インドシナニュース

2012年11月 のニュース一覧

マレーシア:生地及び衣料品輸出を2020年までに倍増

新しいレポートによると、マレーシアの生地と衣料品輸出は、2011年に強く前進したが、今後2020年までに年間75億米ドルと現在から倍増させる計画が組まれている。

2011年に、マレーシアの生地及び衣料品輸出は、大幅な28.4%増加、38億米ドルに達したとTextile Outlook Internationalの最新版は言う。

このうち、生地輸出は33.5%増、25億米ドルまで成長し、全繊維製品輸出の65.3%のシェアを占めている一方、衣料品は19.8%増、 13億米ドルに達し、全繊維製品輸出の34.7%の割当を占める。

2011年に達成できた強い前進が、今後の輸出の強い上昇傾向の始まりとなることをマレーシア繊維産業界は望んでいる。

こうした希望は政府が繊維産業を更に発展させたいという計画に基づいており、それは、マレーシア経済一般と同調して、ハイテク及び高付加価値製品に対する関心に繋がっている。

これらの計画は、近年の他の産業界の急成長にもかかわらず、マレーシア政府がいまだ繊維産業を可能性ある産業と考えているという事実を反映している。

また、マレーシアは外国人投資家にとって特に魅力的な場所である。マレーシア政府はビジネスに対し支持を示し、関与を示し、そして、会社が成長を成し遂げて利益を生み出す機会がある良好な環境を確立するという方針を実行していく。

繊維産業の新しい発展領域は、国の第3産業マスタープランの中で指定され、推進されることになった。

これらの領域には、産業資材やホーム・テキスタイル、機能性素材、民族調素材とハイエンド素材や衣類を含む。

加えて、デザイン・ハウス、ファッション・センター、特殊染色・仕上げ施設などキーとなるサポート施設とサービスにより大きな力点を入れる計画がある。

レポート『マレーシア繊維産業の展望』は、Textile Outlook Internationalの158号に掲載された。

 

その他 ジャンル:
最終更新:2012年11月14日14:00

このページのトップへ戻る