インドシナニュース

ラオス:縫製輸出額が5%減少

ラオス縫製産業協会(ALGI)の発表によると、2016年のラオスの縫製製品輸出額は1億6500万米ドルで、2015年から5%の減少となった。

労働者不足がラオス縫製産業の慢性的な問題であり、それが輸出額減少につながったと縫製産業協会のXaybandith Rasphone会長は最近開催された総会で述べた。

2016年時点で、ラオス国内、主にビエンチャン市内及び近郊に85の縫製工場が存在した。そのうち12工場がラオス資本である。縫製分野では日本企業が多額の投資を行っており、次いで多いのはタイ企業である。

およそ57工場が輸出向け衣料を製造している。28工場は輸出向け、国内向け双方を扱っている。31工場が衣類パーツを製造している。

こうした縫製工場では総計2万7000人が雇用されており、そのうち9割を女性が占める。

2016年のラオスからEUへの輸出は3300万点、1億4000万米ドル相当で前年比10%減、日本は140万点、960万米ドルで5%減、米国は130万点、450万米ドルで21%減、カナダは16万6515点、41万140米ドルで56%もの大幅な減少であった。

その他諸国への輸出は43万6174点、990万米ドルで64%増加している。

しかし、外国企業からの受注状況は安定しており、ラオス縫製製品の主要輸出市場は相変わらずEUである。日本企業は中国からラオスへの縫製工場の移転に関心を示している。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2017年03月30日12:01

ラオス:伝統織物とその職人がアメリカ人夫婦にインスピレーション

店ではラオスの織物の歴史や文化に焦点

Above the FrayオーナーであるMaren Beck氏とJosh Hirschstein氏にとって、複雑な織物スカーフや彼らの売店に展示しているショールは、ただ美しいだけでなく、異国情緒を感じさせる作品と捉えている。ラオスやベトナムからの旅行者やバイヤーに対し、こうした作品はその背後にいる人々や文化的な意味を想起させている。

彼らはオレゴン州Eugeneにある売店で束の間、顧客と商品や背後の物語を分かち合う。

「(お客さんは)ここで、作品の意図やそれらを制作している人々のことまで真に理解することができます。」とBeck氏は述べた。

非常に旅行好きなEugeneのこの夫婦は、当初ラオスを含む東南アジアの旅に9歳と12歳の子供を連れて出かけた。そこで彼らはこの国に魅了されたが、一旦帰国しなければならなかったため、次回のアジア旅行はラオス一国に集中することとした。

「人々が物を制作しているところへ旅行するなんて(信じられないほど素晴らしいことでした。)」と彼女は言った。「大量生産されている工芸品なんて、ここではほとんど価値がありません。」

通訳の助けを借りてBeck氏とHirschstein氏は地域社会、特に複雑で美しい織物を織る女性らに惚れ込んでいった。彼らはそれらを制作する女性らの素晴らしさや制作プロセスに関する知識を得て、友人らに販売するためにいくつかの作品を購入して帰るようになった。

その後、この夫婦は航空券代を捻出するためにさらに販売を強化するようになった。2007年に彼らはAbove the Frayを設立し、オンラインや現地のポップアップ・ショップを通じてハンドメイド作品を販売するビジネスを立ち上げた。現在この夫婦はラオスとベトナム山岳部の村を定期的に訪問し、手織りで天然素材によって染色した絹やその他の織物、宝飾品、骨董のマスク、中古工具などを仕入れている。

この家族は旅をして、仕入れた商品をビジネスとして販売する一方で、Hirschstein氏は1990年に設立されたLane Tutoring Serviceという会社も運営している、と彼は言った。長年に亘って彼らは作品を購入しているラオスの職人らと親密な関係を築いてきた。

「彼らは家族みたいなものです。」とBeck氏は言った。この夫婦はハンドメイド作品を販売するだけでなく、よく知っているラオスのコミュニティに関する本も執筆する予定である。

