インドシナニュース

カンボジアの繊維輸出、22%の増加

カンボジアにおける衣料産業は、同国の最大の外貨獲得産業だが、今年の年初より5ヶ月で輸出額20億6000万米ドルを記録し、対昨年同期比で22%増加したと商業省が報告した。

カンボジア製アパレル製品は、主として米国及び欧州市場に輸出されるが、他にも、カナダ、日本、韓国、中国などへも販売されている。

衣類の輸出は、現在のところ、国の輸出総額の80%以上を占める。昨年、カンボジアは衣類輸出から46億米ドルを獲得したと報告されている。

約51万600人の労働者が約500の工場で働き、毎月の最低賃金は80米ドルである。

賃金アップと労働条件改善を求めてストライキが頻発している。労働者自由貿易組合の報告によると、昨年、101の工場で約8万4320人の労働者が抗議活動を行った。

フン・セン首相は、メーカーがカンボジアを捨てて、ミャンマーやバングラデシュやインドなどの、より労賃の安い国へシフトするかもしれないと警告し、これ以上賃上げ要求の抗議をしないように労働者に求めた。

今月初め、米国スポーツ・ブランド「ナイキ」のアパレル製品を生産するSabrina縫製(カンボジア)で行われた激しい抗議活動では、ストライキ参加者と警察の間で衝突が起こり、8人の労働組合幹部と労働者が逮捕された。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年07月02日

このページのトップへ戻る