インドシナニュース

2013年12月 のニュース一覧

2013年を振り返って--アパレル生産国の勝ち組と負け組

<勝ち組>

ミャンマー

欧米諸国の経済制裁解除とともに、中国に代わる安価な調達先を模索する企業による、ミャンマー衣料産業への関心の高まりが見られる。ミャンマーはインフラや需要に対する生産能力の整備で遅れがあるものの、SMARTミャンマーと呼ばれるヨーロッパの支援で今年始められた新しいプロジェクトは、株主向けにヨーロッパ視察旅行や優良企業向けに模範企業や評価の認識などの基本的な訓練を提供し、生産能力を確保し、技能を高めようとするものである。29の欧米のアパレル企業での主要な調達担当者への最近の調査結果を見ると、回答者の47%がミャンマーをトップ3に入れていた。

 

ベトナム

商工省のデータによれば、ベトナムでは、輸出が急増し、年初からの9ヶ月間で繊維製品輸出は18%増加の132億米ドルに達した。米国が依然としてベトナムの最大の輸出市場で、輸出金額は9.2%増加の64億ドル、続くEU市場は14%増加の19億8000万米ドルである。最近のあるレポートによると、2030年までには中国が米国を抜いてベトナムの最大の貿易相手国になると予想され、昨年1年間の中国への輸出は33%成長し、この方向で進んでいる。ベトナムから日本を除くアジアへの輸出は2013年から2020年までの期間に1年あたり平均15%上昇すると予想される。

 

<負け組>

カンボジア

GapやH&Mなどのアパレル小売業に商品を供給するカンボジアのSL縫製加工での問題は、今年数カ月間にわたって継続し、いまだ解決の見通しは立っていない。労働条件と新任マネージャー解任を巡って3カ月のストライキが発生し、動揺や生産の混乱を引き起こした。フルタイムの労働者の最低賃金は5月に1カ月あたり80米ドルまで引き上げられたが、アジア最低賃金連盟は、それでも、新しい基準金額はカンボジア人の労働者と家族の生活の基本的需要をカバーするのに必要とする274ドルの月間生活賃金の4分の1でしかないと言う。カンボジアの現地労働組合は1カ月あたり89~150ドルまで賃金の引き上げを求めている。

 

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2013年12月16日21:48

インドネシア:アパレル業界にミャンマー進出を奨励

ミャンマーが他国の製品に広く市場開放していることから、インドネシア貿易省は潜在性を秘めた新市場への参入を中小企業に奨励している。

貿易省アセアン協力担当部長Djatmiko Bris Witjaksono氏は、ミャンマーで販売の可能性がある中小企業の製品はファッション製品であると述べた。

「ミャンマーは、民間企業・国有企業を問わず、銀行業を含むすべての分野で、アセアン地域に統合され、新しい市場になります。中小企業にもチャンスはあります。」と彼は12月9日のアセアン市場での中小企業向け資金調達強化の記者会見で述べた。

また、彼は同時に、ミャンマー以外のアセアン諸国についても、ビジネスチャンスについて調査するよう奨励した。

目下、ニーズがあると考えられている領域分野は、自動車や農業関連産業や創造産業などの中小企業である。

彼によると、多くの若いビジネスマンが2015年のアセアン経済共同体の競争に向け製品やサービスの改善により創造的な視点を持っているので、インドネシアの創造産業はひとまず置いてもよいとしている。

 

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2013年12月13日06:00

インドシナニュース

国別

キーワードから探す

このページのトップへ戻る