「ラオスにおいて機織りは文化、伝承芸術、そして衣服を通して伝えられる歴史です。」とBeck氏は言った。「機織りは、(古代から)世代を超えて受け継がれてきた芸術なのです。」

農村部のラオス人の約80%は依然として自給自足農業に頼っているとされているが、これはただ家族が生活するために農業を行っているのであり、豊かになることが目的でないことを意味している。

「彼らは肉のために動物を育て、アメリカの開拓民のように自分の家を建てます。自分のためだけにものを作っているのです。」とBeck氏は言った。

家族に誰か機織りのできる人がいれば、現金を得られる作品を生み出すことができるため家族にとって利益である、とこの夫婦は言った。複雑なパターンを織ったり染料したりと、書籍やデザインに頼らず作品を制作することは知性の証である。

「機織りは誇りの持てる重要な仕事です。」とHirschstein氏は言った。機織りはまた、男性が農業に勤しみ子供の世話する間、女性がシルク経済を受け持ち仕事をすることで女性に力を与えてきた。

売店には、ほとんどの作品に制作者の写真とその作品の情報が添付される。織物作品について制作過程のスライドショーや機織りプロセスに関するビデオに加え、この家族の旅の歴史や制作者との関係構築に関する情報が掲示されている。

「私たちの活動の半分は一種の教育です。」とBeck氏は言った。「あなたは手に取ったものについてどのような成り立ちなのか知らなければ、その作品を本当に理解したとは言えないのです。」

繊維製品は現地の文化や儀礼と密接につながっている、と彼女は生地のパターン内の複雑なデザインに表現されている様々な精神や動物の抽象模様を指し示して言った。様々な布地にはヒーリング効果もあると信じられている。

Hirschstein氏は彼らの利益の15%を、ベトナム戦争によってラオスとベトナムに残された未処理の爆弾を除去するのを支援する組織であるMines Advisory Groupに寄付していると明らかにした。

Beck氏は、ラオスでは何世紀にもわたって手織物などの工芸品を生み出してきたが、「我々は衣類、道具、バスケットなど、実際どのように制作されているのかについての理解をしてきませんでした。」と述べた。

「彼らは人であり物ではありません。」と彼女は続けた。「富によってあなたが実行できることは多くあるのです。」

しかし西洋世界では、ラオスの村人は遠隔地にいるためほとんど知られていない、と彼らは言った。そしてラオスの機織り職人が、もしこの大量生産の世界で彼らの伝統作品を販売する市場を見出せない場合、果たして作品を制作し続けることができるのか、それとも消え去ってしまうのか?という疑問について、「市場がないのであれば、それは消え去ってしまうでしょう。それは一つの芸術様式が消えていくということです。」とHirschstein氏は言った。

このことこそがBeck氏とHirschstein氏が、自分の仕事を売りこみ、彼らの第二の故郷である遥か遠くのコミュニティを支援する理由である。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2017年01月02日13:03

ラオス:アパレル産業が取り残されるリスク

ラオスのアパレル産業は近年衰退の一途を辿っている。

総輸出売上高は、1995年の8700万米ドルから2011年にピークとなる2億1900万米ドルまで増加したものの、その後2015年の1億7400万ドルまで徐々に減少している。輸出に占める衣料品のシェアもまた、2001~2005年に約36%あったのが、2011~2015年にはわずか8%となった。

アパレル産業に対する外国直接投資も、1991~2000年に6500万米ドルあったが、2001~2010年には2900万米ドル、2011~2015年にはついに1000万米ドル未満まで急減した。この減少はどのように説明できるのであろうか?

