インドシナニュース

ラオス:弱まる米ドルに繊維産業が懸念

ラオスの衣料産業は、米ドルがラオスの通貨キップに対して続落しており、アパレル製品輸出業者には大きな試練となっている。

「私たちは、この20年間で最大の難局に直面しています。」とラオス縫製産業協会会長Onesy Boutsivongsakd氏はビエンチャン・タイムズ紙に述べた。繊維産業は5大外貨獲得産業のうちの一つであるので、各部署は産業をサポートしてほしいと訴えた。

米ドルはラオス・キップに対して下落を続けている。昨年の8,000ラオス・キップから昨日までで7,713ラオス・キップまで低下した。2000年には米ドルは1万ラオス・キップの相当だった。米ドルに対するラオス・キップの上昇は鉱業と水力発電による強い経済成長の結果である。

Onesy氏によれば、衣料品縫製産業はラオス・キップの上昇に苦しんでいるだけではなく、昨年の政府による34万8000ラオス・キップから62万6000ラオス・キップへの最低賃金の引き上げによる労働コストの上昇にも苦しんでいると言う。

世界的な景気後退で、世界中で需要が冷え込んだため、衣料産業は製品の高値販売を期待できないとも彼は言う。

Onesy氏は、政府が最低賃金をやむを得ず増加させたのは生活費の上昇であったことを考えると、政府が今取らなければならない最も緊急方策の1つは、上昇する物価の抑制であると言う。

米ドルの下落の結果、閉鎖に追い込まれた衣料品縫製工場があるかどうかわからないと彼は言う。

分析では、欧米市場で需要が冷え込んでおり、米ドルで契約がされるので、困難に遭遇しているのは、欧米市場に輸出する衣料品縫製工場だけであると示している。タイ、中国、日本などに輸出している工場は、これらの国の通貨は価値が上がっていて、契約がその通貨でなされるので、米ドルのラオス・キップに対する下落の影響を受けない。

国立経済研究所の経済学者は、状況が厳しくなっているため、ビジネスの生き残りを助けるため衣料産業に対する支援を提供するべきであると言う。

衣料品縫製工場の閉鎖は数千人の労働者の解雇を意味すると言う。現在のところ、繊維産業は、全国で2万人以上を雇用している。

ADBからのレポートによると、繊維産業の2012年の輸出額は1億7300万米ドルで、対前年比で、25%減少している。繊維産業の輸出額の減退は、欧米市場の需要の低下と労働力の不足が原因である。

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2013年04月25日10:48

ラオス企業は最低賃金引き上げに応じず

縫製工場を中心とした多くのラオス企業は1月1日に施行された最低賃金の引き上げに従っていない。

政府は、1ヶ月あたりの最低賃金を34万8000キップ(約44米ドル)から62万6000キップ(約80米ドル)に引き上げると発表した。

発表では、昼食、出来高、福利などの手当ては従来通りとし、非熟練労働者に対し1ヶ月あたりの最低賃金62万6000キップを支払わなければならないとしている。

雇用主側がこの最低賃金引き上げの規定に従わない実態は繰り返し報告されてきた。政府は、時折、企業が新政策に従うのを保証するために検査を行うと発表したが、 貿易組合連盟ではこれまで多くの企業が規定に従っていないと述べた。

「多くの仕事場の従業員は月給を上げてもらっていません。」と同組合労働者保護部事務総長Ounkham Bounyaseng氏は、先週、ビエンチャンタイムズに語った。

「労働者の中には最低賃金の62万6000キップも払ってもらえていない者もいます。」

Xaythany地区の匿名の縫製工場労働者は、合計でも62万6000キップももらえていないと言う。

Ounkham氏は、多くの企業が最低賃金を引き上げて支払っているが、手当て支給をやめたと言う。それは政府の指示の取り違いである。

最低賃金が基準どおりに引き上げられても、他の手当てが削減されて、労働者への払込金額が同じままなら、これは新しい賃金政策に完全に違反であると政府関係者は言う。これは、経費を節減しようとする雇用主側の故意的な誤解であると言う関係者もいる。

