インドシナニュース

2016年04月 のニュース一覧

シンガポール:iFashionが73万ドルの資金を調達 

シンガポールに拠点を置くベンチャープラットフォーム企業iFashion Groupは、初期調達に加えRimu Groupによるスタートアップ支援により73万ドルを調達した。

報道によると、ベンチャー支援企業Fatfish Internet Groupの支援を受け、iFashionは東南アジアのファッション系スタートアップ企業を対象に、挑戦的な買収戦略でベンチャープラットフォームとなろうとしている。

同社の発表によると、アジア諸国でオンライン販売の利用者が増加する中、iFashion Groupはオンラインファッション・ライフスタイル企業との協力、共生と相乗的なリソース共有を行うことで急速な成長を達成しようとしている。

「ファッション・ライフスタイル産業は高度に細分化されており、多くのブランドが限られたリソースの小規模なチームにより運営されています。iFashion Groupは成長著しいアジア地域のファッション拠点となり、ロジスティック、倉庫保管、生産、金融サービスやセールス、フルフィルメントに至るまで多様なB2B及び助言サービスの提供を目指しています」と発表は続く。

iFashionのベンチャープラットフォームを利用するスタートアップ企業は、事業の成長のために相乗的なリソース共有や、マーケティングのノウハウを活用することができる。

デジタルメディアネットワークのYello Mobileの挑戦的な買収戦略をモデルに、iFashionは創業3-5年で、市場牽引力があり、拡大を目指す企業と協力したいとしている。iFashion

はオンライン起業家に助言、マーケティング、ロジスティック、倉庫保管、セールス、フルフィルメント、金融サービス等の多様なサービスを提供できるとしている。

「電子取引の件数や物量の増加に伴い、顧客企業はiFashionが提供する様々なビジネスサービスと市場知識を活かし、効率的に事業の拡大を目指すことができるようになります」とiFashion GroupのJeneen Goh社長は話す。

iFashion Groupはオンラインファッション産業向けのB2Bベンチャープラットフォームを創設するシンガポール初の企業となる。

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2016年04月16日08:58

このページのトップへ戻る