ラオスのアパレル産業は競争力を失ってきた。ラオスのアパレル産業の比較優位(RCA)指数は、鉱業、電力や電子部品等のその他主要輸出品の出現により、2001~2005年に平均13であったのが、2011~2013年にはわずか4まで低下した。

アパレル産業のRCAはまだ1をかろうじて上回っている(すなわちラオスがまだ、この産業で比較優位性を保っていることを意味する)が、この産業がじわじわと競争力を失っているという衰退のシグナルでもある。

世界市場での需要減少は、この衰退の大きな理由の一つである。ラオスのアパレル産業の大部分は、裁断・縫製・仕上げ(CMT)サービスであり、多くは近隣諸国にある大企業の下請業務である。ラオス産業の規模は、近隣の競合他社よりもはるかに小さい。

縫製工場のほとんどは、内需が弱いため、その生産量を輸出需要に依っている。そのため欧州経済やその他市場の需要低迷は、ラオスのアパレル生産の受注減少に直結する。またラオス縫製産業協会は、最近欧州市場では発注を減らすだけでなく、その需要も安価な製品へとシフトしているようだ、と示唆した。

労働力不足は、この業界における大きなボトルネックとなっている。2012年のタイにおける最低賃金の大幅な増加により、タイの労働市場はラオスを含めた近隣諸国の労働者にとって非常に魅力的なものとなった。

また国内労働市場においても、活況を呈しているサービス部門や製造部門など、他の産業との労働者獲得競争が起きており、特に経済特区で熾烈となっている。そのため特に主要な製造拠点において、アパレル産業が労働力を確保し、それを繋ぎ止めることがますます困難になっている。

アパレル産業における低い労働生産性は、製品当り生産コストの上昇につながる。ラオスの名目最低賃金は地域内でも非常に競争力がある一方で、その労働生産性は近隣諸国と比べて著しく低い。

そのため、労働生産性を加味した実質賃金はかなり高く、結果として利益幅は非常に薄くなっている。この傾向は特にCMTベースの工場で顕著で、賃金が彼らの生産コストの半分以上を占めている。

また、ラオスのアパレル産業においてサポート産業が不足している。必要な資材の大半は、たいてい親企業、契約業者やバイヤーを通じて海外から調達している。ダンボール資材が国内で調達できる唯一の資材という状況である。

国内資材の欠如は、川下業務を取り込む可能性を制限する。小規模なラオスのアパレル産業は、民間部門での経験や処理能力が少ないため、地域やグローバルのサプライチェーンに組み込まれた小さな工程において、シンプルなCMTサービスに特化せざるを得ない。サポート産業の不足もラオスのアパレル産業の発展を妨げてきた。

ラオスのアパレル産業を支援するために一体何を行うことができるであろうか?すぐに着手可能な手段としては、農業から製造業への労働力の移動を促すことによって、より多くの労働力をこの産業に動員することである。

このような動きを促進するために、農業と製造業間の賃金格差を十分に高くする必要がある。各社で独自に賃金を増加させることは業界に高い負担をかける。そのため政府は、労働生産性を向上させ、労働者に対して労働基準や行動規範に関する教育を実施するために、さらなるサポートを提供する必要がある。

ラオスのアパレル産業はアセアン諸国とともに成長することができるよう、特にベトナム、タイ、カンボジアの大企業など、アセアン域内のアパレル製造各社との連携を強めていく必要がある。このアセアン域市場は、各国の強みや限界に基づいた労働部門を持つ一つの統合された生産ブロックとして、グローバルサプライチェーンにおいてより良い扱いを受けることが可能になるだろう。

 

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2016年06月13日06:03

ラオス:労働力不足で縫製産業は縮小

ラオス縫製産業協会は労働力不足により縫製産業が縮小していると発表した。

ビエンチャンで3月25日に開催された縫製産業協会の年次会で、2003年から2011年にかけて縫製産業は拡大を続けてきたが、2012年以降は規模を縮小しつつあると同協会のXaybandith Rasphone会長は述べた。

「労働力不足の問題は新規投資家がラオスへの関心を失い、代わりにカンボジア、ベトナム、ミャンマーといった近隣国に資本を移動させることに繋がっています」とXaybandith会長は述べた。