労働者は時々代表者を政府機関に送って、企業に新規則を守ることを強制するよう組合に陳情を提出したとOunkham氏は言う。

組合は関連政府機関省庁に状況を報告して、厳密に政策を実施するように頼んだと彼は言うが、問題がまだ解決されていないことを認めた。3月に組合と労働社会福祉省とラオス全国商工会議所の間で行われる予定である三者会談に、組合は再び問題を提起するつもりでいる。

関係者は、政府は上昇する生活費のために非熟練労働者に対して最低賃金を引き上げたと言う。とりわけラオスの最低賃金は非常に低いので、労働者が物価上昇に対処するのに苦しんでいると認めた。

手当なしで62万6000キップの月給しかないとすれば、ラオスの非熟練労働者は1日あたり約2万4000キップしか収入がない。これはタイの非熟練労働者が得られる7万6000キップの1/3であるが、タイのほうが生活費はラオスより低い。

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2013年02月25日14:00

ラオスの目標は年間5億米ドルのアパレル製品輸出

商工省副大臣Siaosavath Savangsuksa氏によれば、ラオス縫製協会は、年間5億米ドルのアパレル製品輸出と今後5年間で60万以上の雇用の創出を目標としている。

「ラオスは世界47ヶ国と貿易協定を結び、私たちは2011年の30万人から2015年には60万人まで雇用を増加すると約束しました。」と Siaosavath氏は1月18日に首都ビエンチャンで行われた第32回アセアン縫製連盟会議の席で述べた。

「アセアンと国際経済社会の間での貿易の簡易化を認識して、私たちは、貿易、投資、観光、輸送、サービスを容易にするため、基本的なインフラの整備に多大な努力をしました。」とSiewsavath氏は言った。

ラオス ジャンル:
最終更新:2013年01月29日14:00

ラオスの縫製業界の労働力は2015年には6万人規模

ラオスの縫製産業は、労働力を集めるための大規模な広報計画を発表し、2015年までに6万人に労働力を倍増する目標を掲げている。

この動きは、ラオス縫製産業協会の進める技能養成と並行するもので、繊維技能開発センター(GSC)がこの分野での仕事の利点に関する詳細情報を提供する。

国際基準によると、2011年の世界銀行の報告書では1人あたりの年間収入は1130米ドルだが、ラオスの賃金レベルはまだ低く、貧しい。

2012年1月には、最低賃金が月給348,000 LAK(43.50米ドル)から626,000 LAK(77米ドル)プラス手当及び残業代に増加した、と繊維技能開発センター(GSC)諮問部長Wilma Driessler女史は語った。

Wilma Driessler女史によれば、ここの縫製工員は生活費を含めて月給100から250米ドルを稼ぐことができる。建設·鉱山などの他の分野は、賃金は高いが、重労働で、危険度も高い。

ラオスの縫製産業は、長期的な労働力不足に苦しんでいるが、2015年には5億米ドルの輸出目標を設定されている。

 

注:LAKはラオス通貨kip(キープ)の略称

 

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年11月28日14:00

労働力不足がラオス繊維輸出のネック

ラオスは、縫製業の需要の増大に合わせて、工場労働者の雇用に苦慮している。

ラオスの縫製業界の労働者不足は、2015年までに衣料輸出を3倍近くにするという目標の障害となりうるし、問題はすぐに解決されそうにないと業界関係者は言う。

衣料品はラオスでは単一で最大の製造輸出品であるが、国の縫製産業協会の当局者によると、繊維業界では3年で輸出において5億米ドルの目標に到達するためには、少なくとも現在の倍の労働人口6万人を確保する必要がある。

ラオスの衣料品輸出市場は毎年約1億~2億米ドル成長していると、その当局者は匿名を条件にRFAのラオス・サービスにコメントした。

2011年現在、ラオスには、およそ110の縫製工場があり、およそ3万人の労働者を雇用していると当局者は言う。工場のうちの50社は、輸出指向で、2012年の最初の6ヶ月で、8500万米ドル以上相当の製品を出荷した。

縫製産業協会は増大する需要に合わせるために工場建設の資金をラオス政府から得るつもりでいるが、輸出量は労働力の制約によって制限される。

協会は、労働者不足を「慢性的な問題で、解決は困難で永続的」と言う。

地方の労働者は田植えと稲刈りに田舎に戻るので、その季節労働が、工場が労働者の安定した供給を維持できない理由の1つになっていると言う。

ラオスで熟練労働者の不足は縫製業界では各企業が職業訓練を増やして、労働者を近隣諸国から雇い入れることになった。しかし、こうした努力にもかかわらず、労働者の数は、まだ需要に見合っていない。

