インドシナニュース

ベトナム国際銀行(VIB)、クアンニン省最大の外国直接投資(FDI)案件に4200億ベトナム・ドン融資

紡績工場の案件でクアンニン省及び近隣省の住民に約5000名分の繊維関連の雇用が創出される。

6月27日、ベトナム国際銀行(VIB)と香港に本拠を持つ10大繊維集団の一つ天虹グループ傘下のTexhong Ngan Long社は4200億ベトナム・ドン(2000万米ドル相当)の融資契約を締結した。この資金は、クアンニン省モンカイ市Hai Yen工業団地で天虹グループの「紡績工場」案件に投資される。この案件は、外国直接投資(FDI)としては、クアンニン省の経済特区や工業団地でこれまで最大の総投資額を誇る。

経済面では、まだ多くの困難や課題に直面している背景の中で、ベトナム国際銀行(VIB)が大規模案件に融資を行うのは威信や財務の健全性や外国直接投資(FDI)企業だけでなく一般ベトナム企業とのパートナーシップとの同一のビジネス視点を引き続き表明するものである。

 

ベトナム国際銀行(VIB)頭取Dam Bich Thuy女史はスピーチでこう述べた。「我々は、ベトナムにおける大規模外国直接投資(FDI)企業の向けに、財務課題の解決のため資金提供先として選ばれた最初の地場銀行であることを誇りに思います。これは双方にとって意義ある重要なイベントです。この案件への4200億ベトナム・ドンの融資は、ベトナムでの天虹グループの成功のために重要な役割を果たし、しかも案件はクアンニン省や近隣省の住民に5000名分の雇用を創出します。」

Tex Hong Ngan Long社社長Li Ke Dong氏は以下のように述べた。「2006年から現在までに、当社グループは、常に投資案件を抱えていますが、今後の投資家の重要な市場としてベトナムに注目しています。我々は能力と威信を高く評価して、この重要な案件に地場銀行のベトナム国際銀行(VIB)を選びました。さらに、ベトナム国際銀行(VIB)は、柔軟性のある優れた金融商品を提供しており、特にベトナム国際銀行(VIB)は、これまでも私達を提供し、支援してきていただき、外国直接投資(FDI)への顧客サービスの中でも際立っていると高く評価しています。」

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月10日

このページのトップへ戻る