「縫製分野ではほとんどの労働者に経験がなく、現場で仕事を学ばなければならない、そして従業員の多くが責任を負いたがらないという労働力の未熟練の問題も抱えています」と同会長は付け加えた。

多数の労働者がまだ安易な気持ちで仕事をしており、現代の産業、技術に則した考え方を身につけられていない。

また、労働力不足のもうひとつの原因は、今日、サービス産業など他の職業の選択の余地があることだとXaybandith会長は指摘する。

現在、ラオス国内には92の縫製工場が存在するが、2014年と比較すると6工場減少している。92工場のうち60工場が輸出用製品を生産している。

60の輸出志向工場のうち、ラオス人のみが所有しているのは12工場に過ぎない。10工場は合弁、38 工場は外国人が所有しているとXaybandith会長は話す。

2015年の縫製製品輸出額は1億7420万米ドルで、2014年と比較すると7.25%の減少であった。

製品のほとんどがEU諸国、米国、カナダ、日本、他のアセアン諸国に輸出されている。

縫製産業協会は、縫製分野の発展のため、労働者誘致政策を作成するよう、会員と政府機関の協力を呼びかけた。

縫製産業協会は会員企業と熱心に取り組み、政府からの支援も受けていたが、縫製産業の持続可能性を向上させるには様々な局面からの改善が必要であるとXaybandith会長は述べた。

現在のラオスの経済成長、貿易相手国の経済の好転、地域経済統合は縫製産業によい影響を与えるとXaybandith会長は考えている。

「製造、縫製企業に縫製産業協会への入会を呼びかけ、縫製分野への新たな投資家の誘致に努めたい」と会長は述べた。

縫製産業協会は縫製製品の国内市場への供給も促進し、輸入を減少させ、そして競争が激化する中で企業を支援する政策とメカニズムの構築にも努めたいとしている。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2016年04月01日06:02

ラオス:繊維製品と手工芸品の輸出が連年低下

世界市場のニーズの減少により、ラオスの繊維製品と手工芸品の輸出が連年低下してきた。ラオス手工芸品協会(LHA) の6月26日の発表によれば、2014年度本協会の繊維製品の輸出額は14億キップ強(17.89万米ドル)で、2013年度輸出額の30億キップ(36.78万米ドル)の半分にも達しておらず、2012年度輸出額の20億キップ(24.94万米ドル)よりも低い。ラオス工業貿易庁の以前の発表によれば、2012~2013年度ラオスの手工芸品の輸出額は約75億キップ(93.78万米ドル)であり、2013~2014年度の手工芸品の輸出額は424.4億キップ(530万米ドル)と大幅に増加したが、2014~2015年度の手工芸品の輸出額は約188億キップ(230万米ドル)に減少した。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2015年07月17日13:59

ラオス:労働力不足がアパレル産業への投資に影響

若い労働者の不足はラオスのアパレル産業への投資にマイナスの影響を与える可能性がある。

ラオスのアパレル産業の工場では毎年10,000名以上の縫い子が必要とされる。ラオスのアパレル産業協会の報告によると、現在30,000人の労働者は主にビエンチャンとサワンナケート省の縫製工場に集中している。投資者はより多くの縫製工場を開設したいが、彼らが心配しているのは地元の労働者不足である。

この省内の若い労働者たちは工場の募集情報を知らずに、タイへより良い仕事を探しに出て行ってしまう。当局は工場と協力して、農村に住んでいる若者たちに就職情報の提供をすべきである。可能であれば、省内での就職説明会を行うべきであろう。

 

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2015年06月17日14:01

ラオス:縫製分野の適正労働プロジェクト開始

ラオス縫製セクターの労働条件を改善し、競争力を向上させるための新規プロジェクトが4月1日に立ち上げられた。

「ラオス縫製分野の改善:査察と対話によるコンプライアンス」と題されたこのプロジェクトは、国際労働機関(ILO)と世界銀行所管の複数ドナーによる信託基金による支援を受け、ラオス政府が実施するものである。