国の縫製工場の数の増加があまりに速いため、十分な労働者を確保できないと、ある政府関係者は、匿名を条件にRFAのラオス・サービスにコメントした。

ラオスの縫製産業は年間少なくとも12,500人の新人労働者を雇う必要があるが、今年は4,000-5,000を入れることができるだけで、というのも、ラオス人はタイ国境の向こうのより有利な仕事に引きつけられるのが主な原因であると彼は言う。

「ラオスには、彼らがタイに行くのを引き留める方策がありません」と彼は言う。

「タイに行くのは簡単で、パスポートか国境パスを持っていれば誰でも行けます。」

ラオスの縫製産業は過去20年間におよそ30万人の労働者を訓練したが、労働力として維持できているのはわずか3万人だけです、と当局者は言う。

世界貿易機関が最近のラオスの加盟を承認したことを受け、人口650万人の陸地に囲まれた共産主義国の縫製業拡大を援助することになっている、と当局は言う。ラオス議会による批准後、同国は2013年前半に正式にWTOに加盟することになる。

 

10ヶ国からなる東南アジア諸国連合(ASEAN)の繊維協会であるアセアン繊維工業同盟(AFTEX)によると、ラオスの衣料品輸出は、2008年に1億8900万米ドルでピークに達し、その大半が欧州連合と米国に向けられている。

縫製産業協会によると、世界的な経済危機が需要を落ち、輸出はかなり減少したが、今はまた復調しはじめた。

ラオスの衣料品の主なバイヤーはドイツとフランスだが、ラオスの工場は現在アジア市場にも活路を見ていて、需要は上昇中である、と協会は言う。

多くのメーカーが、衣料品確保のために廉価な人件費を求めて中国からラオスに向い、それが人手不足問題を悪化させたと言う。

しかし、賃金が国のインフレに追いついていないので、多くのラオス労働者は縫製業で働くのを好まないと協会関係者は言う。

平均的な縫製工の月給は、およそ63万キップ(約79米ドル)で、週6日労働での国の定めた最低賃金をわずかに上回る程度である。

製品価格が上がれば、世界市場でのラオス衣料の長所を少なくなるので、工場は労働者の賃金を上げられないと縫製産業協会は言う。

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年11月21日06:00

ラオス、WTOに加盟する

数年間の交渉および改革の後、ラオスは世界貿易機構(WTO)の一員となる確認を得られる。これにより、グローバル投資家たち待望の、中国に代わる廉価な生産国が登場したことになる。

ラオス議会は2013年までに批准する見込みである。

アジア開発銀行によれば、人口640万人の共産主義国家ラオスは、輸出入の成長が二桁であることが示しているように、既にアジアの最も急成長経済のうちの1つである。

ラオスが投資家たちにとって魅力なのは、製造業の伸びである。1990年以来、平均12%の成長を示しているが、中でも縫製業が国内総生産中、最も大きなシェアを保持している。

「ラオスのような小経済国にとっては、衣類製造業は極めて重要です」と専門家は言う。「この国が「自由に」輸出で競争することができることを示しますし、輸出は国からの支援ではなく真の自由競争の中で競そうことができる分野なのです。」

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年11月01日14:00

ラオスの生地を着物の会社が帯に利用

ラオスの農村の家の織工は日本から何千キロも離れていますが、繊細に手織りされた、込み入った複雑な柄の色鮮やかな織物は、伝統的な着物の服を作るための新しい材料として古都京都で注目を集めています。

京都の着物問屋大宮(株)は、着物の帯を作るためにラオスの織物を使用するプロジェクトを進めています。プロジェクトは、先細りする着物の市場に新たな命を吹き込むことを目指すと同時に、ラオスの女性のための雇用機会を創出し、経済的地位の改善に役立たせたいという希望もあります。

いずみこうじさんは、大宮での製品開発を担当し、最初のテキスタイル展で東南アジアの織物に導入された約2年前に帯の製作にラオスの織物を組み込むというアイデアを思いついたと語りました。

