インドシナニュース

2013年08月 のニュース一覧

2012年のアジアからの欧米向け輸出減退

欧米諸国へのアセアン加盟国からの衣類と織物の輸出は2012年に減退したと台湾繊維連盟(TTF)は発表した。

CNAレポートによると、輸出の最大の衰退はフィリピンで、繊維製品の主要市場への輸出が前年比17%減少したと台湾繊維連盟(TTF)は述べた。

アセアン加盟国はパフォーマンスにより著しい違いがあるが、総合的な傾向は輸出の低下の兆候を示したと台湾繊維連盟(TTF)は最新の報告に基づき述べた。

同期間中、マレーシアとタイから主要市場への繊維製品輸出はそれぞれ前年比12.2%と12.4%落ちた。 また、インドネシアからこれらの市場までの繊維製品輸出は、対前年比6.3%下がった。

しかしながら、いくつかのアセアン加盟国の輸出は、この1年、特にカンボジア及びベトナムの活躍は目覚ましいものがあり、2012年には、米国とEUへの繊維製品の輸出で前年対比それぞれ8.7%と8.5%増加した。

台湾繊維連盟(TTF)は、EUにおけるカンボジア製繊維製品の販売が一般関税優遇制度(GSP)の下で原産地規則(RoO)の評価基準を弛緩するというEUの決定により対前年比32.4%成長したと言うが、米国市場への輸出は前年比で2%低下した。

EUへのベトナム製繊維製品輸出で刺激され、米国、日本、中国、ロシア、韓国などを含むいくつかの市場で販売は伸びている。

» 続きを読む

その他 ジャンル:
最終更新:2013年08月30日10:10

このページのトップへ戻る