ラオスの縫製分野は同国製造業で最大の雇用者数を擁し、同国の年間対外輸出額にも大きく貢献している。約60の輸出企業と45の下請企業によりおよそ3万人が雇用され、その多くが首都ビエンチャン市内及び周辺部で稼働している。

縫製労働者のほとんどをビエンチャン市外出身の25歳以下の女性が占める。その多くが契約上の権利と義務についてあまり理解していない。縫製企業の経営者らは人員の不足を事業の最大の制約と捉えている。

このプロジェクトでは、ラオスの労働法及び国際的な労働基準が確実に遵守されるよう政府の労働査察システムを強化することで、ラオス縫製セクターの労働環境、生産性と競争力を向上させることを目的としている。プロジェクトではまた、労働者と雇用者双方において、労働法と良好な労働環境を実現するための彼ら自身の役割についての理解を深める取組も行う。ラオス側の主要実施機関は労働社会福祉省と商工省である。

3月26日にビエンチャンで行われたプロジェクトの開始式典では、労働社会福祉省のBaykham Khattiya副大臣が議長を務めた。国際労働機関からはタイ・カンボジア・ラオス事務所担当官で、東・東南アジア・太平洋地区適正労働チーム主任であるMaurizio Bussi氏が出席した。

開始式典において、Bussi氏は「本プロジェクトは国際労働機関のラオスにおける適正労働プログラム2011-2015の主要な事業であり、国際労働機関が全世界で目的とする、持続可能な開発、貧困削減と社会的公正を実現化するための適正労働の推進に即したものです。多くの困難に面することが予測されますが、国際労働機関は経済の鍵となる縫製セクターでの労働法遵守の強化について、三者対話を取り入れて確実な支援を行う予定です」と語った。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2015年04月24日13:53

ラオス:最低賃金が4月から90万キープに引き上げ

ラオス政府は労働者の近隣諸国への流出を阻止するため、現行月額62万6000キープの最低賃金を90万キープに引き上げると決定した。

労働社会保障省のPhongsaysack Inthalath労働管理局長は2月17日、ビエンチャンでの記者会見で、2015年4月1日をもって最低賃金を引き上げることを発表した。

Phongsaysack労働管理局長によると、最低賃金は熟練度が最低レベルの労働者に適用され、月間26日、1週間に6日、1日8時間の労働を基準としている。この最低賃金はラオスの非政府組織の職員、政府または党組織の公務員と契約職員、ラオス国家建設戦線、大規模組織、国家防衛安全保障省の職員には適用されないとPhongsaysack局長は説明した。

しかし、化学物質、放射線、感染症、大気汚染、その他の健康を阻害する物質等を含む有害な労働環境で危険な業務を行う労働者の最低賃金については、通常労働者の最低賃金から15%増額とする。

この最低賃金の引き上げは、生活費と消費財価格の上昇でラオスにおける一般労働者の生活環境が悪化しつつある中、労働者により多くの収入をもたらすことを目的としている。

 

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2015年02月24日06:03

ラオス:新最低賃金が来月から施行か

タイに流出した労働者の引き戻しを狙った法定最低賃金の引き上げが、来月にも公式に施行される可能性があるとビエンチャンタイムス紙が報じている。

タイムス紙が労働社会福祉省の匿名の官僚の談話として報じたところによると、労働社会福祉省は省庁からの公式書類を待っている状況という。

最低賃金は現行の62万6000ラオス・キープ(約76米ドル)から90万ラオス・キープ(約110米ドル)に引き上げられる予定である。

最低賃金の引き上げは2月以降に公式に発表、施行されるであろうと話す官僚もいる。政府は昨年12月22日の国会で最低賃金は間もなく引き上げられると確約した。施行されれば、最低賃金の引き上げはラオス人労働者のタイを主とした周辺諸国への流出問題に対する政策の柱となる。

