インドシナニュース

ラオス:労働力不足がアパレル産業への投資に影響

若い労働者の不足はラオスのアパレル産業への投資にマイナスの影響を与える可能性がある。

ラオスのアパレル産業の工場では毎年10,000名以上の縫い子が必要とされる。ラオスのアパレル産業協会の報告によると、現在30,000人の労働者は主にビエンチャンとサワンナケート省の縫製工場に集中している。投資者はより多くの縫製工場を開設したいが、彼らが心配しているのは地元の労働者不足である。

この省内の若い労働者たちは工場の募集情報を知らずに、タイへより良い仕事を探しに出て行ってしまう。当局は工場と協力して、農村に住んでいる若者たちに就職情報の提供をすべきである。可能であれば、省内での就職説明会を行うべきであろう。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ラオス ジャンル:
最終更新:2015年06月17日

このページのトップへ戻る