06月24日12:02

アセアン地域共通の最低賃金は本当に導入されるのか

カンボジア縫製分野の関係者は最低賃金見直し交渉に向けた準備を進めているが、アセアン地域共通の最低賃金の制定に興味を示す政府関係者もいる。

アセアンに加盟する数か国が、ベトナムのような低コスト生産国、さらには膨大な労働力を擁する中国等との賃金格差についての懸念を表明している。

最近マレーシアのクアラルンプールで開催された世界経済フォーラムの場で、インドネシアのJusef Kalla副大統領が東南アジア地域共通の標準最低賃金という概念を紹介し、さらにはベトナムとカンボジアも関心を示していると述べたと、ジャカルタポスト紙は報道している。

「競争は良いことです。それに今までのところアセアンは低賃金で負けてはいません。原材料についても、工場についても同じことです」とKella副大統領は述べたとポスト紙は報道している。しかし、副大統領は多くの世界的衣料・製靴企業がインドネシア、ベトナムやカンボジアに低賃金を求めて工場を移転させてきたことも指摘した。「こうした企業は靴や衣類を15ドルで製造し、100ドルで販売しています。このような方法で使われるのは止めましょう。域内の労働者を搾取させてはなりません」

アセアン地域の賃金にはミャンマーの日給たった2.74ドルからフィリピンの日給10.11ドルまで大きな幅がある。インドネシア提案の詳細は次回の大臣会合で説明される予定であるが、域内の他の加盟国がまだ支援を表明していないことに加え、アセアンがここまで大規模な地域基準を遂行できるかという実施能力面での問題についても疑問は残る。

 

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2016年06月16日12:02

大手ブランド縫製労働者の生活環境を明かすドキュメンタリー公開

欧米の人々はアジアの工場で縫製労働者が置かれている状況についての話を聞くことはあるとしても、その実態を目にすることはほとんどない。労働組合や労働者の権利擁護団体が構成するアジア最低賃金同盟(AFWA)が作成した短編ドキュメンタリーでは、インド、カンボジア、インドネシアの縫製工場で働く人々の生活の一端を紹介している。

このドキュメンタリーには工場の映像も含まれる。工場は必ずしも狭く、閉所恐怖症を引き起こすような、汚い壁で光も入らない部屋というわけではない。最も衝撃的なのは労働者の住環境である。トイレも水道もない、何もない一部屋を自宅として住んでいる労働者もいる。

「世界の市場に向けた高いレベルのファッション製品を作り出す労働者が、ネズミのような生活をすべきとお考えですか」とAFWAの国際コーディネーターAnannya Bhattacharjee氏は話す。

このドキュメンタリーで扱われる工場が納品するブランドは名指しされていないが、その後、H&MやGap、Walmartの下請工場での労働者の虐待についてのレポートが続く。

ドキュメンタリーでは建物の崩壊により1134人が犠牲となったRana Plazaの工場のように安全でない労働環境や、性的嫌がらせやストライキで殴られることもある労働者の待遇の悪さなどが取り上げられている。また、焦点が当てられているのは、極端な低賃金である。

月給160米ドルで働く二児の母の既婚女性は、カメラにこう話す。「当たり前の支出をカバーすることもできません」こうした主張はこのドキュメンタリーで繰り返し取り上げられる。

AFWAは食費、住居費、衣類や交通費、子供の教育、健康管理、そして少々の娯楽費と貯金を含む、購買力分析に基づく生活に十分な賃金の採用を主張している。この金額はしばしば当該国の最低賃金を少々上回るものとなるが、AFWAはすべての労働者が人間らしい生活を営むために必要な金額であるとする。

アジアの縫製製品生産国の賃金をAFWAが推奨するレベルに引き上げるための消費者側の負担は大きなものではない。労働者の権利擁護団体Clean Clothes CampaignのコーディネーターであるChrista Luginbuhl氏はこのドキュメンタリーで、賃金を引き上げた場合の小売価格の変化についての同団体による試算を紹介している。Tシャツ1枚の場合、小売価格の上昇幅は0.10米ドルにすぎない。

 

<短編ドキュメンタリー>

Living Wage Now! presented by Asia Floor Wage (Full length)

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2016年06月15日12:04

インドネシアがアセアン域内労働者の共通最低賃金を提案

インドネシアは次回のアセアン労働相会合で、加盟国の労働者保護のため最低賃金の制定を提案することを予定している。

アセアン加盟国の国民の保護に不備があるとの懸念の中、Jusef Kalla副大統領はこの共通最低賃金の概念を提案した。

Antara News Agencyの報道によると、「アセアン諸国は国民を搾取から保護する必要があるとの私の意見に対し、ベトナムは強く賛同してくれました」とKalla副大統領は6月2日に述べたという。

他のアセアン加盟国も地域内の労働者に最低賃金を導入することに関心を示しているという。

Kalla副大統領は、加盟国の労働大臣が近日中に会談し、この問題について協議すると発表した。

「全員が賛同しつつあります。カンボジアも賛成しています」と副大統領は言う。

Kalla副大統領は、インドネシア政府は大規模多国籍企業がアセアン域内でより低賃金を求めて争うような事態を望んでいないと付け加えた。

「競争は良いことです。それに今までのところアセアンは低賃金で負けてはいません。原材料についても、工場についても同じことです」とKella副大統領は言う。

インドネシア政府はアセアンの事務局長を招聘し、この問題についてベトナム、カンボジアを交えて協議する意向であるという。

「インドネシア、ベトナムとカンボジアは多数の労働者を擁しています。バングラデシュ、マレーシア、シンガポールの協力も仰ぐかもしれません。タイですらすでに人件費は高くなっています」

最近マレーシアで開催された世界経済フォーラムの場において、副大統領はアセアン地域全体に及ぶ標準最低賃金の制定を提案している。

副大統領によると、多くの多国籍製靴・縫製企業が低賃金を理由にインドネシア、ベトナム、カンボジアに工場を移転しつつある。

「こうした企業は靴や衣類を15ドルで製造し、100ドルで販売しています。このような方法で使われるのは止めましょう。域内の労働者を搾取させてはなりません」とKella副大統領は語る。

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2016年06月10日06:01

このページのトップへ戻る