インドシナニュース

ベトナムからの皮革製品輸出、10-15%増加

商工省が8月6日発表した報告では、現在、ベトナム皮革・履物製品メーカーの大半は2013年第3四半期まで注文を受けており、対昨年比でおよそ10-15%の増加となっている。

この報告では、2013年年初より7月までのベトナムからの皮革・履物製品の輸出金額は47億9000万米ドルに達し、対2012年同期比で15.6%増加している。現在、業界の大半の企業は第3四半期末まで注文を持ち、年末までいっぱいのところもある。

また、この報告書によれば、中国からの生産のシフトが鮮明で、とくに日本の顧客にその傾向が見られる。

ベトナム皮革・履物協会(Lefaso)会長Diep Thanh Kiet氏によれば、中国からの注文のシフトが多かれ少なかれ好影響を生み出しているとしている。また、アメリカへの履物輸出も環太平洋経済連携協定(TPP)を控え、バイヤーらの動きが活発化している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年08月01日

このページのトップへ戻る