「私は美しい幾何学模様がすべて手作業で織られたと聞いた時、非常に驚きました。」といずみさんは言います。

機織りはラオスの農家の女性のとっては一般的な副業ですが、非常に精巧な技術を持っていて、世代を越えて母から娘に受け継がれています。

織物には、金、銀、赤や虹色のようなに染められた絹や綿の糸が使用され、龍や花やメコン川などの多様な柄が織りなされます。しばしば自然の美しさに対するラオスの人々の霊性と称賛を反映することもあります。

彼はプロジェクトのために道を切り開くために、過去一年間ラオスに何回も旅しました。

その手織りの暖かい肌触りが着物の材料として見事にあっているのです、といずみさんは言います。

「ラオスの織物はまた幅約20センチで、これも着物の帯を作るためのちょうどいいのです」とも彼は言います。

着物市場の需要と供給は、年々歳々縮小していて、お祝いや冠婚葬祭の場面でも伝統的な衣服を身に着けている人は少なくなっています。

マーケティング調査会社矢野経済研究所によると、着物と関連製品の小売市場規模は、2010年には3100億円程度で、​​2005年の6100億から半減しています。

 

日本人のライフスタイルの欧米化が一つの理由です。もう一つは、着物の価格が比較的高く、人々、特に若者がきものを着なくなったためです。市場の縮小に伴い、着物の生産者はまた、後継者不足に直面しています、と彼らは言います。

いずみさんの発想は、そのような背景からは逆行しています。

大宮はビエンチャンの織物業者と契約し、昨年秋に帯用にラオスの織物の生産を開始しました。

職人を訓練することによって、製品の品質を上げたので、オペレーションはすぐに勢いに乗って、春から着実に軌道に乗ってきました、といずみさんは言います。

「定期的に日本からの注文を出すことで、我々は女性らが安定した収入を得られることも願っています。」といずみさんは言います。

「我々は、二つの文化の融合が着物の新しい価値の発見をもたらし、人々は再びその美しさに気づいてくれることを願っています。」

大宮社長のふさもとしんやさんは「私は、これは日本の着物生産メーカーのインセンティブになると思う。我々はまた、さらに着物メーカーと(ラオス)織工さんたちの間の交流が深まることも願っています。」と言った。

 

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年10月20日12:00

ラオスの縫製業:労働不足との戦い

世界銀行によって発表されたラオスに関する報告書で、衣料産業が主として労働条件の劣悪さにより、熟練工を維持できないことを伝えている。

開発途上の東南アジアの国家ラオスの衣料産業は、輸出金額で毎年約2億USDを占め、大部分は欧州連合に販売される。急速な開発が進むラオスの政府の試みにおいて、製造業のうちの最大の雇用創出業界として、衣料産業は重要な役割を果たしている。

先週発表された世界銀行の報告書では、大規模及び中規模企業の人員の目減りは毎月労働力の約3.5%を占めている。

報告書によれば、これらの割合はこの地域の他の国の業界基準と比べても高く、それは、主に労働者の長時間労働および貧しい生活環境に因るものとされている。

「私が住んでいる寮は3階建てで、中はいくつかの部屋に仕切られていますが、中には20人も詰め込まれる部屋もあります。共同寝室となる以前に、そこは納屋でした。そこに扇風機だけを置き、私たちの部屋としたのです」とラオス人の工場労働者は世界銀行の調査員に伝えた。

労働者は、さらに飲み水が十分でないこと、空気が悪く熱いこと、下水道が完備していないこと、生活環境が困難なこと、工場規則が厳しく、監督者とうまく関係が持てないことなど不平不満を並べ立てた。

これらの進行中の問題だけでも、ラオス人の衣料産業の労働基準および経営慣行についての情報不足があることがはっきりと知られ、それが明白となれば、優良企業のバイヤーは思いとどまるだろう。

労働者の離職率が高いと、会社がスタッフを完全に訓練することができず、正社員を雇うことができない。報告書は、工場労働に移行する労働者への支援、組合の組織と代表者の選出、争議解決の改善が必要と示唆している。その報告書はさらに、優良バイヤーも近づきやすい、然るべき労働条件を備えた会社を監視し、保証するプログラムの設立を示唆した。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2012年09月11日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る