ビエンチャンタイムス紙が報じたところによると、労働社会福祉省は国会において、ラオス人労働者の生活向上のため、政府に最低賃金を引き上げるよう提案した。労働省はラオス人労働者の海外出稼ぎを減らすことを意図している。

ラオスにおける最低賃金は2012年から上昇傾向となり、設定当初月額34万8000ラオス・キープであったものが、62万6000ラオス・キープまで上昇している。

しかし、匿名を希望する労働省の官僚らによると、月額62万6000ラオス・キープは米ドルで100ドルにもならず十分ではないが、政府は外国からの投資を誘致する必要があったという。

多くのラオス人労働者が合法または不法に近隣諸国で出稼ぎをしており、得に賃金の高いタイに多数が流入している。

最近の労働省の報告書によると、現在5万9000人以上のラオス人労働者がタイで合法的に雇用されている。彼らは地元の手配会社を通じて、ラオスの労働社会福祉局からの書類を整えてタイに入国している。

タイにおけるラオス人不法移民労働者の問題は、政府がラオス人労働者に合法的に働けるカード支給を開始してから大幅に改善された。

従来は不法移民労働者であった11万1100人以上のラオス人がラオス政府の協力のもとに登録を行い、現在ではカードを受領してタイで合法的に働くことができるようになった。

しかし、タイ労働省の統計によると、現在でもタイでは20万人以上のラオス人が不法に出稼ぎをしていると推測されている。

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2015年01月30日06:00

ラオス:アパレル産業の輸出額増

ラオス国営「Vientiane Times」紙の5日の報道によれば、同国のアパレル産業では今年上半期(1~6月)、生産能力の拡大が追い風となって輸出額が5%増加した。

ラオス縫製業協会会長Onesy Boutsivongsakd氏の話では、今年上半期の同国アパレル産業の輸出額は、前年同期比5%増の9500万米ドルに達したという。

輸出額の増加について公表されたのは、首都ビエンチャンで開催された、企業調査の結果発表を行うあるメディア・イベント。調査の示すところによれば、国内のビジネス環境は、過去数年間にわたって徐々に改善されてきているという。

ラオス縫製業協会では、同国のアパレル製品の輸出額は、今年1年を通じて2億2600万米ドルに達するものと見ている。こうした予測の信頼性は、アパレル企業の増加や、アパレル製品に対する海外需要の拡大によって裏付けられている。

ラオスのアパレル産業はこれまで、最新技術の導入や製造業者の新規参入によって強化されてきた。Onesy氏によれば、ラオスが引き続き注目されているのは、政局が安定しており、労働力も安価なためだという。また同国が投資先として魅力的な理由は、「近隣諸国と異なり、労使問題やデモ活動がないから」としている。

だが明るい見通しを示す反面、同国のアパレル産業は、労働力不足の問題に悩まされている。と言うのも、ラオスでは、労働者が高賃金を求めてタイへ流出してしまうからだ。現在、同産業の労働人口は約3万人。Onesy氏は「少なくとも6万人の労働者が必要」と言う。

ラオスの最低賃金は月額62万キップ(約77.07米ドル)だが、タイの最低賃金は月額9000バーツ(約279.72米ドル)で、ラオスの労働者にとっては魅力的な額と言えるだろう。

Onesy氏によれば、世界経済が回復するにつれて、ラオス製衣料の海外需要も高まってきたという。特に欧州連合(EU)による需要はとどまるところを知らず、対応に追われるほどだ。さらに「アパレル製品への需要は高まるばかりだが、労働力を確保できない以上、今後、供給を保証できるかどうかは定かではない」と続けた。

 

» 続きを読む

ラオス ジャンル:
最終更新:2014年08月12日06:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る